1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「拝見」の意味と敬語の使い方、類語「拝読」との違いは?
「拝見」の意味と敬語の使い方、類語「拝読」との違いは?

「拝見」の意味と敬語の使い方、類語「拝読」との違いは?

「拝見」という言葉は「見る」の謙譲語として使用される言葉です。「見る」は尊敬語と謙譲語で表現の仕方がかわる言葉ですが、意味を理解してただしく使い分けることができていますか?今回は、「拝見」の意味と使い方を紹介します。また、類語や英語表現も紹介しまので参考にしてください。

「拝見」の意味と敬語

「拝見」の読み方は「はいけん」

「拝見」は、「はいけん」と読みます。

「拝見」は「見る」の謙譲語

「拝見」は「見る」謙譲語です。 「謙譲語」は、自分を謙る言葉なので、相手の見る動作に「拝見」を使うと失礼に当たります。 例えば目上の相手に「こちらの資料は拝見されましたか?」と聞くと、逆に相手を下げて自分を高めているという表現になってしまいます。 「拝見」はメール・手紙や資料を確認したことを、相手に伝えるときに使うのが一般的です。 「拝見しました」「拝見します」といったように使うことができます。

「拝見する」は二重敬語に注意!正しい意味とビジネスでの使い方

eigobu.jp

「見る」の尊敬語は「ご覧になる」

「見る」の尊敬語は、「ご覧になる」「見られる」になります。 尊敬語の場合、相手の行為に対して使います。 目上の人が何かを見る場合に、「ご覧ください」や「ご覧くださいましたか?」というのが正しい言い方です。 また、自分自身のものや会社のものなどを見てもらう場合には、「ご覧になる」に謙譲語「いただく」を付け加えた「ご覧いただく」を使います。 「ご覧いただく」は「見る」の尊敬語「ご覧になる」+「〜してもらう」の謙譲語「いただく」となるので、へりくだった印象を与えます。 また、「ご覧になる」のさらに丁寧な表現に「ご覧くださり」があります。「ご覧になる」+「〜してくれる」の尊敬語「くださり」になるので、相手が行ってくれたことに感謝の意を表します。 ちなみに「ご覧になられる」は二重敬語となるので、注意しましょう。

例文 「こちらの参考文献はもうご覧になりましたか?」 「オススメの作品なのでぜひご覧ください!」 「結果は、ご覧になった通りではございますが、過程を評価していただきたいです」 「園内はとても広いので、案内版をぜひご覧ください」 「当時は家庭円満で幸せに暮らしていましたが、浮気が原因でご覧のありさまですよ」

「拝見いたします」は二重敬語

「拝見いたします」はよく使われる言葉ですが、文法的に正しい使い方ではありません。 「拝見いたします」は「見る」の謙譲語「拝見する」+「する」の謙譲語「いたす」になるため、二重敬語になってしまいます。 二重敬語は回りくどい印象を与えてしまうため、良くないとされていますが、ビジネスシーンで「拝見いたします」「拝見いたしました」は頻繁に使用されています。 文法的には正しくありませんが、慣習的によく使う表現なので、ほとんどの人にとってそこまで違和感のある表現ではありません。 ただ、実際には「拝見します」が正しい使い方なので覚えておきましょう。

「拝見させていただきます」も二重敬語

「拝見させていただきます」は「見る」の謙譲語「拝見する」+「〜してもらう」の謙譲語「いただく」なので、二重敬語になります。 「させていただく」は、相手から許可をもらい何かをして、それを敬語で報告する表現です。 「拝読いたします」と同様で文法的には正しくありませんが、ビジネスシーンではよく使われています。

「お目にかかる」は「会う」の謙譲語

「お目にかかる」は「会う」の謙譲語です。 「お目」は「他人の目の尊敬語」で、 「かかる」は「目にとまる」「見られる」を意味します。 「お目にかかる」の「お」は尊敬を表す接頭語で、「目」が他人の目を示しているため「お目にかかる」は尊敬語であると思っている方も多いですが、「お目にかかる」は謙譲語ですので間違えないように気をつけましょう。 「お目にかかる」は謙譲語のため、自分の行為にのみ使います。 そのため、「部長はお目にかかりましたか?」などと使うのは間違いです。 敬語であるため、目上の相手が誰かと会ったことを聞く際に使ってしまいがちですが、謙譲語ですので失礼に当たります。 この場合は「課長はお会いになりましたか?」が正しく表現となります。

例文 「ぜひ一度プロジェクト始動前にお目にかかりたく存じます」 「私もお目にかかりたいと存じます」 「部長にお目にかかりたいのですが、いらっしゃるでしょうか」 「近いうちにお目にかかりたいのですが、いつ頃が良いでしょうか」

敬語「お目にかかる」の意味と使い方!類語「お会いする」や英語表現も紹介!

eigobu.jp

「ご拝見」も間違った敬語

「拝見」は、上述しているように、謙譲語であるため自分の動作をへりくだって表現する言葉です。 したがって、「ご拝見ください」だと、相手の動作に謙譲語を使っているので誤用となります。 相手に「見る」ということをお願いしたい場合は、「ご確認お願いします」といったように尊敬語を使用して表現します。 また、「ご拝見させていただく」は、「ご」は謙譲語、「拝見」も謙譲語、「させていただく」も謙譲語なので、明らかに二重敬語となり誤用となりますので注意しましょう。

敬語「させていただく」の意味、使い方、英語!漢字「させて頂く」は誤用

eigobu.jp

「拝見」の似た表現

「拝読」は「読む」の謙譲語

「拝読」は「はいどく」と読みます。 「読む」の謙譲語で、「つつしんで読む」と言う意味です。 「拝見」と同じ自分のことをへりくだった言葉なので、相手の動作には使えません。 「この間送ったメール拝読いただけましたか?」といった表現は間違いになります。

例文 「○○様、お手紙拝読しました」 「○○さんからお借りした本を拝読した」 「先ほど頂いた資料を拝読したところ、間違いがあったのでご報告いたします」

「拝聴」は「聞く」の謙譲語

「拝聴」は「はいちょう」と読みます。 「聞く」の謙譲語で、「つつしんで聴く」という意味です。 「今日もテレビを拝聴しています」などと口頭ではあまり使わない表現です。 「拝聴」は基本的にメールや手紙など、文面上で使う言葉になります。

例文 「たくさんのアドバイスを拝聴することができ、ありがたく思います」 「○○さんのお話を直接拝聴できますことを、心から楽しみにしております」 「有名なピアニストの演奏を拝聴することができ、幸せを感じています」

「拝受」は「受ける」の謙譲語

「拝受」は「はいじゅ」と読みます。 「受ける」の謙譲語で、「つつしんで受ける」という意味です。 謙譲語ですので日常生活ではあまり使われませんが、ビジネスシーンでは使われることがあります。 例えばクライアントや取引先から「あの資料、届きましたか」という連絡に対して「はい、拝受しました」などと返事をします。

「先日、お手紙拝受しました」 「お見積書の方、確かに拝受しました」 「書類を郵送しましたので、ご確認ください」-「届き次第、拝受します」

「拝謁」は「会う」の謙譲語

「拝謁」は「はいえつ」と読みます。 「拝謁」の意味は、「身分の高い人や目上の人に会うことをへりくだっていう語」です。 例えば、身分の高い人や、目上の人に会いたいという場合に「一度はお目にかかりたいものです」というような言い回しを使用することがあるかと思いますが、さらに丁寧にした言葉が「拝謁」です。

例文 「死ぬまでに一度でいいから天皇陛下に拝謁したいものである」 「どううか○○さんに拝謁することをお許いただけますか?」 「まさか拝謁できるなんて思ってもいませんでした」

「拝覧」は「見る」の謙譲語

「拝覧」は、「はいらん」と読みます。 「拝覧」は、「見るということをへりくだっていう語」です。 「謹んで見る」ということを、「拝覧」と言います。 元々、神仏や仏像など高貴な人やものに対して使用される言葉で、主に建物や美術品といったものを見る場合に使用される言葉です。

例文 「はじめて奈良の大仏を拝覧することができ、感動した」 「美術館で歴史ある作品を拝覧することが私の趣味だ」 「ぜひ、一度直接拝覧したいものだち常々思っている」

「拝啓」は手紙の書き始めの挨拶の言葉

「拝啓」は「はいけい」と読みます。 手紙の冒頭で挨拶の言葉として使います。 「拝啓」は元々「謹んで申し上げる」という意味なので、謙譲語です。 「敬具」「謹啓」「前略」「急啓」などが類語にあたります。

「拝啓」と「敬具」の意味と使い方とは?ビジネス文書の例文、英語表現も紹介

eigobu.jp

「時下」の意味!「拝啓 時下ますます〜」の使い方や例文も紹介!類語、英語も紹介

eigobu.jp

「拝見」の類語

観覧

「観覧」は「かんらん」と読みます。 意味は「見物すること、眺めること」です。 「景色や芝居、絵など見物すること」を「観覧」といいます。

例文 「番組収録を観覧することになった」 「美術館内をゆっくりと観覧した」 「いくら観覧料を払っても惜しくないほど素晴らしい作品だった」

閲覧

「閲覧」は「えつらん」と読みます。 意味は書物や書類などを調べようと読むことです。 また、「読む」ということを改まって表現する場面で「閲覧」と言います。

例文 「図書館で論文を閲覧する」 「閲覧させていただいた資料は、スタッフに返却しておきました」 「この校舎には、誰もが好きな時に利用できる閲覧スペースがある」

「拝見」の使い方

「拝見」は自分の動作のみ使う

「拝見」は、上述している通り、「見る」という動作の謙譲語です。 「謙譲語」は相手に敬意を示すために自分の行為をへりくだった表現にすることです。 したがって、「拝見」という言葉を相手の見るという動作に使用することはできません。 相手の「見る」という動作を敬語表現に言い換える場合は、「ご覧になる」というような表現を使用します。 「ご覧」については上述していますので参考にしてください。

「お顔を拝見」「元気なお姿を拝見」など人に対しても使える

「お顔を拝見」「元気なお姿を拝見」などは、人に対して使うことができる言い回しです。 「お顔を拝見」は、「お顔を見ることができて」「元気なお姿を拝見」は、「元気な姿を見ることができて」という意味です。 「会うことができて嬉しいです」というニュアンスで使用される言葉で、「元気なお姿を拝見でえきて大変うれしく思います」というように使用します。

例文 「先日は、素敵な会にお呼びいただきありがとうございます。本日は、久しぶりにご家族の元気なお姿を拝見し大変うれしく思います。」 「先日、遠くからではございますが、○○様の元気なお姿を拝見しとても安心しました」 「○○様のお子様のお顔をぜひ拝見できればと思います」

「拝見」の例文

「拝見します」

例文 「今から、本日公開の最新作を拝見します」 「それでは、お持ちいただいた企画書を一人ずつ拝見します」 「まずは、人気のある作品を一通り拝見します」 「症状がでている箇所から先に拝見します」

「拝見しました」

例文 「教授が出版された本を拝見しました」 「先日公開された募集要項を拝見しました」 「参考文献を送ってくださりありがとうございます。さっそく拝見しました」 「先週募集した企画書をすべて拝見しました」 「本日公開の新商品を拝見しました」

「拝見したい」

例文 「とても話題になっている作品なのでぜひ拝見したい」 「先週話題にあがった企画の進捗状況を拝見したいのですが」 「作者のメッセージを汲み取りたいのでゆっくり拝見したいです」 「○○さんのかわいいお子様をぜひ拝見したいと思っています」

「拝見」の英語は「see」「take a look at」「receive」

「拝見」は「見る」の英語は、 ・see ・take a look at などになります。 「受け取る」という意味なら、 ・receive を使えばよいでしょう。

I will take a look at it.

拝見します。

まとめ

「拝見」という言葉について理解していただけましたか? ✓「拝見」は、「はいけん」と読みます。 ✓「拝見」は「見る」の謙譲語 ✓「見る」の尊敬語は「ご覧になる」 ✓「拝見いたします」「拝見させていただきます」は二重敬語 など

おすすめの記事

「ご教示」の意味と読み、使い方、例文、英語、「ご教授」との違い

eigobu.jp

「あくまでも」の意味と使い方、語源、敬語、類語「あくまで」との違いを解説!

eigobu.jp

「恐れ入ります」の意味と使い方、類語「恐縮です・痛み入ります」との違い

eigobu.jp

「所用」の意味と使い方、類語「私用・所要・諸用」との違い

eigobu.jp

「できかねます」の意味と使い方、断る敬語表現、漢字、類語、英語表現を解説

eigobu.jp

「かしこまりました」の意味と使い方、類語「承知しました」の違いは?

eigobu.jp

「所望」の意味と使い方、類語「所望」「希望」との違いは?

eigobu.jp

「いみじくも」の意味と使い方!漢字、語源・由来とは?類語、英語表現も解説

eigobu.jp

「ご賞味」の意味と使い方!「ご笑味」との違いは?類語や英語も例文付きで解説

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「拝見」の意味と敬語の使い方、類語「拝読」との違いは?