1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. ビジネスで使う「一助」の意味と使い方、読み方、類語、英語表現
ビジネスで使う「一助」の意味と使い方、読み方、類語、英語表現

ビジネスで使う「一助」の意味と使い方、読み方、類語、英語表現

「一助」という言葉をご存知でしょうか。「一助になるべく」「一助を担う」などと使います。「一助」は日常会話だけでなく、ビジネスシーンでも使うことが多い言葉です。字面を見れば「何か助けること」を表す語かな、と推測できますよね。なんとなく意味は分かるものの、具体的にはどのようなことを表しているか、疑問を感じる方が多いかと思います。よく使う言葉なので、意味をしっかりと理解しておく必要があります。そこで今回は「一助」の意味や使い方、類語、読み方について解説していきます。「一助」を適切に知って、上手く使えるようにしましょう!

「一助」の読み方と意味

「一助」は<いちじょ>と読みます。 「いちすけ」「かずすけ」などとは読まないので注意してください。 「一」は音読みで「イチ・イツ」、訓読みで「ひと・ひとつ」と読みます。 「一」は「ほんのわずか。ちょっと」を意味します。 「助」は音読みで「ジョ」、訓読みで「たすける・たすかる・すけ」と読みます。 「助」は「たすける。たすけ」を意味します。 「一助」の意味は「少しの助け。何かの足し」です。 何かの埋め合わせとして役に立つわずかな足し・多少の助け・わずかばかりの助けを表します。

「一助」の使い方と例文

「少しばかりの助け」ということなので、「大きな助け」は「一助」と表すことはできません。 「一助」は直接的に問題の解決に結びつくような助けではなく、不足している点を埋め合わせる少しの助けを表現します。 自身が何か程度が小さい手伝いをしたとき、もしくは大きな助けをしたときに、謙遜して「一助」と表します。 事実であっても自分から「私の助けはとても大きくて...」などと言うのはおこがましいので、「一助」を使います。 例えば、何かプロジェクトを手伝うことになった場合。悪気なく『支援しに来ました』『サポートしに来ました』と言ったとしても、相手からしてみると「サポートって言えるほどのことをできるの?」と思われてしまうことがあります。 そういったことにならないために、謙虚な姿勢を示すことができる「一助」を用います。 言い回しとしては、 ・一助を担う ・一助となるべく ・一助としてください ・一助となれば幸い/幸甚です ・一助になりたいと存じます などとなります。 「一助」は、面接時の志望動機でも使うことができます。 「一助」は謙虚な姿勢を示すことができるので、自己アピールが必要な志望動機で使うには効果的です。 使い方としては、「商品の素晴らしさを伝える一助になりたいと考えております」などとなります。

例文 ビジネスシーンでの例文 ・今回のボランティア活動が、被災地復興の一助となれば幸いです。 ・廃れた町の地域活性化の一助を担うため、何かイベントを開催するのはいかがでしょうか。 ・プロジェクト成功の一助とするべく、スキルが高いメンバーを集めることにします。 ・復興を図るため、一助となるべく寄付を募りました。 ・新しく作成した資料が、計画実施のご理解の一助となれば幸いです。 ・今年から施設の貸し出しを無料で行うので、活動の一助としてください。 日常会話での例文 ・色々な場所にビラを貼ったことが、迷い猫発見の一助となった。 ・防犯カメラの映像をテレビで流したことが、犯人逮捕の一助になる。 ・理解の一助となる事例を挙げて説明した方が、分かりやすいだろう。 ・激しい運動や、過剰な飲食などは、症状を悪化させる一助となる。 ・塾に通わせたり、家庭教師を雇うということが学力促進の一助となる。

「一助」の類語

手伝い (意味:他人の仕事を助けること) 「家業を手伝う」 補助 (意味:おぎない助けること) 「補助的な手段を行う」 力添え (意味:力を添えて助けること) 「お力添えをお願いいたします」 補佐 (意味:人についてその仕事を助けること) 「会長を補佐する」 人手 (意味:他人の助け。他人の手) 「もう少し人手が必要だ」 ヘルプ (意味:助け。援助) 「ヘルプを求める声が聞こえる」 応援 (意味:助け救うこと) 「事業を応援する」 助力 (意味:力を添えること。手助け) 「及ばずながら助力する」 肩入れ (意味:贔屓すること。力添え) 「少しでも肩入れする」 助勢 (意味:力を添えること) 「助勢を求める」 アシスト (意味:助けること) 「彼女をアシストする」 支援 (意味:ささえ助けること。援助すること) 「活動を支援する」 援助 (意味:助けること。助勢) 「資金を援助する」 助太刀<すけだち> (意味:仇討や果し合いなどに助勢をすること) 「助太刀を頼む」

「一助」の英語

「一助」にピッタリな英語表現は「be of some help」になります。 「some」は単数名詞を修飾するときは「いくらかの」という意味になります。数ではなく程度を示します。 この「some」が「一助」の「一」に当たります。 シンプルに「help」「be helpful」としてもほぼ同じ意味になります。 例文です。

I hope this will be of some help to your research.

これが研究の一助になれば幸いです。

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「一助」について理解できたでしょうか? ✔︎「一助」は「いちじょ」と読む ✔︎「一助」は「何かの埋め合わせとして役に立つわずかな足し。少しの助け」を意味 ✔︎「一助となるべく」「一助を担う」「一助となれば幸い」などと使うことで、謙虚な姿勢を表すことができる ✔︎「一助」の類語には、「手伝い」「補助」「助勢」「アシスト」などがある

この記事のライター
Editor

関連記事

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. ビジネスで使う「一助」の意味と使い方、読み方、類語、英語表現