1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「時節」の意味と挨拶での使い方、読み方、類語、「時節の折」は正しい?

「時節」の意味と挨拶での使い方、読み方、類語、「時節の折」は正しい?

「時節」という言葉をご存知ですか?「時節」は「時候」と混合されやすい言葉です。今回は、「時節」という言葉の正しい意味と使い方を例文付きで解説します。また、「時節」の類語表現や、言い換え表現、英語表現も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

「時節」とは

「時節」の読み方は「じせつ」

「時節」の読み方は「じせつ」です。 「時」は音読みで「ジ」、訓読みで「とき」と読みます。 「節」は音読みで「セツ・セチ」、訓読みで「ふし」と読みます。 「時節」は共に音読みします。

「時節」の3つの意味は「季節」「好機」「情勢」

「時節」は大別すると、 ①季節 ②好機 ③情勢 の3つの意味があります。 「時節」という漢字を分解してみてみると、 「時」・・・「とき」「月日のうつろい」「季節のうつろい」 「節」・・・「ふし」「くぎり」「機会」「気候の代わり目」など といった意味がある言葉を合わせてできているということがわかります。 「季節」の「節」をいう漢字を使用していることから、季節を表現する言葉という印象が強いかもしれませんが、「時節」は、季節の移り変わりを意味するだけではなく、「節目」と良く言われるように、なにかの区切りや何かを起こすのに良い時期という「好機」という意味があります。 また、季節や時の移り変わりから、「その区切りとなる時期の情勢」という、「情勢」や「時勢」を表す言葉でもあります。

「時節」の使い方と例文

「時節」は挨拶文で使う

「時節」は、挨拶文で使用されます。 例えば、目上の人に手紙や書面のお知らせを送る場合に、文頭や文末の挨拶の言葉に「時節」を使います。 挨拶文で使用される場合の「時節」は、「季節」の言い換えと認識するとわかりやすいです。 さっそく例文をみていきましょう。

例文

  • 肌寒さを感じる時節になりました。皆様いかがお過ごしですか?
  • 暑さに向かう時節ですが、体調には気をつけてください。
  • 時節は春だというのに、まだまだ肌寒いですね。
  • ついに毎年恒例、お花見の時節になりましたが、ご予定はいかがですか?

「時節柄ご自愛ください」は相手の健康を配慮する定型句

「時節柄ご自愛ください」は相手の健康を配慮する定型文です。 「時節」に「柄」をつけて「時節柄(じせつがら)」とし、単体で副詞的に使うことができます。 「時節柄」を使う場面は、2つあります。 1つ目は「このような季節ですので(暑さ・寒さ・気温の変化・雨・台風などに気をつけてください)」という意味で、天候を配慮した言い回しです。 2つ目は「このような情勢・時代・世の中なので(犯罪・感染病・精神疲労などに気をつけてください)」という意味で、現在世の中で起きていることを配慮した言い回しです。 よって、「時節柄」は季節の変わり目だけではなく、幅広く使うことができます。

季節を表す「時節柄」の例文

  • だんだんと厳しい寒さが続くようになりました。風邪などひかぬよう時節柄ご自愛ください。
  • お忙しい時期だとは思いますが、時節柄くれぐれもご自愛くださいね。
  • 暑さ厳しい時節柄、熱中症にならないようどうかご自愛ください。

世間の情勢を表す「時節柄」の例文

  • このような時節柄、不要な外出は控えるべきでしょう。
  • 株を買うのは時節柄避けたほうがいいというアドバイスをいただいた。
  • 時節柄、オンラインでなんでもできるように環境を整えておいたほうが良いだろう。

敬語「ご自愛ください」の意味、ビジネスでの使い方や返事、類語、英語

WURK

「時節に合わせる」は「季節や世の中の情勢に適応する」

「時節に合わせる」は、「季節や世の中の情勢をわきまえる」という意味になります。 例えば、「時節にあった服装を着る」というように、季節に合わせて何かをするという意味で使用されています。 また、「時節に合わせて最近は株を購入にする人が増えている」は、時代や情勢、その時の状況に合わせてという意味になります。 基本的に「時代に合わせる」「情勢に合わせる」という意味で使用されるほうが多いでしょう。 反対に、「時節柄合わない」というように、否定の意味で使用することもあります。

例文

  • 時節に合わせて防犯グッズを購入することに決めました。
  • 時節に合わせて寒色系のものを選ぼうと思っています。
  • 今の時節にタンクトップはちょっと合わない気がしますがどうですか?
  • 電車移動は時節柄合わないのでやめるか、時間をずらしたほうが良いですよ。

「時節を待つ」は「チャンスが訪れるまで待つ」

「時節を待つ」の場合の「時節」は「好機」「機会」という意味で使用され、「時節を待つ」で「好機を待つ」「チャンスを待つ」という意味になります。 例えば、何かをする時に「今このタイミングでない」という場合に「時節を待つ」という言い回しを使用します。 ビジネスシーンなどでも、タイミングを見計らうときってありますよね。 そういった場面で、「時節を待つ」という表現を使用することができます。

例文

  • 勢いも確かに大切ですが、時節を待つということも大切です。
  • 今回は見込みがないので、次の時節を待ち、きちんと準備しておこうと思います。
  • 今は予約がいっぱいだということで、時節を待つよりほかなかった。

「時節をわきまえる」は「情勢を十分に理解する」

「時節をわきまえる」は、善悪を区別して「やめたほうが良い」と判断したような場合に使用する言い回しです。 この場合の「時節」は、「情勢」と意味しています。 例えば、「コロナウイルスが流行ってるときにコロナ関連のエイプリルフールはやらない」などが「時節をわきまえる」ことを指します。 その時の状況などを判断し、「やめたほうがいい」とわきまえることを「時節をわきまえる」と言います。

例文

  • こんな時にお花見をするなんて、時節をわきまえたほうが良いと思いますよ??
  • インターネットでは時節をわきまえて発言しないとすぐに炎上してしまう。
  • 残念ですが、今回は時節をわきまえて中止とさせていただきます。

「時節を捉える」は「世の中の流れを把握する」

「時節を捉(とら)える」は、「好機をしっかりと掴む」「情勢を把握する」という意味で使用される言い回しです。 「捉える」の意味は、 1.視野や知識などの中にしっかりおさめる 2.手でしっかりとつかむ。しっかり握る。たまたま到来した好機などを自分のものとする で、認識や把握をすること・チャンスを自分のものにすること・しっかりと掴んで離さないことを表します。 したがって、「チャンスを掴む」という意味や、「情勢を把握する」「情勢を認識する」というニュアンスで使用することができる表現になります。

「好機をしっかりと掴む」という意味の「時節を捉える」の例文

  • 今度ばかりは時節を捉えるためにアンテナを張っておく。
  • 数年待ったかいがあって、やっと時節を捉えることができた。
  • 時節を捉えるためのコツって何かありますか?

「情勢を把握する」という意味の「時節を捉える」の例文

  • キャスターとして、常に時節を捉えておく必要がある。
  • 彼は時節を捉える力が人より秀でていると感じる。
  • 時節を捉えて、何が話題に出ても大丈夫なようにしてこう。

「捉える」と「捕らえる」の違いとは?使い方、類語、英語表現も

WURK

「時節を切る」はニュース用語

「時節を切る」はあまり一般的な表現ではありませんが、「◯◯の今を切る」などと同じニュアンスで「時節を切る」とジャーナリズムの世界で言われることが稀にあります。 この場合の「切る」とは「問題のある状況を詳しく調査し、皆が分かるようにする」という意味です。

「時節到来」は「チャンスがきたこと」

「時節到来」とは、「チャンスがきたこと」「ちょうどいい時期になったこと」を意味します。 この場合の「時節」は「好機」という意味で使用されます。 「到来」は、

  • 時期が来ること
  • おくりものがとどくこと

という意味で使用される言葉です。 「チャンス到来!」という表現をよく耳にすると思いますが、同じように、何かをする良い時期がきた・好機がやってきたといったニュアンスで使用される表現です。

例文

  • ついに春物を買う時節到来!セールが待ち遠しいですね。
  • 彼は転職の時節到来だと言い、すぐさま新しい就職先を見つけていた。
  • 時節到来だと思い、株を売ってみたが、どうやら失敗してしまったようだ。

「時世時節」は「その時々の移り変わり」

「時世時節」は「ときよじせつ」と読みます。 「時世時節」の意味は、「その時その時の移り変わり」「その時のめぐり合わせ」です。 「時世」は、「じせい」と読むこともでき、意味は、「時が経つにつれて変化する世の中」つまり「時代」です。 つまり、「時世時節」は、時代や情勢の移り変わりを表現する言葉になるということがわかります。 簡単に言えば、その時々のめぐり合わせ...ということです。

例文

  • 時世時節、現代ではテレワークをする人も増えてきた。
  • 素敵なお二人は、時世時節が変わってもきっと変わらずに仲良く過ごせることでしょう。

「時節因縁」は仏教用語

「時節因縁」は、「身の回りに起きる出来事や、人とのめぐり合わせは縁であり、時節がきたからである」という意味の仏教用語です。 「因縁」は「物事はすべて、起原と果を結ばせる縁がある」という意味の言葉です。 つまり、全てのことは、縁があって起きていることであるという考えです。 「時節因縁」は、出会い別れ、苦労、幸せ、すべてその「時節(時期)」が来ているから起きているという意味の四字熟語です。

「物には時節」は「全てには良いタイミングがある」

「物には時節」は、「すべてのものには、良いタイミング、良い時機がある」という意味のことわざです。 また、「時機やチャンスがずれてしまうと、うまくいかない」という事を意味しています。 「やるかやらないか」で迷っている人などに対して、「物には時節」使用して、「今というチャンスを逃すとうまくいかないよ」ということを伝えることができます。 また、失敗してしまった人に対して「今はそういう時機じゃなかっただけだよ」と励ますこともできるでしょう。

例文

  • 物には時節と良く言うが、まさに思い立ったその時が良きタイミングなのではと思います。
  • 失敗してしまったときは、「物には時節」を思い出し、次のタイミングを待とう。

「時節」の使用上の注意

「時節の挨拶」ではなく「時候の挨拶」

「時節の挨拶」は、よくある誤用で、正しくは「時候の挨拶」です。 「時候の挨拶」は、手紙やお知らせの文頭などに「拝啓...」という頭語の後に書き出す言葉です。 4つの四季がある日本ならではの挨拶で、1月〜12月まで、奇跡に合わせた時候の挨拶があります。 例えば、1月の時候の挨拶は、 寒の入りとともに寒さが一段と厳しくなってまいりましたが、◯◯様におかれましてはますますご壮健のこととお喜び申し上げます。 などとなります。 一方の「時節」は「季節」という言葉の言い換えで使用することができるので、 ・寒さ厳しきこの時節、いかがお過ごしでしょうか といった使い方をすることができます。 このように、「時節」と「時候」は違うものになるので混合してしまわないよう注意してください。

「時節の折」「時節の候」は二重表現

また、「時節の折」「時節の候」もよくある誤用です。 「折(おり)」も「候(こう)」にも、「季節」という意味があります。 「時節」という言葉に「季節」という意味がありますから、「折」や「候」を後ろにつけてしまうと、同じ意味の言葉を繋げた「二重表現」になってしまうのです。 「折」「候」は、時候の挨拶の中で、 「厳しき寒さの折〜」・・・「厳しい寒さの季節」 といった使い方をするのが正しいです。 非常にややこしいとは思いますが、誤用には気をつけましょう。

「時節」の類語

1つ目の意味なら「時候」「季節」「時分」「時期」

「時節」の1つ目の意味である「季節」という意味では、

  • 時候
  • 季節
  • 時分

などが、類語になり、それぞれ「春夏秋冬」の四季折々の季節を意味しています。

例文

  • 手紙に書く時候の挨拶の例文を探しています。
  • とっても寒い季節になり、ヒートテックなしでは外に出れなくなりました。
  • 雨の降る時分は、洗濯物が乾かないので生乾きの匂いに注意しましょう。

2つ目の意味なら「時機」「好機」「時宜」

2つ目の意味では、

  • 時機
  • 好機
  • 時宜

が類語になります。 すべて、「その時にふさわしい」という意味があり、「チャンス」や「そのことを行うのに良い期間」「良い時機」という意味で使用される言葉です。

例文

  • 転職する時期がやってきたのかなと思い、ハローワークに通っています。
  • 勢いもありましたが、プロポーズするのにはもってこいな好機がきたと思いました。
  • 長年の苦労あって、やっと栄転の時宜を得ることができました。

3つ目の意味なら「時勢」「情勢」「世相」

3つ目の意味なら

  • 時勢
  • 情勢
  • 世相

など、「変化するものごとのその時々の様子」を意味する言葉が類語になります。

例文

  • ジャーナリストなので常に時勢は捉えているつもりです。
  • 今回のことで、世界情勢が悪化してしまったことは言うまでもない。
  • 数年前から不景気になる世相を予想していた彼はおそらく未来から来たのだろう。

「時節柄」の言い換え

季節柄

「季節柄」の意味は、「このような季節なので〜」という意味で季節に対して使用する言葉です。 「時節柄」とは違い、「季節柄」は「季節」のことに対してのみ使用し、「情勢」に対しては使いません。 「季節柄」は、「季節柄、ご自愛ください」といったように、手紙の結びの挨拶で使用されることが多いです。

例文

  • 花粉症なので、今は季節柄、外に洗濯物を干すことができません。
  • 季節柄、日が落ちるのが遅いので夕方まで公園を利用する人が多い。

時分柄

「時分柄」は、「じぶんがら」と読みます。 「時分柄」の意味は、「その時機にふさわしいこと」という意味です。 「〜をするのにちょうどいい時機である」「〜の時機にふさわしい」といったことを言い表すのに使用されます。 したがって、「時分柄」は「時節柄」と言い換えることが可能です。

例文

  • 時分柄、結婚をえてみてもいいのかなと思っています。
  • 特に転職などしていなくても春は時分柄新しい生活を始めるのにちょうどいい気節ですよね。

折/折柄

「折」は、「時機」「季節」という意味があります。 「折柄(おりがら)」、「ちょうどその時」という意味になり、主に副詞的に使用される言葉になります。 手紙などで「〜のときだから〜」という接続詞として使用することができる表現です。 したがって、「折・折柄」は「時節柄」の言い換え表現になります。

例文

  • 通り雨の多い折柄、傘は必ず持っていったほうが良いと思いますよ。
  • ご多忙の折ではございますが、今一度ご確認をお願いしたく存じます。

「候」は、「そうろう」と読むこともできますが、この場合の「候」は「こう」と読みます。 「候」は、季節を表す言葉です。 手紙などで時候の挨拶を添える場合に、寒さや暑さを「候」という言葉を使って表現します。 「早春の候」「師走の候」といったように、季節に合わせた挨拶文にします。 これらはすべて「〜のとき」といった意味で使用されているので、「時節柄」の言い換え表現として使用することができます。

例文

  • 早春の候、貴社ますますのご清栄のこととお喜び申し上げます。
  • 師走の候、今年もまさに終わろうをしていますが、いかがお過ごしでしょうか。

「節」を含む似た意味の熟語

期節

「期節」は、「きせつ」と読みます。 「期節」は、「」や「時期・季節」と同義です。 「季節」とは、季節を4つにわけて期間を区切ったものであるため、「季節」の「季」を「期」にしても意味が変わらないのです。 むしろ、「季節」より「期節」のほうが正しいとも言われています。

例文

  • あたたかく、外に出るのが気持ちい春の気節が待ち遠しい。
  • 気節的には、もうそろそろ暖かくなってきても良い頃なのに雪が降っている。

今節

「今節」は、「こんせつ」と読みます。 「今節」の意味は、「いくつか区切られた短い期間もうちの現在の期間」です。 「今の季節」や「今の時期」という意味で言えば、とても似ている表現ですが、「今節」はプロ野球など競技の期間をさして使用されることが多いです。 例えば、「今節の成績は...」といった使い方をします。

例文

  • 今節の成績は、怪我の影響もあり不調でしたね。
  • なんと本日は、今節注目の選手にインタビューしてみたいと思います!!

節季

「節季」は、「せっき」と読みます。 「節季」の意味は「歳末」や、「季節の終わり」です。 その昔、「二十四節季」といって、季節を表す工夫をして考え出されたものがあります。 「二十四節季」とは、1年を24等分して、区切りと区切りをつけたものです。 例えば、「立春」「夏至」などが「二十四節季」にあたります。

例文

  • 節季が来るたびに、なかなか適応できずに体調を崩してしまう。
  • 暮れの節季となり、人々がせわしなく動くようになってきているのがわかる。

春節

「春節」は、「しゅんせつ」と読みます。 「春節」の意味は、「中国の旧暦の元旦」です。 日本では1月1日が元旦のように、中国圏で最も重要とされている祝祭日です。 親戚の正月よりも、旧暦の元旦である春節のほうが盛大に祝賀されて、数日間の祝日が設定されています。

例文

  • 一度中国の春節を体験してみたいと思っています。
  • 春節の休みには、多くの中国人が日本を訪れる。

折節

「折節」は、「おりふし」と読みます。 「折節」の意味は、「その時々」「時刻・季節」です。 副詞的に使用すると、「ちょうどその時」という意味になります。

例文

  • 転機を迎える折節には、必ず母と連絡をとって助言を受けている気がします。
  • 昔の恋人を思い出す折節に涙が止まらなくなってしまうことがあります。

節折

「節降り」は、「よおり」と読みます。 「節降り」とは、「御贖(みあが)の義」とも言います。 毎年6月と、大晦日の夜に宮中で天皇、皇后のために行われる祓式の一種です。 天皇、皇后、皇太子の慎重を竹の図り、祓います。

例文

  • 今月は節折の式が行われることになっているので、準備をしているようです。
  • 梅雨の時機になると、そろそろ節折の気節だなとふと思い出す。

次節

「次節」は、「つぎぶし」と読みます。 「次節」は、「江戸吉原で流行した小唄」です。 また、文章や、音楽などでその「次の節」を指す場合にも使用されます。

例文

  • 次節を歌う事ができる人を探しています。
  • 次節では、テンポが変わるので注意して演奏してください。

「時節」の英語

season

「季節」を意味する英単語は「season」です。 「時節の」は「in season」 「時節外れの」は「out of season」 などといいます。

There is a single sakura blooming out of season.

時節外れの一輪の桜が咲いている。

「Cherry blossom」で通じない?「桜」の正しい英語表現

WURK

time

「好機」「情勢」を意味する「時節」の場合は「time」が幅広く使うことができます。

Take care of yourself in these hard times.

時節柄ご自愛ください。

The time has come.

時節到来。

《完全版》「take care」「take care of」の意味と使い方

WURK

まとめ

いかがでしたか? 「次節」という言葉について理解していただけたでしょうか。 ✓「時節」の読み方は「じせつ」 ✓「時節」の3つの意味は「季節」「好機」「情勢」 ✓「時節」は挨拶文で使われることが多い ✓「時節柄ご自愛ください」は相手の健康を配慮する定型句 ✓「時節を待つ」「時節に合わせる」など様々な言い回しがある など

こちらの記事もチェック

「立て込んでいる」の意味と使い方、類語「取り込んでいる」との違い、英語表現を解説

WURK

「立て込む」の意味と使い方、類語「取り込む」との違い、英語表現を解説

WURK

「ご指摘ください」の意味と使い方、より丁寧な敬語への変換、類語、英語表現を解説

WURK

「敬服」の意味と使い方、類語「感服・感心」との違い、対義語、英語表現

WURK

「選りすぐり」の意味と使い方、例文、読み方、類語、対義語、英語を解説

WURK

「便宜上」の意味と使い方、例文、類語、対義語、英語表現を解説

WURK

「叱責」の意味と使い方、類語「怒る・叱咤・譴責」との違い、対義語、英語

WURK

「論旨」の意味と使い方、熟語構成、類語「趣旨」との違い、英語表現

WURK

「心外」の意味とビジネスでの使い方、類語「意外」との違い、対義語、英語

WURK

「刷新」の意味と使い方、類語「一新」との違い、対義語、英語表現

WURK

「不憫」の意味と使い方、語源、「不躾」との違い、敬語表現を解説

WURK

「泰然自若」の意味と使い方、由来、読み方、類義語、対義語、英語表現を解説

WURK

「望外」の意味と使い方、例文、類語、対義語、英語表現を解説

WURK

「有終の美」の意味と使い方、語源、類語、対義語、漢字、英語表現を解説

WURK

「布石」は悪い意味?使い方と例文、類語「伏線」との違い、語源、英語表現を解説

WURK

「茫洋」の意味と使い方、類語「鷹揚」との違い、四字熟語、英語表現を解説

WURK

「格別」の意味と使い方、例文、類語「別格・特別」との違い、英語表現

WURK

「了承」の意味と使い方、返し、類語「承諾・了解・合意」との違い

WURK

「釈然としない」の意味とビジネスでの使い方、「腑に落ちない」との違い

WURK

「貫禄」の意味と使い方、類語、英語、使用上の注意点とは?

WURK

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「時節」の意味と挨拶での使い方、読み方、類語、「時節の折」は正しい?