1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 倦怠期がないカップルの特徴と今後の注意点とは?
倦怠期がないカップルの特徴と今後の注意点とは?

倦怠期がないカップルの特徴と今後の注意点とは?

倦怠期」という言葉をご存知でしょうか。「倦怠期」は「恋人に対しての飽きや慣れ」という意味の言葉です。お付き合いが長ければ長いほど陥りやすい「倦怠期」ですが、実は長く付き合っていても「倦怠期」がないカップルもいます!今回は、「倦怠期」にならないカップルについて解説していきますのでぜひ参考にしてください。

そもそも倦怠期とは

倦怠期の意味は「恋人に対しての飽きや慣れ」

「倦怠期」は、「けんたいき」と読みます。 「倦怠」には、「飽きて嫌になる」という意味があり、「期」には「とき・時期」という意味があります。 つまり、「倦怠期」とは、「飽きて嫌になる時」という意味があり、付き合いの長いカップルが感じる 「恋人に対しての飽きや慣れ」という意味で使用されます。 付き合いたての頃は、なにをするにも緊張感と新鮮味があってドキドキしていたけれど、長く一緒にいることによって慣れて「好き」という気持ちが薄れてくる感覚に陥ってしまう・・・そんな時期を「倦怠期」と言い表します。

倦怠期がくる時期と原因は?対処法、おすすめデート、NG行動を徹底解説!

eigobu.jp

付き合って3ヶ月と半年は倦怠期に注意!

一緒にいる時間が長くなってくると必ずといっていいほどやってくる「倦怠期」。 倦怠期の時期」がいつやってくるかなんて明確にはわかりませんが、だいたい3の倍数、つまり3ヶ月おきにやってくるなんてよく言われますよね。 最初にやってくる「倦怠期」は「3ヶ月目」とよく言われています。 お互いに惹かれ合ってお付き合いを始め、カップルになるわけですが、3ヶ月一緒にいると付き合う前と付き合った後ではお互いの印象が変わってくることがあります。 つまり、悪い意味で付き合う前には気づかなかった部分に気づきはじめるということです。 そして、付き合い始めのころ一緒に過ごすたびにドキドキしていた気持ちが慣れてドキドキしなくなってくる・新鮮味がなくなってくるのが付き合い始めからだいたい3ヶ月たった頃なのです。 ちょっとお互いが(もしくはどちらか一方)の気持ちが「何か思っていたのと違うかもしれない・・・」と思い始めてきてしまうことで「倦怠期」が訪れてしまいます。 3ヶ月目で「おや・・・?」と思っていた気持ちをなんとかごまかしながらお付き合いを続けていても、だんだん我慢ができなくなってきてしまうのが、だいたい付き合って「半年」頃です。 相手の嫌な部分に目がいくようになってくることはもちろんのこと、「半年」経っていればお互いに言いたいことも言える関係になってきて、若干喧嘩が増えてくる時期なのです。 きちんと逃げずにお互いに向き合えば、喧嘩をしては仲直りをしてまた仲を深めることができる時期とも言えますが、このまま付き合っていても大丈夫なのかな?なんて不安になってくるのがこの時期です。 不安な気持ちを上手く解消できないと、そのまま「別れる」なんて決断をしてしまいがちなので注意が必要です。

遠距離恋愛は彼氏だけ倦怠期になる可能性大!

「倦怠期」が「飽きて嫌になる」ということであれば、なかなか会えない「遠距離恋愛だったら倦怠期にならないのでは・・・!?」なんて思うかもしれませんが、実は遠距離恋愛は彼氏だけ倦怠期になる可能性が高いので注意が必要! 「遠距離」で一緒にいるわけではないのに、「倦怠期」ということは、行動のなにかに相手にとって負担になってしまうことがあるということなのでしょう。冷静になって考えてみるとわかるかもしれません。 例えば、遠距離恋愛だと会うことができないのでメールやLINE、電話で連絡を取り合うことが多くなると思いますが、連絡を頻繁にとりすぎるのは「倦怠期」を招いてしまう原因に。 特に男性は、元々LINEのやりとりをするのが苦手というタイプも多いので、返信が遅いことに文句を言ったり、「何してるの?」「おーい!」といったように追撃LINEを送ってしまうとうんざりされてしまいます。 また、文面や電話では気持ちが伝わらないからといって、「私のこと好きじゃなくなったの!?」などヒステリックになってしまうのも彼氏を困らせて倦怠期を招いてしまう可能性があります。 会えない距離にいて不安になってしまう気持ちもわかりますが、言動には注意したいですね。

それでも倦怠期知らずのカップルもいるのです!

付き合いが長ければながいほど「倦怠期」に陥りやすいですが、全てのカップルに当てはまるというわけではありません。 倦怠期はカップルによって違うし、こない人たちだっています! なので、「もうすぐ3ヶ月記念日だ・・・倦怠期がやってくるかもしれない((((;´゚Д゚)))」と怯える必要はりません。 ただ、「倦怠期」が来ないように意識しておくのは大切かもしれません。 ほんの少しの意識と努力で、ずっと円満なお付き合いを続けていける可能性があります。 そして、もし来てしまったとしても「そういう時期なんだ」と理解した上で上手く乗り越えていくことが重要であると言えるでしょう。

倦怠期がないカップルの特徴

同棲をしていない

「同棲をしているカップル」と「同棲をしていないカップル」どちらが倦怠期になりにくいかと言えば、圧倒的に「同棲をしていないカップル」であると言えるでしょう。 付き合い始めは、お互いに「好き」という感情で溢れていて「とにかく一緒にいたい!」とさっさと同棲をしてしまうカップルも多いです。 付き合いたてで、一分でも一秒でも長く一緒にいたいと感じるのは当たり前のことだと思いますが「同棲」は注意が必要! 一緒に暮らしていると、一緒にいることが当たり前になりすぎて新鮮味がなくなってしまい「倦怠期」に陥る原因になりやすいです。 長い時間一緒に過ごせば過ごすほど相手の嫌なところも目についていきますし、「当たり前」という感情は人に「感謝の気持ち」を忘れさせてしまいます。 なので、「同棲をしているカップル」よりも、同棲をせずに適度な距離を保てているカップルのほうが「倦怠期」になりにくいのです。

お互いに干渉しない

カップルになると、どうしても一緒にいない時間に相手が何をしているのか気になってしまいますよね。 しかし、「倦怠期」が来ないカップルは、お互いにお互いのことを干渉しないので、どこに誰といても何も気になりません。 つまり、束縛をしないということです。 気になる気持ちは充分にわかりますが、相手の行動をいちいいち気にしていたら自分も報告しなくてはならならず、干渉されていると息がつまってしまいます。 お互いの生活は知りすぎないほうがベスト。

お互いに尊重しあっている

お互いにお互いのことを尊重できていると、相手のことをいつでも思いやることができます。 また、「仕事大変そうだね、無理しないでね」など忙しくて会えない時間も「会えなくてさみしい!」などと感情的な気持ちをぶつけてしまうのではなく、相手を思いやった一言をかけることがでる余裕が「倦怠期」をさけるポイントに。 相手を尊重し合える余裕が大切であると言えるでしょう。

お互いが、一人の時間を大切にしている

趣味に没頭する時間など、一人の時間は、自分が自分でいられる為に重要な時間です。 自分の時間を大切にしいると、会えない時に相手が何してようがさほど気にならないんですよね。 つまり、一人の時間を大切にすることで相手に依存してしまうことを避けることができるのです。 相手に依存しないでも自分自身で自分の時間を豊かにすることができる、そういった気持の余裕は非常に大切です。 特に、人によっては「一人の時間がないとダメ」というタイプの人もいますので自立して過ごせる人は恋人と上手くいきやすいです。

友人との時間を大切にしている

恋人ができると、恋人との時間が最優先空いている時間を友人をすごす・・・なんて予定の組み方をしてしまいがちです。 しかし、それはだいたい「依存体質」の人が恋人に依存しているときの状態を変わりません。 あくまでも自分の予定を大切にするべきです。 「その日は、友達を遊ぶから会えない」と恋人からの約束を断ることがあるくらい、友人と恋人との予定をバランス良く組めているほうが◎ 「会えなく寂しいな、早く逢いたいな」と感じることがあったほうが「倦怠期」になりにくいです。

連絡をとる頻度が少ない

倦怠期知らずのカップルは、倦怠期になってしまうカップルに比べてあきらかに会っている時間の他にも「連絡をとる頻度が少ない」と言えます。 連絡をしていない時間は、やっぱり自分自身の時間をそれぞれに大切にしています。 また、連絡の頻度が少ないのは「信頼しあっているから」とも言えるでしょう。 私のこと好きじゃないのかな?なんて相手の気持をうたがったりすることがないので、しつこく連絡をしてしまうなんてこともありません。 会いすぎていたり、連絡をとりすぎていることでお互いの存在が「当たり前」になってしまいがちですが、適度に連絡頻度を抑えることで、そういった感覚を避けられていると言えるでしょう。

細かいルールがない

・記念日は必ずお祝いメールをする ・誕生日は必ずサプライズ ・寝る前に電話をする など、細かいルールを決めていないほうが倦怠期をさけられる可能性が高いです。 ルールがあるからこそ、「そうするのが当たり前」という気持ちから「倦怠期」になってしまいやすいですし、「こうしなくちゃいけない」というルールがプレッシャーになってしまいます。 ちなみに、タレントの小倉優子さんは元旦那さんとの離婚原因の一つに「寝る前に自分の好きなところを10個言わせていたことも原因かもしれない」と語っています。 つまり、自分に対して愛情表現することをルールとして強要していたのですね。 1日10個だとしても、1ヶ月でなんと約30個・・・! 男性にとっては「こうしなくてはいけない」という縛りがあるとしんどいのかもしれません。

素直な気持ちを伝えることができている

「倦怠期」に突入しないカップルは、普段から素直な気持ちを伝えることができているというパターンが多いです。 だいたい、付き合い出してから目についてきた相手の嫌な部分や不満を溜め込んでしまって爆発!そして「倦怠期」にという場合も多いので、ちょっとした不満は爆発する前に伝えておくことも大切でしょう。 喧嘩腰で言ってしまうと喧嘩になってしまうので、柔らかく「〜だからこうしてもえない?」など、どうしてもらえるのがベストなのかを伝えることが大切です。

定期的にゆっくり2人で会話をする時間がある

「倦怠期かも・・・」という状態であるとき、会話をする時間が極端に減っているという場合が多いので、一度ゆっくり会話をする時があると「倦怠期」になりにくいということが考えられます。 たまにはお酒でも・・・とゆっくりできる個室のある居酒屋で本音で話し合う時間を定期的に作って、普段は言えない本音を話したり、聞きすことは重要なことです。 たまに自分の気持ちはもちろん「相手はもう自分に気持ちがないのかな?」と不安になってしまうこともありますよね。 なので、お互いの気持を確かめておくことはモヤモヤを少しでもスッキリさせる為にはとても重要なことです。

感謝の気持ちを口に出す

一緒にいることが当たり前になりすぎで「ありがとう」という感謝の気持ちが薄れてきてしまうのが「倦怠期」ですよね。 「倦怠期」にならないというカップルは、お互いに「ありがとう」という感謝の気持ちを口に出すということを心がけている人が多いです。 血の繋がっている家族ではないんですから、「やってもらって当たり前」「一緒に過ごしているのが当たり前」なんてことはありませんよね。 いつでも「ありがとう」という気持ちを忘れないことは、「倦怠期」を避けることに繋がるはずです。

お互いに依存し合っている

良くも悪くも「お互いに依存し合っている」というカップルに、「倦怠期」は来ないでしょう。 お互いが、相手の存在なしでは生きられないという状況なのですから、「倦怠期」はやってきません。 しかし、「共依存」は危険です。 なぜなら、相手の存在なしでは自分が存在していることの価値を見いだせないからです。 自分の時間なんていらないし、相手が何をしているのか常に把握していないとモヤモヤしてしまいます。 お互いが同じ用に依存し合っているのであれば、何となくそんな関係でも上手く続いてしまうのかもしれませんが、そんな付き合い方は素晴らしい!とは言い難いですよね・・・。

激しい男遊び・女遊びをしない

自分のいないところで異性豪遊されていたら、安心して付き合っていられませんよね。 お互いに、相手が不安になるようなことはしないということを心がけることができるカップルは「倦怠期」になりにくいと言えるでしょう。 ・異性の連絡先を消す ・異性のいる場にはいかない など、そういった極端なことではありません。 異性とは節度のある付き合い方をすることができるということです。 お互いに信頼できるという関係性だと円満にお付き合いを続けていくことができます。

適度なスキンシップをとっている

ベタベタとしたスキンシップではなく、 ・外を歩くときに手をつなぐ ・別れ際など、ふとした瞬間のハグ ・疲れている相手の肩や腰のマッサージ など、さりげないスキンシップは恋人同士だからこそできるものですよね。 こういったスキンシップをすることで言葉にしなくても愛情を感じられますし、「倦怠期」になりにくいです。

一緒にいるときは「笑顔」を心がけている

「倦怠期だな」と感じているときの空気感って、「一緒にいてもつまらないな・・・」と感じている気持が態度に出がちです。 そして、その不満がたっぷりつまっていそうな態度が、さらに二人の空気感を悪くしてしまっているという可能性も考えられます。 「倦怠期」にならないカップルは、とにかく笑顔でいる時間が長いです。 つまらなそうにしていると、相手もあなたのそのつまらなそうな態度に気をつかってしまって「どうすればいいかわからない」と思ってしまう可能性が高いです。 無理をする必要はありませんが、一緒にお笑い番組を見て笑うなど「笑顔」になれるきっかけを沢山用意しておけるカップルは「倦怠期」を避けることができるでしょう。

定期的に旅行に行く

「倦怠期」になりにくいカップルは、定期的に旅行に行くなどいつもとは違う特別な場所で一緒の時間を過ごしていることが多いです。 「旅行」のように、いつもとは違う「非日常的」な時間を過ごすことで、新鮮な気持ちを取り戻すことがでるので、「倦怠期」を避けることができるのです。 また、来年の旅の為にお金を貯めようなど、同じ目標に向かって努力することができていると尚効果的ですね。

二人で楽しめる趣味がある

二人で楽しめる趣味があカップルは「倦怠期」になりにくいです。 例えば、 ・シーズンものの海外ドラマを見る ・二人でジムに通う ・山登りをはじめる など、二人で楽しめる趣味があると、いつでも一緒に楽しい時間を過ごすことができますよね。 一緒に同じことをして楽しむ時間が増えれば、「倦怠期」を脱却できる可能性が高いです

ゴールをきちんと決めている

例えば、一緒にいる時間が長すぎる「私達の関係っていつまでこのままなんだろう・・・」と思ってしまったり、代わり映えのない生活に飽きを感じて「倦怠期」になってしまうということも多いです。 それに比べると、「何年後には結婚できたらいいね」など将来のビジョンについてハッキリ話し合うことができているカップルは「倦怠期」になりにくいと言えるでしょう。 話し合っておけば、 ・同棲生活をずるずると続けたあげく結婚するタイミングを見失って倦怠期・・・そして破局 なんてことを避けられますし、結婚願望がないならないできちんとそれでもいいのか、どうするかの話し合いをするべきなのです。

倦怠期がないカップルの注意点

いつまでも相手の気持ちが自分に向いていると安心しない

「片思い」をしているときって、あの手この手を使って相手の気持ちを自分に振り向かせようと必死に努力しますよね。 とくに男性は、「釣った魚に餌はやらない」なんて言われることが多いです。 だいたい付き合い始めの最初の頃は、やっぱり自分に気持ちを向けておきたいと必死なのですが、時間が経つにつれて「もうこの恋は実った!」と安心してしまうことが「倦怠期」の原因の一つだと言えるでしょう。 女性も「追われるより追っていたい」なんてタイプの人もいて、振り向かれると途端にどうでもいいと思ってしまう人もいます。 恋愛って、付き合う前の「相手が自分のことを好きなのか好きなじゃないのかわからない時間」が1番ドキドキするんですよね。 このドキドキ感がなくなってしまうと「倦怠期」という状態に陥りやすいです。 いつまでも相手の気持ちが自分にあるだなんて自信過剰にならないようにしましょう。

自分磨きを怠らない

好きな人との「初デート」では思いっきりオシャレをして、お化粧もしていたのに、3ヶ月ぐらい一緒にいると気を使わなくなってくる・・・ということってありますよね。 とにかくかわいい!と思ってもらいたい、かっこいい!と思ってもらいたくて必死でオシャレしていたのに、慣れてくるとよれよれの部屋着でも平気で会いに行ってしまったり、すっぴんで会いにいくなんてことも。 まさしく相手によく見られたいという気持ちで「自分磨き」をしなくなってしまうのです。 いつまでも自分磨きを怠らず、ちょっとでも良い自分を相手に見てもらえるように努力しましょうね。

デートの内容がワンパターン化しないように!

付き合いが長くなっていくと、「ここ行きたいね!」「あそこに旅行しよう!」なんて会話も減ってきてしまい、「いつものお店でいいよね?」なんてことが多くなってきます。 結果的にデートの内容がワンパターン化してしまい、「マンネリ化」を生んでしまします。 「マンネリ化」は、新鮮味をなくし「つまらない」とお互いに思いかねないので避けたいものです。 デートがいつもの場所、どこにいくかを考える素振りがないわという場合は倦怠期突入の兆しと言える でしょう。ネットや雑誌で見かけた行ってみたいと思った場所をメモして、いつでも提案できる状態にしておくといいかもしれませんね。

仕事などでのすれ違いに注意

お互いが仕事などで忙しく、なかなか会えないことによりすれ違いが起きてしまうのも「倦怠期」になってしまう原因になります。 毎週会っていたのに、何だかんだ時間がとれなくなってコミュニケーションをとる時間が減ってしまうと「倦怠期」を招きやすいと言われています。 また、忙しいとお互いが自分のことでいっぱいいっぱいになって、相手のことを思いやる余裕がなくなってしまいます。 直接会わずにLINEなどメッシージのみでやりとりを続けていると、うまく気持ちが伝りづらいといったことからも気持ちにすれ違いが生じてしまい、「倦怠期」の原因となってしまいます。 どれだけ忙しくても直説会うということは非常に大切なことです。 そして何より一緒にいる時間を大切に過ごすことが大事です。

どちらかが一方的に依存しすぎないように注意

どちらか一方が「あなたがいないと生きていけないの!」とメンヘラチックに依存していると、依存されているほうはしんどくなってしまいます。 自分は別に平気なのに「会いたくて死にそう」とか言われるとめんどくさいな〜とめんどくさいという感情を抱いてしまいます。 この「めんどくさい」という感情があると「倦怠期」になってしまう可能性が高いにです。 「依存」されるとほんとうにめんどくさいし、「好き」という気持ちより「勘弁してくれ」という気持ちが勝ってしまい気持ちが冷めていってしまうんですよね。 お互いがいい感じに支え合える関係でいないと、どちらかの気持ちが冷めてきてしまって気づいたら「倦怠期」なんてことになりがりです。

相手の欠点ばかりを見つけない

一緒にいる時間がながければ長いほど、付き合う前は気づくことができなかった相手の欠点に気づきがちですが、しかし、それでは「倦怠期」に陥ってしまいます。 できるだけポジティブに捉える、もしくは相手の良いところも定期的に思い出す習慣をつけましょう。 お付き合いをはじめたということは、相手の何かに惹かれて「好き」という感情を抱いたということですよね。 「困っているときにただ側にいてくれた」なんていう思い出やエピソードを思い返してみるのもいいですね。できるだけたくさん、思いつくだけ相手のいいところをリストアップしてみると初心を思い出せるかもしれません!

恋愛に関する書籍

異性の心を上手に透視する方法

恋愛関係において、私たちはロボットのように決まった行動をすることが、最新の研究で明らかになっています。 にもかかわらず、人はなぜ「最悪の相手」への誘惑に勝てないのか・・・。 異性の気持ちを見抜く方法を、実例を交えてわかりやすく解説し、全米ベストセラーとなった衝撃の一冊です!

この本の詳細を見る

ズルい恋愛心理術

パートナーを見抜いてあやつる㊙テクを、アジア最強のメンタリストが禁断の恋愛テクを解禁! 相手の本音の見抜き方、浮気の見抜き方、真実を知るための質問の仕方、そしてそれに対応する微表情の分析の仕方までも網羅。 この一冊であなたのパートナーの真実が見えてきます!

この本の詳細を見る

いかがでしたか?

「倦怠期がないカップル」の特徴について理解していただけましたか? ✓「倦怠期」の読み方は「けんたいき」 ✓「倦怠期」の意味は「恋人に対しての飽きや慣れ」 ✓「倦怠期」は、だいたい3の倍数にやってくる ✓「倦怠期」がこないカップルもいる! 「倦怠期」は付き合いが長ければ長いほど、陥りやすく人によっては「倦怠期」が原因で破局してしまうう人もいますが、「倦怠期」にならないカップルもいるのです。 うまく「倦怠期」を避けて楽しくお付き合いができるなら、来ないことにこしたことはないですよね! できるだけ長く楽しい時間を2人で過ごすためにも、ぜひ意識してみてくださいね。

こちらの記事もチェック

「ネガティブ」の意味とは?ネガティブのデメリット&メリット、治し方とは?

eigobu.jp

ポンコツって?ポンコツな人の特徴、付き合い方、改善方法とは?

eigobu.jp

ホームシックの時期、症状、原因、なりやすい人の特徴、克服方法を徹底解説!

eigobu.jp

元カノに連絡してくる男性の心理とは?その時のベストな対処法とは?

eigobu.jp

ビッチの意味は?ビッチな女性の特徴とは?ビッチの見抜き方、うまく付き合う方法

eigobu.jp

さみしいと感じる心理と原因は?さみしい時の対処法とは?

eigobu.jp

ポンコツな女性の特徴は?ポンコツ天然女子が男子からモテる理由とは?

eigobu.jp

恋愛で自暴自棄になったときの対処法【完全版】

eigobu.jp

人間性を養い高める方法【完全版】

eigobu.jp

人間性が疑われる人の行動と発言の特徴とは?人間性のない人が人間性を高めるには?

eigobu.jp

人間性の高い人の特徴とは?人間性のない人の特徴は?人間性高める方法、見抜き方は?

eigobu.jp

脈あり女性が会話中に送るサインとは??会話に耳をすませば君も恋愛マスターだ!

eigobu.jp

女性がデートで見せる脈ありサインとは?デート中とデート前後で分けて徹底分析!

eigobu.jp

洞察力の鋭い人の特徴とは?鍛え方はある?洞察力のデメリットとは?

eigobu.jp

自暴自棄な人の心理と原因、立ち直り方は?自暴自棄な人の助け方とは?

eigobu.jp

褒めてくれる男性は脈ありか?確かめる方法、褒められた時の返し方は?

eigobu.jp

心配してくれてる男性は脈ありか?確かめる方法は?男性が心配する理由とは?

eigobu.jp

ポンコツな男の特徴は?ポンコツキャラ男子が女性からモテる理由とは?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 倦怠期がないカップルの特徴と今後の注意点とは?