1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 仕事できない人の特徴と心理は?正しい接し方と対応方法とは?
仕事できない人の特徴と心理は?正しい接し方と対応方法とは?

仕事できない人の特徴と心理は?正しい接し方と対応方法とは?

「仕事ができない人」って職場に1人は必ずいますよね。そんな「仕事ができない人」に日々悩まされていたり、自分は「仕事ができない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。今回は、「仕事ができない人」の特徴について徹底解析します!また、「仕事ができない人」の心理や、改善する方法などもまとめますので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事ができなくて悩んでる人は結構多い

働いていて、同じ職場の人に対して「あの人仕事できないな〜」などと感じたことはありませんか? 不思議と必ず1人や2人、「仕事ができない人」と感じる人がいるものなんですよね。 今回は、「仕事ができない人」について徹底解析していきます!

そもそも「仕事できない」とは?

「仕事ができない」とは、 ・何かとミスが多い ・ペースが遅く進みが悪い ・責任感がない など、仕事をしている上で組織に利益を与えられないどころか、同じ職場で働いている人の負担になってしまう人が「仕事がでいない」存在として扱われます。 そもそも向き不向きがあるので、仕事がその人に合っていないということもあるのですが、「仕事が出できない人」は、「仕事に向きあう姿勢」にそもそも問題があったりするので、仕事を変えたところで仕事ができるようになるとは言えません。

仕事できなくて悩んでる人多し

そもそも「仕事ができない」という自覚がない人もいます。 ミスをしてしまっても、「ま、いいか」と楽観的な思考であったり、普段から何も考えていない人なんかは特に自覚がありません。 しかし、全員が全員自覚がないわけではありません。 「自分は仕事ができない」と悩んでいる人も沢山います。 仕事ができる人にとっては、「仕事ができない人」というのはストレスそのものでしょう。 「仕事がでいない」と自覚がある人は、周囲の仕事ができる人が仕事ができない自分に対してイライラしていることも実は察知してします。 なんとかしなければ・・・仕事ができるようになりたいと勿論改善しようとはしているけど、上手くいかない・・・というように仕事ができなくて悩んでいる人は実はとても多いです。

「仕事できない」の英語は?

「仕事できない」の英語を「He cannot work.」だと「能力的に仕事を遂行することができない」というニュアンスになります。 ・He is incompetent.(彼は能力に欠ける) ・He is not productive.(彼は生産性が低い) などとするとより自然な英語となります。

仕事できない人の特徴

無関心

仕事ができない人は、そもそも仕事に対して「無関心」だったりします。 とにかく出社して、適当でも仕事をしていればお給料がもらえるならそれでいい・・・という感じ。 いつか結婚して玉の輿に乗る〜♪なんて考えている女性に特に多いです。 仕事にやりがいなんて求めていないので、仕事に熱心に取り組みません。 職場全体の業績なんて気にしないし、もちろん自分自身の仕事に対する評価なども気になりません。 周りの人がどんなに忙しそうにしてても無関心。 企業に務めるということは、組織に所属するということですから、普通であれば少しでも業績アップのために貢献したいという気持が生まれるはずです。 それが全くないのでダラダラを仕事をして「早く定時にならないかな」なんて思いながら過ごしてしまうのでしょう。

周りが見れず、言われたことしかできない

基本的に「言われたことしか出来ない人」というのは、「仕事ができない人」というレッテルをはられます。 右も左もわからない新入社員ならまだしも、暫く努めていれば、頼まれたことプラスαで何かできることが望ましいです。 仕事ができる人をいうのは、プラスαどころか、常に先を読んでプラスαのプラスαくらいまでは仕事ができますが、仕事ができない人は、先を読む能力がないのでそれができません。 むしろ先を読もうともしていないし、考えようともしません。 ただ上司など上の人から「〜をしてください」という指示をまっている指示待ち人間なのです。

無駄な完璧主義

仕事ができない人は、無駄に完璧主義であることが多いです。 「完璧を目指す」ということ事態は間違っていることではありません。 しかし、完璧を目指しすぎるあまり余計な時間をかけて仕事のペースが遅いというのは問題です。 「正確さ」「完璧さ」があっても、時間をかけすぎて周りの人の足をひぱったり、期日を守れないのは「仕事ができない」と言われてしまっても仕方ありません。 スピードがあれば適当に仕事をこなせばいいというわけでは決してありませんが、正確さとスピードを両方兼ね備えているのが仕事ができる人であると言えるでしょう。

やたらとレスが遅い

仕事が遅い人は、メールなどやり取りをしている上でのレス(返信)が異様に遅いです。 業務内容に関することを連絡しているのに、レスが遅いとそれだけで無駄な時間を食うことになってしまいますし、返信が来ないということで段取りに大きな支障がでてしまうこともあります。 「連絡に気が付きませんでした〜」なんていうのも仕事に意識が向いていない証拠ですよね。 休日ならまだしも、勤務中はメールチェックや返信も業務の一部ですし、取引をしている相手がいるなら尚更気にかけておくべきです。 そういった仕事に対する意識の薄い人は、やっぱり仕事ができない人に分類されるでしょう。

無視されている

仕事ができない人は、職場では圧倒的に嫌われている存在になります。 自分たちは一生懸命仕事をしているのに、明らかに仕事に対するやる気が感じられなかったり、ミスをして余計な仕事をふやされたり、仕事のペースが遅くて足を引っ張られていてはイライラしてしまって当然ですよね。 新入社員なら優しく指導する気になっても、いつまで経っても永遠にそのような状態が続いていると呆れてしまいます。 「もうこんな仕事ができない人なんていらないよ!」と思われて、できれば「辞めてくれないかな」なんて思われて、徐々に周りの人から無視されていってしまうのです。 忙しい職場だと、特に仕事に対するストレスも溜まっているので、そういったイライラのはけ口にされやすいのが「仕事ができない人」です。

移動が多い

仕事ができない人は、大きな企業内とかだと、部署内など移動が多いです。 同僚など、周りの人から「あの人がいると仕事に支障がでる・・・」といったクレームが多いのでどんどん飛ばされてしまうのです。 会社側も、「営業は向いてなさそうだったから、他のことをやらせてみてはどうか」など色々考えて移動先を決めてくれたりもしますが、上述しているように向き・不向きの前に「仕事に対する姿勢」に問題があることが多いので、移動を繰り返しても「仕事ができない」という状況からは何もかわらない事が多いです。

スケジュール管理ができない

仕事ができない人は、こぞってスケジュール管理ができません。 仕事というのは、目の前にあるものからただ闇雲に手をつけていけばいいというわけではありませんよね。 ・いつまでにやらなければいけないのか ・どれくらい時間がかかるものなのか などしっかりと把握して、「3日までに資料を集めておく」とか「5日までには一度提出しておく」というように、きちんと計画的に行わないと効率よく仕事を進めることができません。 スケジュール管理を怠ると、時間ギリギリで慌てた結果ミスをしてしまうということにも繋がってしまいます。 仕事ができない人というのは、基本的に自分のスケジュールをしっかり管理していないので、どう考えても無理な場面で余計な仕事を引き受けてしまうなど、自分自身で大変な状況を作り出してしまったりします。

忙しい

仕事ができない人は、無駄に忙しい。大した仕事量もないのに忙しそうにします。 周りに自分より膨大な量の仕事をこなしている人だって沢山いるのに「あ〜忙しい、、、」と常に何かに終われてセカセカしているんです。 「仕事ができない人」というのは、単純に時間の管理が下手くそです。 早めに終わらせておけば良いことを後回しにしてしまった結果、時間がなくなって急がなくてはいけなくなってしまっていたり、他の人が一瞬で終わらせることができることに、時間をかけているから単純に「時間がない!忙しい!」という感覚に陥っているだけなんです。 結果的に、自分のことでいっぱいいっぱいで、周りをフォローする余裕なんてないし、むしろフォローを頼む始末・・・。 基本的に「忙しい」と口にする人ほど仕事ができない人であることが多いです。

残業をすればいいと思っている

仕事ができない人は、基本的に「残業をすればいい」と思っています。 時間通りに終わらそうという気がないし、「残業をしなければいけないほど自分の仕事のペースが遅い」という自覚がありません。 むしろ「遅くまで残って仕事をしている自分、偉い!」ぐらいに思っています。 しかし、実際会社側からみると残業代を払わなければいけなかったり、電気代など無駄なコストがかかってしまうのでマイナスな面が多いです。 とくに他の人がやれば勤務時間内に終ることを、終わらせられないのは完全に「仕事ができないから」と判断されてしまいます。

時間にルーズ

仕事が遅い人は、待ち合わせ時間には必ず遅れてくるタイプの時間にルーズな人が多いです。 基本的に何事においても適当なので、締切りなどがあっても気にしないし、大事な会議に遅刻してくるなど、社会人として本当だったら許されないルーズさがあります。 スケジュール管理をしっかりしようという意識がないのも、時間にルーズだからかもしれません。 だから、仕事に対しても「早く終わらせよう」という気持がなく、ダラダラと仕事をしてしまうのでしょう。 自分がダラダラをしている間に、他の人はスパスパと仕事をこなしていっていることに気がついていないのでしょうか。

謝らない

仕事ができない人は、ミスなどを指摘されても謝ることができないタイプの人が多いです。 プライドが無駄に高く、そもそも自分のやり方は出しいと思っていて謝る必要がないと思っていたり、「人間誰だってミスくらいするでしょ、仕方ないでしょ」と開き直っていて「悪いこと」だと思っていたりします。 結果的に、そのミスが周りの人にどれだけ迷惑をかけたなんて考えていないのです。 謝れない人って、自分の非を認められていないので、結局改善されず、同じようなミスを何度も繰り返します。

仕事してるアピール

仕事ができない人ほど、「仕事してるアピール」とする傾向にあります。 上述したように、仕事が出来ない人はタイムマネジメント力が皆無なのでいつもセカセカしていて忙しそうにしているし、「私こんなに忙しく仕事してますよ」というアピールをします。 同じ仕事量でも、スケジュールをきちんと組んで余裕をもって仕事を終わらせることができる人と、 「あ、これまだ終わってなかった!やらなきゃ!」「あっここ確認しないといけないんだった!」「間違えてたからやり直しだ〜」などとワーワー言いながら仕事をしている人だったら、後者のほうが仕事をしているように感じませんか? このように、仕事がでいない人ほど「仕事してます感」を出してきますが、仕事ができる人から見ると、「要領が悪くてただ騒いでいるだけの仕事ができない人」なのです。

言い訳

仕事ができない人は、言い訳が多いです。 仕事がきない人がよく言うワードは、 ・でも ・だって ・知らなかった ・聞いてない ・やろうと思ってた です。 「謝らない」という部分と少しかぶってしまうのですが、自分のミスや能力の低さを認めたがらない傾向にあります。 周りの人からすると、「何言ってんの?」とあきれてしまいますが、「正論を言っている」と言わんばかりに言い訳をしてきます。 結局それではいつまでたっても成長することができませんよね。

話しが長い

話が長い人は「仕事ができない」ということが多いです。 なぜ話しが長い人が仕事ができないかと言うと、「話しが長い=要点をまとめることができない」ということだからです。 話しを聞いていて、「・・・・で、結局何が言いたいの?」となってしまうと、話しを聞いている時間も無駄にしてしまいますよね。 ビジネスの場面でのコミュニケーションでは、時間を無駄にしないためにも要点をわかりやすく伝える必要があります。 話が長いと、「仕事も手際よくこなすこができないんだろうな〜・・・」という印象をもたれます。 「話しが長い人は出世ができない」なんて言われているほどです。

おしゃべり

やたらとおしゃべりが大好きな人っていますよね。 暇さえあれば、おしゃべりをしてしまうような人は仕事ができない人が多いです。 休憩時間ならまだしも、仕事中におしゃべりが多いのは問題です。 おしゃべりをしているということは、仕事に集中していないということですよね。 基本的に、人間は二つのことに同時に集中することができないので、しゃべっていることでケアレスミスをしてしまったり、仕事のペースが落ちてしまうということはよくあることです。 しゃべっていても仕事のクオリティは高いままという器用な人も中にはいるかもしれませんが、圧倒的に仕事中にしゃべっている人のほうが「仕事ができない人」という印象をもたれやすいと言えるでしょう。

コミュニケーションをとるのが苦手

仕事ができない人に「おしゃべり」な人が多いのと反対に、「コミュニケーションをとるのが苦手」という人もいます。 個人授業主など、完全にひとりで仕事をしているという状況以外では、どんなにコミュニケーションをとるのが苦手でも、コミュニケーションをとらなければ問題がおきてしまうこともあります。 コミュニケーションをきちんと取っていないと、本来報告しなければいけないことが、報告されていないなど、大きな損失を招いてしまう可能性もあります。 周りの人とうまく連携がとれない人は「仕事ができない人」が多いです。

愚痴や文句が多い

仕事ができない人で、「自分は仕事ができない」という自覚のないタイプの人は、普段から愚痴が多い傾向があります。 ・こんな量の仕事を任せてくるなんてありえない ・こんな企画うまくいくわけない ・○○さんの下では働きたくない など、何かにつけていつも愚痴をいっています。 愚痴っ聞いていて良い気分になるものじゃないですし、周りの人の空気を悪くしますよね。 不満があるのに、裏でグチグチ言っているだけで特に改善しようと努力するわけでもない人達を見ていると、「仕事ができないんだな」と思ってしまいます。

メモをとらない

仕事ができない人は、基本的にメモをとりません。 人間の記憶力には限界がありますので、言われたことのすべてをいつまでも覚えておくことはできないし、「〜をやらなければいけない」と頭で思っても、他のことに取り組んでいるうちに、やるべきことを忘れてしまったりしますよね。 覚えておくべきことは、その場ですぐにメモをとって、 ・時間があるときに見返す ・他のノートに清書し直しながら覚える といった行動をとるのが仕事に対して意欲のある人です。 やるべきことを忘れていて、後になってアタフタするという自覚がある人もとにかくメモを取るべきなのです!しかし、仕事ができない人は自分の能力に自身があるのか何なのか、メモをとることなく大切なことを聞き流していることが多いです。

頑固

他人の意見を聞き入れることができない頑固者にも仕事ができない人は多いです。 他人からの指摘を聞き入れようとしなかったり、「自分は仕事ができる」と無駄に思い込んでいるような頑固な人は、仕事ができないタイプです。 指摘されても、アドバイスをしてもらっても言われていることが理解できていなかったり「なぜそう言われるのか」ということがわかっていないことが多いのです。 理解できないというより、鼻から理解しようとしていないといったほうが正しいかもしれません。

仕事ができない人の心理・理由

自分では仕事ができていると思っている

仕事ができない人の中には、「自分は仕事できる」という心理で、仕事に取り組んでいる人もいます。 「仕事ができている」と思っているということは、もちろん「改善すべきところはない」と思っているので、永遠に改善されず仕事ができないままなのです。 自分の仕事のペースが遅くても気がついていないし、周りが見えていないので、ある意味非常に「楽観的」であるといえるでしょう。

自分のことしか考えていない

仕事ができない人は、とにかく自己中心的です。 周りが見えている人は、自分のミスで他の人に迷惑をかけてはいけないと思うからこそ慎重に仕事に取り組むし、何かミスが合った場合に訂正する時間も考えて提出物は期限より早めに提出したりします。 作業においても、早く終わらせられることであれば、さっさと終わらせて他の人のフォローに回ろうと考えるでしょう。 仕事ができない人は、「自分の仕事」しか見ていないので、「ペースが遅くても終わればいいんでしょ」という感覚で、ミスをして他の人にフォローしてもらうことになってもお構いなしです。 会社という組織に所属していて「自分のことしか考えていない」はアウトですよね。

仕事に対して向上心がない

仕事ができない人は、「より良くしていこう」という向上心がありません。 向上心がないから、周りの人より仕事ができていないということに気がつかないのでしょう。 向上心がある人であれば、「○○さんのように仕事ができるようになりたい」「○○さんに認めてもらえるように頑張りたい」など、意欲的に向上心をもって仕事に取り組みます。 しかし、仕事ができない人はこの向上心がないので、いつまでも仕事がでいないままなのです。 もしミスがあっても ・どうしてミスをしてしまったのか ・ミスをしないためにはどうすればいいのか ということを考えることができないのです。 つまり、仕事について、一切反省をしません。 だから、同じミスをいつまでも繰り返してしまうし、より良くしようという意欲がないのでいつまでも「仕事ができない人」のままなのです。

立ち直りが遅い

仕事ができない人の中には、メンタルが弱く立ち直りが遅いという人も多いです。 何か一度ミスをしてしまって、多大な迷惑をかけてしまったことトラウマになってしまっていて仕事に対してやる気がなくなってしまっているのです。 これも、向上心がないということに繋がるのですが、気持を切り替えることができないために、下向きな姿勢がさらにミスを呼んでしまったり、ミスを恐れるあまり慎重になりすぎてペースがかなり遅くなってしまったりと、悪影響を及ぼしていることがあります。

体調管理が下手

仕事ができない人は、体調管理が下手くそで、いつも身体がだるいといった、全力で仕事に取り組める万全な体調ではないことも多いです。 だるい状態で仕事をしていても、集中力にかけてミスをしてしまったり、ペースが遅くなってしまうので、「仕事ができない人」と思われてしまうのです。 スケジュール管理が下手なので、いつもバタバタしていて栄養のある食事がとれていなかったり、睡眠時間が少ないといったことで、体力も免疫力もなくなっているという状態であることが多く、早退や突然欠勤することが多かったりします。 欠勤や早退で仕事に穴があくと、必ず誰かがフォローしなければいけないので迷惑をかけることになりますが、仕事ができない人はそういったことを気にません。 「体調が悪いんだから仕方ないでしょ」という感じです。 こういった体調管理に関しても社会人をしてしなければならない「自己管理」であるということをわかっていないのでしょう。

すぐに諦める

仕事が出いない人は、お得意の ・どうせ ・だって ・できるわけない といったマイナス思考を発動させて、壁にぶつかるとすぐに諦めてしまいます。 すぐに諦めてしまうのですから、成功することが少ないのも当たり前のことですし、結果を残せないので「仕事ができない人なんだ」と思われるのも当然のことです。

「自分はまだ本気を出していないだけ」だと思っている

例えば、仕事をできない人が、上司などに仕事ができないことを指摘されたとします。 それでも、仕事ができない人は「本当はやろうと思えばもっとできるのに、わかってもらえてない」などと不満に思います。 指摘されている自分がすべてなのに、「今回はたまたまできなかっただけなのに」なんて思っているのです。 これでは反省になりませんし、一向に改善されません。

何をどうすればいいのかわかっていない

仕事に対してのやる気はあるのに、何をどうすればいいのかわからずに空回りをしてしまっているというパターンもあります。 こういったタイプは、向上心はあるし、他の人より仕事ができないという自覚もあります。 でも、何をどう改善すればいいかわかっていないのです。 自分の中で、「こうすればいいんだ!」と試してみても、なんだか結局失敗ばかりしてしまうし、周りからの評価もが低いをいうことも自覚しているので、本当は精神的に辛い思いをしているこも多いです。 上手く周りの人に相談できないなど、コミュニケーションをとるのが苦手なタイプに多いです。

仕事ができないことが申し訳なさすぎて気持が収縮してしまっている

「自分は仕事がきない」としっかり自覚をしているタイプの人で、自分が仕事がでいないということが申し訳なさすぎて、周りの人に対して気持をうまく出せない・行動に移せないという人も多くいます。 例えば、 ・処理の仕方がわからなくて困っているけど、申し訳なくて聞けない ・仕事が早めに終わったけど、自分がフォローに入ってミスしたら悪いから黙ってよう など、なんとか迷惑をかけないように、迷惑をかけないように、と考えながらの行動が「いまいち、ペースも遅いし、自分のことしかできないよね」という印象がついてしまって、そのまま「仕事ができない人」だと思われてしまうのです。

きちんと理解していないまま仕事に取り組んでいる

与えられた仕事に対して、 ・何をすればいいのか ・何が目的のものなのか ・いつまでに終わらせるべきものなのか など、きちんと理解していないまま仕事に取り組んでいる結果、ミスをしてしまったり大変効率の悪い取り組み方をして、通常より時間がかかる結果になったりします。 疑問に思うことは、きちんと理解をしてから行動をしないと、結局「なんとなくの雰囲気」で仕事をしてしまうのでミスをしてしまうし、求められている結果を出せなかったりするのです。

結婚すればいいと思っている

働く女性に多いのは「結婚すればいいや〜」と思いながら働いているという人です。 「結婚したら、退職して家庭に入るから仕事なんていいや、、、適当にしてお給料さえもらえれば・・・」という心理があるため、仕事に対して熱意をむけられないのです。 結婚を意識している女性は、仕事対するモチベーションがとにかく低いので、ペースは遅いし質は悪い・・・という完全なる仕事できない人に落ちぶれていきます。

頭を使わない

仕事ができる人って、頭の回転が速い人に多いように感じませんか? 仕事ができる人は、常に頭を全力に働かせて仕事をしています。 しかし、仕事ができない人はそもそも頭を使っていないイメージ、、、。 仕事を効率よく行うのも、ミスのないように正確に仕事をするのも、頭を使いますよね。 頭を使わないから、効率よく動けないし、ケアレスミスが多くなったりしてしまうのです。

頭の回転が速い人の特徴となる方法!デメリットは? おすすめの食べ物&サプリは?

eigobu.jp

病気である可能性もある

中には病気で「仕事ができない」という状態にあるという人もいます。 例えば考えられる病気としては、 ・ADHD ・アスペルガー ・うつ病 ・適応障害 などがあります。 特に最近は、「大人のADHD」というのが非常に多くなってきています。 「ADHD」とは、「注意欠落」(AD)と、多動症(HD)という病気を組み合わせた病気の ことです。 ・話が聞けない ・集中できない ・注意力散漫 ・忘れっぽい ・じっとしていられない などの症状が出る病気で、一般的に子供の病気であることで知られていましたが、近年では社会に出て働き始めたときに、「なかなかミスがなくならない」「仕事に集中できない」などで悩みはじめ、結果的に「ADHADだった」というケースが多く見られます。 自分が「ADHD」だと自覚してない人も多いので、能力不足や意欲不足によって仕事ができないのか、病気で仕事ができない状態なのか、判断が難しいところです。

辛い!”仕事できない” を改善する方法

注意された=失敗だと思わない

メンタルが弱い人は、何か仕事上で指摘をうけたりすると「失敗してしまった・・・」と酷く落ち込んでしまう人がいます。 だからこそ、言い訳がましいことを述べてしまったり中々受け入れることができないということも考えられます。 しかし、「注意をされた=失敗」とマイナスにとらえるのではなく、大切なのはその先どうするかです。 そもそも、あなたのことを思ってくれているからこそ注意をしてくれているのですから、指摘をしてくれるだけありがたいことだと思わなければいけません。 なので、落ち込んだり、拗ねたりするのではなく、きちんと真摯に言われたことに向き合って改善していこうという姿勢をもちましょう。

業務の優先順位つけながらやることを整理する

仕事が遅い原因に、やらなければいけない業務の優先順位が正しくつけられていないといことが考えられます。 まず、やらなければいけないことをバーっと書き出し、自分がしなけれないけないことを目で見てわかるようにしましょう。 ただ書いた順番に処理していくだけではなく、業務がスムーズに進むように優先順位をつけていくと◎ 期限のあるものは、早めに終わるように計画をたてて、基本的に5分で終わるような小さなタスクは先に終わらせておいたほうがいいです。 きちんと一日のはじめに整理しておいて、「〜をしなくちゃいけなかったのに忘れてた汗」なんてことになるのを防ぎましょう!

何に何分かかるかきちんと計算してタイムスケジューリング

やらなければいけないことの優先順位をつけられたら、次は業務にかかる時間を意識していきましょう! 優先順位をつけても、上からダラダラをやっつけているだけでは時間がかかってしまいます。 この作業には1時間かかりそうだな、これは30分で終わるだろう、、、というような何にどれくらいの時間がかかるのかを書き出しておきます。 かかる時間が予測できたら、予測した時間よりお早く終わらせるように意識して仕事にとりかかります。 時間を意識することで、かなり作業スピードがアップするでしょう。

デスクまわりを整理する

デスクの周りがぐちゃぐちゃだったりすると、それだけで集中力がなくなってしまいますし、それだけ物事が整理できていない状態であるということが表されています。 そもそも、デスクまわりが汚いと、例えばハサミといったちょっとした物を使いたい時に中々見つからなくて探すという無駄な時間を使ってしまうことになりかねません。 デスク周りの無駄なものを断捨離してスッキリとすれば、必要な情報だけがスッと入っていくる環境になるので仕事の効率もグンとよくなります。

とにかく報連相を徹底!

仕事ができない人は、報連相ができずに、結果的に大きなミスをして周りに多大なる迷惑をかけてしまうパターンが多いです。 とにかくちょっとでもわからないことは、すぐに上司や周りの人に確認をとるべきです。 申し訳なくて聞けないという気持の人もいるかもしれませんが、聞かずにミスをしたり仕事が遅くなったりするほうが、迷惑をかける申し訳のない事態です。 「仕事のペースが遅い」という自覚があるなら、「〜まで終わっています」など、進捗状況を伝えるようにすると、周りの人も「まだ終わらないのかな?」と不安になることがないですし、その時点でミスがあれば指摘してもらえるので、望ましいでしょう。 特に、期限内に終わらなそうな状況である場合などは、「〜まで終わっていますが、3日までには申し訳ないですが終わりそうにないです」など先に伝えておくべきです。

見直し・確認は怠らない

仕事ができる人は、「ミスをしない」ということではありません。 人間なのですから、ミスをするときだってあるでしょう。 ここでの「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違いは、見直しや確認をきちんとするか、しないかです。 仕事ができる人は、必ずミスがないか見直し確認をしているので、ミスがあっても修正する余裕があり、完璧な状態に仕上げることができるのです。 反対に仕事ができない人は、やりっぱなしで見直し確認を怠るからミスがあっても気が付かず、結果的にミスが多いということで信用をなくしていきます。 ミスが多い人に仕事を任せたいなんて思う人いませんよね・・・。

インプットを心がける

仕事をしてく上で学ばなければいけないことって沢山ありますよね。 例えば、営業職であれば営業をしていく上で身につけておきたいスキルや、知っておきたい情報ってありますよね。 仕事ができる人というのは、通勤時間などの隙間時間に、本を読んだり情報収集をしています。 そして、少しでも仕事に活かせるように常に考える癖をつけましょう。 身につけたことを、他の人に話すなどアウトプットするのも効果的です。 頭の中で考えたり、情報をまとめるのって実はとても大切なことで、インプットした情報を自分の身につけられれは自然とスキルアップしていくでしょう。

辞めたいなら転職するのも一つの手段

辞めたいなら転職するのも一つの手段です。 仕事を頑張ろうという姿勢を前向きにもっているのは、とても素晴らしいことですが、無理をしすぎてしまうと精神的も肉体的にも負担がかかりすぎてしまう場合もあります。 例えば、もう辛くて辛くて死にたい・・・などそこまで追い詰められてしまっているなら、いっそのこと環境を変えてみるべきでしょう。 仕事には合う・合わないがありますし、職場の人間関係によっても仕事のやりにくい、やりやすいの差はあります。 どうしても、、、というときは転職するのも一つの手段をして視野に入れておきましょう。

イライラで疲れる!仕事できない人の接し方・対応方法

イライラとストレスが溜まり疲れる仕事のできない人・・・。 同じ職場にいると、ちょっと困りものですよね。 仕事ができないと人には、どのように接するのが正解なのでしょうか? ここからは、仕事がでいない人のお接し方や対処法を紹介します。

自分のスキルアップだと思う

仕事ができない人が側にいるとイライラしてしまいますよね。 でも、それでは勿体ないので自分のスキルアップだと思って、指導をしていきましょう。 人は、インプットしたものをアウトプットすることによって得た情報を頭の中で整理して、自分のものとして身につけていきます。 なので、自分の為にもなると思って仕事ができない人のフォローをしてあげましょう。 めんどくさいかもしれませんが、見放してミスを繰り返されるよりもとことん付き合ってあげたほうが、相手のためにも自分のためにもなるでしょう。

仕事の段取りなどを懇切丁寧に説明をする

仕事ができない人は、察する能力がないし考えようとする力もないので、「これくらい言わなくてもわかるだろう」は全く通じません。 基本的に指示は懇切丁寧に説明をしてあげましょう。 「電車に乗るには切符を買わないと乗れません」くらい丁寧に言ってあげます。 理解されていないまま、下手くそなタイムスケジューリングで仕事を進められて余計な時間を使わなければいけなくなってしまうなら、「○○を終わらせてから、○○に取り掛かってみてください」というように、最初から説明してしまいましょう! そうすることで、全体的に仕事のスピードはあがるはずです。

質問しにくい空気を作らない

仕事ができない人にたいしては、「わからないことがあったらいつでも聞いてね♪」と質問しやすい空気で接してあげましょう。 しかし、自分からなかなか質問できない人も中にはいるので、「どう?困ってることない?」と定期的に聞いてあげると、「〜がわからなくて困ってます」と言いやすくなるので、ミスを減らせる可能性が高いです。 ちょっと怖そうだな、怒らせたくないな、という人に対してはやっぱり自分の状況を伝えにくいですし、ちょっとビクビクしてしまって余計なミスをしてしまうことだってあります。 質問しやすい空気を作ってあげましょう。

一緒に改善点を考えてあげる

仕事ができない人に、ちょっと小言や嫌味を言ったくらいでは恐らく改善されることはありません。 「仕事ができない」ということに気がついていない場合は、何を言われても響いていませんし、「仕事ができない」という自覚がある人にとっては痛いほど突き刺さってしまって「もう職場に行きたくない・・・」と思うほど追い詰めてしまうかもしれません。 どっちのタイプにしろ「どうすればいいのか」というところをわかっていないので、一緒に改善点を考えてあげるといいでしょう。

仕事ができない人におすすめの生き方

石の上にも三年

仕事ができないのって辛いですよね。 「石の上にも三年」ということわざをご存知でしょうか。 「石の上にも三年」とは、冷たい石の上でも、長い間座り続ければ徐々に暖まってくるという意味のことわざです。 これは仕事にも言えることであり、つまり辛いと感じる仕事でも、三年耐え忍べば仕事にも慣れて今よりいい状態になっている可能性があるのではないかということです。 しかし、ただ耐え忍べばいいということではありません。 自分を成長させるために努力を続けていれば、三年後には報われていてもおかしくないということですね。 何事も、始めたばかりの頃はわからないことも沢山あるし、人には人のペースがあります。 もしかすると、スロースターターなだけで、ある日を堺にぐんと急成長を遂げるかもしれません。 「仕事ができない」と感じたとき、環境を変えてみるのもいいですが、まずは3年続けることを目標に日々頑張ってはいかがでしょうか。

自分に合う仕事を探して転職をする

この世には色々な職業があります。 一般的に知られている職業以外にも、「えっこんな仕事もあるの??」なんて職業が沢山あります。 つまりどういうことかというと、それだけ職業の選択肢が沢山あるということなんです。 探せば必ず合う仕事があるはずです! 職業事態は自分にあっていなくても、一緒に働いている人たちと気が合う、というだけでも楽しく働けます。逆に自分の好きなことを仕事にしていても、人間関係が劣悪だと、それだけでやる気を失ったり、仕事に行くのが苦痛になったりしますから、人間関係の良さで決めるのもありですね。 自分に合った職場が見つかるまで、色々試してみてもいいのではないでしょうか。

仕事は仕事と割り切ってプライベートを楽しむ

「仕事ができない」「仕事をしている時間が苦痛」という状況を打破できないなら、いっそのこと、「仕事は仕事」と割り切ってプライベートに重きをおいた生活を送るのもありでしょう! 一ヶ月にかかる必要最低限の生活費を計算してみてください。 一人暮らしの場合の生活費の平均は、だいたい8万円ほどだと言われています。 少し貯金をためておくと、アルバイトでも充分成形を立てていけると思いませんか? 贅沢な暮らしはできないかもしれませんが、苦痛に感じる仕事の拘束時間は短いですし、自由に使える時間は増えるでしょう。 人生は一度きりですから、自分の好きなことをする時間をたっぷりとって生活したっていいのです。 好きなことを極めていれば、そこから新たな道を切り開ける可能性もあります!

親のスネをかじる

両親がご健在なら、かじれるだけ親のスネをかじるのもありです。 「親のスネかじり」って悪いイメージがありますが、いくつになっても子供と一緒に過ごせるのが嬉しいという親だって世の中にはいます。 しかし、自立しなくてもいいというわけではありません。 ある意味仕事をしていく上で、仕事に集中できる環境であるとも言えますので、仕事に対して向上心をもって働いていける大勢がつくまでスネをかじらせてもらって、アルバイトからはじめて見るというのもいいでしょう。 両親の反対意見もあって親のスネをかじれない・・・という人は、生活保護に頼るのもあり。 いずれは社会復帰をするという前提で、少しの間生活保護をもらいながら生きる時間を作ってみては、、、?

ホームレスになる

仕事ができなくて、働くのも嫌だ!親のスネもかじれない!生活保護ももらえない!そんな状況でも、どうしても「働きたくない」という気持が強いなら、ホームレスになってみてはどうでしょうか。 ホームレスって、お金もなくて家もなくてかわいそう・・・と思うかもしれませんが、案外充実した私生活を送っている人が多いです。 日本の新聞紙ってとっても質がよくて最高に温かいんですよ! それでもやっぱり、お家はほしいし、温かい布団で寝たい(泣) と思うのであれば、自分にあったお金の稼ぎ方を頑張って見つけましょう。

結婚をする

愛する人がいるなら「結婚」という手もあります。 結婚をするということは、働き手が2人になるということです。 現代では、専業主婦よりも圧倒的に兼業主婦のほうが多いですよね。 結婚をすれば、生活費は二倍になりますが、「1人で稼いでなんとかしなければ」という経済的な負担が減るということです。 どちらかの収入だけで生活していけそうだ!というのであれば、1人は働くことをやめることだってできます。 「専業主婦=女性」という認識が強いですが、「主夫」といって、逆に男性が働かずに主婦業を やるというパターンも近年では多いです。 仕事ができない、、働きたくない、、、というのであればパートナーを話し合って養ってもらうのもいいかもしれません。

ベーシックインカムのある国に移住する

「ベーシックインカム」という制度をご存知でしょうか。 「ベーシックインカム」とは、最低所得保障の一種で、政府が国民に必要最低限の生活費を定期的に支給するうというシステムです。 つまり、8万円なら8万円、仕事をしてなくても国から支払ってもらえるということです。 年齢、性別、所得の有無を問わずすべての人に支払われます。 日本では導入されていませんが、 ・アメリカ ・カナダ ・オランダ ・イタリア ・インド ・ウガンダ など、世界各地で導入実験が行われています。 ベーシックインカムの導入されている国に移住すれば、働いている時間をグンと減らすことができるのです。 思い切って日本を離れてみるというも、いいかもしれません。

仕事ができない人におすすめの書籍

楽しくなければ仕事じゃない

同じ仕事でも、同じ日常でも、 「視点」が変わるだけで、「価値」も「景色」も一変する! 読むと、「視点」が変わり、「あなたの明日と人生」が変わる!

この本の詳細を見る

「仕事ができるやつ」になる最短の道

毎日2万人以上が訪れ、月間150万PVの人気ブログBooks&Apps著者が教える「仕事の質の高め方」

この本の詳細を見る

正直、仕事のこと考えると憂鬱すぎて眠れない。

人間関係、職場、残業、飲み会…俺たち(20代)働きアリ(下っ端)の本音を聞いてくれ!下っ端の不満と本音がこの1冊に。

この本の詳細を見る

まとめ

いかがでしたか? 「仕事ができない人」ということについて理解を深めていただけたでしょうか。 「仕事ができない人」って、必ず職場に1人はいるものですよね。 「完璧になんでもこなせる人間なんていない」と言われればそれまでなのですが、「仕事に対する姿勢」で「仕事ができる人」になるのか、「仕事ができない人」になるのか、変わってきます。 自分の職場に「仕事ができない人」がいて、イライラするんだ!という人は、相手の仕事のモチベーションが上がるように仕向けてみてもいいかもしれません。 「仕事ができない」と自覚があって悩んでいる人は、周りの人に力を貸してもらいながら、日々成長できるように意識して仕事をしていきましょう。 一生懸命頑張っていれば、周りの人は必ず評価してくれます。 生きていくのには、どうしたってお金が必要ですから、できれば楽しく仕事をしていきたいものです。 目標をもって、日々努力していきましょう(^o^)

こちらの記事もチェック

女友達への男性心理!好きな女との違い!デートや旅行に誘う理由は?

eigobu.jp

絶食系男子の特徴は?脈ありサインは?告白方法や付き合い方は?

eigobu.jp

結婚したくない若者の原因と特徴は?結婚離れによる社会問題とは?

eigobu.jp

彼氏に「結婚したくない」と言われたら?別れる?理由や特徴も紹介

eigobu.jp

結婚したくない男性の特徴と心理は?職業は?急増する理由とは?

eigobu.jp

結婚したくない女性の特徴は?心理や理由って何?割合や職業も紹介!

eigobu.jp

ドタキャンする友達の理由って何?怒るのは禁物?メールの返事や対応の仕方も紹介!

eigobu.jp

デートをドタキャンする女性の心理とは?特徴と対応の仕方を紹介

eigobu.jp

ドタキャンする彼氏の心理は?何度もする彼氏への対応や返信の仕方を紹介!

eigobu.jp

デートをドタキャンする男性は脈なし?心理は?対応方法と仕返しを大公開

eigobu.jp

「ドタキャン」はいつから?ドタキャンする人の理由や言い訳、された時の返信の仕方を紹介

eigobu.jp

「内向的」な人の特徴は?恋愛は苦手?仕事や強み、おすすめの趣味も紹介!

eigobu.jp

優しい人は怖い?闇あり?優しい人の特徴、なる方法、見分け方を大公開!

eigobu.jp

頭の回転が速い人の特徴となる方法!デメリットは? おすすめの食べ物&サプリは?

eigobu.jp

外見&内面の「男磨き」の方法!自分磨きの趣味&本&アイテムも紹介!

eigobu.jp

外見&内面の「自分磨き」の方法とは?自分磨きの趣味&ノート&アプリも徹底紹介!

eigobu.jp

〈男女別〉清潔感のある人の特徴とは?モテる清潔感の作り方&保つ方法!

eigobu.jp

清潔感がない男性の特徴を徹底分析!清潔感を出す方法&習慣&必需品とは?

eigobu.jp

清潔感がない女性の髪型&臭い&メイクの特徴とは?清潔感を出す方法は?

eigobu.jp

清潔感の女性の髪型&服装&メイクの特徴は?清潔感を出す方法と習慣とは

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 仕事できない人の特徴と心理は?正しい接し方と対応方法とは?