1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 倦怠期がくる時期と原因は?対処法、おすすめデート、NG行動を徹底解説!
倦怠期がくる時期と原因は?対処法、おすすめデート、NG行動を徹底解説!

倦怠期がくる時期と原因は?対処法、おすすめデート、NG行動を徹底解説!

「倦怠期」という言葉をご存知でしょうか。「倦怠期」は「恋人に対しての飽きや慣れ」という意味の言葉です。今回は、「倦怠期」の原因や対処法について解説します!また、「倦怠期」にオススメのデートスポットや、してはいけないNG行動も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

倦怠期とは?

「倦怠期」の読み方は「けんたいき」

「倦怠期」は「けんたいき」と読みます。

「倦怠期」の意味は「恋人に対しての飽きや慣れ」

「倦怠」には、「飽きて嫌になる」という意味があり、「期」には「とき・時期」という意味があります。 つまり、「倦怠期」とは、「飽きて嫌になる時」という意味があり、付き合いの長いカップルが感じる 「恋人に対しての飽きや慣れ」という意味で使用されます。 付き合いたての頃は、なにをするにも緊張感と新鮮味があってドキドキしていたけれど、長く一緒にいることによって慣れて「好き」という気持ちが薄れてくる感覚に陥ってしまう・・・そんな時期を「倦怠期」と言い表します。

倦怠期の時期

一緒にいる時間が長くなってくると必ずといっていいほどやってくる「倦怠期」。 倦怠期の時期」がいつやってくるかなんて明確にはわかりませんが、だいたい3の倍数、つまり3ヶ月おきにやってくるなんてよく言われますよね。 これは、付き合っているカップルだけではなく夫婦にも動揺に訪れると言われていて、パートナーと過ごしていく上で倦怠期を上手く乗り越えていけるかが重要だっだりもします。 「倦怠期の時期」をしっかりと把握して、一時的な感情で別れて後悔をしてしまうなんてことを避けましょう!

3ヶ月

最初にやってくる「倦怠期」は「3ヶ月目」とよく言われています。 お互いに惹かれ合ってお付き合いを始め、カップルになるわけですが、3ヶ月一緒にいると付き合う前と付き合った後ではお互いの印象が変わってくることがあります。 つまり、悪い意味で付き合う前には気づかなかった部分に気づきはじめるということです。 そして、付き合い始めのころ一緒に過ごすたびにドキドキしていた気持ちが慣れてドキドキしなくなってくる・新鮮味がなくなってくるのが付き合い始めからだいたい3ヶ月たった頃なのです。 ちょっとお互いが(もしくはどちらか一方)の気持ちが「何か思っていたのと違うかもしれない・・・」と思い始めてきてしまうことで「倦怠期」が訪れてしまいます。

半年

3ヶ月目で「おや・・・?」と思っていた気持ちをなんとかごまかしながらお付き合いを続けていても、だんだん我慢ができなくなってきてしまうのが、だいたい付き合って「半年」頃です。 相手の嫌な部分に目がいくようになってくることはもちろんのこと、「半年」経っていればお互いに言いたいことも言える関係になってきて、若干喧嘩が増えてくる時期なのです。 きちんと逃げずにお互いに向き合えば、喧嘩をしては仲直りをしてまた仲を深めることができる時期とも言えますが、このまま付き合っていても大丈夫なのかな?なんて不安になってくるのがこの時期です。 不安な気持ちを上手く解消できないと、そのまま「別れる」なんて決断をしてしまいがちなので注意が必要です。

1年

1年一緒にいてば、お互いのことを熟知してきて喧嘩をしてもお互いの扱い方がわかってきているので何の問題もなく解決できるようになっていることでしょう。 しかし、付き合いたての頃のようにドキドキすることも、喧嘩をしているときのスリルもない、そんな関係に対して、だんだん「面白みがないな」と思ってきてしまいます。 つまり、「マンネリ」というやつです。 「マンネリ」とは、「新鮮味や独創性がない」という意味の言葉で、「一緒にいてもつまらないな」と感じているということです。 この頃には言いたいこともズバズバ言える関係でしょうから、「私達(俺たち)ってマンネリ化してるよね」なんて言われてしまうかもしれません。 新鮮味を求めて浮気をしてしまうことも・・・気をつけたい時期です。

3〜4年目

3年〜4年もお付き合いを続けていれば、結婚していなくても、もはや夫婦のようにお互いを熟知していることでしょう。 逆に喧嘩も減ってきて、安定した時期であるとも言えますが、それは「お互いに興味がなくなってきた」とも言えます。 「好き」という愛情表現をすることもほとんどなくなってきて、「これは愛情がなくなったということなのでは?」「別れたいわけではないけど、この気持はただの情!?」と自分の気持に対して不安になってきてしまいます。 これが、だいたい3〜4年目にやってくる「倦怠期」です。 「結婚するだろうなあ」と思うくらい長く付き合っていたカップルが、周りも驚くほどに急に別れてしまうといった場合、「愛情」なのか「情」なのかわからなくなったというパターンが多いです。

倦怠期はカップルによって違うし、こない人たちもいる

おおよその、「倦怠期の時期」を上述してきましたが、全てのカップルに当てはまるというわけではありません。 倦怠期はカップルによって違うし、こない人たちだっています! なので、「もうすぐ3ヶ月記念日だ・・・倦怠期がやってくるかもしれない((((;´゚Д゚)))」と怯える必要はりません。 ただ、「倦怠期」が来ないように意識しておくのは大切かもしれません。 そして、もし来てしまったとしても「そういう時期なんだ」と理解した上で上手く乗り越えていくことが重要であると言えるでしょう。

倦怠期の原因

恋が実った安心感

「片思い」をしているときって、あの手この手を使って相手の気持ちを自分に振り向かせようと必死に努力しますよね。 とくに男性は、「釣った魚に餌はやらない」なんて言われることが多いです。 だいたい付き合い始めの最初の頃は、やっぱり自分に気持ちを向けておきたいと必死なのですが、時間が経つにつれて「もうこの恋は実った!」と安心してしまうことが「倦怠期」の原因の一つだと言えるでしょう。 女性も「追われるより追っていたい」なんてタイプの人もいて、振り向かれると途端にどうでもいいと思ってしまう人もいます。 恋愛って、付き合う前の「相手が自分のことを好きなのか好きなじゃないのかわからない時間」が1番ドキドキするんですよね。 このドキドキ感がなくなってしまうと「倦怠期」という状態に陥りやすいです。

自分磨きを怠ってしまう

好きな人との「初デート」では思いっきりオシャレをして、お化粧もしていたのに、3ヶ月ぐらい一緒にいると気を使わなくなってくる・・・ということってありますよね。 とにかくかわいい!と思ってもらいたい、かっこいい!と思ってもらいたくて必死でオシャレしていたのに、慣れてくるとよれよれの部屋着でも平気で会いに行ってしまったり、すっぴんで会いにいくなんてことも。 まさしく相手によく見られたいという気持ちで「自分磨き」をしなくなってしまうのです。

デートの内容がワンパターン化してしまう

付き合いが長くなっていくと、「ここ行きたいね!」「あそこに旅行しよう!」なんて会話も減ってきてしまい、「いつものお店でいいよね?」なんてことが多くなってきます。 結果的にデートの内容がワンパターン化してしまい、「マンネリ化」を生んでしまします。 「マンネリ化」は、新鮮味をなくし「つまらない」とお互いに思いかねないので避けたいものです。 デートがいつもの場所、どこにいくかを考える素振りがないわという場合は倦怠期突入の兆しと言える でしょう。

仕事などですれ違いがおきてしまう

お互いが仕事などで忙しく、なかなか会えないことによりすれ違いが起きてしまうのも「倦怠期」になててしまう原因になります。 毎週会っていたのに、何だかんだ時間がとれなくなってコミュニケーションをとる時間が減ってしまうと「倦怠期」を招きやすいと言われています。 また、忙しいとお互いが自分のことでいっぱいいっぱいになって、相手のことを思いやる余裕がなくなってしまいます。 直接会わずにLINEなどメッシージのみでやりとりを続けていると、うまく気持ちが伝りづらいといったことからも気持ちにすれ違いが生じてしまい、「倦怠期」の原因となってしまいます。 どれだけ忙しくても直説会うということは非常に大切なことです。

疲労が溜まっている

仕事などで疲れが溜まっている状態だと、デートをするのも大変だし一緒にいても寝ているだけ・・・などコミュニケーションやスキンシップが上手くとれなくなってしまいます。 仕方のないことですが、それではどちらかに不満がたまってしまったりと関係がギクシャクしがちです。 おうちでまったりデートは良いことですが、ただダラダラと寝ている時間を過ごす時間が長いという場合は危険信号!そのまま「倦怠期」になってしまう可能性があります。

同棲をしている

付き合い始めは、お互いに「好き」という感情で溢れていて「とにかく一緒にいたい!」とさっさと同棲をしてしまうカップルも多いです。 付き合いたてで、一分でも一秒でも長く一緒にいたいと感じるのは当たり前のことだと思いますが「同棲」は注意が必要! 一緒に暮らしていると、一緒にいることが当たり前になりすぎて新鮮味がなくなってしまい「倦怠期」に陥る原因になりやすいです。 長い時間一緒に過ごせば過ごすほど相手の嫌なところも目についていきますし、「当たり前」という感情は人に「感謝の気持ち」を忘れさせてしまいます。

結婚のタイミングを見失っている

・交際歴が10年以上など、長く付き合いすぎている ・同棲歴が長いからもはや結婚しているのと同じ感覚 というように、長く一緒にいすぎて完全に結婚のタイミングを失ってしまうことがあります。 長くお付き合いをしていく上で「結婚」の二文字が二人に見えてこないと、いつまでこの状態が続くのだろう、このままでいいのかな?と「倦怠期」に入りやすくなってしまいます。 どちらともに「結婚願望がまったくない」というのであれば話は別ですが、どちらかに「結婚願望」が ある状態なのだとしたえら、先の見えないずるずるした付き合いに気持ちは冷めていってしまうでしょう。

二人で楽しめるものがない

二人で一緒に楽しめ趣味なんかがあると、趣味を一緒に楽しむ時間が「倦怠期」を遠ざける可能性がありますが、特にこれといってないことが「倦怠期」の原因になってしまうことがあります。 二人で一緒に楽しめるものがないと、例えば一緒にいても同じ空間にいるものの二人別々のことを楽しでいたりと、お互いの存在が「ただの空気」という感覚に陥りやすいです。 それが「落ち着く関係だ」と感じる人もいるし、結婚していたり「家族」である場合は問題ないかもしれませんが、恋人同士であるならもう少し「二人の時間」を大切にしたほうが「倦怠期」を避けることができると言えるでしょう。

相手に対して興味をもてなくなっている

付き合いたての頃は、 ・今日は何してたの? ・誰と行ったの? など相手のことが気になって気になって仕方がなかったのに、次第に気にならなくなってくるし相手が話してくることすら「そんなのどうでもいいよ」と思ってしまう。 これは、相手に対して興味をもてなくなっているというサインで、相手に興味がもてないというのは「倦怠期」の原因であると言えます。

どちらかが、一方的に依存しすぎている

どちらか一方が「あなたがいないと生きていけないの!」とメンヘラチックに依存していると、依存されているほうはしんどくなってしまいます。 自分は別に平気なのに「会いたくて死にそう」とか言われるとめんどくさいな〜とめんどくさいという感情を抱いてしまいます。 この「めんどくさい」という感情があると「倦怠期」になってしまう可能性が高いです。 「依存」されるとほんとうにめんどくさいし、「好き」という気持ちより「勘弁してくれ」という気持ちが勝ってしまい気持ちが冷めていってしまうんですよね。 お互いがいい感じに支え合える関係でいないと、どちらかの気持ちが冷めてきてしまって気づいたら「倦怠期」なんてことになりがりです。

倦怠期の対処方法

一緒にいる時間を減らす

上述したように、一緒にいる時間が長くなってくると一緒にいることが「当たり前」になってきて「倦怠期」になってしまうということが非常に多いです。 一緒にいることに飽きているという可能性が高い場合は、とにかく一緒にいる時間を減らすことが一番です。 会う頻度を減らしてみるのもいいですし、同棲しているのであればどちらかが、しばらくの間実家に帰省するなど少し離れて生活をしてみるべきでしょう。 少し離れた時間を過ごすと、相手の存在の大切さに気づくきっかけになりますよ。

友人と過ごす時間を増やす

友人と過ごす時間より、恋人と過ごす時間が圧倒的に多い!と感じるようであれば、恋人に依存して しまっているという可能性が高いです。 友人と過ごす時間を増やしてみましょう。 そうすることで、友人と楽しい時間を過ごすことで気分をリフレッシュすることができますし、「この前友達と○○に行ったんだけど〜・・・」など恋人との会話のネタも増えます。 お互いが知らない時間が存在していたほうが、「一緒にいない間にそんなことがあったんだね」と新鮮味もでます。 友人に「恋人と倦怠期でね」と相談して意見を聞いてみるのもいいでしょう。

連絡をとる頻度を減らす

一緒に暮らしていないから、一緒にいる時間は少ないけれどなんだか「倦怠期っぽいな・・・」と感じるときは、連絡をとりすぎていないか思い返してみてください。 ・うん ・そうなんだ ・へえ〜 ・スタンプのみ といったように、内容がないようなやりとりを永遠と繰り返していませんか? 会っていなくても、連絡をとりすぎていることでマンネリ化し、倦怠期になってしまうという可能性は充分に有り得ます。 毎日連絡をとらないほうがいいというわけではありません。 頻度を減らすぶん、内容を濃くすればいいのです。 毎分毎分LINEが届いている状況より、たまに連絡がきているという状況のほうが飽きが来ないですよね。

旅行に行ってみる

いつもお家デート、いつも同じお店でご飯など、デートのマンネリ化が原因で「倦怠期」になってしまっているということも。 思い切って旅行に出かけてるといでしょう。 行ったことのない場所遠出をするというだけで、気持ちはワクワクと高まりますよね。 そういった楽しい状況に、付き合いたての頃の楽しさを思いだすことができるかもしれませんよね。 一緒にいる場面や風景が日常的になりすぎているから「倦怠期」になってしまうので、旅行など日常から少し離れた場面に出てみることで改善される可能性があるのです。

イメチェンをしてみる

イメチェンをすることで、見た目からくるマンネリを脱出することができます。 とくに男性は視覚から刺激を受けやすいと言われていて、彼女の髪型や色が変わっている・いつもと服装の雰囲気が違うといっただけでも「ドキっ」としてしまうことが多いです。 つまり、「惚れ直す」可能性があるということです。 何より、イメチェンは自分の気持ちもスッキリとさせることができますよね。 新たな気持で相手に接するためにも、思い切ってイメチェンをしてみるのもいいでしょう。

相手の良いところを思い出してみる

お付き合いをはじめたということは、相手の何かに惹かれて「好き」という感情を抱いたということですよね。 しかし長く一緒にいると、嫌なところばかりが目について付き合った頃の気持ちを忘れがちですが、もう一度良いところを思い出してみると初心にかえることができます。 「困っているときにただ側にいてくれた」なんていう思い出やエピソードを思い返してみるのもいいですね。できるだけたくさん、思いつくだけ相手のいいところをリストアップしてみましょう!

第三者に相手のいいところを聞く

自分自信で相手の良いところを思い出すのはもちろんのこと、共通の知り合いがいれば第三者に相手のいいところを聞いてみてもいいですね。 例えば、第三者に「すごく優しいよね!あんな素敵な人が恋人なんて羨ましいな〜」なんて言われたら、例え倦怠期で相手に対する気持ちがわからなくなっていてもやっぱり誇らしいと思うはずです。 改めて「やっぱり素敵な人と付き合っていたんだな、大切にしないとな」と実感できるかもしれません。 また、自分では気づいていなかった良いところを教えてもらって、惚れ直すという可能性も・・・!

日頃の感謝の気持を伝える

一緒にいることが当たり前になってきて、付き合いに「マンネリ化」を感じはじめているときは、大抵「ありがとう」という感謝の気持をお互いに伝ることができていません。 「当たり前」だと感じ、感謝の気持を忘れているからこそ「倦怠期」がきてしまうのでしょう。 日頃一緒にいてくれることに対する感謝の気持を伝えてみると、お互いの存在に対して自然と感謝し合うことができるはずです。 感謝の気持を伝えるついでにちょっとしたサプライズで相手を驚かせてみてもいいかもしれません。

ゆっくり会話をする時間をもつ

「倦怠期かも・・・」という状態であるとき、会話をする時間が極端に減っているという場合が多いので、一度ゆっくり会話をする時間を持ってみるといいでしょう。 たまにはお酒でも・・・とゆっくりできる個室のある居酒屋で本音で話し合うのも◎ 普段は言えない本音を話せたり、聞き出せるかもしれません。 「倦怠期」の時って、自分の気持ちはもちろん「相手はもう自分に気持ちがないのかな?」と不安になってしまうこともありますよね。 なので、お互いの気持を確かめておくことはモヤモヤを少しでもスッキリさせる為にはとても重要なことです。 喧嘩口調は喧嘩を勃発させ、関係を悪化させてしまう可能性があるのでNG! 優しく、聞いてみましょう。

一緒にいる時間は笑顔を心がける

「倦怠期だな」と感じているときの空気感って、「一緒にいてもつまらないな・・・」と感じているそういった気持が態度の出がちです。 そして、その不満がたっぷりつまっていそうな態度が、さらに二人の空気感を悪くしてしまっているという可能性も考えられます。 とにかく笑顔でいることを心掛けてみましょう。 相手は、あなたのそのつまらなそうな態度に気をつかってしまって「どうすればいいかわからない」と思っているのかもしれません。 一緒にお笑い番組を見て笑うでもいいので、表情や態度を変えてみると和やかな雰囲気にまた会話が弾むようなこともあるでしょう。

時が過ぎるのをじっと待つ

どんなことでも「時間」が解決してくれることってあります。 人は、永遠にモヤモヤとしたその今の気持ちでいることはできません。 例えば、失恋をして悲しみに明け暮れたって、時間が立てば傷は癒えていきます。 苦しみを忘れずに苦しんでいくことがないように、「忘れる」という機能が人間にはついているのです。 なので、あれやこれやと手を尽くすよりも「今は倦怠期なんだな」と思って時がすぎるのを待つというのも手です。 ほんとうに思い合っている二人であれば絶対に元の関係に戻れるはずです。

二人で楽しめる趣味を見つける

最近「倦怠期だな」と感じているのであれば、二人で楽しめる趣味を見つけるこをオススメします。 ・シーズンものの海外ドラマを見る ・二人でジムに通う ・山登りをはじめる ・旅行などを目的とした貯金 など、二人で楽しめる趣味があると盛り上がります。 特に、貯金など同じ目標に向かって頑張れるものが好ましいですね。 一緒に同じことをして楽しむ時間が増えれば、「倦怠期」を脱却できる可能性が高いです

倦怠期におすすめのデートプラン

東京ディズニーリゾート

ディスニーリゾートといえば、まさしく「夢の国」! 「非現実的」な日常を楽しむことができます。 人混みが苦手、アトラクションに並びたくない! という人でも、ショーやパレードを見たりディズニーの世界観の中で美味しいご飯を食べるというだけでも充分楽しめますよ。 また、撮影スポットも沢山あるので思い出を沢山残すことができます。 おそろいの物を買って楽しむのもいいですね。 人が多いしちょっと苦手かも・・・と思っていてもぜひチャレンジしてみてください。

富士急ハイランド

本格的なアトラクションと言えば「富士急ハイランド」ですね! 絶叫マシンが好きなカップルには「倦怠期」を打破するのにもってこいのテーマパークです。 お化け屋敷「戦慄迷宮」で「吊り橋効果」を狙うのも◎ 不安な状況や恐怖を感じるときに側にいることで、昔抱いた恋心を再び思い出すことができるかもしれません。 刺激たっぷりの一日を過ごすことによって二人の親密度をあげてみましょう!

途中下車の旅

デートがマンネリ化してきているけれど「旅行」をするほど時間もお金もない。 そんなときにオススメなのが「ぶらり途中下車の旅」です。 いつも使用している沿線上で降りたことのない駅があれば、二人で降りてみるだけて知らない土地を二人で散策するワクワク感を味わえます。 近場であっても見たことない景色というだけで「非現実的な世界」を味わうことができます。

キャンプ

「キャンプ」は、外で寝泊まりをするだけではなく、自炊をするので二人で協力する場面が多くなります。 また、外でご飯を作って食べたり、寝泊まりをすることでいつもとは違った雰囲気や過ごし方に新鮮な気持ちになることができるでしょう。 二人で協力をし合うことで、頼もしい彼の魅力に改めて気づけたりなどお互いの存在に感謝するきっかけにもなると思いますよ。

山登りをしてみる

「富士山」など、ハードルが高すぎると「しんどい・・・」という気持ちが勝ってしまいますが、「高尾山」など、初心者でも登りやすい山を選んで登山をしてみるのもいいでしょう。 小さめの山であってもやはり登山は大変なことです。 「だいじょうぶ?」「後少しだね」なんて声を掛け合いながら登山をすることで二人の絆を深めることができるでしょう。 また、山頂では「登りきった!」という達成感を二人であじわうことができるというのも、「山登りデート」のいいところです。

カップルで行けるスパでまったりデート

温泉やスパでは、一緒の時間を過ごせないのでは!?と思う人も多いかもしれませんが、カップル で楽しめる温泉施設やスパは実は沢山あります! ・東京ドーム天然温泉LaQua (混浴ではないが男女で一緒に楽しめるスペース有) ・豊島園 庭の湯 ・箱根小涌園 ユネッサン など、カップルで楽しめるスパは沢山あります! なんといってもスパの良いところは予約不要なところ。 個室やペアシートがあると、さらにラブラブな雰囲気になれるかも。 パートナーが疲れているな・・・と感じたときはスパデートに誘ってみてはいかがでしょうか。

ボルダリング

二人で一緒に体を動かしてストレス発散してみるのはどうでしょうか。 例えば、「ボルダリング」は天気に関係なく体を動かして楽しむことができるスポーツです。 やっとことがなくても手軽に始めることができるので、二人で初めて共通の趣味として楽しむのもいいですよね。 「ボルダリング」は手取り足取り教え合ったり、「こうすればもっと良くなるんじゃない?」などアドバイスをし合うことで自然に会話が増えるなど、意外とコミュニケーションを取る機会が増えるスポーツです。

初デートの場所

初めて二人ででかけたデートの場所を覚えていますか? 初デートの場所に二人で再び足を運ぶことで、付き合い始めた頃の気持ちを思い出すことができるかもしれません。 片思いをしていたときの気持ち、思いた通じ合ったときの幸せな気持ちを思い出すことで「倦怠期」から抜け出せる可能性が高いです。 記念日にははじめて一緒に食事をしたレストランに行くなど、定期的に初心に帰る日を作ってもいいかもしれませんね。

一緒に住んでいても「待ち合わせ」をしてデートをする

一緒住んでいると、一緒に家を出て一緒に家に帰るので「デート」っていう感覚がなくなってきてしまうんですよね。 できれば「デートをしよう」と決めた日は、バラバラに家を出て待ち合わせをするなどの工夫をしたいです。 「まだかなあ・・・」と相手を待っている時間や、自分を待っている相手の姿を見て初心を思い出すことでしょう。 こういったちょっとしたことが、薄れかけている気持ちを復活させるきっかけになる可能性があるということを頭に入れておくといいでしょう。

ダブルデートをする

二人で過ごすいつもの時間に、他人の目が入るだけでガラリと雰囲気がかわりますよね。 友人カップルがラブラブであれば、自分たちも仲良くしなきゃななんて思うでしょうし、会話も他人が加わることで盛り上がりますよね。 無関心そうな男性でも相手の彼氏よりかっこいいところ見せてやる!と少なからず意識してくれるころでしょう。 また、相手が違う異性と会話をしているとことを見ることが良い刺激になることも◎ 共通の知り合いがいるといった場合にはぜひダブルデートを計画してみてはいかがでしょうか。

夜景の見える場所

非常にベタですが、付き合いが長くなってくればくるほどベタなデートコースって行かなくなってくるものですよね。 とくに女性はいくつになっても、夜景など綺麗な景色が大好きです! ロマンティックな雰囲気に初心を思い出し倦怠期を抜け出せるかもしれません。 マンネリ化している日常に新鮮な気持ちを思い出させてくれることでしょう。 綺麗な夜景を見ながら美味しいお食事を楽しむなんていうのもいいですね。

早めの時間に解散する

早めの時間に解散するというのも手です! いくら楽しく盛り上がっていても早めにバイバイすることで「ほんとはもっと一緒にいたい・・・」という気持ちを持ち帰ることになるので、「早くあいたいな」と感じさせることができます。 思い切って「明日早いからちょっ早めに帰るね」と切り出してみましょう。 「もう帰っちゃうの?」という物足りなさから「好き」という気持ちをもい出すことができるかもしれません。

行きたいところが思い浮かばなくても「倦怠期」とはかぎらない

デートで行きたいところが思い浮かばない・・・!どこに行くかなかなか案がでなくて決められない・・・そんなとき「二人で行きたいところが思い浮かばないなんて倦怠期かも?」なんて不安になってしまうかもしれませんが、大丈夫です。 どんなカップルだって、付き合いたてはうきうきしているし色々なところに出かけてみようと意欲的ですが、一緒にいる時間が長くなれば、出かけるというよりは「落ち着いた時間」を過ごすほうが長くなっていくものです。 「相手がデートに意欲的じゃない!」なんてヒステリックになってしまうのは関係を悪化させる原因になりかねません。ネガティブに捉えすぎないでくださいね。

彼氏だけ倦怠期になったときのNG行動

浮気を疑う

何だか彼氏が自分に冷めている気がする・・・そんなふうに感じてしまいがちな「彼氏だけの倦怠期」にやってしまいがちなNG行動が、「浮気を疑う」です。 他に好きな人が出来たんじゃないかと不安になってしまうかもしれませんが、ちょっと気持ちが落ち着いてきているだけで浮気をしてるとは限りません。 逆にその浮気を疑う行動によって嫌気をさされてしまう可能性が高いです。 相手の行動を細かく確認したり、携帯をこっそり見てしまうなんてことしないでくださいね。

相手の嫉妬心を煽るような行動

「倦怠期」に相手の気持を確認するために、相手の嫉妬心を煽るような行動をしてしまう女性も多いですが、これもNGです。 昔の恋人の話をしたり、他の男性を褒めるような言葉をつらつらと発言するなど、ヤキモチを焼かせたいと思っているのかもしれませんが、「だったらそいつと付き合えばいいただろう!」と怒りを買ってしまう可能性が高いです。 たしかに、ヤキモチを焼くことで「好き」という気持ちを思い出すこともあるでしょう。 しかし、意図的にそういった嫉妬させるようなシチュエーションを作り出してしまうのはよくないです。 「倦怠期」であろう相手に「嫉妬させよう作戦」はNGということを覚えておきましょう。

しつこくLINEを送る

「倦怠期」に入っている男性は、おそらく連絡を返すのも「めんどくさいな」と感じていることでしょう。 返信の頻度が少なくなったりすることで、不安になってしまう女性も多いと思いますが、ここでしつこく LINEを送らないように注意しましょう。 例えばやってしまいがちなのが、既読をつけて返信をしない数分の間に ・「おーい」 ・「無視しないでよー!」 など追撃してくるようなLINEを送ってしまうこと。 こんなLINEが来ていたらしつこいなと思ってしまいさらに、気持ちが離れてしまいます。 また、何となく返信をする気分ではないというときに、 ・「忙しかったかな?ごめんね」 ・「何か気に触ったならごめん」 など、重たい雰囲気のLメッセージが来ていたら、気の使える彼女アピールのつもりかもしれませんが「めんどくさい」の極み。 LINEの返信くらいじっと待ってあげましょうね。

無理やり会おうとする

「倦怠期」で彼氏の気持ちがあきらかに乗り気じゃないとき、不安だしとにかく会って話したい!スッキリさせたい会っていない間に他の女性にとられてしまうかもしれない!なんて必死になってしまいがちですが、無理やり会おうとするのは逆効果です。 相手がノリ気じゃないのに会ったところで、結局一方的に気持ちをぶつけてしまうだけであなたの気持ちはさらにモヤモヤとしてしまいます。 デートをして楽しもう!なんて思ってもきっと、相手の反応の薄さなどが気になってしまって楽しめないと思います。 無理やりあってお互いにストレスを感じてしまうよりは、大人しく待っていたほうが効果的です。

自暴自棄になって他の男性と遊ぶ

「倦怠期」で彼氏と上手くいかない・どうすればいいかわからない・不安な気持ちを紛らわせたい!とそんな時、「自暴自棄」になってしまうこともあるでしょう。 もうどうせ別れるんだから・・・なんて自暴自棄になって他の男性と遊び呆けてしまうのは危険です。 もし、それが彼氏の耳に入ったらどうでしょう。 「軽い女なんだな・・・」と引いてしまうかもしれません。 さらに関係を悪化させてしまうことになりませんし、軽はずみな行動は結局自分が一番後悔します。 どうか自暴自棄にならずに向き合ってみてくださいね。

良い彼女アピールをする

彼氏の気持ちが「倦怠期」で離れてしまっているかもしれないから惚れ直させなきゃ!と良い彼女アピールをしてしまう女性も多いです。 彼が一人暮らしであれば、洗濯や掃除、ご飯のしたくなどはりきってやってあげようと思ってしまいますよね。 「嫌われたくない」という一心で、あれこれやってあげたくなってしまうのです。 しかし、良い彼女アピールしてしまうと逆効果である可能性が高いです。 彼女に対する気持ちがわからなくなってしまっている男性にとって、あれやこれ身の周りのことをされてしまうのは、結構うっとおしいことです。

「もっとこうしてほしい〜!」と自分の気持を押し付ける

倦怠期である彼の態度に対して、彼女側も不満がたまりがち。 ・最近冷たいよね、もっと優しくしてほしいんだけど ・付き合いたての頃みたいにどっか連れてって! など、自分の気持ちを押し付けないようにしましょう。彼が変わることばかりを求めてしまうのは非常に良くないです。 そもそも、彼女の今までの行動に倦怠期になってしまう原因があったかもしれません。 優しくしてほしい、付き合いたての頃に戻ってほしい!なんて言われても嫌気がさすばかりで根本的な解決にはなりません。

「私のこと好き?」という質問は絶対NG

「倦怠期」中の不安な気持ちからやってしまいがちなのが感情的に ・私のこと好きじゃなくなったの? ・もう冷めたの? ・私の好きなところを10個言ってみて! など感情的に相手を責め立ててしまうことです。 男性側からすると、別にそういうわけじゃないのに「もう好きじゃないんだね、ひどい!」みたいな感じに泣きわめかれたりヒステリックになったりされると、ただ引いてしまうしめんどくさいんです。 ただ少し自分の時間が欲しいと思っているだけだったりもするので、不安になって感情的に質問攻撃をすしてしまうことは避けたいですね。

「倦怠期」は誰にでもあるものなので気にしすぎないほうがいい!

「倦怠期」に入ると、別れを想像してしまう人も多いですが、乗り越えることができれば何の問題もありませんし、むしろ「倦怠期」を乗り越えれば乗り越えるほど二人の絆は深まっていると思ってて間違いないと思います。 どんなにラブラブで羨ましいと思うカップルであっても、一度は倦怠期を乗り越えていることでしょう。 人は忘れる生き物であり、慣れる生き物なので、付き合いたてのウキウキしてドキドキだった頃の気持ちは忘れてしまうし、時間がたつにつれて慣れて新鮮味がなくなるのも当たり前のことです。 「愛情」がなくなってしまったというわけではありません。 少し、落ち着いただけです。 気にしすぎても逆効果なので、自然の流れにまかせるのが一番です。

倦怠期がこないカップルの特徴

お互いに干渉しない

カップルになると、どうしても一緒にいない時間に相手が何をしているのか気になってしまいますよね。 しかし、「倦怠期」が来ないカップルは、お互いにお互いのことを干渉しないので、どこに誰といても何も気になりません。 つまり、束縛をしないということです。 気になる気持ちは充分にわかりますが、相手の行動をいちいいち気にしていたら自分も、報告しなくてはならない相手も疲れてしまいます。 お互いの生活は知りすぎないほうがベスト。

お互いに尊重しあっている

お互いにお互いのことを尊重できていると、相手のことをいつでも思いやることができます。 また、「仕事大変そうだね、無理しないでね」など忙しくて会えない時間も「会えなくてさみしい!」などと感情的な気持ちをぶつけてしまうのではなく、相手を思いやった一言をかけることができます。 自分と一緒にいないときこそ、思いやれる余裕が大切であると言えるでしょう。

お互いが、一人の時間を大切にしている

趣味に没頭する時間など、一人の時間は、自分が自分でいられる為に重要な時間です。 自分の時間を大切にしいると、会えない時に相手が何してようがさほど気にならないんですよね。 つまり、一人の時間を大切にすることで相手に依存してしまうことを避けることができるのです。 相手に依存しないでも自分自身で自分の時間を豊かにすることができる、そういった気持の余裕は非常に大切です。 特に、人によっては「一人の時間がないとダメ」というタイプの人もいますので自立して過ごせる人は恋人と上手くいきやすいです。

連絡をとる頻度が少ない

倦怠期知らずのカップルは、倦怠期になってしまうカップルに比べてあきらかに会っている時間の他にも「連絡をとる頻度が少ない」と言えます。 連絡をしていない時間は、やっぱり自分自身の時間をそれぞれに大切にしています。 また、連絡の頻度が少ないのは「信頼しあっているから」とも言えるでしょう。 私のこと好きじゃないのかな?なんて相手の気持をうたがったりすることがないので、しつこく連絡をしてしまうなんてこともありません。 会いすぎていたり、連絡をとりすぎていることでお互いの存在が「当たり前」になってしまうことを避けられていると言えるでしょう。

細かいルールがない

・記念日は必ずお祝いメールをする ・誕生日は必ずサプライズ ・寝る前に電話をする など、細かいルールを決めていないほうが倦怠期をさけられる可能性が高いです。 ルールがあるからこそ、「そうするのが当たり前」という気持ちから「倦怠期」になってしまいやすいですし、「こうしなくちゃいけない」というルールがプレッシャーになってしまいます。 そんなことよりも、日々感じたタイミングで気持ちを伝えたり、感謝の気持を口にするほうが良いですよ。

素直な気持ちを伝えることができている

「倦怠期」に突入しないカップルは、普段から素直な気持ちを伝えることができているというパターンが多いです。 だいたい、付き合い出してから目についてきた相手の嫌な部分や不満を溜め込んでしまって爆発!そして「倦怠期」にという場合も多いので、ちょっとした不満は爆発する前に伝えておくことも大切でしょう。 喧嘩腰で言ってしまうと喧嘩になってしまうので、柔らかく「〜だからこうしてもえない?」とどうしてもらえるのがベストなのかを伝えることが大切です。

感謝の気持ちを口に出す

一緒にいることが当たり前になりすぎで「ありがとう」という感謝の気持が薄れてきてしまうのが「倦怠期」ですよね。 「倦怠期」にならないというカップルは、お互いに「ありがとう」という感謝の気持を口に出すということを心がけている人が多いです。 血の繋がっている家族ではないんですから、「やってもらって当たり前」「一緒に過ごしているのが当たり前」なんてことはありませんよね。 いつでも「ありがとう」という気持ちを忘れないことは、「倦怠期」を避けることに繋がるはずです。

お互いに依存しあっている

良くも悪くも「お互いに依存し合っている」というカップルに、「倦怠期」は来ないでしょう。 お互いが、相手の存在なしでは生きられないという状況なのですから、「倦怠期」はやってきません。 しかし、「共依存」は危険です。 なぜなら、相手の存在なしでは自分が存在していることの価値を見いだせないからです。 自分の時間なんていらないし、相手が何をしているのか常に把握していないとモヤモヤしてしまいます。 お互いが同じ用に依存し合っているのであれば、何となくそんな関係でも上手く続いてしまうのかもしれませんが、そんな付き合い方は素晴らしい!とは言い難いですよね・・・。

恋愛に関する書籍

異性の心を上手に透視する方法

恋愛関係において、私たちはロボットのように決まった行動をすることが、最新の研究で明らかになっています。 にもかかわらず、人はなぜ「最悪の相手」への誘惑に勝てないのか・・・。 異性の気持ちを見抜く方法を、実例を交えてわかりやすく解説し、全米ベストセラーとなった衝撃の一冊です!

この本の詳細を見る

ズルい恋愛心理術

パートナーを見抜いてあやつる㊙テクを、アジア最強のメンタリストが禁断の恋愛テクを解禁! 相手の本音の見抜き方、浮気の見抜き方、真実を知るための質問の仕方、そしてそれに対応する微表情の分析の仕方までも網羅。 この一冊であなたのパートナーの真実が見えてきます!

この本の詳細を見る

まとめ

「倦怠期」について理解していただけましたか? ✓「倦怠期」の読み方は「けんたいき」 ✓「倦怠期」の意味は「恋人に対しての飽きや慣れ」 ✓「倦怠期」は、だいたい3の倍数にやってくる ✓「倦怠期」がこないカップルもいる! 「倦怠期」は気持ちが落ち着いてきたということであり、必ずしも「冷めた」「愛情がなくなった」ということではありません。 ここで早まって別れを選んでしまうと、後々後悔してしまうかもしれません。 「倦怠期」はどんなカップルだって経験し得るものです。 冷静に向き合って、乗り越えていきましょう!

こちらの記事もチェック

ビッチの意味は?ビッチな女性の特徴とは?ビッチの見抜き方、うまく付き合う方法

eigobu.jp

さみしいと感じる心理と原因は?さみしい時の対処法とは?

eigobu.jp

自暴自棄な人の心理と原因、立ち直り方は?自暴自棄な人の助け方とは?

eigobu.jp

恋愛で自暴自棄になったときの対処法【完全版】

eigobu.jp

人間性を養い高める方法【完全版】

eigobu.jp

人間性が疑われる人の行動と発言の特徴とは?人間性のない人が人間性を高めるには?

eigobu.jp

「ネガティブ」の意味とは?ネガティブのデメリット&メリット、治し方とは?

eigobu.jp

ポンコツって?ポンコツな人の特徴、付き合い方、改善方法とは?

eigobu.jp

ホームシックの時期、症状、原因、なりやすい人の特徴、克服方法を徹底解説!

eigobu.jp

人間性の高い人の特徴とは?人間性のない人の特徴は?人間性高める方法、見抜き方は?

eigobu.jp

元カノに連絡してくる男性の心理とは?その時のベストな対処法とは?

eigobu.jp

ポンコツな女性の特徴は?ポンコツ天然女子が男子からモテる理由とは?

eigobu.jp

洞察力の鋭い人の特徴とは?鍛え方はある?洞察力のデメリットとは?

eigobu.jp

ポンコツな男の特徴は?ポンコツキャラ男子が女性からモテる理由とは?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 倦怠期がくる時期と原因は?対処法、おすすめデート、NG行動を徹底解説!