1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. ホームシックの時期、症状、原因、なりやすい人の特徴、克服方法を徹底解説!
ホームシックの時期、症状、原因、なりやすい人の特徴、克服方法を徹底解説!

ホームシックの時期、症状、原因、なりやすい人の特徴、克服方法を徹底解説!

「ホームシック」とは何かご存知ですか?ホームシックになった経験がある人は多いかと思います。本記事では本記事の症状や原因を詳しく説明していきます。またホームシックになってしまった場合の克服方法や、そもそもホームシックにならないためのメンタル作りなども詳しく解説していきます!

ホームシックとは

ホームシックの意味は「懐郷病」

「ホームシック」の意味は「懐郷病」です。読み方は<かいきょうびょう>です。 自分の生まれ育った環境から離れ新しい生活を始める際に、家族や故郷のことがとても恋しくなる状態を意味します。 「ホームシックになる」のように使います。 「ホームシック」という言葉は英語の「homesick」から来ています。 「home=故郷」と「sick=病」という意味が派生し日本語では「懐郷病」と言います。

ホームシックは女性だけではなく男性もなる

ホームシックは女性だけではなく男性もなります。 また、学生だけではなく社会人などの大人でもなります。 ホームシックになること自体全く恥ずかしいことではないですが、精神を安定させるためにはうまく付き合っていくことが大切です。

ホームシックの期間

実家から出てまず最初の夜

実家を出て初めて1人で迎える夜に最初のホームシックを感じます。 いつもは家族と一緒にご飯を食べたりテレビを見たりして過ごしていた時間が1人だけの時間となります。 一緒にご飯を食べる人もいなければ、テレビをみてコメントしあえる人もいないためとても孤独を感じるのです。 また、休みの日などに実家に帰る人もいると思います。 帰省から戻った最初の夜は毎回ホームシックになる人もいるようです。

実家から出て一ヶ月

1ヶ月も経てば新しい生活にも慣れ始める頃です。 ですがそれと同時に疲れがたまり体調を崩しやすい時期でもあります。 体調を崩すタイミングでホームシックになる人がいます。 実家であれば体調を崩しても誰かが薬を買ってきてくれたり料理を作ってくれたりと看病をしてくれますよね。 しかし親元を離れての暮らしとなると、自分で自分を看病する必要があるのでその時にホームシックになりやすいです。

実家から出て半年

ホームシックは時間の経過とともに感じなくなります。大体3ヶ月程するとホームシックになることも少なくなるでしょう。 しかし半年経ってもホームシックになる場合は、少し注意が必要です。 半年経ってもなかなか実家に帰れない時はもちろん恋しくなりますよね。 ですが徐々に新しい生活にも慣れていくので最初に感じるホームシックよりは程度が軽くなるはずです。 半年も同じような状態が続く場合はうつな可能性もあるので放置せずに専門家に診てもらいましょう。 新しい生活が本当に辛いのであれば実家に帰ってもいいんですよ。

ホームシックの症状

実家に帰りたいと思う

わかりやすいホームシックの症状は、「実家に帰りたい!」と思うことでしょう。 事あるごとに実家の事を考えているということはホームシックである可能性があります。 例えば、一人でご飯を食べている時や街中で楽しそうにしている家族を見る時などに「実家に帰りたいな」と感じたりします。 もしくは「お母さんの美味しい料理が食べたいな」「おじいちゃんに会いたいな」など家族のことを恋しく思うこともホームシックの症状でしょう。

家に帰りたくないと思う

ホームシックになるとひとり暮らしなどの家に「帰りたくない」と思うこともあります。 なぜなら家に帰ったら一人になってしまうからです。 そのため学生であればバイトやサークルなどの仲間と夜一緒に過ごすことが増えます。 社会人であればダラダラと残業をしたり飲みに行くことが増えるでしょう。 誰かと一緒にいることでホームシックを紛らわすのです。

以前より涙もろくなる

実家にいる時よりも泣くことが増えている場合はホームシックである可能性があります! 理由もなく自然と涙がこぼれたり、映画やドラマを見て号泣するような事があるときっとそれはホームシックの症状でしょう。 実家にいる時よりも確実に涙腺が弱くなっていませんか。。。? 泣く事自体は全く悪いことではないので、泣いてスッキリできるのであればとことん泣いたって良いんです! 目が腫れて周りの人から心配されると、またそれもホームシックになる原因となるので、目はこすらないようにしてくださいね。

何事に対してもやる気が起きづらい

「自炊が面倒くさい」「休みの日に出かける予定だったがなんだか行く気がなくなった」など何事に対しても消極的な考えを持ち始めることもホームシックの症状です! ご飯を頑張って作っても結局一人で食べること、休日一人で出かけても幸せそうな人を見る羽目になることがわかっているからでしょう。 虚しい気持ちを味わいたくないためにやる気が起きづらくなってしまいます。 しかしどんなにやる気が起きなくても食事はしっかり取りましょう! 健康な体は健康な心を作ります!

SNSの更新率が上がる

ホームシックにかかっているとSNSの更新率が上がります。 故郷の家族や友人に自分が無事であることを伝えるため、そして寂しさを紛らわすためです。 昨今はテクノロジーの発達で写真や動画で近況をすぐに報告することができますよね。 実際に会うことができなくてもオンライン上で繋がれるので頻繁に投稿することが増えます。 そして家族や友人からコメントなどが来るととても嬉しい気持ちになります。 また寂しさのあまりにネガティブな投稿もあります。 例えば「実家に帰りたい」「新しい生活が嫌だ」など正直な気持ちを打ち明けます。 もちろんこのような投稿にも家族などは反応してくれると思いますが、それでもネガティブな発言は避けたほうが良さそうです。

家族や友人と連絡を取ることが多くなる

家族や友人と連絡を取ることが日常的になっていると、知らぬ間にホームシックになっていることがあります。 実家にいる頃は面倒くさいと思っていた家族との連絡も積極的に取るようになっていると、それはホームシックかもしれませんね。 離れた家族や友人に自分の無事を伝えることはもちろん大切です。 しかし安否確認以外に職場の愚痴であったり、今日のご飯の内容の相談など細かい話をする場合は、無意識に恋しい気持ちがあるからでしょう。 私も以前母親に自炊の写真を送っている時は「これってもしかしてホームシック?」と思うことが多々ありました。

懐かしい思い出に浸る

過去の写真や動画などを頻繁に見たり、思い出に浸ることが多いとそれもホームシックの症状でしょう。 懐かしい気持ちになり「会いたいな」「あの頃に戻りたいな」と感じることがホームシックです。 一人の時間に卒業アルバムを見たり、携帯に保存されている家族や友人との写真や動画などを見返すことはありませんか? それも一度だけでなく毎日のように眺めるようであればそれは確実にホームシックです。 思い出に浸った結果「明日からも頑張ろう!」と思えればいいですが浸り過ぎて現実の世界に戻れなくならないようにしましょう。

食欲がなくなる

食欲がない、最近痩せたと言われる、などのことがあればホームシックである可能性があります。 母親の料理が恋しく思ったり、自分では美味しい料理が作れなかったりすると食欲が沸かないことが多いです。 また、飲み会などでお酒を飲む機会が増えるとまともな食事を取ることも減るため体重が減ることもあります。 もしくはコンビニやスーパーに食材を買いに行くのを面倒に感じ質素な食事で済ませてしまうようなことが続くことも危険です! 急激な体重の減少は心と体の健康に大きく影響を与えるのでしっかりと食べるようにしたいですね!

ついつい食べすぎてしまう

ホームシックになると食欲がなくなる人も入れば、反対についつい食べすぎてしまう人もいるようです。 寂しい気持ちを食欲でカバーするかのように食べてしまうため太ってしまいます。 一人だと監視の目がないため、自分で好きな時に好きな物を食べられますよね。 食事のバランスが偏ってしまい、また箸が止まらなくなると過食気味になります。 食べすぎも体に良くないので食欲をしっかりとコントロールしましょう!

夜眠れない

眠れない夜が続く場合はホームシックになっている可能性があります。 人間は夜に気持ちがセンシティブになりやすいです。 夜の時間帯に家族や友人の事を考えるとなかなか寝付けなかったりします。 また、実家であれば同じ屋根の下に家族がいる安心感からぐっすり眠れていたのが、ひとり暮らしの緊張感から眠りが浅くなってしまうこともあります。 食事と同様に睡眠もとても大切なので夜にあれこれと考え込むことは避けた方が良いでしょう。

イライラすることが増える

泣くことが増えるようにイライラすることも増えるようであれば、それはホームシックの症状かもしれません。 新しい生活に対してストレスを感じ、結果としてイライラという感情に現れるのです。 ストレスを感じているということは、現状から解放されたい、つまり実家に帰りたいという心理があるはずです。 実家にいた頃と比べていろんなことに苛立っている自分がいる場合は、無視せずにしっかりと自分と向き合いましょう。 そして心に余裕を持つことでイライラする感情を抑えられるはずなので余裕を持つための施策を考えましょう。

ホームシックの原因

「新生活=不安」という固定概念に囚われている

ホームシックの原因のひとつが固定概念です。 「新生活は大変だ」「ひとり暮らしは寂しい」などという他人の経験談から、自分の中で新生活に対する考えがマイナスになっている状態です。 ですが新生活は本当に大変でしょうか?寂しいのでしょうか? もちろん慣れないことは多いかもしれませんが、新生活は楽しさで溢れている可能性もありますよね? 人間は基本的に新しいことについ億劫になりがちなため、プラスよりもマイナスな思い込みをしがちなのでしょう。

仕事などが思うように上手く行かない

仕事や学校などが思うように上手く行かないとホームシックになる原因になります。 仕事や学校での生活が充実していると毎日が楽しいですよね。 しかしそれらがなかなか思うように進まないと落ち込み、ホームシックに陥ります。 私も新社会人として仕事を始めたばかりの頃は仕事内容や人間関係に悩みほぼ毎日泣いていました。 こんな毎日は嫌だ、実家に帰りたいと何度考えたことでしょう。。。

友達が出来ない

たくさん友達を作ろうと意気込んで新しい生活をスタートさせる人は多いのではないでしょうか? そんな期待も裏腹に、思うように友達が出来ずに悩んでしまうことがホームシックの原因となることもあります。 そもそも友達を作るということ自体が久しぶりすぎてどのように声をかければいいか迷うこともあります。 地元の友達は小さい頃から一緒にいるのであなたのことをよく理解してくれていますが、知り合ったばかりの人はそうでないためどこまで素で接するべきか悩むこともあるでしょう。 このように友達に関して悩むことが増えると、「やはり持つべきものは家族」と思いホームシックになりやすいのです。

自分を過信してしまっている

ホームシックになる原因として、自分を過信しているという点もあります。 新しい生活を始める前に出来ると思っていたことがなかなかスムーズにできないと自信をなくし、ホームシックにかかるのです。 例えば、自炊・洗濯・掃除など今までは全て家族に任せっぱなしであったことを何の根拠もなく「私もこのくらい出来る!」と思うものの、 実際にやろうとすると全く出来なかったり、仕上がりが予想外だったりします。 出来ない自分に嫌気が差すと家族のことが恋しくなるのですね。

思い描いていた生活とのギャップを感じる

ホームシックの大きな原因の一つが、理想と現状の大きなギャップです。 新生活を始める頃に思い描いた生活と実際の新生活の差が大きいと落胆し、ホームシックになります。 もちろんその差がポジティブな方向であれば落胆することも無ければホームシックにもならないでしょう。 しかしマイナスな方向に動くと、「こんなはずではなかった」と落ち込むのです。 私も学生時代、思っていたような生活が送れずに気持ちが落ち込んだことがあります。 気持ちが落ち込むと家族に連絡したくなってしまうんですよね。完全なホームシックでしたね、あれは。

故郷の家族や友人の生活が充実していると知った時

遠く離れている家族や友人などとも今やオンライン上で繋がっていることが普通になりました。 LINE、Facebook、InstagramなどのSNSで世界中のどこにいても家族や友人を近くに感じることができますね。 SNS上で故郷の家族や友人が楽しそうな日常生活について投稿していると、「私も一緒に生活したいな」「なんだか羨ましいな」という気持ちになります。 SNSはまさしくホームシックになる原因です。

生活環境が大きく違う場合

実家の環境と新生活の環境が大きく違う場合にホームシックになることもあります。 土地の習慣や天気など、なんだか体が受け付けないようなことがあると体力的にも精神的にも疲れが出ます。 日本国内でも北と南では習慣や天気が全く異なりますよね。 海外だとさらにその差は大きいことでしょう。 日本国内外問わず、新生活で感じる「カルチャーショック」によってホームシックにかかる人がいるようです。

「強制的」な新生活ほどホームシックになりやすい

新生活を始めるきっかけとしては、進学・仕事・結婚などが多いと思います。 自分自身で決心して新生活をスタートさせる人が多いと思いますが、中には意思決定が自分以外の誰かである人もいます。 そのように半ば「強制的」な新生活ほどホームシックになりやすいのです。 「強制的」な新生活とはどのような物があるでしょうか? 一番多いのは仕事の転勤だと思います。会社から一方的に転勤を押し付けられ断れない状況だと、やむおえず新生活をスタートさせなくてはいけません。 不合格や親の決定などで行きたい学校に行けず第2や3希望の学校に入学することになると、それも「強制的」な新生活と言えるでしょう。 このように自分自身の意志で新生活を決めたわけではない場合は、ホームシックになる可能性がとても高いです。

ホームシックになりやすい人の特徴

家族ととても仲が良い

家族と仲が良い人ほどホームシックになりやすいと言われています。 両親や兄弟と毎日楽しい生活を送っていたため、一人になることも少なく寂しい思いをすることもほとんどないためです。 親や兄弟から離れて新生活をスタートすると、当たり前だった日常が当たり前ではなくなります。 皆で囲んでいた食卓も、常に誰かがいた環境も無くなってしまいますよね。 そのギャップに絶えられずにホームシックになるようです。 ですがこのような場合は、家族の有り難みに気付くことができるので、その点は感謝すべき点です。 そして自分も将来同じような家庭を築きたいと思えるのであれば、それは立派な親孝行とも言えるでしょう。

友達が多い・仲が良い

家庭と同様に友達ともすごく仲が良かったり、友達の数が多い人もホームシックになりやすいです。 当たり前のように毎日一緒にいた友達と会えなくなるととても寂しいですよね。 私はど田舎出身なのですが、田舎の人は進学や就職でそのまま田舎に残る人と遠く離れた都会に出る人と二手にわかれます。 私の場合はかなり遠くの場所に進学をしたため、地元の友達となかなか会えない日々が続きました。 年末年始やお盆などに定期的に集まっている友人たちをSNSで見てホームシックになっていましたね。

変化に柔軟に対応することが難しく感じる人

新生活ではいろいろな変化がありますよね。 良い変化も悪い変化も、柔軟に対応できない人ほどホームシックに陥りやすいです。 例えば、当たり前のことですがベッドや布団が変わった、毎日のルーチンが変わった、毎日接する人が変わったなど、日常に様々な変化が生じます。 これらの変化がストレスに感じやすい人はホームシックになりやすいでしょう。

ストレス耐性が低い

人間は誰でもストレスを感じます。 ストレス耐性が低い人ほどすぐにホームシックになります。 ストレス耐性が低いと、 ・食欲の低下や増加 ・寝付きが悪くなる ・体調をすぐに崩す ・肌が荒れニキビが出来る ・すぐにイライラする ・泣くことが多くなる などの症状が出ます。 精神的に不安定になると誰かを頼りにしたくなりますよね。 その場合、真っ先に連絡を取るのが家族であることが多いです。 家族との連絡により「帰りたい」という気持ちが益々強くなることがあります。

人に頼りっぱなし・任せっぱなしで生きてきた人

実家での生活で人に頼りっぱなし・任せっぱなしで生きてきた人も新生活でホームシックになりやすいです。 例えば過保護な母親の元で育った人や、末っ子などは当てはまることが多いはずです。 実家での生活で、自分以外の家族が料理・洗濯・掃除をすべてしてくれることが当たり前であっても、新生活ではすべて自分でやる必要があります。 そんな時に「料理方法がわからない」「掃除機ってどう使うんだ」とこれまでの自分が人に頼りっぱなしであったことに気付くとホームシックになります。 私も新生活を始めたばかりの頃は料理に苦戦しました。 その時に家族の有り難みを感じるとともに「帰りたい」と何度も思いました。

内気な人

性格が内気な人もホームシックになりやすいでしょう。 元々の性格が内向的である人は新生活にいち早く慣れようという気持ちになりづらいためです。 内向的な性格だと、 ・あまり外に出ない ・部屋に引きこもりがち ・行動範囲が狭い ・行動パターンが常に一緒 などの特徴があります。 内向的な人は自分の殻に閉じこもりやすく、ネガティブなことを考えやすいです。 そのため「新生活は楽しくない」「馴染めない」などの気持ちから実家が恋しくなります。

真面目な人

真面目な人は一見ホームシックとは無縁のように思われますが実はそうではありません。 真面目な人ほど物事を真剣に考えすぎて疲れてしまうのです。 真面目な人は自分に厳しい傾向があります。 「仕事は定時に終わらせるべき」「仕事が忙しいからと家事をサボるわけにはいかない」など、完璧を求めます。 しかし新生活であれこれと欲張りすぎると、必ずどこかで疲れが出始め心身ともに健康でいられなくなります。 完璧にこなせない自分と出会った時、真面目な人はとても落ち込み実家が恋しくなります。

社交的で人と話すことが好きな人

人と話すことが好きな人もホームシックになりやすいでしょう。 なぜなら新生活では実家で暮らしていた時のように最初からお喋りができる環境ではないからです。 出会ったばかりの人にいつも通り話すと「この人喋りすぎだからなんか嫌だな」なんて思われたくないので、最初は気を遣いますよね。 そして家に帰ると話す相手がいないので独り言で話し続けるか無口になるはずです。 話せないストレスからホームシックになるのです。

マイナス思考の人

物事をマイナスの方向に考えるクセがある人もホームシックになりやすいでしょう。 「新生活は嫌だ」「仕事が辛い」「どうせ私なんかひとり暮らしは向いていない」など否定的な意見を持ってしまいます。 そうすると「こんな辛い思いをするくらいだったら実家に帰った方がましだ」と考えホームシックに陥るのです。 逆にプラス思考の人は例え大変な新生活でも何かに楽しみを見出すことができます。 例えば「一人の時間は寂しいけど監視の目もないし好き勝手にしよう!」とは「仕事は大変だけど頑張った分報われるはず!」と前向きな考えをします。 思考次第で新生活は楽しくもなりますし、反対にそうでなくなることもあります。 思考ってすごいですね。せっかくの人生なので楽しく過ごしたいですよね!

自分の意志で新生活を決めていない人

ホームシックの原因にもある通り、新生活を自分の意志で決めていない人もホームシックになりやすいでしょう。 様々な理由から新生活を余儀なくされる場合に、「こんなはずじゃなかった」「やっぱり私は実家で暮らしたい」という思いが浮かんできます。 このようなタイプの人は、新生活が充実していない理由を自分というより他人の責任にします。 例えば「両親から強制的にひとり暮らしをさせられた。だから楽しいわけがない」など何かと理由をつけて実家に帰ろうとします。 たとえ強制的な新生活であっても、自分の努力次第でとても充実した日々を送れるはずなので諦めないでほしいです!

ホームシックの克服方法|社会人ひとり暮らし編

仕事に勤しむ

社会人でひとり暮らしを始めた人でホームシックを克服したいのであれば、ずばり仕事に精を出すことでしょう! 仕事に一生懸命になれば、拘束時間も長くなるので一人でいる必要もないですし、周りに評価されるので良いこと尽くしです。 ダラダラと残業するのは逆に虚しくなってしまうので、そうではなくいろんな経験をしましょう。 例えば、 ・上司や先輩に仕事についての話しを聞く ・研修制度などがあれば積極的に参加する ・PCスキルなどのスクールに通い、仕事に必要なスキルを磨く ・仕事に関連する本を読む など様々なことが出来るはずです。 仕事に夢中になると、仕事が大好きになりホームシックなんて忘れてしまうことでしょう!

予定を埋めて家に引きこもらない状態を作る

社会人でひとり暮らしをスタートし、せっかく親元を離れているので仕事以外の予定を埋めてみましょう! 予定を入れると家で引きこもる必要もなく寂しい思いをすることもなくなります。 平日の夜や休日などの予定を早めに入れておくと良いです。 仕事仲間との飲み会友達とのランチなど何でもOKです。 予定をしっかりと把握するためにもスケジュール帳で管理すると良いでしょう。 予定が目に見えるので毎日充実した生活を送ることができます。

習い事を始める

一人で自由に使える時間が増えたのであれば習い事を始めるのも良いかもしれませんね。 仕事関連でも趣味関連でも何でも興味があることをぜひ始めてみませんか? 社会人の習い事として多いのは、 ・PC教室 ・ヨガ ・パーソナルトレーニング ・生花 ・お茶 ・ビジネスマナー ・格闘技 などがあります。 習い事を始めると、そこでも友達が増えるのでさらに充実した生活を送れることでしょう。

ペットを飼う

家に一人でいることがどうも耐えられない場合はペットを飼いましょう。 人ではないものの、ペットにもたくさん話しかけますよね。寂しさは和らぐはずです。 ペットで人気なのは、犬・猫・ハムスター・うさぎ・魚・トカゲ・蛇などでしょうか。 住まいがアパートやマンションであればペット禁止な可能性もあるのでそこは必ず確認をしましょう。 また、家を空けることが多くなるのでペットにも寂しい思いをさせない努力をしましょう。

ペットがNGなら植物を育てる

ひとり暮らしの家がペット禁止だったり、そもそも動物が嫌いな人はぜひ植物を育てましょう。 植物もしっかり話しかけてあげることで元気に育つんですよ。 植物でも手入れが簡単なものを育てるといいです。 例えばサボテンなどがおすすめですね。形や色も様々なので部屋の雰囲気に合わせて選びやすいです。 ベランダがあれば家庭菜園なども良さそうですね。 トマトやバジルなどはとても簡単に育つのでおすすめです!

帰りたくなる空間作りをする

ひとり暮らしは自分だけの空間です。そのため自分が居心地良く過ごせる空間作りをしましょう。 家具や家電など小さな物にもこだわりを持つことで、とても満足の行く家が作れるはずです。 自分の家に満足すると、帰りたくなりますしずっと部屋にいても苦でなくなります。 最近は家具家電がとても安価で手に入れられるようになりましたよね。 インテリア小物もバリエーションが増えいろんなデザインがあるので選ぶのが楽しいですよ。

思いっきり泣く

ひとり暮らしでホームシックになってしまったら、思いっきり泣くのもいいですね! 誰もいないので迷惑をかけることがないので、スッキリするまで泣きましょう! 自然に流れる涙を流し続けてもいいですし、感動系の映画やドラマで号泣するのもありです。 涙が流れる時は流した方が体のストレスが減るそうなので我慢はしないでいいんです。 ただ、目の腫れや隣人トラブルなどには注意してくださいね。

ホームシックの克服方法|海外留学編

留学の目的を明確にする

留学先でのホームシックの克服方法の一つめは、留学の目的を明確にすることです。 なぜ留学をしたいと思ったのか、留学先での目標は何かを明確にすると親への感謝もうまれてきます。 留学にはとてもお金がかかります。あなたに好きなことをさせてあげるために両親が一生懸命に働いてくれています。 そんな親への感謝の気持ちを持つためにも、そしてもちろん自分自身のためにも、留学という道を選んだ理由を明確にしましょう。 そして「家に帰りたい」と泣きつくのではなく「一生懸命頑張る」と言って親を安心させてあげましょう。

語学の勉強を一生懸命頑張る

留学先で得られる最大のスキルはなんと言っても語学ですよね。 ですのでホームシックを克服するためには語学の勉強を一生懸命頑張ることです。 留学先で学校に通う人は多いかと思います。学校での授業はもちろんですが、授業以外の時間にも予習や復習をしていち早く言語を習得しましょう。 また、授業を受けるだけでなく留学生同士や現地の人と友達になって会話からも語学を学びましょう。

海外でしかやれないことにチャレンジする

せっかく海外に留学しているからには、海外でしかやれないことにチャレンジすることもいいです! そうすると海外での時間を充実して過ごすことができ心が満たされます。 留学している国の都市を旅行したり、留学している国から旅行に行きやすい国へ海外旅行をするのはとても楽しいそうですね! もし働く事が許可されている国であれば現地のカフェなどで働くこともいい経験になりそうです。 日本に帰った時のお土産話にもなるので良さそうです。

友達100人できるかな?!

留学先では現地の人はもちろん、世界各国から留学生が集まっていることも珍しくないはずです。 ですのでとことん友達を作ることでホームシックから逃れましょう! Facebookの友達の数を100人にするなど目標を立てるのも良いかもしれません。 世界中に友達を作ることはいろんな文化を知れるいい機会になります。 そして今後海外旅行をする際には友達にお世話になることもできるので良いですね!

ビデオ電話などで家族と話す

海外でホームシックになっても問題ないです。なぜなら今は無料で遠く離れた人とビデオ電話ができるからです。 ホームシックになったら、直接会うことは難しいですがビデオ電話で家族と話して寂しさを和らげましょう。 今でこそいつどこにいても誰とでも繋がれる時代ですが、少し前はそういうわけにもいきませんでした。 ビデオ電話なんて技術はなく、国際電話は1分500円などとかなり高額なものだったのです。 ですのでいまのこの恵まれた環境に感謝することも忘れないようにしましょうね。

ホームシックの克服方法|結婚編

街のことを知る

結婚での新生活がホームシックになった場合は、ぜひ新しく住み始めた街のことをよく知ると良いです。 そうすると新しい街にも愛着が湧いてきますし、家族が遊びにくることになってもスムーズに街案内ができます。 街の情報収集は市役所などが発行しているガイドブックなどでできます。 実際に市役所の観光課で話を聞くのもいいでしょう。 第2のホームになる街なのでどんどん知って好きになりましょう。

最初は観光客の気持ちで観光をする

新しい街で生活を始めることになったら、最初は観光客気分で街観光を楽しむのもおすすめです。 街の観光スポットを楽しむと街の歴史も学べるはずです。 ガイドブックが本屋にあればぜひ購入してみましょう。 よく住むことと観光することは全く違うと言います。 観光客気分で街を散策すると、住人としては味わえない街の魅力に気付けるかもしれません。

趣味や習い事を始める

新婚生活で時間がある主婦などは、ぜひ趣味や習い事を始めてみましょう。 そうすることで一人で過ごす時間は少なくなりますし、友達も増えるので新しい街にもすぐに馴染めるでしょう。 主婦・主夫として始めるといい趣味や習い事は、 ・ヨガ ・ジム ・クッキング ・ハンドメイド制作 ・パソコン教室 などがあります。 市民会館などで格安で体験できる教室もあるのでぜひ足を運ぶと良いかもしれません。

無趣味の専業主婦におすすめの趣味を大公開!コスパ最強&ストレス解消できる趣味とは?

eigobu.jp

結婚生活を楽しむ

結婚生活を楽しむことでホームシックは克服できます。 お互いの仕事などがあってなかなか一緒に過ごせないかもしれませんが、せっかくの新生活を思いっきり楽しみましょう! 結婚生活を楽しむためには、夫婦で家庭のルールを作るといいです。 家事分担や休日の過ごし方などを2人で話し合うことで不平不満もなくなります。 どんなに忙しくても月に1日はデートをするなど楽しいルールもしっかりと設けてくださいね。

ホームパーティーを開く

ホームパーティーを開くこともおすすめです。 新しい生活での人間関係が良好になるとホームシックにもなりにくくなるはずです。 会社の仲間、ママ友、近所の人などいろんな人と交流すると楽しいでしょう。 夏はBBQ、冬は鍋パーティーなど季節に応じて内容を工夫すると楽しさが何倍にもふくらみそうです!

ホームシックの克服方法|旅行編

せっかくの旅行を心の底から楽しむ!

旅行にいやいや行く人は少ないはずです。 自分で行きたい!と思って決めた旅行であればとことん楽しみましょう! 楽しまないと旅行に行く意味がありあせんよね?せっかくの機会ですから、楽しい気持ちで心を満たしましょう! 日常生活から離れてゆっくりと過ごせる貴重な時間でもあります。 そのような貴重な時間を設けられることへの感謝の気持ちも忘れずに過ごすとホームシックなんかにはならないはずです!

旅行先から家族に手紙を書く

旅行先でホームシックになってしまったら、ビデオ電話という手もありますが、ちょっと違う方法でコミュニケーションを取ることも楽しいです。 それは手紙です。観光名所などには観光地の絵葉書や切手などが販売されていますよね。 それらを購入して旅先から家族宛に手紙を書くと、家族も旅行気分を味わうことができます。 家族でなくても相手は誰でもいいです!友人でも職場の人でも旅先だからこそ感じる思いを綴るといいです。 自分宛てに手紙を書くこともおすすめです!海外だと到着に少し時間がかかるので、自分の元に着く頃にまた楽しかった旅行のことを思い出せるでしょう。

家族のために写真や動画をたくさん撮る

家族のために写真や動画をたくさん撮ることもおすすめです。 動機が「家族のため」であることで「あの建物の写真は母親が喜ぶな」「この動画を妹に見せてあげよう」など旅行が楽しくなるはずです。 写真や動画はSNS上で簡単に投稿できるので、リアルタイムで家族に共有することが可能です。 もっとこだわりたい人はアルバムを作るといいでしょう。 スマホで撮影したデータを1冊のアルバムにできるサービスなどがあるので利用しましょう。 もしパソコンに詳しいのあればミニ映画などを作ると面白いかもしれません。

現地でできた友達に家族の話しをする

旅行先で友達が出来ることもありますよね。 ぜひその友達にあなたの家族の話をして寂しさを紛らわしましょう。 日本人はあまり自分の家族の話をしないですが、海外の人はよく自分の家族のことを話します。 家族構成、仕事内容、家族との思い出など、すごく幸せな気持ちになる話しが多いです。 ですのであなたも自分の家族の話しをして周りの人や自分を幸せな気持ちで満たしましょう。

自分なりに旅行ガイドブックを作れるほど詳しくなる!

旅行に行く前に入念にプランを組んでいく人とそうでない人がいますよね。 せっかくの旅行ですので、自分オリジナルのガイドブックを作ることを目標にするのも良いかもしれません! 家族同士の趣味嗜好は似ていることが多いと思います。 ですのであなたの目線でガイドブックを作ると、家族が旅行に行くとなった時に大変役に立つはずです。 自分一人で楽しむ旅行ではなく、ぜひその楽しさを家族や友人にシェアできるといいですね。

ホームシックにならないためのメンタルの作り方

備えあれば憂いなし

「備えあれば憂いなし」ということわざをご存知ですか? 日頃から準備をしておけば、万が一の場合になっても心配無用の意味がある四字熟語です。 新生活が決まった時点から少しずつ準備をしておくとホームシックにならないでしょう。 例えば自炊に挑戦する、一人で過ごす時間を増やしてみるなど実家にいながらも工夫をしてシュミレーションを行いましょう。 そうすることで実際に新生活が始まっても不安な気持ちになることは少ないはずです。

ホームシックは決して恥ずかしいことではない

ホームシックになることが恥ずかしく誰にも話せない、という人がいるようですがそれは間違いです。 ホームシックは全く恥ずかしいことではありませんし、正直たくさんの人が経験していることです。 そのためホームシックになっている自分を責めることは決してせず、「皆も経験していること」と言い聞かせると良いかもしれません。 また同じ時期に新生活をスタートした人に思い切ってホームシックであることを告白することも良いかもしれませんよ。 かなりの確率であなたの周りの人もホームシックになっているはずです。

過去と現在を比較しない

実家で暮らしていた「過去」と新生活の「現在」を比較しないようにすることも大切です。 私たちは無意識に「実家で暮らして居た時は幸せだった」と比べてしまうことでホームシックになってしまいます。 しかし過去と現在を比較してもきっと落ちこんでしまうことがほとんどですので比較は避けましょう。 私も以前はよく「実家では料理が美味しいけど自分が作るご飯は美味しくない」と無意識に過去と現在を比較していました。 そうすると自分への自信も無くなってしまいますし、実家に帰りたいという気持ちが強くなってしまいます。 比較した結果、ポジティブな気持ちになれれば一番良いですがなかなかそうにはいきませんでしたね。。。

とことん自分と向き合う

ホームシックになっている自分をあえて無視してごまかしながら生活している人もいるかもしれません。 ですが無視したとしてもホームシックであることは変わりないので、しっかりと自分と向き合うことが大切です。 ホームシックになっている自分を受け止めてあげましょう。 なぜホームシックになっているのかという原因を追求し、どのようにすれば克服できそうかの解決方法も考えましょう。 自分の気持ちに正直になることでごまかす必要もなく、毎日を楽しく過ごすことができるはずです。

周りの人に相談をする

ホームシックは誰でもなりえることです。そして何度も経験することもあります。 ホームシックで悩んでいる場合は、一人で抱え込まずに周りの人に相談をしましょう。 話しを聞いてもらうだけでも気持ちが楽になるのでおすすめですよ。 他の人がどのような理由でホームシックになるのか、またどのようにして克服しているのかを聞けると参考にできそうですね。 周りの人の知恵をかりて、少しでも早くホームシックから抜け出しましょう!

実家にはいつでも帰っていい!

ホームシックになっても意地を張って「私は絶対に実家には帰らない!」と決めている人もいると思います。 ですがそこまでして自分を追い込みすぎると、いつか必ず心や体にガタがくるので良くないですよ。 新生活を始めても、本当に辛い毎日であればいつでも実家に帰っていいのです。 「何があっても帰ってくるな!」と強く言ってくる親もいると思います。 それは決して本心ではなくあくまでしつけの一貫で言っているのです。 子供が辛い姿を誰だって見たくないはずです。親はいつでも子供の味方になってくれるはずなので、怖がらずに相談しましょうね。

時間が解決してくれるというマインドセット

ホームシックはずっと続くわけではありません。一定期間が過ぎるとホームシックから解き放たれ新生活を楽しめます。 そのため、「ホームシックは時間が解決してくれる」というマインドを持つことでホームシックを防ぐことができますし、万が一ホームシックになったとしても気を負いすぎることはないはずです。 ホームシックを経験した人に話しを聞くと「1ヶ月もすればホームシックはなくなるよ」「今は辛いかもしれないけど気軽に過ごしたらいいよ」などのアドバイスをくれることが多いと思います。 経験者のアドバイスを信じて、ぜひ気楽に毎日を楽しんでみてくださいね。

ホームシックにならない人の特徴

変化を楽しめる人・順応できる人

「変化」に抵抗がない人はホームシックにはなりにくいです。 新生活はいろんなことが変化しますよね。それらの変化をポジティブに捉えることができる人はホームシックとは無縁であることが多いです。 複数人での生活から単独の生活の変化をポジティブに考える人は「好き勝手できるから最高!」と考えます。 そのため一人の時間を楽しむことができます。 そして変化を素直に受け止め「郷に入っては郷に従え」のことわざの如く変化に順応しながら生活ができるのです。

1人行動が好きな人

もともと一人行動が好きな人もホームシックにはなりにくいでしょう。 家族や友人に依存しすぎることなく生きてきたので、ひとり暮らしになってもその感覚は変わらないからです。 1人での行動を好む理由としては「人とのコミュニケーションが面倒」「価値観が合わないくらいなら一人で居たほうがまし」などいろんな理由があります。 新生活でも新しくできた友達などに固執することなくマイペースで生活できるのでホームシックにはなりにくいです。

人生の目標が明確な人

人生における目標が明確な人もホームシックにはなりにくいと言えます。 やりたいことややるべきことが明確になっているので、それらに一生懸命取り組むだけの状態であれば余計なことを考える必要がありません。 人生の目標というと少し大げさに感じるかもしれませんが、少なくとも「この仕事での目標」や「1年の人生計画」など先を見据えての行動も立派です。 人生の目標は無いけれど、この仕事で達成したいことがある、などであればそれらは何か、また達成するためには何をやるべきかを明確にすると、明日からのあなたの行動に変化があるかもしれません。

家族や故郷への執着心がない人

家族や故郷への執着心が無い人もホームシックにはならないでしょう。 もともとの性格がドライな人や、様々な理由で家庭環境があまり良いものでは無かった人など、家族に対して「恋しい」「会いたい」という感情が沸かなければホームシックにもなりにくいです。 執着心がないと言えど、強がっているだけの可能性もあります。 本当は会いたいけどそういうキャラじゃないから隠している、という人もいるのではないでしょうか。 そういう場合はそのキャラクターを貫くか、キャラ変してとことん甘えるかのどちらかですね!

さいごに....うつになる可能性もあるので注意!

ホームシックは誰もが経験します。寂しい気持ちや帰りたく思うことは「当たり前」なのです。 そんなホームシックも時間が解決してくれるので、あまり悩みすぎることはないです。 ですが、ホームシックなような症状が半年や年単位で続くようであったり、症状が悪化しているとそれはホームシックではなく「うつ」である可能性があります。 その場合は無理せずにすぐに専門家に診てもらいましょう。

おすすめの記事

「コンセプト」と「テーマ」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ディスる」の意味は?何の略?類語・ディスる人の心理・英語も解説!

eigobu.jp

「コンサバ」は死語?正しい意味とファッション・ビジネス・医療での使い方、対義語とは?

eigobu.jp

「アンニュイ」の意味とファッションでの使い方、語源、類語・対義語、英語表現

eigobu.jp

「バイアス」の意味とビジネス・IT・電気での使い方、種類、英語表現は?

eigobu.jp

「シンパシー」の意味と使い方、「エンパシー・テレパシー」との違いは?

eigobu.jp

「ポテンシャル」の意味と使い方、ポテンシャルが高い人の特徴とは?英語は?

eigobu.jp

「レギュレーション」の意味と業界別の使い方、類語「ルール」との違いは?

eigobu.jp

「タイト」の意味と業界別の使い方、類語・反対語、英語、漢字は?

eigobu.jp

「キャパ(キャパシティ)」の意味と業界別の使い方、例文、類語、「キャパる」とは?

eigobu.jp

「ロット」は何の単位?意味と使い方とは?FX用語でもある?

eigobu.jp

「ギャップ(gap)」の意味と業界別の使い方、語源、類語・対義語、英語表現

eigobu.jp

モノローグ・エピローグ・プロローグ・ダイアローグの意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「オンスケ」の日本語での意味と使い方、反対語「ビハインド」とは?

eigobu.jp

「フィックス」の意味と使い方、業界用語での意味は?語源の英語は?

eigobu.jp

「インスピレーション」の意味と使い方、語源、類語「直感/アイデア」との違い

eigobu.jp

「ナイーブ」の意味は?類語、対義語、英語表現!ナーバス・デリケートとの違いも

eigobu.jp

「ラインナップ」の日本語での意味と使い方、類語、「ラインアップ」との違い

eigobu.jp

「フィジカル」の意味と音楽とサッカーでの使い方、対義語「メンタル」との違い

eigobu.jp

「デリカシー」の日本語での意味は?類語、語源、デリカシーない人の特徴

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. ホームシックの時期、症状、原因、なりやすい人の特徴、克服方法を徹底解説!