1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 仕事で落ち込んだ時の対処法とNG行動!落ち込まないための習慣とは?

仕事で落ち込んだ時の対処法とNG行動!落ち込まないための習慣とは?

仕事でミスをしたり、何か嫌なことがあったりすると気持ちが落ち込んでしまいますよね。落ち込むと仕事に集中することが難しくなり、どんどん負のループに陥ってしまうんです。本記事では、人が仕事で落ち込む原因、落ち込みやすい人の特徴、落ち込んだ時の対処法などをご紹介しています。仕事で落ち込んだ時に元気になる本、映画、音楽、名言もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

仕事で落ち込んでしまう時ってありますよね

仕事で落ち込んだ経験がある人は多いのではないでしょうか? 失敗を犯したり、何かトラブルがあったりすると、「もう嫌だな。。。」と気持ちがネガティブになってしまいますよね。 筆者もこれまでに仕事中に何度も落ち込んだことがあります。 顧客の名前を間違えてしまったり、交渉が上手く進まなかったり、上司(男性)を「お母さん!」と呼んでしまったり。。。 色々ありましたが、落ち込む度に強く成長できた気がします。 落ち込むこと自体は、何も悪いことではありません。 大切なのは、落ち込んだ時に自分とどう向き合うかということです。

仕事で落ち込んでしまうきっかけ・原因

みなさんは、仕事のどういうことで落ち込みますか? ここでは、仕事で落ち込んでしまうきっかけや原因をご紹介していきます。

仕事でのミス

仕事で落ち込むきっかけNo.1は、仕事での失敗でしょう。 日常の小さなミスから、リカバリーが大変な大失敗まで、仕事に失敗は付き物です。 ミスを犯すと、ほとんどの場合で周りの人や会社自体に迷惑をかけてしまうことになり、そういう事態を招いてしまう自分に落ち込んでしまうんですよね。 例えば、 ・朝寝坊した ・出張のフライトを逃してしまった ・発注数を間違えてしまった ・お金の計算を間違えて大損失を出してしまった など、仕事には様々な失敗があります。 どれだけ真剣に仕事に打ち込んでいても、失敗をする時はしてしまうんですよね。 「どうしてこんなミスを!」と自分を責めて、暗い気持ちになってしまうのです。 自分自身のミスで落ち込むことはもちろんありますが、他人のミスが影響で気持ちが落ち込むこともあるでしょう。 仲の良い同僚が失敗をしてすごく大変そうな姿をみて自分まで落ち込でしまったり、他人のミスのせいで自分の仕事量が増え残業する羽目になってしまったり。 「なんで自分まで巻き込まれてしまうんだ。。。」と落胆するのです。

仕事内容

自分の仕事内容が原因で気持ちが落ち込むこともあるでしょう。 つまらない仕事ばかりさせられていたり、やりたい仕事がなかなかできなかったり、自分が思うように仕事ができない時にも人は落ち込みます。 入社前に想像していた内容と現実があまりにも違い過ぎて「こういうはずじゃなかったのに・・」と思うこともあるでしょう。 ついこの前まで楽しんで仕事ができていたのに、社内の制度が変わったり、プロジェクト内容が変更になったりして、急に仕事がつまらなくなってしまうということもあります。 楽しくない、やりたくない仕事をしていると、「仕事ってこんなにつまらないものだっけ」と気持ちが沈みやすいです。 「自分は一生こういう気持ちのまま仕事をすることになるのかな」と将来への不安も大きくなるばかりです。

職場での人間関係

職場にはたくさんの仲間がいると思います。 気が合って楽しく仕事ができる仲間もいれば、相性が合わずに付き合っていくのが大変な人もいるでしょう。 職場での人間関係が原因で、気持ちが落ち込むことも多くあります。 例えば、上司や先輩が意地悪な人たちだったり、自分のチームメイト同士が喧嘩をしていたり、そもそも「仲間」と呼べる人がおらず一人で毎日淡々と仕事をこなす環境にいたり。 長い時間ともに過ごすことになる仲間ですから、少しでも悪い雰囲気が漂っていると気疲れしてしまうんですよね。 筆者もこれまでに職場の人間関係で気持ちが落ち込むことがたくさんありました。 配属先の先輩が意地悪で終業後に何時間も説教されたり、自分以外のメンバー同士の相性が悪く常に雰囲気が悪かったり、新しく担当することになった顧客との相性がイマイチで連絡を取るのが億劫になってしまったり。。。 人と関わる仕事である以上、ある程度覚悟を持つべきだったのですが、そうは言っても合わない相手とは合わないんですよね。

労働環境

働く環境が原因で気持ちが落ち込むことだってあります。 心地よい環境で働ければ良いのですが、必ずしも労働環境が整っているわけではありません。 労働時間が長く、ほぼ毎日終電の時間まで残業したり、狭い部屋に大人数が収容されていて息苦しかったり、仕事に必要な備品がなくいつも自腹で購入したり。 労働環境が悪いと、仕事のパフォーマンスも悪くなってしまいますから、負のループなんですよね。 気持ちが乗らないまま仕事をしなくてはいけなくて「こんな環境にいるだけで気持ちが滅入りそう」と感じてしまうんです。 自分自身で環境を整えることができる部分と、会社が動いてくれないと改善しないこともあります。 社員のことを第一優先に考えてくれていないことがわかると、さらにモチベーションが低くなってしまいます。

プライベート

仕事で特に嫌なことがあったわけでなく、プライベートの問題を仕事に持ち込んで業務時間中に落ち込む、ということも考えられるでしょう。 業務時間中にずっとそのことを考えていて、仕事に集中できず、生産性もかなり下がってしまうのです。 例えば、恋人と喧嘩して仲直りできないまま出社したり、家族が病気をして入院することになったり、大切な人との間にトラブルが起きたり、大切な人自身に問題が起きた時は、仕事よりもそっちを優先したくなるんですよね。 仕事とプライベートはオンオフのメリハリが必要だとわかっていても、気持ちが上手くコントロールできないんです。 仕事中に突然泣き出してしまったりして、周りの人に「え、大丈夫!?」と心配されることで、さらに涙が溢れてしまうんです。

仕事で落ち込みやすい人の特徴

上記では仕事で落ち込んでしまうきっかけや原因をご紹介しました。 次に、仕事で落ち込みやすい人にはいくつかの特徴があるのでご紹介していきます。

ネガティブ思考でマイナス発言が目立つ

仕事で落ち込みやすい人は、常にネガティブ思考です。 物事を悲観的に捉えるクセがあり、そのためマイナスな発言が目立ちます。 「とんでもないミスをした、立ち直れない」「失敗したらどうしよう」「絶対クビだ・・」などと毎日のようにつぶやいています。 そして、いつも不安そうにしていて、笑顔も少ないです。 仕事に関してネガティブというよりは、元々の性格がネガティブであることがほとんどです。 そのため、自分の人生そのものを悪い方へ、悪い方へと考えてしまうんです。

とにかく忙しい

仕事で落ち込みやすい人は、自分の実力やキャパ以上の仕事を引き受けてしまっていることがあります。 やるべきことが多すぎて、全ての仕事が流れ作業になってしまい、「もう無理〜!」と気持ちが落ち込んでしまうのです。 人からの頼みごとを断れない性格だったり、他に仕事が出来る人がいなかったりすると「私しか出来る人がいない」と責任を感じてしまいます。 結果、毎日残業しないと処理できないくらいの仕事を担当することになり、仕事が終わったかと思えばミスの修正が入るので、多忙な毎日が続きます。 中には、大した仕事量もないのに忙しそうにしている人もいます。そして忙しぶっている自分に酔って、落ち込んでいるフリをしている人もいます。 早めに終わらせておけば良いことを後回しにしてしまった結果、時間がなくなって急がなくてはいけなくなってしまっていたり、他の人が一瞬で終わらせることができることに、時間をかけているから単純に「時間がない!忙しい!」という感覚に陥っているだけなんです。 結果的に、自分のことでいっぱいいっぱいで、周りをフォローする余裕なんてないし、むしろフォローを頼む始末・・・。 基本的に「忙しい」と口にする人ほど仕事ができない人であることが多いです。

スケジュールやタスク管理が苦手

仕事で落ち込んでしまう人の多くがスケジュールやタスク管理が苦手です。 自分のキャパを把握しておらず、マルチタスクをしようとして失敗して落ち込んだりします。 仕事というのは、目の前にあるものからただ闇雲に手をつけていけばいいというわけではありませんよね。 ・いつまでにやらなければいけないのか ・どれくらい時間がかかるものなのか などしっかりと把握して、「3日までに資料を集めておく」とか「5日までには一度提出しておく」というように、きちんと計画的に行わないと効率よく仕事を進めることができません。 スケジュールやタスク管理を怠ると、時間ギリギリで慌てた結果ミスをしてしまうということにも繋がってしまいます。 その結果、常に焦って仕事をしていて、気持ちが落ち着かないのです。 仕事ができない人は、基本的に自分のスケジュールやタスクをしっかり管理していないので、どう考えても無理な場面で余計な仕事を引き受けてしまうなど、自分自身で大変な状況を作り出してしまったりします。

仕事自体にまだ慣れていない

仕事で落ち込む人は、仕事自体にまだ慣れきっていないという特徴があります。 入社したてのメンバーや、部署異動で仕事内容が変わった人など、仕事に不慣れなことから気持ちが不安定になってしまうのです。 正直、このタイプの人が仕事でミスをして落ち込むことはしょうがないのではないかと思います。 新しい仕事を、失敗なくこなせる人なんていないのではないでしょうか。 失敗から学べることはたくさんありますし、トライアンドエラーを繰り返すことで仕事に慣れることができるはずです。 筆者も、学生時代のバイト先ではたくさん失敗を犯しました。 注文内容を間違えてシェフに伝えたり、対応不可のクレジットカードを受け取ったり。。。 仕事に慣れることでそのようなミスは一気になくなりました。

コミュニケーションを取るのが苦手

仕事で落ち込む人は、人とコミュニケーションをとるのが苦手という人もいます。 個人事業主など、完全にひとりで仕事をしているという状況以外では、どんなにコミュニケーションをとるのが苦手でも、コミュニケーションをとらなければ問題が起きてしまうこともあります。 コミュニケーションをきちんと取っていないと、本来報告しなければいけないことが、報告されていないなど、大きな損失を招いてしまう可能性もあります。 確認作業が充実にされなかったり、伝達ミスから失敗することが多いです。 コミュニケーションを取るのがどんなに苦手でも、仕事における「ホウ(報)レン(連)ソウ(相)」は絶対に必要です。 日常会話はできなくてもよいので、ホウレンソウだけは徹底して行うことで、ミスの数は圧倒的に少なくなります。

完璧を追い求めすぎている

仕事で落ち込んでしまう人は、無駄に完璧主義であることが多いです。 「完璧を目指す」ということ事態は間違っていることではないのですが、完璧を目指しすぎるあまり余計な時間をかけて仕事のペースが遅いというのは問題です。 「正確さ」「完璧さ」があっても、時間をかけすぎて周りの人の足をひぱったり、期日を守れないのは「失敗」と捉えられてしまっても仕方ありません。 スピードがあれば適当に仕事をこなせばいいというわけでは決してありませんが、正確さとスピードを両方兼ね備えることが大切です。 完璧を求めすぎて、周りの人から見れば「そんなのミスには入らない」と思うようなことも「失敗した〜!」と落ち込んでしまうのです。 仕事に一生懸命なのは良いことですが、あまりにも完璧を求めすぎると精神が狂ってしまいます。

高すぎる目標や夢を掲げている

仕事で落ち込みやすい人の多くが、理想が高すぎます。 こういうキャリアを積みたい、こういう夢を達成したいというものを一度も達成することができず、結局落ち込んでしまうんです。 仕事において目標やゴールを設定することは大変素晴らしいことです。 それが仕事のモチベーションに繋がり、毎日向上心を持って働くことができるからです。 しかし、達成不可能な目標や夢を掲げてしまうと、どんなに頑張っても常に空回りしてしまうということになります。 一生懸命働いた結果、何も達成できていない自分が嫌になり「ダメな人間だな」と落ち込んでしまうのです。 そういう人は、正しい目標の立て方を学べば、落ち込むことなく仕事をすることができます。

おしゃべり

やたらとおしゃべりが大好きな人っていますよね。 暇さえあれば、おしゃべりをしてしまうような人は、落ち込まないと思われがちですが、実は結構落ち込むことがあります。 休憩時間ならまだしも、仕事中におしゃべりが多いのは問題です。 おしゃべりをしているということは、仕事に集中していないということですよね。 基本的に、人間は二つのことに同時に集中することができないので、しゃべっていることでケアレスミスをしてしまったり、仕事のペースが落ちてしまうということはよくあることです。 喋っている自分が悪いのに「仕事が終わらない。。。」と落ち込んでしまうんです。 しゃべっていても仕事のクオリティは高いままという器用な人も中にはいるかもしれませんが、圧倒的に仕事中にしゃべっている人のほうが「よくミスをしている人」という印象をもたれやすいと言えるでしょう。

パソコンの画面をじーっと見つめている

仕事で落ち込んでいる人は、思考停止していることが多いです。 そのため、仕事をしているフリをすることがあります。 書類に目を通しているフリをしたり、パソコン作業をしているフリをしてたり、平然を装うのです。 しかしよーく観察すると、目が動いていなかったり、タイピングしていなかったりします。 声をかけても返答までに時差があることもあります。 「○○さん?」と声をかけてもすぐに返事がなく、「○○さん、○○さん!」と何度も名前を呼ばれて「。。。はい!」とびっくりします。

作業スペースが整理整頓されていない

気持ちが落ち着かない原因の一つに、作業スペースの汚さが考えられます。 自分のデスク周りが書類や物で散乱している状態では、精神が乱れやすいです。 探し物がすぐに見つからず落ち込むこともあるでしょう。 貴重な仕事の時間が奪われてしまい、仕事が上手くできない自分に嫌気がさしてしまうのです。 仕事で嫌なことがあった時に、ふと汚いデスクを見て、「整理整頓もできないなんて。。。」と落ち込むのです。 片付ける意欲も沸かず、気持ちが沈んでしまいます。

外回りやランチ休憩からなかなか戻ってこない

仕事で落ち込んでいる人は、現実逃避をしたいと強く思います。 そのため、なかなか職場に戻ってこないという特徴も見受けられます。 用事が終わっていても現実に戻りたくなくて、外でぼーっとしていたり、気晴らしに買い物をしたりします。 「あれ?そういえば○○さんってまだ戻ってない?」と周りの人が心配するほど長時間不在にするのです。 しかし、どんなに外で時間を潰しても現実は変わりません。 職場に戻った瞬間、回復したはずの気持ちがまた落ち込み、仕事に対する意欲が沸かないまま過ごすことになります。

仕事を休んでいる

仕事でかなり落ちこんでしまう人は、会社を休みがちになってしまいます。 「あれ?また今日も○○さん休み?」と何日も職場を不在にすることもあります。 確かに、気持ちが落ち込んでいる時に休むという方法は正しいです。 しかし、物事には全て限度があって、何日も仕事を休むようなことをしても、状況はもっと悪化するだけです。 仕事を休んでいる間にどんどんタスクは溜まっていきますし、周りとの差も広がるばかりです。 一人ぼっちに置き去りにされている感覚に陥って、休み明けも落ち込む気持ちは変わりません。

他人と比較する

仕事で落ち込みやすい人は、よく自分と他人を比べるクセがあります。 人と比較し、自分の能力不足などに気付いた時に気持ちがネガティブになってしまうのです。 「Aさんはいつも定時に帰れている」「私よりBさんの方が成績が良い」などと無意識に相手のいい所と自分の悪い所を比べてしまうのです。 他人との比較って、全くもって無意味なのに、悪いクセはなかなか治らないんですよね。 人は人なので、もし比べるのであれば過去の自分と今の自分を比べましょう。 きっと成長している部分はたくさんあるはずです。あなたにも良い所はたくさんあるはずです。

気の合う仲間がいない

仕事での悩みは、多くの場合、人に相談することで解決します。 仕事の仕方であれば先輩や上司に相談すれば良いですし、人間関係の悩みであれば家族や友達にアドバイスを求めることもできるでしょう。 しかし、常に職場で落ち込んでしまっているような人は、身の回りに気の合う仲間がいないという可能性もあります。 信頼して話ができる人がいないので、人に相談するということができないのです。 そのため、仕事の悩みとか不満がどんどん溜まっていって、頭の中は常にマイナスな思考で埋め尽くされています。 「私も相談相手がほしいな」と強い孤独と戦いながら仕事をしているのです。

職場で仲間外れにされている

仕事で落ち込んでいる人は、職場で無視をされたり、距離を取られていることがあります。 自分たちは一生懸命仕事をしているのに、明らかに仕事に対するやる気が感じられなかったり、ミスをして余計な仕事をふやされたり、仕事のペースが遅くて足を引っ張られていてはイライラしてしまって当然ですよね。 新入社員なら優しく指導する気になっても、いつまで経っても永遠にそのような状態が続いていると呆れてしまいます。 「もうこんな仕事ができない人なんていらないよ!」と思われ、徐々に周りの人から距離を取られてしまうのです。

仕事で落ち込んだ時の対処法

どんなに気をつけていても、仕事で落ち込んでしまうようなことはあると思います。 そこで、ここでは、仕事中に落ち込んでしまった時の対処法をご紹介します。 すぐに取り組めるものばかりですので、ぜひすぐに試してみましょう。

まずは、深呼吸をする

仕事で落ち込むようなことがあった時、心臓がドキッとして「やばい!」とパニックになってしまいますよね。 徐々に鼓動が早くなるのを感じ、冷や汗をかくことだってあるでしょう。 ぜひ意識していただきたいことが、とりあえず深呼吸をして気持ちを落ち着かせるということです。 一度作業を止めて、大きく息を吸って吐きます。「落ち着け!」と自分に言い聞かせることもポイントです。 深呼吸をすることで、体中に新鮮な酸素が行き渡り、心も体も軽くなるような感じがします。 物事と前向きに向き合うことができるようになり、落ち込んでいた気持ちが少しずつ晴れてきます。

落ち込んでいる自分を受け入れる

落ち込んでしまった時、よくその事実から目をそらす人がいますがそれは間違いです。 冒頭でご紹介したように、落ち込むことは全く悪いことではありません。そのため、落ち込んだ時は落ち込んでいる自分を肯定することが大切です。 「あ、私今落ち込んでいるな」「ちょっと気持ちがネガティブになっているな」と気付くことがファーストステップです。 そして、「確かにそんなミスをしてしまったら落ち込むよね」と自分自身に共感してあげることも大切です。 ここでのポイントは、自分自身を第三者目線で見ることです。 自分の姿を斜め上から見守るようなイメージで、優しい目線を向けてあげてください。

無理しすぎない

落ち込んでいても仕事は仕事なのでやらなきゃいけない。そういう強い責任感は立派です。 しかし、気持ちが沈んでしまっている時に、無理をしすぎるのはよくありません。 無理をしてしまうと、仕事が捗らないばかりか、またミスを犯してしまうことになります。 心も体もボロボロになってしまい、仕事だけでなく普通の生活を送ることさえも困難になってしまうかもしれません。 落ち込んでいる時は、自分の心の声にしっかりと耳をすませて、ペースを落としたり一度休むことも大切です。 神経質になりすぎず、責任を追いすぎず、少しずつでいいのでミスを挽回していきましょう。

「落ち込まない人はいない」と言い聞かる

落ち込んでいる時、「どうして自分だけが。。。」と思っていませんか? そんなことはありません。誰でも仕事において落ち込むことはあります。 「自分だけが」なんと思わずに、「誰にでも落ち込むことはある」と思えば、気持ちが軽くなりませんか? 仕事ができる先輩も、みんなから信頼されている上司も、これまでにたくさん落ち込んできたはずです。 ぜひ、彼らの話を聞いてみてください。「こんなにすごい人たちでも落ち込むことだってあるんだ!」と前向きに捉えることができるかもしれません。

落ち込んでいる原因を特定する

落ち込んでしまった時、つい「どうやって気持ちを取り戻そう」と解決策ばかりに目を向けます。 しかし、そもそもなぜ落ち込んでしまったのかということを理解しなければ、今後また同じミスを繰り返してしまうかもしれません。 落ち込んでしまった時は、その原因の分析も忘れずに行いましょう。 原因が特定できれば、適切な方法で対処することができますし、今後同じようなミスをしなくなります。 例えば、仕事が期限内に終わらず落ち込んでいるのであれば、スケジュール管理をこれまで以上に気をつければ良いですし、忙しすぎてミスをしてしまったのであれば、上司に相談して仕事量を調整してもらうなどの方法で対応することができます。 原因を特定し、解決方法を見出す。そして今後同じことが起きないためにはどうすればよいかと反省会をするのもおすすめです。 自分をしっかり理解してあげることで、気持ちの浮き沈みも少なくなります。

目の前の仕事に集中する

落ち込んでいても、仕事は仕事として対応すべきですよね。 ちょっと辛いかもしれませんが、落ち込んでいたとしても仕事に集中し続けてみましょう。 落ち込んでいる自分は受け入れつつも、「でもとりあえず今は仕事に集中させて!」と言い聞かせます。 もしかしたら、集中しているうちに落ち込んでいた気持ちが軽くなっているかもしれません。 「この仕事が終わったら休憩して落ち込む!」と決めれば、仕事が滞ることはないでしょう。 そして、仕事が終わったあとに好きなだけ落ち込んで気持ちをスッキリさせるという方法もおすすめです。

一旦その場から立ち去る

落ち込んだ時、誰にも気付かれたくない時ってありますよね。 周りに余計な心配をかけたくなかったり、職場の雰囲気を悪くしたくないですよね。 そういう時は、一旦自分のデスクから離れ、一人になれる場所に行きましょう。 トイレにこもったり、給湯室にかけこんだり、「ちょっとコンビニに行ってきます」と外に出てみるのもおすすめです。 ちょっとした気分転換になり、気持ちがスッキリするはずです。 どうしてもその場を離れることができない場合は、軽く目を閉じて瞑想をしてみたり、仕事しているフリをして落ち込んでみたりしてください。 きっと誰にもバレることなく、感傷に浸ることができるでしょう。

一人でこっそり泣く

仕事中はなるべく泣かない方がプロフェッショナルではありますが、どうしてもという時は泣いたっていいでしょう。 トイレや会議室などに籠もって、気の済むまで泣いていいですよ。 ただ、泣いている時に目や鼻を強くこすってはいけません。 赤くなったり腫れたりして「もしかして昨日泣いた?」と周りの人に気付かれてしまうからです。 氷やホットタオルなどを使って、赤くならない、腫れない対策も忘れずに。 家に帰った後は、もっと思いっきり涙を流してみましょう。泣きまくれば気持ちがスッキリするかもしれません。 感動系の映画やドラマを観ても良いですし、ただひたすら流れてくる涙をそのまま流し続けても良いんです。

美味しいランチを食べてエネルギー補充をする

仕事で落ち込むようなことがあった時はいつもより豪華なランチを食べましょう。 少しくらい奮発したっていいでしょう。美味しい料理を食べれば気持ちが明るくなるかもしれませんよ。 気持ちが落ち込んでしまっている時、もしかしたら、栄養が不足しているのかもしれません。 どんなに忙しくてもゆっくりランチを楽しみ、体が喜んでいるのを感じてみてください。 3時のおやつを豪華にしてもよいでしょう。 いつもコンビニスイーツを食べているのであれば、ケーキ屋さんのスイーツを食べてみるのもよさそうです。 心も体もハッピーになりますよ。

信頼できる人に話す

落ち込んだ時も一人で一生懸命になるのは大切です。しかし、一人の力ではどうにもならないことってあります。 そういう時は、なるべく早い段階で、周囲の人に助けを求めるということも必要です。 先輩、上司、後輩などに話を聞いてもらいましょう。 人に話すだけで気持ちが晴れることもあるので、自分の中に感情を閉じ込めるのではなく、思いっきり吐き出してみましょう。 話すことで共感してくれたり、適切なアドバイスをくれたりするかもしれません。 チームワークを発揮し、支え合うことを意識してみましょう。

サポートしてくれる仲間がいることに感謝する

落ち込んでいると、つい自分のことばかりを考えてしまいます。 「どうしてこんなミスをしてしまったんだろう」「何もできない自分はこの会社にいていいのか」と自己肯定感が低くなりがちです。 しかし、よく考えていただきたいのですが、あなたの周りには素晴らしい仲間がいます。 ミスを指摘してくれて、サポートしてくれる仲間がいることは奇跡に近いです。 そういう仲間に対する感謝の気持ちを持てば、「落ち込んでいる暇はないぞ!」と気持ちの切り替えが上手くできるかもしれません。 ぜひ周りの人に感謝の気持ちを伝えてみてください。 「ミスを指摘してくれてありがとう」「適切なアドバイスをくれてありがとう」と。 きっと会社全体の雰囲気が明るくなり、誰もがハッピーになるはずです。

周りの人は気にしない

仕事で落ち込むようなことがあると、「周りのメンバーから嫌われたらどうしよう」「もう一緒に仕事したくないと思われてるよな。。。」と周りの目を気にしてしまいますよね。 しかし、あなたが思っているほど、周囲の人はあなたに興味がありません。 人は常に自分の仕事が最優先ですから、他人に意識を向ける余裕はそこまでありません。 他人が怒られていても「あ〜また何かやらかしたのかな〜」と軽く受け流します。 落ち込んでいても「何か嫌なことでもあったのかな〜」と受け流すだけです。 なので、必要以上に他人を気にすること自体が時間と労力の無駄です。 落ち込んでいるということは、それだけ真剣に仕事に取り組んでいるという証でもあります。 他人よりも自分に意識をしっかり向けて、再発防止に努めましょう。

プライベートを充実させる

仕事が辛いなら、もっとプライベートを楽しんじゃいましょう! プライベートを楽しむことで、気持ちが明るくなり、仕事に対するやる気を取り戻すことができるはずです。 例えば、 ・買い物 ・カラオケ ・旅行 ・エステ ・マッサージ ・友達と飲み会 ・読書 ・映画、ドラマ、アニメ、音楽鑑賞 などなど。自分が好きなことを思いっきりやってみましょう。 これと言って好きと言えることがない人は、好きなことを見つけることに集中してみましょう。

異動や転職を検討する

一度や二度ならまだしも、毎日のように仕事で落ち込んでしまう時。 そんな時は、もしかしたら今の仕事内容があなたには合っていないのかもしれません。 どんなに努力しても、意識をしていても、ミスを繰り返してしまうのであれば、もっと輝ける場所を探しましょう。 同じ会社でも部署異動することで、ミスが減るかもしれませんし、ガラッと仕事自体を変えてしまうと、もっと楽しんで働けるかもしれません。 人間には誰にでも向き不向きな仕事ってありますから、自分にとって最適の職場を見つけてみましょう。 もちろん、失敗をしたからといって、何の努力なしにすぐに仕事を辞めたりするのはいけません。 あくまで一生懸命努力をした結果、異動や転職がベストな解決策だと判断した時の話です。

落ち込むことがあまりにも多い場合は、専門家に相談する

些細なことで落ち込んだり、落ち込む頻度があまりにも高い場合は、心の病気である可能性もあります。 その場合は、一人の力では解決できないことが多いので、早めに専門家に相談することをおすすめします。 きっと、頑張りすぎているのかもしれません。 ちょっと立ち止まって自分と向き合う必要があるのかもしれません。 無理はしないでくださいね。

仕事で落ち込んだ時にやってはいけないこと

どんなに落ち込むようなことがあっても、やってはいけないことってあります。 ここでは、仕事で落ち込んだ時でもやってはいけないNG行動をご紹介します。

無断欠勤をする

仕事で辛いことがあったからと言って、仕事を無断欠勤するようなことはやめましょう。 上記でも触れたように、「ホウ(報告)レン(連絡)ソウ(相談)」は社会人にとって必ず守らなくてはいけないルールです。 120%の確率で会社に迷惑なので、どんなに嫌なことがあっても連絡無しに仕事をサボることはしないでください。 もし、どうしても会社を休みたい時は、正直にその気持ちを打ち明けましょう。 嘘をついてしまうと、もっと心苦しくなりますし、気持ちの回復までに時間がもっとかかってしまいます。 休むことや悪いことではありません。しかし、休むのであればしっかりとルールに従うべきです。 連絡先を事前に確認し、なるべく早い段階で連絡することをおすすめします。

仕事を放棄する

落ち込んでしまったからといって、自分の仕事を途中で投げやりにしてしまうことも避けてください。 仕事は仕事です。どんなに嫌な思いをしても、責任を持ってやり遂げる義務があなたにはあります。 「ちょっと10分休憩!」など一時的に仕事から離れるのはOKですが、感情的になって「もうこれ以上やりません!」と途中で諦めてしまうのはよくありません。 任せられた仕事は、たとえ時間がかかったとしても最後までやり遂げましょう。 もしも、仕事の継続が難しい場合は、自ら距離を取るのではなく、上司に相談をしましょう。 しっかり話し合いをすることで、仕事が中途半端になることなく、ベストな解決方法を見つけ出すことができるはずです。

仕事を辞める

落ち込んだからといって、すぐに会社を辞めるようなこともしないでください。 感情的になって、後先のことを考えず退職してしまっては、絶対に後悔します。 仕事を辞めることで全てが解決するというわけではありません。 しっかりと自分と向き合わないと、また将来仕事で落ち込むようなことがあった時、きっと同じ行動(仕事を辞める)を取ることになるはずです。 辛くても、落ち込んでいる時事を受け入れ、どうすればもっと気持ちを楽にして今の仕事に取り組めるかを考える必要があります。

不満や愚痴を言う

落ち込んだ時、つい自分の感情や思いを吐き出したくなるでしょう。 だからといって、その場で不平不満を言うことが良いというわけではありません。 あなたの発言を聞いて、周りの人は不快に感じるはずですし、その結果職場の雰囲気が悪くなってしまうでしょう。 マイナスな発言は、さらなるマイナスな出来事を引き寄せてしまいますから、つい言いたくなってもぐっと我慢することも大切です。 もし不満や愚痴を言いたくなったら、信頼できる人だけに打ち明けましょう。 「ここだけの話ね」と言って、周りの人にバラされないようにしましょう。

必要以上に自分を責める

落ち込むことを「悪」と捉えている人は多いのではないでしょうか。 落ち込む事実を認めることは大切ですが、落ち込んでいる自分を責める必要はありません。 落ち込むことから学べることってたくさんあります。 むしろ、落ち込まないと気づけないことって結構たくさんあるんですよね。 人が成長をするためには、落ち込むことも必要なんです。 自分を責めることではなく、必要なのは、今後同じミスを繰り返さないために次に繋げることです。 失敗を反省し、「どうすれば同じことで落ち込まずにすむか」と考えることが重要です。

失敗を恐れ、挑戦することから逃げる

仕事で落ち込んだ時、「もうやりたくない」と自分の殻に閉じこもってしまう人はいませんか? 失敗を恐れ、新しいことに挑戦することから逃げてしまっても、成長できないまま時が経ってしまいます。 落ち込んでもいいんです。失敗してもいいんです。というかしてください。 やりたいことがあって、でも「失敗するかもしれないから」と躊躇している人は、人生後悔することになります。 「失敗してもいいからやろう」とポジティブな思考に切り替えることがとても大切です。 人生は日々挑戦ですよね。 挑戦することで人は成長できますし、人生をより豊かなものにすることができます。

そもそも仕事で落ち込まないために日頃から意識すること

仕事で落ち込んでも良いですが、そもそも落ち込まないようにするという意識を持つことも大切です。 ここでは、そもそも仕事で落ち込まないために日頃から意識することをご紹介します。

余裕のあるスケジュールを立てる

仕事で落ち込みやすい人って、スケジュールを立てることを疎かにしていたり、現実味のないスケジュールを立てていたりします。 ですので、仕事で落ち込まないためには、余裕のあるスケジュールを立てることが重要です。 1日の仕事が始まる前に、1日の動きを把握していますか?タスクに必要な時間をしっかり見積もっていますか? ポイントは、朝出社して仕事に取り掛かる前に、今日のタスクを全て把握し、行動計画を立てることです。 午前中は集中力が最大に発揮されると言われているので、頭を使う仕事を午前中に、頭をあまり使わない楽な仕事を午後に回します。 そして、各タスクに必要な時間を見積もり、その時間内で仕事を完了させるようにしましょう。 ここで、「この仕事は1時間以内で終わるだろう」と曖昧な計画を立てることで、行動計画が狂い、ミスを犯しやすくなるのです。 「いつもメールは30分で書き終わるので、今日も30分で終わらせる」などとしっかりと作業にかかる時間を把握することが大切です。

仕事内容をしっかり理解する

日々仕事に取り組む際、仕事の内容は100%理解していますか? ただなんとなく任された仕事を、なんとなくこなしていませんか? その「なんとなく」こそが、落ち込んだり、失敗を生む原因になってしまいますので、自分が関わる仕事はしっかりと理解するようにしましょう。 やるべきことがしっかりと理解できていれば、仕事で迷うことはないですし、ミスを犯すこともないでしょう。 仕事内容で、わからないことがあれば、上司や先輩などに聞いて不明点をクリアにしましょう。 筆者の前職の後輩は、任された仕事を完璧に理解していないのに関わらず「大丈夫っす!」とってやっていました。 しかし、いざ仕事を仕上げてくると、全く違う完成ぶりになっていて、結局私がやり直す羽目になってしまいました。 「ちゃんと理解していた?」と聞くと、「実は何をやればいいかわからないまま取り掛かっていました。」とのこと。 ちゃんと聞いてほしかったなと切実に感じました。(もちろん、確認しなかった私も悪いのですが。。。)

作業を効率良くこなせるようにする

仕事で落ち込んでしまう人の中には、仕事の効率が悪い人がいます。 何をするにも不器用で、気持ちが沈みやすく、ミスが生じやすくなってしまっているのです。 そんな方は、ぜひ仕事の効率を上げてみてください。 仕事ができる人に効率化アップの話を聞き、自分ができそうなことから始めてみましょう。 効率良く仕事をこなすためにできることは、 ・TO DOリストを作成する ・タスクの優先順位を決める ・マニュアルやテンプレートを利用する ・効率化UPのツールを使う ・やらなくていい仕事はしない などがあります。 仕事で起きる無駄をなくすことで、心に余裕ができて、仕事で失敗しにくくなります。

確認作業を念入りに行う

仕事で起こるミスは、しっかりと確認をすることで防げます。 面倒くさいから、時間がかかるからと言って、確認作業を怠らないようにしましょう。 ちゃんと確認をすれば、失敗をすることはないですし、失敗をしなければ落ち込むこともないでしょう。 ダブルチェックやトリプルチェックまで丁寧に行いましょう。 他の人にも自分の仕事を確認してもらうと尚良です。 仕事をしていて「なんかいつもと違うな」と違和感を感じる時は、自分のその直感を信じて、いつも以上に時間と労力を費やしましょう。 筆者もメールを送信するまでは、必ず2回は内容を確認します。 文章量が多かったり、間違えを許されないメールは、少し時間の間隔をあけて内容を確認します。 不思議なことに、結局ミスや「もっとこうしたほうがいい」と思うポイントって出てくるんですよね。

メモを取る

あなたは、仕事でメモを取る習慣がついていますか? 人から仕事を頼まれたりした時に、ちゃんとメモをする習慣がついていれば、物忘れを防ぐことができ、仕事で落ち込むことも少なくなるでしょう。 その場でただ理解していても、時間が立つと「あれ、この仕事はどうするんだっけ」と忘れることがほとんどです。 そういう時に、メモがあれば会話の内容を思い出すことができ、頼まれた通りに仕事をこなすことができます。 常に手元にメモ用紙とペンを用意しておきましょう。自分の席を立つ時もです。 最近は仕事でパソコンを使う人も多いと思うので、パソコンのメモ機能を使えばより速くメモを取ることができます。

ミスをしやすいタスクはより集中して取り組む

上記で、落ち込んでしまった時は、分析と同じことで落ち込まないようにする意識が重要であることをご紹介しましたね。 日々の作業で、「これはよくミスをしやすいタスクだ」と自分がよく失敗を犯す作業には、より集中して取り組むようにしましょう。 自分が失敗しやすいポイントを把握していれば、タスクに取り掛かる前に「注意しよう!」と意識を持つことができます。 高い集中力を持って臨むことで、同じ失敗を犯すことは少なくなるでしょう。 筆者はよく、メールのコピペによる間違え(名前や日付など)で失敗することが多いので、メールを作成する時は他の作業よりも集中して取り組んでいます。

集中力を鍛える

人が仕事で失敗をして落ち込みやすい時って、集中力が切れている時なんです。 そのため、日頃から集中して仕事に取り組むために、集中力を鍛えるということもやりましょう。 集中力を鍛える方法はたくさんありますが、例えば瞑想をしたり、「ポモドーロテクニック」を使って仕事をしたりするなどです。 「ポモドーロテクニック」とは、25分作業→5分休憩というサイクルを最大4回繰り返す時間管理術のことです。 諸説はありますが、人間の集中力継続時間は25分がベストと言われていて、集中して仕事をした後に5分仕事以外のことをやるというサイクルが非常に効果的だと言われています。 1時間頑張って10分休むより、25分頑張って5分休む方が、モチベーションも集中力も高く保ちやすいと思いませんか? ポモドーロテクニックは気軽に実践出来ると思うので、ぜひ今日の仕事から取り入れてみてください。

できないことはできないと言う勇気も必要

自分の能力やスキル不足が原因で落ち込んでしまうこもあるはずです。 もしも先輩や上司に、自分では対応できない仕事を任されたら、できないと断る勇気も必要です。 できない仕事を引き受けて、後々「やっぱりできませんでした」という方が迷惑です。 それよりは、最初に正直にできない旨を伝えることで、失敗を回避することができます。 しかし、できない仕事をできないままにしておくのもよくありません。 能力不足であれば、一生懸命勉強をして、仕事を任せてもらえるようにすることも大切です。

Never stop learning!

仕事でのパフォーマンスを上げれば、仕事の幅も広がって楽しく仕事に取り組めるはずです。 ですので、学ぶことを止めず、いろんな知識や経験を身につけていってください。 特に、日頃から失敗に対する意識を持つことは重要です。 自分の仕事で、どういう失敗が起きやすくて、起きてしまった場合にどう対応すべきかを日頃から考えるようにしましょう。 おそらく、あなたの周りの人もたくさんの失敗を犯してきたと思うので、先輩や上司、同僚や後輩などの失敗体験談と対応方法を聞いてみましょう。 自身が同じような内容でミスを犯してしまっても「そういえば先輩はこう対応したと言ってたな」と迅速にリカバリーすることができるはずです。 また、他の人が仕事で失敗をした時、フォローに入ることで学べることもたくさんあります。 「困った時はお互い様」という言葉があるように、周りの人と協力しあいながら日々の業務に取り組みましょう。

しっかり休むことも大切です

落ち込まないために、意識を高めて仕事に取り組むことはとても素晴らしいです。 しかし、常に120%の力で走り続けると、体も心も疲れ果ててしまいます。 毎日頑張って働いているのですから、しっかりと休むことも大切です。 例えば、「この作業が終わったら10分休憩しよう」とか、「ちょっと疲れてきたから作業を止めてストレッチをしよう」とか。 どんなに短時間でも、ちゃんと休息を取れば、リフレッシュすることができます。 仕事で最大のパフォーマンスを発揮するためには、土日の過ごし方も重要になってきます。 プライベートを充実させたいからと週末も予定を詰め込むのも良いですが、たまには1日家に引きこもってひたすらダラダラする時間も作りましょう。

仕事で落ち込まないために大切な習慣

ここでは、仕事で落ち込まないために大切にしていただきたい4つの習慣をご紹介します。 当たり前のことのように感じるかもしれませんが、心が乱れている人は生活習慣が乱れがちなので、注意して読んでみてください。

食事

落ち込まないためには、栄養たっぷりの食事が欠かせません。 栄養不足になってしまっては、脳が正常に動くことができず、物事をポジティブに考えることもできません。 よって、脳にも十分な栄養素が行き渡る食事を取ることが大切です。 1日3食食べる、毎食野菜を取り入れる、鉄分やタンパク質を含む食材も取り入れるなど様々な工夫ができます。 人によって必要な栄養素や量や異なるので、自分にとって最適な食事を取り入れるようにしましょう。 参考までに、筆者にとってベストな食事は、 ・朝食は食べない ・昼食は好きなだけたらふく食べる ・夕食はほとんど食べない(食べる時はヨーグルトなど) です!いろんな食事を試してみましたが、今はこの食事に落ち着いています。 頭が冴えてきた気がして、そろそろ「新たな自分」に出会えるんじゃないかと楽しみにしている毎日です。

睡眠

毎日頑張ってくれている自分の体や脳をしっかり休ませることも大切です。 しっかり休むことで、気持ちに余裕ができ、物事を前向きに捉えることができます。 ポイントは「良質な睡眠の確保」です。長く寝れば良いというものではありません。 短時間でも質が高ければ、頭はスッキリを冴えます。 例えば、 ・寝る直前は部屋の照明を暗くする ・寝る数時間前はスマホの画面を見ずに過ごす ・アロマなどを焚いてリラックスな空間を作る ・着心地や寝心地の良い寝具にする ・空気清浄機を使う などを行ってみてください。 筆者は空気清浄機を使うようになってから毎日熟睡できるようになりました。

運動

落ち込みにくい気持ちを作るためには、適度な運動を習慣づけることも大切です。 よく、運動をすると頭がスッキリすると言いますよね。 心と体は密接に関係していて、運動することで思考がクリアになり、漠然としていた不安が払拭されるはずです。 例えば、ジョギングやランニングをしたり、ジムに通ってみるなどです。 大切なことは毎日(もしくは週に3回など)続けることですので、自分が続けられる運動を行いましょう。 ダイエット目的であればかなりの運動量が必要かもしれませんが、必ずしも過度な運動は必要ありません。 「いつもよりひと駅分長く歩く」とか「エレベーターではなく階段を利用する」など、日常の行動に少しだけ工夫をこらしてみましょう。

メンタルトレーニング

落ち込まない心を持つためには、自分の内の声に耳を傾けることが大切です。 そのためにおすすめなのが、瞑想(マインドフルネス)です。 内の声や自分の呼吸に意識を向け、リラックスしましょう。 瞑想に対して難しいイメージを持っている人もいるかもしれませんが、やり方はシンプルです。 簡単な方法は、座って(もしくは寝転がって)呼吸に意識を向けます。 ただなんとなくやるのではなく、瞑想すると決めた時間は、瞑想以外のことに意識を向けないように心がけましょう。 瞑想は自宅やオフィスなどどこでも実践できますが、本格的な瞑想をやりたい場合は、お寺などの瞑想勉強会などに参加してみるのもありです。 瞑想を通して新たな自分やこれからのビジョンが見えてくるかもしれませんよ。

仕事で落ち込んだ人への対処法

ここでは、仕事で落ち込んだ人とどう接するべきか、おすすめの対処法をご紹介します。

「大丈夫?」と声をかける

もしあなたの目の前で落ち込んでいる仲間がいれば、すぐに「大丈夫?」と声をかけてあげてください。 きっとあなたのひと言で救われるかもしれません。 気を遣ってたくさん話す必要はありません。 シンプルな言葉で、相手の様子を伺ってみましょう。 例えば、 ・「何か私にできることある?」 ・「その仕事、手伝うよ。」 ・「ちょっと一緒にコンビニに行かない?」 ・「辛かったね」 などの言葉をかけてみてください。 自分が落ち込んだ時にどういう言葉をかけられたら嬉しいかを想像しながら接してみると良いかもしれません。

話を聞いてあげる

声をかけてみて、話したそうにしているのであれば、時間を作って話を聞いてあげましょう。 人に話すことで思考が整理され、心に抱えているモヤモヤが解消されることが多いです。 「あの人落ち込んでいるかも?」と思ったら、ぜひランチなどに誘ってみてください。 直接声をかけづらかったら、チャットなどを使ってコミュニケーションを図りましょう。 筆者は、前職の同僚によくチャットで声をかけていました。 周りに他のメンバーがいましたし、直接声をかけることでその人が落ち込んでいることが周りにバレてしまうからです。 「元気なさそうだけど大丈夫?今日ランチで話聞くよ!」などをメッセージを送ると、相手の顔が明るくなるのがわかりました。

できることがあれば手伝う

話を聞いてみて、もしあなたにできそうなことがあれば積極的に手伝ってあげましょう。 きっとあなたのサポートで気持ちが回復することがあるはずです。 もし、仕事が終わってなければ仕事を手伝ってあげたり、顧客とのコミュニケーションで悩んでいれば担当を変わってあげたり。 きっとあなたにできることは少なからずあるはずです。 困った時はお互い様なので、あなたが落ち込んだ時はきっと恩返しをしてくれるはずです。 支え合って乗り越えていきましょう。

明るく振る舞う

相手が落ち込んでいるからといって、あなたまで暗い気持ちになっていてはいけません。 ぜひ明るく振る舞うことで相手を元気づけてあげましょう。 いつもより大きい声で笑ったり、楽しい話をしたり。 職場の雰囲気も明るくなり、周りのみんなの気持ちがどんどん前向きになるはずです。 「引き寄せの法則」というものがあるように、ポジティブなことはポジティブなことを引き寄せます。 きっとあなたがハッピーでいたら、落ち込んでいた人も少しずつハッピーな気分になるでしょう。

食事に誘う

落ち込んでいる人がいる、でも自分の仕事も忙しい、そんな時はぜひ相手を食事に誘ってみてください。 業務時間外であればもっとゆっくり話を聞いてあげることができますし、職場ではできないような話もできるはずです。 ランチに誘ってもいいですし、ランチが取れないほど忙しい時はディナーに誘ってみましょう。 仕事が休みの時に買い物や映画などに誘ってみるのもおすすめです。 楽しい時間を過ごせれば、落ち込んでいることなんて忘れることができるはずです。

仕事で落ち込んだ時に元気になる本

仕事で落ち込んだ時、ぜひいろんな本を読んでみてください。 きっと元気づけてくれる本に出会えるはずです。 ここでは、仕事で落ち込んだ時に元気になるおすすめの本をご紹介します。

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

多くの伝記では「英雄」「成功者」として紹介されている、いわゆる偉人たちもずっと成功し続けてきたわけではありません。 彼らも、たくさん失敗をしてきました。だから、「失敗しないと人生損だよ! 」くらいの気持ちでどんどん新しいことにチャレンジしてほしいと著者は語っています。

1万人超を救ったメンタル産業医の 職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全

本書では、ブログ『たたかう産業医!』が大人気の金髪アフロドクターが教える、「大雑把に&笑顔で生きる」方法が紹介されています。 「もう無理。逃げたい…」そんなあなたの心をほぐすちょっとしたコツが満載の一冊です。

心が強い人のシンプルな法則

メンタルが強い人は、絶対に折れない精神を持っているわけではありません。 ではどうやって強いメンタルを維持しているのでしょうか?その秘密は「折れても一瞬で回復する方法」を知っていることにあると著者は言います。 本書の内容ひとつでも実践していけば、あなたのメンタルの強さは飛躍的に向上することでしょう。

仕事で落ち込んだ時に元気になる名言

言葉に救われることってたくさんありますよね。 ここでは、仕事で落ち込んだ時に元気になる名言をご紹介します。 英語部らしく、英語の名言もご紹介しております。

にんげんだもの。(相田みつを)

日本の有名な詩人、相田みつをさんの言葉です。 ぐちをこぼしたっていいがな 弱音を吐いたっていいがな 人間だもの たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの 人生に疲れた時、無理に頑張らなくてもいいんです。

落ち込まへん、それはお前らが過信しすぎや。(明石家さんま)

明石家さんまさんは、「落ち込まないんですか?」という質問にこう答えたそうです。 落ち込まへん、それはお前らが過信しすぎや。 自分がもっとできると思うから落ち込む。 何があってもこんなもんやと思っているから落ち込まない。 自分に対する期待値をあえて下げることで落ち込まずにすむということですね。 確かに、我々の理想って高すぎるのかもしれませんね。

壁というのは、できる人にしかやってこない。(イチロー)

メジャーリーグでも大活躍をした鈴木一朗選手の言葉です。 壁というのは、できる人にしかやってこない。 超えられる可能性がある人にしかやってこない。 だから、壁がある時はチャンスだと思っている。 落ち込むようなことがあった時、つい「自分にはできない」と思ってしまいますよね。 しかし、起きること全てには意味があって、あなたにはできるからこそ落ち込むことが起きるのです。 きっとあなたなら乗り越えることができます。諦めず向き合ってみませんか?

Love the life you live. Live the life you love.

英語の名言を一つご紹介します。 これはレゲエミュージシャン、ボブ・マーリーの言葉です。 日本語訳は、 「自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。」 です。 人生をより豊かに生きるには、自分を愛することです。

Whether you believe you can do a thing or not, you are right.

車の「Ford(フォード」の会社の創業者であるヘンリー・フォードの名言です。 あなたができると思えばできる。 できないと思えばできない。 どちらにしてもあなたが思ったことは正しい。 人生を楽しくしようと思えば楽しくなるし、つまらないと思えばつまらない人生のままなのですね。

仕事で落ち込んだ時に元気になる映画

仕事で落ち込んだ時に映画を観るのもおすすめです。 ここでは、落ち込んだ時に元気になる映画をご紹介します。

イエスマン”YES”は人生のパスワード

2008年に公開された映画です。 コメディアンのジム・キャリーが主演を務めたコメディ映画です。 「ノー」が口癖だった主人公が「イエス」を連発するようになってから起こる様々な出来事が面白おかしく表現されています。

フォレストガンプ

トム・ハンクスが主演を務めた映画です。 「人生は食べてみなければわからない、チョコレートの箱と同じ」という名言もこの映画から生まれました。

最高の人生の見つけ方

2007年に公開された映画です。 余命半年と宣告された2人が「死ぬまでにやりたいことリスト」を元に生きる意味を見出そうとするストーリーです。 2019年に吉永小百合さんと天海祐希さんが主演を務め日本でリメイクされました。

最強のふたり

2011年に公開されたフランス映画です。 体が不自由で車椅子生活を余儀なくされている富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者の物語です。

きっと、うまくいく

2009年に公開されたインド映画です。 インド映画は最近なにかと話題ですよね。 音楽に合わせてダンスをするようなインド映画とは一味違う映画になっています。

仕事で落ち込んだ時に元気になる曲

音楽に救われることもあるでしょう。 ここでは、仕事で落ち込んだ時に元気になる歌をご紹介します。

ともに(WANIMA)

最近とても人気のあるWANIMAさんの曲です。 アップテンポなメロディーと前向きになれる歌詞がぐっときます。

生きてることが辛いなら(森山直太朗)

曲名もインパクトがありますが、歌詞もなかなかのものです。 心に刺さるような言葉がたくさん使われています。

「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」(アンジェラ・アキ)

中学や高校の音楽の授業で歌ったことがある人は多いでしょう。 自分宛ての手紙調になっているこの曲は、何度聞いても元気になれます。

時代(中島みゆき)

ちょっと前の歌ですが、中島みゆきさんの「時代」も心が元気になる曲です。 力強くでも優しい歌声に心が奪われます。

Bad Day(ダニエルパウター)

これもちょっと前に流行った洋楽です。 日本語を見ると、「今日はたまたまツイていなかっただけだから落ち込まないで」のような歌になっています。

まとめ

いかがでしたかでしょうか? 今回は「仕事で落ち込んだ時」についてご紹介しました。 人間には喜怒哀楽があるので、落ち込むことは当たり前のことです。 「こんなことで落ち込む自分はダメだ!」とか「もっと強くならなきゃ!」と感じる人がいるかもしれませんが(もちろんそう思うことは素晴らしいことです!)、無理に自分を繕う必要はありません。 「男だから」とか「長女だから」とか、そういうものは全く気にしなくていいです。 しっかりと自分の気持ちと向き合い、落ち込んでいる自分を受け入れることで人は成長できるのです。 落ち込でもいいんです、泣いてもいいんです、最後に笑うことができれば。 最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事もチェック

社会人におすすめの趣味44選!スポーツからインドアまで徹底紹介!

eigobu.jp

悲観的な人の特徴と原因!疲れる場合の対応方法は?長所もある?

eigobu.jp

精神的に辛い時はどうやって乗り越える?仕事・恋愛・人生など場面別に解説!

eigobu.jp

精神力を鍛える方法と習い事!精神力が強い人の特徴とは?

eigobu.jp

マウンティングする人の心理とされやすい人の特徴、対処法は?

eigobu.jp

おっちょこちょいな人の特徴と心理、治す方法とは?長所もある?

eigobu.jp

直感力のある人の特徴と鍛え方とは?直感力は恋愛でも使える?!

eigobu.jp

冷静な人の特徴と心理!動じず仕事のできる人になる方法とは?

eigobu.jp

保守的な人の特徴と恋愛傾向、心理、付き合う方法、改善方法、向いている仕事とは?

eigobu.jp

自己中女の特徴と心理!対処法と気づかせる方法とは?ならないためにできることは?

eigobu.jp

甲斐性とは?甲斐性のある・ない男性の特徴とは?落とす方法は?

eigobu.jp

無償の愛とは?感じる瞬間は?無償の愛くれる人の特徴って何?

eigobu.jp

内助の功とは?内助の功な奥様の特徴とは?夫が内助の功を感じる瞬間は?

eigobu.jp

キョロ充とは?キョロ充の特徴と心理は?キョロ充から卒業する方法

eigobu.jp

生意気な人の特徴と心理、対処法、生意気と思われないための方法とは?

eigobu.jp

チャラ男の特徴と本命の時の見分け方!モテ男との違いは?

eigobu.jp

好きな人とのLINEはどんな話題と頻度がよい?長続きさせる方法とNG行動とは?

eigobu.jp

ツンデレ男の性格やLINEの特徴!モテる理由と脈ありサイン!落とす方法は?

eigobu.jp

ツンデレな人の性格とLINE、セリフの特徴!モテる理由と脈ありサインとは?

eigobu.jp

A型男性は優しい?特徴と恋愛傾向、相性がよい相手、好意サインとは?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 仕事で落ち込んだ時の対処法とNG行動!落ち込まないための習慣とは?