1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 陰キャの性格・見た目・仕草の特徴!陽キャとの違いは?陰キャから抜け出す方法は?
陰キャの性格・見た目・仕草の特徴!陽キャとの違いは?陰キャから抜け出す方法は?

陰キャの性格・見た目・仕草の特徴!陽キャとの違いは?陰キャから抜け出す方法は?

「陰キャ」という言葉をご存知でしょうか。「陰キャ」とは、「雰囲気や性格が暗い人」を指す言葉です。学生など集団生活では、なんだか暗い雰囲気のある「陰キャ」と明るくワイワイ騒いでいるような「陽キャ」にタイプが別れがちですよね。今回は、「陰キャ」の人の性格や見た目の特徴などを紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

「陰キャ」とは?

「陰キャ」の意味は「雰囲気や性格が暗い人」

「陰キャ」は、「いんきゃ」と読み、「陰キャラクター」を省略した言葉です。 「陰」とは、「陰気」という意味で使用されていて、「雰囲気や性格が暗い」という意味の言葉として使用されています。 「キャラクター」は、その人の性質や・性格という意味で使用されているので、つまり「陰キャ」は、「雰囲気や性格が暗い人」を省略した表現であるということがわかります。 スクールカースト(小中高生といった集団生活において、自然に発生する人気の度合いを表す序列)において、一番下に位置しているのが地味でパッとしない印象をもたれているのが「陰キャ」です。 スクールカースト上で、一番上にいるのが、積極的に行動するこができるいわゆる「クラスの人気者」が「陽キャ」と言われる存在です。

「陰キャ」は人の性格を説明する時に使う

「陰キャ」は人の性格を説明するときに使用する言葉です。 例えば、職場に見た目も性格も地味なタイプの人がいたとして、「○○さんってどちらかと言うと陰キャだよね・・・」と言ってみたり、自分のことに対して「元々陰キャだし、会社の飲み会とかホントは苦手なんだよね〜」と、自分の見た目や性格を自虐的な意味で表現することもあります。 他人に対して「陰キャだ」などと言ってしまうと、悪口になってしまいますが、自虐ネタとして自分のことを言うときに使用されることが多い言葉となってきています。

「陰キャ」の類語は「根暗」「引っ込み思案」「内向的」「内気」など

「陰キャ」の類語には、「根暗」「引っ込み思案」「内向的」「内気」などがあげられます。 ・「根暗(ねくら)」 「根暗」の意味は「根っから暗い性格」という意味で性格を言い表すのに使用される言葉です。 元々は、「明るくみえて実は暗い」という意味で使用されていましたが、広まっていく過程で、「元々暗い」という意味で使用されるようになったと言われています。 例文 ・根暗なので、家に一人でいる時間が一番落ち着きます。 ・いつからこんなに、根暗な性格になってしまったのだろう。 ・「引っ込み思案」 「引っ込み思案(ひっこみじあん)」の意味は、「内気で、積極的に行動できない」です。 例文 ・引っ込み思案なので出会いはあっても交際までうまく発展させることができない。 ・元々引っ込み思案だった彼女が社長だなんて驚いたなあ。 ・「内向的」 「内向的(ないこうてき)」の意味は、「自己の内面に感心をもつ性格」のことで、控えめで、実行力に乏しい性格を「内向的」と表現します。 例文 ・彼は、物心ついた頃から内向的な性格だった。 ・内向的で気が弱いので、人に指図することができない。 ・「内気」 「内気(うちき)」は、「弱気で、人前にでることが苦手な気質」言い表した言葉です。 例文 ・内気な性格なので、友達はあまり多いほうではないです。 ・彼女は内気なので言いたいことを代弁してあげることも少くない。

「陰キャ」の対義語は「陽キャ」「パリピ」「ウェイ系」など

「陰キャ」の対義語は、「陽キャ」「パリピ」「ウェイ系」などです。 ・「陽キャ」 「陽キャ(ようきゃ)」は、「陽気キャラ」の略で、「陽気な性格の人」を指す言葉です。 例文 ・どうせあいつは陽キャだからい、陰キャの俺をバカにしているに違いない ・できれば陽キャとして明るく楽しく生活していきたい・・・! ・「パリピ」 「パリピ」は、「パーティー・ピープル」を省略した言葉で、「パーティー・ピープル」には、「パーティーが好きな人々」という意味があります。 いつでも騒いでいるような、陽気な人たちを「パリピ」といいます。 例文 ・私の姉は、お酒とクラブが大好きなパリピです。 ・あの人パリピだから、イベントあるって聞いたらどこでも駆けつけるよ。 ・「ウェイ系」 「ウェイ系」は、「パリピ」と同じで、「騒ぐことが好きな陽気な人」を指す言葉です。 盛り上がって「ウェーイ!!!」と叫んでいる様子から、「ウェイ系」と表現しています。 例文 ・ウェイ系ってうるさいから、苦手だわ〜。 ・このサークルはウェイ系が多いから飲み会は多いです。

「陰キャ」の<性格>の特徴

周りの目を気にする

「陰キャ」の人は、周りの目を気にしがちです。 自分が何か目立つ行動をして、周りの人に悪い印象を与えたり、批判をされては困るという思いで頭が いっぱいなので、できれば人の目に触れずに生活したいと思っています。 他人からどう思われるかを気にすることがストレスに感じるので、「一人でいたい」「一人で過ごしている方が楽」というように感じている人が多いです。

ネガティブ

「陰キャ」の人は、ネガティブです。 物事を何かと悪い方向へ考えてしまいがちであるため、常に何かに対して「不安」に思っています。 周りから見ると、その不安な気持ちや表情が、「陰気くさい」と感じてしまうのでしょう。 色々なことが不安で気になってしまていると、明るく陽気に過ごすことなんてできませんよね。

自分に自信がない

「陰キャ」の人は、自分に自信がありません。 自分に自信がないので、批判をされること恐れていて、目立ったことをすることを避けるk履行があります 自分がやってもどうせ上手くいかない・自信がないと常に思っていて、マイナス思考なので弱音ばかりが口から出てきます。

内気な性格で、人見知り

「陰キャ」は、内気な性格で、人見知りです。 慣れている人には、自分の思ったことバンバン話すことができますが、初対面の人や慣れていない人には、人見知りを発揮して、上手くコミュニケーションをとることができません。 また、打ち解けるまでに時間がかるタイプであるため、初対面のうちから積極的にグイグイ来られてしまうと引いてしまって、余計に心を開くことができません。 こういったことから、一般的に初対面からから「暗い人だなあ」「陰キャっぽいな」というイメージを与えてしまいがちなのです。

コミュニケーションをとるのが苦手

「陰キャの人」は、「コミュニケーション」をとることが苦手です。 二人以上人がいると緊張して話せなくなってしまうことが多く、大勢の前しゃべることなんて、とてもじゃないけできません!というタイプが多いです。 コミュ二ケーションの一番の原因は、上述しているように「周りの目を気にしすぎてしまっているところにあると考えられます。 ついつい、自分がこう言ったら相手はどう思うんだろうということを気にしすぎてしまいます。 他人に嫌われたり、悪く言われるこを気にしすぎているために、恐怖でうまく会話をすることができないのです。

基本的に受け身

「陰キャ」の人は、なにかを自分から進んで行動したり、積極的に人に話しかけることができないので、何事も「受け身」であることが多いです。 仕事に関しても、「これをこうしておいてください」という指示がないと、何をどうすればいいのか自分で判断することができません。 これは、自分が思ったように積極的に行動することで「失敗」することを恐れていることが原因であると考えられます。 人と会話をするときも、「これを話ても相手はおもしろくないんじゃないか」「自分から話をふって嫌がられるんじゃないか」など、余計なことを考えてしまい、中々自分から話をふることができず、会話をしていても「聞き手」になることが多いです。

奇数人での集まりが苦手

「陰キャ」の人は、慣れている人と1:1で会話をする分には、問題ないというようなことが多いです。 ただ、これが3人、5人のように奇数になっていくと、二人の会話にはいることができずにポツンとしてしまいます。 自分意外の人が盛り上がっている会話なると、いつ自分が話だけばいいのか完全にタイミングを見失ってしまうのです。 これは、話にはいっていくことで他の人に「何こいつ・・・」と思われてしまうことを恐れて遠慮してしまうことが原因であると考えられます。

引っ込み思案

「陰キャ」の人は、だいたい自分に自信がないので、自分の意見を他人に伝えたり、積極的に自分から話しかけてコミュニケーションをとることができません。 つまり、「引っ込み思案である」ということが読めます。 本当は、考えていることや思っていることがあるのに伝えることができずに周りから孤立してしまうことも多いのです。

飲み会ははじのほうに座る

「陰キャ」は、飲み会など大勢でお酒を飲むような場がとても苦手です。 もちろん、真ん中に座って飲み会を仕切ったり、話の中心になることなんてできません。 できるだけ目立たない端の方の席をGETして、周囲の話に相槌をうったり、ニコニコを笑っているだで その時間をやり過ごします。 そもそも「飲み会」というものが苦手なので、なにかと理由をつけて断ろうとしますが、「飲み会を断って周りの人に嫌われる」ということになるのも避けたいという思いもあるので、誘われれば嫌々ながらも断れずに参加してしまうということも・・・。

人に気を使いすぎる

「陰キャ」の人は、自分に対して悪いイメージを持たれたくない・失敗したくないという思いが強いということを上述しましたが、 「自分が発言したことで、相手が嫌な思いをしないか」ということまで常に気にしています。 一人になると、「あの時のあの言葉、余計な一言だったかも・・・」と自己嫌悪に陥ってしまうことも多々。 他人に気を使いすぎるあまり、自分の言葉や思いを口にだすことができないのです。

無愛想

「陰キャ」の人は、自分の感情を表現するのが苦手であるため、周りから見て「無愛想な人」と感じられてしまうことが多いです。 実際は、緊張してしまっているだけであったり、どうすればいいかわからないという状況であるだけであることが多いのですが、うまくコミュニケーションをとれないどころか、相槌を打つことすらままならないことも。 リアクションが薄いということも「無愛想」だと感じさせてしまう理由の一つです。

ノリが悪い

もっと普通に周りの人と溶け込みたいと思っている「陰キャ」の人がいる一方で、「陽キャ」で楽しくワイワイしている姿を見て「バカバカしい」「時間の無駄だ」などと思っている「陰キャ」の人もいます。 「陰キャ」の人は、本などをよく読み、知識も抱負で頭のいい人も多いため、騒いでいる人達をみると「バカバカしい」と感じてしまうのです。 「陽キャ」人とはどうしても一線を置いてしまう節があり、「誘っても来ない事が多い」など、「ノリが悪い」と思われがちです。 あえて群れることを拒む人もいますが、実は空気を読むことができない・周りに溶け込めない自分を正当化したうだけという場合もあります。

存在感が薄い

「陰キャ」の人は、物静かなので、特に大勢の中にいると非常に存在感が薄いです。 目立つ行動はできるだけしたくないと思いながら生活をしているので、周りの人の印象に残るようばできごとがほとんどないのです。 人と関わって何かをしているということも少ないので突然いなくなったとしても気づかれないことが多いでしょう。

オタク気質(凝り性)

「陰キャ」の人は、人と関わっているよりも一人で居る時間のほうがながいせいか、「これだけは絶対に譲れない!」という趣味や好きなものがあることが多いです。 ゲームなど一度好きになると、とことん極めたり、アイドルやアニメのグッズを集めることに夢中になったりと、俗にいう「オタク」になる傾向があります。 自分の好きなことに夢中になりすぎるあまり、現実世界はどうでも良くなってしまう人も。 「陰キャ」の人はとにかく自分の世界を大切にしている人が多いのです。

運動が苦手

学生生活を思い返してみてください。 野球部やサッカー部、テニス部といった華やかな運動部に所属しているような人で「陰キャ」に分類されるような人は、ほとんどいなかったのではないでしょうか。 「陰キャ」の人は、ゲームをしたり、絵を書いたりすることが好きな人が多く、身体を動かすようなスポーツは苦手ということが多いです。 そもそも、人と関わることが苦手であるため、集団で、尚且いろいろな人と連携をしなければいけないスポーツには苦手意識をもってしまうのです。

自分と同じタイプの人の前では饒舌

「陰キャ」の人は、慣れてない人と会話をすることに対しては苦手意識をもっていなすが、よく知っている心を開いた仲のいい人の前では饒舌であることが多いです。 とくに、「陰キャ」だけの集まりになると、「そんな一面もあったの?」と驚いてしまうほどに騒ぐことも。 本当は一人でいるよりも、誰かと一緒に会話を楽しんだり、趣味をわかち合っている時間が好きだったりもします。

家族などいつも決まった人と行動する

「陰キャ」の人は、新しい人間関係を築くことや、新しい環境が苦手なので、自分が心を許している人と行動をする傾向にあります。 行動範囲は非常に狭いですが、好きなアニメのイベントなど好きなことになると遠出とすることも。 しかし友達が少ないので、年頃の年齢になっても出かけるときは両親と一緒という人も少くありません。 家族以外には本当の自分を見せることができないという人も多いでしょう。

恋愛は妄想で満足している

「陰キャ」は、アニメのような二次元の世界に行けるキャラクターに恋をしたり、アイドルに本気で恋をしたりすることが多く、リアルの世界では恋をしたことがないという人がほとんどです。 実際に存在しない相手に対して、妄想を膨らませてそれで満足してしまうのです。 そもそも現実世界にいる人間を信用することができないと思っている人も多く、恋をすることがほとんどないのです。

「陰キャ」の<外見>の特徴

髪の毛が長い

「陰キャ」の人は、髪の毛を伸ばしっぱなしにしてしまいがちです。 おしゃれで華やかな雰囲気の美容室に足を運ぶことや、髪を切ったり染めてもらったりしている間に美容師さんと会話をするのが嫌!と思っていることに対して苦手意識をもっていることが多いという理由が考えられます。 また、「電話」をすることが苦手なので、そもそも予約をとるという行為が億劫だという人も。

前髪が長い

「陰キャ」は、自分に対する自信のなさから目元を前髪で隠しがちです。 「前髪」は、その人の自信を表すろと言われていて、自信のある人ほど前髪が短くきっちりと目元を出していたり、おでこまで見せることもあります。 前髪が長いことで、不気味な雰囲気がでてしまい、それだけで「陰キャっぽい・・・」と思われてしまいます。

姫カット

女子の「陰キャ」見えする髪型として知られて有名なのが「姫カット」です。 「姫カット」はアニメが好きな女の子など「オタク」がする髪型というイメージが強いようで、「陰キャ」という印象を与えがちです。 「姫カット」をしているのにも関わらず、「陰キャ」に見えない、おしゃれであるといった場合はかなりの上級者であると言えるでしょう。

髪質が悪くいつもボサボサ

「陰キャ」の人は美容院にいって髪の毛のお手入れをするという機会も少く、髪質が悪くボサボサであることが多いです。 特に女性は「髪は女の命」とよく言いますが、髪質が悪くボサボサな髪をしていると、なんだか貧相に見えてしまい「陰キャ」という暗いイメージが付きやすいです。

眼鏡をかけている

単純に視力が悪いという理由で眼鏡をかけているだけなので、おしゃれに見えるように眼鏡を選んだりするということがなく、眼鏡をかけることで見た目が地味になってしまっているパターンが多いです。 視力が悪くても、おしゃれに見える自分にあった眼鏡を選んだり、コンタクトレンズにするといった発送がありません。 おしゃれに興味がないことと、「自分なんて・・・」という自信のなさが暗い印象をあたえる見ためになってしまっているということが考えられます。

服装がなんかダサい

服装には、その人のセンスがでるので、おしゃれだなと感じる人にはイケてる雰囲気が感じられますよね。 「陰キャ」の人は、自分の服装に興味がないのでオシャレや身だしなみに気を使うことがありません。 流行を気にするなんてことはもちろんありませんし、ヨレヨレの洋服だって平気で着てしまいます。 「自分が容姿を気にしたところでどうにもならない・・・」とマイナス思考に考えてしまっているのでしょう。

猫背

「陰キャ」の人は、胸をはって堂々とすることができないので、猫背率が非常に高い と言えるでしょう。 「猫背」は、背中を丸く縮めている姿から暗い雰囲気を出してしまいますので、パッと見たときの印象を悪くしてしまいます。 一人で漫画を読んだり、長時間座ってゲームをしている時間が長く運動不足であるということも、「陰キャ」の人を猫背猫背にしてしまう原因の一つであると言えるでしょう。

化粧映えしない

「陰キャ」の女子はすっぴん率が高いです。 美意識があるわけではないので、そもそもお化粧の仕方がよくわからないということも多いのですが、見た目をきにしたところで何の意味もないと思っているので、それでいいと思っていることが多いです。 また、そもそも顔立ちが地味で、化粧映えしないということも。

実は美人・イケメンということもある

「陰キャ」の人は、地味な見た目や雰囲気から気づかれていないだけで、実は顔立ちが整っているということもよくあります。 眼鏡をコンタクトに変えたり、髪型や服装を変えるだけで、みちがえるほど別人になる場合があります。 中学生の頃は「陰キャ」だったのに高校に行って「陰キャ」を卒業するなど「高校デビュー」「大学デビュー」をする人も多いです!

「陰キャ」の<仕草>の特徴

話しはじめが必ず「あっ」

「陰キャ」の人は、会話をすることが苦手で、話しかけられたときの話はじめの第一声が「あっ○○○です」というように、「あっ」からはじまる傾向にあります。 これは、コミュニケーションをとることが苦手な人のよく見られる特徴の一つでもあります。 会話をすることが苦手なので、第一声に「あっ」と言っている間に次に言う言葉を考えていることが多いです。

声が小さく、よく裏返る

「陰キャ」の人は、大きな声でハキハキと喋ることが非常に苦手です。 慣れていない人や、慣れていない環境で話すことに緊張してしまうので、声が小さくなったり、会話をしようとすると声が裏返ったりしてしまいます。 話し方は人の印象に大きく影響するので、「声が小さい」「よく裏返る」など緊張している様子が見られると「陰キャ」というイメージを与えてしまいがちです。

目を見て会話をすることができない

「陰キャ」の人は、相手の目をじっと見て会話をするということが苦手な人が多いです。 逆に、目をじっと見て会話をする人には「相手を支配したい」「主導権を握りたい」という心理が隠されていることが多いのですが、「陰キャ」の人にはもちろん、他人に対してそんなにグイグイいく自信がありません。 「どこを見てしるのかわからなくて怖い・・・」と思わせてしまうこともあるでしょう。

おどおどしている

「陰キャ」の人は、何をするにも自信がないので常におどおどしていて、落ち着かないという特徴があります。 周りの人にうまく溶け込むことができずに、不安そうにおどおどとしている姿が「陰キャっぽい」という印象をあたえてしまいがちです。 そんな姿が余計に周りの人の距離を作ってしまうのです。

口元を手で隠すことが多い

何かと口元を手で隠すことが多いのも「陰キャ」の人の特徴で、やはり自信のなさの表れだと考えられます。 また、「口元を手で隠す」のは、他人の距離を置こうとしているという心理があるためだとも言われて います。 何気ない会話で自分の本当の姿を知られたくないと思っていて、できるだけ印象がいいように取り繕った自分を見せようとしているのでしょう。

「陰キャ」の反対「陽キャ」の特徴

おしゃれ

「陽キャ」の人は、自分を良く見せたいという意味で人の目を気にするので服装に気をつかいます。 いつでもトレンドを気にしていて、オシャレをすることが好きです。 ブランド物を身に着けたり、アクセサリーなど身につけるの小物も華やかであることが多いです。

髪にも気を使っている

「陽キャ」の人は、美容院に行く頻度も高いので、髪型を変えたりトリートメントをしたりなど髪にも気をつかっていて、髪の色も季節によって変えたり、オシャレの一部として楽しんでいます。 男の人も、ワクッスをつけたり、アイロンでストレートにするなど気をつかっていることが多いのが特徴です。

ポジティブ

「陽キャ」の人は、ポイジティブです。 基本的に、「陰キャ」の人に比べるとマイナスなことを考えている時間が圧倒的に少ないので、毎日楽しく過ごしてます。 いつでも前向きなので、周りの人にも明るいオーラが伝わります。

いつも笑顔

「陽キャ」の人は、ポイジティブです。 基本的に、「陰キャ」の人に比べるとマイナスなことを考えている時間が圧倒的に少ないので、毎日楽しく過ごしてます。 いつでも前向きなので、周りの人にも明るいオーラが伝わります。

自分から話しかけることができる

「陽キャ」の人は、人見知りをしないので、初対面の人であっても自分からどんどん話しかけることができます。 相手が誰であろうと、「仲良くなりたい」という気持ちがあるので積極的に交友関係を広めることができます。 したがって、「陽キャ」の人は先輩後輩関係なく知り合いが多いです。

物事を仕切ることが多い

「陽キャ」の人は、自分の意見をしっかり言うことできて周りの人からも信頼を得ているので、リーダーのような立場になることが多く、その場を仕切ることができます。 クラスの学級委員長や、スポーツの部活などで部長になるような人は、「陽キャ」に部類に入る人が多かったですよね。

声が大きい

できるだけ自分の意見を伝えたくない「陰キャ」とは逆に、「陽キャ」の人は自己主張が強く、普通に会話をしているときでも「声が大きい」という特徴があります。 例えそれが、つまらないことでも自分に自信があるので非通用以上に大きな声で伝え、「私を見て!」とアピールしていることもあります。

運動神経が良い

「陽キャ」の人は身体を動かすことが大好きで、運動神経が良いということが多いです! 学生時代には、野球部やサッカー部、テニス部、ダンス部というような華やかな部活に所属している人のほうが多くは、何だかイケイケの雰囲気があって、人気者というイメージがありますよね。 「陽キャ」の人は、仲間と上手く連携をとることができるので、チームプレイのスポーツを楽しむことができるので、体育祭やスポーツ大会というイベントでも活躍することができます。

ノリがいい

「陽キャ」の人は、「陽気なキャラクター」というだけあって、いつでも陽気で楽しく生活しています。 その場の雰囲気を大切にするのでノリがよく、人付き合いが良いと言えます。 カラオケに行こう!飲みに行こう!と突然誘われたとしてもノリノリでOK!と返事をし、全力で楽しむことができるでしょう。 そもそも良くも悪くもノリだけで生きているようなところがあるのです。

恋愛経験が多い

「陽キャ」の人は、見た目もよく性格も明るいので異性と恋愛関係に発展することも多いです。 自分に自信がある人も多いので、好きな人ができると積極的にアピールすることができることも、よく恋愛に発展する理由の一つでもあると言えます。

アウトドア派

「陰キャ」の人は、インドア派で家で一人でゲームをしたり本を読んでいる時間を好みますが、「陽キャ」の人はどちらかというと「アウトドア派」です。 スポーツやキャンプ、ドライブといったように、外でアクティブに動くことを楽しみます。 また、外での新しい出会いや経験を大切にするので、どんどん交友関係も広がっていきます。

「陰キャ」から抜け出す方法

髪型や髪色を変えてみる

思い切って美容院を予約して、髪型や髪色を変えてみましょう! 長かった前髪を切ってみる、髪色を明るい色にしてみるなど、イメチェンをすることで印象がガラリと代わります。 また、美容師さんのようにオシャレでトークスキルのある人を意識して観察してみるのもいいでしょう。 自分では、どこをどう変えたらいいのかわからないといった場合でも、美容師さんはプロなので自分に似合う素敵な髪型を提案してくれますよ!

身だしなみを整える

不潔な人からは、なんだか不のオーラを感じてしまいますよね。 ・髪の毛はきちんとクシでとかす ・薄くでもお化粧をする ・質のいい洋服を着る ・着るもののセンスに気を使う など、身だしなみを整えることで、グンと明るい雰囲気になりますが、無理に派手な洋服を着たり、濃いめのお化粧をすることはありません。 清潔感を感じられるように心がけるだけでも、だいぶ「陰キャ」の印象が拭われます。

笑顔でいることを心がける

積極的に周りの人に話しかけられることが一番なのですが、いくら心がけようと思っていても中々できることではありませんよね。 せめて、いつでもニコニコ笑顔で過ごすことを心がけましょう! いくら見た目を変えたとしても、暗い表情でいれば「陰キャ」のイメージはついたままです。 笑顔を心がけるだけで周りの人が話しかけやすい雰囲気を作りだすことができますし、自分の気持ちも自然に明るくなっていきますよ。

相手の目を見て話す

会話をしているときに、いつも下を見ているなど、相手と目線が会わないと自信のなさが表れてしまい、「陰キャ」イメージどうしてもついてしまいます。 話ているときに、緊張してしまって相手の目を見ることができないという人は相手の鼻を見て話すようにするなど、できるだけ視線を相手の顔に向けることを心がけるだけで、印象が変わってきます。 あまり視線をキョロキョロと動かしすぎないことを心がけましょう!

自分を「陰キャ」だと思い込むことをやめる

「陰キャ」の人は自分自身で「自分は陰キャだから・・・」と思い込むことで、さらに様々なことに対して自信がなくなってしまっています。 まずは、自分で自分を「陰キャ」だと思い込むことをやめましょう。 自分自身で思い込んでいるからこそ、「陰キャ」のオーラがでてしまうのです! 自分に自信をもって、明るいイメージを思い描いてみてください。 気持ちが前向きになることで、自然と陽キャの雰囲気が出てくるかもしれません。

「陰キャ」が「陰キャ」のまま「陽キャ」とうまく付き合う方法

「陰キャ」「陽キャ」というカテゴリーに分けるのをやめる

人と接するときに、「あの人は陽キャだから・・・」という目線で見てしまうと緊張してしまったり、上手く会話をすることができなくなってしまいます。 まずは、上述したように自分のことを「陰キャだ」と思い込むことをやめ、相手のことも「陽キャ」というカテゴリーに括って見るのをやめましょう! 勝手に苦手意識をもってしまっているだけで、相手は気さくに話してくれることもあります。 自分から心を開くことで相手も心を開いてくれることでしょう。

無理をしないで付き合える友人を大切にする

この世の中には様々な性格の人が存在するので、合う人・合わない人がいて当然です。 明るくみんなでワイワイするのが苦手だと心の底から感じる人もいれば、みんなで楽しく過ごしていたい!と心から思っている人もいます。 合わない人と無理をして一緒にいると、心が疲れてしまいますよね。 無理をせずに本当の自分でいられる関係をまずは大切してみてください! そうすることで、自分を認めることができ、人と関わることに苦手意識がなくなっていき、「陽キャ」の人であっても苦手意識を持つことなく、それなりの距離を保ちながら関わっていくことができることでしょう。

自分に自信をもって自分らしくいる

「陰キャ」である自分に対して自信がないという思いから、「陽キャ」の人は自分をバカにしているのではないか、などマイナスに考えていませんか? 中には、そういった考えて「陰キャ」の人を見下している「陽キャ」の人もいることでしょう。 しかし、そんな性格の悪い人と仲を深める必要は決してないのです。 「陰キャ」であるあなたを受け止めてくれる「陽キャ」の人も沢山います! 無理に変わろう!と思わずに、自信をもって自分らしく過ごしてみましょう。

陰キャの人におすすめの書籍

人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方

話すことや誰かと会うことが苦手な人向けのコミュニケーション本です。 本書は、コミュ障でありながら、ライターやラジオ番組のパーソナリティーとして初対面の人の取材を数多くこなせるまでになった著者が、 自身の苦い経験をもとに、「常識以前のコミュニケーションのルール」をまとめた本となっております。

この本の詳細を見る

インキャ男子がモテる方法

「陰キャには負のループがある」が指摘する筆者が陰キャ男子がモテる方法を大公開!

この本の詳細を見る

陰キャの人は車に貼ろう!マグネットステッカー!笑

さいごに

「陰キャ」について理解していただけましたか? ✓「陰キャ」の意味は「雰囲気や性格が暗い人」 ✓「陰キャ」は人の性格を説明する時に使う ✓「陰キャ」の対義語は「陽キャ」「パリピ」「ウェイ系」など 「陰キャ」の人は、自分は「陰キャ」だと思いむことで、暗い雰囲気を出してしまっているパターンが多いのではないでしょうか。 「陽キャ」になりたいと思う気持ちがあるのであれば、身なりに気を使うなど小さなことから 少しずつはじめて、自信をもって明るいイメージを思い描くように心がけましょう。 しかし、「陰キャ」であることも「陽キャ」であることも性格の違いであり、個性です。 無理に変わろうとせずに、ありのままの自分でいられる人たちを大切にすることが大切なのではないかと思います。

おすすめの記事

承認欲求が強い人の特徴は?原因、なくす方法、「自己顕示欲」との違いは?

eigobu.jp

「ポジティブ」に生きる方法を徹底解説!真の「ポジティブ」の意味とは?

eigobu.jp

「したたかな男」の意味と特徴は?口癖は?「したたか」の類語、英語も紹介!

eigobu.jp

「したたかな女」は嫌い?特徴と対処法は?結婚すべき?英語表現も!

eigobu.jp

マウンティング女子の特徴と心理、されやすい性格、対処法とは?意味と英語は?

eigobu.jp

「感受性」の高い人の特徴8個!そもそも「感受性」とは?

eigobu.jp

働きたくない人の特徴と心理、対処法、おすすめの仕事、大学生はどうする?

eigobu.jp

「向上心」が高い人・ない人の特徴!「向上心」の意味と英語表現も

eigobu.jp

「人徳」がある人の特徴は?意味と使い方、「人望・仁徳」との違い

eigobu.jp

「洞察力」と「観察力」の違いは?また「洞察力」のある人の特徴!

eigobu.jp

「疑心暗鬼」の由来と使い方!「疑心暗鬼」の原因と克服方法も解説

eigobu.jp

「焦燥感」の意味と使い方、類語とは?原因や解決方法も解説!

eigobu.jp

「自意識」の意味と英語表現!また「自意識過剰」の特徴も解説

eigobu.jp

「出不精な人」の意味とは?特徴/心理、原因、改善/治し方、類語

eigobu.jp

「虚言癖の人」の特徴と「虚言癖」になる原因

eigobu.jp

「天邪鬼(あまのじゃく)」は妖怪?意味と使い方、類義語、対義語について解説!

eigobu.jp

「誠実」とは?恋愛での「誠実な男性」の特徴と行動を徹底解説!

eigobu.jp

「理不尽」の意味、類語、英語表現は?「理不尽」な上司・クレームへの対処法も!

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 陰キャの性格・見た目・仕草の特徴!陽キャとの違いは?陰キャから抜け出す方法は?