1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 悲観的な人の特徴と原因!疲れる場合の対応方法は?長所もある?

悲観的な人の特徴と原因!疲れる場合の対応方法は?長所もある?

何かと後ろ向きに物事を考えてしまう悲観的な人っていますよね。自分の悲観的な性格に悩まされている人も多いのではないでしょうか。今回は「悲観的な人」の特徴を徹底解析します!また悲観的な人に向いている仕事や、悲観的な性格の治し方も解説していきます。さらに悲観的な人の対処法などもあわせて紹介しますのでぜひ参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

悲観的とは

「悲観的」の意味は、「何かと悲観してしまうこと」です。 「悲観」とは、「物事を悲しむべきことと捉えること」を言います。 「何事も上手くいくわけない」と失望したり、「この世は悪と苦に満ちている」というように後ろ向きな気持ちで全てを捉えてしまうことを「悲観的」と言います。

悲観的な人の特徴|性格・考え方編

ネガティブ

悲観的な人は、とってもネガティブな性格をしています。 何か悪いことがおきてしまうのではないか... どうせ失敗するに違いない... というように、まだ起こってもいないことに対して悪い方向に考えてしまいます。 だから悲観的な人はいつも否定的な発言が目立つし行動も消極的になってしまいます。

失敗することばかりを想定している

悲観的な人は、何をするにも失敗する・上手くいかないと思っています。 例えば、極端ですが外に出かけるときは「事故に合うかもしれない」と思いながら外を歩いています。 待ち合わせをしていても、ちょっと相手が遅れただけで「すっぽかされたのでは」と不安になってソワソワしてしまいます。 悲観的な人の思考回路は、常に最悪な状況を想定している状態であると言えるでしょう。

心配事で頭がいっぱい

悲観的な人は、上述したようにいつも最悪な事態を想定しています。 なので、「もし〜になったらどうすれば良いのだろう」という心配事で頭がいっぱいです。 プライベートで外に出ていても「昨日の書類に不備があったかも...?」など、とにかく色々な心配事が湧いてきて気持ちが休まることがありません。 元々心配性な性格で、些細なことが気になってしまう性格なのでしょう。 心配事がひっかかって上の空になってしまったり、次のことに進めないという欠点があります。

メンヘラ

悲観的な人は、精神面が弱く「メンヘラ」であることも多いです。 後ろ向きに物事を考えていると、気持ちはどんどん落ち込んでいくし精神的に参ってしまうんですよね。 そのため、例えば ・夜に一人で過ごしている時間が耐えられず友人に電話をかけまくってしまう ・彼氏などに依存してしまう ・SNSに「はあ...」など見た人を心配させるような投稿をしてしまう など、周りに心配をかけたり迷惑をかけてしまう人も非常に多いです。

責任感が無駄に強い

悲観的な人は、責任感が無駄に強かったりします。 責任感があることは、もちろん悪いことではありません。 ただ、悲観的な人は何かトラブルなど良くないことが起きてしまったときに「すべて自分のせいだ」と思い込みすぎてしまうところがあります。 あのときの自分の言動が原因で失敗してしまったのではないか...と思ってしまうのです。 自分の行動を振り返って反省できることは素晴らしいことですが、人が求めてもいない部分で勝手に責任を感じてひどく落ち込んでしまうと周りの人も困ってしまいます。

集中力に欠ける

上述しているように、悲観的な人は色々なことが心配になってしまいます。 何かに取り組んでいるときも何かを思い出して「大丈夫かな?」と心配になってしまったり、作業中のことに対しても「これは、このまま行くと失敗してしまうのでは?」など色々と考え初めてしまいます。 そうすると、気持ちがソワソワしてしまって目の前のことに集中できなくなってしまうのです。 集中力を欠いてしまうと、新たなミスを生んでしまったりサクっと終わらせることができることでも余計な時間をかけることになってしまいます。

過去を思い出してクヨクヨする

悲観的な人は、過去のことを思い出してばかりいます。 楽しい思い出ではなく、「あの時こうしておけば良かった」というような後悔です。 「現状をなんとかしよう」と前向きな考え方をするのげはなく、後悔の念に囚われてクヨクヨしていることが多いです。 「自分が今なんとかしようとしたってどうせ何も変わらない」と思っているのでしょう。 だからずっと悲観的な性格が治らないのです。

ナイーブで傷付きやすい

悲観的な人の心はガラスです。 とても傷つきやすく、ちょっと注意されただけでバリバリにヒビが入って割れてしまいます。 とても傷つきやすいので何か言われると、すぐ「自分なんか...」と思ってしまいます。 そして落ち込むたびに「もう傷つきたくない!」と思ってしまうので、警戒心が強くなり人と距離を縮めるのが苦手になっていってしまいます。 一度言われて傷ついた言葉は、永遠に根に持ってしまうことも多いです。

素直じゃない

悲観的な人は、悲観的であるあまり何かにつけて素直になれないことが多いです。 素直に喜んだり悲しんだりすることが出来ずにひねくれているのです。 また、誰かが自分を称賛してくれたりしても「そうやって躍らせようとしている」「何か騙そうとしている」など裏をかいたり疑ったりします。 そうして、素直になれない自分への苛立ちや不安から「どうせ人から良くなんか思われていない」といった負のループに陥り周りに対して疑いや妬みが強くなっていってしまうこともあります。

周りの目を気にしていて被害妄想が激しい

悲観的な人は、いつも周りの目を気にしています。 たいして誰も気にかけていないのに「バカにされてるに違いない」と思いこんでしまって勝手に落ち込んだり、他人がコソコソ話している声が聞こえようものなら「自分の悪口を言っているんだ」と思い込みます。 直接言われているわけでもなければ、実際は悪口なんて言われていなかったりもするのに被害妄想が激しいせいで勝手に心を閉ざしてしまいます。 そのため、疑心暗鬼になってしまって人との関係を上手に築けないことも多いです。

悲観的な人の特徴|行動編

テンションがいつも低く笑顔が少ない

悲観的な人は、テンションが低くて笑顔が少ないです。 人と対話をしているときはにこやかに笑ってみせても、ふと見ると暗い表情をしています。 一人であれやこれや良くない事を想像して気持ちが沈んでいるのでしょう...。 また、みんなでワイワイしていてもどこかテンションが低く、いまいち乗り切らないといった感じがします。 考え方が後ろ向きな人って、オーラも暗くなってしまうので「なんかいつも元気ないよね」と思われてしまいがちです。

インドア派

悲観的な人は、外で元気に遊ぶよりも家の中で過ごしていたいインドア派です。 外でワイワイするのは、色々なことが気になってしまって落ち着きません。 また、テンションを無理に周りに合わせていると疲れてしまうので、できれば一人で過ごしたいのです。 また、一人テンションが低い人がいると、気をつかいますよね。 周りに気を使わせないためにも、自分は大人しく家で過ごしていたほうが気が楽だわと思っていることが多いです。

チャレンジすることが嫌い

悲観的な人は、初めてのことにはチャレンジしようとしません。 「どうせ上手くいくわけない」と思っているし、失敗するリスクを恐れています。 なので、初めてこのことには絶対に手をつけようとしないでしょう。 「やってみなきゃわからない」ということは、「失敗する可能性もある」ということだよね? と思うと「どうせ失敗するわ」と考えてしまうのです。 「絶対に大丈夫」とわかっていることじゃないと、行動できません。

行動力がない

悲観的な人は、行動力が全くありません。 「やってみたい!」ということがあっても、「〜で失敗するのでは?」など悲観的に考えるので中々行動に移すことがきないのです。 そうやってまごまごしているうちに、どんどん他の人がチャレンジして成功! 結局チャンスを逃していってしまうことがほとんどです。 勿体ないですよね...

現状打破することができない

上述しているように、悲観的な人は「どうせ上手くいくはずがない」とネガティブな思考になってしまうので新しいことに挑戦することができません。 つまり、「このままでは納得がいかない」と感じることがあっても現状を打破することができないのです。そして結局気持ちはモヤモヤとしたまま続いてしまいます。 例えば、今就いている職業に不満があるといった場合でも自分自身でどうにかすることができずに何年もそれが続いてしまいます。 辛い現状から打破できないのはしんどいですよね。

常に慎重に行動をする

悲観的な人は、常に頭の中で最悪な状況になった場合を想定しておきます。 そのため、警戒心も強く一度受け入れる前に疑うことをします。 「うまい話には裏がある」という言葉があるように、何かいい話があったとしてもそのまま喜ぶのではなく「何か落とし穴があるのではない」などと疑いを持ちます。 勢いだけで決定して行動に移すなんてことは絶対にしないでしょう。 常によく考えてリスクを避けながら慎重に行動をします。

基本的に受け身

悲観的な人は、なにかを自分から進んで行動したり、積極的に人に話しかけることができないので何事も「受け身」であることが多いです。 仕事に関しても「これをこうしておいてください」という指示がないと、何をどうすればいいのか自分で判断することができません。 これは、自分が思ったように積極的に行動することで「失敗するのではないか」と悲観的に考えているからだと言えます。 気はきくけれど、積極的に行動することはなかなかできないのが悲観的な人の特徴です。

親しい人に対しては過干渉

家族や付き合いの長い友人など人間不信になる前から深い関わりのある人に対しては、距離を取るというよりもすぐに「大丈夫かな?」と心配になってしまうので過干渉になってしまうこともあります。 友人が自分以外の人と仲良くしていることが異常に気になってしまったり、相手が自分に対してちゃんと気持ちがあるかなどの確認行為が多くなります。 相手からすると、鬱陶しくなってしまうほど干渉してしまうことがあります。

悲観的な人の特徴|発言・口癖編

すぐに否定的な言葉を吐く

悲観的な人は、自分自身に対しても他人に対しても否定的な言葉をすぐに使います。 否定的な言葉はモチベーションを下げたり、ストレスを溜めたりするためそれが自分の言動に影響が出てしまいます。 悲観的な人は「そんなことやっても意味がない」「それは違う」「何をやっても無駄」などと否定的な言葉ばかり吐き続けてしまうようなところがあると言えるでしょう。

本音で話せない

悲観的な人は、基本的に本音を人に話すことを避けます。 自分の本音を人に話して人にどう思われるのかということを考えると、本音を話して嫌われるくらいなら人に同調しておこうと思ってしまうのです。 いつでも本音を隠して生きているので周りの人からしても、「何を考えているのかわからない」という印象になりがちです。

「◯◯さんは良いよね」

悲観的な人は、自分と人を比べては「自分のほうが劣っている」と思い込むところがあります。 そして、本心なのか嫌味なのか「◯◯さんは良いよね」というセリフを言います。 羨ましいなら、自分も同じように頑張れば?同じようにしれみれば?と思いますが、悲観的な人は「自分には絶対に無理」と思い込んでいます。 だから人を妬むようなことばかり言ってしまうのでしょう。

「どうせ」

悲観的な人は、「どうせ〜」とよく言います。 後ろ向きな考え方をする人って、すぐに「どうせ自分には無理だ」とか、「どうせ◯◯◯なんだから」という言い方をしますよね。 悲観的で最初から全てのことを諦めているから、「どうせ」という言葉が出てしまうのでしょう。 また、諦めているからこそ「ダメだったときのため」に予防線を張っているのです。 そうやって言っておけば「ほらね、どうせ無理だって言ったでしょ」と言えますからね。 相手の期待や自分の期待を裏切らないために「どうせ」と言っているのかもしれません。

「自分のせいで」

上述しているように、悲観的な人は全てを「自分のせいだ」と思い込むところがあります。 自分に自信がないので、何か非があってもなくても「自分が悪い」と思ってしまうのす。 悲観的な人は、とにかく自分を責める傾向があります。 反省するのは良いことですが「自分のせいで」と言って過度に落ち込まれたりすると、周りの人も「そんなことないよ」と否定するのに疲れてしまいますよね。 それに、一気に周りが暗い雰囲気になってしまいます。

「どう思う?」と人の意見を聞くことが多い

悲観的な人は、他人の意見が気になりすぎて人に意見を求めることがかなり多いです。 日常の本当に些細なことも質問攻めするので家族や友人は正直疲れることが多いでしょう。 例えば、「新しいリップどうかな?」「この洋服太って見えない?」「ヨガやろうと思うんだけどどう思う?」など自分のことについての質問がかなり目立ちます。 そして人からポジティブな答えが返ってくると機嫌は良くなりますし、逆にネガティブな答えだと「どうしよう」とどん底まで落ち込みます。 さらに言えば、人に質問することは多いですが自分の意見は持っていない...。 自分に自信がなく、自分の意志を信頼できないために人に助けを求めるからです。

「わかんないけど」「多分」が口癖

悲観的な人は、何かを話したあとに「〜...わかんないけど」「多分〜...でしょ」というように「わかんないけど」「多分」が口癖であることが多いです。 自信がないからこそ、間違ってしまっていたときのために「わかんないけど」「多分」とった言葉を使って「間違ってても許してね、絶対とは言ってないから」という保険をかけているのです。 会話をしている時に、何かと「わかんないけど」「多分」と言う人ってちょっと頼りないなって思ってしまいますよね。 言っている内容に自信がないというよりは、そもそも悲観的で発言に自信がないのだということが考えられるのです。

悲観的になってしまう原因・心理

親が悲観的だった

両親の考え方というのは、子供に大きな影響を与えます。 子供にとって、親が全てですから親の考え方と同じ考え方になってしまうことは非常に多いです。 例えば、自分が何かをしようとした時にいつも 「どうせすぐ飽きるんだからやめなよ」 「そんなの上手くいくわけないでしょ」 「失敗するに決まってる」 など、悲観的な意見ばかり言われていたらどうでしょうか。 どんどん前向きに物事を捉えられなくなってしまいますよね。 子供を心配して、ついつい悲観的な言葉を言ってしまうのかもしれません。 しかし、その思考が子供を悲観的にしてしまう可能性は非常に高いです。

いじめられた経験がある

いじめられた経験というのは、その人の人格や思考を変えてしまうことがあります。 楽しく過ごしていたのに、いきなり大切な友人に裏切られていじめられてしまう... とっても傷つきますよね。 その傷ついた経験が残って「どうせ」と悲観的に物事を考えるようになってしまうのです。

努力が報われなかったことを引きずっている

努力をしても報われなかった経験って誰もが経験していると思います。 受験勉強や、スポーツの試合など努力を重ねても良い結果に運ばないことってありますよね。 そういった「頑張ってもダメだった」という経験が、悲観的にしてしまうことも多いです。 「どうせ自分は努力をしても無駄なんだ」と自信がなくなってしまうからでしょう。 すぐに挽回できればいいですが、結局気持ちが後ろ向きになってしまうと「努力しよう」という気にならなくなってしまいますから現状は変わらず...。 中々気持ちを前向きにすることができなくなってしまいます。

挫折した経験がある

過去に挫折した経験のある人も、悲観的になりやすいです。 また挫折してしまうんじゃないか、どうせ失敗するだろうと過去の挫折がコンプレックスになっているのです。 元々前向きに頑張っていた人でも、挫折をした経験によってプツンと糸が切れたように悲観的になってしまうことも多いです。

自尊心が低い

自尊心がなく、自分自身で自分を「ダメ人間だ」と思っているとどうしても人は悲観的になってしまいます。 「どうせ頑張ったってうまくいかない」「自分には到底かなわない」と鼻っから諦めてしまうのでしょう。 自尊心って高すぎてもよくないのですが、全くないというのも困りものです。 前向きに取り組んでいくためには、ある程度の自尊心って必要ですよね。

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まってくると、自律神経が乱れ集中力がなくなったり何もなくてもイライラしたりしてしまいます。 そういう状態では、努力をしたり前向きに考えることって出来なくなってしまいます。 その結果、どんどん悲観的になっていってしまうのです。 前向きに物事を考えることができるのは、まさに心が元気な証拠! ストレスがたまりすぎると心の元気がなくなって悲観的になってしまいます。

悲観的な性格の改善方法

笑顔でいることを心がける

悲観的な性格を変えたい!と思っても、前向きに物事を考えられるようになるには時間がかかります。 まずは、笑顔でいることを心がけましょう。 色々と不安になってしまったり、心配になってしまっているときってやっぱり表情も暗くなってしまいます。 とにかく笑顔でいると、それだけで気持ちも明るくなって楽観的に物事を考えることができるようになあってくるはずです。 笑顔でいるだけで?と思うかもしれませんが、とっても大切なことなんですよ(^^)

周りの目を気にするのをやめる

周りの目を気にしていると、失敗することを恐れる気持ちが強くなって悲観的になってしまいます。 周りの目を気にするのをやめましょう。 自分が思っているほど周りの人は自分を見ていませんし、もっと気楽に考えて大丈夫! だって自分の人生なのだから。 そう思うと、悲観的に物事を考え暗い気持ちで過ごしている時間が勿体ないと思えてきませんか?

考えすぎない

どうしても色々と考えすぎてしまうかもしれませんが、あまり深く考えすぎないことが悲観的な性格を直すコツかもしれません。 考えて結論が出ればいいのですが、いくら考えたって仕方のないこともあります。 少しでも楽になる方法は、そのことについて考えすぎずに「もうどうでもいいや」と思ってしまうことです。 何か始める時も「上手くいくかな…」と考えたところで、やってみなければ分かりません。 うまくいくかどうか考えたってうまくいくわけではないので、「うまくいったらいいな〜」と思うようにしましょう。

マイナスな言葉は口にしない

「言霊(ことだま)」という言葉をご存知ですか? 「言霊」とは、言葉に宿っていると信じられている不思議な力のことです。 昔から「言葉には霊がいて、言葉にあらわすことを現実に実現する」という言い伝えが信じられています。 つまり、極端に言えば「悪ことこを言えば悪いことが起きる」「良いことを言えば良いことが起きる」ということです。 「〜になったらどうしよう」と言っていると、本当に「なったら嫌だな」と思っていることが起きてしまったりします。 その事を頭にいれていると、自然と悲観的な考えはしなくなるのではないでしょうか。

前向きな人と一緒に過ごす時間を増やしてみる

悲観的な人にとって、前向きな人の側にいるのって少し不安なことかもしれません。 それでも思い切って前向きな人と過ごす時間を過ごしてみてください。 そして、前向きな人が「大丈夫」といったことは、大丈夫なんだと信じてみましょう。 大切なのは、ポジティブな発言に対して「いや、それはやばいよ」などと否定的な発言をしないこと。 否定してしまうと結局悲観的なままです。 前向きな人はとっても明るいですから、自然と楽しい時間が過ごせるはずです。 気持ちもめちゃくちゃ明るくなりますし、本当に「大丈夫」と思えるようになってきて細かいことを心配しなくなっていることでしょう。

悲観的な人におすすめの本

FACTFULNESS(ファクトフルネス)

ここ数十年間、わたしは何千もの人々に、貧困、人口、教育、エネルギーなど世界にまつわる数多くの質問をしてきた医学生、大学教授、科学者、企業の役員、ジャーナリスト、政治家―ほとんどみんなが間違えた。みんなが同じ勘違いをしている。本書は、事実に基づく世界の見方を教え、とんでもない勘違いを観察し、学んだことをまとめた一冊だ。

何があっても「大丈夫。」と思えるようになる自己肯定感の教科書

最近にわかに注目されている「自己肯定感」という言葉。でも、どうすれば自己肯定感が高まるの? と思う人は多いもの。そこで本書では95%の回復率、1万2000人を救ったカウンセラーが自己肯定感が勝手に高まる方法を伝授。自己肯定感の教科書とも言える一冊。

「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法

はっきり言ってしまうと、自己肯定感が低いということは「損な役回りをやらされているだけ!」ということなんです。

悲観的にならないための習慣

健康的な食事

悲観的にならないためには、健康的な体を維持することが必要不可欠です。 健康面で怪しい部分があると、体調の悪さから気持ちがネガティブになるなど精神面に影響がでることが多いです。 なので、気持ちの面で前向きに明るくなりたいと思うのであれば、健康的な体を維持しましょう。 そのためには、偏った食生活をやめて健康的な食生活を維持することが大切であると言えます。 ・1日3食かかさずしっかりと栄養のとれる食事をとる ・よく噛んで食べる ・新鮮な野菜な果物を意識して食べる ・たんぱく質、ビタミン、カルシウムなどを積極的に摂る ・カフェインの摂取を控える ・過度な飲酒は避ける ・できるだけ外食を控え自炊する といったことを意識してみましょう。 「食」を大切にしないということは、自分自身を雑に扱っているのと同じことなのです。

運動をして気持ちのいい汗をかく

食事と同じように「運動」も欠かせない習慣の1つです。 「運動したら余計疲れて悲観的になるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、軽めのエクササイズは疲れを取るのに効果的なのです。 また、運動をすると「エンドルフィン」という物質が分泌され気分がよくなると言われています。 ウォーキングをするとか、エスカレーターを使わず階段を使うなどの本当に軽めの運動でOK! 無理に10キロ走るとか、思いダンベルを上げるなどの激しい運動をしてもあまり意味はありません。 大切なのは、軽めで良いから毎日運動を行うことです。

日光を浴びる

日光をあびると、体から「セラトニン」という物質が分泌されます。 このセラトニンによって人は、心と体のバランスをコントロールすることができると言われています。 この「セラトニン」が不足していると鬱病を発症させるとも言われているほどで、日光をあびることで脳が覚醒しスッキリして気分が爽快になります。 つまり、日光をあびることで気持ちが前向きになる可能性が高いということです。 仕事上昼夜逆転してしまっている人もいるかもしれませんが、できるだけ日光を浴びることを習慣化しましょう。

質の良い睡眠をとる

人間の体力や精神力を回復させるためには、質の良い睡眠をとることが大切です。 ただ寝ればいいというだけではなく「良質な睡眠」が大切です。 たとえ短時間であっても質のいい睡眠がとれていれば、しっかりと体力を回復させ前向きな精神面を保つことができます。 質の良い睡眠のために、日頃から ・毎日同じ時間に起きる ・起きたら日光を浴びしっかり水分補給をする ・寝る直前までスマホを見ない ・寝る時の体勢を意識する ・寝具、部屋の温度を整える ということを意識しましょう。

身の回りの整理整頓

「部屋の乱れは心の乱れ」とよく言いますね。 身の回りが整理整頓されていないと、心がモヤモヤして悲観的になってきます。 なので、日頃から整理整頓をする習慣を身につけるといいです。 例えば、 ・使った物は必ず物に戻す ・席を立つ時に何か一つゴミを捨てる ・仕事終わりに必ず机の上を綺麗にして変える ・最低でも4ヶ月に1回は家の断捨離をする など毎日やる習慣や数ヶ月に1回行う習慣などを決めて実行しましょう。 日頃から意識していれば、部屋が散らかることもデスクの上が汚くなることもありません。

貯金をきちんとする

「お金の余裕は気持ちの余裕」というように、「お金がない」という状態が続くと、気持ちが落ちこんで 悲観的になってしまいます。 守銭奴のようにお金に執着する必要はありませんが、きちんと定期的に貯金をして何か思いがけない出費があっても焦ったりすることがないような蓄えを用意しておくことが大切です。 将来的に不安に襲われてしまうことがないよう、コツコツと貯金することを習慣化しましょう。

悲観的な人の長所

常に最悪の事態まで想定することができる

例えば、はじめのうちは「失敗しないように」と思っていてもだんだん慣れてミスをしてしまうといったことがあるのではないでしょうか。 また、慣れてくると「例年このやり方で成功してきたんだからうまくいくはずだ」など、自信過剰になってしまったりすることってありますよね。 しかし、実際は「絶対大丈夫」なんて保証はどこにもないのです。 だからといって、悪いことばかりをネガティブに予想していても仕方ないのですが、いつも最悪な事態まで予測できていると、もしもの事態に備えることができます。 頭の片隅にでも「こういう場合もあるかもしれない・・・」と考えておけるのは大切なことであると言えるでしょう。

最悪の事態が起きたときの心構えができている

上述したように、失敗してしまったり悪いことが起きてしまったときのことまで考えることができていて、「もしそのようなことが起きたら」という心構えができているので、変に傷ついて落ち込んでしまうということも少ないです。 例えば、絶対成功する!と信じてやまなかったことを失敗してしまうと、それだけショックも大きいですよね。 心構えができていると立ち直りも早く、失敗を踏まえた上で「次はこうしたほうが良いのではないか」という対策をねることができます。

意外に仕事ができる

社会では意外と仕事ができると言われる人に悲観的な人が多いと言われています。 いつでも起りうる最悪な事態を想定できているので、何がおきてもいいように用意周到であったり、これでいいのだろうかと「不安」なので、確認するということを怠りません。 結果的にこれらの行動がミスを減らすことに繋がっていると考えられます。 また、相手を嫌な気持ちにさせてしまわないようにという心遣いができるタイプの人が多いのでトラブル になりにくく、仕事がスムーズにくい場合が多いです。

いつでも自分を見直すことができる

悲観的な人は、例えば何かミスをしてしまったというときにひどく落ち込みます。 気持ちの切り替えも大事ですが、自分がしてしまったミスをきちんと反省することができます。 さらに、なかなか忘れないので同じミスを繰り返すということが少ないです。 また、反省点があればきちんと見直すことがでいるというメリットがあります! 同じミスを何度も繰り返す人って、自分がしてしまったミスに対して何も感じていないかったり反省していない「ちっちゃいことは気にするな♪」というポジティブ思考な人に多いです。

謙虚な姿勢を忘れない

悲観的な人は、自分に自信がないので「謙虚」です。 例え評価を得るようなことがあったとしても、それで自信過剰になってしまうようなことはないでしょう。 「自分の力ではない」「周りにいる人のお陰だ」と謙虚な姿勢でいることができます。 「自分はすごい!」と自信満々な人より、謙虚な姿勢を見せている人のほうが印象がよかったりもしますよね。

「謙虚」の意味!謙虚な人の特徴と謙虚になる方法とは?

eigobu.jp

騙されにくい

何かいい話が舞い込んできたときに「自分は騙されているのではないか・・・」と疑うことができるのも悲観的な人のメリットです。 悲観的な人は、最悪な事態を想定することができるので「いい話に聞こえるけど、こういうデメリットがあるのではないか?」と考えることができます。 先のことや、最悪の事態まで考えるのでその場で決断をするということも少く「ちょっと検討させてくれ」と大きな決断は一旦持ち帰って熟考する癖がついています。 勢いでその場で決断してしまうと騙された!なんてことになりかねないので、慎重であることは悲観的な人のメリットであると言えるでしょう。

長生きできる可能性がある

悲観的な人は、前向きな人より平均寿命が長いと言われています。 どちらかと言えば余計なことでストレスを抱えて長生きできなさそうですよね。 しかし、悲観的な人はすぐに病院に行かないと心配で気がすまなくなってしまうので大病でも早期に発見することができるのです。 さらに、体に悪そうなものを口にしないといった健康管理の面からいっても悲観的な人のほうが長生きするのではないかと言われているのでしょう。

悲観的に向いている仕事

経営者

悲観的な人は、経営者に向いていると言われています。 一見前向きでどんなことにも物怖じすることなく挑戦していく人のほうが、経営者に向いている気がします。 しかし、逆を言えばそれでは失敗してしまうリスクも大きいと言えるのです。 悲観的な人は、いつでも最悪な事態を想定して行動するので失敗することが少ないです。 また、「自分より上の人間がもっといる」という意識があるからこそいつまでもストイックに努力することができるので成長し続けると言えます。 「Windows」で有名な起業家ビル・ゲイツさんも、非常に悲観的な性格だったと言われています。 その他にも悲観的で有名な経営者はたくさんいます。

工場のライン作業

工場のライン作業など、単純な軽作業も向いています。 「単純」とは言っても、ミスは許されませんし集中力が必要なので大変な仕事です。 悲観的な人は、自分であれやこれや考えて進んで行動していかなければいけない仕事よりも、こういった決まった作業を繰り返す仕事が向いていると言えるでしょう。 悲観的なので、どんな時でも手を抜くことなくきちんと仕事をすることができます。

整備士

車など、整備に不備があると事故に繋がってしまいますよね。 「まあ、大丈夫か」と楽観的に考えてしまうことができない仕事です。 悲観的な人は、小さなことにも気がつくし解決しないと心配で仕方ないので雑な扱いは決してしません。 なので、整備士の仕事は悲観的な人に非常に向いていると言えるでしょう。

クリエイター

悲観的な人は、クリエイターの仕事も意外と向いています。 悲観的な人は、一般的な人とは違う物の捉え方をすることができると言えます。 例えそれが前向きな捉え方でなかったとしても、大きな発見に繋がることも多いです。 そういった普通の人とは違う物の捉え方がクリエイターには非常に大切ですよね。 自分の作品が評価されても天狗になりすぎることもありません。 いつまでも「より良いもの」を作るために努力をし続けることがでると言えるでしょう。

疲れる悲観的な人の対応方法

とにかく褒めてあげる

悲観的な人は、とにかく自分に自信がありません。 なので、自分の考え行動すべてに悲観的な考え方をしてしまいます。 悲観的な人が身近にいたら、積極的に褒めて自信をつけてあげると良いでしょう。 「とっても助かりましたありがとうございます」「頼りになります」というような思ったことは口に出して伝えてあげると、悲観的な人も前向きになれるはずです。 ダメな部分を無理に褒める必要がありません。 ただ、悲観的な人は口に出して褒めないと自信をなくしていく一方なのです。 めんどくさい事になる前に、大げさなぐらい口に出して伝えましょう。

否定をせずに話を聞いてあげる

悲観的な人は、こちらがどんなにポジティブな言葉をかけてあげても中々その思考回路は変わりません。 それどころか「そんなことないよ」「大丈夫だよ」という言葉で「否定された」と捉えてしまうこともあります。 なので、話を聞いてあげるときは否定をせずに話を聞いて上げるスタイルが1番良いでしょう。 相手の思いの丈をまず吐ききってもらいます。 それから、一緒に前向きな方向に話が進むように一緒に考えてあげるの望ましいと言えるでしょう。

連絡を頻繁に取りすぎない

悲観的な人は連絡を頻繁に取るのはよくありません。 悲観的な人って気持ちが弱いので、人に依存してしまいがちです。 仕事のことなど必要なときに連絡するのは仕方がないとしても、プライベートで頻繁に連絡を取ってしまうとかまってちゃんを発揮されてしまう可能性が高いです。 例え連絡が来たとしても、必要最低限の返信で留めましょう。

SNSでの病み投稿はスルー

悲観的な人って、「はあ...」とか、見た人が「どうした?」と聞きたくなるような投稿をSNSにしがちです。 しかしそれをいちいち気にする必要はありません。 SNSでそういった病みツイートと呼ばれるような投稿をしていたり、主語がなくついつい気になるような投稿をしていたとしても「また構ってアピールか」と流しましょう。 気にかけてしまうと、「気にかけてもらえる」と思ってどんどんそういった投稿をしてきます。 病んでますというアピールの投稿ばかり残っていると見ているこっちも疲れてしまうし、精神的にやられてきますよね。 「放っておくのもな」と気になってしまうようなら、ミュートをするなりフォローを外すなりして気にしない努力をしましょう。

できるだけ関わらないのが一番

一緒にいて疲れてしまうようなら、できるだけ関わらないのが1番です。 悲観的な人と一緒にいると、こちらのパワーまで吸い取られてしまうような気がしますよね。 無理だと思うなら、自分の気持ちを優先させましょう! 食事に誘われても断ってOKです。それで悪口を言われようとも気にする必要はありません。 無理のない関わり方をしていくのが1番です。

逆に楽観的な人の特徴

ポジティブ

楽観的な人は、とにかくポジティブです。 不安に思ってしまうようなことが一切ない! 「自分は運がいい」と信じていて、「悪いことなんておきない」と思っているのです。 だから、どんなことでも前向に考えることができるのでしょう。 例えば、誰かに嫌味を言われたとしても「嫌味を言われた」と感じることはありません。 嫌味を言われても、「褒めてくれたんだ」と捉えるのが楽天的な人の特徴です。

明るい

楽観的な人は、いつなんどきも明るいです。 明るいオーラが出ていて、いつでも元気いっぱいだしHAPPYって感じです。 心配事を抱えていたり、なんでもかんでもマイナスにとらえてしまう人ってどことなく暗いオーラをはなっていたりします。 楽天的な人は心配事がなく、HAPPYオーラ全開で振る舞いもとても明るいんです。 人当たりがとても良いと言えるでしょう。

素直

楽観的な人は、とっても素直です。 例えば、同期が出世をしたというような場面で変に嫉妬心を抱いたり「どうせあいつは自分を見下しているに違いない」なんてひねくれた考え方はしません。 自分と他人を比べて深く物事を考えることがないので、他人の成功や能力も素直に喜び褒めることができます。 むしろ自分も感化もされ「自分もがんばろう!」と自分自身を鼓舞することができると言えるでしょう。

素直な人の特徴は?素直になりたいのになれない人は必見!意味や英語も解説

eigobu.jp

漠然とした悩みなら悩まない

楽観的な人は、悲観的な人のようにまだ起きてもいないことに「〜になったらどうしよう」と漠然としたことで無駄に悩んでしまうことがありません。 起こるかどうかもわからない心配事をしたってどうにもならないと思っているし、「起きてしまったら、その時に考えよう」なんて思っているわけです。 例えば、「人は死んだらどうなるか」なんて誰にもわからないようなことは、考えても仕方がないし「天国で幸せ暮らすんだ〜」と思っています。

失敗してもチャレンジし続ける

楽観的な人は、たとえ失敗してしまったとしても引きずってしまうようなことがあまりありません。 「失敗したらやり直せばいい♪」くらいに思っているので、失敗してもすぐに気持ちを切り替えることができるのです。 失敗したから、周りに馬鹿にされているんじゃないか...というようなマイナスな感情は抱かないと言っていいでしょう。

「どうにかなる」「なるようにしかならない」と思っている

楽観的な人は、物事に対して「アレコレ考えていたってなるようにしかならない!」「どうにかなる!」と思っています。 もし、何かあったら、その時できるこに最善を尽くせばいいと思っているのです。 実際に、なるようにしかならない事ってたくさんありますからね。 楽観的な人は、元々とおきるかもわからないようなことを深く考える時間が無駄だと思っていることが多いです。

まとめ

いかがでしたか? 悲観的な人について理解を深めていただけたでしょうか。 前向きに物事を考えられないのって辛いですよね。 まずは、紹介したように基本的な生活習慣から整えて精神状態を良くしていくことから意識してみてください! 物事に対して慎重になることも大切なことです。 ただ、前向きに物事を捉えられたほうが明るい気持ちで過ごせるでしょう。

こちらの記事もチェック

要領が悪い人の特徴と原因、短所と長所、改善方法、向いている仕事は?

eigobu.jp

暇な時の過ごし方!タイプ別のやるべきことを119個紹介!

eigobu.jp

地雷女とは?性格・外見・持ち物の特徴、付き合い方、別れ方を徹底解説!

eigobu.jp

気分屋の人の特徴と原因、職場での対処法、長所もある?

eigobu.jp

長生きしたくない人の心理と原因、対処法、付き合い方とは?

eigobu.jp

せっかちな人の特徴と話し方とは?原因は?長所は?治し方は?

eigobu.jp

前向きになる方法と習慣・考え方!前向きな人の特徴と短所とは?

eigobu.jp

仕事ができる人の特徴と考え方、生活習慣!できるようになる方法は?

eigobu.jp

精神力を鍛える方法と習い事!精神力が強い人の特徴とは?

eigobu.jp

おっちょこちょいな人の特徴と心理、治す方法とは?長所もある?

eigobu.jp

社会人におすすめの趣味44選!スポーツからインドアまで徹底紹介!

eigobu.jp

精神的に辛い時はどうやって乗り越える?仕事・恋愛・人生など場面別に解説!

eigobu.jp

生意気な人の特徴と心理、対処法、生意気と思われないための方法とは?

eigobu.jp

A型男性は優しい?特徴と恋愛傾向、相性がよい相手、好意サインとは?

eigobu.jp

直感力のある人の特徴と鍛え方とは?直感力は恋愛でも使える?!

eigobu.jp

マウンティングする人の心理とされやすい人の特徴、対処法は?

eigobu.jp

保守的な人の特徴と恋愛傾向、心理、付き合う方法、改善方法、向いている仕事とは?

eigobu.jp

ツンデレな人の性格とLINE、セリフの特徴!モテる理由と脈ありサインとは?

eigobu.jp

ツンデレ男の性格やLINEの特徴!モテる理由と脈ありサイン!落とす方法は?

eigobu.jp

冷静な人の特徴と心理!動じず仕事のできる人になる方法とは?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 悲観的な人の特徴と原因!疲れる場合の対応方法は?長所もある?