1. TOP
  2. 自己啓発
  3. 仕事で失敗した時の対処法とNG行動、立ち直る方法!仕事で失敗しない方法とは?

仕事で失敗した時の対処法とNG行動、立ち直る方法!仕事で失敗しない方法とは?

あなたは仕事で失敗した経験はありますか?朝寝坊したという小さめは失敗から、発注数を間違えて通常の何倍もの商品が届いてしまったなどの大失敗など、仕事をしていればたくさんの失敗があると思います。今回は、仕事で失敗した時の対処法や、やってはいけないNG行動などを詳しくご紹介します。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

仕事に失敗は付き物ですよね

あなたは、仕事で失敗を犯したことはありますか? 日常の小さなミスから、リカバリーが大変な大失敗まで、仕事に失敗は付き物です。 例えば、 ・朝寝坊した ・出張のフライトを逃してしまった ・発注数を間違えてしまった ・お金の計算を間違えて大損失を出してしまった など、仕事には様々な失敗があります。 失敗で仕事した時、どのように対処するのが正しいのでしょうか。 次に、対処法をご紹介していきます。

仕事で失敗する人の特徴

仕事で失敗する人には、様々な特徴があるのでご紹介していきます。 自分にも当てはまる箇所はないか確認をしてみましょう。

仕事に関心がない

仕事でよく失敗をする人は、そもそも仕事に対して「無関心」だったりします。 とにかく出社して、適当でも仕事をしていればお給料がもらえるならそれでいい・・・という感じ。 仕事にやりがいなんて求めていないので、仕事に熱心に取り組みません。 職場全体の業績なんて気にしないし、もちろん自分自身の仕事に対する評価なども気になりません。 周りの人がどんなに忙しそうにしてても無関心。 企業に務めるということは、組織に所属するということですから、普通であれば少しでも業績アップのために貢献したいという気持が生まれるはずです。 それが全くないのでダラダラと仕事をして「別に失敗してもいっか〜」なんて思いながら過ごしてしまうのでしょう。

仕事がうまくいかない人の特徴と原因とは?対処法は?NG行動って何?

WURK

反省や謝罪をしない

仕事でミスをする人は、失敗を指摘されても謝ることができないタイプの人が多いです。 プライドが無駄に高く、そもそも自分のやり方は正しいと思っていて謝る必要がないと思っていたり、「人間誰だってミスくらいするでしょ、仕方ないでしょ」と開き直っていて「悪いこと」だと思っていたりします。 結果的に、そのミスが周りの人にどれだけ迷惑をかけたなんて考えていないのです。 謝れない人って、自分の非を認められていないので、結局改善されず、同じようなミスを何度も繰り返します。 謝れないばかりではなく、反省の色を見せず愚痴や文句が目立ちます。 ・こんな量の仕事を任せてくるなんてありえない ・こんな企画うまくいくわけない ・○○さんの下では働きたくない など、何かにつけていつも愚痴を言います。 愚痴って聞いていて良い気分になるものじゃないですし、周りの人の空気を悪くしますよね。 不満があるのに、裏でグチグチ言っているだけで特に改善しようと努力するわけでもない人達を見ていると、「だから失敗ばかりするんだよ」と思ってしまいます。

罪悪感を抱く人の特徴と心理・原因とは?罪悪感の消し方はある?

WURK

スケジュール管理ができていない

仕事で失敗が多い人は、スケジュール管理ができません。 仕事というのは、目の前にあるものからただ闇雲に手をつけていけばいいというわけではありませんよね。 ・いつまでにやらなければいけないのか ・どれくらい時間がかかるものなのか などしっかりと把握して、「3日までに資料を集めておく」とか「5日までには一度提出しておく」というように、きちんと計画的に行わないと効率よく仕事を進めることができません。 スケジュール管理を怠ると、時間ギリギリで慌てた結果ミスをしてしまうということにも繋がってしまいます。 仕事ができない人は、基本的に自分のスケジュールをしっかり管理していないので、どう考えても無理な場面で余計な仕事を引き受けてしまうなど、自分自身で大変な状況を作り出してしまったりします。

仕事できない人の特徴と心理は?正しい接し方と対応方法とは?

WURK

仕事できない新人の特徴と口癖は?どう指導する?イライラ対策はどうする?

WURK

多忙

仕事で失敗が目立つ人は、自分の実力やキャパ以上の仕事を引き受けてしまっていることがあります。 やるべきことが多すぎて、全ての仕事が流れ作業になってしまい、結果ミスが目立ってしまうのです。 人からの頼みごとを断れない性格だったり、他に仕事が出来る人がいなかったりすると「私しか出来る人がいない」と責任を感じてしまいます。 結果、毎日残業しないと処理できないくらいの仕事を担当することになり、仕事が終わったかと思えばミスの修正が入るので、多忙な毎日が続きます。 中には、大した仕事量もないのに忙しそうにしている人もいます。 早めに終わらせておけば良いことを後回しにしてしまった結果、時間がなくなって急がなくてはいけなくなってしまっていたり、他の人が一瞬で終わらせることができることに、時間をかけているから単純に「時間がない!忙しい!」という感覚に陥っているだけなんです。 結果的に、自分のことでいっぱいいっぱいで、周りをフォローする余裕なんてないし、むしろフォローを頼む始末・・・。 基本的に「忙しい」と口にする人ほど仕事ができない人であることが多いです。

時間にとてもルーズ

仕事でよく失敗する人は、待ち合わせ時間には必ず遅れてくるタイプの時間にルーズな人が多いです。 基本的に何事においても適当なので、締切りなどがあっても気にしないし、大事な会議に遅刻してくるなど、社会人として本当だったら許されないルーズさがあります。 スケジュール管理をしっかりしようという意識がないのも、時間にルーズだからかもしれません。 だから、仕事に対しても気持ちがルーズになってしまい、失敗が目立つ始末に。 自分がダラダラをしている間に、他の人はスパスパと仕事をこなしていっていることに気がついていないのでしょうか。 筆者の前職の先輩も時間にルーズで、仕事でミスすることが目立っていました。 毎朝のように遅刻してきて、結果仕事が時間内に終わらず、焦りからのミスが連発。 「明日こそはちゃんと間に合うように来て定時で帰る!」と宣言するものの、実行できた試しがありません。

だらしない人の特徴と心理、原因は?だらしない性格を改善する方法とは?

WURK

マイペースな人の特徴と対処法!「マイペース」の正しい意味と使い方

WURK

仕事自体にまだ慣れていない

仕事で失敗が多い人は、仕事自体にまだ慣れきっていないという特徴があります。 入社したてのメンバーや、部署異動で仕事内容が変わった人など、仕事に不慣れなことからミスを犯してしまうのです。 正直、このタイプの失敗はしょうがないのではないかと思います。 新しい仕事を、失敗なくこなせる人なんていないのではないでしょうか。 失敗から学べることはたくさんありますし、トライアンドエラーを繰り返すことで仕事に慣れることができるはずです。 筆者も、学生時代のバイト先ではたくさん失敗を犯しました。 注文内容を間違えてシェフに伝えたり、対応不可のクレジットカードを受け取ったり。。。 仕事に慣れることでそのようなミスは一気になくなりました。

仕事で落ち込んだ時の対処法とNG行動!落ち込まないための習慣とは?

WURK

メモを取らない

仕事でよくミスをする人は、基本的にメモをとりません。 人間の記憶力には限界がありますので、言われたことのすべてをいつまでも覚えておくことはできないし、「〜をやらなければいけない」と頭で思っても、他のことに取り組んでいるうちに、やるべきことを忘れてしまったりしますよね。 覚えておくべきことは、その場ですぐにメモをとって、 ・時間があるときに見返す ・他のノートに清書し直しながら覚える といった行動をとるのが仕事に対して意欲のある人です。 やるべきことを忘れていて、後になってアタフタするという自覚がある人もとにかくメモを取るべきなのです!しかし、仕事ができない人は自分の能力に自身があるのか何なのか、メモをとることなく大切なことを聞き流していることが多いです。

完璧な完璧主義

仕事で失敗をする人は、無駄に完璧主義であることが多いです。 「完璧を目指す」ということ事態は間違っていることではないのですが、完璧を目指しすぎるあまり余計な時間をかけて仕事のペースが遅いというのは問題です。 「正確さ」「完璧さ」があっても、時間をかけすぎて周りの人の足をひぱったり、期日を守れないのは「失敗」と捉えられてしまっても仕方ありません。 スピードがあれば適当に仕事をこなせばいいというわけでは決してありませんが、正確さとスピードを両方兼ね備えることが大切です。 完璧を求めすぎて、周りの人から見れば「そんなのミスには入らない」と思うようなことも「失敗した〜!」と落ち込んでしまうのです。 仕事に一生懸命なのは良いことですが、あまりにも完璧を求めすぎると精神が狂ってしまいます。

完璧主義者の特徴と種類、原因とは?長所と短所は?治し方は?

WURK

やたらと返信が遅い

仕事で失敗をしがちな人は、メールなどやり取りをしている上でのレス(返信)が異様に遅い傾向があります。 業務内容に関することを連絡しているのに、レスが遅いとそれだけで無駄な時間を食うことになってしまいますし、返信が来ないということで段取りに大きな支障がでてしまうこともあります。 レスの遅さが原因で、対応に遅れが出て、納期に間に合わなかったり、仕事の精度が下がってしまいます。 休日ならまだしも、勤務中はメールチェックや返信も業務の一部ですし、取引をしている相手がいるなら尚更気にかけておくべきです。 筆者の前職の先輩もこういうタイプの人間で、よく顧客との間でトラブルがありました。 レスの遅さが原因で、顧客から会社への入金が遅れたり、書類の提出が期限を過ぎてしまい上司に迷惑をかけたり。 全て迅速なレスをしていれば避けられた失敗です。

LINEでわかる脈あり脈なし〔男女別〕完全版!返信の早さは関係あるか?!

WURK

男が既読無視する心理・原因は?脈なしかの確かめ方、対処法、NG行為とは?!

WURK

仕事中によく喋る

やたらとおしゃべりが大好きな人っていますよね。 暇さえあれば、おしゃべりをしてしまうような人は、仕事でミスをすることが多いです。 休憩時間ならまだしも、仕事中におしゃべりが多いのは問題です。 おしゃべりをしているということは、仕事に集中していないということですよね。 基本的に、人間は二つのことに同時に集中することができないので、しゃべっていることでケアレスミスをしてしまったり、仕事のペースが落ちてしまうということはよくあることです。 しゃべっていても仕事のクオリティは高いままという器用な人も中にはいるかもしれませんが、圧倒的に仕事中にしゃべっている人のほうが「よくミスをしている人」という印象をもたれやすいと言えるでしょう。

頑固

他人の意見を聞き入れることができない頑固者にも仕事で失敗する人は多いです。 他人からの指摘を聞き入れようとしなかったり、「自分は仕事ができる」と無駄に思い込んでいるような頑固な人です。 指摘されても、アドバイスをしてもらっても言われていることが理解できていなかったり「なぜそう言われるのか」ということがわかっていないことが多いのです。 理解できないというより、はなから理解しようとしていないといったほうが正しいかもしれません。

頑固な人の特徴と原因、長所と短所、対処法と治し方を徹底解説!

WURK

言い訳が多い

仕事で失敗する人は、言い訳が多いです。 よく言うワードは、 ・でも ・だって ・知らなかった ・聞いてない ・やろうと思ってた などです。 「謝らない」という部分と少しかぶってしまうのですが、自分のミスや能力の低さを認めたがらない傾向にあります。 周りの人からすると、「何言ってんの?」とあきれてしまいますが、「正論を言っている」と言わんばかりに言い訳をしてきます。 結局それではいつまでたっても成長することができませんよね。

上から目線な人の性格や言葉の特徴、対処法、治す方法、好きになる心理

WURK

異動が多い

仕事でミスをする人は、大企業内だと、部署異動が多いです。 どんな仕事でもミスを連発し、同僚など、周りの人から「あの人がいると仕事に支障がでる・・・」といったクレームが多いのでどんどん飛ばされてしまうのです。 会社側も、「営業は向いてなさそうだったから、他のことをやらせてみてはどうか」など色々考えて異動先を決めてくれたりもしますが、上述しているように向き・不向きの前に「仕事に対する姿勢」に問題があることが多いので、異動を繰り返しても「仕事ができない」という状況からは何もかわらない事が多いです。

コミュニケーションを取るのが苦手

仕事でよく失敗する人に「おしゃべり」な人が多いのと反対に、「コミュニケーションをとるのが苦手」という人もいます。 個人事業主など、完全にひとりで仕事をしているという状況以外では、どんなにコミュニケーションをとるのが苦手でも、コミュニケーションをとらなければ問題が起きてしまうこともあります。 コミュニケーションをきちんと取っていないと、本来報告しなければいけないことが、報告されていないなど、大きな損失を招いてしまう可能性もあります。 確認作業が充実にされなかったり、伝達ミスから失敗することが多いです。 コミュニケーションを取るのがどんなに苦手でも、仕事における「ホウ(報)レン(連)ソウ(相)」は絶対に必要です。 日常会話はできなくてもよいので、ホウレンソウだけは徹底して行うことで、ミスの数は圧倒的に少なくなります。

コミュ障の人の特徴と原因とは?長所は?治し方は?おすすめの仕事は?

WURK

コミュ力の高い人の特徴と上げる方法!コミュ力不要説とは?

WURK

職場で無視されている

仕事で失敗する人は、職場で無視をされたり、距離を取られていることがあります。 自分たちは一生懸命仕事をしているのに、明らかに仕事に対するやる気が感じられなかったり、ミスをして余計な仕事をふやされたり、仕事のペースが遅くて足を引っ張られていてはイライラしてしまって当然ですよね。 新入社員なら優しく指導する気になっても、いつまで経っても永遠にそのような状態が続いていると呆れてしまいます。 「もうこんな仕事ができない人なんていらないよ!」と思われ、徐々に周りの人から距離を取られてしまうのです。

嫌いな人を無視して避けるのアリ?対処法は?無関心になる方法は?

WURK

嫌がらせする人の特徴と心理、対処法、仕返し方法、受けやすい人の特徴

WURK

ただの不器用である可能性も

仕事で失敗する人は、決して好きでミスをしているわけではありません。 中には、どんなに真面目に仕事に取り組んでも、ミスを犯してしまうような人がいます。 とにかく何をやっても不器用な人です。一生懸命さは十分伝わってくるんですが、なぜか毎回失敗してしまうんですよね。 不器用な人は、悪気があるというわけではありません。 本人は自分なりに真剣に取り組んでいて、「ちゃんとできた!」と思っているのです。 しかし、完成した仕事を見ると、やはりミスがある。。。周りの人も「いつも真剣にやってくれているんだけど、なんでだろう」と不思議に思うくらいです。 こういうタイプの人は、もしかしたら仕事内容が合っていないかもしれないので、別の仕事を任せたり、異動を提案すると解決されるかもしれません。 本人の頑張りを無駄にしないよう、周りもぜひ協力してあげましょう。

要領が悪い人の特徴と原因、短所と長所、改善方法、向いている仕事は?

WURK

仕事で失敗した時の対処法

仕事で失敗した時の正しい対処法をご紹介します。 どんなに大きなミスでも、しっかりと対応することでリカバリーできるはずです。 落ち着いて、確実に対処することが重要です。

とりあえず、深呼吸

仕事でミスをした時、心臓がドキッとして「やばい!」とパニックになってしまいますよね。 徐々に鼓動が早くなるのを感じ、冷や汗をかくことだってあるでしょう。 失敗に気付いた時にぜひ意識していただきたいことが、とりあえず深呼吸をして気持ちを落ち着かせるということです。 一度作業を止めて、大きく息を吸って吐きます。「落ち着け!」と自分に言い聞かせることもポイントです。 どんな失敗でも、リカバリーするためには冷静でいる必要があります。 心がバタついている状態で作業に取り掛かっても、また異なるミスを重ねるだけです。

平常心が乱れた時に取り戻す方法!いつも保つための習慣とは?

WURK

正直に事実を話す

仕事で失敗をした時、なるべくすぐに失敗した事実を周囲の人に伝えましょう。 先輩や上司はもちろんですが、仕事に関わる関係者全ての人に正直に話しましょう。 失敗した時、失敗を隠したりごまかしたりする人がいますが、絶対にやめてください。 後々バレることになりますし、さらに信頼を失うことになってしまうからです。 失敗してしまった過去は変えられませんから、起きたことをそのまま正直に話してください。 一生懸命に伝えれば、相手もあなたの失敗を受け入れ、サポートしてくれるはずです。

素直な人の特徴は?素直になりたいのになれない人は必見!意味や英語も解説

WURK

心から謝罪をする

失敗の事実を伝えることは重要ですが、それと同じくらい(もしくはそれ以上に)大切なことが「謝罪」です。 ミスをしてしまったということは、自分や周りの人の時間やお金、労力などを無駄にしてしまった(しまう)ということにもなります。 どんなに小さなミスでも、周りに迷惑をかけてしまうことになるので、心からの謝罪を行いましょう。 多くの人がミスをした時「やばい」と感じますよね。そう感じているということは、周りに迷惑をかけてしまうことになることを自覚しているということです。 謝罪の言葉を口にするのは、なかなか勇気がいることではありますが、自分なりの言葉で誠意を持って謝りましょう。 筆者の前職の後輩で、毎日のようにミスをする後輩がいたのですが、失敗した事実は伝えるものの謝罪の言葉が一切ありませんでした。 「この人悪いと思っているのかな?」を周りの人間の不信感は大きくなるばかりでした。 事実を伝えることと謝罪することは常にセットで伝えていきましょう。

失敗の原因を分析する

仕事で失敗してしまった時、つい「どうやってリカバリーしよう」と解決策ばかりに目を向けます。 しかし、そもそもなぜ失敗してしまったのかという部分を理解しなければ、今後また同じミスを繰り返してしまうかもしれません。 失敗をしてしまった時は、失敗の原因の分析も忘れずに行いましょう。 原因が特定できれば、適切な方法でリカバリーすることができますし、今後同じようなミスをしなくなります。 例えば、準備不足が原因で失敗したのであれば、準備にかける時間をより確保すれば良いですし、忙しすぎてミスをしてしまったのであれば、上司に相談して仕事量を調整してもらうなどの方法で対応することができます。

《考えられる失敗の原因》 ・必要な知識や経験がない ・体調が万全でない ・自己判断が間違っている ・事前の勉強不足により知識が疎か ・事前の準備不足 ・誤った目標設定 ・その他外的要因による失敗(環境の変化など)

解決策を自ら積極的に提案する

失敗の原因が特定したら、次はどのような解決策が挙げられるかを考えましょう。 行動に移せそうなあらゆる選択肢を用意し、積極的に提案しましょう。 問題の解決策は常に一つとは限りません。柔軟な思考をこらし、様々な解決策を用意します。 そして、上司や先輩などに「このように対応しようと考えているのですが、いかがでしょうか。」と提案をしてみましょう。 もしかしたら、あなたが考えた解決策がベストではないかもしれません。 しかし、大切なのは自分でしっかり考えることですから、120%の力で頭をフル回転させましょう。

行動力がある人の特徴と鍛える方法!行動力がない原因は?短所もある?

WURK

必要に応じて周りの助けを借りる

ミスを挽回しようとして、一人で一生懸命になるのは大切です。 しかし、失敗のスケールによっては、一人の力ではどうにもならないことってあります。 そういう時は、なるべく早い段階で、周囲の人に助けを求めるということも必要です。 例えば、30分後に始まる会議の資料を印刷し忘れていた場合、一人で印刷と製本、配布を行うのは無理があります。 一人でできるかもしれませんが、精度が圧倒的に下がってしまうので、ぜひヘルプを求めてください。 みんなの力を合わせれば、大きなミスでも必ずリカバリーすることができます。 チームワークを発揮し、支え合うことを意識してみましょう。

失敗から学ぶ

どんなに小さなミスでも、失敗から学べることはたくさんあります。 今後、二度と同じミスを犯さないように一人(もしくは職場の人と)反省会をすることも重要です。 「今回の失敗から学んだこと」と題し、失敗の原因、解決策、今後の対応方法などをまとめてみましょう。 自分専用の失敗対策マニュアルを作ったり、ノートにまとめたりして忘れない工夫をすることが大切です。 また、他のメンバーのためにも、失敗からの学びを周りに共有するとさらに良いです。 人の成功から学べることってたくさんありますが、同じように人の失敗から学べることもあるのです。 筆者の前職では、仕事でミス(顧客からのクレームなど)があった際、必ずマネージャーと反省会をしていました。 会社全体として「失敗から学ぼう」という雰囲気があったので、失敗しても深く落ち込まずに仕事ができていました。

反省はしつつ、失敗を前向きに捉える

失敗を認めることは重要ですが、いつまでたっても落ち込んでいては仕事に集中できません。 マイナスな思考が原因で新たな失敗を引き寄せてしまうことも。 なるべく失敗を前向きに捉えることも必要です。 例えば、 ・「どんな人でも失敗はする」と自分に言い聞かせ、「でも今後同じ失敗は繰り返さない」と意識する ・仕事の失敗で怒られても、「自分に期待してくれているんだ」と解釈する ・顧客からのクレームが入っても、「会社のサービスや商品のためを思って言ってくれているんだ」と感謝する など、ポジティブに考えられることはたくさんあります。 失敗が原因で周りから色々言われるかもしれませんが、それは全てあなたへの期待の現れです。

前向きになる方法と習慣・考え方!前向きな人の特徴と短所とは?

WURK

プライベートに持ち込まない

仕事で失敗をした日って、1日中落ち込んでしまうんですよね。 家に帰っても失敗したことを引きずってしまって、ご飯もろくに食べれなかったりしますよね。 考えているということは、それだけ真剣に仕事をしているということなので素晴らしいですが、プライベートの時間にまで仕事のことを考えてしまうと、心も体も休まりません。 楽しいはずのプライベートも台無しとなり、人生に嫌気がさしてしまうかもしれないので、仕事のことは考えないようにしましょう。 ですので、失敗してしまった日のアフターファイブは、いつもより充実した時間を過ごすと良いです。 例えば、マッサージに行ったり、友達とご飯を食べたりしてリフレッシュすることも大切です。 なるべく一人にならないように、なったとしても他に意識を向けるようにしましょう。

失敗続きの毎日なら、異動や転職を考える

一度や二度の失敗ならまだしも、毎日のように仕事でミスをしてしまう時。 そんな時は、もしかしたら今の仕事内容があなたには合っていないのかもしれません。 どんなに努力しても、意識をしていても、ミスを繰り返してしまうのであれば、もっと輝ける場所を探しましょう。 同じ会社でも部署異動することで、ミスが減るかもしれませんし、ガラッと仕事自体を変えてしまうと、もっと楽しんで働けるかもしれません。 人間には誰にでも向き不向きな仕事ってありますから、自分にとって最適の職場を見つけてみましょう。 もちろん、失敗をしたからといって、何の努力なしにすぐに仕事を辞めたりするのはいけません。 あくまで一生懸命努力をした結果、異動や転職がベストな解決策だと判断した時の話です。

仕事で失敗した時のNG行動

仕事で失敗をした時の自分の行動で、さらなる失敗を引き寄せたり、周りの人に不快感を与えた経験ってありませんか? ここでは、仕事で失敗したときのNG行動をご紹介します。 ここで挙げられる行動をしてしまっている場合は、直ちに自分の言動を見つめ直しましょう。

謝罪をしない

失敗をした時に謝罪をしないのはアウトです。 周りから「反省していない」と見られ、信頼を失ってしまいます。 よく、失敗を笑ってごまかそうとする人がいますが、それをやってしまうと、今後大きな仕事を任されることはほぼないと思っても良いでしょう。 百歩譲って、失敗の原因が自分以外にあったとしても、失敗という事実に変わりはないのですから、謝罪をするのは当たり前です。 自分のチームのメンバーや後悔がミスをしても、ミスを防げなかったあなたにも原因はあるのですから、他人の失敗は自分の失敗だと思って謝るべきです。 仕事だけに限らず、プライベートでも謝れない人って、人間性を疑われることになります。 一人の人間として、謝るべき時は素直に謝る意識を持ちましょう。

謝罪の言葉を連呼する

謝罪しないのも問題がありますが、「とりあえず謝っておくか」という軽い気持ちも問題です。 失敗をした時、「申し訳ありません!申し訳ありません!。。。」と謝り続ける人っていますよね。 確かに謝罪の言葉は必須ですが、謝罪の言葉を連呼したところで、失敗をごまかすことはできません。 表面上だけ謝罪するのではなく、誠意ある謝罪をすることが大切です。 「ただ謝れば良いと思っている」なんてマイナスに捉えられてしまう可能性もあります。必ず、「今後どうするのか」という情報とセットにして伝えるようにしましょう。

失敗を隠す

失敗した時、「バレなきゃ良いや」と思って隠したりしていませんか? それがどんなに小さな失敗でも、会社にとってマイナスなことであれば必ず先輩や上司に報告する必要があります。 例えば、寝坊をしても「朝からアポ直行と言っとけばいっか」とか、顧客とトラブルがあっても「バレていないだろうからこのまま隠しておこう」というようなことです。 隠した失敗が後から発覚すれば大惨事になりかねませんし、仕事が絡んでいる以上、報告の義務はあります。 失敗を素直に認め、全て正直に話すことで、相手の信頼を失うことを避けることができるかもしれません。 嘘をついて嫌なことから目をそらすことは止めましょう。

失敗を人のせいにする

失敗の原因が自分にあっても、つい他責にしようとしていませんか? 自分の責任を人に押し付けるのは避けるべきです。 例えば、「仕事が期限通りに終わらなかったのは、そもそも仕事が振られて来たのがギリギリだったから」とか、「忘れないようにリマインドしてくれなかったメンバーが悪い」とか。 自分の失敗を人の失敗にするのは、正直言ってサイテーですし、周りは嫌な思いをするだけです。 自分に責任がある場合は、しっかりとミスを認め、失敗の原因が自分にあることを打ち明けましょう。 もちろん、人の責任であればそれを無理やり自分の責任にすることはしなくて大丈夫です。

性格悪い人の性格と顔の特徴!原因と末路!付き合い方と好きになる理由

WURK

人間性が疑われる人の行動と発言の特徴とは?人間性のない人が人間性を高めるには?

WURK

言い訳をする

失敗した時に、何かと言い訳を並べる人っているんですよね。 「電話が途切れていて、正しい発注数が聞こえなかった」とか、「プライベートで色々あって仕事に集中できていなかった」とか。。。 中には呆れるような言い訳をする人がいますが、言い訳はすぐにバレてしまいますので止めましょう。 言い訳をすることで、無意識に自分の身を守ろうとしているんですよね。 正当な理由なら良いのですが、言い訳って聞けば聞くほど支離滅裂なんです。 自分のミスを指摘された時に「だって。。。」「それは違う」などと言い訳をするような口調は避けましょう。 言い訳をしても何の得にもなりませんからね。

逆ギレする

仕事の失敗を指摘された時、自分のミスなはずなのに逆ギレする人っていませんか? 周りはわざわざ失敗を指摘してあげているのにも関わらず、まるでこっちが悪いかのような口調で話す人です。 人に怒られることは良い気持ちはしないため、つい感情的になってしまう気持ちはわかりますが、決して逆ギレするようなことはしないでください。 人のミスを親切心で指摘してあげているのに「気付いたお前が処理しておけよ!」とか、「そんな難しい仕事できるわけがないでしょ!」とか、突然怒りのスイッチが入ってしまう人っているんですよね。 上記でご紹介したように、まずは深呼吸をして、ミスに気付いてくれる仲間がいることに感謝の気持ちを持ちましょう。 仕事でもそうですが、プライベートでも逆ギレすることはよくありませんよ。

短気な人の特徴と原因、職場や恋愛での対処法、治し方!長所とは?

WURK

「仕事ができない人間だ」と必要以上に自分自身を責める

失敗を「悪」と捉えている人は多いのではないでしょうか。 失敗した事実を認め反省することは大切ですが、失敗した自分を責める必要はありません。 失敗から学べることってたくさんあります。 むしろ、失敗をしないと気づけないことって結構たくさんあるんですよね。 人が成長をするためには、失敗することも必要なんです。 自分を責めることではなく、必要なのは、今後同じミスを繰り返さないために次に繋げることです。 失敗を反省し、「どうすれば同じミスを繰り返さないか」と考えることが重要です。

「自己嫌悪」に陥る人の心理は?自己嫌悪にならないための対処法も紹介

WURK

リカバリーを人に任せる

失敗の後処理を他人に全て任せることもよくありません。 自分の責任はしっかりと自分自身で追いましょう。 例えば、資料作成でミスをしてしまっても「じゃあ、気付いたミス全部直しておいて〜」と投げやりになるような人です。 リカバリーを人に任せるのは、責任感がなさすぎます。 もちろん、一人の能力や労力ではどうにもならないことってありますので、その際は周りの人に力を借りることは問題ありません。 大切なのは、人にも手伝ってもらうが、自分が一番真剣に取り組むという姿勢です。

自暴自棄になる

仕事で失敗をしてしまった時、つい自暴自棄になる人はいませんか? 仕事のミスをいつまでもずーっと引きずって落ち込んだり、反省すべきところをあっけらかんと開き直ったり。 失敗が原因で自分を取り乱す必要は全くありません。 上記で少しご紹介したように、仕事での失敗はどんなに注意していても起きます。 ミスをしない人なんておらず、どんな人でも失敗はします。 自分だけが特別だなんて思い悩む必要はありません。 失敗はみーんなします。尊敬している先輩や上司だってこれまでにたくさん失敗してきたはずです。

自暴自棄な人の心理と原因、立ち直り方は?自暴自棄な人の助け方とは?

WURK

恋愛で自暴自棄になったときの対処法【完全版】

WURK

失敗を恐れ、挑戦することから逃げる

仕事で失敗をした時、「もう失敗したくない」と自分の殻に閉じこもってしまう人はいませんか? 失敗を恐れ、新しいことに挑戦することから逃げてしまっても、成長できないまま時が経ってしまいます。 失敗はしてもいいんです。というかしてください。 やりたいことがあって、でも「失敗するかもしれないから」と躊躇している人は、人生後悔することになります。 「失敗してもいいからやろう」とポジティブな思考に切り替えることがとても大切です。 人生は日々挑戦ですよね。 挑戦することで人は成長できますし、人生をより豊かなものにすることができます。

現実逃避をする心理とは?現実逃避癖を治し方とうまい活用方法!

WURK

仕事で失敗して落ち込んだ時の対処法

仕事で失敗すると、多くの人が落ち込むと思います。 少しの間は落ち込んでいてもいいかもしれませんが、いつまで経ってもマイナスな気持ちのままでは、仕事に集中することができません。 そこで、ここでは、仕事で失敗をして、落ち込んでしまった時の対処法を5つご紹介します。

「失敗しない人はいない」と言い聞かる

失敗をして落ち込んでいる時、「どうして自分だけが失敗してしまうんだろう」と思っていませんか? そんなことはありません。誰でも仕事において失敗することはあります。 「自分だけが」なんと思わずに、「誰にでも失敗することはある」と思えば、気持ちが軽くなりませんか? 仕事ができる先輩も、みんなから信頼されている上司も、これまでにたくさんミスをしてきているはずです。 ぜひ、彼らの失敗談を聞いてみてください。「こんなにすごい人たちでも失敗するんだ」と失敗を前向きに捉えることができるかもしれません。

同僚や上司に相談する

自分なりにベストを尽くしても、仕事で失敗してしまう時は、ぜひ同僚や先輩、上司に相談してみてください。 自分では気づけない失敗ポイントを客観的に見てくれ、適切なアドバイスをくれるはずです。 「自分の失敗は自分の力でどうにかしなくてはいけない」と思っていませんか? 確かに、努力することは大切ですが、全てを一人で行う必要はありません。 職場のメンバーと協力することで、より効率的に楽しく仕事に取り組めるでしょう。 筆者の前職でも、常にメンバー同士で相談する習慣がついていました。 メンバーのためを思って常に全力でアドバイスをしてくれて、ミスを繰り返すことはほとんどありませんでした。 「こんな小さなことで。。。」とは思わず、ぜひ積極的に周りの意見を聞き入れてみてください。

無理しすぎない

落ち込んでいても仕事は仕事なのでやらなきゃいけない。そういう強い責任感は立派です。 しかし、気持ちが沈んでしまっている時に、無理をしすぎるのはよくありません。 無理をしてしまうと、仕事が捗らないばかりか、またミスを犯してしまうことになります。 心も体もボロボロになってしまい、仕事だけでなく普通の生活を送ることさえも困難になってしまうかもしれません。 落ち込んでいる時は、自分の心の声にしっかりと耳をすませて、ペースを落としたり一度休むことも大切です。 神経質になりすぎず、責任を追いすぎず、少しずつでいいのでミスを挽回していきましょう。

サポートしてくれる仲間がいることに感謝をする

失敗して落ち込んでいると、つい自分のことばかりを考えてしまいます。 「どうしてこんなミスをしてしまったんだろう」「何もできない自分はこの会社にいていいのか」と自己肯定感が低くなりがちです。 しかし、よく考えていただきたいのですが、あなたの周りには素晴らしい仲間がいます。 ミスを指摘してくれて、サポートしてくれる仲間がいることは奇跡に近いです。 そういう仲間に対する感謝の気持ちを持てば、「落ち込んでいる暇はないぞ!」と気持ちの切り替えが上手くできるかもしれません。 ぜひ周りの人に感謝の気持ちを伝えてみてください。 「ミスを指摘してくれてありがとう」「適切なアドバイスをくれてありがとう」と。 きっと会社全体の雰囲気が明るくなり、誰もがハッピーになるはずです。

あなたが思う程、周りの人は気にしていません

失敗すると、「周りのメンバーから嫌われたらどうしよう」「もう一緒に仕事したくないと思われてるよな。。。」と周りの目を気にしてしまいますよね。 しかし、あなたが思っているほど、周囲の人はあなたの失敗に興味がありません。 人は常に自分の仕事が最優先ですから、他人のミスに意識を向けることはしません。 他人が怒られていても「あ〜また何かやらかしたのかな〜」と軽く受け流します。 なので、必要以上に他人を気にすること自体が時間と労力の無駄です。 落ち込んでいるということは、それだけ真剣に仕事に取り組んでいるという証でもあります。 他人よりも自分に意識をしっかり向けて、再発防止に努めましょう。

他人に興味がない人の特徴と原因!改善方法はある?向いている仕事も紹介

WURK

心配性な人の特徴と原因、短所、コントロール方法、治す方法とは?

WURK

そもそも仕事で失敗しないために日頃からできること

仕事にミスは付き物とご紹介しましたが、日頃の行いでミスを防止することはできます。 ここでは、そもそも仕事で失敗しないために、心がけていただきたいポイントをご紹介します。

余裕のあるスケジュールを立てる

仕事で失敗しやすい人って、スケジュールを立てることを疎かにしていたり、現実味のないスケジュールを立てていたりします。 ですので、仕事でのミスを防ぐためには、余裕のあるスケジュールを立てることが重要です。 1日の仕事が始まる前に、1日の動きを把握していますか?タスクに必要な時間をしっかり見積もっていますか? ポイントは、朝出社して仕事に取り掛かる前に、今日のタスクを全て把握し、行動計画を立てることです。 午前中は集中力が最大に発揮されると言われているので、頭を使う仕事を午前中に、頭をあまり使わない楽な仕事を午後に回します。 そして、各タスクに必要な時間を見積もり、その時間内で仕事を完了させるようにしましょう。 ここで、「この仕事は1時間以内で終わるだろう」と曖昧な計画を立てることで、行動計画が狂い、ミスを犯しやすくなるのです。 「いつもメールは30分で書き終わるので、今日も30分で終わらせる」などとしっかりと作業にかかる時間を把握することが大切です。

作業の効率化を図る

仕事で失敗をしてしまう人の中には、仕事の効率が悪い人がいます。 何をするにも不器用で、ミスが生じやすくなってしまっているのです。 そんな方は、ぜひ仕事の効率を上げてみてください。 仕事ができる人に効率化アップの話を聞き、自分ができそうなことから始めてみましょう。 効率良く仕事をこなすためにできることは、 ・TO DOリストを作成する ・タスクの優先順位を決める ・マニュアルやテンプレートを利用する ・効率化UPのツールを使う ・やらなくていい仕事はしない などがあります。 仕事で起きる無駄をなくすことで、心に余裕ができて、仕事で失敗しにくくなります。

仕事内容をしっかり理解する

日々仕事に取り組む際、仕事の内容は100%理解していますか? ただなんとなく任された仕事を、なんとなくこなしていませんか? その「なんとなく」こそが、失敗を生む原因になってしまいますので、自分が関わる仕事はしっかりと理解するようにしましょう。 やるべきことがしっかりと理解できていれば、仕事で迷うことはないですし、ミスを犯すこともないでしょう。 仕事内容で、わからないことがあれば、上司や先輩などに聞いて不明点をクリアにしましょう。 筆者の前職の後輩は、任された仕事を完璧に理解していないのに関わらず「大丈夫っす!」とってやっていました。 しかし、いざ仕事を仕上げてくると、全く違う完成ぶりになっていて、結局私がやり直す羽目になってしまいました。 「ちゃんと理解していた?」と聞くと、「実は何をやればいいかわからないまま取り掛かっていました。」とのこと。 ちゃんと聞いてほしかったなと切実に感じました。(もちろん、確認しなかった私も悪いのですが。。。)

失敗ポイントをしっかり把握し、より集中力して仕事に取り組む

上記で、失敗を犯した時は分析と失敗を繰り返さない意識が重要であることをご紹介しましたね。 日々の作業で、「これはよくミスをしやすいタスクだ」と自分がよく失敗を犯す作業には、より集中して取り組むようにしましょう。 自分が失敗しやすいポイントを把握していれば、タスクに取り掛かる前に「注意しよう!」と意識を持つことができます。 高い集中力を持って臨むことで、同じ失敗を犯すことは少なくなるでしょう。 筆者はよく、メールのコピペによる間違え(名前や日付など)で失敗することが多いので、メールを作成する時は他の作業よりも集中して取り組んでいます。

確認作業を怠らない

仕事で起こるミスは、しっかりと確認をすることで防げます。 面倒くさいから、時間がかかるからと言って、確認作業を怠らないようにしましょう。 自分の失敗しやすい作業は、ダブルチェックやトリプルチェックまで丁寧に行いましょう。 他の人にも自分の仕事を確認してもらうと尚良です。 仕事をしていて「なんかいつもと違うな」と違和感を感じる時は、自分のその直感を信じて、いつも以上に時間と労力を費やしましょう。 筆者もメールを送信するまでは、必ず2回は内容を確認します。 文章量が多かったり、間違えを許されないメールは、少し時間の間隔をあけて内容を確認します。 不思議なことに、結局ミスや「もっとこうしたほうがいい」と思うポイントって出てくるんですよね。

メモを取る習慣をつける

あなたは、仕事でメモを取る習慣がついていますか? 人から仕事を頼まれたりした時に、ちゃんとメモをする習慣がついていれば、失敗を防ぐことができます。 その場でただ理解していても、時間が立つと「あれ、この仕事はどうするんだっけ」と忘れることがほとんどです。 そういう時に、メモがあれば会話の内容を思い出すことができ、頼まれた通りに仕事をこなすことができます。 常に手元にメモ用紙とペンを用意しておきましょう。自分の席を立つ時もです。 最近は仕事でパソコンを使う人も多いと思うので、パソコンのメモ機能を使えばより速くメモを取ることができます。

集中力を鍛える

人が仕事で失敗をしやすい時って、集中力が切れている時なんです。 そのため、日頃から集中して仕事に取り組むために、集中力を鍛えるということもやりましょう。 集中力を鍛える方法はたくさんありますが、例えば瞑想をしたり、「ポモドーロテクニック」を使って仕事をしたりするなどです。 「ポモドーロテクニック」とは、25分作業→5分休憩というサイクルを最大4回繰り返す時間管理術のことです。 諸説はありますが、人間の集中力継続時間は25分がベストと言われていて、集中して仕事をした後に5分仕事以外のことをやるというサイクルが非常に効果的だと言われています。 1時間頑張って10分休むより、25分頑張って5分休む方が、モチベーションも集中力も高く保ちやすいと思いませんか? ポモドーロテクニックは気軽に実践出来ると思うので、ぜひ今日の仕事から取り入れてみてください。

集中力がない原因と対処法、高める習慣!集中力がない人の特徴とは?

WURK

集中力を高める方法とは?集中力を高める食べ物・飲み物もある?!

WURK

失敗の対応方法を常に学び続ける

日頃から、失敗に対する意識を持つことは重要です。 自分の仕事で、どういう失敗が起きやすくて、起きてしまった場合にどう対応すべきかを日頃から考えるようにしましょう。 おそらく、あなたの周りの人もたくさんの失敗を犯してきたと思うので、先輩や上司、同僚や後輩などの失敗体験談と対応方法を聞いてみましょう。 自身が同じような内容でミスを犯してしまっても「そういえば先輩はこう対応したと言ってたな」と迅速にリカバリーすることができるはずです。 また、他の人が仕事で失敗をした時、フォローに入ることで学べることもたくさんあります。 「困った時はお互い様」という言葉があるように、周りの人と協力しあいながら日々の業務に取り組みましょう。

できないことはできないと言う勇気をもつ

自分の能力やスキル不足が原因で失敗を生んでしまうこともあります。 もしも先輩や上司に、自分では対応できない仕事を任されたら、できないと断る勇気も必要です。 できない仕事を引き受けて、後々「やっぱりできませんでした」という方が迷惑です。 それよりは、最初に正直にできない旨を伝えることで、失敗を回避することができます。 しかし、できない仕事をできないままにしておくのもよくありません。 能力不足であれば、一生懸命勉強をして、仕事を任せてもらえるようにすることも大切です。

適度な休息も忘れずに

失敗をしないために、意識を高めて仕事に取り組むことはとても素晴らしいです。 しかし、常に120%の力で走り続けると、体も心も疲れ果ててしまいます。 毎日頑張って働いているのですから、しっかりと休むことも大切です。 例えば、「この作業が終わったら10分休憩しよう」とか、「ちょっと疲れてきたから作業を止めてストレッチをしよう」とか。 どんなに短時間でも、ちゃんと休息を取れば、リフレッシュすることができます。 仕事で最大のパフォーマンスを発揮するためには、土日の過ごし方も重要になってきます。 プライベートを充実させたいからと週末も予定を詰め込むのも良いですが、たまには1日家に引きこもってひたすらダラダラする時間も作りましょう。

疲れが取れない原因と対処法、疲れにくい体作りの習慣とは?

WURK

それでも仕事で失敗が続く時の対処法

どんなに注意していても、「もう絶対失敗しない!」と誓っても、仕事で失敗が続くことってあるんですよね。 ひどい時はほぼ全ての作業で何かしらのミスをしてしまって、自信喪失状態になってしまうんです。 仕事で失敗の連続になってしまった時、どうすれば良いのかをご紹介していきます。

休暇を取る

仕事でミスが続くようであれば、一度しっかり休むことが大切です。 多忙な毎日を送っていて、自分が思っている以上に心身ともに疲弊している可能性があります。 何をやっても上手くいかない時は、有給などを利用して長めのリフレッシュ休暇を取りましょう。 そして、仕事のことを全て忘れて、心と体を休める時間を作ってください。 自然が豊かな場所に旅行に行っても良いですし、頑張っている自分へのご褒美でエステやマッサージなどに行っても良いでしょう。 リセットして、気持ち新たに仕事に取り組めば、失敗することは少なくなるはずです。 仕事ができない自分を責めるために休むのではなく、あくまで完全にリラックスするための休暇ですから、仕事のことは一切考えないようにしましょうね。

休日の過ごし方208選!女性一人もカップルも友達とも家族とも楽しめる休日ライフとは?

WURK

職場の人に相談をする

日頃から、周りに相談する習慣をつけておくと良いです。 「こんなことで周りに迷惑をかけたくない」と相談せずに過ごしている人をよく見かけますが、それは思い込みに過ぎません。 「そんなこと、もっと早く相談してくれてよかったのに!」と言われることがほとんどでしょう。 迷惑だとは思わずに、ぜひいろんな人の意見を聞いてみましょう。 特にリーダーや上司は、後輩の面倒を見ることが仕事ですから、迷惑だと思う必要はありません。 筆者も以前はよく「迷惑かもな」と思っていたのですが、ある日上司から「相談に乗ることが私の仕事だから」と言われハッとしたのを覚えています。 部下の失敗を把握し、成長するためには何が出来るかを考えることが上司の仕事なので、遠慮する必要は全くないのです。 そして、自分自身も周りの人の相談に乗ってあげるようにしましょう。 お互いに助け合うことが成長に繋がり、多くの起こり得るミスを回避することができるはずです。

自分を見つめ直す

仕事でミスばかりをしてしまう毎日。そんな時は自分と向き合ういい機会かもしれません。 毎日目の前の仕事に一生懸命になりすぎて、自分の内なる声に意識を向けられていない人って結構います。 失敗は何かのサインです。ぜひ自分を見つめ直す時間を設けてみてください。 なぜ最近はミスばかりをしてしまうのか、以前と今とで何の変化があるのか(心境、仕事内容など)、どうすれば失敗せずにすむか、自分がやりたいことができているのかなどを考えてみてください。 きっと、どこかに失敗が続いている理由が隠されているはずです。

自分がわからない人の心理と原因!自分を見つける方法とは?

WURK

異動

仕事で失敗ばかりしていると、「仕事辞めようかな」と考えてしまう人は多いでしょう。 しかし、退職することがベストな解決策だとは限りません。 もしかしたら、仕事内容が自分に合っていないだけかもしれません。 「他の部署だったらどうだろう」と社内での部署異動を検討してみてはどうでしょうか。 事務ではなく営業の方が合っているかもしれませんし、総務より秘書の方が適職かもしれません。 適材適所は、自分にとっても会社にとっても良いことですので、一人で悩まずぜひ上司に相談してみましょう。 他に興味のある部署があれば、ぜひその部署に所属している人に話を聞いたり、仕事を体験させてもらいましょう。 自分にとって最適なポジションを見つけることで、仕事での失敗は少なくなるでしょう。

転職

どんなに対策をしても失敗をしてしまう、他にできそうな仕事がない。。。 自分に合った仕事が今の職場で見つけらない時は、転職するのも1つの手段でしょう。 たまに、「転職は逃げだ」という人がいますが、筆者はそうは思いません。 自分にとってのベストな環境を探しているだけであって、転職は立派なチョイスだと思います。 何の努力もせずに不平不満を言いながら一つの企業に属している方が「逃げ」だと感じます。 これまでの経験の中で、自分にはどんな仕事が適しているのか、職場に求めることは何なんのかを明確にしましょう。 自己分析がしっかりできていれば、転職活動はスムーズに進むはずです。

仕事で失敗しがちな人におすすめの本

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?

「ミスしない」は、仕事の効率化&できる人になる、最短ルート! ミスは、「しないほうがいい」というような軽いものではありません。 「ミスをしない」ということは、それだけで信頼感が高まり、あなた自身の「強み」になるのです。

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

失敗エピソードだけにとどまらず、 子どもを勇気づけるための「心の教え」もそれぞれに掲載。

私、失敗ばかりなので:へこたれない仕事術

仕事で「やらかした……」と落ち込むあなたへ贈る、仕事のヒントが詰まった1冊。

まとめ

いかがでしたか? 今回は仕事での失敗についてご紹介してきました。 筆者もこれまでにたくさんの失敗を経験しました。 ・金額を間違えて顧客に請求。足りない分は会社が補うことに。 ・注文内容と異なる商品を提供し顧客からクレーム。 ・事前のリサーチ不足で移動手段がないことに気付く出張帰国日の朝。 ・男性上司を「お母さん」と呼ぶ。しかもタメ語で話してしまう。 などなど。。。 たくさん失敗もしましたが、職場のメンバーにも恵まれ、なんとか挽回し立ち直ることができました。 きっとこれからもミスすることもあると思いますが、自分なりに真剣に対応し、成長の機会だと思って精進してまいります。 最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事もチェック

仕事できない人の特徴と心理は?正しい接し方と対応方法とは?

WURK

我が強い人の特徴と心理!長所と短所は?対処法とは?

WURK

口下手な人の特徴と原因、治す方法、長所、接し方。恋愛傾向とは?

WURK

マウンティング男の特徴と心理!職場の同僚・上司の撃退方法とは?

WURK

ポジティブシンキングを身に付ける方法と習慣!デメリットもある?

WURK

凛とした人の性格や外見の特徴とは?凛とした人になる方法は?

WURK

生き急ぐ人の特徴と心理、メリット&デメリット、やめる方法とは?

WURK

心が折れる人の特徴と原因・瞬間、戻し方、折れない心の作り方とは?

WURK

嫌がらせする人の特徴と心理、対処法、仕返し方法、受けやすい人の特徴

WURK

おしとやかな女性の特徴とモテる理由、おしとやかになる方法とは?

WURK

「楽しいことないかな?」と感じる人におすすめのこと66選!

WURK

「自己憐憫」の意味と使い方!自己憐憫な人の特徴と心理、接し方とは?

WURK

「ポジティブ」とは?ポジティブな人の特徴となる方法!短所もある?

WURK

キャパオーバーになる人の性格と原因、サイン、対処法、予防策は?

WURK

働きたくない人の特徴と心理、対処法、おすすめの仕事、大学生はどうする?

WURK

「謙虚」の意味!謙虚な人の特徴と謙虚になる方法とは?

WURK

頭おかしい人の性格や行動の特徴と対処法【完全版】

WURK

気さくな人の特徴と恋愛傾向、長所、気さくになる方法は?

WURK

逆境に強い人の性格と行動の特徴!逆境を力に変える方法とは?

WURK

嫉妬する男女の心理と嫉妬時の行動とは?嫉妬しない方法は?

WURK

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 自己啓発
  3. 仕事で失敗した時の対処法とNG行動、立ち直る方法!仕事で失敗しない方法とは?