1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 嫌がらせする人の特徴と心理、対処法、仕返し方法、受けやすい人の特徴

嫌がらせする人の特徴と心理、対処法、仕返し方法、受けやすい人の特徴

「嫌がらせをされた」という経験があるという人は多いのでなないでしょうか。一口に「嫌がらせ」と言っても色々ありますよね。今回は「嫌がらせ」について詳しくまとめていきます。「嫌がらせ」をする人の特徴や嫌がらせされたときの対処法なども合わせて紹介しますのでぜひ参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

そもそも「嫌がらせ」とは

「嫌がらせ」の意味

「嫌がらせ」とは、「他人に対して意図的に不快な思いをすることをする・言うこと」です。 例えば、わざと聞こえるように「◯◯さんってさ...」と言われてそれを耳にしてしまうと不愉快ですよね。 このように、あえて本人に聞こえるように言って「不快な思いをさせてやろう」という気持ちをもってすることを「嫌がらせ」と言います。 発言だけではなく、相手が大切にしているものを傷つけたり、隠したり...といった相手を「困らせてやろう」と意図的にする行為も「嫌がらせ」になります。

「嫌がらせ」の種類

「嫌がらせ」と一言で言っても、「ちょっとからかってみただけ」というような、悪ふざけから、本人を精神的に追い詰めてしまうようなものまで様々な種類があります。 ちょっとした悪ふざけでも、受け取り手の精神状態によっては精神的に追い詰めてしまうことに もなります。 どういったことが「嫌がらせ」に入るのか、簡単にまとめます。

【学校や職場での嫌がらせ】 ・聞こえるように、容姿などの悪口を言われる ・学力や運動神経など能力をバカにされる ・名誉を傷つけられるような噂をたてられる ・無視される ・仲間はずれにされる ・必要なものを隠される・盗まれる ・暴力など危害を加えられる  など 【近隣住民の嫌がらせ】 ・深夜に大声で話すなどの騒音 ・他人の所有する敷地内へゴミを捨てる ・他人の敷地内に置いてあるものを持ち去る ・ゴミ屋敷など 景観を損なわせる ・悪臭を漂わせる              ・ピンポンダッシュ 【家庭内での嫌がらせ】   ・DV ・家庭内での無視 ・家庭内でのはぶり ・存在否定される ・暴言 嫌味 ・子供を虐待するような行為  など 【インターネット上でも嫌がらせ】 ・ウィルスが入り込むサイト・ソフトへの誘導 ・個人情報の抜き取り ・ホームページやSNSの乗っ取り行為 ・荒らし行為 ・掲示板への誹謗中傷の書き込み ・特定の人物になりすまして悪いこををする「なりすまし行為」  など 【その他】 ・ストーカー行為 ・盗聴行為

「嫌がらせ」の英語

「嫌がらせ」の英語は「harassing」です。 「ハラスメント(harassment)」の動詞形が「harass」です。 「harass」の形容詞形が「harassing」となります。 「nasty」も「いじわるな」という意味があります。 「say nasty things」で「嫌がらせを言う」という意味になります。

スラング英語「nasty」の意味とネイティブの使い方を徹底解説!!

eigobu.jp

嫌がらせする人の特徴|性格編

自己中心的

嫌がらせをする人って、自己中心的な性格をしていることが多いです。 例えば、相手に対してちょっとイラっとしてしまうことがあっても相手の立場にたって物事を考えることができる人であれば、「嫌がらせ」なんて行為をしようという思考にはなりません。 「許せない」「気に食わない」といった自分本位な感情で嫌がらせをしてしまうのは、自分中心で相手のことを考えられないからなんですよね。 いかなる時も自分の感情が優先で、「気に食わないから嫌がらせをしてやりたい」「困らせてやりたい」といった自己中心的な考え方だから嫌がらせをしてしまうのではないでしょうか。

ネガティブ

ポジティブな人って、基本的に前向きでHAPPYな気持ちで生活しているので嫌がらせなんて陰湿なことはしないんです。 嫌がらせをする人ってとってもネガティブ。 例えば、純粋に褒められているのに「嫌味を言われている」と感じたり、ちょっと目が合っただけで「睨まれていた」などマイナスな思考で捉えてしまうなど被害妄想が目立ちます。 そして、結果的に被害妄想なのにも関わらず「仕返しをしてやろう」「あいつにも嫌な思いをさせてやろう」という気持ちが大きくなって、嫌がらせ行為を本気でしてしまうのです。

すぐに感情的になる

人に嫌がらせをしてしまうような人って、自分の思い通りにならないことがあったり都合が悪くなったときにギャーンと感情がヒートアップしてイライラしてしまったりします。 自分の感情がすべてで、相手の気持ちを考えることができていない...というより他人の事を考えるつもりも余裕もまったくないのです。 それによって、衝動的に他人を不快な気持ちにさせる嫌がらせをしてしまったりします。 自分の不満や怒りを発散することしか考えていないからこそ、嫌がらせをしてしまうのでしょう。

自制心がない

嫌がらせをするような人って、自制心がないですよね。 一時的な感情で、苛立ったりして「痛いめにあえ!」と思ってしまうことがあっても自制心があれば嫌がらせをしてしまうようなことはないでしょう。 例えば、「こんなことをして相手を困らせてやりたい」と妄想をしたとします。 だいたいの人は心で思っても「そんなことをしてはいけないよな」という認識があるので、自制心を働かせて実際に行動をするということはないんですよ。 嫌がらせをしてしまう人は自分の感情や欲望を我慢できないんですよね。 だから感情的になって、嫌がらせをしてしまうのでしょう。

頑固

嫌がらせをしてしまう人には頑固な人も多いです。 頑固な人って、自分の価値観をなかなか曲げられないとことがあります。 とにかく自分の考え方が一番正しいと思っているんですよね。 例えば、部下に対して「何をやっているんだ!馬鹿野郎!」と罵声を浴びせてしまうなど自分の価値観を押し付けるような行為も相手にとっては嫌がらせになります。 自分にとっては「相手のためを思って言っただけ」であっても、結果的にそれが相手にとっては無理強いさせられている...という嫌がらせになってしまうのです。

気分屋

「◯◯は◯◯であるべきだ」など、頑固な考えを持っている人もいれば、日によって態度や気分が変わるという人もいます。 人の好き嫌いや立場だけでなく、その日の自分の気分に応じて接する態度を変えるのです。 特に女性は男性に比べると気分にムラがある人が多いです。 例えば女の子の日前後は無性にイライラする人も多いと思います。 気分が優れない日に他人に対して優しくなれず、ついひどい態度を取ってしまったり嫌がらせをしてしまうなんてことも...。 かと思えば突然親切に振る舞ってきたり、気分屋な人に振り回された経験がある人は多いのではないでしょうか。 自分の気分で相手を振り回してしまうのも、立派な嫌がらせ行為です。

ナルシスト

ナルシストのように自分が大好きなナルシストさんも多いです。 「私って本当に頭が良い」「スタイルが良い自分サイコー!」など、自分の外見や中身に対してとても自信があると、自己愛が強すぎるあまりに嫌な思いをしたときに、どうしても許せなくなってしまいます。 相手に仕返をしてスッキリしようと、嫌がらせをしてしまうのです。 自分自身を必要以上に褒めたり可愛がったりする態度が目立つ人は、何か気に食わないことが起きたときに、相手に対して攻撃的になる可能性が非常に高いです。

劣等感を感じやすい

「劣等感」とは、他人と比べたときに「どうせ自分はダメなやつなんだ」と思いこんでしまうネガティブな感情のことを言います。 劣等感を感じている時って、とっても苦しいですよね。 その苦しい感情をなんとかして消したいといった思いが「嫌がらせ」に繋がってしまうことがあります。 嫌がらせをして、他人に不快な思いをさせることで「自分のほうが上だろ」「自分のほうが強いだろう」という基準にしようとしてしまったり、劣等感でもやっとした気持ちを晴らそうとしてしまうのです。

空気が読めない「KY」

嫌がらせをしてしまう人って、空気読めない人が多いですよね。 「これをやったら嫌がるよな」「これを言ったら空気悪くなるよな」ときちんと考えられる人は、嫌がらせなんてしません。 「KY」な人は、人と常に正反対の言動を取ります。 ・笑うべきでない事に対してつい笑ってしまう ・順番を譲るべき所で自分が率先して先に行ってしまう ・何も言ってはいけない上司に対して平気で文句を言う などの行動が例に挙げられます。 上記のような言動を取られると周囲は凍りつきますが、当の本人は異変に気付きません。 もしくは気付いていたとしても何も感じないです。 「嫌がらせ」という異常な行動をとっているという自覚すらないことが多いのです。

相手によって態度や性格が変わる

接する人によって態度が変わる人っていますよね。 例えば好きな人の前だけでぶりっ子する「ぶりっ子ちゃん」ならまだ可愛い方です。 嫌がらせをするような人は自分の好き嫌いに応じて接する態度を変えます。 自分の好きな人や上司などに対しては、嫌がらせをしてしまうような自分の性格の悪さを全面的に隠します。 一方で、嫌いな人や部下に対しては性格の悪さを全面的に出したりするんですよね。 嫌がらせをするような人は、身近にいる人を「好きな人」「嫌いな人」で分けてしっかりと線引をしているという印象が強いです。

女性と男性で態度が変わる

嫌がらせをする人は、男性と女性とで接する態度が変わる時があります。 多いのは同性に厳しく、異性には優しい態度で接するタイプです。 上記でもご紹介したように、嫌がらせをするような人って自己中心的で「自分より注目を集めるようなやつはみんなライバル」のような意識が強いです。 そのため、つい同性に対して厳しい態度を取ってしまうのです。 反対に異性に対してはライバル意識を持つことが少なく、また自分を認めてほしいという思いが強いので、優しく接したりします。 このように男性と女性とで態度に差がある人は、同性に対して嫌がらせにはしる傾向があるので注意したいですね。

嫌がらせする人の特徴|言動編

高圧的

嫌がらせをしてくる人って、高圧的な態度の人が多いです。 例えば、 ・社内で自分より弱いと感じる人や気に食わない人に対して罵声をあびせる ・仕事などの頼み事をする時にかなり一方的 ・腕組みしたり眉間にシワを寄せるようなボディーランゲージが多い といった態度をとることが多いです。 高圧的な態度をとってしまうとそんな気がなくても相手に恐怖感を与え、「パワハラ」なんて言われてしまいます。 高圧的な態度で相手に従わせようとする人は嫌がらせをするタイプでしょう。

否定的な言葉を口にすることが多い

嫌がらせをするような人って、相手を自分より下だと見下す傾向にあります。 すぐに相手に対して否定的な言葉を口にすることが多いんです。 相手の気持ちを考慮する気なんて一切ないんですよね。 時に、相手が傷付いてしまうようなことでも平気で発言します。 「太った?」「肌汚いね」「どうしてこんな事も出来ないの?」など、思ったことをそのまま言ってしまいます。 相手を傷付けようという魂胆はなく、ただただ思ったことを口にしてしまうのです。 嫌がらせをしようという魂胆がなかったとしても言われたほうが傷つくので、嫌がらせをしているのと変わりません。

失敗話や不幸話が大好き

嫌がらせをするような人は、総じて言えば性格が悪いです。 「人の不幸は蜜の味」とよく言うように、人の不幸が大好きで噂話にとことん首をつっこむような人が多いです。 噂になる話って大半がマイナスな内容ですよね。 言っているほうは楽しいかもしれませんが事実とは異なる自分の情報を流されて良い気分になる人なんていませんし、当事者にとっては嫌がらせにしかなりません。 しかし、嫌がらせをするような人って当事者の気持ちにはなれないので噂話や不幸話がとにかくおもしろおかしく感じているのです。

他人の幸せ話には一切興味なし

上記で、嫌がらせをする人は性格が悪く人の不幸話が好きだとご紹介しました。 ということは、人の幸せ話は大嫌いということになります。 例えば、職場の人や友達がのろけ話をしていても無視をしたり、いちゃもんをつけたりして祝福しようとはしません。 確かにしょっちゅうのろけ話をされるのはキツいですが、大勢の人が幸せだと感じる話を素直に喜べずにグチグチ言ってきたり幸せをぶち壊そうとするのはただの嫌がらせですよね。

他人の欠点探しをいつもしている

嫌がらせをする人は、暇さえあれば他人のアラ探しをしています。 気味が悪いほどに人間観察をして、ほんの小さな欠点もまるで重大なことかのように受け取ります。 例えば歯に食べ物のカスがつきっぱなしだったり、そういうものに対してとことん攻めます。 欠点を探し、相手に伝えて相手が困っている姿を見て楽しむのです。 さらに悪質なのが、大勢がいる前であえて馬鹿にするように指摘をすること。 嫌がらせをする人は他人の欠点を自分の話のネタにすることが多いので、アラ探しされないようにしたいですね。

悪口をよく言う

嫌がらせをする人が大好きなのは、他人の悪口です。 人のことを悪く言うのが趣味で、基本的に人のことを良くは思っていません。 陰口を叩くのも十分性格悪いですが、本人を目の前に直接悪口を伝えるツワモノが多いのが特徴的★ 周りの人に対して「先輩は仕事ができないくせに偉そうな態度を取っている」「あの女は男の前でだけぶりっ子になってキモい」「あの男は私のタイプじゃないから近寄りたくない」など他人が傷つくような言葉を平気で並べられるのがすごい。。。 そもそも嫌がらせをする人って他人の悪口を言うことがストレス発散というか快感につながるので悪口自体をやめられません。 周りも同罪にしようとし「あ、ちなみにこの悪口はみんな言っているからね」と言うことも。 標的となってしまった人は、「不特定多数の人から悪口を言われている」「よく思われていないんだ」と感じ精神的に追い詰められてしまいます。

愚痴が多い

他人の悪口と同じくらいに多いのが愚痴です。 とにかく人生における愚痴が止まることはありません。 「仕事がつまらなすぎてやる気が起きない」「恋人からの連絡がとにかく面倒くさい」「人生ダルい」などと平気で言います。 誰だって仕事や私生活に対して少しの愚痴はこぼしますが、嫌がらせをする人の場合「少し」で終わらないのが特徴的です。 嫌がらせをする人って仕事やプライベートに対して満足していないことが多いのです。 「満足していないのであれば自分でどうにかすれば良い」とまともな人なら思いますが、そこに対する努力はありません。 いつでも「こうなったのは◯◯のせい」と人のせいにして、その腹いせで嫌がらせをしているのです。

すぐに嫌味を言う

嫌がらせをする人って、人を見下しているからなのか他人や物事に対してすぐに嫌味を言う人が多いです。 余計な一言がいつも多くて、相手を不快な気持ちにさせます。 例えば、「私だったらその選択はしないな(=よくそんなこと出来るね)」とか、「個性的でいいと思う(=変わってる人だね)」と言います。 嫌がらせをする人は、人の気持ちが考えられないので「バレていない」と思っていることが多いです。しかし、言われた側からすると嫌味で言われていることぐらいすぐに分かってしまいますよね。

嫌味を言う人の心理と特徴とは?うまい返しと対処法とは?

eigobu.jp

周囲への配慮や思いやりがない

嫌がらせをするような人は、思考の中心が常に「自分」なので、周りの人への配慮に欠けてしまいます。 日本独特の文化に「空気を読む」とありますが、性格の悪い人は空気が読めず(そもそも読もうとしない人も)周りを異様な空気に変えてしまうのです。 例えば、会議で1人だけずっと発言をしていたり、お菓子などを分ける時に人数を考えず欲しいだけ取ってしまったりなどです。 会社でも学校でも家庭でも「団体行動」は大切で、周囲と協力したりすることもある中で、常に自分のことしか頭にない人が多いです。

秘密を守れない

嫌がらせをする人は秘密ごとを守ろうとしない特徴があります。 仕事やプライベートなどで「ここだけの話。。。」と言われてもここだけにすることが出来ません。 なので、秘密にしていた情報が職場や友達などにすぐに流れてしまいます。 秘密に対する価値感が違うのかもしれません。 「秘密とか言っておいて本当は皆に話しているだろうから話そう」「こんなことバラしても別に大したことない」「秘密って何?」という状態です。 どんなに小さい秘密でも、話のネタにされてしまう可能性が高いので嫌がらせをするような人間には話さないことが賢明かもしれません。

人の手柄は自分のものにする

「お前のモノは俺のモノ、俺のモノは俺のモノ!」という名言(?)をご存知ですか? アニメ「ドラえもん」に登場するジャイアンの言葉です。 ジャイアンはよく「性格が悪い」というイメージを持たれますが、その原因はこの名言からもうかがえます。 嫌がらせをする人は、自分のためであれば他人の手柄をも奪い取ります。 例えば、チームの仕事をほとんど手伝っていないのに上司への報告で「ほとんど私一人でやりました」と平気で言うのです。 手柄が自分のものになれば、周囲からの評判も良くなり給料などにも反映されますよね。 嫌がらせを平気でするような人って、自分が評されるために平気で自分より下だと思っている人 を蹴落とすのです。

わざと他人の足を引っ張るような言動を取る

嫌がらせをするような人って他人の幸せを嫌うので、幸せを阻止するためにわざと足を引っ張るような言動を取ります。 例えば、同僚に昇進の話がふられてきたら、昇進を阻止するために同僚の悪口を言いふらします。 「いつも仕事の愚痴を言っていました」「仕事は真面目にせずに周りの人ばかりに仕事をさせていました」など根拠のない嘘も平気でつきます。 どんな手を使ってでも、他人が幸せになることを止めようとするなんてひどい嫌がらせ...。

人を利用する

嫌がらせをする人の中には、人扱いが荒く人を人のように扱わない人もいます。 例えば、自分の仕事だがやりたくない時に「○○さんの方が詳しいだろうからやってくれる?」とか、「外営業に行くついでに私のお昼ご飯を買ってきて」などです。 人に何か頼む時は、本当に頼む必要があるのか、その場合はどういう言葉を使うべきかを慎重に考えるのが普通ですよね。 むしろ「自分のほうが立場が上だから当たり前」などと思っているので、人を利用していると思っていない場合が多いです。 しかし、いつも利用されている側からしたら、いつも身勝手な要求をされて「こんなのただの嫌がらせだ」と思っています。

嫌がらせする人の心理・原因

他人を認めることができない

嫌がらせをする人って、とにかく他人を認めることができない人が多いです。 自分が一番と思っていて人を常に否定的な目線で見ている点から、相手の良いところがあったとしてもそれを伝えることを苦手としています。 むしろ蹴落としたいという気持ちでいっぱいになってしまいます。 だから、ついつい相手のあら捜しをして常に悪い部分を見ようとするし相手の評価が落ちるような根拠のない噂話を流すといった嫌がらせをしてしまいます。 とにかく「相手のいいところを認めたくない」「周りの人にも認めてほしくない」という気持ちが強いのです。

モラルや常識がない

嫌がらせをしてしまうのは、極端にモラルや常識が欠けているからでしょう。 常識やモラルがないから、周囲に迷惑をかけたり他人に嫌な思いをさせることに対して何の罪悪感も感じないのです。 例えば、店員に対してタメ口かつ「お客様は神様だ!」的な口調で話すような人です。 周りから見ると「偉そうな態度を取っている」「嫌がらせをしている」と映りますよね。 人の気持ちが考えられないからこそ、嫌がらせをしてしまうのでしょうからモラルや常識にかけている部分があると思われてしまっても致し方のないことです。

何かを根に持っている

上述しましたが、嫌がらせをする人ってネガティブだしちょっと被害妄想が激しいところもあります。 例えば、相手に対してなにか傷つけるようなことにを言ってしまって謝ったとします。 その場では、「うん、いいよ」と言っておきながら、永遠に傷つけられたことを根に持っているんです。 そして、「いつか仕返ししてやろう」「この気持をスッキリさせたい」などと思っていて、ここぞというときに嫌がらせという行為をしてきます。 嫌がらせをした原因を聞くと意外と「昔バカにされたことがある」とか、「そんなこと!?」と思ってしまうようなことだったりするんですよね。 根に持ちやすいからこそ、モヤモヤした気持ちをスッキリさせる為に嫌がらせをしてしまうのです。

嫉妬心

嫌がらせをしてしまう人は、だいたい劣等感が強いということを上述しました。 強い劣等感を感じていると「この人は自分より優れている」と感じた途端抑えきれないほどの嫉妬心に見舞われます。 嫉妬心から解放されたい、相手よりも自分のようが幸せになりたい、といった感情が強いからこそ自分の身を守ろうとするあまり、嫌がらせをして攻撃をしてしまうんです。 自分よりうまくいっている人や、幸せそうにしている人をみて嫌がらせしてしまうなんて嫉妬心って本当に醜い感情ですよね...。

自分の存在を認めて欲しいと思っている

人に自分の存在を認めて欲しいと強く思っている人も、嫌がらせ行為をしてしまうことがあります。 承認欲求は人間だれもが持っていますが、この承認欲求が強すぎると行き過ぎた言動を取ってしまうことになるのです。 例えば、上司に認めて欲しいがために同僚の手柄を自分の手柄にしてしまうなどのことです。 自分の存在を認めてもらえるのであれば、たとえそれが嫌がらせ行動だとしても実行してしまうんです。そこに自制心はありません。

現状に満たされていない

自分の置かれた現状に満たされていないと、周りが満たされているように見えて疎ましく思ったり反発したりしてしまいます。 なんとなく「現状を打破したい」と思っているのにどうすればいいのかわからなかったりしてモヤモヤしてしまうことってありませんか? 例えば自分の恋愛が上手くいっていない時は、彼氏と幸せそうな女性に対して妬みの感情が生まれます。それが嫌がらせ行為に繋がるのです。

恋愛感情がある場合も

恋愛感情があり、それを誤魔化すために嫌がらせをしている可能性もあります・・・! これは典型的な中二病ですね。。。 ただ大人でもこういう人は実際にいるので注意です。 恋愛感情があるのに嫌がらせをするといった行動は心理用語で「反動形成」といわれます。 「反動形成」は「防衛機制」の1つです。 「防衛機制」とは、合理的な解決ができず感情が抑圧された時の心理メカニズムといいます。 「防衛機制」にはたくさんの種類があり、周りの人の様々なことが当てはまるので調べてみると面白いですよ!

嫌がらせを受けやすい人の特徴

自己主張をすることが少ない

嫌なことを「嫌」とハッキリ言えないなど、自己主張をすることが少ない人は嫌がらせのターゲットにされやすいです。 嫌がらせをしようと思ったところで「ちょっと、それ嫌がらせですよね?やめてください」など、正論をぶつけてくる人を相手してしまったら、気持ちが晴れるどころがモヤモヤしてしまいます。 「弱い者いじめ」とよく言うように、言いたいことを言うことができなかったり、文句を言うことができないような人に嫌がらせを働く人が多いんです。

優しくて素直

素直な人って、嫌味を言ったしても素直にその言葉を受け止めます。 嫌がらせをする人にとって、自分の言ったりやったりしたその嫌がらせを素直に受け止めて不快な思いをしたり、苦しんだりしているほうがすっきりとするわけです。 上述したように、「嫌がらせするな」と文句言いそうな人には嫌がらせたくないんです。 素直で優しい人だからこそ、ついつい嫌がらせをしてしまいたくなるのでしょう。

ルックスが良い人

ルックスが良い人というのは、とにかく妬まれやすいですよね。 上述したように、「顔面偏差値が高いのが気に食わん」として嫌がらせをする人が多いんです。 顔がいい相手が存在するというだけで、嫉妬心に狂ってしまいます。 そして、あら捜しをして何とかして評価を落とそうとします。 ルックスが良いと異性からチヤホヤされやすいですし、そういったところもまた嫉妬心に火をつけてしまうのでしょう。

周りの人から好かれているいい人

ルックスが良い人と同じように、男女問わず周りの人から好かれている人も嫌がらせを受けやすいです。 嫌がらせをしてしまう人って、なんとなく自分より人生が上手くいっているような幸せそうな人がとにかく気に食わないんですよね。 それは、本当は自分がその立場でありたいという嫉妬心だったりすることが多いです。 好かれている人は好かれている人で、普段色々なことに気を使っていたり努力をしているのにそれが全くわかっていないんです。 羨ましいなら自分も同じように人から好かれるように努力すればいいのに...!と思ってしまいます。

仕事ができないなど足をひっぱりやすい人

何度言っても同じミスを繰り返したり仕事がとにかく遅いなど周りの人の足をひっぱりやすい人は、イラっとさせてしまうことが多いため嫌がらせをされてしまうことが多いです。 全員が全員おおらかな人だったらいいのですが、イライラしてついつい嫌がらせをしてしまう人も がいるのです。 ちょっとピリピリしているときに、ミスをされて罵声を浴びせてしまうなど本人も無意識のううちにストレスのはけ口にしてしまうんですよね。 思わずイラっとしてしまった気持ちをぶつけてしまって、歯止めが効かなくなりどんどん嫌がらせがエスカレートしてしまいます。 中には一緒に仕事をするのが嫌で、嫌がらせをすることで精神的に追い込み退社させてやろう...なんて考えている人もいます。

嫌がらせへの対処法|職場編

何をされても泣かない

嫌がらせをする人って「相手を傷つけたい」「嫌な思いをさせたい」と思っているので、泣いたりしてしまうと相手の思うツボなんです。 さらに、メンタルの弱さを見せられると怯むどころか余計におもしろがって嫌がらせがエスカレートしていってしまう可能性があります。 例えば何かミスをして怒られてしまったときは、「同じミスを繰り返さないこと」が大切です。 しっかりと謝罪をして反省の気持ちを伝えましょう。 その後にネチネチしつこく嫌味を言われたりされても気にすることはありません。 「また同じこと言ってるよ・・・しつこいな。」と心の中で思っておきましょう。

相手に敬意を見せまくる

嫌がらせをしてくる人って、プライドが高くて自分が優位にいないと気が済まないような人が多いです。 「嫌がらせされてるかも」と思ったら、接触するときにとにかく相手に敬意を見せてみましょう。 「私はあなたを凄いと思っています」「尊敬しています」という姿勢を見せることで、標的にされる確立はグンと下がりますよ。 ・すごいですね! ・尊敬します! ・〜させていただきありがとうございます というように、感謝の気持ちを含めて相手にきちんと直接伝えましょう。 側にいて良い気分になれる人には親切にしたくなるものです。 筆者もパートのおばさんに嫌がらせをされたとき、心の中では「この糞ばばあめ」と思っていましたが「〜のコツを教えていただきたいのですが!」とか言って滅茶苦茶下手に出る日々を暫く過ごしたらぴたりと嫌がらせが止まったどころか気に入ってもらえました。

自分の悪口が聞こえてきても無視!

例え社内で集団で自分の悪口をいっているのが聞こえてきたとしても、無視しましょう。 上述しているように、嫌がらせをするうような人って悪口を言っている対象人物が「傷ついている姿」「落ち込んでいる姿」を見ても「悪いことをしたな・・・」なんて反省はしません。 「やってやったぜ!」とむしろ清々しい気持ちになっています。 「あいつの周りからの評判が落ちればいいのに」と思いながら嫌がらせをしているので、「悔しい」という気持ちを嫌がらせをしてくる人に仕返しをすることに使うのではなく、「努力を誰よりもして、仕事で成果を出す・認められる」ということに使いましょう。 嫌がらせをしてくるクズ野郎のために時間や労力を無駄にしてしまうのはもったいないですよ。

記録をとっておく

嫌がらせをされても気にしないことが一番ですが、どうしてもストレスで堪えられないというときは、何をされたのか一つ一つ記録しておきましょう。 ・いつ ・どこで ・何を言われたか ・何をされたか メモをとって、周りに他の人がいるような場合は「そんな事なかったですよ」と言われてしまわないように話をしておくといいでしょう。 話をしておくことで、何かあったときの証人になってもらえるので予め普段から周りにいる人にはお願いをしておきましょう。 できればレコーダーで一部始終のやりとりを録音しておくといいですね。 危害を加えられた場合は、写真を撮って証拠を残しておくことを忘れずに。

パワハラの場合は会社の上層部の人に相談

会社であまりにも苦痛に感じるような悪ふざけを越えた嫌がらせをされている場合は、「パワハラ」にあたる可能性があります。 明らかに「指摘」や「指導」の粋を超えているという場合やとにかく精神的に苦痛でしんどいという場合は、会社の上司、または会社の上層部の人間に相談してみるといいでしょう。 きちんとしている会社であれば、対応してもらえるはずです。 結局嫌がらせをしてくる人は自分の評価が落ちることを恐れているので、上の人間に注意を促されるのがやっぱりいちばん効きます。 しっかり証拠をもって報告してみましょう。

自分の「居場所」をもう一度考え直してみる

その職場で働くことだけがすべてではありません。 そもそも自分の居場所は「職場」ではありませんから、今一度自分の心安らげる居場所を考え直してみてください。 「たかが仕事の人間関係であり、自分の居場所は別の場所にある」と思えるだけで気持ちが楽になれるはずです。 また、どうしても辛いなら転職を視野にいれるべきです! ぜっっったいにもっと良い環境の職場があるはずですよ。 一つの場所にこだわり続けず視野を広げてみましょう。

嫌がらせへの対処法|友人編

反面教師にする

嫌がらせをしてくるような友達が近くにいる場合、ぜひ「反面教師」として学びましょう。 性格悪い人から学ぶなんてなんだか気が乗らないかもしれませんが、それは絶好の機会です。 例えば、口調がきつくてこちらが嫌な思いをした場合は、「人はこういう言い方だと傷つくから自分はもっと優しい言葉を使おう」と自分の言動を見直すことができます。 自ら率先して「反面教師」になってくれていることに感謝の気持ちが芽生えてくればとても素晴らしいです! 「反面教師になってくれてありがとう」なんて言う必要はありませんがね。。。!

真に受けない

嫌がらせをしてくるような友達っていろんな話をします。 しかし、そんな話は全て真に受けずに聞き流すように心がけましょう。 他人の悪口や仕事の愚痴など、耳をふさぎたくなるような話ばかりが飛び交っていることでしょう。 それらをいちいち真に受けているとこちらの精神が保たないですし、真に受けたところで得することはひとつもありません。 嫌がらせをする友人が何か言葉を発し始めたら、自分の中でミュートボタンを押してみましょう。 もしくはその場から姿を消すという方法もあります。「ちょっとトイレ〜」などと言って逃げ切ってみてください。

「かわいそうな人」という見方をする

嫌がらせをしてくる友人がいて、その人から何か言われたりされたりするとムカつく気持ちはとてもよくわかります。 つい言い返したくなったりなりますが、そこで相手をしてしまうとこちらの負けです。 嫌がらせをする友人を向き合う時は、自分の心の中で「あの人はかわいそうな人」と呪文のように唱えてみてください。 そうすると「相手をする必要はなし」と不思議と気にならなくなります。 そして存在を忘れて自分のやるべきことだけに集中しましょう!

二人きりで会う

嫌がらせをしてくる友人って周りに人がいると粋がって嫌がらせをしてくるだけであって、二人っきりだと勢いがなくなることが多いです。 人が多いと、おもしろがってしまうんですよね。 そして、嫌がらせをすることで自分の強さを示したいというまさにいじめっ子の神経です。 なので、何かどうしても会わなければいけない用事がある時は、二人きりで会うことをオススメします。二人きりのほうが、万が一なにか言われたときも自分の気持ちを伝えやすいのではないでしょうか。 関わらないのが一番ですが、そういうわけにもいかない時ってありますよね。友人ですし。 そういう嫌がらせをする友人とはグループで仲良くせず、一人ずつ関わりましょう。

自分の話はしない

上記でご紹介したように、嫌がらせをするような人って人の悪口や噂話など人の話を自分のネタにして使います。 ですので、嫌がらせをするような友人に自分の話を極力しないようにしましょう。 つい仕事の愚痴やプライベートの話をしたくなる気持ちはすごくわかります。 しかし、相手は違う解釈をして話をねじったり盛ったりしてすぐ他の人に話します。 一番危険なのが仕事における人間関係の愚痴でしょう。 「上司がムカつく」なんて言ってしまったら、直接上司にその愚痴を伝えられてしまう可能性があります。 信用できるような人ではないので、必要以上のことは話さないようにしたほうが身のためです。

「性格が悪いね」と伝えて縁を切る

極論ですが、嫌がらせをする友人なんかとは関わらないほうがいいです。 嫌がらせをする友人と付き合っていくのって、本当に疲れますよね。 そういう人とのうまい付き合い方は、「関わらない」ことです。 一緒にいたくないと思う人とは一緒にいなければいいのです。 自分の人生のためにも、早いうちに関係を断つのが賢明な判断でしょう。 そうは言っても仕事の付き合いやママ友となるとなかなか関わらないことはできませんよね。 そんな時は、こちらから積極的に声をかける必要などはないので、最低限の付き合いで済ませましょう。 嫌がらせをしてくる友人に気を遣う必要は全くありません!

自分の人生にだけ集中をする

人生の主人公はあなた自身です。 嫌がらせをする友人が周りにいても、ぜひ自分の人生にだけ集中してほしいです。 自分の貴重な時間を、他人のことを考えて(しかもネガティブな事)過ごすのはとてももったいないです。 嫌がらせをする友人と付き合っていく必要があっても、それはそれと割り切ってそれ以外は自分のことに集中できるとステキな人生が送れます。 私も以前は何かと嫌がらせまがいなことをしてくる友人のことで悩まされていましたが、悩むこと自体が無駄と気付き今は止めました。 前にも書いたように「かわいそうな人」と思って相手をせず、自分の人生のために過ごせるようになりました。

嫌がらせへの対処法|近隣編

家族や友人など周りの人に相談する

近隣住民に嫌がらせをされたら、まずは一人で悩まずに家族や友人など周りにいる人に相談をしてみましょう。家族など自分を守ってくれると感じる人に話せると、精神的にも安心できます。 とりあえず話を聞いてもらって自分の気持ちを楽にすることを考えましょう。 自分でどうすればいいかわからなくても、良きアドバイスをくれるかもしれません。 「自分には味方がいる」と思えるだけで、解決に向けて戦ってみよう!と思えるはず。 一人で抱え込まないことが大切ですよ。

動かぬ証拠をGETする

身近な人に相談をして精神状態を正常に保てたら、嫌がらせをしている人を特定しその人が嫌がらせをしているという動かぬ証拠をGETしましょう。 いくら嫌がらせをしている本人に直接話そうと思っても「自分じゃない」と言われてしまえば、証拠がない以上問い詰めることはできませんよね。 監視カメラをつけたり、程度によっては探偵を雇ってもいいです。 証拠は嫌がらせを辞めさせる大きな武器になりますから、平穏な生活を取り戻すためにも少々お金がかかってでも証拠は必ず集めておきましょう。 近隣の嫌がらせをしている人を特定するのは難しいですが、泣き寝入りするはめにならないようお金をかけてでも粘ったほうが今後の為です。

直接本人と話してみる

証拠をGETすることができたら、いよいよここからが本番! 証拠をもって直接本人と話してみましょう。 直接話すのが心配であれば、「内容証明書」と郵送で送りましょう。 内容証明書には、今まで受けてきた被害を記載します。 内容証明書の場合、その書類を一定期間無視をしても「内容を認めた」ということになります。 さらに、内容証明書は多くの場合訴訟の証拠として取り扱われるものなので、内容証明が届いただけでビビって嫌がらせをやめるという可能性も高いです。 ただし、内容証明の書き方や郵送の仕方については決まりがありますのでミスのないよう注意をしましょう。

警察に相談する

本人と直接話しても埒があかないといときは、警察に相談をして間に入ってもらいましょう。 嫌がらせの内容によっては、犯罪として取り扱われる可能性もあります。 特に「器物破損」「盗難」など、あきらかな犯罪の場合はとにかく早急に警察に相談するべきです。 警察に相談することで、事件性のあるものであれば嫌がらせをしている人は連行されてしまいますし、警察からの厳重注意をうけることで嫌がらせがピタリと止まるなんてケースもあります。

嫌がらせされた時のNG行動

相手の感情に振り回される

嫌がらせをされたときって、イラっとしたり悲しかったり精神的にやられてしまいますよね。 しかし、相手も感情的になって嫌がらせをしているだけかもしれません。 嫌がらせをしてくるような人って、嫌がらせをしてくる割にやたらと親切にしてくるときがあったりなどわけわからないなという時ありませんか? そういう人の感情に振り回されるのは時間の無駄です! とにかく気にしないことが一番。 「また何か言ってるな」ぐらいの気持ちでドシっと構えましょう。

証拠を消してしまう

嫌がらせをしてくるような人とは早く縁を切りたいですよね。 またイラっとしたり、感情的になってついついLINEをブロックするなど連絡手段を遮断してしまうことが多いのではないでしょうか。 しかし、それでは自ら証拠を消してしまうことになります。 LINEなどは、ミュートをする未読無視といった対応を! LINEも立派な証拠になりますし、そのまま残しておくか内容を印刷しておくなどしてブロックするのは解決してすっきりした後にしましょう。

共通の知り合いに愚痴る

嫌がらせをされたらそりゃ愚痴りたくもなりますよね。 しかし、例えば社内で嫌がらせをされた時に同じ社内の人に愚痴るのは危険です。 愚痴はさらなるトラブルを招く可能性が高いので、愚痴るなら家族など共通の知り合いではないほうがいいです。 愚痴を言われていることを知ったら、嫌がらせがエスカレートしてしまう可能性がありますからね。 社内の人であれば、「報告」という形で上司に話すなど、然るべき方法をとったほうが余計なトラブルを防げるでしょう。

仕返しを計画する

嫌がらせをされたら、やり返したいと思ってしまいますよね。 しかし、だからといって仕返しを計画するのは避けましょう。 嫌がらせをするようなクズと同類になってしまってもいいのか、今一度冷静になって考えるべき。 嫌がらせするような人間になるぐらいなら、嫌がらせをされる側でいて「この人可愛そうだな」と思いながら過ごしたほうがよっぽど良いです。 嫌がらせをするような人は、いつか必ず地獄に落ちます! 幸せになんてなれるわけないんですよ。顔もどんどん歪んでいきますしね。 地獄に落ちていく様子を高見の見物しておきましょう。

嫌がらせする人への仕返し方法

仕返しはNG行動であることはすでに触れました。 それでも嫌がらせをされると仕返ししたい!と思ってしまいますよね。 でも、嫌がらせする人に仕返ししてしまっては、あなたも同じレベルの人間になってしまいます。 よって、最大の”仕返し”は、あなたの人生をより充実させて、全く違うレベルで生きることなんです。 そこで、嫌がらせする人への最大の仕返し方法である、「リア充になる方法」を紹介していきます!

資格を取るなど自分のスキルを磨いて評価を得る

職場の人に嫌がらせをされた時のもっとも効果的な仕返しは、やっぱり嫌がらせをしてくる人の能力を越すことではないでしょうか。 嫌がらせをされているのは確かに精神的に参ってしまいますが、その悔しい気持ちをバネにして資格を取るなど自分のスキルを磨くことに精をだしましょう。 時間は有限です。くよくよしたり、嫌がらせをしてくるような人に悩まされている時間はもったい! スキルアップをすることで、自信をもって仕事をすることができますし、自ずと周りの評価もしっかりあがってきます。 ちゃんと見ててくれる人は必ずいますから、嫌がらせをしてくるような人の能力を越してギャフンと 言わせてしまいましょう。

自分磨きをして人間力を高める

仕事での能力アップも大切ですが、自分磨きをして魅力的な人間になりましょう。 見た目にきちんと気を使い、さらに人間性を高めていくのです。 嫌がらせをしてくるような人間なんてどんなに仕事上での能力を認められていたとしても、クズはクズ。。 なので、反面教師にして自分はとにかく人間性を高めていきましょう。 人間性の高い人間は、自ずと周りから認められていきますし、チャンスを掴む機会も多いです。 嫌がらせをしているような人間よりよっぽど充実した毎日が送れますよ。 自分磨きの方法や、人間性の高め方について詳しく紹介している記事があるので、ぜひそちらも参考にしてみてください↓↓↓

外見&内面の「自分磨き」の方法とは?自分磨きの趣味&ノート&アプリも徹底紹介!

eigobu.jp

人間性を養い高める方法【完全版】

eigobu.jp

魅力的な恋人をGET

自分磨きをして、さらに人間性を高めることができれば魅力的な恋人をGETできるチャンスも! 上述しているように、嫌がらせをするような人って「嫌な思いをすればいい」「不幸になればいい」と思っているので、魅力的な恋人と幸せそうにしている姿をみると敗北感に襲われます。 嫌がらせをするような人に魅力的な恋人ができるわけないですからね。 例えいたとしても、ハッキリ言って低レベルな人間同士の付き合いに決まってるんですよ。 なので、とにかく魅力的な人間になって素敵な恋人をGETしちゃいましょ!

待遇の良い会社へ転職してお金持ちになる

スキルアップをすることが仕返しになると上述しましたが、スキルが身に付けば良い会社へ転職することも可能です。 例えば、友達に嫌がらせをしてしまうような人ってきっと生活に満足しできていなくて、そのストレスをプライベートで発散しているという可能性も高いです。 なので、待遇のいい会社へ転職して、嫌がらせをしてくる人の数億倍も稼い思いっきり見下してやりましょう。 お金があればそれだけ色々なことに挑戦できますし、人生の経験値を高めることができます。 それだけではなく、社会での地位もどんどん上になっていく....。 今まで嫌がらせをしていた人が自分よりも稼いで充実した生活を送っていたら、悔しい〜!ってなりますし、「自分何してるんだろ」なんて惨めに思えてくるのではないでしょうか。

芸能界へ入る

いじめていた人をギャフンと言わせたくて芸能界入りをする人って案外多いです。 「見返したい」というきっかけではなくても、いじめを経験している芸能人は沢山いますよね。 キラキラ輝く芸能界で生き生きと働く彼らを見て、いじめていた人達は自分を惨めに感じるでしょう。 好きな芸能人目当てに、手のひらを返したように接してくるかもしれません。 そうなったらこっちのもの!久しぶりに連絡が来た時に「失礼ですがどちら様でしたっけ...」と言ってやればいいんです。 とっても気持ちいいでしょうね。 思い切って芸能界を目指してみてもいいかもしれません。

嫌がらせする人の末路

職場の人、友達、家族からの信頼を失う

嫌がらせをする人のほとんどが経験することになる末路は、周囲からの信頼を失うことです。 嫌がらせのような姑息なことをしていると、バレ無いと思っていてもいつかはバレます。 そうすると職場、家族、友達など、身近な人からの信頼を失い、その信頼関係を修復することは難しいでしょう。 周りの人は性格の悪い人に対して、一度は信頼関係を築くことを望んだかもしれません。 しかし、高圧的な態度だったり人が不快に思うような言動で接せられると、人は信頼する意味を見いだせなくなります。 気づけば周りに誰も頼れる人がいないというシチュエーションも考えられます。

職を失ってしまうこともある

職場で嫌がらせしていたことを訴えられてしまうと、職を失ってしまう可能性も高いです。 解雇にまでならなくても、なんらかの処分をうけることでしょう。 そうなると、そもそも職場居づらさも感じるでしょうし、上司や部下、同僚からも信用を失い仕事がやりにくくなってしまうので、自ずと退職の道を選択することになるかも。 転職ってなかなか簡単なことではありませんよね。 特に家族を養う立場であればそんなに簡単に職を変えられないと思いますので、しばらく自分自身がしんどい思いをすることになってしまうでしょう。

独りぼっちになる

ご近所に嫌がらせをする人、職場で嫌がらせをする人、友達に嫌がらせをする人、家族に嫌がらせをする人、みんなともに最終的に職場で孤立状態になります。 仕事中はもちろん、ランチなども誘ってもらえずにひとり飯になってしまうことでしょう。 「独りぼっち」って寂しいですよね。 例えば職場で孤立してしまうと、仕事が思うように進まず残業ばかりになったり、人間関係で悩み体調を崩してしまうこともあります。 一般的な社会人であれば1日8時間以上は拘束される環境ですので、独りぼっちでいづらい環境は正直心にも体にも良くないです。 一度孤立を味わうと、なかなか元通りにはならず最悪部署異動や転職などを余儀なくされる場合もあるでしょう

友達がいなくなる

仕事だけでなく、プライベートでも信頼関係を失ってしまうと友達は離れていってしまいます。 友達との時間が減ったり無くなると、プライベートの充実感が一気になくなります。 職場の人は仕事なのでなんとか付き合っていかなければなりませんが、友達はそうではありません。 一生友達でいる必要はないので、「あの人と付き合うのはもう止めよう」と思うのは自由です。 嫌がらせをする人は、友達関係があまり長く続かないので友達が頻繁に変わります。 仮に長い間友情関係が続いているような人は「似た者同士」なのでしょう。

誰からも助けてもらえなくなる

嫌がらせをする人が一番困るのが、自分が困っていて助けてほしいときです。 信頼もありませんし、そもそも嫌がらせをするような人間を誰が時間と労力を使って助けたいと思うでしょうか。 いつも自分勝手で、人に嫌がらせをしていたような人がいざ自分が助けが必要な時になって周囲に声をかけてももう遅いのです。 「私が助けて欲しいときに助けてくれなかったから」「あなたのことを信じていないからサポートも出来ない」などと冷たいけれど正論を浴びることになるでしょう。 嫌がらせをしてしまっている人は本当に困った時に手遅れにならないよう、今のうちから周囲との関係性を見直すべきですね。

因果応報!他人からやり返される

嫌がらせをして腹ただしい思いをしたとき、「同じ目に合わせてやりたい」と思いませんんか? 大人しそうに見えても、本当は負けず嫌いな性格だったりすると「絶対にやり返してやりたい」という気持ちを持っています。 「やられたらやり返す。倍返しだ!」というように、他人は自分が味わった不快感を味わってもらおうとするものです。 例えば職場では、仕事を大量に振られたりみんなの前でミスを指摘されたりします。 プライベートでは、飲み会などの集まりに誘われなくなるでしょう。 因果応報という言葉があるように、自分のした行いは全て自分に返ってくると思っていたほうが良いでしょう。

人間関係に悩む人におすすめの本

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか…。さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう―。

人間関係をリセットして自由になる心理学

「トモダチ」は、たくさんいらない!あなたに必要なのは「30人」とのつながり!!科学的にみた人生を充実させる対人戦略。

女子の人間関係

なぜ、あの“女"(ひと)はあなたの感情を乱すのか? すぐ感情的になるひと 裏表のあるひと 群れたがるひと 張り合ってくるひと… 対人関係のイライラは、医学的に見れば99%解消できる。

まとめ

いかがでしたか? 嫌がらせをしてくる人ってなぜかいるんですよね...。 しかし、無意味な嫌がらせに振り回されてしまうのは勿体ないです。 然るべき対応をしたら、後は気にすることなかれ! 気にせず自分の人生を大切しましょう。 反面教師にすれば、もっと素敵な自分自身になれるはずです。 本当に精神的に追い詰められてしまうような場合は、相談できる人に速攻相談してください。 一人で抱え込んでしまうことが一番よくありませんからね。 自分の精神面を一番大切に。。。 「これを報告したら嫌がらせをしてくる人が終わるんじゃ...」と思うかもしれませんが、相手のことを気にすることはありません!戦っていきましょう。絶対に正義は勝ちます(^o^)

こちらの記事もチェック

おしとやかな女性の特徴とモテる理由、おしとやかになる方法とは?

eigobu.jp

頭おかしい人の性格や行動の特徴と対処法【完全版】

eigobu.jp

「楽しいことないかな?」と感じる人におすすめのこと66選!

eigobu.jp

気さくな人の特徴と恋愛傾向、長所、気さくになる方法は?

eigobu.jp

「謙虚」の意味!謙虚な人の特徴と謙虚になる方法とは?

eigobu.jp

働きたくない人の特徴と心理、対処法、おすすめの仕事、大学生はどうする?

eigobu.jp

「ポジティブ」とは?ポジティブな人の特徴となる方法!短所もある?

eigobu.jp

キャパオーバーになる人の性格と原因、サイン、対処法、予防策は?

eigobu.jp

「自己憐憫」の意味と使い方!自己憐憫な人の特徴と心理、接し方とは?

eigobu.jp

心配性な人の特徴と原因、短所、コントロール方法、治す方法とは?

eigobu.jp

事なかれ主義の心理と特徴、デメリット、上司・彼氏の対処法は?

eigobu.jp

独占欲の強い男女の心理と原因、特徴、対処法、自分がなくす方法は?

eigobu.jp

嫉妬する男女の心理と嫉妬時の行動とは?嫉妬しない方法は?

eigobu.jp

悪口ばかり言う人の心理と特徴、末路、対処法、悪口をやめる方法

eigobu.jp

人徳のある人の特徴と得る方法!意味の意味と人望・仁徳との違いとは?

eigobu.jp

誠実の意味|誠実な人の特徴【男女別】誠実になる方法は?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 嫌がらせする人の特徴と心理、対処法、仕返し方法、受けやすい人の特徴