1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 天真爛漫な人の特徴となる方法!モテる理由と相性のよい相手とは?

天真爛漫な人の特徴となる方法!モテる理由と相性のよい相手とは?

「天真爛漫」は「天真爛漫」と読み、「無邪気で、気取ることなくありのままであること」という意味です。類語には「無邪気」があります。「天真爛漫な人はモテる」なんてよく言われますよね。今回は、「天真爛漫な人」の特徴を解説していきます。職場にいる天真爛漫な人の特徴や天真爛漫な人を好きな男性の心理、天真爛漫になる方法なども合わせて紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

天真爛漫とは

「天真爛漫」は、「てんしんらんまん」と読みます。 「天真爛漫」は「無邪気で、気取ることなくありのままであること」という意味の四字熟語です。 人柄を言い表す言葉で、飾ることなく素直な心で明るく無邪気な人を「天真爛漫な人」と言います。 基本的には「子供のような純粋さがあって可愛い」といった褒め言葉として使用される言葉ですが、場合によっては「世間知らず」「幼稚」といった社会人にとってはマイナスのニュアンスを含んで使用されることもあります。

天真爛漫な人の特徴|性格・考え方編

ポジティブ

天真爛漫な人は、とってもポジティブなのが特徴的です。 いつでも前向きなので、何かに対して不安に思っているような素振りをみせません。 「自分には悪いことなんておきない」と信じているのでしょう。 例えば、誰かに嫌味を言われてしまったとしても、「嫌味を言われた」とマイナスに捉えるのではなく「褒められた〜」と思ってしまうこともあります。 悩みを相談されても「大丈夫大丈夫〜」と明るく励まし背中を押してくれます。

「ポジティブ」とは?ポジティブな人の特徴となる方法!短所もある?

eigobu.jp

楽観的

天真爛漫な人は、とっても楽観的で物事を深刻に考えることはほどんどありません。 例え何か失敗してしまうようなことがあっても、くよくよ落ち込まず前向きに考えます。 なので、これから先何が起こるかわからないような状況でも不安に思ったりすることはありません。 「なんとかなるでしょ」といつも思っていて、あまり思慮深く物事を考えすぎるということはないです。 漠然とした悩みなら考えても仕方ないと思うタイプなので、あまり悩んでいるような姿を見ることはありません。だからこそ「いつも元気で明るい」と言われるのでしょう。

明るく愛嬌がある

天真爛漫な人は、いつなんどきも明るいです。 明るいオーラが出ていて、いつでも元気いっぱいだしHAPPYって感じです。 心配事を抱えていたり、なんでもかんでもマイナスにとらえてしまう人ってどことなく暗いオーラをはなっていたりしますよね。 天真爛漫な人は心配事がなく、HAPPYオーラ全開で振る舞いもとても明るいんです。 いつでもニコニコしていて、誰ががいると「おはようございまーす!!!」と尻尾を振って近寄っていくようなイメージ。 思わず「かわいい」と思ってしまう人も多いです。

素直

とっても素直なのも天真爛漫な人の特徴です。 相手の言うことうを素直に受け取り、人を疑うようなことは決してしません。 例えば、「あなたは素晴らしい」と褒められたとします。 そういった場面で、天真爛漫な人は「本当は思ってないくせに...」なんて思わないのです。 素直に受け取り、素直に心から「ありがとう」と言うでしょう。 また、自分の気持ちにもとっても素直なので思っていないことは口にだしません。 他人の成功や幸せにも嫉妬をすることなく素直に喜び、褒めることができます。

好き嫌いがはっきりしている

天真爛漫な人は、好き嫌いがハッキリしています。 例えば、子供が料理を作ってしまった人の前で「ピーマン嫌い!」と言ってぺっと吐き出してしまうのと同じです。 自分が嫌だと思うことを無理矢理したり無理をすることがありません。 何の悪びれもなく「あの人はあんまり好きじゃない」といった発言をすることもあるでしょう。 とっても自分の気持ちに正直に生きていて、いつも無理をしていない状態だからこそ毎日楽しく生活できているのかもしれませんね。

好奇心旺盛

天真爛漫な人は、とっても好奇心旺盛です。 何に対しても「なにそれー!」といって興味をもつし、「やってみたい!」とすぐに思います。 天真爛漫な人は、素直なのでほとんどの事をすぐに受け入れます。 そして、「良くないものなのでは」「失敗するのでは」という心配をすることなく自分の中に取り込んで いくのです。 それが楽しそうな事だったり、自分の好みのことだといてもたってもいられなくなってしまいます。

喜怒哀楽がはっきりしている

天真爛漫な人は、喜怒哀楽が非常にはっきりしています。 嬉しいときや楽しいときは、大きな声を出して笑ったり喜だりしますし、悲しいときは泣く。 そして怒っているときもすぐに態度にでます。 なので、天真爛漫な人がどういった感情でいるのかは見ればすぐにわかります。 「何を考えているのかわからない」ということはないでしょう。

感受性豊か

天真爛漫は感受性豊かで、誰かが悲しい気持ちでいると一緒に悲しくなってしまいます。 そして、誰かが怒っていれば一緒に怒ります。 感動的な映画やドラマを見ると決まって涙を流してしまうようなピュアなハートを持っていると言えるでしょう。 悩んでいる人がいると、必ず寄り添って一緒に悩んであげるようなことも...。 感受性豊かなのと同時に心の優しさを感じることも多いと言えます。

人の目を気にしない

天真爛漫な人は、基本的に人の目を気にすることがありません。 「人は人」「自分は自分」と考えて生きています。 例えば、 ・周りにどう思われるかということに関心がないので自分が変な服でも、ボサボサの頭でも外に出れる ・「あの人1人…?」と思われてもへっちゃらなので1人焼き肉など「1人〇〇」ができる。 ・人にどう思われても「恥かしい」と思わないので失敗を恐れない ・自分に欠点があっても気にならない というようなところがあります。 なので、「よくそんなことできるね!?」と驚かれるようなことも自分がありだと思えば恥ずかしげもなくできてしまうのです。

鈍感なところもある

天真爛漫な人は、感受性豊かで人の気持ちがよくわかります。 しかし、自分のことになると良い意味でも悪い意味でも「鈍感」なところもあります。 例えば、嫌味を言われていても嫌味だと気が付かなかったり、自分に好意を抱いている異性からのアプローチに気が付かないなんてことも多いのです。 思慮深く考えることがないので、ただ楽しそうだからデートの誘いOKを出したというように「楽しそう」という興味だけで行動することが多いんですよね。 決して思わせぶりな態度をとろうと思っているわけではありません。 なので、ちょっとボケっとしているところもあって「天然だね」なんて言われることも多いでしょう。

いつも一生懸命

天真爛漫な人は「頑張ろう」と決めたことに対しては、前向きな気持ちでただ一生懸命がんばります! いつも笑って楽しく生きているようにも見えますが、やるときはやるタイプだと言えるでしょう。 とっても前向きですし、見てるほうも「頑張って」と応援したくなるほどやるべきことには真摯に向き合う人が多いです。 とっても素直なので、任されたことはきちんとやるし、期待に答えたいと思うからこそ一生懸命頑張れるのでしょう。決して「評価されたいから」などといった計算高い気持ちなどありません。

天真爛漫な人の特徴|行動・発言編

社交的で人見知りしない

天真爛漫な人は、とっても明るい性格をしていて社交的です。 天真爛漫な人の出している明るいオーラから人がどんどん寄ってきますが、初対面の人であっても決して拒むことはありません。 知り合いのあまりいない集まりでも「楽しそう!」と思うことはなんでもしたくなってしまうし、楽しい時間を過ごすのが好きなので声がかかるとすぐに飛んでいってしまいます。 なので、どんどん人脈が増えていってあちらこちらに知り合いがいるということが多いです。 ただ、上述しているように好き嫌いがハッキリしているので、信用している人としていない人とで関わり方を 上手く変えています。

良くも悪くも思ったことをそのまま口にする

天真爛漫な人は、よくも悪くも思ったことをそのまま口にします。 何も悪気はありません。ただ思ったことを口に出しているだけなのです。 なので、食べ物を食べて美味しくないときは「美味しくない」と言ってしまいますし、逆に周りの人が「これ美味しくない」と言っていても自分が美味しいと思ったら「美味しい」と言います。 しつこいようですが、天真爛漫な人はとっても素直なので自分の気持ちに嘘をつきません。 反対に、「とっても良い!」と思ったことも声を大にして伝えます。 特に良いと思ったことは、伝えないと気が済まないのです。

大きなリアクションをとる

天真爛漫な人って、わかりやすいほど多きなリアクションをとります。 驚いたときは「えーーー!!」と言って驚き、むしろ大げさすぎるぐらいです。 面白いときも、「そんなに笑う??」というぐらいに笑います。 天真爛漫な人は、そういったリアクションからも考えていることがわかりやすいです。 なので、リアクションがあるぶん天真爛漫な人と話しているととても面白いと感じる人が多いでしょう。 その場も盛り上がりますし、まさにムードメーカーであると言えます。

よく食べる

天真爛漫な人は、良く食べます! 好き嫌いをしたり、体重が増えてしまうことを気にして無理に食べることを我慢したりすることがありません。 素直に食べたいと思っているものを幸せそうに食べます。 楽観的なので、「これ食べたら太るよな〜...でもいっか♪」とすぐに思ってしまいます。 その潔さが周りから評判が良いのです。 一緒にご飯を食べに言っているのにサラダしか食べなかったり、お水しか飲まないとか言われても楽しくないですよね。

よく眠る

天真爛漫な人は、いつも元気いっぱいですがすぐに眠くなってしまうという子供っぽいところもあります。 いつでも全力で楽しんだり、全力で頑張っているからこそ燃料切れになってしまうんですよね。 さっきまで楽しそうにしていたのに、いきなりコテンと眠ってしまったりすることも多いです。 そして、眠って体力を回復したらまだ元気に活動をしはじめます。 元気に四六時中動き回れるような気がしてしまいますが、睡眠時間も多く必要としていてまさに小さい子と同じです。 また、寝て体力を回復するだけではなく気持ちもリセットすることができます。 怒ってプンプンしていても、寝て起きるとケロっと平常心に戻っているなんてことも多いでしょう。

とにかくパワフル

天真爛漫な人って、とにかくいつもパワフルです! フワフワ〜としていて、ゆっくり行動をするというよりは、動くとくはシャキシャキパッパと動きます。 話す時も、小さな声でモゴモゴと話すのではなく誰にでも伝わるようにハキハキ話します。 とにかくいつでも元気ハツラツとしていて、元気のない人まで元気にしてしまう太陽のような存在です。 疲れているからといって、ダラダラと行動をしたりやる気のない素振りを見せることはありません。

楽しいこと場所に行くのが好き

天真爛漫な人は、とにかく楽しいことが大好きです! 楽しそうな集まりに声をかけられれば余程のことがないかぎり断ることはないでしょう。 そして、参加したからには全力で楽しみます。 その場が盛り上がるように率先して計画することもあるでしょう。 天真爛漫な人がいるだけで、自然と盛り上がりますしイベント事には必要不可欠な人材として重宝されていることが多いです。

どんどん新しいことにチャレンジしていく

天真爛漫な人は、好奇心旺盛だということを上述しました。 どんなことにも興味をもつだけではなく、やってみたいと思ったことはやったことがないことでもチャレンジしていくというのも天真爛漫な人の特徴です。 初めてのことに挑戦するときやリスクのあることを挑戦するときは、色々考えてしまうものだしなかなかはじめの一歩を踏みだすことができなかったりしますよね。 天真爛漫な人は、失敗することに対して「恥をかく」といったような抵抗がないので、どんどん新しいことに挑戦します。周りの人からすると、「すごい度胸があるな」と思われることも少なくないでしょう。

甘え上手

天真爛漫な人は、助けて欲しいときは維持をはったり無理をすることなく周りに助けを求めます。 「○○してほしい」と素直に甘えることができるんですよね。 また、素直なので「○○したい〜」と我儘を言うこともできます。 わがままとかではなく「しょうがないな〜」と思わせるのがとっても上手! なので、天真爛漫な人を放っておけなくなってしまう人が多いです。 変に意地を張ってツンツンしてしまうようなことはありません。

「いいよいいよ気にしないで〜」

天真爛漫な人は、他人がしてしまったミスについても非常に楽観的で「まあなんとかなるでしょ〜」という感じ。「いいよいいよ気にしないで〜」といってすぐに許します。 表では良い顔をしておいて裏で「◯◯さんってミス多くて嫌なんだよね」と嫌味を影で言うこともありません。 何かあればフォローしてあげればいいだけのことだと単純に思っているのでしょう。 成長には繋がりませんが、天真爛漫な人が上司だとグチグチ言われることがなくて楽です。

天真爛漫な人の特徴|職場編

朝でもテンションが高い

天真爛漫な人は、朝でもいつでもテンションが高いことが多いです。 前日にミスをして酷く上司に怒られるようなことがあっても、寝たら気持ちはリセットされているのでケロっとしています。 「もうケロっとして反省してないな」と思われることもあるかもしれませんが、反省をしていないわけではありません。天真爛漫な人って気持ちの切り替えがとても早いんです。 寝てパワーも回復しているので朝でもテンション高く行動することができるのでしょう。

私語が多い

天真爛漫な人って、賑やかで楽しい雰囲気が大好きです。 なのでシーンとしている場所で仕事をしているとムズムズしてしまいます。 人懐っこいですし、ついつい近くにいる人に声をかけてしまうんですよね。 隙間あらばおしゃべりをして上司に目をつけられてしまうなんてことも...。 そして素直なのでお昼に近づくと「お腹すいたー」と独り言を言い出したりします。 天真爛漫な人は、いつもランチの時間や休憩時間など楽しくお喋りをする時間をとっても楽しみにしています。

職場の人をあだ名で呼んだりする

天真爛漫な人は、人懐っこいので同僚でだろうが上司だろうがあだ名で呼び始めたりします。 「○○って読ん呼んでいいですか?」なんて何の悪びれもなく言いだします。 目上の人には敬意を示すべきですし、礼儀のある人から見るとギョッとしてしまいますよね。 しかし、天真爛漫な人ってなぜがそれでも憎まれないんです。 これは小さい子が無礼でも許せてしまうのと同じ感覚であると言えるでしょう。 天真爛漫な人になら多少馴れ馴れしく接しられても嫌な気にならないという人も多いです。 そういった面で言えば天真爛漫な人って得してますよね。

大きな会議などでも思ったことを発言することができる

天真爛漫な人は、思っていることや自分の考えをハッキリ伝えることができます。 それは、友人の前であっても大きな会議であっても同じです。 会社での大きな会議って、緊張してしまって意見を言えない人も多いのではないでしょうか。 天真爛漫な人は、そういった場面でも決して物怖じしません。 理解できないことは、ハッキリその旨を伝えます。 そして、何かいい案を自分がもっていればしっかりとそれも伝えることができます。 天真爛漫な人って楽しいことだけをしているわけではなく、意外としっかりしているところもあるんです。

上司に可愛がられている

天真爛漫な人は、その人懐っこさで上司に可愛がられていることが多いです。 憎まれ口を叩くこともありませんし、とっても素直なので上司からすると「なんだかんだ放っておけない部下」になります。 何かと「大丈夫?」と気にかけてもらえたりするので、同僚からは「贔屓されてる」なんて思われがち。 しかし、天真爛漫な人が気に入られるのは生まれ持った天性なのです! むしろ本人は「贔屓されてる」と嫌味を言われても、何にも気にしません。

飲み会で一番飲む

天真爛漫な人は、やっぱり職場でも盛り上げ担当! なので、飲み会では1番飲みます。 特に忘年会や歓迎会なんかで良い飲みっぷりを疲労してくれることでしょう。 いつもはお仕事に一生懸命ですが、楽しむときは楽しむのが天真爛漫な人の特徴です。 いつもは話さない人にも話しかけてみたりして...! 沢山飲んで誰よりも楽しんでいることが多いでしょう。

天真爛漫な人の長所

素直で共感力があり人の心を癒やす

天真爛漫な人は、とっても素直なので相手の言うことを全て素直に受け止めます。 とにかく相手を理解しようとするんです。 なので、とっても共感力があり悩んでいたり元気のない人の心を癒やすことができます。 例えば自分の言っていることを否定から入られたりすると、もっと自信がなくなってしまいますし「どうせ誰にも分かってもらえないんだ」と思ってしまうと辛くなってしまいますよね。 天真爛漫な人が近くにいるだけで気持ちの明るくなりますし、悩んでいる人の心をパッと明るくすることができるのは天真爛漫な人の長所であると言えるでしょう。

周りを明るい雰囲気にすることができる

天真爛漫な人のように、明るい人がいるだけでその場の雰囲気が明るくなりますよね。 天真爛漫な人っていつでもムードメーカーなんです。 天真爛漫な人が、その場でニコニコしてくれているだけで不思議と周りにいる人も笑顔になってしまいますし暗かった雰囲気も明るくすることができるのは長所です。 特に集団で行動する場面では、ムードメーカーってとっても大切ですよね。 周りの人を暗い気持ちにしてしまう人が一人でもいると、グループとしてまとまりがなくなってしまったりします。

裏表がないので信頼されやすい

人によって態度を変えていたり、本性を隠している人って何を考えているのかわからなくて怖いですよね。 天真爛漫な人は、損得勘定で人に対する態度を変えたりせずいつでもありのままの姿で接します。 いつでも素直で、思っていることを隠さず伝えてくれるからこそ信頼できるのです。 信頼されるとくことは、人間関係の構築において大切なことですよね。 信頼されるからこそ、自分が困っているときにためらわずに手を差し伸べてくれる人が沢山いるのでしょう。 まさに天真爛漫な人の長所であると言えます。

小さなことでクヨクヨしない

天真爛漫な人は気持ちの切り替えがとても早いです。 ポジティブであまり嫌なことを考えないとは言っても、人間なので悲しかったり辛かったりするときもやっぱりあります。 しかし、気持ちの切り替えがとても早いので次の日にはもう忘れています。 寝て起きたらスッキリ!なんてことがしょっちゅうです。 悲しいことや辛かったことをいつまでも引きづらないというのが、天真爛漫な人の良いところですよね。

あまりストレスを感じない

天真爛漫な人は、基本的に「なんとかなるでしょ」という思考なのであまりストレスを感じることがありません。生活をしていてあまり心配事がないってノーストレスで良いですよね。 そもそも「自分が楽しいと思えること」しか基本的にしていないのでストレスが溜まりにくいんですよね。 だから心にも余裕があって物事を楽天的に考えられるのかもしれません。 言いたいことを飲み込んだり、やりたいことを我慢しているような生活を送っている人よりも天真爛漫な人のほうがいつでも楽しくノーストレスで生活してします。

男性が天真爛漫な人を好きな心理

屈託のない笑顔に癒やされている

天真爛漫な人の武器と言えばやっぱり「笑顔」ではないでしょうか。 子供のような屈託のない笑顔を見ていると癒やされますよね。 その笑顔に惹かれて「こんな子が家で帰りを待っていてくれたら疲れも吹き飛ぶのに」なんて思うのです。 無邪気な子供の笑顔を見て「かわいいな」と思いますよね。 それと待っとく同じ感覚であると言えるでしょう。 そしてこう、思うのです「この笑顔、守りたい」と...。

わかりやすい所がかわいい

天真爛漫な人は、楽しい時は大笑いするし悲しいときは大泣きするという非常にわかりやすい性格をしています。心を鏡でそのまま移してしまっているかのようなわかりやすさに、思わず「かわいい」と思ってしまう男性が多いのです。 男性って、プライドが高いのでどちらかと言うと自分のほうが上でいたいと思っています。 なので、「もう、また怒ってるの?どうしたの?」と小さい子に声をかけるように天真爛漫な女性に声をかけている自分が好きなのです。 わかりやすい所も男性にとっては可愛くて仕方ないのでしょう。 しょうがないな〜とかいいつつ話しを聞いてしまうし、わがままも聞いてしまいます。

一緒にいると楽しい

天真爛漫な人と一緒にいるととにかく楽しい!と感じる人が多いです。 いつも笑顔の人がとなりにいてくれるだけで、自分も自然と笑顔になれるし楽しく過ごせますよね。 また、天真爛漫な人は好奇心旺盛なので「あれがしたい」「これがしたい」という希望を伝えてくれます。 なので、テートをするにしても「どうしよう」と悩んでしまうことがないのでとっても楽。 自分ではなかなか緒戦してみよう、行ってみようと思うことのない場所に行ったり色々な経験をすることができるのでことができるので自分も楽しいんですよね。 表情がコロコロ変わるところも見ていて飽きません。 だから、「この人とずっと一緒にいたいな」という気持ちになる男性が多いのです。

守ってあげたくなる

天真爛漫な女性を見ていると、ついつい守ってあげたいという心理になる男性も多いです。 天真爛漫な人って、少し危なっかしくて小さな子どもを見ているような気分になります。 楽しそうに笑っている姿を見れば自分も楽しくなるし、困っていればついつい手助けをしたくなってしまうんですよね。 また、とっても素直なのでアドバイスしたことには素直に従います。 天真爛漫な人をそうやって見守ったり手助けすることで、男性は自尊心を満たすことができるのです。

ふざけているときと真剣なときのギャップが良い

天真爛漫な人は、いつもにニコニコしていてすることも発言もちょっと子供っぽ所があります。 普段は「おいおい、大丈夫か〜?」と見ていて不安になってしまうことも多いでしょう。 しかし、とっても素直で良い子が多いので頑張るとき場面ではきちんと真面目にがんばります。 意外としっかりとした芯をもっている人も多く、自分の決めたことは助けてもらいながらでもきちんとやり通す人が多いです。 そのため、いつもはしゃいでいる姿とはうってかわって真剣な姿のギャップに「なんて良い子なんだ」と感じて愛おしくなるのだとか。 やっぱりギャップって大切ですよね。

天真爛漫な人と相性がよい人の特徴

天真爛漫な人とお付き合いまたは結婚する場合、相性がよい人の特徴を解説していきます。

心が広くおおらか

天真爛漫な人は、自分の思ったことをすぐに口にするし、やりたいと思ったことを勢いだけでやりはじめるというような、自由奔放なところがあります。 なので、いつでも心に余裕があっておおらかな人と相性が良いと言えるでしょう。 そういった天真爛漫な人の自由な部分を受け入れられない人は、100%衝突してしまいます。 最初こそ我慢をして言うことを聞いていても、次第にストレスが溜まっていってしまうなんてことも珍しくありません。 根っからあまり細かいことを気にせず広い心で全てを受けいられる優しさをもっている人じゃないと相性が良いとは言えないでしょう。

ノリが良く腰が軽い

天真爛漫な人は、楽しいことが大好きですから「これしよう!」「あれしよう!」と色々な提案をしてきます。なので、ノリが良く腰が軽い人が相性が良いと言えるでしょう。 腰が重い人は、天真爛漫な人にはとてもじゃないけれどついていけません...。 思慮深く「これは危ないよ」とか、「やめたほうが良いんじゃない?」とアドバイスできることも大切なのですが、あまりに否定してしまうと天真爛漫な人は窮屈さを感じてしまいます。 お互いが無理をすることにならないよう、「楽しそうだね、いいね」と言える人のほうが上手くいくはず!

長男や長女

下に弟や妹のいる長男や長女というのは、弟や妹の我儘を散々聞いてきているはずです。 なので、天真爛漫な人がどんなに突拍子のないことを言い出したり、突然行動に出たりしてもどっしりかまえていられるだけの大きな器をもっていることが多いです。 弟や妹がいる人って、小さい子の扱いが上手だったりしますよね。 天真爛漫な人を扱うのって、小さい子を扱うのととっても似ています。 大きな子供だと思っていただけるとわかりやすいでしょう...。 なので、下の兄弟の面倒を見ている人が天真爛漫な人の扱いが上手く、相性が良いと言えます。

面倒見が良い

天真爛漫な人って、いつも明るいけれど楽観的すぎてちょっと頼りないと感じるところも多いです。 例えば、はしゃぎすぎて荷物をばらまいてしまうようなドジっ子っぷりを発揮したり、甘えたいときには「これやって〜」「あれやって〜」と言ってきます。 なので、そういった部分も含めて「かわいい」と思える人じゃないと疲れてしまいます。 正直天真爛漫な人は手がかかると思っていたほうがいいでしょう。 お世話をすることに嫌気がささない相手こそ相性が良いと言えます。 そうじゃないと、天真爛漫な人に疲れてある時急に逃げ出したくなってしまうかも...。

好きな人に従順

天真爛漫な人は、少し自由すぎて我儘な面もあるため「好きな人のためなら何でもできる!」という従順な人と相性が良いと言えます。 自己主張が激しくいちいち反論してしまうような人だと絶対にぶつかってしまうからです。 従順な人は、わがままを言われてもストレスを感じにくいです。 むしろ、言うことを聞いてあげることが喜びなんですよね。 小さい子の面倒を優しくみてあげるように、「そうなの?わかったよ」と言うことを聞いてあげられる人が良いでしょう。

いつでも刺激を求めている

平和な恋愛を好む人は、天真爛漫な人とは上手くいかないでしょう。 なぜなら、天真爛漫な人は突拍子もない発言や行動が多く決して「平和」ではないからです。 ついつい暴走をしてしまうようなことも多いです。 そのため、天真爛漫な人とのお付き合いは刺激がたっぷり! 平和な恋愛ではつまらないと感じてしまう人と相性が良いと言えます。 刺激を求めている人であれば「上手くいくかわからないけどやってみようか!」と色々なことに一緒にチャレンジするのも心から楽しむことができます。

「NO」とはっきり言えることも大切

天真爛漫な人の言うことを聞いてあげることができる器の大きさも大事です。 しかし、それでは天真爛漫な人の暴走を止めることはできません。 天真爛漫な人って、あまり深く物事を考えないので勢いだけで行動して失敗してしまうこともあります。 なので、小さい子を諭すように「それはよくないよ」「それはできない」と「NO」とハッキリ言うことも大切なのです。 難しいですが、相手に従順なだけじゃダメ! 天真爛漫な人は素直なので、きちんと話せばわかってくれることも多いです。 「はいはい」と天真爛漫な人の言うことを聞いてあげるだけではなく、ハッキリ自分の意見も言える人が理想でしょう。

天真爛漫な人の落とし方

とにかく聞き手に回って包容力をアピール

天真爛漫な人は、「あのね!聞いて!」とお話をするのが好きです。 楽しいと思ったり、面白いと思ったものは共有したいという気持ちが強いからです。 なので、聞き手に回って包容力をアピールすると天真爛漫な人に安心感を与えることができるので多きなポイントになります。 疲れているときでも「もううるさいな!」と言ってしまわない心の余裕と包容力が大切であると言えるでしょう。 また、話しを聞くときはただ「うんうん」と聞くだけではなく、話しを盛り上げるための質問力も大切です。

相手のペースに巻き込まれない

天真爛漫な人って、周りの人を自分のペースに巻き込むのがとっても上手です。 なので、あえて相手のペースに巻き込まれないというのも天真爛漫な人をドキっとさせることができるポイントになるでしょう。 相手のぺースに巻き込まれていると他の人と同じ存在になってしまいます。 否定をするのではなく、きちんと自己主張もして天真爛漫な人を「おっ」と思わせましょう。

自分から楽しいことを提案する

天真爛漫な人は、しつこいようですが楽しいことが大好きです。 なので、自分から「これ一緒にいやってみない?」「一緒にいかない?」と誘いましょう。 天真爛漫な人は、もちろん「やるやる!」とノリノリで言ってくれるでしょう。 天真爛漫な人って、上述しているように普段は自分が周りの人を巻き込んでしまうことが多いのです。 なので、そこをあえて「楽しいところに連れて行ってあげるよ」と一歩リードして引っ張っていくことで「この人と一緒にいるのが楽しい」と思ってもらえるはず! 天真爛漫な人は、やっぱり暗かったり受け身過ぎる人はつまらないので苦手です。

デートと分かるデートをする

天真爛漫な人を二人っきりの時間を作ってアピールするときは、きちんと「これはデートだな」とわかるプランにすることをおすすめします。 天真爛漫な人って楽しいことをするのが好きなので、二人で思いっきり身体を動かして楽しめることを一緒にしたら良いんじゃなかと思う人が多いのではないでしょうか。 しかし、それでは「ただ楽しいことをいっしょに楽しいことをするだけ」と思われて、デートだと思ってもらない可能性が高いです。 天真爛漫な人って、ちょっとそういうところが鈍感なんですよね。 なので、映画の後にロマンティックな場所でお食事をするなど「これはデートだな」とわかるプランで天真爛漫な人とドキっとさせることをオススメします。

気持ちをストレートに伝える

上述しているように、天真爛漫な人は鈍感です。 なので、遠回しに気持ちを伝えようとしたところで全く相手には響かないでしょう。 「好き」という気持ちを伝えるときはハッキリストレートに伝えることが大切です。 天真爛漫な人って、わかりやすいので嫌いな人とは距離をとったり関わろうとしない事が多いです。 でも、それ以外はみんな好き!恐らくみんなに同じ態度をとっているので脈ありサインを見つけるのって難しいと思います。 なので、とっとと気持ちを伝えてしまうことをオススメします。 脈なしであっても単純なので、告白にドキっとして意識してくれるようになるかもしれません!

嫉妬させてみる

嫌いな人以外みんな好き〜と思っている天真爛漫な人を落とすには、あえて異性の話しをして嫉妬をさせるというのもありです。 それまで「好き」という実感がなかった人が、自分以外の異性と仲良くしていることを知ることで嫉妬して「自分はこの人のこと好きだったのか」と気がつくことってありますよね。 天真爛漫な人って鈍感なので、相手に嫉妬心を抱くなど何かきっかけがあったほうが自分の中にある恋愛感情に気がつきます。 また、自分が異性の話しをしたときの相手の反応で自分のことをどう思っているのかもわかりやすいですよね。駆け引きとして「嫉妬させる」という手を使ってみても良いでしょう。

天真爛漫になる方法

笑顔でいることを心がける

天真爛漫になるには、とにかく笑顔でいることを心がけてみてください! 色々と不安になってしまったり、心配になってしまっているときってやっぱり表情も暗くなってしまいます。 そうすると気持ちもずーんと暗くなって、前向きに物事をとらえることができなくなってしまいますよね。 とにかく笑顔でいると、それだけで気持ちも明るくなって楽観的に物事を考えることができるようになるでしょう。 笑顔でいるだけで?と思うかもしれませんが、とっても大切なことなんですよ(^^)

周りの目を気にしない

天真爛漫になれない人って、周りの人の目を気にしているようなことが多いです。 だから失敗することに対して恐怖心がないんです。 周りの目を気にするのはやめましょう! 自分が思っているほど周りの人は自分を見ていませんし、もっと気楽に楽しく生きて大丈夫! だって自分の人生なのだから。 そう思うだけで、今より天真爛漫に生活できるような気がしてくるのではないでしょうか。

「こうであるべき」という固定概念を捨てる

真面目な人ほど「こうであるべき」という固定概念を持っていますよね。 固定概念にとらわれていると、「こうでなければいけない」「その通りにできなかった」などといったマイナスな思考に縛られやすくなってしまいます。 そうすると、ちょっとその通りにできなかっただけで、暗い気持ちになりますし何事も思慮深く考えすぎてしまいまいます。 天真爛漫な人に固定概念なんてありません! 固定概念があると、枠にはまりすぎて天真爛漫な人みたいに自由に楽しく生きることができないんですよね。 なかなか難しいかもしれませんが、「ま、良いか」と思えるようになりましょう。

マイナスな言葉を口にしない

「言霊(ことだま)」という言葉をご存知でしょうか。 「言霊」とは、言葉に宿っていると信じられている不思議な力のことです。 昔から「言葉には霊がいて、言葉にあらわすことを現実に実現する」という言い伝えが信じられています。 つまり、極端言えば「悪ことこを言えば悪いことが起きる」「良いことを言えば良いことが起きる」ということです。 「〜になったらどうしよう」と言っていると、本当に「なったら嫌だな」と思っていることが起きてしまったりします。その事を頭にいれていると、自然と前向な気持ちになります! そうすることで天真爛漫に明るい気持ちで生きれます。

自分の気持ちに素直になることが大切

日本人って特に「我慢することが美徳」みたいなところがありますよね。 自分の思うままに自由に生きている人を不真面目だ!なんて批判する人も多いでしょう。 天真爛漫な人は、我慢することが美徳とは思っていません。 だから言いたいことも言うし、やりたいことも自由にやるのです。 集団行動などで我慢しなければい場面ももちろんあります。 しかし、自分の人生なのですから周りの人のことばかりを気にしていては勿体ないです! 自分の気持ちに素直になってみてください! 案外それでも問題ないんだなということに気がつくはずですし、そのうち天真爛漫に楽しく生活できるようになるでしょう。

強がらない

天真爛漫になるためには、自分がしんどくて辛いときに強がらないということも大切! 天真爛漫な人って、上手に周りの人に頼ることができます。 本当に頼りになるなと思って頼っているので、頼られた側も「頼りにされている」ということが嬉しくなりますし、「助けてあげたい」と思うんですよね。 頼ってもらえないと、「信頼されてないのかな?」なんて思ってしまいます。 天真爛漫な人が無駄に強がったり、無理をすることがありません! それが人間関係を上手に構築していくポイントになりますし、心の余裕にも繋がって天真爛漫になれるでしょう。

天真爛漫な人と過ごす時間を増やす

天真爛漫な人にとって、天真爛漫な人の側にいるのって少し不安なことかもしれません。 それでも思い切って天真爛漫な人と過ごす時間を過ごしてみてください。 そして、天真爛漫な人が「楽しそう」といったことは、自分も楽しむ! 大切なのは、天真爛漫な人のポジティブな発言に対して「いや、それはやばいよ」などと否定的な発言をしないこと。否定してしまうと結局ネガティブなままです。 天真爛漫な人はとっても明るいですから、自然と楽しい時間が過ごせるはずです。 気持ちもめちゃくちゃ明るくなりますし、本当に「大丈夫」と思えるようになってきて、細かいことを心配しなくなっていることでしょう。

天真爛漫な人の短所

真剣な雰囲気が苦手

天真爛漫な人は、真剣な雰囲気が苦手です。 ピシっとした雰囲気が苦手なんですよね。 大きな会議などで物怖じせずに自分の意見を伝えることができるのは良いことなのですが、真面目な雰囲気の場所にいるとそわそわしてしまって落ちつきがなくなってしまうことも多いです。 みんなで自由にワイワイしているような空間が好きなので、真面目で神経な雰囲気の場所にいると息苦しくなってきてしまうのです。 そういった真面目な場面でそわそわしたり、集中力がなくなってしまうというのは天真爛漫な人の短所であると言えるでしょう。

空気の読めない発言や行動をしてしまうことがある

天真爛漫な人の思ったことを伝えられたりすぐに行動できるというのは長所でもありますが、短所でもあります。 時に言うべきことではないことを口にして相手を傷つけてしまったり、突拍子もない行動で迷惑をかけてしまうので「空気が読めない」と思われてしまうのです。 天真爛漫な人に悪気はありません。 だからこそ、逆にたちが悪いなと思われてしまうこともあります。 子供ではないのだから、これは言わないほうが良いよな、今はやるべきじゃないなと空気を読めることも大人として大切なことだと言えるでしょう。

マイペースすぎて周りに迷惑をかける

天真爛漫な人は、とっても自由でマイペースな所があります。 なので、その天真爛漫な人のマイペースさが協調性に欠けると感じる人も多いです。 自分自身の思うままに自由に振る舞えるのって素晴らしいことですが、やっぱり周りに合わせるべき部分は合わせるべきなんですよね。 例えば、飲み会の場所がもうすでに決まっているのに「和食が食べれる場所がいい〜」とわがままを言い出したり、「○○をしてたから間に合いませんでした」といって期日を守らなかったり...。 すべてを自分を軸にして動いてしまうという点が、天真爛漫な人の短所だったりします。

思いつきだけで行動をして失敗することもある

天真爛漫な人は、思い立ったらすぐに行動してしまいます。 行動力があってとっても素晴らしいことではありますが、計画性が全くなかったり後先考えずに行動してしまうので失敗をしてしまうことも多いです。 自分自身だけが被害を被るのであれば、問題ありませんが周りを巻き込んでしまうこともあるのが怖いところ...。 楽観的なので本人は失敗してもあまり気にしていないことが多いですが、周りからすれば結構迷惑な話しですよね。

騙されやすい

天真爛漫な人は、とっても素直で相手の言うことを何でも信じてしまう純粋すぎてしまうところがあります。 その天真爛漫な人の純粋な部分を利用しようとする人は沢山います。 なので、詐欺にひっかかってしまったり、騙されて良いように利用されてしまうことがあるのです。 人を疑ってばかりなのも問題ありますが、大人としてなんでもかんでも間にうけて信じてしまうというのは「危機管理能力のなさ」が疑われます。 信頼関係ができている人ならまだしも、初対面の人など対して仲も良くない人に騙されて簡単にお金を貸してしまったりといったことが多いのも天真爛漫な人の欠点ですね。

能天気だと思われやすい

天真爛漫な人って、いつもニコニコしていて楽しそうにしています。 もちろん、やるべきことはしっかりやるし、努力もできます。 しかし、天真爛漫な人ってそういった努力しているような部分をあまり見せないので、いつもヘラヘラしていて脳天気なんて思われてしまいがち...。 特に真面目な人にとっては「この人いつもヘラヘラしてるから無理」 なんて思われてしまうことが多いです。

頼られない

天真爛漫な人って、明るいし友人として付き合っていく分には一緒にいて楽しいです。 しかし、仕事面ではどうでしょうか。 「まあいいか」と楽天的に考えるところがなんとなく信頼できないなと思ってきませんか? あまり、責任感の求められる大きな仕事は任せないようにしようって思ってしまいますよね。 なので、基本的に頼られたりすることは少ないでしょう。 天真爛漫な人は「それはそれで楽だ」と思うかもしれませんが、出世するタイミングを完全に逃しています。

天真爛漫すぎる場合の治し方

客観的に物事を見る癖をつける

まず、物事を客観的に見る癖をつけましょう。 自分の考えは大事にするべきですが、あまり主観的になりすぎると協調性に欠けます。 他の人だったらどう思うか、一歩引いたらどう見えるか、周りからどう映るか、ということをしっかりと考えてみてください。 もしわからない場合は、周りに意見を求めましょう。 楽しいことをするのはもちろん良いことです!しかし、それが「自分だけ」にならないように客観的に物事を見れることが大切です。

何ごともきちんと計画を立てる

何かを始める際は事前に計画を立てるようにしましょう。 仕事はもちろん、プライベートなことでもしっかり考えて計画を立ててから行動する癖をつけることが大切です。 それで計画通りにならなければ、なぜ計画通りにできなかったのかを考えるのです。 そうやって、自分の言動を「まあ、なんとかなるでしょ」ではなく、周りにも安心してもらえるような環境づくりが大切であると言えるでしょう。

状況を観察する癖をつける

人の視野には限界があり、動物のように視界が広いわけではありません。 さらに、集中してしまうと周りが目にはいらなくなってしまったりしますよね。 そんな時でも、「周りの人はどうかな・・・」と少し意識して状況を観察する癖をつけておくといいでしょう。周りの状況を観察することができれば、自分だけ突っ走ってしまうことはなくなるはずですし、空気を読むことできるはず! 最初はなかなか難しくてもその心がけを続けることで、自然に少しずつ思慮深く判断して行動できるようになれるでしょう。

発言や行動をする前に一度考える

何か発言をしたり行動をしたりする前に、一度考えるクセをつけましょう。 思った瞬間に発言をしてしまうといつまでも「何も考えてない」と思われたり、人を傷つけてしまうことがあります。 また思いついたことを行動する時も必ず一度考えましょう。 即断即決ももちろん大事ですし、行動力ももちろん大事です。 しかし、本当にそれは今すぐやることなのか?お金かけることなのか?をじっくりと考えましょう。 そうすることで、人間関係もうまくいきますし失敗してしまうことも少なくなるはずです。

他人ファーストで物事を考える

天真爛漫な人って、自分の思うように発言をしたり行動をすることが多いですよね。 人を巻き込むようなことは「他人ファースト」で考えるように心がけましょう。 もちろんあなた自身の行動も大切ですが「周りはどうなるか」「どういう気持ちなのか」と周囲の人に焦点を当ててみてください。その場を「空気を読む」ということです。 「私はこうしたい!」と思ってもその後すぐに「でもそれで周りにどういう影響を与えるだろうか」という部分まで考えることが大切です。 自分がやりたいことを全て我慢する必要はないですが、周囲の人との関係性などを考慮しましょう。

教養を身につける

そもそも、天真爛漫な人が「子供っぽい」と思われてしまうのって「教養の無さ」が原因だったりします。 それによって人を不愉快にさせるような言動を取っている可能性もあります。しかし本人は気付くことが出来ないのです。そうなのであれば、この際教養を身につけて、人と円滑にコミュニケーションが取れる体制を整えていきましょう。 教養を身につける方法としては、本を読む、講演会に参加するなどが考えられます。 大人になってからでも全然遅くないので、ぜひ自分のために楽しく勉強をしてみましょう!

天真爛漫な人との適度な付き合い方

適度にリアクションをとって話しを聞いておく

天真爛漫な人って、何度も言っていますが小さい子と同じです。 小さい子と会話をするときって、大げさなぐらい「えー?そうなの!?すごいね〜」などといって、リアクションを大きめにとることが大切ですよね。 口で難しい言葉を並べても、小さい子には理解できません。 だからリアクションをとることで、相手に「自分の気持ちをわかってもらえた」と感じさせることが大切になってくるのです。 天真爛漫な人に話しかけられたら、適度にリアクションをとって話しを聞いておきましょう。 そうすると、いい気分になって満足してくれるはず。 色々あれやこれや言って会話をするよりも、単純なやりとりをしているほうが疲れないですよ。

深く考えない

天真爛漫な人は、あまり物事をきちんと考えずに言葉を発しています。 なので、たまに「ぐさっ」と傷つくようなことを言われてしまうこともあるでしょう。 しかし、本人は深く考えているわけではないのですから、傷ついたり重く受け止めるだけ損です。 さらっと流しちゃって大丈夫です。 真面目な人ほど深く考えてしまいがちですが、考えるだけ時間の無駄だと思ってください。 いちいち頭を悩ませていては疲れてしまいます。 「また何か言ってるな〜」ぐらいで適当に返しておけばOKです。

直すべきことは優しく伝えてあげる

天真爛漫な人は、上述しているようにとっても素直です。 人を振り回したり傷つけていることに全くきがついていない場合が多いので、もし痺れをきらすような事件があったのだとしたら、「そういう発言はどうなのだろう」と優しく伝えてあげてください。 そうすると、しっかり自分自身の発言を反省してくれるはずです。 天真爛漫な人って、空気が読めなかったり失言してしまうことも多いですが決して悪気はないんですよね。 相手を大切な存在だと思うのなら、きちんと伝えてあげましょう。 純粋だからこそ、陰で「○○さんってひどいよね」と悪口を言っていることが耳に入ったほうが傷つきます。

SNSの友達を解除する

天真爛漫な人を見ているのってちょっと疲れてしまう時がありますよね。 なので、ある程度距離をもって接することが大切です。 もう疲れてて余裕ないなというときは、SNSをミュートしたりフォローを外すなどして距離をとりましょう。 無理をせずに人間関係を構築できることが大切です。 そもそも会わない人は無理に合わせる必要がありません。 気分がのらないときは、連絡がきても返信しないなど無理をしない程度にお付きあをしていきましょう。

天真爛漫な人に向いている仕事

保育士

天真爛漫な人に向いているお仕事と言えば、保育士ではないでしょうか。 自分自身が童心をもっているようなものですから、子どもたちの気持ちがよくわかります。 また、純粋な気持ちで子供と接することができるので、子どもたちにも好かれる事間違いなし! 暗く厳しい先生よりも、いつもニコニコしていて太陽みたいな先生が良いですよね。 ただでさえ親元を離れて不安いっぱいな子どもたちが多いですから、心を許せる先生が良いです。 天真爛漫な先生って子どもたちから絶大な人気を誇ることが多いです。

営業職

天真爛漫な人は、誰にでもすっと心をひらいて懐いてしまいます。 なので、あっというまにクライアントさんとの仲を深めどんどん契約をとっていきます。 やっぱり天真爛漫な人ぐらい明るい人に営業をかけられたら、いくら仕事をはいえ癒やされるし「ちょっと話し聞いてみようかな」なんて思っちゃいますよね。 取引先相手が暗くてとっつきにくかったら、契約しようなんて思えません。 天真爛漫な人は、持ち前の明るさを武器にどんどん契約とっていって素晴らしい成績を残すことが多いです。

接客業

接客業も向いていますよね。 接客業に大切なのは、やっぱり笑顔を明るさ! 店員さんの雰囲気が明るいと、お店そのものも明るくなります。 特に居酒屋など、パワフルな人材が求められるお店で大活躍することが多いです。 居酒屋って、お酒を飲んでテンションの高い人を相手にしなければいけませんからね。 店員さんが暗いと、せっかく楽しくいい気分になっていても台無しになってしまいます... 店員さんの明るさが、その場をさらに盛り上げて楽しい時間になることも! 人と接することが好きで、パワーがありあまっているという人に是非オススメします。

まとめ

いかがでしたか? 「天真爛漫な人」について理解を深めていただけたでしょうか。 いつもニコニコしている天真爛漫な人って周りの人や雰囲気を明るくしますし、素直でとっても素敵ですよね。 しかし、いつまでも子供ではないのですから失言や空気の読めない自分勝手な行動は避けたいもの...。 自分の感情に素直に生きているとストレスも溜まりにくいですが、その分自分の知らないところで誰かに嫌な思いをさせているかもしれません。 きちんと周りを気遣える天真爛漫な人を目指しましょう(*^^*)

こちらの記事もチェック

直感力のある人の特徴と鍛え方とは?直感力は恋愛でも使える?!

eigobu.jp

A型男性は優しい?特徴と恋愛傾向、相性がよい相手、好意サインとは?

eigobu.jp

生意気な人の特徴と心理、対処法、生意気と思われないための方法とは?

eigobu.jp

精神的に辛い時はどうやって乗り越える?仕事・恋愛・人生など場面別に解説!

eigobu.jp

社会人におすすめの趣味44選!スポーツからインドアまで徹底紹介!

eigobu.jp

おっちょこちょいな人の特徴と心理、治す方法とは?長所もある?

eigobu.jp

精神力を鍛える方法と習い事!精神力が強い人の特徴とは?

eigobu.jp

仕事ができる人の特徴と考え方、生活習慣!できるようになる方法は?

eigobu.jp

前向きになる方法と習慣・考え方!前向きな人の特徴と短所とは?

eigobu.jp

せっかちな人の特徴と話し方とは?原因は?長所は?治し方は?

eigobu.jp

長生きしたくない人の心理と原因、対処法、付き合い方とは?

eigobu.jp

気分屋の人の特徴と原因、職場での対処法、長所もある?

eigobu.jp

地雷女とは?性格・外見・持ち物の特徴、付き合い方、別れ方を徹底解説!

eigobu.jp

暇な時の過ごし方!タイプ別のやるべきことを119個紹介!

eigobu.jp

要領が悪い人の特徴と原因、短所と長所、改善方法、向いている仕事は?

eigobu.jp

見返りを求めない人の特徴と恋愛傾向!見返りを求めない人になる方法とは?

eigobu.jp

自分がわからない人の心理と原因!自分を見つける方法とは?

eigobu.jp

策士の性格の特徴と恋愛傾向!策士になる方法と注意点とは?

eigobu.jp

馴れ合いがNGな理由!職場での馴れ合いを改善する方法とは?

eigobu.jp

決断力とは?決断力がある人の特徴と鍛える方法【完全版】

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 天真爛漫な人の特徴となる方法!モテる理由と相性のよい相手とは?