1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 「穏やか」の意味!穏やかな人の特徴と心理、穏やかになる方法とは?

「穏やか」の意味!穏やかな人の特徴と心理、穏やかになる方法とは?

どんなに嫌なことがあっても、穏やかでいられる人って羨ましいですよね。穏やかな人と結婚したら幸せだろうなと思う人もいるのではないでしょうか?そこで今回は「穏やかな人」について詳しく解説していきます。 穏やかな人の特徴と心理、そして穏やかにいることのメリットを紹介します。穏やかになる方法も紹介しますので是非参考にしてみてください。

そもそも「穏やか」とは?

「穏やか」の意味と使い方

「穏やか」の読み方は「おだやか」です。 「穏やか」の意味は「何事もなく、静かでのどかなさま」「気持ちが落ち着いていて、物静かな様子」です。 漢字「穏」は音読みで「おん」と読みます。 まだ「穏やか」の他に「穏らか」で「やすらか」とも読まれています。 漢字自体に「おだやか、安らか、落ち着いている」といった意味を持ち、「平穏」「安穏」などと使われています。 「不穏」で「穏やかではない、危険をはらんでいる」といった意味になります。 「穏やか」の使い方は ・穏やかな性格 ・穏やかな気持ち ・穏やかな心 ・穏やかな人 ・穏やかな日々 ・穏やかな時間 ・穏やかな天気 などになります。 人の性格や感情、そして世情や自然などに対して使うことが出来ます。

「穏やか」の類語・同義語

●落ち着いた 意味:気持ちが和むような雰囲気やその状態、心が平静に戻る様子 「落ち着いた」も「穏やか」と同様に人の心情や態度、そして世情や自然に対して使われます。 静かで安定している様子を表します。 例文 「学生時代はヤンチャだった彼も社会人になって落ち着いた」 「荒れていた天気がようやく落ち着いてきた」 ●長閑(のどか) 意味:静かでのんびりとくつろいでいる様子、天気が良く麗らか(うららか)なさま 「長閑」はのびのびと気持ちよく過ごせるような状態に対して使います。また、天気に使うことが多く、空が晴れていて天気が良くのんびりと過ごせる日に対しても使います。 例文 「彼女の長閑な話し方がとても好きだ」 「今日はとても長閑でピクニック日和だね」 ●静か 意味:物音や声がせずにひっそりとした状態、荒れ狂ったりしない状態 「静か」は物理的に音や声がしない状態を表します。また、動かずにじっとしている様子や落ち着いた様子も表します。さらに、口数が少なくおとなしい人のことも「静かな人」と表します。 例文 「やけに今日は外が静かで、なんだか不気味だ」 「心が荒んだ時は、静かな海を見に来ます」 ●悠々たる 意味:ゆったりと落ち着いているさま 「悠々」は「ゆうゆう」と読みます。 静かというよりは、余裕がありゆったりと落ちつている様子を表します。 例文 「彼は若い頃から人との接し方に悠々たるものがあった」 「悠々たる生活を送れれば、それでいい」

「長閑(のどか)・閑静・閑散」の意味の違いとそれぞれの使い方

eigobu.jp

「穏やか」の対義語

●激しい 意味:勢いが強く荒々しい、激情的である 例文 「今夜も雨風は激しいそうだ」 「彼女激しい気性にいい加減疲れてしまった」 ●荒い 意味:動きが激しくすさまじい、言動が粗暴である 例文 「部長は言葉が荒いので、話をするのが億劫だ」 「Aくんイケメンなのに鼻息が荒いのが無理」 ●慌てる 意味:思いがけないことが起こり落ち着きを失うこと、非常に急ぐこと 例文 「目覚まし時計を止めて二度寝してしまっており、起きたら出発の時間で慌てる」 「」

「穏やか」を意味する二字熟語・四字熟語

●平穏 ●温厚 ●平然 ●平穏無事 ●温厚篤実(おんこうとくじつ) ●温柔敦厚(おんじゅうとんこう)

穏やかな人の特徴

感情の起伏がない

穏やかな人は、感情の起伏がありません。 感情の起伏の激しい気分屋さんは、自己中心的な人ですよね。 そういう人は穏やかではありません。 穏やかな人は不機嫌になったり、ピリピリした雰囲気を作りません。怒りを我慢するというよりは、周りのことを気遣って嫌なムードにはしないということです。 また、まず自分がキッカケで人が居づらくなるようなことをしません。相手が悪いことをしていれば叱ることはありますが、自分だけの感情で人にマイナスな感情をぶつけることはありません。

包容力がある

穏やかな人は包容力があります。 誰かに悲しいことや不安なことがあった時に、親身になって話を聞いて寄り添ってくれます。 また誰かがミスや失敗をしてしまった時でも否定や拒絶をするのではなく、一度受け入れてくれます。そのうえでなぜミスをしてしまったのかを一緒に考えてくれたり、失敗しないためにはどういうことをすればいいかを教えてくれます。 穏やかな人って、雰囲気から包容力がありますよね。 一緒にいるだけで気持ちがまったりして、安心出来てしまいます。

聞き上手

穏やかな人はとても聞き上手です! 不安なことや悩みって、聞いてもらうだけでスッキリすることってありますよね。 穏やかな人は、相手の話にアレコレと口出したりしません。 「うんうん」とちゃんと耳を傾けてくれて、だけど余計なことは言わずに否定もしません。相手から「どう思う?」「あなたならどうする?」と話を投げかけられれば自分の意見や経験を少し話したりします。 自分の考えを押し付けることもなく、だけど聞き流すわけでもなく、親身になって話を聞いてくれます。

協調性がある

穏やかな人は、周りの人を受け入れて否定をしないのでとても協調性があります。 さらに、視野が広く周りのことをよく見ているので空気を読んだ言動ができます。 相手が例え自分と違う考えであっても、協調性があれば細かいことを気にせずに受け入れることが出来ますよね。 穏やかな人は、対人関係で波風立つのを避けます。 周りを見て自分が我慢をすればそれでスムーズにいくと感じれば、我慢することを苦痛とは思いません。我慢せずにうまくいかなくなり、何か問題が起こるほうが苦痛に感じてしまいます。

客観的な視野を持っている

穏やかな人はとても客観的です。 何事にも客観的に捉えることができます。 また、とても注意深いです。 そのため、人や物事を観察した時に小さな変化でも気付くことができます。 また客観的であるため、主観から離れて物事を見れるので相手の立場になって判断します。 客観的に捉えることで相手の考えや気持ちが理解出来るため、穏やかな対応が出来ます。

いつも笑顔

穏やかな人は、いつも笑顔です。 周りにいる穏やか人を思い浮かべてみると、笑顔の印象が強くありませんか?どんな時でも笑顔でいることが多いかと思います。 周りに威圧的な態度をとることはなく、笑顔で受け止めてくれます。 あまり笑わない人は、例え怒ることがなくても穏やかな印象はないですよね。 そういった人は「淡々としている」「クール」などと言われます。 穏やかな人の笑顔は癒やされますよね。

誰に対しても平等で公平

穏やかな人は依怙贔屓(えこひいき)をしたり特別扱いをしたりしません。 依怙贔屓などをすることによって、人間関係ってトラブルが起きたりしますよね。 穏やかな人はそういったことが嫌いなので、平等に接します。 特に職場などでは、自分が上司や先輩の立場の場合平等に後輩の面倒を見ます。誰かを特別視したりすることはありません。 また自分が部下や後輩の立場でも、偉い人にだけ媚びを売るようなこともしません。

言動はゆったりとして落ち着いている

穏やかな人は言動もゆったりとして落ち着いています。 早口で慌ただしい人は穏やかと程遠いですよね。 また、大声で話したり手を叩いて爆笑をしたりする人も穏やかといった印象はありません。 割と動きなどはゆっくりしていることが多いです。 話し方も行動も何もかもが落ち着いており、物音を立てたりもしません。

愚痴や文句を言わない

穏やかな人は愚痴や文句を言いません。 強い口調で何かを言うこともありません。 穏やかな人は、愚痴や文句を言うことで雰囲気が悪くなったり誰かが嫌な気持ちになってしまうのが嫌だと思っています。 そのため、その場で愚痴や文句を言うことを絶対にしません。 穏やかな人は、周りが穏やかな空気感でいられることをすごく気にします。 文句などを言うことはありません。 そのせいか何を考えているのか分からないと思われてしまうこともあります。

実は内心激しいことも・・・

一見穏やかな人って、内心はめちゃくちゃ激しいことを考えている可能性があります。 仮面の笑顔をはがすと、かなりおっかない人だった…なんてこともありますよね。 どこかに触れてはいけないスイッチがあり、それに触れてしまうとこの世も終わるのでは、というくらい恐ろしいほどキレてしまう人も。 職場では穏やかだけど、友人との間では実は盛り上げ体調だったりキツかったり、恋人によく怒るタイプだったり…ってありますよね。 穏やかでいつも怒らないからといって、冗談でも嫌なことを言ったりするのは気を付けましょう。 心の中で憎しみを募らせているかもしれませんよ。

穏やかな人の心理

怒っても無駄だと思っている

穏やかな人は、他人に怒っても何も解決しないと分かっています。 根本的な原因を突き止めて、それを改善するしかありません。 また、頭の悪い人や嫌な気持ちにさせてくる人に対していちいちイライラしていても、その時間と労力が無駄だと思っています。 イライラすることによって自分の心に余裕がなくなり、結果仕事でミスをしたり他の人に八つ当たりしてしまい、後から仕事はやり直さなければならないし八つ当たりした相手のケアをしなければなりません。 怒ることって、本当に自分にとって意味がないんですよね。 穏やかな人はそれを分かっています。

効率を考えている

穏やかな人は常に効率を考えています。 怒ったり不穏な空気にすると、仕事って効率悪くなりますからね。 やっぱり空気感や人間関係がいい方が仕事も捗ります。 それを考慮して、穏やかな人は穏やかでいることを心掛けています。 さらに自分自身も穏やかでいたほうが何事も効率がいいです。 イライラしたり感情が荒れていると、どうしても手際が悪くなったりしてしまいます。

常に心に余裕がある

穏やかな人は常に余裕があります。 仕事は期限内に必ず終わらせるようにしています。むしろ直しがあっても期限内に終わるように早め早めに終わらせています。 さらに、時間にも余裕を持って行動しているので、焦ったりすることがあります。 時間と心に余裕があると、落ち着いて冷静に判断や仕事をすることが出来ます。

謙虚

穏やかな人が穏やかでいられるのは、謙虚だからです。 人に対して傲慢であったり上から目線な人は、やっぱり相手に不快な思いや威圧感を与えてしまいますよね。 周りから穏やかな人だな、と思われる人は誰に対しても謙虚です。 目上の人にはもちろん、同僚や部下・後輩などに対しても謙虚ですし、店員さんなど直接知り合いじゃない人に対しても謙虚に接することが出来ます。

他人に関心がない

穏やかな人はとても優しくて愛にあふれている…という印象が強い人も多いかと思いますが、その心理には「他人に関心がない」という場合もあります。 他人に関心がない分、どうでもいいと思っているため怒ることも何かアクションを起こすこともしません。 その姿が「穏やか」だと思われているのでしょう。 自分のことしか考えていない自己中心的なタイプではなく、とにかく他人に関心がなく気にならないのが穏やかな人です。

穏やかでいることのメリット

ストレスが溜まらない

穏やかな人はストレスが溜まりません。 人に対してイラッとした時に怒るとその瞬間はスッキリするかもしれません。 しかし、感情的に怒ってしまった時って後から「ああ言えば良かった」「言いすぎたかもしれない」と自分の行動を反省したり、怒ってしまった相手と気まずくなって居心地が悪くさらにストレスが溜まることってあります。 しかし、常に穏やかでいることで他人に対してイライラもしませんし、対人関係で悩むこともありません。 穏やかな人は自分のストレス発散方法を知っているので、ストレスを溜めずに周りに対しても穏やかでいられます。

他人からも穏やかに接される

自分自身が周りに穏やかに接することで、周りの人も穏やかでいてくれます。 やっぱり感情的だったり攻撃的な人には、優しくしようとは思わないですよね。 逆に、自分に優しくしてくれる人って自分も優しくしようと思います。 そのため穏やかな人は、周りからも穏やかに関わってもらえることが出来ます。 ちょっと他人に穏やかになるだけで、対人関係がうまくいきますよ。

対人関係のトラブルがない

穏やかでいると、基本的に対人関係でトラブルになることがありません。 例え、相手が何か嫌なことを言ってきても、穏やかに対応していれば大きな問題にならずに終わるでしょう。 もちろん、ストレスは溜まり相手のことを嫌いになるかもしれませんが、面倒くさいトラブルを回避できるのは穏やかでいる大きなメリットです。 特に職場で対人関係トラブルになると、仕事に支障をきたしたり他の社員に迷惑をかけてしまうことになります。 穏やかでいると、そういったことに巻き込まれることもありません。

逆境に強い

逆境に強い人って、根性があるとか負けん気が強いとか、そういった人をイメージしますよね。 しかし、実は1番逆境に強いのって穏やかな人なんです。 穏やかな人はどんな時もメンタルがぶれません。となると逆境でもいつも通りの自分でいられるということです。感情的にならず、慌てふためくこともせずに、淡々と自分のペースでこなしていけるのが穏やかな人です。

幸せに暮らせる

自分が穏やかでいることで、どんなに周りがバタバタしていても自分だけはお花畑にいてみんなのことを「大変だな」と見ていられることが出来ます。 穏やかな心さえ持っていれば、どんな時でも幸せな気持ちで生きていけます。

穏やかな人になる方法

素直になる

まず、穏やかな人はひねくれていません。 穏やかな人はいつも自分に対しても周りに対しても素直です。 自分の気持ちに嘘をついたり、見て見ぬ振りをしていると必ずストレスが溜まったりして穏やかではなくなってきます。 また、周りの人に対しても素直じゃない人って面倒くさいですよね。褒められているのに「そうやって言えばいいと思ってるんでしょ」などと言う人は穏やかではありません。

感情的に発言しない、行動しない

穏やかになるには、感情的にならないことです。 感情のままに発言をしたり行動をしたりすると、場の空気を壊したり相手を嫌な気持ちにさせたりしてしまいます。感情的な言動は、相手に悪意があったり自分自身がいくら正しかったとしても「自己中心的」「威圧的」と捉えられてしまいます。 穏やかな人は、他人に対して優しさを持って接していますよね。 優しさは『他人に対して思いやりがあること、そして穏やかで上品なこと』を表します。感情的な言動は穏やかでも上品でもありませんよね。 慎ましくしとやかな様子を「優しい」と本来は使っていました。優しい人になるためには感情的な発言をせずに柔和で品のある言動を心がけましょう。

心に余裕を持つ

余裕がない時ってイライラしたり慌てふためいたりしてしまいます。 自分の心がいっぱいいっぱいな状態だと、穏やかではいられないですよね。 心に余裕を持つためには、時間に余裕を持って計画を立てることが重要です。 スケジュールをキツキツにしたり、ギリギリに行動をしていると余裕がなくなってきます。時間に追われると人は必ず焦ったり不安になったりして冷静な判断が出来なくなります。 そのため、常に時間には余裕を持って行動し、何事においても計画性を持って取り組みましょう。 ちゃんと計画を立てるだけで時間に余裕を持つことが出来ます。

物を大切に扱う

穏やかな人は、人に対してだけでなく物に対しても穏やかです。 物を大切に扱い、長く使う傾向にあります。 物を投げたり、雑に扱う人は穏やかではない人が多いですよね。自分の持ち物ですら大切に扱えない人が他人に優しくできるわけないですよね。 やっぱり物を人大切に扱う人は誠実です。誠実な人は他人に対しても真面目で真心があるので優しいくすることが出来ます。

視野を広く持ち、周りを観察する

それから視野を広く持つことを心がけましょう。 周りの状況をしっかり判断し、客観的に物事を捉えられるようにしておきましょう。 ただ、仕事中のにジーーーーーッと見続けたりするのは不自然ですし、相手も不快な気持ちになるので気をつけましょう。ただ、普段どういった動きをしているか、誰と話しやすそうにしているか、よく食べている物はなにか、身につけているものはどんな物か、などをなるべく注目してみましょう。日頃スルーしてしまうことでも、一つ一つ気にかけるようにしましょう。 例えば、後輩の女の子がいつも身につけているキャラクターがあるとします。そのキャラクターになにか最新のニュースがあったり、自分の家の近くにチラシなどが置いてあるとします。そういうのを「これあったよ〜」などと持っていくだけで相手は自分のことを知ってくれていると嬉しくなります。 ただ、普段そんなに関わることのない異性にそれをやってしまうと不気味がられることがあるので、まずはよく関わる人たちにやってみてください。

自分の気持ちと向き合う

穏やかになるためには、まず自分自身に対して素直になることが大事です。 自分自身に対して素直になるためには、自分の本当の気持ちとしっかり向き合って理解することです。 自分が本当にやりたいことは何か、どういった人間になっていきたいのか、などを知ることからはじめましょう。小さな目標でもいいです。○○のシュークリームが食べたい!とか。海外旅行に1週間行きたい!など漠然としものでも、まずはノートなどに書き出してみましょう。 そういった自分のやりたいことを把握して、それに向けた目標を立てて日々がんばっていると心はとてもハッピーになります。そういう時って素直になりやすく、相手のことも受け入れることができます。 素直に相手を受け入れられることが出来るのは心が穏やかな証拠です。

穏やかな日々を送る習慣

笑顔で挨拶

まずは一日の始まりに笑顔で挨拶することを心がけましょう。 笑顔で挨拶をするだけで、その日の心の穏やかさが変わります。 また、笑顔で挨拶されると嬉しいですよね。その相手に対しても良い印象を持ちます。 笑顔で挨拶するということは、自分が相手に良い印象を持たれ嬉しいと思ってもらえるということです。 そうすると相手は笑顔で挨拶してくれた人に対して、嫌な態度を取ったりイライラすることがありません。そのためお互いが穏やかに一日を過ごせます。

相手の話は最後まで聞く

穏やかではない人の多くは、「自分の意見が一番正しい」と思いこんでいることが多く、周りの人の話を聞きません。 なので、まずは人の話を最後まで聞くようにしましょう。 「自分の意見だけがすべてではない」ということを頭に入れて、例え違った意見の人がいても最後までまずは相手の意見を聞き、素直に受け入れましょう。 とくに会社など組織に属してい場合では、自分本位にならず協調性を持つことで周りの人との関係性も良くなっていくことでしょう。

他人を否定しない

何よりどんな理由であれ、相手のことを否定してしまうと、相手が傷ついたり不愉快な気分になってしまいます。 それきちんと意識して、「相手の意見を尊重すること」を意識するべきなのです。 心の中で「それは違う!」と思っても「そうなんだね」とまずは受け入れることが大切です。 自分の意見を述べることはいけないことではありませんが、伝え方が重要です。 また、一人ひとり違う意見や考えを持っていることを念頭に置いているので、誰かの意見を否定することこそ本来間違っていると考えています。

陰褒めをする

穏やかな人は、他人に対して嫉妬をすることもなく蹴落としたりしようとしません。 陰口を言うことは絶対にしません。 そのかわりに、陰褒めをします。 陰褒めとは、その人がいないところでもその人のことを褒めることです。 まず他人を褒めることで自分の気持ちもポジティブになりますよね。 しかも陰で褒めることで信憑性もあがり、周りからも良い印象を持たれます。 先程も言いましたが、周りから良い印象を持たれることって、穏やかでいるためにはとても大事です。 相手から嫌な印象を持たれ、それを態度に出されるたびにこちらもそういった気持ちになってしまいます。

早め行動

何事も早めに行動することが大事です。 待ち合わせよりも早く待ち合わせ場所に着くように家を出る、提出期限のあるものは何日も前に完成出来るようにしておく、何か物事を始める時は「こうしたらこうなるだろう」といくつか仮定を立てて準備をしておく、などを心掛けましょう。 そうすることで時間に余裕が生まれます。 時間に余裕があると、心にも余裕を持つことが出来ます。 心に余裕がないと、どうしても焦ったり落ち着かなくなり穏やかではいられなくなってしまいます。

言葉遣いを丁寧にする

穏やかな人が発言する言葉は優しくてやわらかい表現が多いです。 言葉遣いの悪い穏やかな人っていませんよね。 言葉遣いが悪いだけで、いくら雰囲気や性格が穏やかでも「穏やかな人」とは思われません。 なぜ言葉遣いまでもが穏やかかというと、言葉遣いが悪いと相手は威圧的だと感じてしまったり内容によっては傷付いてしまうことがあります。しかし優しい人は相手にそういった思いはさせないように気を使っています。

好きなことをする時間を持つ

他人に対して穏やかに接するには心に余裕が必要です。 そして余裕を持ったりストレスを溜めないようにするためには、自分の好きなことをする時間を作りましょう。心が元気じゃない時って、余裕をもなくなりますしストレスも溜まってしまいます。そうすることで他人に対して冷たくしてしまったり、八つ当たりをしてしまうことがあります。 ですので、自分で仕事のことや対人関係での嫌なことなどを忘れて楽しい!と思える時間を作りましょう。趣味に没頭したり、体を動かしたり、ちょっと散歩に出かけたりと、自分が好きだと思えることならなんでもいいです。 「あー楽しかった!」「幸せだなあ」と思えるような時間を過ごすようにしましょう。

生活習慣を整える

穏やかになりたいのであれば、睡眠・食事・運動などの質やバランスを今一度見直してみましょう。 忙しくなると人は不摂生になったり、生活習慣が乱れてきます。そうするとストレスが溜まりイライラしやすくなったり無気力になってしまいます。 生活習慣が乱れているなと感じる人は少しずつで良いので改善に努めましょう。 質が悪いようであれば良い物へと変えるもしくは変えられるような策を考えることが大切です。 <睡眠> ・時間は適切か?一般的に6〜8時間の睡眠時間が理想 ・寝具や寝間着の状態はどうか?肌触りは悪くないか? ・寝室の環境はどうか?気温や湿度はちょうど良いか? ・寝る直前の飲食はしていないか? ・スマホ、PC、テレビの画面を直前まで見ていないか? ・感謝の気持ちで寝床につけているか? <食事> ・自分に合った食事や時間は把握しているか? ・食べ過ぎていないか? ・食べなさ過ぎていないか? ・体に悪い添加物などは含まれていないか? ・好きな物だけを食べていないか? ・外食ばかりをしていないか? <運動> ・運動はしているか? ・階段を避けていないか? ・徒歩や自転車を避けていないか? ・一気に頑張りすぎていないか? ・座りっぱなしになっていないか?

穏やかな人生を歩みたい人におすすめの本

365日を穏やかに過ごす心の習慣。

心によい習慣をつけると、不安や心配がなくなる。シンプルに生きる42の知恵。

まんが「ブッダ」に学ぶ穏やかな働き方

「悩まない」「乱されない」「迷わない」これからの仕事術。先行きが見えない時代の「解」は、手塚治虫『ブッダ』が教えてくれる!!

まとめ

いかがだったでしょうか? 関わるなら穏やかな人がいいですし、自分自身も穏やかでいたいですよね。 ストレス社会で穏やかでいられない人はたくさんいるかと思いますが、そんな時だからこそ自分発信で周りを穏やかにしてみてはいかがでしょうか。 働きやすくなったり、周りの人との関係が良くなっていくでしょう。

こちらの記事もチェック

可愛い子あるある!性格の特徴は?可愛いのにナゼ彼氏なし?

eigobu.jp

「横柄」の意味と使い方、類語!横柄な人の特徴と対処法、心理とは?

eigobu.jp

前向きになる方法と習慣・考え方!前向きな人の特徴と短所とは?

eigobu.jp

面白いこと探し!暇な時におすすめの面白いことを完全網羅!

eigobu.jp

優しい男はモテる?つまらない?優しい男の種類と特徴とは?

eigobu.jp

目が死んでる人の性格の特徴と原因!かわいいと思う心理とは?

eigobu.jp

性格悪い女の性格と顔の特徴!職場では嫌われるが恋愛ではモテる?結婚観は?

eigobu.jp

性格悪い男の特徴と心理、モテる理由!結婚はアリ?末路は?

eigobu.jp

性格悪い人の性格と顔の特徴!原因と末路!付き合い方と好きになる理由

eigobu.jp

休日の過ごし方208選!女性一人もカップルも友達とも家族とも楽しめる休日ライフとは?

eigobu.jp

遊び人の男性を本気にさせ本命になる方法!特徴は?結婚はアリ?

eigobu.jp

仕事が原因で思考停止している人の特徴と改善方法

eigobu.jp

思考停止している人の特徴と心理、改善法!思考停止する方法も!

eigobu.jp

上から目線な人の性格や言葉の特徴、対処法、治す方法、好きになる心理

eigobu.jp

結婚できない女の特徴&共通点!原因は?独身のデメリットとは?

eigobu.jp

仕事や恋愛で心も体もしんどい時の対処法【完全版】

eigobu.jp

理系男子の特徴と恋愛傾向、結婚観!好きサインとアプローチ方法を解説

eigobu.jp

「もう疲れた」と感じた時の気分転換の方法!疲れる原因は?

eigobu.jp

やることがない時の過ごし方と対応方法【完全版】

eigobu.jp

結婚しない人の特徴と理由【男女別】独身のメリットとは?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 「穏やか」の意味!穏やかな人の特徴と心理、穏やかになる方法とは?