1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 働きたくない人の特徴と心理、対処法、おすすめの仕事、大学生はどうする?

働きたくない人の特徴と心理、対処法、おすすめの仕事、大学生はどうする?

皆さんは、「働きたくない」と感じたことがありますか?「できれば働きたくない」と思っている人もなかには大勢いるのではないでしょうか。今回は、「働きたくない」と思う人の特徴や心理、についてまとめます。また、「働きたくない」ときの対処法なども紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

働きたくない人って結構多いはず・・・

現代では、「働きたくない」と感じてしまう大学生や若者が非常に増えています。 「働きたくないけど、働かなくてはいけない」という葛藤の中生きている人が多いようです。 とある調査によると、20代の約3割の人は「働きたくない」と感じているようです。 実際にはもっと多くの若者が「働きたくない」と思っているかもしれません。 ですので、「働きたくない」と感じることはある意味当たり前のことで、何もおかしいことではありません。 その原因の一つとして、「ブラック企業」といった働くことが苦痛に感じてしまうような企業の情報があちこちに出回ってしまっているということがあげられます。 低賃金で休みもなく毎日働いているという言葉を社会に出ている先輩の口から聞いたら、なんだか「働くのが怖い」「働きたくないな」と思ってしまいますよね。 そういった様々なことが要因となり、「働くのが当たり前」という考えが、現代では「できれば働きたくない」という考えになってきているのです。 とくに企業に勤めなくてもインターネットなどを駆使して自分自身でお金を稼ぐことができるようになってきた現代では、企業に属さずにお金を稼ぎたいと考える若者も多くなってきています。

働きたくない心理・原因

とにかく働くのが嫌

人が「働きたくない」と感じるのは、働くというそのものの行為が嫌だからです。 仕事内容や職場環境など関係なく、とにかく働くことを苦痛に感じ、自由に暮らしたいという気持ちが強いです。 生活していくためにはお金が必要で、お金を手に入れるにはやはり働くしか方法はないですよね? そんなことは頭ではわかっているのですが、でもどうしても「働いてお金を稼ぐ」ということに強い抵抗感があるのです。 人に雇われるのが嫌だという人は、個人事業主(フリーランス)としてお金を稼ぐしか方法はないでしょう。 自分で好きなような働き方ができて、お金も手に入れることができる最高の職ですよ。

仕事にやりがいを見出だせない

人が「働きたくないな」と感じるのは、今の仕事にやりがいを感じられていないからです。 「なんのために働いているんだっけ?」とか「なぜこの仕事何だっけ?」という部分が不明瞭になっていて、心がモヤモヤしている状態です。 同じ職場で長い間働いていたり、仕事が忙しくなったりすると、つい人はやりがいを見失いがちです。 また、やりたい仕事ができていない時も、「こんなことをするために入社したんじゃない。。。」と落ち込んでしまいます。 やりがいを感じることができなければ、仕事に対するモチベーションは下がってしまいます。 モチベーションが下がった時、人は「働きたくないな」と思うのです。

仕事がうまくいかない

仕事をしていると、調子が良い時とそうでない時ってありますよね。 成績が良くて、仕事が順調な時は楽しみながら仕事ができるのですが、逆に成績が伸び悩み、仕事がなかなかうまくいかない時は気分が落ち込み「働きたくないな」と思うのです。 仕事がうまくいかない時ってそのことが周りにも伝わっているので、上司や取引先などからお叱りの言葉をいただくこともあります。 「もっと成績を上げろ!」とか「もっと質の高い仕事をしてください!」と言われてどんどん気持ちが落ち込んでいってしまうのです。 自分でも「ちゃんと成績を上げたい」「失敗したくない」と思うのですが、仕事がうまく行かない時は何をやっても空回りしてしまうんですよね。

苦痛なことを長時間続けるのは難しい

そもそも自分が苦痛だと感じる仕事内容を長時間、毎日続けるのは難しいことです。 自分が心からやりがいの感じられる仕事であれば、毎日あっという間に時間もすぎるでしょうし、企業のために努力をすることもできます。 なんとなく就職してしまったがために、自分の興味のない職業についてしまい、結局やりがいを感じることができずに仕事が苦痛になってしまうということは大変多くあることです。 「興味のないことでもやってみないとわからない」とも言えるので、実際に挑戦してみて自分に適した職業を見つけることができるという場合もあります。 しかし、例えばだいたい自分は接客業が苦手だと感じているのにも関わらず接客業に就職するというような場合など最初から苦手だとわかっていることを職にするには、苦手なものを克服する精神力も必要になってきます。 はじめから苦手だなと思うことを仕事にしてしまうと結果的に「働きたくない」という感情に陥ってしまう可能性が高いです。

通勤が苦痛

リモートワークを導入している企業が増えてきてるとはいえ、まだまだ会社に出勤して仕事をしている人の方が多いのではないでしょうか。 毎朝の通勤が苦痛に感じる人も「仕事に行きたくないな」とか「働きたくないな」と感じやすいです。 例えば、職場と自宅がかなり離れていて通勤時間が長かったり、電車を乗り継ぐ回数が多かったり、満員電車やバスに乗る必要があったり。 このような通勤スタイルで、人は会社に辿り着くまでに多くのストレスを感じているのです。 また、マイカーやバイクでの通勤、徒歩や自転車での通勤も「面倒」と感じやすいです。 特にバイクや自転車、徒歩などは天候に左右されやすいので、雨の日や風が強い日などは朝から働くことへの意欲が無くなってしまいます。

待遇に満足していない

「働きたくない」と感じてしまう原因の一つとして、待遇に満足いっていないということがあげられます。 給料やボーナスが仕事の量と見合っていなくて、「こんなに頑張って働いたのにこれだけの給料か。。。」と働くことへの意欲が無くなっていくのです。 例えば、休みも少なく、過酷な労働を日々強いられているにも関わらず、お給料が安いと労働力にお給料が見合っていないなと感じてしまいますよね。 頑張れば頑張るほど能力給がつくというような給料形態であれば、自分の頑張り次第となる場合もありますが、そもそもの基本給が安く、上がる基準もわからない・見込みもないといった場合は「企業の問題」になります。 頑張っているのにお給料が低い・上がらないというのは働くモチベーションがあがらず「働きたくない」と感じてしまう原因になります。

労働時間が長くプライベートの時間が確保できない

「働きたくない」と感じる原因として、労働時間の長さも挙げられます。 正社員であれば1日8時間の労働時間が基本ですが、中には8時間以上の労働を強いられている人もいるでしょう。 働く時間が長ければ長いほど、プライベートの時間はなくなります。 家にいるより会社にいる時間の方が長くなって、仕事の疲れを取る暇もないほどになってしまうのです。 生活するために働くことは必要ですが、働きすぎて満足した生活ができないと「ここまでして働く必要って何だっけ?」と働くことへの意欲が薄れていってしまいます。

職場の人間関係

「働きたくないな」と思う原因に、職場の人間関係も挙げられます。 仕事をしていく中で、職場の人とコミュニケーションを取ることは多くあると思いますが、意思疎通がうまくできない人が一人でも職場にいたら「働きたくないな」と思ってしまうのです。 例えば、社内で派閥争いがあったり、上司との相性が悪かったり、顧客や取引先との関係にもつれが生じたり。 いろんな人と関わりながら仕事をしていきますが、そんな人たちとの関係が悪いとかなりストレスを抱えることになってしまいます。 「上司と話したくないな」とか「先輩に声をかけるのが怖いな」とコミュニケーションを図ることが億劫に感じてしまい、「働きたくない」と感じるのです。

「休みボケ」が抜けない

日曜日の夜や月曜日の朝に「働きたくない」と感じることは多くないですか? 休日が終わり、また仕事だという時に、うまく気持ちの切り替えが出来ず、「働きたくないな」と感じるのです。 休みに入る前は「やった!休みだ!」とウキウキする人は多いと思いますが、休みが終わって「やった!また明日から仕事だ!」と思う人は少ないのではないでしょうか。 特にゴールデンウィーク休暇や年末年始休暇などの長期休暇明けは、なかなか「休みボケ」から抜け出せず「働きたくない」と感じる人が多いようです。 筆者もその一人です。日曜日の夜から憂鬱な気持ちが始まって、月曜日の朝、早朝に目覚ましがなると「ああ〜働きたくないな〜」という気持ちで目覚めることがほとんどです。 起きて準備していざ仕事を始めれば意外と仕事モードになれるのですが、休日明けは仕事を始めるまでが気持ちの勝負なんですよね。

お金を稼ぐことに興味がない

「働きたくない」と感じる人の中には、そもそもお金を稼ぐことに興味が沸かないという人もいます。 実家暮らしの人、すでに貯金がたくさんある人、自分以外の誰かの稼ぎで最低限生活できる人などは「辛い思いまでして働く必要はない」と感じている人が多いです。 確かに、生活するためにお金は必要です。 そのお金がある程度手元にあって、自分ががむしゃらになって働く必要がない人は、正社員で週5日間も働くことに違和感を感じるのです。 お金を稼ぐためだけに仕事をしているわけではないという人もいますが、ほとんどの人が生活する上で必要なお金を得るために仕事という手段を選んでいるわけです。 お金そのものに興味がなければ働くことへの意欲もあまりないのです。

仕事以外にやりたいことがある

仕事以外にやりたいことがある時も人は「働きたくないな」と思います。 例えば、今の仕事以外にやりたい仕事がある人や、仕事なんかしないで趣味などに没頭したい人などです。 仕事をしなくてはいけないことは十分理解できているのですが、どうしてもやりたいことを考えてしまうんです。 他の仕事の求人を調べてしまったり、趣味のことを検索してしまったり、目の前の仕事に集中できないのです。 自分がやりたいことなどは楽しく感じられるのですが、いざ目の前の仕事に取り掛かろうとしてもモチベーションが下がって「働きたくないな」と感じるのです。

病気の可能性も

「働きたくない」という気持ちが長く続く時、精神的な病気である可能性もあります。 ・何をしていても楽しくない ・意欲がわかない ・わけもなく不安な気持ちが続く ・イライラする といった憂鬱な症状が何日も何日も続いてしまうことが特徴です。 とにかく気分の落ち込みとともに意欲が低下してしまい、「働きたくない」という感情が続いてしまいます。 心配な方は早めに専門医に診てもらうべきです。

働きたくない女性特有の理由

若者のみならず、「働きたくない女性」「働きたくない専業主婦」も増えてきていて、「働きたくないから結婚をしたい」と考える人もいるほどです。 しかし、現代では結婚したとしても「専業主婦」になれる人はほんの一握りで、旦那さんの収入では生活していくのにお金が足りないのに、働く気がおきないという人も・・・。 なぜ、女性は「働きたくない」と感じてしまうでしょうか?

家事や育児と両立するのがつらい

家庭をもつと、女性は家事や育児と両立しながら仕事をしなければなりません。 外で働きに出ている心労や肉体的な疲労を抱えながら、さらに家のことをやるのは非常に大変なことです。 「仕事」と「家事」を両立するのもかなり大変ですが、そこに「育児」が加わると睡眠時間やプライベートの時間を削るしか両立する方法はないといっても過言ではないでしょう。 会社によっては「時短勤務」などが設けてありますが、それを利用したとしても「職場の人はどう思っているんだろう」と周囲からの視線が気になるのです。 家庭を持っている人なら理解してくれますが、まだ家庭を持っていない人から見ると「働いている時間が短いのはいいよな〜」と不満げに思われてそうで怖くなるのです。

セクハラ被害にあったことがある

一度職場でセクハラにあったことがある場合、それがトラウマで外に働きに行きたくないと感じてしまうことは多くあります。 最近はセクハラだけでなく、妊娠している女性に対しての「マタハラ」なども話題になっています。 「女性だから」と言って嫌がらせをさせるような会社に誰が行きたいと思うでしょうか? 被害に合った人は心に深い傷を負っていて、その傷が癒えるのにはかなりの時間がかかります。 自分ではもう大丈夫だと思っても、いざ働くとなるとまた記憶がフラッシュバックして「もう働きたくない!」とパニックになってしまうのです。

保育園が見つからない

保育園の待機児童が増えている現代では、保育園が見つからず働きたくても働けないという人が大勢います。 無認可の保育園に預けたとしても、保育料が高すぎでは働いている意味がない・・・と感じてしまう原因になってしまいます。 もちろん、子供を一人で置いて仕事に出かけることはできませんので必然的に働けないという状況になってしまいます。 実家に預けたり友達に子供を見てもらうことも選択肢としてはあるかもしれませんが、なかなか頼りづらいんですよね。 最近は会社内に保育園や託児所を設けている企業が多くなってきました。 少しでも子供のいる女性社員の力になろうとしていることが感じられますね。 もっともっと、こういう会社が増えたら素敵だなと筆者は思います。

働きたくない人におすすめの対処法

働きたくないけど働かないといけないという人がほとんどだと思います。 そんな人たちに解決策を紹介します。

とにかく仕事に集中する

「働きたくない」とは言っても、働かなくてはいけないですよね? 働かないと給料はもらえませんし、給料がなかったら生活することができなくなります。 心が「働きたくない」と叫んでいても、それを無視してとにかく仕事に集中することが何よりも必要です。 集中力を高めるために音楽を聴いたり、エナジードリンクやコーヒーなどでカフェインを摂取したり、ヨガや瞑想などを行ってみましょう。 仕事に対しての集中力が高まれば「働きたくない」と考える暇もないほど仕事が捗るはずです。 「働きたくない」と甘ったれている自分自身に厳しく接することも時には必要です。 くじけそうになったら、周りの人にかつをいれてもらってもいいでしょう。

仕事に対する考え方を変える

「働きたくない」と思った時、仕事に対する考え方を変えてみましょう。 特に、「働きたくない」と感じている時は気持ちがネガティブになっている事が多いので、なるべく前向きに考えるよう努力してみましょう。 例えば、「仕事があることに感謝しよう」とか「仕事をゲームと考えてみよう」などの考え方です。 職場の人間関係でもいろいろあると思いますが、そういう時こそ感謝の気持ちでコミュニケーションを取ってみてください。 また、「仕事に楽しさを求めない」など、割り切った考えも必要です。 ただ淡々と、感情をこめずに仕事をこなすことで、仕事で気持ちが左右されることも少なくなるでしょう。

働きたくない理由を考えてみる

毎日「働きたくない」という感情に襲われているのであれば、一度どうして働きたくないと感じるのか考えてみると良いでしょう。 例えば、 ・職場が遠くて通勤時間がつらい・満員電車が苦痛 ・生活リズムに合わない ・お給料が安い ・人間関係が上手く築けない など、理由は様々あると思いますが、今の自分の気持ちの状態と向き合うことが大切です。 仕事内容がそもそも自分に合っていないというような場合や、上述したような、精神的なもの・自分自身の問題であれば転職をして環境を変えることで精神的な苦痛から開放される可能性もあります。

仕事前は「やる気スイッチ」をONに

上記で触れたように、通勤中や休日明けに「仕事したくないな」と感じる人は多いです。 しかし、いつまでもオフモードだと、仕事に精を出すことはできません。 そのため、仕事前は「やる気スイッチ」をONにする習慣を身につけましょう。 そもそも、長期休暇が取れるということは本当に贅沢なことです。 仕事が忙しい人や、会社の制度が整っていない人、自営業の人などは休みたくても休めません。 そんな中、好きな時に有給が取れたり、1週間ほど仕事を休めることはとても素晴らしいことです。 そういう恵まれた環境に感謝すれば、仕事を頑張ろうと思えるはずです。 会社に入る直前や自分のデスクに座る前などに仕事モードに切り替える習慣をつけましょう。 そうすることで自然と仕事に集中することができます。

ご褒美を与える

「働きたくない」と感じている時は、自分自身にご褒美を与えるといいです。 子供の頃、「宿題が終わったらお菓子食べていいよ」と親に言われて、宿題を頑張っていた人は多いのではないでしょうか? 人はご褒美があると一生懸命頑張れるのです。それは大人になっても変わりません。 例えば、「働きたくないけど、今日1日頑張ったら夜は美味しい中華を食べに行く!」とか「今週は仕事大変だけど、乗り切ったら週末ショッピングに出かける」などと事前にご褒美を設定しておきましょう。 家族や恋人にご褒美を設定してもらってもいいでしょう。人に褒められれば頑張れるという人ほどおすすめですよ。 筆者もよくご褒美制度を自分で設けていましたし、家族にも設けてもらっていました。 「仕事行きたくない〜」と朝不満をもらしていたら「じゃあ今日頑張ったら夜は外食しよう!」と提案してくれて一気に仕事に対するモチベーションが上がりました。人って単純ですね(笑)

一人で抱え込まず人に相談する

仕事が上手くいかない・職場の人間関係で悩んでいるなど、様々なことが要因で「働きたくない」と感じてしまっていることが予想されますが、一人で抱え込まずに話せる人にはどんどん相談をしましょう。 人に話すことでアドバイスがもらえることはもちろんのこと、話を聞いてもらえるだけでも気持ちをリフレッシュすることができることもあります。 信頼できる上司や同僚、同期、友人といった周りにいる人に思い切って気持ちを打ち明けてみましょう。 どんなに小さな悩み事でもいいんです。「こんなこと人に相談してもいいのかな?」と悩んでいる時間がもったいないです。 筆者も仕事で悩みがある時、よく同僚や先輩に相談していました。 自分では考えられなかった解決策などをポンポンと出してもらえていたので、いつも助かっていました。

目標を立ててみる

「働きたくない」と思った時、仕事で成功するイメージをもって、目標を立ててみましょう。 「どうせできない・・・」などネガティブな思考は捨てて、成功するイメージをしっかりともちます。 思い描く未来に近づく為に、「今度はこうしたい」「こうなりたい」という小さな目標を少しずつ達成していくことが自信につながり、仕事に対するモチベーションもあげることができると言えるでしょう。 例えば、 ・お金を沢山貯めて、欲しいと思ったものは躊躇なく購入できる生活をしたい ・同期の○○さんより早く出世がしたい! ・部長に褒められたい・認められたい など、何でもいいので目標を立てて実際に成功するように前向きに努力することが大切です。

休日も軽く仕事をする

一説によると、オンとオフを完全に分けることが、仕事のモチベーションを下げる原因になっているそうです。 休日は「絶対に仕事をしない!」と決めている時に会社から連絡が来て仕事をする羽目になり、そうすると「働きたくない」という感情がより強くなってしまうんです。 ですので、一つの解決策として、休日もあえて少しだけ仕事をする時間を設けるという方法があります。 例えば、日曜日の午後に1〜2時間程度仕事内容をチェックする時間を設けておきます。 その時間だけ仕事のメールをチェックしたり、会社からの連絡をチェックするようにしておけば、会社からの連絡で気分を乱されることはないですし、月曜日からの仕事がよりスムーズに始まります。 筆者も最初は完全に休みたい派だったので仕事は全くしていませんでした。 ですが、会社からプライベートの連絡先にまで連絡がくるようになってしまったので、「○曜日の○時頃のみPC確認するので何かあったらその時にお願いします」と伝えておきました。 そうするとそれ以外の時間に連絡がくることはなく、休みをより充実させることができました。

プライベートをより充実させる

「働きたくない」と思っている人の中には、仕事以外で楽しみがないという人がいるのではないでしょうか。 そういう人は、プライベートの時間をより充実させることで「働きたくない」という感情が生まれなくなります。 例えば、何か趣味に没頭するとか、習い事を始めるとか、何でもOKです。 自分の時間を有意義に過ごせば、人生の幸福度が上がり、「よし、また仕事頑張ろう!」と仕事に対しても前向きな姿勢を見せることができます。 睡眠や食事、運動のバランスも大切です。 規則正しい生活をして、仕事に支障の出ないようにすることが大切なのです。

旅行に出かける

「働きたくない」と思った時は、休みを利用して旅行に出かけてみましょう。 日帰りでも日常とは違う空間に行くことでとてもリフレッシュができます。 日帰りであれば日本国内でまだ行ったことのない観光地を巡る旅でもいいですし、近所でもリラックスできる温泉などがあればそこでゆっくりとした時間を過ごしてもよいでしょう。 少し長めの休みが取れるのであれば国内でも海外でも宿泊でプランを立てるといいです。 旅行に出かければ、日常とは違う空間でいろんなことを考えると思います。 きっと、仕事ができることに感謝し、「またこういう場所に来たいな」と仕事を頑張ろうと思えるはずです。

休暇をとる

仕事が忙しいと自分と向き合う時間もなかなかありませんよね。 「働きたくない」と思った時、思い切って長期休暇をとることで、心身ともにリフレッシュしてみるという方法もあげられます。 疲労困憊状態である場合、一度長期で休暇をとるとリフレッシュできてその後の仕事に対する意欲が上る可能性があります。 休むというのは非常に勇気のいることですが、実はとても大切なことなのです。 通常の休みと合わせて有給を取れば3日以上休みを取ることが可能なはずです。 仕事の状況と他に有給を取る人がいないかなどをしっかり確認してからどんどん休みを取っていきましょう。 有給は消化するために存在するのですよ!

働かないで生きるために貯金する

「働きたくない」という人は、将来仕事をせずとも生活できるために貯金を頑張りましょう。 自分が生活していくうえで必要な最低限のお金を把握することにより、計画性を持って貯金額を増やしていくことができます。 この場合、「働きたくない」と思っていても、しばらくは将来のために頑張って働く必要はあります。 でも、しばらくの間一生懸命働くことで、思っているよりも早く仕事を辞められるかもしれません。 働きたくないという気持ちが強い人は、生活をしていく上で必要な最低限度のお金を把握し、自分の今後の生き方について考えてみるといいでしょう。

仕事を辞めてニートになる

心身ともに疲れているようでは働く意欲も起きなくなってきて当然です。 まずは、休息をとって体を休めてみる、好きなことを思いっきりしてみるなどリフレッシュしてみると仕事も頑張ろう!と思える可能性があります。 それでも「働きたくない」という気持ちが強いようであれば、仕事を辞めるという解決策もあります。 仕事を辞めるということは人によってはかなり勇気のいることかもしれません。 しかし、なるべく早めに伝えることで円満退社も可能なので、あまりにも辛い思いをしている時は早めの対策を取りましょう。 仕事を辞めると同時に次の仕事を探す人もいますが、少しの間だけニートになるというのもありでしょう。 今まで頑張ってきた自分をちょっとの間だけ休ませる時間も必要だったりします。

フリーランスなど「雇われる」以外の道を考えてみる

働き方は様々ですが、多くの人が会社という組織に属しているかと思います。 要するに、会社に「雇われて」働いているのです。 もしもその働き方が合っていなかったり、不満があるのであれば、「雇われる」以外の道があることを知っておきましょう。 「働きたくない」「雇われたくない」という思いがあるのであれば、フリーランスになるなど「雇われない」という働き方をすることについて考えておくと良いでしょう。 自分が個人事業主となり、好きなように仕事ができれば、「働きたくない」と感じないかもれません。 自分で撮影した写真を販売して収入を得る・ブロガーになるなど、フリーランスでの働き方を様々あります。 興味のある働き方があれば、それに応じた知識や技術、つまりを「稼ぐことができるスキル」を在籍中に学んでおくと働くことに対する選択肢が広がります。

転職する

「働きたくない」という気持ちがずっと心のどこかにある人は、今の職場が合っていない可能性があります。 そういう時は思い切って転職を考えましょう。 働く環境が変われば、仕事に対するモチベーションがまた上がるかもしれません。 ただ闇雲に仕事を探すのではなく、自分にとって労働環境のいい職場を条件に職場を探してみることが大切です。 例えば、 ・通勤時間が苦痛・満員電車が苦手・・・・自宅から近い職場を探す ・人間関係に悩んでいる・・・面接時に社内の雰囲気を予め聞いて参考にする                ・早起きするのが苦手・・・勤務開始時間が遅めの企業を探す              勤務時間が選べる企業を探す など、ある程度自分にとって働きやすいと思える条件で仕事を探してみるといいでしょう。 とはいっても、なかなか自分にとって好条件の職業につける仕事を見つけることは難しいことです。 しかし、どれか一つ叶わなくても、妥協してでもいいからやりたい!と思える仕事であればどうでしょうか。 自分にとってモチベーションが保てる職業・職場を選ぶことはとても重要なことであると言えます。

働きたくない人に向いている仕事

同じ作業を黙々とひたすら続ける仕事・人とあまり関わらない仕事

人と関わるのが苦手という人は、同じ作業を黙々とひたする続ける仕事など、自分にとって働きやすい勤務環境を選んでみるといいでしょう。 人と関わる時間が少ない職業には、 ・工場のライン作業・検品作業 ・トラックの運送 ・事務 ・コールセンター ・倉庫内作業 ・清掃員 ・組み立て作業 などがあります。 企業に属していても、個人で行う作業が多いため、人と関わるのが苦手で接客業や営業職には就きたくないという人に人気のある職業です。 コールセンターはお客様とやりとりをする仕事ではありますが、電話での対応になるので、電話対応であれば面と向かって話すわけではないので大丈夫という人もいるのではないでしょうか。

待機時間が長い仕事

人と関わるのが苦手で働きたくないと感じる人には、 ・看板持ち ・ビルの管理人 ・セルフのガソリンスタンド ・コインパーキング ・ドアマン ・警備員 ・採点者 といった覚えることが少ないかつ待機時間が長い仕事も人気です。 しかし、待機時間が長いことが楽であると感じるか、待機時間がしんどいと感じるかは人それぞれです。 中には時間が経つのが遅く感じてつらいという人もいることでしょう。 また、待機時間が長い仕事であっても、待機中にやらなければならないことが沢山ある場合もあるので一概に、待機時間が長い仕事が楽であるとは言い切れません。

在宅ワーク・クラウドソーシング

インターネットが普及してきた現代では、「クラウドソーシング」という不特定多数の人に業務を委託する雇用形態も増えています。 例えば、 ・テープ起こし ・広告メールの作成 ・データ入力 ・ホームページ作成 ・システム設計・プログラミング ・WEBデザイン・グラフィックデザイン ・DTP 編集 ・イラストレーター ・アフィリエイター ・WEBライター ・調査・マーケティング ・デザイナー・コーダー といった仕事を請け負い、自宅でパソコンを使用して作業をするといった在宅ワークをする人が多くいます。 プログラミングといった専門的な知識が必要なものから、テープ起こしやデータ収集といった知識や経験がなくでもパソコンさえあれば誰でも簡単にできるような作業まで、幅広い種類の在宅ワークがあります。

リゾートバイト

とにかくのんびり過ごす時間を増やしたい!という人にオススメなのが、「リゾートバイト」です。 「リゾートバイト」は、冬びスキー場や、夏の海といったシーズン限定の仕事で、シーズン中は働きシーズン以外は働かずにのんびり過ごすことができます。 シーズン中は働く必要があるため、全く働かなくてもいいというわけではありませんが、短期間でガッツリと働きたいという人にはとても向いている仕事であるといえるでしょう。 リゾートバイトは学生などに大変人気のあるバイトです。 観光地として有名な場所で働き、そこで生活することができるのでかなり貴重な経験ができます。 繁忙期はかなり忙しいらしいので、それなりに体力と根気は必要です。

家賃収入・株やFXなどの不労所得を得る

「不労所得」とは、自分が労働をせずとも得ることができる収入をといいます。 例えば、「家賃収入」は一度物件を購入し、自身が所有する不動産として貸し出すことで収入を得ることができ、部屋数の多いアパートであれば、入居者さえいればそれだけ多くの家賃収入を安定して得ることができます。 また、株は、気に入った会社の株を購入することで「配当金」を得ることができ、FXは為替変動合わせてタイミングよく売買することで利益を得ることができます。 このように、ある程度の初期投資は必要になりますが「不労所得」を得ることを視野に入れてみることをオススメします。

ハンドメイド・オークション

ハンドメイドが得意という場合には、手作りの商品を販売することにより収入を得るという方法を選択することもできます。 近頃は、ハンドメイドの作品を出品することができるサイトで簡単に商品を販売することが可能です。また、フリーマッケットに出店をするという方法もあります。 また、副業程度で家にある不用品をオークションに出品し収入を得ることもできます。 自分ではいらないと思うものが、人が求めているものかもしれません。 断捨離をしながらある程度の収入が得られるなんて一石二鳥ですよね。 ただし、ハンドメイドはかなり競合が多いという点と、ネットオークションは収入が確実に得られるというわけではない点は注意点です。 これだけに頼って生活しようとなるとかなり大変かもしれないので、あくまで副収入くらいの立ち位置に考える方が良いでしょう。

ブログ

ブログを書いてお金が稼げることはご存知ですか? ブログに広告を貼り、ユーザーが広告をクリックしたり商品を買うことで収入を得ることができる仕組みがあります。 「アフィリエイト」と言いますが、人によってはアフィリエイトだけで月に何百万円もの収入を得ているブロガーもいます。 自分が好きなことや知識があることなどをブログに書きつつ、そこに広告を貼ってみるといいです。 例えば、美容系ブログなどは見る人(ユーザー)もかなり多いので、ある程度の収入は期待できます。 ただ、ある程度ユーザー数を増やさないと収入額も大きくはならないので、根気強く続ける必要があります。 ブログ収入について詳しく知りたい人は、ネットで検索したり、本を読んだりして知識を増やしましょう。 競合が多い今こそ、しっかりと仕組みを理解することは重要です。

YouTuber

最近では、YouTubeなどの動画を視聴者が再生することにより広告収入を得るという方法も人気があります。 投稿内容は、不適切な内容でなければ何を投稿してもOKで、自分の得意なこと・好きなことをネタにして撮影をし、動画投稿を行います。 再生回数を増やすのは、そう簡単なことではありませんが、人気が出れば大金を稼ぐことができ現代ではYouTuberといった職業がきちんとした仕事として確立され、小さな子どものあこがれの職業になりました。 ただ、再生回数を稼げる内容を撮影する企画力と、視聴者が見やすいように動画を編集する技術が必要となるため、簡単に稼げるというわけではありません。 好きな事を動画にして沢山の人にみてもらいたいという人には向いている職業であると言えるでしょう。

働きたくない人に共通する特徴

人と関わるのが苦手

「働きたくない」と思ってしまう人の特徴としてまずあげられるのが、「人と関わるのが苦手」ということです。 人とコミュニケーションが上手く取れず、人見知りな性格を発揮して円滑に業務が進まないのです。 現代では、フリーランスなどどこにも属せずお仕事をするということが可能ですが、一般的にはどこかの会社の組織に所属して働き、お給料をもらうという形式をとっている方が過半数です。 組織に所属するということは、一人でお仕事をするというよりは、組織の人たちと関わりを持ち一丸となって組織全体のために職務をこなさなければなりません。 仕事内容はどうであれ、そういった人間関係がどうしても苦手で「働きたくない」といった感情を抱いてしまう人も大勢いるのではないでしょうか。 こういうタイプの人は、職場でよく単独行動をすることが多いです。

朝起きるのが苦手

「朝起きるのが苦手」という人は、毎朝使用時に「仕事に行きたくないな…」と感じているのではないでしょうか。 低血圧など体質的に早起きするのが苦手という場合もありますが、仕事のストレスが原因で、寝不足が続いて朝起きれないという状況であることも考えられます。 ストレスが原因でよく眠れないなど睡眠障害が起きている場合は、日々身体の疲れがたまっていく一方であるため、仕事に行くのも辛くなっていってしまいます。 また、「仕事に行きたくない」というネガティブな思考のせいでスッキリと目覚めることができず働く気力の低下につながっている可能性も考えられます。 とにかく朝起きるのがしんどいと朝から気持ちがブルーになりますよね。 ブルーな気持ちなまま仕事に行っても、気持ちが回復することは難しいのです。

やる気がない、出づらい

「働きたくない」という人は、もともと「やる気」というものがなかったり出づらかったりします。 これは仕事だけに関わらず、例えば日常の些細な行動でさえも「やりたくない」と思ってしまいます。 あなたの周りにいませんか?何があったわけでもなく常にダルそうな人。 「面倒くさい」や「やりたくない」が口癖な人。 こういう人たちは、何に対してもその姿勢を変えることはありません。 料理することや、お風呂に入ることさえも「面倒くさい」と思ってしまう人は仕事に対しても「面倒くさい」と思ってしまうのです。 根本的な性格がこうなので、なかなか周りが変えてあげることはできないかもしれませんね。。。

目標がない

働きたくない人は、仕事や人生における目標がないという人が多いです。 どんなに小さなことでも、人は目標があればそれを達成するために頑張れます。 しかし目標がない状態だと、何のために頑張っているのかがわからなくなり、「働きたくない」と思ってしまうのです。 仕事や人生の目標は人それぞれです。そして目標はどんなことでもいいのです。 例えば「○年以内に部長になる!」という立派な目標もあれば、「とりあえず○年間は何が何でも今の仕事を続ける」といった漠然とした目標もあるでしょう。 目標がある人は、仕事で嫌なことがあっても気持ちを切り替えて頑張ることができますが、目標がないと、仕事が嫌になった時点でやる気がゼロになってしまいます。 目標がない人の中には、そもそも目標の立て方がわからないという人もいます。 確かに私たちは学校で目標の立て方を習ったわけではないので、こういう人の気持ちはわかります。 目標の立て方がわからない人は、ビジネス本を読んだり、職場の先輩などに聞いてみるといいですよ。

ネガティブ思考

働きたくないと思う人は、基本的に思考がネガティブな人が多いです。 仕事に対しての思考というよりは、人生そのものに対してマイナスな見方をしてしまうのです。 仕事があって、毎月収入が得られることに感謝の気持ちを持つというよりは「なんで働かなきゃいけないの」「こんなに頑張っているのに給料少なすぎる」とつい物事をネガティブに捉えてしまいます。 「どうせ頑張って働いても評価されない」とか「出世なんて絶対無理」などと決めつけてしまいます。 やってみないとわからないのに、実行に移す前に諦めてしまうなんてもったいなさすぎますよね。 失敗も経験のうちなので、何事もトライして成長していければいいのですが、トライすることを避けるようでは一向に成長することはできません。

常に疲れ切っている

働きたくないという人は、慢性的に心と体が疲弊しているという可能性があります。 仕事が忙しかったり、十分に休息できていなかったり、自分以外の家族の面倒を見なくてはいけないような人は、仕事を疲れを十分に取ることが難しいのです。 心と体が常に疲弊している状態では、正常な判断や行動が出来なくなります。 特に気持ちの面ではどんどんマイナス思考に陥ってしまって、「もう嫌だ、働きたくない」と嘆いてしまうんです。 「しっかり休みなさい」と言われても休めない理由があったり、もう休む方法を忘れてしまっている人もいます。 どんなに寝ても疲れが取れないようであればそれは結構大変な状況なので、長期休暇などを取ってとことん休むことに徹するべきです。

睡眠不足・栄養不足

仕事で最大のパフォーマンスを発揮するためには、十分な睡眠と食事(もちろん運動も)が重要です。 しかし、睡眠や食事が疎かになっている状態では、集中して仕事をすることは難しくなります。 「働きたくない」とよく言っている人は、睡眠や栄養が不足している可能性もあります。 睡眠が十分に取れなかった時や食事を疎かにしてしまった時って、ついイライラしたりやる気が起きづらくなりませんか? 特に仕事が忙しい時に睡眠や栄養が足りていないと、仕事の完成度にも悪い影響を及ぼしてしまいます。 仕事があるのについ連日呑みに行ってしまって睡眠が足りなかったり、自炊が面倒だからと食事をコンビニ飯で済ませたりするような人は要注意です。

自己管理ができていない

「働きたくない」という人は自己管理が苦手という特徴もあります。 「働きたくない」とは言っても働かなくてはいけない中、自分のモチベーションを上手くコントロールできないような人です。 自己管理が苦手だと、仕事モードになるのが遅かったり、仕事を始めたとしても仕事のスピードが遅いです。 膨大にあるタスクに優先順番をつけることも苦手で、仕事の効率が悪くなってしまいます。 どんなに頑張っても永遠に仕事が溜まっていくので、仕事が嫌になって「もう働きたくない」とお手上げ状態になってしまうのです。 逆に、しっかりと自己管理が出来ていれば、仕事に対するモチベーションを自分で上手くコントロールすることができます。 「働きたくないな」と思っても、ご褒美制度などを導入することで真面目に働けるように努めます。 仕事だけでなく、生活習慣もしっかり整っていて、仕事とプライベートの両方が充実しています。

働くことのメリット

お金を稼ぐことができる

働くことの最大のメリットはお金を稼ぐことができるという点です。 しかも、「ある程度安定した収入を得られる」ということが重要ポイントでしょう。 ここまでで何度かご紹介してきたように、生活を送るためにお金は必要ですよね。 衣食住全てにお金は必要で、お金なしに生活を送ることはほぼ難しいといっても過言ではないでしょう。 貯金を切り崩したり、親などの仕送りなどで生活することはできるかもしれませんが、例えば貯金額がゼロになった時や、親からの仕送りが突然止まってしまった時、自分で稼ぐ以外方法はありません。 人間生活を送る上で必ず必要となるお金を得られるということは、働くことの最大のメリットと言えるでしょう。

精神が安定する

働いて安定した収入を得ることができれば、精神的に落ち着くことができます。 お金がない、足りないなどの不安要素が取り除かれ、精神が安定するのです。 お金がピンチな時って、「来月の家賃払えないかも。。。」とか「このままじゃ病気した時に入院費用が払えない」などと悩みが尽きることはありません。 「自分は老後どういう生活を送るのだろうか」と将来に対しても不安な気持ちを持つことになってしまいます。 しかし、働くことでお金に対する不安はある程度晴れます。 正社員として働けば毎月安定した収入が入ってくるので、家賃はしっかり払えますし、将来のための保険などにも加入することができます。

スキルが身につく

仕事をすれば、いろんなスキルが身につきます。 職種や仕事内容によって身につくスキルは異なりますが、人は仕事を通して大きく成長することができるんです。 例えば、営業が仕事であれば、対人コミュニケーションスキルが身につきますし、経理が仕事であれば、エクセルのスキルや計算のスキルなどが身につきます。 事務作業であればマルチタスクのスキル、配送の仕事であれば思い荷物を軽々と運ぶスキルが習得できます。 どんな仕事に就いてもスキルは習得できるんです。 スキルが身につけば自分の自信になりますし、もっと高みを目指すきっかけにもなるでしょう。

自信がつく

働くことを通して、人は自信をつけることもできます。 上述の通り、仕事でいろんなスキルが身につけばそれだけで自信がつきますし、仕事を評価されることも自信に繋がります。 できることが増えれば増えるほど「自分ってやればできる人間なんだ」と意欲が溢れてきます。 また、職場の人や取引先の人から「素晴らしい仕事ぶりだね!」などと評価されればかなり嬉しいですよね。 人は仕事を通していろんな経験をし、いろんな経験をすることが自信にも繋がるのです。 筆者も前職を経験して新たな自信がつきました。 少しは論理的に物事を考えられるようになりましたし、プロジェクトを回すこともできるようになりました。

メンタルが鍛えられる

仕事をしていればもちろん嫌なこともあります。 失敗をしてしまったり、納期に間に合わなかったり、一見マイナスな経験に思えますが、それらを乗り越えることでメンタルが鍛えられるという点は働くことのメリットとして挙げられます。 例えば、仕事でミスをすると上司や取引先などからお叱りを受けますね。 顧客からクレームが入ったりしてメンタルがボロボロにやられることだってあります。 しかし、その失敗という経験を生かして気持ちを切り替えることでメンタルが鍛えられるのです。 筆者も前職では様々なクレーマー対応をしました。 最初はきつい言葉にメンタルが傷づいてばかりでしたが、慣れてくると鋼のメンタルで仕事に挑むことができていました。 仕事でメンタルが鍛えられれば、私生活で嫌なことがあってもへこたれなくなります。

良好な人間関係を築ける

人は生きていく中でいろんな人との関わりがあります。 仕事はその一例ですが、仕事をする上でもたくさんの人と関わりますよね。 先輩、後輩、上司、取引先などなど。一人で仕事をするということはほとんどないはずです。 いろんな人と交流をする中で、対人スキルが見についていきます。 そのスキルは仕事以外の場でも活かすことができ、例えばご近所付き合いやママ友(パパ友)とも上手く付き合うことができます。 仕事では相性が悪い人とも上手くやっていく必要がありますよね。 プライベートでは付き合うことがないような人とも「仲良く」やっていかなくてはいけないのですが、そこが上手く対応できるようになると、人間関係で悩むことは少なくなるはずです。

嫌なことを忘れられる

プライベートで嫌なことがあった時、どうやって気を紛らしますか? 多くの人が「仕事」と答えるかもしれません。 働いていれば、プライベートで嫌なことがあってもそれを忘れることができるのです。 例えば、恋人と別れたとか、家族と喧嘩したとか、生きていれば嫌なことだってあります。 そんな時に仕事をしていれば、仕事に集中することでプライベートのことを忘れることができるのです。 逆に働いていなければ、1日中ずっと嫌なことが頭をよぎることになります。 マイナスな感情を持ったまま生活するのは苦しいはずです。きっと周りにも迷惑をかけてしまいます。

働きたくない人にオススメの書籍

働きたくないけどお金は欲しい

本書のテーマはずばり「これからの資本主義社会における生き方」です。 持つ者がどんどん豊かになる一方で、持たぬ者にとっては最後の頼みの綱である「仕事」さえも、AIやロボットに奪われてしまうのです。 そんな資本主義社会に生きる私達が、どうすれば仕事やお金から解放され「本当の自由」を手にすることができるのか? その答えが本書にあります。

この本の詳細を見る

なるべく働きたくない人のためのお金の話

著者が隠居生活の中で、お金と人生についてゼロから考えた記録です。 将来に不安や心配を感じる人へ向けた、もっと楽に生きるための考え方がこの1冊に詰まっています!

この本の詳細を見る

まとめ

「働きたくない」を思う心情について理解していただけましたか? ✓人と関わるのが苦手であったり、朝起きるのが苦手だと「働きたくない」と思いがち ✓精神的な病気が原因で「働きたくない」と感じている可能性もある ✓現代では「働きたくない」と思うのがもはや当たり前の感情! ✓「働きたくない」と思うなら原因をつきつめて改善してみる ✓働かずにお金を稼ぐ方法を身につけるの一つの手   など

おすすめの記事

「感受性」の高い人の特徴8個!そもそも「感受性」とは?

eigobu.jp

「人徳」がある人の特徴は?意味と使い方、「人望・仁徳」との違い

eigobu.jp

「ニヒル」の意味と使い方、語源、「ニヒルな性格・笑い」とは?

eigobu.jp

「ジゴロ」の意味と使い方、特徴、語源、「ヒモ」との違い

eigobu.jp

「キャパオーバー」の意味や類語は?キャパオーバーのサイン・原因・対処法も紹介

eigobu.jp

「卑しい人」の特徴と対処方法、人が卑しくなる原因とは?

eigobu.jp

恫喝された時の対処法、恫喝されないための対処法とは?

eigobu.jp

「器用貧乏」は褒め言葉?意味、向いてる職業、器用貧乏の人の特徴

eigobu.jp

「虚言癖の人」の特徴と「虚言癖」になる原因

eigobu.jp

「よこしま(邪)」の意味と使い方、「よこしま考え・心・人」とは?

eigobu.jp

「出不精な人」の意味とは?特徴/心理、原因、改善/治し方、類語

eigobu.jp

「卑屈」の意味と「卑屈な人」の特徴・原因、「謙虚・傲慢」との違い

eigobu.jp

「猜疑心」の意味と使い方!猜疑心の強い人の特徴、原因と克服方法

eigobu.jp

「卑屈」の意味と「卑屈な人」の特徴・原因、「謙虚・傲慢」との違い

eigobu.jp

「固執」の意味と使い方、「執着」との違い、「固執する人」の特徴

eigobu.jp

「誠実」とは?恋愛での「誠実な男性」の特徴と行動を徹底解説!

eigobu.jp

女性が脈ありサインを送ってるLINEの特徴を段階別に徹底解説!

eigobu.jp

メンヘラ女子がかわいいと感じる男の心理とは?メンヘラ女子には美人が多い?!

eigobu.jp

メンヘラ彼氏の特徴と長続きされる対処法!治し方・別れ方・復縁方法を徹底解説!

eigobu.jp

不思議な色気がある女性の特徴とは?内面と外見の共通点を徹底分析!

eigobu.jp

「ぶりっ子」に男は気づかない?ぶりっ子でも嫌われない女性の特徴

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 働きたくない人の特徴と心理、対処法、おすすめの仕事、大学生はどうする?