1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 既読スルーは脈なし?既読無視する心理や理由、対処法を徹底解説!
既読スルーは脈なし?既読無視する心理や理由、対処法を徹底解説!

既読スルーは脈なし?既読無視する心理や理由、対処法を徹底解説!

「既読無視・既読スルー」という言葉をご存知でしょうか。「LINE」で連絡を取り合うこと主流になってきた現代で近頃良く耳にする言葉になってきた言葉で、「既読のマークがついているのに返信をしないこと」を「既読無視・既読スルー」といいます。今回は、恋愛における「既読無視・既読スルー」をする理由や心理、対処法などを解説していきます!ぜひ参考にしてください。

「既読無視・既読スルー」とは

「既読無視・既読スルー」の意味は「見ているのに返信をしないこと」

いつでもどこでも簡単に連絡を取り合うことができるコミュニケーションアプリ、「LINE」では、無料で素早くメッセージのやりとりや、通話をすることが可能で、近年では連絡を取り合際にこの「LINE」を利用することが主流になってきました。 「LINE」のメッセージ機能では、自分の送信したメッセージを相手が読むと「既読」というマークがつき、相手がメッセージを読んだかどうかがひと目でわかります。 「既読無視・既読スルー」とは、「既読マーク」がついているのにも関わらず、返信が来ないという状況に対して使用する言葉です。 つまり、読んでいるのに無視されている・スルーされているという意味です。

何日無視されたら「既読無視・既読スルー」になるか明確な定義はない

しかし、LINEでメッセージが来たことにすぐに気がついて読むことができたとしても、すぐに返信できる状況ではないこともあることでしょう。 「既読無視・既読スルー」というのは、「返信が遅れてしまうこと」ではなく、受け取り手が「無視しよう・返信しなくていいや」と意図的に返信をしないことです。 つまり、既読がついているのに返信が来ないからといって「既読無視・既読スルー」されているとは限らないと言えます。 しかし、何日無視されたら「既読無視・既読スルー」になるのかといえば、明確な定義はありません。 例えば、3日間連絡がつかないような場所にいて、4日後に返信が来るという場合もあります。 つまり、受け取り手が既読無視をしたつもりがなくても、送信した側が「これは完全に無視されている」と感じた時点で「既読無視」をしているということになってしまうということであると言えるでしょう。

「未読無視・未読スルー」は「受け取ったメッセージを見ないこと」

上述したように、LINEには、メッセージを受け取った相手が送られて来たメッセージを確認すると「既読」というマークがつき、送信者に相手が読んだかどうかがわかるシステムになっています。 「未読無視・未読スルー」は、メッセージを受け取った相手が、メッセージを読むことなく送信者に返信等の対応をしないことをいいます。 つまり、「既読」のメークをつけることなく無視をするので「未読無視」「未読スルー」というわけです。 未読無視・未読スルーをされる原因としては、 ・忙しくてLINEの通知に気がついていない ・返信しなければならないのが面倒くさいので、「既読」マークをつけたくない ・相手にブロックされている (ブロックされていると送信はできても相手には届かないので未読のまま) といったことが考えられますが、真相は受け取り手本人にしかわかりません。

既読無視・既読スルーする理由・心理

返信する暇がないほど忙しい!

「既読無視・既読スルー」をする理由・心理として、まず「単純に返信する隙がないほど忙しい」ということが考えられます。 例えば、LINEを見たのが大事の会議の直前で、返信する暇もなく会議に参加した後、さらに立て続けに取引先への営業が続いた・・・など、忙しくで返信する暇がないということは誰にでもよくあることです。 基本的に、仕事中にしょっちゅうアイフォンを見てはLINEの返信をするという人は少ないのではないでしょうか。普通は仕事に集中しますよね。 仕事中は、仕事に関する事以外は返信をしないという人が多いかと思いますので、あまりマイナス思考にはならず、「返信ができないほど忙しいんだな」と考えておくことが先決だと言えるでしょう。

スマホを手元に持っていない

仕事中は、スマートフォン手元に持たない・持ち込むことができないという人も多いです。 とくに工場勤務や飲食店で働いている場合、異物混入を防いだり、衛生上の関係で持ち込むことを禁止されている場合があります。 また家に忘れて出勤をしてしまった・外出をしてしまったということもあるでしょう。 スマートフォンは必需品だ!と考える人が多いですが、「持ち歩いていなくても問題ない」と考える人も実は多いのです。

読んで返信した気になってしまっている

届いたメッセージを読んだということに満足し、そのまま返信をした気になっているというパターンも考えられます。 例えば、「明日は10時に駅前で待ち合わせでよろしく〜!」というメッセージが届いたとして、それを読んだ時に心の中で「了解!」と思ったとします。 心の中で、内容に対する返事を思っただけなのに、なぜか相手に返信をしたと思いこんでしまうのです。 後日相手から返事の催促をされたり、LINEを見返したときに「返事を返したと思っいたのに送信できていなかったなんて・・・!」と驚くことも少なくありません。 LINEのみならず、携帯メールでもあるあるの現象なのではないでしょうか。

「既読」をつけることが返信だと思っている

人によっては、「既読マーク」をつけること事態が ・メッセージを読みました。 ・了解しました。 という返事だと思っていて、全く悪気なく返事を返さない人もいます。 業務連絡的内容のやりとりである場合に多くみられるパターンですが、相手によっては既読のマークがついただけでは「理解してくれたかな?」「了解してくれたのかな?」と不安になってしまうこともあるので、一言でも返信をすることを心がけるべきでしょう。

返信に困る内容だった

「返信がなかなかこないな・・・」と感じたときは、自分の送信した内容を見返してみましょう。 ・自分の話しかしていない一方的なLINE・・・どういう反応するのがベストなのかわからない ・長文すぎる・・・ 同等の返信を打つのが面倒になってしまう ・短文すぎる・・・「うん」「そうなんですね」のみなど、短文すぎると返信するほどでもないと感じる など、相手が返信に困ってしまう内容である場合、悩んだ結果そのまま忘れられてしまう、もう返信しなくていいやと思われてしまう傾向にあります。 返信がほしいのであれば、相手が返信をしやすい内容を送信することを頭に入れておくべきです。

イラっとしてしまう内容だった

自分の送信した内容が、相手をイラっとさせてしまった・怒らせてしまったという最悪なパターンもありえます。 メッセージのやりとりでは、声のトーンや表情がわからないということもあり、ニュアンスの読み取り方の違いがうまれてしまうことがあります。 自分はそんな気がなくても相手にとっては不愉快な気持ちなるようなことを送ってしまっている可能性があるのです。 つまり、相手を怒らせてしまたために「こいつにはもう、返信をする気がおきない」となてしまっているということです。

だらだらとやりとりを続けるのが好きじゃない

LINEで、人と他愛のない会話をゆるゆると続けるのが好きな人もいれば、用件のみを伝えることが連絡ツールだと思っている人がいます。 つまり、必要のないやりとりは、不要だと思っているので、返信する必要がないと判断してしまうのです。 特に普段から仕事で忙しい人にとって、意味のないLINEのやりとりは、やりとりをしている相手への好意の有無に関係なく時間の無駄と感じることが多いので、何気ない日常会話で既読スルーされがちだな思った場合は、「LINEのやりとりが好きじゃないんだな」と思っておいたほが無難です。

トーク画面を開きっぱなしにしている

LINEのトーク画面を開きっぱなしにしていると、読んでいなくても「既読マーク」がついてしまうので、既読マークがついていても、本人は見ていないという状態に。 そして、そのままスマートフォンを閉じてしまうと、読んでいないメーッセージがあることに相手は気づいてもいません。 「既読マーク」がついているからといって、必ずしも相手が内容を読んでいるとは限らないので、どうしても返信がほしい内容である場合は、もう一度確認をとったほうが確実です。

寝落ちしてしまった

夜間にやりとりをしていると、途中で眠くなってしまってそのまま寝てしまうことがあります。 この状態が俗にいう「寝落ち」というものになります。 「寝落ち」をしてしまった場合、とくに重要な内容でもない場合、日をまたいで返信をする必要もないか・・・と相手が思う場合があります。 そうすると、返信がされないので「既読無視・既読スルー」となってしまうのです。

会ってはなせばいいと思っている

LINEでだらだらと相手の返信を待ちながらやりとりをするよりも、直接会って話したほうが早いと感じる人もいます。 特に、近々に会う約束をしている相手に対しては、「また今度会った時に話せばいいか」と思ってしまいます。 しかし、「返信をするのがめんどくさい」と思っているのかな思われてしまうこともあるので、もし自分がそう感じたのであれば、「続きは今度会ったときね〜!」「今話しすぎると直接会ったときにネタぎれするから会った時まで残しておくわ」といったような返信をして、一度やりとりに区切りをつけてトラブルを回避しましょう。

自己完結した

もうこのLINEはこれで終わりだろう、と自己完結してしまう人もいます。 その人の中では「このLINEは完結した」という感覚にあるので、「無視をしている」という意識がありません。 後日「なんで返信してくれないの?」と問いかけたときに「えっ、あのLINEってあれで終わったでしょ?」と言われてしまうこともあるでしょう。 確かに、「完結したな」と思うときもあるでしょうが、その場合は相手にもわかるように、手紙の締めを同じような感覚で、「じゃあ、また今度」など、一言入れておくとわかりやすくて相手を戸惑わせてしまうことがありません。

すぐに返信をしないほうが「かっこいい」と思っている

意外と多いのが、 「ごめん、ちょっと忙しくて返信遅れました(汗)」 というように、忙しくて返信できないことが「かっこいい」と思っているパターンです。 アイフォンにかじりついていると思われるよりも、アイフォンを手にする暇がないくらい忙しいほうがかっこいいと思っているのです。 とくに気になる相手には、本当はすぐにでも返信したい気持ちを抑えて余裕ぶって返信を遅らせてるということも考えられるでしょう。

やりとりをしている相手に興味がない

単に、やりとりをしている相手に興味がないということも考えられます。 相手に興味がないから、時間を割いて返信する気にもなれないし、返信をしないことで印象が悪くなろうがもう何でも良いと感じているのでしょう。 確かに興味のない相手とのLINEに時間を割いていては勿体無いですよね。 その場合も、本来ならばきちんと「もう終わりにしましょうね」というニュアンスの言葉を述べて終わらせるのが礼儀であると言えます。

距離を置きたいと思われている

友人関係でも、恋人関係でも、ある程度人との距離感がないと、上手く精神面を保てない人もいます。 そういう人は、LINEでいつでも人の存在を身近に感じている環境が苦手である可能性もあります。 嫌いなわけではないけでど、もうちょっと距離を起きたい・・・そんな気持ちなのでしょう。 返信のくるペースなどで相手の「そっとしておいてほしい」という気持ちをどこかで察してあげることも大切であると言えるでしょう。

ただ何となく

気分屋の人に多いのが、「ただ何となく返信をしない」というパターンです。 特に理由なく「もういいや〜」と思ってしまうのです。 そういった人はだいたい、LINEでやりとりをすること自体に重要性を感じていません。 女性に比べると、男性のほうが「もういいや」と何となく返信するのをやめてしまう人が多いようです。

既読無視・既読スルーされたとき、まだ脈ありかどうか確かめる方法

何日か経って返信があるか・ないか

既読無視・既読スルーをされていても、数日以内に返信があれば単に忙しくて返信ができなかっただけであることが考えられます。 尚且、「返信できていなかったな」と思い出してもらえているので脈ありだと言えるでしょう。 どうでもいい人のことは、返信できていないことすら忘れてしまいます。一週間以上待っても返事が来ないという場合は、残念ながら脈なしの可能性が高いです。

次のやりとりで「この前は返信できなくてごめんね」と謝罪があるか

何からかの理由で連絡を再びとった場面や、直接会ったときに「この前は返信できなくてごめん・・・!」と一言謝罪の言葉がある場合、脈アリの可能性もあるでしょう。 謝罪の言葉があるということは、あなたに嫌な思いをさせてはいけない・悪い印象を持たれたくないという相手の気持ちが見られますよね。 本当に何らかの事情があって返信ができなくても、どうでもいい人にはどう思われようが気にならないのでそのままスルーする人も多いですが、それに比べると「ごめん」と謝罪があるほうが脈アリだと言えるのではないでしょうか。

次のメッセージを送っても返信があるか

気になる相手に既読無視をされている場合、しつこくするのは逆効果ですが、もう一度自分からメッセージを送って確認するのもアリです。 上述したように、自分の中で自己完結したことが理由で返信をしない・ただ何となく返信をしないという人であれば、何事もなかったかのように返信が来るでしょう。 普通に返信が来たからと言って「脈あり」と判断できるわけではありませんが、返信が来るということは「嫌われているわけではない」ということでもあります。 「返信が来ないよりマシ!」とできるだけポジティブに物事を捉えると気持ちが楽になりますよ。

相手発信でLINEが来るか

数日後や数週間後など、期間関係なく、前回のやりとりとは関係ない内容であっても相手発信でメッセージを送られてくるようであれば、脈アリであると言えるでしょう。 ・自分の中で自己完結したから返信をしなかった ・あまりやりとりを続けると迷惑だと思って一旦切った などの理由で既読無視・既読スルーをした可能性が高いです。 どうでも良い相手や嫌いな相手に自分から連絡をとろうなんて思う人いませんよね。 そういった場合は、「この前返信なかったから寂しかったよ〜」などさり気なく伝えることで、やりとりを続けても迷惑じゃないんだなということが伝わり、既読無視・既読スルーされずにやり取りを続けることができるかもしれません。

相手の好きなことや、オススメのものについて聞く

前回のLINEと全く話がつながっていなくても、相手の好きなことやオススメのものについて問う内容の メッセージを送信してみましょう。 特に男性は、自分の好きなことを人に語ることが好きな人が多いので、脈アリであればノリノリで返信が来ることでしょう。 そのために、相手の好きなことを周りの人からリサーチしておいて、話についていけるように少し知識を入れておくのもいいですね。 もしも脈なしである場合は、「ごめん、あんまりわかんないな」などそっけない返信が来る可能性が高いです。 どうでもいい人には趣味の話だろうが何だろうが、LINEでやり取りをすることが億劫になってしまう人が多いので知らないふりをしたり、もしくは「どうでもいい内容のLINE」と捉えられて返信しない可能性すらあるのです。

会ったときの相手の態度が普通かどうか

例えば、社内の相手とやりとりをしていて既読無視・既読スルーされたときは、直接接したときの態度を見てみましょう。 職場なのであからさまに態度に出してくる人も少ないかもしれませんが、 ・仕事の内容に関すること意外は話してくれない ・なんとなく避けられているような気がする と言った場合は、脈なしであることが考えられます。 ただし、「あの人自分に気があるのでは・・・?」と変に意識してしまっているだけの場合もあります。

脈ありの場合の既読無視・既読スルーの対処法

相手を頼るような内容で送ってみる

相手にの得意なことや、詳しいことに対して ・〜について相談に乗って欲しい! ・〜ができないので手伝ってほしい ・〜のやり方を教えてほしい など、頼るような内容で送信してみましょう。 脈ありの既読無視・スルーである場合、必ずあなたを手助けするような旨の返信が来ることでしょう。 単に忙しかった・返信はしたかったけれど内容に困っていたということも考えられるので、効果ありだと思います。

「忙しいみたいだけど体調は大丈夫?」と相手を心配する内容で送ってみる

「忙しくて返信ができないのだ」ということに勝手に決め込んで 「返信ないけど忙しいのかな?体には気をつけて休めるときは休んでね」 など相手を労る内容のメッセージを送ると、「そうなんだよね、最近忙しくて・・・」など返信が来るかもしれません。 「気がきく子なんだな」と思ってもらえることもあるでしょう。 その場合は、 ・返信は不要だよ ・返信は無理しなくていいからね といった一言があると、相手も気負いしないので印象がよくなりますよ。

疑問文を続けてかならず返信するように仕向ける

返信の最後は必ず疑問文で終わらすると、相手はその疑問に答える形で返信を送ってくることでしょう。 疑問文をつけることで、相手も返信に困って既読無視をしてしまうという可能性が少くなります。 どんなに疑問文をつけてメッセージを送っても、脈なしである場合には既読無視されてしまうこともありますが、脈ありであればかなりの確立でやり取りを続けることができるでしょう。

しょんぼりしたスタンプを送ってみる

LINEのメッセージで使用することができるスタンプには沢山の種類があり、自分の気持ちにあったスタンプを送信することで、メッセージを入力しなくても相手に自分の気持ちを伝えることが可能です。 言葉にして「どうして返信をくれないの?」「寂しい」「悲しい」と伝えるよりも、その気持をスタンプにしてさり気なく伝えたほうが、「かわいいな」と思ってもらえることがあります。 ただし、脈なしの人にしてしまうと「何?」と冷たく返されて傷ついてしまうこともあるので、見極めることが必要になってきます。 「当たって砕けろ」の精神で思い切って送ってみるのもいいかもしれませんね。

「返信がなくて悲しかった」と素直に伝えてみる

脈ありである可能性が高いのであれば、 ・返信ないから嫌われたのかと思た〜! ・なんで返信くれないの〜? などダイレクトに聞いてみるのもいいでしょう。 上述しているように、しつこいと思われることを避けて遠慮している可能性もあるので、「やりとりを続けててもいいんだな」と思ってもらうことが大切です。 気になる相手や好きな人に「返信がなくて寂しかった」と言われたら素直に嬉しいですよね。

脈なしの場合の既読無視・既読スルーの対処法

一度くらいなら、思い切ってもう一度送ってみる

一度くらいであれば、別の内容に変えてもう一度メッセージを送ってみるのもありでしょう。 単に間が相手返信するタイミングを逃したな・・・と思っているかもしれません。 それでも返信がない・返信はきたけどすぐにまた既読無視されてしまったという場合は、単純にあなたに興味がないのであきらめましょう。

あきらめて、そのまま放置

脈なしの既読無視・スルーの場合は、とにかくしつこく連絡をとるようなことをしてしまっては逆効果です。 自分が興味のない人から、連絡が沢山きたら迷惑だなと感じますよね。 脈なしである場合、の既読無視・スルーは諦めてそのまま放置するのがベストであるといえるでしょう。 こちらがしつこくすることなく、スルーをしていれば 「あれ、この前はLINEが来て自分のことが好きなのかな?とか思っていたけど、あれから連絡が来ないということは違ったのかな?」 など、連絡をしてこないあなたに対して逆に興味をもつようになるかもしれませんよ。

脈なしの相手にやってはいけないこと

「おーい」などの追撃LINE

メッセージは読んだけれど、忙しくてすぐに返信ができないタイミングってありますよね。 そんなときに、既読をつけて返信をしない数分の間に ・「おーい」 ・「無視しないでよー!」 など追撃してくるようなLINEを送ってしまう人がいますが、これはNGです。 忙しくて返信ができないだけかもしれないのに、相手のことを全く考えていません。 やはり、焦らずに待つということが大切なのです。

「忙しいのにごめん・・・」「何か悪いことしたかな?」など重めのメッセージ

既読をつけて、返信をしていない間に ・「忙しかったかな?ごめんね」 ・「何か気に触ったならごめん」 など、重たい雰囲気のLメッセージが来ていたら、「めんどくさいな・・・」と思ってしまいますよね。 特にタイミング的に返信できなかっただけで、無視したわけではないのにそんな事を言われてしまっては変に気を使ってしまいます。 相手を気遣っているつもりなのかもしれませんが、相手はそんなに深く考えていないことの法が多いので重たい雰囲気を出してしまうのはやめましょう!

細切れLINE

LINEであるあるなのが、 「ねえ」 「あのさ」 「この前ね」 など、なぜかメッセージを細切れにしてくるタイプの送信の仕方です。 細切れLINEは、ひと目で内容がわからないので、相手をイラっとさせてしまう可能性が高いです。 細切れにすることで、何度も通知がいってしまい「だるいな」と余計にめんどぐさがられてしまう原因を作ってしまいます。 脈のない相手に対して細々とLINEを送るのはやめましょう!

スタンプを連続で送る

相手の気を引こうと、意味のないスタンプを連続で送ってしまうことはやめましょう。 脈のない相手にそんなことされしまうと、ただひたすらに「鬱陶しいな」と思ってしまいます。 友人間のふざけても大丈夫という間柄で、ふざけるのは問題ないかと思いますが、本当に相手の迷惑になってしまうことも考えられるので、やめておきましょう。

さぐり系のスタンプのみで送信する

もう一つ、「スタンプ」に関する話になりますが、キャラクターが「チラッ」と様子をうかがっているようなスタンプのみで使用するのは、脈なしの相手にとっては結構「イラっ」としてしまうので注意が必要です。 そもそも、そんなスタンプを送信されても一体なんて返信をすればいんだろうと困ってしまいますし、「めんどくさいな」と思われてしまうこともあるでしょう。 探り系のスタンプは、脈ありの相手である場合や、友人間に留めておくことをオススメします。

「何で返信してくれないの?」とダイレクトに聞く

「なんで返信をしてくれないの?」とダイレクトに聞くのもいいのですが、脈なしの相手は「そんなの返信をしないっていう時点で察してくれよ・・・」とうんざりしてしまう可能性が高いです。 忙しいときに、わざわざ忙しいという理由を述べなきゃならないのも手間をかけてしまいますよね。 「返信が来ない」という時点で、どういうことなか自分でまず察することを頭に入れておきましょう。

TwitterなどSNSで病みツイート

相手とTwitterなどでも繋がっているといった場合に要注意なのが、 「はあ、なんで返信くれないんだろう・・・」 「嫌われちゃったのかな・・・」 というような、返信が来ないことに関して病み系のツイートをしてしまうことです。 感のいい人は一瞬で「自分のことだな」とわかりますし、自分のことだと気がついた瞬間「めんどくさ・・・」と思ってしまいます。 SNSを使って間接的にアピールをするのはNGです。

「おはよう」「おやすみ」LINE

脈なしなのにも関わらず、 「おはよう」 「おつかれ!」 「おやすみ」 など、たしかに、「挨拶」は連絡をとる手段として送りやすい内容に感じるのかもしれませんが、付き合ってもいないのに単純に気持ち悪いですよね。 「恋人気取りかよ・・・」と思われてしまう可能性が高いですので絶対にやめましょう。

既読無視・既読スルーされやすい人のLINEの特徴

日記のような報告だけのLINE

「今日、友達と映画に行ったんだけどとっても楽しかったよ」 など日記のような報告だけのLINEには、 「・・・・で?」 と思われてしまい、それで終わりというパターンが多いです。 脈アリの相手であれば、「何の映画見たの?」などの食いついたような返信が来ることもあるかもしれませんが、興味のない相手から日記のような報告LINEがきても正直「どうでもいい」となってしまい、返信する気にならない人のほうが多いです。

短文すぎるLINE

相手からのLINE対して 「うん」 「そうなんだ」 など短文すぎる返信をしてしまっては、相手も返信に困ってしまいます。 もうLINEしたくないのかもしれないなと思われて、「もう送るのやめておこう」と思ったのかもしれません。 相手をやりとりをしたいのであれば、相手が返信に困らない返信をすることを心がけるべきだと言えるでしょう。

長文すぎるLINE

短文すぎるLINEも返信に困ってしまいますが、一度のメッセージに何個も話題が入っているような長文メールには、返信するのに時間がかかってしまうので「後でいいや・・・」と後回しにされがちです。 そうなってしまった結果、そのまま返信する事自体を忘れてしまうということも考えられます。 短すぎても返信に困りすぎますが、長文すぎても相手を困らせてしまうので注意しましょう!

深刻すぎる内容のLINE

重めの悩み相談など、深刻すぎる内容のLINEだと、簡単に返信してはいけないなという心理になることが多いです。 その結果、相手に対するプレッシャーになってしまい、長文すぎるLINEへの返信と同じように「もういいか・・・」となってしまうことがあります。 特に相手が忙しい状況にあるのにも関わらず、こちらの急なタイミングで深刻な相談をされても相手は困ってしまいますよね。 単純に「めんどくさい」と感じる人もいるので気をつけてください。

用件を言わないLINE

メッセージを送るときに、 「ねえねえ」 「あのさ・・・」 と細切れで送り、尚且、用件を一切述べない内容だと、何を言われるんだろう?」といった恐怖から「返信をそのまましないでおく」という人もいます。 気を引きたいという思いが、メッセージを細切れにしてしまうのかもしれませんが、逆効果であることもあるということを頭に入れておきましょう。

会話がつまらない

やりとりをしている内容が、自分にとって興味があって楽しいことであっても、相手にとっても楽しいことであるとは限りません。 「くだらないな」「どうでもいいな」という思いが、既読無視・スルーに繋げてしまうのです。 自分本位な内容になっていないか確認をするように心がける癖をつけておくといいですね。

スタンプだけのやりとり

相手がスタンプのみで返信をてきた時に、自分もスタンプで返信をする、そしてまた相手からもスタンプで帰ってきたというように、何となくスタンプだけのやりとりが繰り返されていると、既読無視・スルーされてしまう確立が上がってしまいます。 自分は楽しくスタンプを送信していても、相手は「やり取りをする気がないんだな」と受け取るかもしれませんし、そもそもそのやり取りに対して「意味がない」と思ってしまう可能性もあります。

既読無視・既読スルーされたときのおすすめのスタンプ

かわいいキャラクターのスタンプ

かわいいキャラクターが優しく返信を促すようなLINEスタンプを使用して、返信を促してみるのもいいでしょう。 言葉で伝えるよりも嫌な印象を与えづらいですし、「かわいいスタンプ使うんだなあ」と好印象を与えることもあります。 それが自分の好きなキャラクターのスタンプだと、「おっ!」と思ってしまいすよね。

相手が癒やされるようなスタンプ

忙しくてなかなか返信ができないようなときに、思わず癒やされた気持ちになるスタンプが送られてきていると心が和みますよね。 相手を癒やす気持ちでスタンプを選んでみるのもいいかもしれません。 スタンプのキャラクターに加えて、一緒に書かれている言葉にも注目して選んでみましょう!

ギャグセンを感じるスタンプ

「なにこれ!」と相手がツッコミたくなるようなスタンプで、相手の気をひくのも効果ありです! もしかしたら、相手が自分のことを真面目だと思いこんでいて、どういうテンションで返信したらいいのかわからないと感じているかもしれません。 そんなときに、思わず「ぷっ」と笑ってしまうようなギャグセンを感じるスタンプが送られてきたら、一気にフランクな雰囲気を作りだすことができますよね。 流行りのギャグが書かれているスタンプや、「そんなスタンプどこで見つけてきたの!?」と笑って しまうようなスタンプを用意しておくと便利です。

恋愛に関するおすすめの書籍

異性の心を上手に透視する方法

恋愛関係において、私たちはロボットのように決まった行動をすることが、最新の研究で明らかになっています。 にもかかわらず、人はなぜ「最悪の相手」への誘惑に勝てないのか・・・。 異性の気持ちを見抜く方法を、実例を交えてわかりやすく解説し、全米ベストセラーとなった衝撃の一冊です!

この本の詳細を見る

ズルい恋愛心理術

パートナーを見抜いてあやつる㊙テクを、アジア最強のメンタリストが禁断の恋愛テクを解禁! 相手の本音の見抜き方、浮気の見抜き方、真実を知るための質問の仕方、そしてそれに対応する微表情の分析の仕方までも網羅。 この一冊であなたのパートナーの真実が見えてきます!

この本の詳細を見る

まとめ

「既読無視・既読スルー」について理解していただけましたか? ✓「既読無視・既読スルー」の意味は「見ているのに返信をしないこと」 ✓「何日無視されたら「既読無視・既読スルー」になるか明確な定義はない ✓「未読無視・未読スルー」は「受け取ったメッセージを見ないこと」など 既読無視・スルーをされているかどうかは、実際送信した相手にしかわからないことです。 本当に忙しくてタイミング的に返信ができないだけなのに、しつこくされたり、病まれたりすると相手に「めんどくさい」と思われてしまうだけです。 返事がちょっと遅い・来ないからといって、既読無視・既読スルーをされたと思い込んでしまうよりは、「忙しいんだな」とポジティブに考えて大人しく待っているほうが上手くいきますよ! しつこくするのはNGです!覚えておきましょう!

おすすめの記事

「人間不信」になる原因とは?その心理や恋愛での特徴、また治し方を紹介!

eigobu.jp

「めんどくさい」と思う心理や原因は?めんどくさい人の特徴も!意味や類語、英語も紹介

eigobu.jp

「可愛い人あるある」を一挙大公開!男子にモテるのが納得!

eigobu.jp

マウンティング女子の特徴と心理、されやすい性格、対処法とは?意味と英語は?

eigobu.jp

好きな人にとる態度22選!女性・男性別に詳しく紹介します!

eigobu.jp

「なんか可愛いな〜!」と男子が感じる女子の特徴は?性格・外見・仕草など徹底解説!

eigobu.jp

「何もしたくない」と思う原因は?楽になる考え方と抜け出す方法、禁止事項とは?

eigobu.jp

「お嬢様」とは?性格・髪型・服装・言葉の特徴は?「お嬢様大学」はどこ?

eigobu.jp

「ポジティブ」に生きる方法を徹底解説!真の「ポジティブ」の意味とは?

eigobu.jp

何もかもがめんどくさい時の対処法・改善法を徹底紹介!めんどくさく感じる理由も解説

eigobu.jp

「楽しいことないかな?」と感じる人におすすめのこと40選!

eigobu.jp

承認欲求が強い人の特徴は?原因、なくす方法、「自己顕示欲」との違いは?

eigobu.jp

「傲慢な人」の性格の特徴は?原因、対処法、ならないために気をつけることとは?

eigobu.jp

仕事がめんどくさいと感じる理由と対処法!仕事は辞めるべき?

eigobu.jp

虚栄心の強い女性の特徴と心理!対処法は?克服する方法も伝授!

eigobu.jp

「めんどくさい人」の特徴と原因は何?「めんどくさい人」との付き合い方、離れる方法

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 既読スルーは脈なし?既読無視する心理や理由、対処法を徹底解説!