1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 頭の回転が速い人の特徴となる方法!デメリットは? おすすめの食べ物&サプリは?
頭の回転が速い人の特徴となる方法!デメリットは? おすすめの食べ物&サプリは?

頭の回転が速い人の特徴となる方法!デメリットは? おすすめの食べ物&サプリは?

「頭の回転が速い」人はどんなことも効率よくこなし、どんなときも臨機応変に対応していく姿を見てかっこいい!と感じてしまいますよね。一体どうしたら頭の回転が速くなるの!?なんて疑問に思ったことがある人も多いはず。今回は「頭の回転が早い人」について徹底解析します。頭の回転の速くなる方法や習慣なども一緒に紹介しますのでぜひ参考にしてください。

頭の回転とは

「頭の回転が早い」というような表現をよく耳にすることがありますよね。 「頭の回転が早い」って、「頭をくるくる回すことができる妖怪みたいな人」だと思っている方はいませんか? ここでいう「頭の回転」とは、 ・瞬時に物事の意味や状況を理解すること ・瞬時に的確な判断をすること を言います。 会話をするときって、台本のような物があればそれを暗記してそのままの言葉を述べればいいのですが、実際は相手の言うことも決まってなければ、それに対する自分の返しも決まっているわけではないですよね。 なので、会話をするときは相手から出てきた言葉に対して、無意識のうちに頭を回転させ、知識やボキャブラリーの引き出しから必要なものを選び上手く会話を繋げるように返事をしていると言えるでしょう。 例えば良きせぬトラブルが起きてしまったときに、どうすればいいのかを瞬時に判断して的確な行動うを取れる人を「頭の回転が早い」なんて表現することができます。

頭の回転の速い人になる方法

早口で話す

頭の回転を早くしたい!と思うのであれば、まずは会話をするときに「早口」で話すように心がけてみましょう。 早口で喋れるということは、頭の中に入ってきた情報や自分の思っていることを素早く言語化できるということ。 そんな力は自分にはないと思っても、「そうしよう」意識することが大切です。 こういった日頃の意識が、頭の回転を早くさせるトレーニングになります。 何より、早口で話すと「頭の回転が早い人なんだな」という印象を与えます。 この印象づけが実際の自分を変えるのに役立ったりするんです。 ただ、早口で話すということは、 ・わかっていないのに、上っ面だけわかっているふりをしている ・何を伝えたいのかがわからない ・なんだか威圧感がある なんて思われてしまうこともあります。 プレゼンなど、自分の考えや情報をなどをきちんと伝えなければならないような場面では「早口」というようりは「わかりやすさ」を重視したほううがいいでしょう。

頭の回転の早い人と会話をする

普段から「この人頭の回転が早いな」と思う人とは積極的に会話をするようにします。 頭の回転早い人は、会話をしている中で速攻で受け答えをする力がついているので、こちらが言ったことにたいしてポンポンとテンポよく返してくれるだけではなく、こちらが返答に困らないような言葉を投げてくれて、とってもスムーズに会話をすることができます。 これは、やっぱり頭の回転が早いので瞬時に頭の中でどう答えればいいか、そして会話をスムーズに続けるためにはどうすればいいか、という判断ができているからであると言えるでしょう。 なので、ぼけっと会話をしているだけではなく、頭の回転の早い人の返しやアドリブ力なんかを実際の会話から学びましょう! さらに、テンポの早い会話をしてると、自分自身も頭の回転を早くさせないと会話についていけなくなってしまうので、良いトレーニングになります。

脳にいつでも新鮮さを与える

「頭の回転が早い」ということは、脳が活性化してるということですよね。 ぼけぼけっとした状況にいると、脳もぼけぼけっとした状態のままです。 なので、脳を活性化させる為には「いつでも新鮮さを与える」ということが大切です。 いつものルーティンをしているだけの毎日では、新鮮さがやないので1日の中にひとつ「はじめてすること」を取り入れることが頭の回転を速くするコツです。 毎日毎日新しいことにチャレンジするのは難しいですが、 ・話したことがなかった人と会話をしてみる ・アプリで新しいゲームをとってみる ・毎朝ニュースや新聞で新しい情報を取り入れる など、些細なことで大丈夫なので、脳に新鮮さを与えて刺激しておきましょう。 新しいことをするのって、やっぱり普段より頭を使いますよね。 これが、頭の回転の速さに繋がると言えるでしょう。

常に優先順位をつけて行動をする

日々、生活をしていく中でやらなければいけないことって沢山ありますよね。 ただ闇雲に目の前にあることに対して「これやってから、これをやればいいか、、、、」と考えて行動していては、頭の回転は速くなりません。 頭の回転を早くしたいのであれば、1日のスケジュールに関して、「優先順位をつけて行動をする」ということを意識しましょう。 やらなければいけないことに対して、 ・いつまでにやらなければいけないのか ・やり終えるまでにどれぐらいの時間がかかりそうなのか という情報を瞬時に理解して「これは先にやっておくべきで、これは後でも平気」と正しい判断をする ということが、頭の回転を速くします。

常に機敏に動く

歩くのが遅かったり、行動が遅い、、、と感じ人に「頭の回転速そうだな」なんて思いますか? 思いませんよね。そして本当に頭の回転が速いなんてことはほとんどないと思います。 だらだらと行動していては、もちろん脳の動きもゆっくりです。 頭の回転を速くしたいのであれば、常にシャキシャキと機敏に動くことを意識しましょう。 いつでも機敏に動くことで脳が活性化されて頭の回転が早くなります。 「動きが遅い」と言われるけれど、早く動くことなんてできない!と思っている人は、心の中で「シャキシャキパッパ」「シャキシャキパッパ」と言いながら行動するだけで、ちょっと機敏にシャキシャキ動くことができるので、チャレンジしてみてください!

タイムマネジメントをして、「時間内」を意識する

「タイムマネジメント」というのは、時間管理という意味の言葉です。 「物事に優先順位を付けて行動する」とうことを上述しましたが、この優先順位を決めてスケジュールを立て、さらにそのスケジュールに沿って時間を完治するのが「タイムマネジメント」です。 その中で、頭の回転を早くするために特に意識したいのが「時間内に終わらせること」です。 例えば、「午前10時〜12時会議の資料を作る」というタイムマネジメントをしているのであれば、「12時までには必ず終わらせる」ということを重要視すること。 さらに、もっと言えば「予定をしてる12時より早く終わることが」ベストの状態です。 「終わらせる予定の時間までまだだいぶあるかや余裕〜」とダラダラしないでサッサッサッさと終わらせるのが「頭の回転が速い」です。 常に「時間内で終わらせる」ということを意識すると、無意識に無駄なことを省こうという意識が働きます。なので、やらなければいけないことを、処理するスピードがあがる=頭の回転を速くするコツであると言えるでしょう。

何事に興味を持つ

先程も上述したように、脳を活性化させるためには「新しいことをする」など、脳に刺激を与えることが大切です。 なので、何事も「ふ〜ん。。。」で終わらせる人より、「それってどういうことなの?」など色々なことに興味を持つ人のほうが圧倒的に頭の回転が速いのです。 例えば、新商品の商品を見つけたら必ず手にとって見てみる・・・など、そういった行動が頭の回転を早くします。 さらに、何事にも興味をもつ人のほうが、圧倒的に色々な情報をどんどん自分の中に取り入れていくので、知識や経験がついていくので、そういったところも頭の回転を早くする要因となっているのでしょう。

とにかく情報量を増やしていく

「頭の回転が早い」=「知識・情報の多さ」でもあります。 例えば、「料理がうまい人」って、はじめのうちは野菜の切り方も輪切りしかできなかったのが、色々な料理に挑戦していく中で「乱切り」だったり「いちょう切り」なんていう技術を身に着けていって、どんな料理でも作れる!と胸を張って言えるようになっていきますよね。 料理に関する情報量が増えていってるから、どんな料理でも迷うことなく臨機応変に対応することができるのです。 同じように、頭の回転を早くしたいなら、日々少しずつでも情報や知識を身につけていく必要があります。 本を読んだり、ニュースを見たり、何でも当てはまりますが、情報量や知識をどんどん増やしていくことが頭の回転を早くする方法であると言えるでしょう。

無駄な情報を必要な情報を瞬時に判断することを意識する

現代ではニュースや新聞意外でも、SNSやインターネットなどを使えばいくらでも自分の得たいと思う情報を手にいれることができますよね。 しかし、入ってくる情報量が多すぎるというのが事実で、何かについて知りたい情報を得るのと同時に必要ではない情報まで大量に入ってくるというのが現代の難点でもあります。 頭の回転を早くしたいのであれば、そういった日々沢山入ってくる「情報」を、自分にとって「必要な情報」「必要ではない情報」とわけることを意識することが重要です。 例えば、だらだらとタダニュースを見て情報流し込んでいても意味がないのです。 耳で聞くことはとても簡単なことですが、しっかりと理解して、いる情報、いらない情報をわけて、自分の為になる情報を自分の中に入れるのは「頭の回転」が必要ですよね。 このように、情報を取り入れるときにきちんと頭を回転させておくと、普段から頭の回転が速くなります。

思ったことを口に出す

例えば、会社などの会議で意見も言わずにただ黙って座ってるいだけの人と、自分の意見をハッキリどんどん話していく人だったら、黙っている人より自分の意見をハッキリ言える人のほうが「頭の回転が速い」と感じると思います。 実際その通りで、会議などで自分の意見をバシバシ言う人は入ってきた情報を瞬時に理解して、さらに自分の感じたことをすぐさま言語化することができます。 「〜がいいと思います」と誰かが言ったことに対して「〜良いですよね、私もそう思います」などオウム返しをするだけでも、その瞬間から頭が働きはじめます。 「私もいいと思います」と言えば→「なぜ良いと思っているのか」という自分の意見に繋がりますよね。 「なんて言えばいいかわからない・・・」と黙っているよりは、ポン!と言葉を発してみることが頭の回転を速くするコツです。

自ら説明をする

会話をするときに、いつも相手側に「それはどうしてなの?」「なんで?」と質問されない、すべて自ら説明するような話し方を頭の回転が速くなります。 Twitterなどでも、「はあ、辛い」など気持ちだけをツイートする人っていますよね。 それを見た人は「なんで辛いの?」「どうしたの?」と質問をしますよね。 会話でも、同じように「なんで?」と質問しなければいけないような話し方をする人って、相手にわかりやすく話そうっていう気持ちが薄いのかなって思いませんか? 日頃から、相手に瞬時に状況をわかってもらえるような話し方をするのってすごく重要なことなんです。

メモをとる

頭の回転が遅い・・・と自分で感じている人は、馴れるまで何でもかんでもメモをするというのも、頭の回転速くするコツになります。 メモをとることで、入ってきた情報を逃さずに自分の物にすることができるし、書着出すことで、さらに理解力が高まります。 自分のまとまらない考えや思いをメモに書いておくのもいいです。 文字になっていると、その言葉をまとめることで自分の意見や気持ちがスッとまとまることがあります。 いつでも手元にメモ帳を用意しておいて、メモしてまとめる、というこをしていくうちに頭の回転が早くなってきてメモがなくても上手にまとめることができるようになるでしょう。

妄想をする

頭の回転が速い人は、「これから起きうるかもしれないこと」を想像することができます。 ・もしかしたら、これは修正点があって、さらに時間がかかるかもしれないから余裕を持って計画を立てておこう ・これは失敗してしまう可能性もある・・・違う手段も用意していこう というように、色々な知識があるからこそ想定することができるというのもあるのですが、とにかく想像力があります。 なので、どんなことでもいいので普段から妄想をして想像力を鍛えて起きましょう。

頭の回転の速い人になるための食べ物・サプリ

お米・パン・麺 (ブドウ糖)

「お米・パン・麺」といった炭水化物は、体内で「ブドウ糖」になります。 「ブドウ糖」は、脳のエネルギー源となるので、脳の活性化につながります。 「ブドウ糖」が不足すると、脳内のエネルギーが足りない状態になってしまうので、思考力が低下したり、集中力がなくなる、イライラしてしまうといった症状が現れてしまいます。 近年では、駄菓子の「ラムネ」が脳のエネルギー減になる!と話題になっています。

魚 (DHA・EPA)

「魚を食べると頭が良くなるよ!」なんて小さい頃言われた記憶がある人も多いのではないでしょうか。 魚には、「DHA」(ドコサヘキサエン酸)「EPA」(イコサペンタエン酸)という成分が含まれていて、脳の神経組織において重要な働きをしてくれて、脳を活性化させてくれます。 つまり、「魚を食べると頭がよくなるよ!」という言葉はあながち間違ってはいないということです。 多くは「いわし・あじ・ぶり」など青魚に含まれていますが「マグロの目」にも「DHA」が沢山含まれていると言われていますよね。 緑黄野菜や柑橘類と一緒に食べるとより効果を発揮してくれるようです。

大豆・チーズ・ナッツ (レンチン)

大豆やチーズ、ナッツ類に含まれる「レンチン」は脳を活性化し、記憶力や集中力の向上に効果をもたらします。 特にナッツには、レンチンの他にも「カルシウム」「マグネシウム」「カリウム」などが含まれていて、普段食事をしているだけでは、不足しがちな栄養素を摂取することができる「天然のサプリメント」なんて言われています。 なにより、脳の老化を防ぎ、記憶力の向上にとっても効果的なのです。

えごま油・アマニ油 (リノレン酸)

えごま油や、アマニ油に含まれている「リノレン酸」も、脳内を活性化させる成分であると言われています。 「リノレン酸」が体内に入ると、血液をサラサラにしてくれるので血の巡りがよくなり脳内が活性化されるのです。 しかし、「リノレン酸」は熱にとても弱いので、炒めものをするときに油の変わりに使ってしまうと熱によって酸化してしまい効果がなくなってしまいます。 サラダのドレッシングの変わりにかけるなど、火を通さない状態で摂取しましょう。

チョコレート

疲れているときに「チョコレートが食べたいな」と思うときってありませんか? チョコレートには、上述した「脳のエネルギー減」である「ブドウ糖」が含まれていますが、他にもチョコレートに含まれている「カカオ」の成分に、脳をリラックスさせる効果があります。 脳が疲れていう状態よりも、リラックスした状態のほうが頭の回転は速くなります。 現代では明確に「チョコレートで脳が活性化する」とはハッキリ言えるほどしっかりとした研究結果があるわけではないようですが、コーヒーやお茶と同じように体内の機能を向上させる植物成分が含まれていると言われています。

サプリで摂取することも可能

上述した、「ブドウ糖」「DHA/EPA」「レンチン」などはサプリなどでも手軽に摂取することが可能です。 一つの栄養素だけを永遠に摂取し続けても、それだけで「頭の回転が速くなる」というわけではないので、こういったサプリでバランス良く栄養素を摂取することが望ましと言えるでしょう。 「ブドウ糖」が代謝される時の補助的な役割を果たす「ビタミンB1」や、もさい欠陥を広げて脳の地役をする「ビタミンE」も合わせて摂取しておくと、より体内に吸収されやすくなり効果が出やすいのでオススメします。

頭の回転を速くするための習慣

すぐに決断をする

頭の回転を速くするには、日頃から「すぐに決断をする」という習慣をつけておきましょう。 色々をあれこれ考えて、決断をするのは悪いことではありません。 でも、だらだらと、ああでもない、こうでもないと悩むのはどうでしょうか。 「まだ決まってないの!?」と聞かれて「うん、私優柔不断だからさ〜」なんて言い訳をしてしまっていては、いつまでたっても頭の回転が速くなることはありません。 外食に行った時のメニュー決めなど、そこまで重要でもないことにだらだらと時間をかけるのはやめて、ぱっと決断できる癖をつけましょう。 日頃から、頭を速く回転させてパッと決断する癖をつけておくべきですね。

ウォーキングなど有酸素運動

頭の回転を速くしたいのに、体を動かしても意味ないでしょ!?なんて思うかもしれませんが、ウォーキングや、ストレッチをいった「有酸素運動」は頭の回転を速くさせる効果があると言われています。 なぜなら、脳を活性化させるには、脳内に酸素を送ることが大切だからです。 脳の活性化には「ブドウ糖」が重要なエネルギー源となるということを上述しましたが、「ブドウ糖」と同じぐらい大切なのが「酸素」なんです。 酸素は、血液にと一緒に運ばれるので、脳へできるだけ血液をおくらなければいけません。 なので、血流が悪いと脳まで酸素がいかずに頭が働かない・・・ということになってしまいます。 ウォーキングなどの有酸素運動には、血流を良くする効果があるので、頭の回転を速くさせる効果があるのです。 ただし、激しい運動は疲れてしまって逆効果なのでほどほどに・・・。 朝、最寄り駅までバスで通っているなら、歩きに変えてみるとか、一つ手前で降りてひと駅分歩く習慣をつけるだけでも変わってくると思います。

質のいい睡眠をとる

「眠い・・・」という感情があると、頭がぽやぽやしてしまって全然働かないですよね。 頭の回転を速くするには「質のいい睡眠をとる」ということがとっても大切です。 例えば、受験勉強なんかでも徹夜をして寝ないで勉強をするより、早い時間に寝て早く起きて勉強したほうが頭が冴えるなんてよく言いますよね。 これは、「寝不足」の状態だと脳細胞が修復されない状態が続いてしまうので頭が働かなくなってしまうため、そう言われています。 じゃあ、「早く寝て睡眠時間をとにかく長くとればいいのか」というと、そういうわけではありません。「睡眠」にも体力を使うので、睡眠時間をとりすぎると逆に体がだるくなって頭が働かなくなったりしてしまいます。 つまり、効率よく動けるように頭の回転を早くするには「適切な時間で質の良い睡眠をとること」がとても重要なのです。 質のいい睡眠をとるには、だいたい「5時間睡眠が良い」 など色々な情報がありますが、人の 体質によって変わってくるものなので、色々ためしてみて、自分にとって質の良い睡眠がとれる条件を探ってみてください。

早起きをする

「質のいい睡眠」をとるということと、同じように大切なことは「早起きをする」ということです。 普通に考えて、寝起きから頭がバチバチに冴えてる人ってなかなかいないと思います。 脳が活発に動くようになるのは、だいたい「起床後4時間」であると言われています。 つまり、出勤時間ギリギリに起きてそのまま出社をして仕事を開始しても、頭は回らない状態なのです。 なので、頭の回転を速くしたいのであれば「早起き」をするという習慣がとっても大切なのです。 特に、午前中に会議を控えているなんていう日は、出社4時間前に起床していることが好ましいです。 しかし、起床から9時間後にはセロトニンという物質の分泌が始まってしまって、気分がどんどん穏やかになってきて睡魔に襲われてしまったりするので、午前中にクリエイティブなことを、午後は反省点を書き出したり、次の日の予定を組むといったことを中心に行うのがいいでしょう。

スピードリスニング

「スピードリスニング」をという物をご存知でしょうか。 「スピードリスニング」とは、「倍速で音声を聞くこと」です。 「スピードリスニング」を習慣的に行うことで、何の効果があるかというと、それは「理解力」です。 例えば、ものすごい早口の人を会話をするときは、早くその人の言っていることを理解しないと会話を上手く成立させることがでいませんよね。 ささーっと素早く耳に入ってくる言葉を、ただ聞いて流すだけではなくて「何と言っているのか」を理解しようとする姿勢が見につくと、「理解力」があがってきて、普段他人と会話をするときなども頭の素早く回転させて相手の伝えたいことを理解することができるようになるでしょう。

読書

「読書」をするということは、自分の中に本に書かれている内容を「インプットする」ということです。基本的に頭の回転が速い人は、読書に限らず色々な情報や知識を大量にインプットしています。 例えば、自分の好きだと思えることや興味のある内容をどんどんインプットしていくことで、自分の中の引き出しをどんどん増やしていき、素早くその引き出しから必要な情報を必要なときにサッと引き出せると「頭の回転が速い」ということになります。 また、色々なことを色々な言葉で表現している本を読んでいると「ボキャブラリー」も増えますよね。 さらに、本を読んで内容を理解しようとしたり、筆者の考えを感じ取ろうをすることで「要約力」がつき、頭の回転を速くするのに役立ちます。

自炊をする

「料理」って実はものすごく頭を使うということをご存知でしょうか。 例えば、「主食」「副菜」「スープ」という献立を同時に作り終えて、同時に食卓に並べるためには、作る順番や、手順などを工夫しなければいけません。 さらに、料理をしている間に「使った調理器具の洗い物・片付け」も入ります。 なので、効率よく料理を作ることが「頭の回転を速くする」トレーニングになるのです。 頭の回転を速くしたいと思うのであれば、食事は自炊にしましょう。 そして、一品一品作るのではなく、頭を回転させて、同時に効率よくすべてを作るということを意識してください。

直接会話をする

世の中には、色々な性格の人がいますよね。 例えば10人同じ質問を同時にしたって、全く同じ同じ答えが返ってくることはないでしょう。 会話をするということは、頭を速く回転させて相手の言っていることを理解して、言ってきたことに対する返しをしないと会話が成り立ちませんよね。 とにかく、多くの人を直接会話をすれば、理解力や対応力を身に付けることができるので、コミュニケーションをとることを避けないで、バンバン会話をしていきましょう。 SNSなどでリプを贈送り合うなど、活字でのコミュニケーションではなく、「直接言葉で」というのが大切です。活字だと、ゆっくり考える時間ができてしまうので、頭の回転が速くなくても会話がなりたってしまうんですよね。 色々な人とコミュニケーションをとっているうちに、頭の回転が速くなりたい応力が身につくはずです。

脳トレアプリ

一昔前に「脳トレ」という物が流行り、「脳トレ」ができるゲームソフトなんかが流行っていたのですがご存知でしょうか。 「脳トレ」なので、その名の通り「脳をトレーニングすることができるゲーム」です。 「筋トレ」で筋肉を鍛えて運動能力の低下を防ぐのと同じで、「脳内を活性化させるトレーニング」ができるということです。 スマホなどで、この「脳トレ」ができるアプリを落としておくと、通勤時間や休憩時間など、「ちょっと暇だな」というときに手軽に脳を活性化させることができます。 脳を鍛えることによって、想像力や記憶力を高めることができるなんてことも言われているので、習慣づけておきたいですよね。

右脳を鍛える

右脳を鍛えると、記憶力がつき、ひらめき、想像力もつきます。 「右脳」は、入ってきた情報をイメージにして整理して記憶していきます。 「左脳」も情報を記憶することができますが、右脳はイメージで記憶するので左脳うの数千倍もの情報うを処理することができると言われています。 つまり、右脳の動きがにぶくなってしまうと、情報を処理の力もにぶくなってしまうので「頭の回転が遅い」という状態になってしまうのです。 なので、右脳を鍛えることで脳を活性化され頭の回転が速くなるわけです。 右脳の鍛え方としては、 ・パズルをする ・速読をする ・楽器を演奏する ・暗算をする などがあげられます。

見たものを瞬時にカテゴリ分けする

自分の視界に入ったものを、声に出さなくても頭の中で瞬時にカテゴリ分けする習慣をつけておくと、脳のトレーニングにもなりますし、「判断力」がつきます。 例えば、「犬」を見た時に、「犬」と一言でいっても色々な種類の犬がいますよね。 ・色 ・大きさ ・犬種 ・尻尾の長さ など、できるだけ詳しく瞬時に分析してカテゴリに分ける習慣をつけておきましょう。 そうすると、目から入ってきた情報を瞬時に処理する能力が鍛えられます。 この情報を瞬時に処理する能力が、会話をするときや何か問題が起きたときの解決しようとする状況のときに役立ちます。

日記をつける

1日の終わりに日記をつける習慣をつけておくと、頭の回転が速くなります。 「昨日の朝ごはん何たべましたか?」と聞かれると意外と思い出せない人も多いのではないでしょうか。 人は、日々生活していく中で、知らず知らずのうちにどんどん自分の中の情報量が増えていって、古い記憶をどんどん忘れてしまうのです。 この記憶がどんどん薄れていく状態にしておくと、脳はどんどん衰えていくと言われています。 なので、1日の終わりに、その日1日何があったのか、思い出す習慣をつけて脳を活性化させることが重要なのです。 思い出すときは、反省すべき点などもしっかり思い出して次に繋げたいことや「ためになった」と思ったことをきちんと思い出します。そうすると、睡眠中にまたその情報を整理して自分の中に記憶されていくのです。

できるだけ小銭がでないような金額で支払いをする

買い物をしたときに、できるだけ小銭がでないように頭で計算してお金を支払うようにすると、頭の回転を速くするトレーニングになります。 例えば、814円のお会計のときに1314円支払うと500円のお釣りになりますよね。 ただ1000円出してしまうと細い小銭が沢山返ってきてしまいますが、1314円出すことによって500 円玉一枚になるので、とってもスマートです。 レジに商品を持っていったときに、瞬時にこういった計算ができるようにすると右脳が鍛えられるので頭の回転が速くなるのです。

腸内環境を整える

腸は「第2の脳」と言われていることをご存知でしょうか。 腸内環境は、脳の活性化に大きく影響すると言われています。 先程「疲れると甘いものが食べたくりますよね」という事を述べたと思いますが、この「疲れているときに甘いものが食べたくなる」というのは、腸が脳に「疲れているからエネルギー源のブドウ糖を摂取して!」と司令を出しているからなんです。 つまり、腸内環境が整っていると脳が活性化するということなんです。 生きて腸まで細菌を届けてくれるヤクルトや、乳酸菌がたっぷり含まれるヨーグルトを摂取して超おない環境を整える習慣をつけておくといいでしょう。

アウトプットをする

頭の回転を速くするには読書などによって、情報を自分の中に入れることがとても大切であるということを上述しましたが、情報や知識を自分の中にインプットするのと同じように、一度自分の中にインプットした情報をアウトプット(出す)ということの、とても大切です。 例えば、本を読んでその本に書いてある内容をノートにまとめてみたり、誰かに言葉で伝えることが「アウトプット」になります。 一度内容を理解して、誰かに伝えようとすると意外にきちんと説明できなかったり「なんだっけ?」ってなることありませんか? それは、情報処理するのに時間がかかっていて上手く言い表すことができなかったり、理解したつもりで実は理解できていないということ。 一度自分の中にインプットしたものを、アウトプットすることで、無意識のうちに自分で情報を整理することができるし、整理していくことで確かな知識として自分のものにすることができます。

頭の回転を速くしたい人におすすめの書籍

頭の回転が速い人の話し方

【ユニバーサル・トーク】どこでも、いつでも、誰にでも伝わる話し方 【戦闘思考力】頭の回転をコントロールし、時にはさらりと切り返し、時には相手を答えに導く思考の武道

この本の詳細を見る

東大院生3人が書いた頭の回転がすぐに3倍速くなる3つのテクニック

本書は、要点をまとめ、読むだけで知識を吸収しやすく、すぐに実践で生かせる様々な工夫を行っています。「空いた時間にパッと読めるが、読了感が高くすぐに実践できる本」これが私たちの目標です。

この本の詳細を見る

絶対にミスをしない人の脳の習慣

脳を最適化すればすべて解決できる。集中力を科学的に最大化する仕事のコツ。最新脳科学でわかった仕事の「速度」と「精度」を劇的に上げるメカニズム!

この本の詳細を見る

頭の回転が速い人の特徴|性格編

記憶力がいい

頭の回転が早い人は、記憶力がとてもいいです。 上述しているように、頭の回転を速くするには、ある程度の「知識量」や「情報量」が必要です。 頭の回転が速い人は、「そんなことよく覚えているね!?」という細いところまで覚えていることができる人が圧倒的に多いです。 「覚えていよう」と意識せずとも、覚えていることができるので、自分の頭の中の引き出しをどんどん増やして上手く活用することができるのでしょう。

思慮深い

頭の回転が速い人は、思慮深いで性格をしています。 「思慮深い」とは、「物事を深く考える」ということです。 例えば、美味しい食べ物を口にしたときに、表面上だけで「おいしい!」と思うだけで満足してしまうのでなく、 ・どうして美味しいと感じるのか ・食感がいいのか否か ・原材料は何が使われているのか といったように、本質的な部分や、根本的なところを理解しようとします。 こいった「思慮深さ」が、物事を瞬時に理解する力になっているのでしょう。

合理的

頭の回転が速い人は、とっても合理的な性格をしています。 どんなことも計画的に効率よく無駄がありません。 なので、無駄のない計画を立てることができるし、タイムマネジメントも力もあります。 「どうすれば効率がいいか」ということを常に考えて行動するので、どんなことも最小限の時間で済ませることができ、「仕事ができる人」と思われます。 「〜らしいよ」という確かではない情報には惑わされません。 「不確かな情報に惑わされている時間が無駄」と感じるからです。 理屈っぽいと思われることも・・・。 いつでも無駄のない動きをしている人は「頭の回転が速いんだな」と感じますよね。

決断力がある

頭の回転が速い人は、決断力があり、何ごともスパっ!と決めることができます。 瞬時に優先すべきことや、リスクなど、考慮すべき・がポポポンと頭の中に出てくるので簡単に判断することがでいるのです。 さらに、頭の回転が速い人は、上述したようにリスクまでを視野に入れて行動しているので基本的に「失敗する」ということがなく圧倒的に「成功体験」のほうが多いので自分に自信があります。 なので、「これでいい」と自信をもって決断することができるのです。 そもそも、とっても合理的な人なので「グズグズ悩んでいる時間が無駄」と思ってしまいます。 だったらその分早く行動しておいたほうが、失敗してもカバーする時間ができるよね、という感じです。 一緒に食事に言っても一瞬でメニューを決めます。 「あれもいいな〜これも美味しそう〜」といつまでも悩むことは決してないでしょう。

リスクまでを計算にいれる

頭の回転が速い人は、物事を先読みする能力に長けています。 「このやり方は効率がいいけど、〜・・・してしまう可能性もある」というように、リスクを想定して計算をして計画を立てるのことができます。 例えば、飛行機を使えば移動時間は短縮できるけど、他の移動手段に比べると割と風だったり天気によって遅延したり最悪の場合と飛ばないかもしれないというリスクがありますよね。 頭の回転が早い人は、安易に「速いから飛行機」を選ぶのではなく、飛行機で行くなら「絶対に遅れられないから前日の夜に前乗りしておこう」とか、新幹線のほうが時間は遅延しにくいから新幹線で当日行こうとか、起こりうるリスクをお想定して判断します。それも瞬時に。 なので、結果的に何か問題が起きてしまったとしても、すぐに対処することができるので、ミスを最小限に抑えることができるのです。

臨機応変な対応ができる

頭の回転が早い人は、どんなときも臨機応変な対応をすることができます。 元々、上述しているようにある程度のリスクも想定しているので問題が起きたところで「想定内です」ということがほとんどです。 さらに、知識が豊富で何より頭の回転が速いので「こんな時はこの情報が役立ちそうだ」といったように自分の中にある必要な情報を瞬時に引き出すことができます。 なので、「こうすればいいんじゃないか」というアイディアがすぐに沢山でてくるんです。 さらに、決断力もあるのでトラブっても予想外のことがおきてしまっても、その状況にあった臨機応変な対応をすることができるのです。 柔軟な思考力があるからこそ、「絶対にこうするほうが正しいんだ!」と固執することなく、「じゃあ、どうすればいいのか」ということを考えることができるのでしょう。

空気が読める

「空気が読める人」は、頭の回転が速いと言えるでしょう。 空気が読めるということは、周りの人の表情などを瞬時に読み取って「今どうするべきなのか」ということを判断できるということです。 例えば、ちょっと話しがまとまらすぎて空気が悪くなってきたから少し休憩時間をとって一度気持ちを一度リフレッシュしてもたったほうが話しがまとまりそうだな・・・など、悪い空気を断ち切ることもできます。 「気遣い」って、瞬時に空気を読んで「何をすればいいか」を判断できる人じゃないとできませんよね。それって、やっぱり頭の回転が早くないとできないことなんですよね。

人間関係を瞬時に見抜く

頭の回転が速い人は、「人間洞察力」があるので、初めていった場所でもその場の人間関係を瞬時に見抜くことができます。 決定権を誰が握っているのが、誰に対してどのような対応をすればスムーズ進むのか、を一瞬で判断するのです。 「空気を読む」ということに似ていますが、新しい環境にて人間関係を見抜く力は大切ですよね。 例えば、店長として新しく配属された店舗で従業員の人間関係を見抜くのは、お店を上手く回していくうえでとても重要です。

能力をひけらかさない謙虚さがある

頭の回転が速い人は、知識もあるし能力があって自分に自信もありますが、決して「俺って賢い辛さ」と能力をひけらかしたりしません。 「こうするほうが効率いいんだから、こうするべきだよ!」などと自分の意見をおしつけることもありません。 「脳ある鷹は爪を隠す」と言うように、必要な場面でのみ自分の能力を使用するため、「縁の下の力持ち」だったり、実は影で主導権を握っているタイプの人が多いです。 また、どんなに認められていても「まだまだ学ぶべき部分がある」と常に思っているので、常に勉強する姿勢を忘れないし、どんどん能力を高めていくことができます。

ユーモアのセンスもある

頭の回転が速い人は、ユーモアのセンスもあるということが多いです。 例えば、お笑い芸人を見ていて「よくこんな面白い返しができるな〜」なんて感心したことはありませんか? 瞬時にボケて笑いをとることや、ボケに対して的確なツッコミを入れることができるのって頭の回転が速いからなんですよね。 頭の回転が速いから一瞬にして言葉の引き出しをあけて、おもしろい語彙を瞬時に判断して使うことで笑いをとったりすることができるのです。 なので、ちょっと頭おかしすぎるでしょ〜!と思わせるような芸風で笑いをとっている人ほどめちゃめちゃ頭が良かったりします。 実際に、カズレーザーさんや、ピースの又吉さんなど学歴の高い「インテリ芸人」も多いですよね。

頭の回転が速い人の特徴|言動編

とっても早口でしゃべる

頭の回転が速い人は、自分思っていることや考えをスルスルと言語化することができるので、とっても早口で喋ります。 本人は、早口で話しているつもりはないのですが、とっても早口です。 相手が話しの展開がだいたい予想できてきて、相手が話している途中からもうすでに、何て返すのかを考えられている状態なのだとか。 なので、話の展開もとっても早いです。 口から言葉を出している時点で、自分の中では考えが整理されていてまとまっている状態なので「えっもうそんなとこまで進む!??」というところまで急ピッチに話しが進んでいきます。 さらに人は、早口で相手に話されると否定の感情をもつ隙きが一切なくなるのだとか! なので、頭の回転が速い人が賢く見えるのは「早口」というのも要因になっていると言えるでしょう。

話しを一瞬でまとめる

頭の回転が早い人は、理解力があるので話しを聞いて一瞬でまとめます。 会議など、色々な意見が飛び交う場面で、それぞれの言いたいことを瞬時に理解しそれぞれの要点をついついまとめたくなってしまいます。 頭の回転が早い人は、どんなに色々な人が意見を述べても大事なことだけに焦点を置くので。「つまり〜・・・ということですよね!」とまとめることができます。 話しを上手く理解することができない人にとっては、色々な意見が飛び交っていると混乱してしまいがちですが、頭の回転が早い人はそういった人にも、わかりやすく要点を伝えてあげることができるので、会議などに頭の回転が速い人がいるとスムーズに会議が進みます。

たとえ話がうまく説明がうまい

どんなに言語化するのが早くても、相手に伝わらなかったら意味がないですよね。 頭の回転が速い人は、上述しているように、要点をまとめるのがとっても上手なので、とにかく簡潔に説明することができます。 相手に何か説明するときに、何が言いたいのかわからないような説明では全く理解してもらえませんよね。わかりにくい説明をする人は、そもそも自分自身がきちんと理解しきれていなくて要点がまとまっていないからという理由があげられます。 また、頭の回転が速い人は、スッ例え話がでてきます。 説明をするときに、「例えば〜のように」を言われるとわかりやすさが増しますよね。 どういう風に伝えれば相手にわかってもらえるのかを、瞬時に判断することができるのでしょう。

話す相手に合わせて会話をすることができる

頭の回転が速い人は、話す相手に合わせて会話をすることができます。 例えば3歳児と会話をするときに、大人に話すような言葉を使っても語彙力や理解力に差があるので理解してもらえないし、会話のラリーになりませんよね。 頭の回転が速い人は、 ・この人は普通に話してもだいたい理解してくれる ・この人はちょっと理解力がない ・この人は笑いのわかる人だからちょっとユーモアを交えよう といったことを瞬時に判断して会話をすることができるので、コミュニケーション能力もとっても高いです。

二つの事を同時にこなせる

頭の回転が速い人は、二つのことを同時にこなすことができます。 つまり、「〜をしながら〜をする」というマルチタスクができるということです。 頭の回転が速い人は、いつも効率的に動いているので同時進行をしたほうがいいことは同時進行しています。頭の回転が速い人の仕事が速いのもマルチタスクがこなせるからだったりします。 例えば、「料理」は、一品作り終わったらまた一品・・・ではなく何品が同時に作りますよね。 頭の回転が速い人は、忙しい飲食店の厨房でもラクラクこなせるでしょう。

「どうして」「なんで」が口癖

頭の回転が速い人は「どうして」「なんで」が口癖です。 好奇心が旺盛なので、「なんで?」「どうして?」と色々なことが気になります。 いつどんなものにも「どうして?」「なんで?」と疑問に思うからこそ、知識を吸収する機会をどんどん増やし、また考察することで脳が活性化され、頭の回転が早くなります。 頭は使えば使うほど活性化されるので、「なんでかな」「どうしてかな」と考えることが大切だと 言えるでしょう。

頭の回転が速い人のデメリット

怖い

頭の回転が速い人は、周りから見て「怖い」という印象をもたれがちです。 筆者は、頭の回転が遅いタイプだと自覚しているのですが、頭の回転が速い人を見ていて「怖い」と思ってしまうことは実際にあります。 勢いよく、早口でばーっと話されるとその勢いがまず怖いですし、絶対に影で「あいつは馬鹿だ」と悪口を言われているんだろうな〜なんて思ってしまいます。 頭の回転が速い人通しだったら波長が合うんだと思いますが、頭の回転が速くない人にとっては何とかペースを合わせるのでいっぱいいっぱいになってしまいます。

人の話しをさえぎってしまいがち

頭の回転が速い人は、話しをまとめるのが上手いということを上述した通り要点をすぐにまとめることができるので、ついつい「それって〜・・・ということだよね?」と人の話しを遮ってしまいがちです。 例えば悩み相談をしているときに、その過程も含めて話しを聴いてもらいたいだけだったりするのに、「それって、〜・・・だったってこと?」などと会話を遮られると、なだかモヤっとしてしまいますよね。 特に頭の回転の速い男性にありがちで、女性の話しを聞いてさっさと「〜すればいい話なんじゃないの?」と結論を言ってしまうというパターンです。 うだうだ話しを聞いている時間がもったいなくて要点をまとめたくなってしまう気持ちはよくわかりますが、それを深いに思う人もいます。

他の人がついてこれない

頭の回転が速い人は。 ・早口 ・話しの展開が早い ・そこそこ難しい言葉がボンボン出てくる といった状態なので、他人の人が話しについていけないということが多いです。 世の中の比率で言うと頭の回転が速い人と、そうでもない人だったら、頭の回転が速くない人のほうが多いでしょう。 実際に組織においてどんなに賢くて、瞬時に的確な判断をしても周りが理解してついてこれない状況だと「暴走」になりがちです。 頭の回転画が速い人にとって、そういった部分で時に周りが付いてこれずにスムーズにいかないという 状況はストレスでしかないでしょう。

何でもかんでも「自分がやったほうが速い」と思ってしまう

頭の回転が速い人は、どんなことでも効率的に素早くこなすことができるので、人に任せるよりも「自分でやったほうが速い」と思ってしまいます。 1から、「こうしたほうがいいですよ」といちいち教える時間を考えれば、自分でやったほうが速いからと思ってしまうのは当然のことですよね。 でも、それでは誰にも頼れないので頭の回転が速い人自信がしんどくなってしまいますし、いつまでたっても他の人は成長しないままです。 という事をわかっていても、それでも「効率が悪い・・・」とどうしても思ってしまうので頼ることができないのです。

妬まれやすい

頭の回転が速い人は、賢いし、周りからも評価されるので、妬まれやすいです。 常に色々なことを学んでいたりなど、ボサっとしているだけではなく頭の回転が速くなるようなことを習慣づけ日々努力だってしているのに、「あつは頭の回転が速いからいいよな」なんてヒソヒソを言われてしまうのです。 やっぱろ凄い人というのは、周りからみてて「羨ましい」と思ってしまうものです。

頭の回転が速い人におすすめの職業

弁護士

頭の回転が速い人は、「弁護士」に向いています。 弁護士はも、裁判をする場合、相手の弁護士の矛盾点に気がいてどんどんツッコミ、依頼人を守らなければいけません。 そのためには、膨大な知識量を思考力がないといけませんよね。 頭の回転が速く相手の矛盾をつつける近らがないと、裁判で勝利を勝ち取ることは絶対にできないでしょう。

警察官

警察官は、生活野中で起きる色々な問題を解決してくれる職業ですよね。 何が問題点があったときに、すぐにかけつけて、すっと助けてくれます。 例えば、何かトラブルが合った!という場面で、かけつけてくれてもどうしよう、どうしよう、とウロウロしているだけだったら意味ないですよね。 問題を解決するための方法の知識や、決断力がないと警察官としては厳しいですよね。 なので、頭の回転が速くないとなかなか警察官としては厳しいと思います。

医者

お医者さんは、人の命に携わる大変な職業です。 この正解には様々な病気と治療法があるので、お医者さんは恐らく永遠に学び続け、知識をつけていかなければいけない職業です。 さらに例えば診察に関して言えば、どんな病気なのか、どんな可能性があるのかを瞬時に判断しなければいけないので「頭の回転の速さ」が重要になってきます。 いつまでも「これ」という結論が出せない先生だったら、治療をしようと思った頃には「手遅れ」ということになりかねません。 急変してしまうことだってあり得るので、臨機応変な対応力も必要なのではないでしょうか。 なので、頭の回転が速い人は、お医者さんに向いているでしょう。

飲食店

例えば、工場のラインなどの仕事は、「臨機応変」というよりは、「決まったことを正確にやる」ということが必要ですよね。 「飲食店」というのは、メニューは変わらなくても、間日来るお客さんも違うし注文されるものも違うので「臨機応変」な対応が必要とされます。 唐揚げを上げながら、焼き鳥を焼いたり、洗い物などの片付け・・・など頭の回転が早くないと素早く優先順位をつけて要領よく動くことできないので、頭の回転が速い人は飲食店で働くのに向いていると言えるでしょう。

頭の回転が遅い人の特徴

物覚えが悪い

頭の回転が遅い人は、物覚えが悪いです。 例えば、転職など新しい仕事に就いたというような場面で、なかなか仕事を覚えることができずに、周りの先輩をイライラさせてしまうことが多いです。 新しく入ってきた情報を処理するのに時間がかかるので、処理し終わる前にはもう教わったことを 忘れてしまったりするのです。 「覚えよう」と思ったら、その場ですぐメモをとって自宅でメモを清書しながら思い出しておさらいをするなど、努力をしますよね。 元々頭の回転が遅い人は、他の人の何倍も努力をしないとできないことが多いのに、決してその努力をしようとはしません。 むしろ、「物覚えが悪い」という自覚すらない場合も・・・。

同じミスを何度も繰り返す

頭の回転が遅い人は、同じミスを何度も繰り返します。 通常、ミスをしてしまったら原因をしっかり追求して、同じミスを繰り返さないように対策を考えますよね。 頭の回転が遅い人は、ミスをしてもそこまで「考える」というこをしません。 「気をつけよう」と心で思っただけでは、意味がないのです。 つまり、とっても「思慮が浅い」ということです。 むしろ、「無」という感じでミスをしたことに対して「悪い」とも思っていないという場合も。

気遣いができない

「気遣い」というのは、相手の表情などから空気をよみ「今何をすることがベストなのか」ということを判断するる力が必要です。 なので、頭の回転が速い人は空気を読んで瞬時に判断することができるので、「気遣い」が上手なのですが、反対に「頭の回転が遅い人」は空気を読む、状況で判断するといった能力がないので、「気遣い」なんてできません。 「なんか気がきかないな」と思う人って、頭の回転が遅いという人が圧倒的に多いです。 むしろ、「周りを見て判断しよう」「空気を読もう」なんていう意識すらないでしょう・・・。

冗談が通じない

頭の回転が遅い人は、冗談が通じません。 頭の回転遅いので、「これは冗談なんだ」と認識することができないのです。 「あの山からUFOが見えるらしいよ」と言われれば、「冗談でしょ」って思うのが普通だと思いますが、「えっ!??ほんとう!?」と本気にとらえてしまうなど、ある意味天然キャラのような存在になってしまうこともあります。 頭の回転が速い人は、UFOが本当にいる確率がどれぐらい低いかっていう知識もあるし、根拠のないことは信じないので「コレは冗談な」秒で判断して、逆にユーモアのある返しをしたりするでしょう。 冗談が通じない人って「頭固いんだな〜」って思いますよね。

いつまでたってもレベルアップをしない

頭の回転が遅い人は、「もっとこうしたら、より良くなる」ということを一切考えないので、いつまでたってもレベルアップすることができず、社会では万年平社員タイプです。 例えば何か失敗してしまったとしても、それを生かせば自分の成長に繋がりますよね。 でも、頭の回転が遅い人は、「どうすればいいか」という事を考えないので成長することがありません。 そもそも、知識もないので「どうすればいいか」と考えたところで「わかんないな・・・」となってしまって、悩んでいる間に時間だけが過ぎていってしまいます。

二つのことを同時にできない

頭の回転が遅い人は、二つのことを同時にできません。 ご飯を食べながら食事をすると、テレビに夢中になってしまっ箸が止まるタイプです。 なので、料理など同時進行させないといけないようなことには滅法弱いです。 頭の回転が速い人にとっては、「そんなこと一緒に進めれば同時に終わって速いのに!」とあまりの容量の悪さにイライラすることでしょう。 そもそもどうすれば効率よく動けるのかということを考えられていないので、同時に進めれば速く終わるなんてことに気がついていないことも。

残業が多い

・また、今日も残業。ほんとうちの会社ブラックだわ〜 って言っている人は近くにいませんか?? 頭の回転が遅い人は、上述しているうようにタイムマネジメント力皆無なので、だらだらと仕事をして結局終業の時間までに仕事が終わらないということがしょっちゅうです。 頭の回転速い人は、就業時間から逆算して速く仕事を終えられるようにタイムマネジメントをして、効率よく動くので、むうしろ就業時間より速く仕事が終わるなんてこともしょっちゅうです。 残業をしている=遅くまで頑張っていて偉い! という印象をうけがちですが、頭の回転が速い人は逆に「時間内に仕事が終わらないなんて・・・」と思っています。

コミュニケーション能力が低い

頭の回転が速い人は、臨機応変に対応することができないので基本的に人と会話をすることが苦手です。 相手の言っていることを理解するのに時間がかかるので、会話のペースについていくことができないし、何て返せばいいの瞬時に判断することができないので直接会話をすることがとにかく苦手。 電話や直接会話をするより、返信をするのに時間がとれる「メール」を好みます。 それでも文章能力がないということがほとんどなので、読みてとしては「何が言いたいのかわからない」ということがほとんど・・・。 なので、好んで自分からコミュニケーションをとろうとすることはほとんどありません。

頭の回転が速くならない原因

寝不足など体調管理が下手くそ

頭の回転が遅い人は無計画で、後先考えずに行動しているし、タイムマネジメントもとっても下手くそなので無駄に夜更して寝不足である場合が多いです。 上述しているように、寝不足な状態がと脳が活性化されないので、頭の回転が遅くなります。 眠い時って、頭がボケーっとして「考える」という気力も起きませんよね。 さらに、寝不足だと体にだるさを感じてしまうなど不健康だろ、体調だけではなく脳の動きも鈍くなってしまうのです。

ストレスが溜まっている

日々のストレスが蓄積していることが原因で、睡眠障害となって十分な睡眠がとれずに頭がポヤポヤをしてしまったり、イライラしてしまって上手く物事を考えることができないという場合もあります。 イライラしているときって、感情的に物事を判断してしまいがちだし、新しい情報を頭にいれることもできなくなってしまいますよね。 なんだか仕事に行き詰まってどおうしようもないとき、意外と諦めて寝たほうが次の日にスッと仕事を終わらせることができたりなんてことありませんか? ストレスが溜まっていることって、頭の回転を鈍くさせてしまうので、休んでリフレッシュすることやストレス発散がとっても重要なのです。

「考える」ということをしない

そもそも「考える」とうことをしないので、思考能力が鈍ってしまっているということも考えられます。 上述しているように、「脳」は「考える」ということをするなど、きちんと使っていないとどんどん鈍っていってしまうのです。 頭の回転が速い人は、どんなことに対しても「なんで?」「どうして?」と考える癖がついているので脳みそがいつでもほぐれている状態。だから頭の回転が速く、瞬時に色々なことを判断することがでいるのです。 例えば、「暗算」をしないとどんどん暗算能力がなくなっていって、しまいには暗算ができなくなってしまいます。これと同じです。

自己否定をしている

頭の回転が遅い人は「考える」ということをしないということを上述しましたが、その原因が「自己否定」であるということが多いです。 ・自分なんて、どうせ何をやっても無理だから ・どうせ考えたところでどうにもならない と諦めてしまっているのです。 失敗を繰り返してしまっていたり、成功体験が少ないので自分に自信をもつことがでいないのです。 頭の回転が速い人は、自分に自信がなくても「なんとかしよう」という向上心があるから頭を使って考えるし、考えることで脳がどんどん活性化していくのです。

精神病の可能性も・・・

うつ病など、精神病で周りからみて「頭の回転が遅い」とうつってしまっているという可能性もあります。 例えばうつ病の症状には「意欲の低下」があります。 何もする気になれない、考える気にもなれない、ということが続いてしまうのです。 はたから見れば「もっと頭つかえよ!」と思ってしまうのですが、精神的な病気で頭がうまく回らなくなってしまっているのです。 臨機応変にその場に合わせた対応をとることがでいない「適応障害」ということも考えられます。 こればっかりは、いくら脳を鍛えようともきちんと治療をしないとなかなか改善されないでしょう。

さいごに...頭の回転は生まれつきの場合も・・・

いかかでしたか? 「頭の回転が速い」って、すごいなって思うし、憧れますよね。 できれば自分も「頭の回転を速くしたい」そう思って日々努力している人も実際多いと思います。 実は頭の回転の速さは遺伝子によるものであり、産まれつき備わっているものであり、元々備わっていない人が努力して身につけられるものでないという研究結果もあるのだとか・・・。 実際に、幼い頃から頭の回転が速く周りの人からひと目おかれている人っていますよね。 もしかしたら、そういう人は本当に生まれつき備わっているのかもしれません。 しかし、「どうせ自分は頭の回転が遅い人間だから」といって開き直っていては、脳は凝り固まっていく一方です。なので、頭の回転が速くなるように、努力することは無駄でないように感じます。 日頃から、どのように頭を使うのか意識していくことが大切なのではないでしょうか。 筆者も頭の回転が遅いので、日々脳みそをフル回転さえて生活するように心がけようと思います!

こちらの記事もチェック

「豆腐メンタル」とは?特徴や克服する方法、おすすめの仕事を紹介!

eigobu.jp

「喪失感」の意味とは?喪失感を感じる瞬間と立ち直る方法を徹底解説

eigobu.jp

「デブス」の性格は悪い?婚活は?勘違いデブスとモテるデブスの特徴も紹介!

eigobu.jp

一途な男性のLINEの特徴を一挙大公開!!

eigobu.jp

一途なイケメンの性格と行動、LINEの特徴は?一途なイケメンと付き合う方法は?

eigobu.jp

一途な女性の性格と行動、LINEの特徴は?一途な女性を落とす方法とは?

eigobu.jp

「人格者」の意味と類語は?人格者の性格と行動の特徴は?人格者になる方法は?

eigobu.jp

気遣いできない人の性格と仕事の特徴とは?気遣いできるようになる方法とは?

eigobu.jp

気遣いの意味と類語は?気遣いができる人の恋愛&仕事の特徴とは?

eigobu.jp

何も楽しくない原因って何?仕事、失恋など理由を紹介!またおすすめの

eigobu.jp

純粋な人の仕事と恋愛の特徴は?純粋さを取り戻す方法とは?

eigobu.jp

他人に興味がない人の特徴と原因!改善方法はある?向いている仕事も紹介

eigobu.jp

嫌な女の特徴は?【男女別】嫌われる理由!対処法や性格を直す方法も紹介

eigobu.jp

自信がない人の特徴と原因とは?自信がない人におすすめの対処法とは?

eigobu.jp

包容力のある女性はモテる?特徴と結婚感、包容力を養う方法とは?

eigobu.jp

包容力のある男性はモテる!恋愛の特徴や養う方法を紹介!

eigobu.jp

素直な人の特徴は?素直になりたいのになれない人は必見!意味や英語も解説

eigobu.jp

一途な男はいない?一途男子の特徴と結婚感は?一途な理由を徹底解説!

eigobu.jp

「不甲斐ない」の意味とビジネスでの使い方、情けない時の対処法とは?

eigobu.jp

自分が嫌いな人の特徴と原因とは?恋愛は?克服方法は?

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 頭の回転が速い人の特徴となる方法!デメリットは? おすすめの食べ物&サプリは?