1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 気遣いの意味と類語は?気遣いができる人の恋愛&仕事の特徴とは?
気遣いの意味と類語は?気遣いができる人の恋愛&仕事の特徴とは?

気遣いの意味と類語は?気遣いができる人の恋愛&仕事の特徴とは?

「気遣い」という言葉を意識して考えたことがありますか?「気遣い」ってされたら嬉しいしいものですよね。みなさんも普段から周りに「気遣い」をするように心がけていることは何かありますか?今回は、「気遣い」について徹底解析します!「気遣い」できる人の特徴や、「気遣い」できる人になる為の方法を紹介しますので是非参考にしてください。

「気遣い」の意味と使い方

「気遣い」のふりがなは「きづかい」

「気遣い」のふりがなは、「きづかい」です。 「気遣い」は、「づ」か「ず」なのか迷う人も多いかもしれませんが、使用するのは「づ」です。 これは、「使い」か「遣い」かという違いにあります。 「使い」は、「ずかい」ですが、「遣い」だと「づかい」となります。 例えば、「小遣い」なんかも、「小使い」でないので、ふりがなは「こづかい」となります。 ちょっとややこしいですが、「づ」なのか「ず」なのかというのは、非常に混乱しやすいのて頭に入れておくといいでしょう。

「気遣い」の意味は「あれこれと、心をつかうこと」

「気遣い」の意味は「あれこれと、心をつかうこと」です。 相手に対しての配慮や優しさを「気遣い」といいます。 例えば、 ・来客があったときに茶菓子を出したり、来客用のふかふかの座布団を出す。 ・友達の家に行く時に、「みんなで食べよう」とお菓子を持っていく といったような、相手に対して最低限みせるべき配慮を「気遣い」になります。

尊敬を意味する接頭語「お」をつけて、「お気遣い」とすると敬語になる

「気遣い」という言葉は、尊敬を意味する接頭語「お」をつけて、「お気遣い」とすると敬語になり、目上の相手に使用できる言葉となります。 「お気遣い」は、相手からの配慮や優しさに対して使用する言葉です。 つまり、相手が自分のために気をつかってくれることや、配慮してくれることを表現する言葉になります。 例えば、「来客の方が手土産を持ってきてくれた」というには相手が自分に気をつかってくれた配慮や優しさということなので、「お気遣い」ということになります。 使う場面としては、目上の相手に気遣いをしてもらったという時に、「お気遣いいただきありがとうございます」というように感謝を伝えたりするときに使用されます。 単に「ありがとうございます」と言うよりも、「お気遣いありがとうございます」と言った方が、気遣ってくれたことへの感謝の意がより伝わるでしょう。

例文 ・仕事と家庭の両立について心配してくださる部長のお気遣いには、大変感謝いたします。 ・わざわざ私共のために、お気遣いいただき恐縮です ・たくさんの励ましのお言葉をくださり、お気遣いに感謝いたします。 ・「お風邪を召されたとお聞きしました。まだまだ寒い日が続くので、くれぐれもお大事になさってください」「お気遣いありがとうございます」 ・こちらはお気遣いなく、どうぞ温かいうちにお召し上がりください。 ・こちらにお気遣いなく仕事が終わり次第帰宅してもらって大丈夫ですよ

「お気遣い」の意味や使い方は?類語「お心遣い/ご配慮」との違いとは?

eigobu.jp

「お気遣いありがとうございます」の使い方、メール例文、英語表現を紹介

eigobu.jp

「気遣い」の英語は「consideration」「concern」「caring」

「気遣い」の英語表現は、 ・consideration(考慮) ・concern(懸念) ・caring(思いやり) などになります。

Thank you for your concern.

お気遣いありがとうございます。

「気遣い」の類語との違い

「心遣い」は「人のために思っていろいろ気をつかうこと」

「心遣い」は、「こころづかい」と読みます。 「心遣い」の意味は ・人のために思っていろいろ気をつかうこと ・祝儀、心付け になります。 「気遣い」が、「お客様にお茶を出す」というような、「一応するべき最低限にマナー」や「マニュアル通りに教わったこと」という傾向があります。 一方「心遣い」には「汗をかいている人にタオルを渡す」というような、相手の気持ちや助けになることを考えた結果の積極的に行う行為のことを指します。 敬語表現だと尊敬を表す接頭語の「お」をつけて「お心遣い」となります。 目上の相手に対して、「お気遣いありがとうございます」や「お心遣いありがとうございます」などと使っても問題ありません。 ただし、「「お気遣いなく」と言えても「お心遣いなく」とは言えませんので注意してください。 「お気遣い」には心配や気がかりといった意味がありますが、「お心遣い」はそういった意味で使われることはありません。

「お心遣い」の例文 ・今回の件について、皆様より暖かいお心遣いを頂きましたことに大変感謝しています。 ・この度は身に余るお心遣いを賜り、誠にありがとうございました。 ・先日はプレゼントをありがとうございました。いつもお心遣いいただき、本当に恐縮です。 ・本日はお忙しい中ご出席してくださった上に、お花まで頂戴し、お心遣いに大変感謝しております。 ・私のみならず、妻の誕生日にもプレゼントをいただき、叔父さんのお心遣いには感激しました。

「お気遣い」と「お心遣い」の違い!意味、使い方、英語、類語「ご配慮」など

eigobu.jp

「お心遣いありがとうございます」の意味と目上への使い方、返信、類語、英語

eigobu.jp

「気配り」は「不都合や失敗がないように、あれこれと細かく気にかけること」

「気配り」は「きくばり」と読みます。 「気配り」の意味は「不都合や失敗がないように、あれこれと細かく気にかけること」です。 「気配り」は「気を配る」と書くように、「全体に対して目を向ける」といったニュアンスになります。不都合や失敗が起きないように気にしたり、相手が求めていることを予測して前もって準備をしておくことを表します。 例えば、相手の体調が悪そうな場合に、休ませてあげたり、何か声をかけてあげることが「気配り」です。「気配りができる」「細かい気配りをする」などと言います。 「気遣い」と違い、「気配り」は「お気配りありがとうございます」などと、ビジネスシーンで使うことはほとんどありません。「お気配り」と使うことはほとんどないので注意してください。

例文 ・彼女は気配りができるから、何も心配する必要はない。 ・物事が順調に進むためには、細かい気配りをすることが大事だ。 ・気配りができるように、積極的に行動したいと思う。 ・全員がイベントを楽しめるように、色々と気配りをする。

「気遣い」と「気配り」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「配慮」は「他人や物事を気にかけること、注意を払うこと」

「配慮」は「はいりょ」と読みます。 「配慮」の意味は「他人や物事を気にかけること、注意を払うこと」です。 「配慮する」「配慮が欠ける」「配慮が足りない」などと使います。自分が相手のことを思って行動することは「配慮します」と表現できます。 「配慮」を尊敬語(敬語)にするときは接頭語「ご」を付けて、「ご配慮」となります。 「相手が自分のためにしてくれた気遣い」という意味で、目上の人から配慮を受けた場合に使う表現です。 「相手が自分のためにしてくれた気遣い」という意味で、目上の人から配慮を受けた場合に使う表現になります。

「配慮」の例文 ・彼は自己中心的だから、もっと他の人に配慮した方がよい。 ・これからは相手の迷惑にならないように、配慮いたします。 ・◯◯様には常日頃からご配慮いただき、大変感謝しております。 ・お忙しいにもかかわらず、ご配慮いただき、誠にありがとうございました。

「ご配慮」の意味、使い方、類語「お気遣い、ご考慮」との違い、例文

eigobu.jp

「配慮」の意味と使い方、類語「考慮・気遣い」との違い、英語表現

eigobu.jp

「考慮」は「考えをあれこれとめぐらすこと」

「考慮」は「こうりょ」と読みます。 「考慮」の意味は「考えをあれこれとめぐらすこと」です。 ただ考えることではなく、物事を色々な要素を含めて考えること、判断や行動に移す前に様々なことを考え合わせることを表します。 「考慮する」「考慮に入れる」「考慮を払う」「考慮を重ねる」「考慮に値する」などと使います。 例えば、飲み会の日程を決める場合に、参加者の予定や予算の問題などを考えに含んだ上で決定します。これは「日程を組む前に、参加者の都合を考慮する」と表現します。 「考慮」は、尊敬を表す接頭語の「ご」をつけて「ご考慮」とすることで目上の人にも使用できる敬語表現になります。 「ご考慮」とすることで、相手が考慮してくれたことに対して感謝の気持ちを述べたい場合に「ご考慮いただき、ありがとうございます」などと言い表すことが可能です。

気遣いできる人の特徴と習慣

常に先を読んでいる

気遣いができる人は、常に先を読んで行動してします。 例えば、「全部20部ずつでコピーをお願い」というお願いをされたとします。 気遣いが出来ない人は、そのまま言われた通りにただ20部ずつコピーをして、「できましたよ」といって渡すでしょう。 気遣いができる人は、その場で何の為の資料なのかを確認して、用途によってコピーの仕方を変えたり、すぐに20人に手渡せるように20人分で資料をそれぞれまとめてホチキスで留めておくなど一歩先のことを考えて行動をすることができます。 さらに、ものすごい量にコピー数であれば、コピー用紙がなくなってしまうことを見据えて終わった後に足しておくなど、こういった後に使う人のことまで考えることができるのです。

自分よりも他人を優先する

気遣いができる人は、自分のことよりも他人を優先する習慣がついています。 例えば、自動ドアではないお店の入り口で、ドアをあけてあげて自分より後ろの人を先に入れてあげたりなど、なにかと「いいよいいよ〜」と譲ったりすることができます。 だいたい「相手を優先させよう」と意識しているわけではありません。 自然と思いやるきもちがわいてきてしまう優しい性格なのです。 限定品でなかなか手に入らないような物でも、「欲しい〜」と言われると「じゃあ〜・・・・」といって譲ってしまったり、優しすぎるが故になんだか損してしまうこともあります。

見返りを求めない

気遣いができる人は、「気遣ってあげてるんだから、お返ししてよね!」という気持ちで優しさを見せているわけではありません。 そもそも、「気遣ってあげよう・気遣いしよう」と意識しているわけではないので「お礼して」なんて思わないのです。 「ありがとう」と言われなくても全然気になりません。 だいたい「やってあげる」という感覚で「気遣い」を見せている風の人は、お礼を言わないと「誰もお礼を言ってくれない!」と怒り出したりします。 日頃から「気遣い」ができている人は、「これ、この前のお礼〜」といって何かをしようとしても、「え!?なんのこと!?えっ、全然そんなのいいよ〜〜」と言うでしょう。 お返しじたい受け取ってもらえない可能性も高いです。

人によって差別しない

気遣いができる人は、相手が社長だから気遣いをして、部下だったらしなくていいや・・・と思ってしまうことがありませんし、あの人は好きだから優しくするけど、この人は嫌いだから優しくしなくていいやなんて思ったりしません。 自分の好き嫌いと言った感情や、損得勘定で行動をしないので誰にでも平等に気遣いを見せます。 だからこそ、瞬時にただ相手のことを考えてするべき行動をとることができるのです。 例えば、誰かが自分の悪口を言っていたことを耳にしてしまったとしても、平等に接します。 相手が自分のことを嫌いなんだって思ったとしても、気遣いは忘れません。

社交性がある

気遣いができる人は、上述したように人によって差別をすることがないし、同性であっても異性であっても気さくに接するので、同性・異性関係なく友人が多くどんどん人脈をひろげていきます。 場の空気が読めるので、どんな環境にいっても上手く馴染める適応性があるだけではなく、非常に社交的な性格なので、誰からも好かれます。 何かがあったときは「声かけてみようか」と何かと名前があがるタイプです。 初対面の人ともすぐに打ち解けることができるでしょう。

非常にマメ

気遣いができる人は非常にマメです。 自分が暇だから誰かのことを気遣うというわけではありません。 しばらく会っていない人のことでも「元気にしてるかな?」「困っていることないかな?」と気にかけて、気になったからにはそこですぐに連絡を入れます。 仕事中でも今日元気ないように見えたな、、、と思えば「疲れてない?無理しないでね」と声かけたり、食事など一緒の時間に過ごしたあとに「今日は楽しかった、ありがとう」というお礼の連絡もかかしません。 ちょっとしたこういう気遣いが出来る人と、出来ない人の違いって結構ありますよね。 こういったマメな行動を自然にできる人はやっぱり気遣い上手な人だなと感じることが多いです。

贈り物をするのが好き

気遣いができる人は、相手が喜ぶことをするのが大好きなので贈り物をするのが大好きです。 得に、誕生日や記念日ではなくても「これ、○○さんが欲しいっていってたやつかも・・・」と思ったりすると、「プレゼントしたら喜んでくれるかな♪」なんてことをすぐに思います。 あまりに高価すぎるものであったり、タイミングが悪いと逆に相手に気を使わせてしまうことにもなりますが、気遣いができる人はその変辺りもきちんとわきまえているので大丈夫! さらに、別に「お返しがほしい」というような見返りも求めていません。 とにかく相手の心によりそって、相手に喜んでもらいたいと純粋に思って行動しているのです。

マナーをしっかり守る

’’電車の中の携帯電話の利用は、通話を控え、マナーモードにする’’ という世間一般的な「マナー」がありますよね。 法律ではないので守らなくても裁かれることはないけれど、マナーは守るものというのが世間一般的な考えです。 「なんで電車の中ではマナーモードにしなくちゃいけないの?別に電話してもよくない?」 なんて思ったことがある人は、「気遣いがでいない人」かもしれません。 電車で通話をしているときに ・周りの人がうるさいな感じるかもしれないこと ・着信音で周りの人をびっくりさせてしまうかもしれないこと ・眠っている人の睡眠を妨害してしまうかもしれないこと ・ペースメーカーをつけている人がいた場合電子機器の使用が命に関わること といったことを考えられないということですよね? マナーを守るのも、周りの人への「気遣い」なのです。 気遣いが出来る人は、周り人のことをきちんと考えることができるのでマナーはもちろん守りますし、禁止事項や大体的にマナーとされていなくても、「やめておいたほうがいいな」という判断がしっかりとできます。

誰かを傷つけるような発言はしない

人の気持ちを考えることが出いない人が、デリカシーのないことをいったり、傷つけるようなことをいって笑いをとろうとしたりするんですよね、、、 こういう人は、相手の立場になって物事を考えられないのでもちろん気遣いなんてできません。 気遣いができる人は、人を傷つけるようなこを話しの話題に出さないし、笑いをとったりしようなんて思いません。 そもそも「悪口」を影で言うこともないんです。 「悪口」って聞いているだけで気分が悪くなる人もいるので、会話の内容に出さないように心がけている人が多いです。

自分から挨拶をする

気遣いができる人は、出会った人には自ら進んで挨拶をします。 例えば、出社してきたときなど目があった瞬間ににこやかに「おはようございます」と挨拶をされるのと、こちらから挨拶をしなければ何も言わないどころか機嫌悪そうに「おはようございます、、、」と言われるのとでは、どちらが気持ちがいいですか? やっぱり相手から爽やかに挨拶をされたたほうが気分がいいですよね。 気遣いができる人は、基本的に自分の気分で行動をしたり態度に表すことがないのでいつでも進んで挨拶をし、とっても印象が良いです。

何かをしてもらったら必ずお礼をする

気遣いができる人は、何か自分がしてもらったときは感謝の気持をきちんと伝えることはもちろん、必ずお礼のお返しをします。 何事も、相手に何かをしてもらったら「半返し」が基本です。 でも、そんな堅苦しい間柄じゃないしお互いに気を使うのはやめよう、、、という関係の場合も あります。 それでも「お礼をしたい」という姿勢を見せておくべきです。 確かに、過度な行為は逆に気を使わせてしまうので避けたほうがいいのですが、遠くまで足を運んでもらったのなら、お食事をごちそうするとか、ちょっとしたお土産を持って帰ってもらう、、、といった気遣いがあったほうが好感がもてますよね。 気遣いができる人は、相手の負担にならないさじ加減を考えてきちんと、お礼をすることができます。

テーブル席ではソファの席を相手に譲る

飲食店など、お店に入ったときに片側がソファ席で、もう一方が椅子という席がよくありますよね。 ソファ席のほうがやっぱり座り心地がいいので、いい席を相手に譲るのが気遣いと言えるでしょう。 得にデートなどでは、女性にソファ席を譲るという男性が多いのでは? レディーファーストとしても女性をソファ席に案内するのはよくあることですよね。 ただし、ソファ席を相手に譲るのにも ・ソファ席だと奥側だからトイレに立ちにくい ・通路側から顔が見られてしまいがち など、デメリットな点もあります。 「ほら、奥の席どうぞ(ドヤ)」とするよりは、「良かったら奥の席座って??」と疑問形にして嫌だと感じる人にははっきり断れるような譲り方をするのが、ほんとうの「気遣い上手」かもしれません。

飲食店では空いたお皿をさげやすいように隅に寄せる

気遣いができる人は、飲食店などで食事をした後に、お皿をさげやすいように隅に寄せたりといったことをする習慣がついています。 みんなが使う場所を綺麗に使うというマナーがあるのと、片付けをする店員さんへの気配りができるのです。 筆者も飲食店で働いていた経験がありますが、やはりテーブルがごちゃごちゃっとしたままだったりするよりは、隅に寄せてあったり、空いたお皿が重ねてあったほうがありがたいと感じていました。 床に飲み物や食べ物をこぼしても、申告せずにそのまま汚した状態で帰ってしまう人もいますからね・・・。 こういうタイプの人は、「自分のことしか考えていないタイプ」と言えますよね。

レジではバーコードを上にして商品を出す

なんてことないちょっとしたことではありますが、気遣いが出来る人はコンビニなどでお会計をするさい、バーコードがある面を上にして商品を出す習慣がついていたりします。 商品を持った時にバーコードの面が出ていれば、すぐにピッとバーコードを打つことができるのでスムーズにお会計を済ませることができるんですよね。 「お客」といえど、そこで働いている店員さんにむけて気遣いをしようという心遣いは大切ですよね。

気遣いできる理由

精神的な余裕がある

まず、精神的な余裕がないと、人間て自分のことでいっぱいいっぱいで他人に気遣いをする余裕なんてありません。 自分自身に精神的な余裕があるからこそ、相手を気遣う余裕があるのではないでしょうか。 特にストレスがたまると、ついつい口調がきつくなってしまったり、どんどん余裕がなくなって人の気持ちを考えるどころか、八つ当たりしてしまうことだってありますよね。 気遣いができる人は、きちんとメリハリをつけてどこかでストレス発散をしたり、適度な休息をとって精神的に余裕をもつようにしています。

空気を読むのが得意

気遣いが出来る人は、空気を読むのが得意です。 なので、不穏な空気になれば和むような発言をすることができるし、逆に無神経な発言をして空気を凍らさてしまうようなこともありません。 空気が読めるからこそ、自分が今何をすれば周りのひと達が喜ぶのか、楽になるのかということを考えられるのでしょう。 空気の変化を察する能力に長けているのかもしれません。 逆に、空気が読めない人に他人の気持ちを読んで気遣いを見せろといったって、恐らくそれはできません。

感受性が強い

感受性が強い人は、誰よりも人の気持を敏感です。 良くも悪くも「ちょっと今嫌な顔したな・・・」「ほんとは嫌だと思ってるんだろうな」など、口に出していない気持ちを敏感に感じ取ってしまいます。 だから、「相手にとって何をしてあげるのがいいのか」ということがきちんとわかって、人の気持ちをくんだ行動をすることができるのです。 人の気持ちの変化に敏感すぎて、傷つきやすかったり気にしすぎてしまうという面もあります。 なので、どこか機嫌を伺っているように気遣いを見せてくることもあるでしょう。

視野が広い

気遣いができる人は、元々視野が広いです。 視野が広いから、他人のちょっとした変化に気がつくことができます。 例えば、大勢いる飲み会で会話が盛り上がっていても、あの人飲みすぎているな、お水もらってきてあげようかな・・と判断したり、あの人食べ物あんまり食べれてないんじゃないかな?と思えば声をかけて食べ物を取り分けてあげたりなど、どんな状況でも視野を広く周りを見ています。 特に自分が盛り上がっているときって楽しくて目の前のことしか見れなくなるものですよね。 会話にはいれていない人がいても気がついてあげれなかったり・・・・ 気遣いが出来る人は、いつでも視野が広いので空気を読んでその場に合わせた行動ができます。

いつでも状況に合わせた冷静な判断をすることができる

例えば、’来客があったときは冷たいお茶を出すべき’というように、「こうするべき」というマニュアルや固定概念にとらわれすぎているということがありません。 冷たいものが苦手で、どんな季節でも「温かいもの」を飲みたいと思っている人もいれば、その逆の人もいますよね。 さらに言えば、たとば妊婦さんだったら緑茶や紅茶よりも、カフェインの入っていないものが好まれます。 気遣いができる人というのは、「こうするべき」ではなく、いつでも相手のことや状況に合わせた冷静な判断をすることができるから、「気が利くな〜」と思われるのです。

相手のことを知ろうと意識している

気遣いができる人は、相手のことを知ろうと意識しています。 他人に興味をもてない人が、相手の気持を考えて心遣いをみせることなんてできるわけありませんよね。 気遣いが出来る人は、きちんと相手のことを「理解しよう・もっと知ろう」と思って日々過ごしているからこそ、「今この人は、こうしてあげると喜ぶな、こうしてあげるべきだな」ということがわかるわけです。 常に「相手の気持ちに寄り添おう」という気持ちが強いのだと思います。 だから、時にその人にあった行動や、発言をすることができるのでしょう。

人の性格やタイプを冷静に分析できる

上述したように、気遣いができる人は、相手を理解しようと常に務めているので人の性格やタイプを冷静に分析出来る能力が身に就いていることが多いです。 ・この人は、疲れると黙るタイプなんだな・・・ ・彼女は考え事をしている時に白目をむくタイプなんだな・・・ ・彼は悩んでいそうなときでも、話してくれるまでそっとしておいたほうがいいタイプ など、人によってタイプをきちんと分析していてそれに応じて柔軟な対応をすることが可能です。 一緒にいる人のそういった気遣いが見れると、「自分のことを理解してくれているんだな」と嬉しくなるし、心を開きやすくなりますよね。 だから気遣いがで着る人は、誰でもいい関係を築いていくことができるのでしょう。

多くの人と接する機会がある

気遣いができる人は、自然と人に好かれるし信頼もあるので多くの人と接する機会があります。 そのため、習慣的に人を理解をしようとしている「気遣いさん」は色々なタイプの人をみて「こういうタイプ人もいるんだな」と学ぶことができています。 沢山の人と出会い、多くの歩とを接しているからこそ、いつだって臨機応変な対応をすることができるのでしょう。

頭の回転が早い

気遣いができる人は、「頭の回転早いから」とも言えるでしょう。 頭の回転が早いから、瞬時に「何をしてあげれることがベストなのか」を判断できるわけです。 頭の回転が遅い人は「えっと・・・どうするのがベストなのかな・・・」とまごまごしてしまった、気遣いを見せるタイミングすらあっという間にのがしてしまいます。 実際に、知識をはかる学力的な面で頭がわるくても、こういった実生活に即した頭の回転が早い人というのは、実際に沢山います。 例えば、「飲食業」などの職場ではIQではなく、お客様や一緒に働く従業員の為にこういった実生活における頭の回転の早さが求められる分野も沢山あります。

気遣いすることのデメリット

気遣いのしすぎで自分の心がボロボロ

気遣いが出来る人は、いつもアンテナを張っている状態です。 悪いことではないのですが、他人のことばかりを気にしていると、どうしても自分の心が疲れていったしまうものです。 自分の中で特に気にかけようと意識しているわけではなくても、どうしても気になってしまったり求められている以上のものを用意しよう、成果を出そうと少し神経質になってしまているということもあります。 時に、自分が犠牲になってでも相手の為に行動してしまうこともあるので、知らず知らずのうちに自分自身の心が疲弊していってしまうということも少くありません。

自分の本当の意見を言えず「気弱」だと思われていることも

気遣いができる人は、相手の気持ちを優先させすぎてしまうところがあります。 相手がそうしたいと望むなら、自分のしたいことをグッと我慢することなんてしょっちゅうです。 なので、「自分の意見をはっきり言えない人」「気弱だ」と思われてしまうことがあります。 周りに合わせることも確かに大切なのですが、あまりにすぐ自分の意見をコロっとかえたりすると周りの意見にすぐ流される芯のない人なんだなという印象をうけてしまうのです。 心が優しく協調性がある人が「気弱」に見えてしまうことはあるあるです。

顔を色を伺われていると思われてしまう

・熱くない?クーラーつけようか? ・疲れてない? など、あまりに気を使うので顔色を伺っていると思われてしまうこともあります。 人によってはそういった下手にでれているような態度に気分を害してしまう人も多く、単純に気遣っているだけなのに、誤解をされてしまうこともあるというのがデメリットであると言えるでしょう。

逆に気を使わせてしまって本末転倒

気を遣うことで、相手も「こんなに良くしてくれるんだから、こちらも何かお礼をしないと・・・」と思わせてしまったりなど、親切のつもりで気を使っても相手に逆に気を使わせてしまいます・ こちらが無償でしてあげたいことをしてあげているだけなのに、例えば「高級なお菓子をいただいてしまった!!お礼どうしよう・・・!」と思わせてしまうのです。 逆に相手に気を使わせてしまって、さらにまたお礼を用意させてしまうなんて本末転倒ですね。

利用されやすい

気遣いが出来る人は、なんでも相手の為に・・・と思ってあれやこれやしてあげてしまうので、 ・ちょっと困った顔すれば、○○○さんが助けてくれる ・誰もやらなければ○○さんなら進んでやってくれるだろう・・・ なんて変に利用されてしまいがちです。 利用されていようがなんだろうが、とにかくしてあげたくなってしまうので何でも助けて、結局自分が大変な思いをしたり、心労を負うことになってしまいます。

気遣いが相手の成長を妨害していることもある

上述したように、気遣いができる人は困っている人がいたら助けたくなってしまうし、そうするのが当たり前だと思っています。 しかし、それが相手の成長を妨害しているということもあります。 自分自身が向き合って解決しなければいけないことをなんでも感でも察知して先回りしてしまうということは、相手が考えて行動するという機会を奪ってしまっているということでもあります。 それって、相手のこの先のことを考えると「良いこと」とも言えないんですよね。 さらに、いつも待ち合わせに遅刻してくる友人に対して気遣いで「全然だいじょうぶ、今来たところだよ♪」なんていつも行っていたら、「遅刻をすることが相手の時間を奪う卑劣なこと」ということに相手は気がつきません。 みんな待ち合わせの場所には遅れてくるのが当たり前なんだ、と思ってしまうかもしれませんよね。 相手の為や自分のことを思うなら、「気遣いをしない」という選択肢も視野にいれないといけないのです。

一緒にいると疲れる・・・と思われていることもある

気を遣っている人が側にいると、何だか申しわけなくなてしまってこちらも気を休めることができないということも多いです。 特に、相手が「それって自分を犠牲にしてるよね」と感じる気遣いをしてくる場合、「ありがとう」という気持ちよりも「申しわけない」という気持ちが強くなってしまって居心地が悪くなってしまいます。 例えば、みんなで食事をしてるときの「サラダとりわけ女」など、どうでしょうか。 「いいよ、もうそんなのみんな自分でとるからさ、、、」と思ったことありませんか? または、宅飲みのときなど、まだ盛り上がっているのに1人いそいそと片付けはじめたり・・・見ているだけで萎えてしまいますよね。 もっとラフな関係でいいのにと相手が思っている場合、気遣いをしなくてもいいというわけではありませんが、過度な気遣いは避けたほうがいいです。

気遣いできる人になる方法

心に余裕をもつ

自分の心に余裕がない人は、やはり人に気遣いすることはできません。 上述した通り、筆者は飲食店で働いていた経験があるのですが、お店が物凄く忙しくていっぱいいぱいになってしまっているときは、やっぱりお客様への気遣いが疎かになっていたように思います。 商品を出さないといけない、レジで対応をしないといけない、洗い物をしないといけないなど、、、 そんなときにお客様にちょっとめんどくさいことを言われると、勘弁してくれよと思ってしまいまいたし、「今、こうしたらお客様は喜ぶだろうな」なんて考える余裕はやっぱりありませんでした。 やはり、自分の気持に余裕をもつことが大切なのです。 休日など休めるときはしっかり休むこと、自分自身がきついと感じるときは自分も周りに頼ることが大切であると言えるでしょう。

相手の目を見る

会話をするときは、必ず相手の目を見るように意識しましょう。 相手の目をきちんとみることで、相手の気持ちがわかります。 「目は口ほどに物を言う」とよく言うように、喜んでいる、怒っている、といった感情を「目」 で判断することも可能です。 LINEなど文章でのやりとりでは、正直怒っているのは笑っているのか、わからないときってありますよね。 相手の目を見て状況を判断できるのが「気遣い出来る人」でしょう。

状況を観察する癖をつける

人の視野には限界があり、動物のように視界が広いわけではありません。 さらに、集中してしまうと周りが目にはいらなくなってしまったりしますよね。 そんな時でも、「周りの人はどうかな・・・」と少し意識して状況を観察する癖をつけておくといいでしょう。 ちょっと意識しただけで、会話に入れていない人に気がついて会話をふってあげることができたりといったことが少しずつできるようになってくるはずです。 空気を読むこともできるようになるはずですし、無神経な言葉で人を傷つけてしまうこともなくなります。 最初はなかなか難しくても、その心がけを続けることで自然に相手の為を考えた気遣いある行動がとれるようになるでしょう。

自分がされて嬉しいことをする

「自分がされて嫌なことはしない」と小さい頃に教えてもらった記憶がある人も多いのではないでしょうか。 自分がされて「嫌だ」と感じることは、もちろん他人もされたら嫌な気持ちになる可能性が高いので、もちろんするべきではありませんよね。 逆に、自分がされて「嬉しい」と感じたことは進んで他人にもしてみるように心がけましょう。 例えば、少し冷房が効きすぎているようなところで「よかったらブランケットどうぞ」と渡してもらえて嬉しかった・・・という経験があるなら、同じような場面で同じことをすると喜ばれるでしょう。 人によって感覚は違うので、100%相手も喜んでくれるとは限りません。 それでも、自分ふがされて嬉しいと思ったことをして相手が不愉快になってしまうようなことはないはずですから、進んで同じような気遣いをしてみてください。

受け身の姿勢をやめる

「自分は気遣いができない人間だ・・・」と感じている人は、日頃「受け身」の姿勢であることが多いです。 「何が食べたい?」と聞かれて「何でも良いよ!」といつも答えるタイプではないでしょうか。 もし当てはまるという人は、受身の姿勢を卒業し、自らの意思をもって行動をするということを心がけることが大切です。 「楽しませてもらう」のではなく「楽しませる」側に、そして「助けてもらう側」ではなく「助けてたげる側」になりましょう!

気遣い上手な人のマネをする

身近に「この人は気遣い上手だな」と感じる人がいるならば、その人のことをよく見て真似をしてみましょう! ちょっと意識して気遣い上手な人を観察してみるだけで、色々な発見があるはずです そして気遣い上手な人は、こうしていたから同じようにしてみよう・・・とマネをすることができればそれだけで大きな一歩になるでしょう。 はじめこそ意識しないと難しいかもしれませんが、自然に気遣いができるようになってくるはずです。

動物と触れ合う

動物って言葉を話すことができませんよね。 でも、目の前にいるかわいい動物の気持ちをわかってあげたいと思いませんか? ・この目は散歩に行きたいって言っているのかもしれない ・そわそわしだしたから、トイレに行きたいのかもしれない ・こんなに吠えるなんて、怖がっているんだ・・・ など、無意識のうちに動物の気持ちを察しようとするはずです。 動物と一緒にいて動物の気持ちをわかろうと努めることが、そのまま人間関係を築いていく上での「気遣い」につながるはずです! あんまり動物と一緒に過ごしたことがないな、と思う人は動物と触れ合う時間を意識的に作ってみるのもいいトレーニングになるはずです。

気遣いができるようになりたい人におすすめの書籍

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

元ANAのCAが4500回のフライトで身につけた小さな“秘訣”。一生使える37の気遣いのコツ。

この本の詳細を見る

相手もよろこぶ 私もうれしい オトナ女子の気くばり帳

この本では、今日からできるささやかなひと手間をたくさん集めています。 どれも気くばり上手さんが実践している、リアルなものばかりです。 すぐにできそうなことから始めてみませんか? そして相手も自分もうれしい関係や空間を広げてもらえたらうれしいです。

この本の詳細を見る

全米No.1バンカーが教える最強の気くばり

世界トップクラスのメガバンクで前人未踏の偉業を成し遂げた銀行マンが明かす、誰とでも一瞬でうちとける技術。最良の人間関係と最高のパフォーマンスを同時に手に入れる、「究極のコミュニケーション力」を身につける―。どんなに人見知りでも6つの「気くばり」でみるみる味方が増えていく!

この本の詳細を見る

いかかでしたか?

「気遣い」について理解していただけたでしょうか。 ✓「気遣い」のふりがなは「きづかい」 ✓「気遣い」の意味は「あれこれと、心をつかうこと」 ✓尊敬を意味する接頭語「お」をつけて、「お気遣い」とすると敬語になる など 気遣いができる人って、どこにいっても印象が良いですし、好かれますよね。 さらに、気遣いができる人は、周りを良くみて冷静にどうするべきか判断することができるので圧倒的に仕事ができると感じます。 でも、実際「これってお節介かな?」なんて思ってしまうと中々行動に移せなかったり、自分のことで一杯一杯で気遣いを見せる余裕がなくなってしまうというのが現実的に多いのではないでしょうか。 でも、気持ちがあるならやっぱり行動してみるべきですよね! 「気遣いできる人」を目指してみましょう(^o^)

こちらの記事もチェック

「堅実」の意味は?堅実な人の特徴と長所&短所は?向いてる職業とは?

eigobu.jp

神経質の意味は?神経質な人の性格と外見の特徴とは?治す方法も!

eigobu.jp

魔性の女は天性か?性格やLINE、職場での特徴は?結婚感は?

eigobu.jp

「フェロモン」とは?フェロモンのある女性の特徴、フェロモンを出す方法を紹介!

eigobu.jp

友達がいない中学生の特徴と性格!友達がいなくてもよい理由とは?

eigobu.jp

友達がいない高校生の特徴とは?休日におすすめなこと&友達を作る方法とは?

eigobu.jp

「内弁慶」の意味と特徴とは?類語・対義語・原因・改善方法も解説!

eigobu.jp

「華奢」になるには?華奢な女性の特徴と悩み、さらにモテる理由を解説!

eigobu.jp

腕組みの心理は?男性と女性で心理状態は違う?腕組みしてる人への対処法も紹介!

eigobu.jp

自縄自縛の意味と読み方は?自縄自縛な人の特徴と改善する方法とは?

eigobu.jp

自己嫌悪の女性の特徴と恋愛の傾向は?自己嫌悪にならないための対処法も紹介

eigobu.jp

雰囲気イケメンは褒め言葉?モテない?特徴と作り方を解説!

eigobu.jp

真面目な人あるある!仕事・恋愛における真面目な人の特徴は?容姿や性格はどんな?

eigobu.jp

真面目な人の特徴は?長所と短所を解説!真面目な人は損する?

eigobu.jp

嫌味を言う人の心理と特徴とは?うまい返しと対処法とは?

eigobu.jp

克己心の意味と語源とは?克己心の強い弱い人の特徴と鍛え方!

eigobu.jp

健気な女性の性格と特徴とは?男性心理とは?健気になる方法

eigobu.jp

友達がいない人の特徴と不安や孤独を解決する方法とは?

eigobu.jp

天邪鬼とは?天邪鬼な人の性格と特徴とは?天邪鬼とのうまく付き合う方法とは?

eigobu.jp

友達がいない30代40代の特徴と原因とは?アラサーアラフォーが友達を作る方法とは?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 気遣いの意味と類語は?気遣いができる人の恋愛&仕事の特徴とは?