1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 「人格者」の意味と類語は?人格者の性格と行動の特徴は?人格者になる方法は?
「人格者」の意味と類語は?人格者の性格と行動の特徴は?人格者になる方法は?

「人格者」の意味と類語は?人格者の性格と行動の特徴は?人格者になる方法は?

人格者の意味と使い方、類語について解説します。人格のある人の性格と行動の特徴も紹介します。人格者のメリットやなる方法も説明します。人格者の例も挙げているので、人格者になりたい人はぜひ参考にしてみてください。

人格者とは

「人格者」の意味は「優れた人格の備わった人」

「人格者」の意味は、「優れた人格の備わった人」です。 どういった人が「人格者」と呼ばれるのかという具体的な定義はありませんが、だいたい集団で行動をするような場面でリーダーを任されたりなど、上の立場に立つ人や、社長・副社長というように重役についているような人を「人格者」ということが多いです。 このように、肩書だけで「人格者」とされることもありますが、「尊敬できる人」「人徳があって人から好かれる性格をしている人」といったように「性格」や「行動」によって「人格者」とされることもあります。

「人格者」の類語は「善人」「真人間」「有徳の士」「快男子」など

「人格者」の類語には、「善人」「真人間」「有徳の士」「快男子」などがあります。 ・「善人」 「善人(ぜんにん)」は「根っから善良な人」という意味です。 つまり、正しい行いをることができる人を「善人」といい、「おひとよし」と表現されることもあります。 例文 ・この世の中にいるみんなが善人だったら、おそらく犯罪なんておこらないだろう。 ・善人ぶるのはやめて、本性をさらけ出したほうが生きやすいと思うよ。 ・「真人間」 「真人間(まにんげん)」は、「真面目な生き方をしている人」を指す言葉です。 つまり、人の道に外れない正しい生き方をしている人を「真人間」といいます。 例文 ・彼は、一緒にいると肩身が狭く感じるほど真人間だった。 ・今度生まれ変わったら、真人間になって両親をがっかりさせない生き方をしたい。 ・「有徳の士」 「有徳の士(ゆうとくのし)」は、「徳を積んでいる男子」を指す言葉です。 「士」は、「学問・道徳を備えた男子」を指す言葉です。 例文 ・彼は、まさしく有徳の士であると言うべき男性でしょう。 ・有徳の士だったはずなのに、犯罪に手を染めてしまったなんてとてもショックです。

「人格者」の対義語は「非人格者」「愚者」

「人格者」の対義語には、「非人格者」「愚者」などがあります。 ・「非人格者」 「非人格者」は、「人格者」という言葉に「非」という否定の意味がある言葉を付けています。 この場合の「非」には「それにあたらない」「それ以外」という意味で使用されていつので、「非人格者」の意味は、「人格者にあたらない人」という意味になるということがわかります。 例文 ・彼は、非人格者なので何あるとすぐに責任逃れをします・・・。 ・彼女は非人格者だったので、なかなか昇給することができなかったようです。 ・「愚か者」 「愚か者(おろかもの)」とは、「おろかな人・バカ者」を指す言葉です。 「この人愚かだな」と思う人を尊敬することなんてできませんよね? したがって、「愚か者」は「人格者」の反対の言葉であるということが言えるでしょう。 例文 ・一時の愛にも燃え上がり、友情を台無しにするようなやつは愚か者だ。 ・今この瞬間ほど、自分を愚か者だと感じたことはなかった。

「多重人格者」は全く意味が別

「多重人格者」という言葉は、「人格者」という言葉が入っているので「似たような意味かな?」「人格者の類語?」なんて思う人もいるかもしれません。 しかし、「人格者」と「多重人格者」の意味は全く別のものになります。 「多重人格(たじゅうじんかく)」は、「多重人格障害」と言われていて、複数の人格が同一人物の中にコントロールされた状態で交代して現れるものです。 つまり、この場合の「人格」は、「性格」という意味で使用されているということがわかります。 「色々な性格をいくつも重ねて持っている人」だから「多重人格」というのです。

「人格者」の英語は「a man of integrity」「a person of character」

「人格者」の英語は、 ・a man of integrity ・a person of character になります。 「integrity」は「誠実、高潔」、 「character」は「性格」という意味の他にも「人格、品性、高潔さ」 という意味があります。 人 of ... で「...の人」という意味になります。 例えば、She is the woman of my dreams.で「彼女は夢に描いたような女性だ(理想の女性だ)」などの表現もあります。 She cares about other people. と表現することもできます。

人格者の特徴|性格編

穏やかで安心感がある

人格者の人は、基本的に穏やかで感情的に相手に物事を伝えたり、態度に表したりすることがありません。 どんなに仕事が忙しくてもピリピリしている空気感を出すということがありませんし、部下や同僚が何かミスをしても嫌な顔ひとつぜず、すっとフォローします。 怒りはしなくても、笑顔で嫌味をいってくるような人は、「人格者」とは言えないでしょう。 「人格者」は、何があってもいかなる状況にであっても、物腰が柔らかく、周囲に「安心感」を与えます。 だからこそ、周りにはいつも人が集まっているし、色々な人から頼られるのでしょう。

嫌味を言う人の心理と特徴とは?うまい返しと対処法とは?

eigobu.jp

謙虚

人格者は、謙虚な性格をしています。 「謙虚」とは、「控えめであり、慎ましいこと」「自分自身の能力・地位などにおごるおとなくへりくだり、相手に対して素直に意見を受け入れ接すること、またその様子」を言います。 例えば「社長」など、上の立場で部下を沢山抱えているような人間であっても、「俺様は社長だぞ!」と地位をひけらかすことなく、「社員のみんなのおかげで会社を運営することができています」という謙虚な気持ちをもっています。 傲慢な人と接していると嫌な気持ちになりますよね。 人格者はとっても謙虚で、一緒にいても嫌な気持ちになることがないからこそ、慕われているし尊敬されているのです。

「謙虚」の意味と使い方、謙虚な人の特徴と謙虚になる方法とは?

eigobu.jp

知識が豊富

人格者の人は、知識が豊富であるという場合が多いです。 一般的な気基礎知識から雑学まで、かなりの知識があって「博識である」と言えるでしょう。 色々な知識があるので、「あの人(人格者)に聞いてみようかな」なんて周りの人に思われていることも。 何か相談したときに「う〜わかんないな」と返されるよりも、「これは・・・してみたらいいかもしれないよ」などとと指示してくれたほうが頼りになるなと思いますよね。 人格者は、割と勉強することや雑学など知識を頭に入れ込むことが好きだったりろということもあります。物知りな人って、それが使える知識であろうがそうじゃなかろうが、関心できますよね。

気遣いができる

人格者の人は、非常に人の気持ちに敏感で、気遣い上手です。 「気遣い」というのは、相手の気持を考えることができなければできません。 いつだって相手の立場になったり、周りの状況を見て判断できるからこそ「気遣い」ができるのでしょう。 周りの状況を冷静に判断して、その時にあった適切な気遣いを見せることができる人が、だいたい認められて代表・部長というように立場が上っていくのでしょう。

見返りを求めることがない

人格者は、見返りを求めることなく他人の為に行動をすることができます。 例えば、「飼い犬が脱走してしまいました、見つけた方はこちらの番号に連絡ください」という張り紙を見て「かわいそうだな」と心で思うだけであっても、「見つけた方には100万円差し上げます」と書かれていたらどうでしょうか。 お金欲しさに「ちょっと探してみようかな」なんて思う人も少くないはず。 人格者は、この「100万円差し上げます」という文言がなかったとしても、恐らく探しに出てみようタイプです。決して見返りを求めることがありません。 損得勘定で行動をすることがない性格なのです。

自分の間違いを認めることができる

人格者は、自分の間違いを発見すれば、その場できちんと誤りを認めることができます。 上の立場になればなるほど、自分のミスとなってしまうとメンツが潰れてしまうのでミスをごまかそうとしたり、他の人に責任を押し付けてしまうようなところがあります。 人格者は、部下であろうが何であろうが他人のことを尊重しているので、自分のミスをなすりつけてしまおうなんて、もちろん思いません。 素直に自分の間違いを認め、自分自身できちんと誠意をもって対応をします。

自分には厳しいけど他人には優しい

人格者は、自分に厳しく他人に優しい性格をしています。 自分に対しては、もちろん鞭を打ってでも・・・というストイックな気持ちで物事に向き合っていて、ミスをしてしまたときは、自分のことでも厳しい目で「どうしてミスをしてしまったのか」「同じことをしてしまわないような対策は・・・」というようにとにかく、自分を許すことができません。 しかし、一方では他人に優しく、もし他人が何かミスをしてしまっても許すことができる器の大きさと優しさをもっています。 なので、あからさまにイライラしているよな態度をとったり、いつまでもネチネチと責め立てることがないのです。むしろ、他人に対して怒ることがほとんどありません。

どんな相手でも向き合う勇気がある

人格者は、勇気があって自分より権力がある人に対しても「それは違うんじゃないか」と思うことがあれば、意見を言うことができます。 例えば会社の上司があからさまに「間違っている」という指示を出してきているのに、イエスマンでい続けることが正しいとは言えまん。 納得がいかなくても、飲み込まないといけないことも、もちろんあるでしょう。 それでも、話してみないとわからないことってありますよね。 もしかしたら、上司の本当の意図を自分自身がただ汲み取れていないだけかもしれません。 人格者はとにかくどんな状況や相手であっても、相手と向き合う勇気があるのです。

礼儀正しい

「親しき仲にも礼儀あり」とよくいいますが、どんな相手でも「礼儀」は大切ですよね。 人格者は、 ・挨拶は必ず自分からする ・きちんとお礼を言う ・脱いだ靴を揃える など、どんなときでもて礼儀作法を忘れません。 自分が部長に昇格しようが社長になろうが礼儀正しいので、印象がものすごくいいです。 初対面の人であろうと、親しい間柄であろうと、相手のことを尊重する気持ちを忘れないからいつまでも礼儀を忘れないのでしょう。

気さくで社交的

人格者は、人を選ばず誰にでも平等に気さくに接します。 自分と年齢が離れている人や、タイプが違う人でも柔軟な対応力で、上手にコミュニケーションを とることができます。 なので、人格者はいつでもどこでも好かれる存在であることが多いため、多くの人と関わるような生活をしていて色々な人から色々なことを吸収しながら生活しています。 それにより、人格者はどんどん柔軟な思考や価値観を身につけていくことができ、さらにいろいろな人とわかり合えることができるのです。

努力家

人格者は、何事においても全力で努力をする努力家です。 いちご目標をもったら、どんな小さなことでも手を抜かずに精一杯努力をするので、必ず結果がついてきます。 例えば、スキルアップの為に資格習得を決めれば必ず習得するまで諦めずに最後まで努力をします。 そして、その努力が結果的に会社に大きく貢献することになったりします。 口先だけで「頑張る」というのは簡単なことですが、実際に行動に移さない人って信用を失いますよね。 人格者はむしろ「不言実行」で、こそっと努力を積み重ねているということも少くありません。

何事も向上心を持って取り組んでいる

人格者は、いつまでも向上心を忘れません。 現状がとりあえず上手くいっていれば、それでいいという人も多いですが、人格者は基本的に満足することなく「もっとより良くしよう」という気持ちをもって、努力を重ねています。 人格者は常に課題を見つけていって、どんどんクリアしていきます。 向上心をもってさらに上を目指していこう・高めていこう思っていることって大変なことです。 誰でも課題を乗り越えるのは大変なので、現状に満足しようなんて無理やりにでも思ってしまう傾向があります。 何事も前向きに取り組んでいく姿勢はとても尊敬できるものですよね。

正義感が強い

人格者は、曲がったことが大嫌いで正義感がとても強い性格をしています。 「他人を許すことができる」ということを上述しましたが、「ダメなところはダメ」とはっきり指摘します。 困っている人がいれば必ず手助けをしないと気が済みません。 常に道徳的な心情を優先する人なので、嘘をついたり人など人を傷つけるようなこともしません。 人格者がリーダーなど、人の上にたってまとめるような立場になることが多いのは正義感が強いからとも言えるでしょう。 やっぱり、正義感が強くで誠実な努力を重ねていけるような人じゃないと「ついていこう」と思えないですもんね。

責任感がある

人格者は、責任感がとっても強いので、任されたことはきちんと成し遂げることができますし、任された以上は、求められているもの以上の結果を出そうと最大限に努力をすることができます。 どんなに困難な壁にぶちあたろうとも、決して投げ出すことなく乗り越えることができるのです。 例えば部下がミスをしても、きちんと指摘し一緒に解決策を模索しつつ「責任は自分がとるから大丈夫、心配しないで」という安心感を与えてくれます。

人格者の特徴|行動編

誰に対しても平等に接する

人格者は、誰に対しても平等に接します。 相手が上司でも、部下でも、相手を尊重する気持ちがあるので、平等に接することができるのです。 また、この人の前では気遣いをしたほうが自分の株が上がるな・・・なんていう損得勘定もありません。 誰に対しても、気遣いの気持ちは忘れません。 基本的に見返りを求めることがないので、自分にとって何の特にならない相手であっても親切心を忘れず、見下すことなく平等に接することができるし、困っている人がいればどんな人であっても必ず助けてしまいます。

偏見で物事を判断しない

人格者は、偏見で物事を判断しません。 自分の思い込みや、知識量だけで勝手に決めつけるということがないのです。 上の立場になればなるほど、権力をつかって「これは、こうであるはずだから・・・」「それって〜・・・なんじゃないの?どうせ無理だよ」など、自分の考えを押し付けがちです。 しかし、人格者はどんなときでも一度は意見を聞き入れる器の大きさがあるので、知らなかったことは受け入れるし、「試してみてもいいかもね」という柔軟な対応をすることができます。

誰かの為に全力で頑張ることができる

人格者は、誰かの為に全力で頑張ることができます。 もっと従業員のみんなが働きやすくなるように・・・など、自分本位な考えで動くのではなく基本的には誰かの為にいつも全力です! 基本的に、自分のことよりも他人のことを優先して行動するタイプなので、「周りの人はどうすれば今よりいい環境で働けるのか・・・」など、自分以外の人のことを中心に頑張ることができます。 接客業においては、その対象が「お客様」であったりもします。 人格者は、自分の利益なんて二の次でいいのです。

こそっと裏で努力をしている

人格者は、こそっと裏で努力をしている「不言実行」タイプが多いです。 いつも、「私頑張っている!」というアピールをしている人を見てどう感じますか? 最初こそ、「すごいな、尊敬できるな」と思ってもだんだん「もういいよそういうの・・・」と思ってきてしまいませんか? 人格者は、「頑張っている・努力している」ということをわざわざ表に出したりしません。 「実は、役に立つと思って○○の資格を習得してみました・・・」みたいな感じで控えめです。 裏で実は努力をしている人のほうがかっこいいですよね。 実際に「私頑張ってる!努力してる!」というアピールをしている人ほど口先だけだったりするんですよね・・・。

一度決めたことは最後までやり通す

人格者は、一度決めたことは最後まできちんとやり通す芯の強さがあります。 実際「頑張ろう」と思ったことがあっても、目標に向かって努力し続ける、頑張り続けるというのは簡単なことではないですよね。 とくに社会人は、「頑張っても報われない」なんて感じることも時にはあるでしょう。 それでも人格者の人は諦めずに目標を達成し、周りの人に大きな影響を与えることができます。 それだけではなく人格者は、こうした「達成した」という成功体験を何度も経験しているので、「自分ならやればできる」という自信をいつでももって行動することができるのです。

いつでもポジティブで明るい

人格者は、コツコツと努力を積み重ねて目標を達成できるタイプなので、上述したように数々の成功体験から、自己評価が高く、常に前向きな考え方をしている人が多いです。 「どうせ・・・」とネガティブな思考な人なんて、一緒にいても気持ちが下がってしまいますよね。 人格者は、何事に対してもとてもポジティブでなので、いつも明るいオーラが出でている為、側にいる人まで前向きに明るいポジティブな気持ちになることができます。 一緒にいて気持ちが沈んでしまう人より、前向きで「頑張ろう!」と思えるような人を一緒にいたいと誰もが思いますよね。

ルールはしっかり守って行動をする

人格者は、世間一般のルールやマナーはしっかり守って行動します。 一緒にいて、歩きタバコをされたり、道にポイ捨てをするような人だったら普通にドン引きしてしまいますよね・・・。 自分のことしか考えてないんだなと感じてしまいますし、人間性を疑います。 人格者は、基本的にとっても真面目な性格をしているので、周りの人が不愉快になることは絶対にしないし、ルール違反やマナー違反をするこは「悪」としているような人が多いです。

時間や期限は必ず守る

人格者は、時間や期限は必ず守ります。 なぜか、平気でいつも遅刻してきたり「ちょっと待ってて〜」といっていつまでも待たせてくるような人っていませんか? それって、相手のことを尊重していない印なんです。 なぜなら、「待たせる=相手の貴重な時間を奪ってしまう」ということだからです。 提出期限など、「いつまでに」という期限に対しては、ミスがあっても訂正できる余裕があるようにそれよりも前に提出したりなど、時間や期限に関してはとってもシビアです。 「時間や期限を守る」というのも、人格者が信頼される要因の一つであると言えるでしょう。

コミュニケーション能力がある

人格者は、非常に高いコミュニケーション能力をもっています。 性格的にも色々な人から信頼されて、人脈も広いので慣れているということもあるのですが、何よりも自分をすごい人間だと飾って見せようとしないところが、相手に心を開かせているのでしょう。 変に意識してしまうと自分のぎこちなくなってしまうし、それでは相手も自然にコミュニケーションをとることがでいません。 いつでも飾らない自分で、時に冗談を交えながら相手の心をどんどん開いていくことができるのが人格者の特徴と言えるでしょう。

何事も冷静に判断することができる

人格者は、どんな時でも冷静に物事を判断する力があります。 どんなに焦ってしまうような状況であっても慌てず、そして自分の感情に左右されずに決断を出すことってなかなか難しいですよね。 人格者はきちんと立場をわきまえて、冷静に物事を判断、決断します。 特に上の立場になればなるほど「判断力」って大切になってきますよね。 人格者はできるだけ常に冷静でいることを普段から心がけているのです。

メールなど文面でも丁寧に

人格者が、メールやLINEといった文面においてもとても丁寧な文章を送信します。 メールやLINEといった、手軽な連絡手段だと手軽が故に雑になってしまったり、返信をするのが遅くなってしまってそのまま忘れた・・・ということもありません。 メールであっても相手に返信を待たせているという意識がきちんとあるので、読んだらすぐに対応するしきちんと丁寧な文面で送信します。 プライベートなことならまだしも、仕事に携わることなのにいつまでも返信がこなかったり、雑に返信させると信用を失ってしまいますよね。 人格者は、相手の気持ちになって考えることができるので文面のやり取りでも雑なことはしないのでしょう。

人を裏切らない

人格者は、人を裏切るような行為は絶対にしません。 自分よりも、相手を大切にするタイプなので、誰かが傷ついたり悲しんだりすることは決して出来ないのです。 例えば、一番大変な時チームから抜けて、いそいそと自分だけ成功しそうなプロジェクトを進めたりなど・・・。特に部下を見捨てるようなことは絶対にできないのです。 どちらかと言えば、自分のことは裏切ってくれても構わないから、自分がいいと思う方法や道を選んでくれ・・・!と周りの人を守るタイプの人が人格者であると言えるでしょう。

人のことを悪く言わない

口をひらけば、誰かの愚痴・・・という人っていますよね。 悪口って聞いているだけで、気分が悪くなりませんか? 人のことを悪く言ってばかりの人に人格者はいないでしょう。 誰かが悪口も言っていたとしても、本当に思わないことには乗っからないし、そもそも正義感が強いので「あの人のココがダメだ」と思っているなら影ではなく本人に直接伝えます。 「あの人はデブ」「ブス」など、人の顔や容姿について悪く言う人なんて論外です。

人格者のメリット

昇格しやすい

人格者のメリットと言えば、やはり仕事で認めらて昇格しやすいということではないでしょうか。 人格者の人は、上述してきたようにどんな場面でも正しい判断をすることができるし、何より責任感がある努力家なので、上の立場にたってリーダーシップを発揮することができます。 そんな人が会社で評価されないわけないですよね。 どんどん色々なことを任されて、任されれんば任されるだけ成果を残してどんどん昇格していくことができるでしょう。

モテる

人格者はモテます! 博識でコミュニケーション能力も高いので、真面目過ぎるといったころがなく、一緒にいて楽しいじかんが過ごせるため、好意を寄せられることも多いでしょう。 不真面目で仕事ができないような人より、いつでも努力をしていて周りの人から信頼されているような人のほうが魅力的ですよね。 特に男性は、頼もしく感じますし、女性は仕事ができる男性に惹かれがちです。 仕事をコツコツと頑張って人格者になれば、モテモテの人生を手にいれられるかも!?

チャンスが多い

人格者は、コミュニケーション能力が高く、誰からも信頼されているので人脈がとても広いです。 例えば、「〜ができる良い人がいるんだけど紹介しようか?」と言って、紹介されるし、同じように誰かに紹介してもらえるのです。 そうすることで、あらぬ縁に恵まれて、ずっと願っていたことがかなったりいったチャンスに出会えることがあります。 さらに、物凄く困っているときに手助けしてもらえてピンチを脱却したことが、認められて昇格に繋がるなど・・・。 やっぱり人脈が広ければ広いほどチャンスは多いと言えますよね。

自分を好きになれる

人格者は、自分自信をもつことがでるでしょう。 いつもやる気なく、誰からも信頼されない・尊敬されないような生活している自分と、人格者の性格だったら、やっぱり人格者であれば自分のことをもっと好きになれそうだなと思いませんか? 人格者であることは、周りのためではなく、自分にとってより豊かな人生を送ることにも繋がると言えるでしょう。

人格者になる方法

人を信じる

自分は相手を信用していないのに、相手に「信用してくださいよ」というのは、少々無理があります。 人格者は、人を信じるという姿勢が大切です。 例えば、何かのプロジェクトのリーダーを任されたとすれば、チームのメンバーを信用しないことには上手に仕事をふらなければ円滑にプロジェクトを進めることはできないですよね。 人格者は、自分が騙されたり裏切られたとしても、相手を信じるという気持ちの強さが大切なのです。 「あの人にはどうせでいないんだろうな・・・」と思ってしまうのではなく、「あの人ならできる!」と思ってあげましょう。

ネガティブな発言をさける

無理かもしれない、でいないかもしれない、などネガティブな発言ばかりを繰り返している人のことなんて、信用できないし、一緒にいるほうが気持ち的に参ってしまいますよね。 どんなに気持ちでは「無理か」と思っていても口に出すのはやめて、弱音は家族など心を許している人の前だけにしてみましょう。 そもそもネガティブな言葉は、ネガティブな事柄を引き寄せてしまうので、ポジティブな言葉を発言していたほうが成功します!

ぶれない芯をもつ

人格者は、基本的に自分の考えをしっかりと持っていいて、ぶれない芯があります。 ただ、柔軟性があるので自分と違う意見も受け入れて、上手に対応することできるというだけであって、自分の考えを完全に違う方向に変えてしまうということではありません。 「みんながこう言っているから〜・・・」ということで意見が変わったり、ブレブレな人ってやっぱり信用できないですよね。 一度しっかりと自分と向き合って、自分の芯をしっかりと見つけてみるといいでしょう。 元々自分の考えをもっていないような人は、人格者にはなれません。

自慢しない

上述したように、人格者はとっても謙虚な性格をしています。 もし、何か手柄をあげたとしても「やりました!(ドヤ)」とはしません。 「今日だけで、30万も売り上げちゃったあ〜」 「なんか今度、リーダー任されることになっちゃってさ〜」 など、すぐに自慢したくなっちゃう人って多いですよね。 言いたくなる気持ちもわかります。 でもそういうことって、周りで見て評価してくれている人は必ずいるし、自分からひけらかすことでなないんですよね。 謙虚さを忘れて自慢ばかりしていると周りに人が寄り付かなくなってしまうので、自慢話はしないように心がけましょう。

自分の意見を押し付けない

人格者は、他人にアドバイスをするときに自分の価値観や考え方を押し付けるようなことはしません。 人にアドバイスをすることは悪いことではないのですが、「絶対こうした方が良いよ!」と自分のやり方を押し付けてしまうような人はNG! 人格者は、柔軟な思考の持ち主なので相手の意見や、やり方を聞き入れたうえで、上手くアドバイスをしていきます。 部下などに「こうした方が良いよ!」「もっとこうして!」と一方的に指示してしまったことはありませんか?もし心当たりがあるという方は、気を付けてみてください。

悪いと思ったら素直に謝る

何か指摘されたときに、とりあえず「でも」「だって」と言い訳をしてしまったり、「自分が悪くない理由」を探していませんか? それでは人格者にはなれません! プライドが邪魔をして素直になれないのかもしれませんが、謝れる謙虚な気持ちが大切です。 間違いに気がついたときは、まず「ごめんなさい」謝れる素直さを見につけましょう。

とにかく笑顔でいることを心がける

自分のことで一杯一杯になってしまいがちな人は、できるだけ笑顔でいることを心がけましょう。 自分のことで一杯一杯になってしまっていると、それが雰囲気に出てしまって周りまでピリピリとした雰囲気になってしまいます。 自分の気持ちを落ち着かせる為にも「笑顔」が大切です。 笑顔でいれば、周りの雰囲気もグンと良くなるはずです。 人格者は、とても穏やかな雰囲気で人を吸い寄せますから、穏やかな雰囲気作りを心がましょう。

いつでも向上心をもつ

まあ、こんなもんか・・・と満足していては人格者にはなれません! いつどんなときも、向上心をもって物事に取り組むことが大切です。 人格者は昨日より今日、今日より明日と、どんどん高みを目指します。 どんなことでも改善点といのはいくらでも見つかるはずです。 「より良くしよう」と思う気持ちが何より大事なことなのです。 「これでいいか、、、」と妥協しているようなことはありませんか? いつでも向上心をもって生活していきましょう!

挨拶は必ず自分からする

誰かと会ったら、必ず挨拶は自分からしましょう。 挨拶をしない人より、やっぱり自分から挨拶をしてくれる人のほうが断然に印象がいいですよね。 挨拶をするなんて、そんなに難しいことではないはずです。 上でも同僚でも、部下でも関係なく爽やかに自分から挨拶をすることをいつも心がけて習慣化してください。 挨拶は人間関係を円滑に行うためにある基本的なことです。

人格者になろうとしない

人格者になろうと心に決めたことはとても良いことだと思います。 でも、人格者になろうと意識しすぎるのも本当の「人格者」とは言えないのではないでしょうか。 、そもそも人格者って「人格者になろう」と思って人格者になっているわけではなく、ごく自然に行っている行動や、元々の性格が「人格者」なのでしょう。 あまり評価されようと期待しすぎた行動をとってしまうと、やっぱり不自然ですし、それって結局見返りを求めているのと同じことですよね。 意識しすぎず、自然に人格者らしい行動がとれるよになるのが理想的でしょう。

人格者と出会う方法

起業のセミナーに参加する

起業のセミナーの多くは、講師が経営者だったりします。 人格者であれば、会社を経営するだけの力はもちろん持っているはずですら、起業セミナーで経営者と出逢えば、その人が人格者である可能性が高いということです。 特にスキルアップや、投資など、お金に関わるセミナーがいいしょう。 また、セミナーに参加している人も、今後のために学ぼうとしている向上心がある人達だと思っていて間違いないので、人格者である、もしくは人格者になる可能性が高いです。

異業種交流会

「異業種交流会」という、色々な業種の経営者が集まって繋がりをもつことで、お互いの仕事の幅を広げましょうという会があります。 「異業種交流会」では、名刺交換が頻繁に行われるので、簡単に相手の連絡先を交換することができ気になる相手には後日でもコンタクトをとることができるというメリットがあります。 ここに集まる人達の多くは、できるだけ多くの人の意見を聞いてみたいと思っている人達ばかりなので、積極的に話しかけて印象に残りやすい話しをしておくといいでしょう。 そこで出会えた人に、さらなる人格者を紹介してもらえる可能性も高いです。

高級ホテル

高級ホテルのラウンジで打ち合わせをしているようなビジネスマンは、人格者である可能性が高いです。 やっぱり人格者はそれなりにお金を持っているので、喫茶店やファミレスよりは、こういったしっかりとした高級ホテルのラウンジを選ぶでしょう。 明らかに打ち合わせ中など、仕事をしているときに話しかけるのは避けたほうがいいですが、ほっと一息ついていそうなときは話しかけてみてもいいでしょう。 相手に興味をもってもらえれば、晴れて「お知り合い」になれるかもしれません。

タワーマンション付近

タワーマンションって、お金持ちが住むマンションですよね。 会社の経営者といった人格者がうようよ住んでいます。 その近辺のスーパーや、おしゃれなバーなどで出会える可能性もあると言えるでしょう。 勝手なイメージですが、人格者のような人生の成功者はスーパなら「成城石井」を利用しているイメージがあります。 または、都内など割と高級住宅街にある事が多い「信濃屋」なんてどうでしょうか。 立ち寄る機会を増やしてみたら、人格者に出会えるかも・・・・!

ゴルフ場

これは筆者の勝手なイメージなのですが、人格者のような優れた性格を持っている人生の成功者は、趣味に「ゴルフ」をしていそうだなと思います。 ゴルフって道具を揃えることはもちろん、コースを回るのに物凄くお金がかかるので、お金持ちの嗜むスポーツなのです。 起業などでも、接待といえばゴルフみたいなところありますよね。 つまり、経営者など人の上にたつ人格者は「ゴルフが好き」ということなのではないでしょうか。 ゴルフの打ちっぱなしでも、いいかもしれませんね!

結婚パーティー・結婚相談所

人格者は、やっぱり真面目なので「合コン」や「相席居酒屋」より、きちっとした結婚パーティーでの出会いを選ぶのではないでしょうか。 お金が多くかかるぶん、遊び目的ではなくきちんとした人が集るイメージがありますよね。 また、人格者ともなると、自分がしっかりとした人間であるために、理想が高そうだなと感じます。 なので、理想に近い人と出会える可能性が高い結婚パーティーや、結婚相談所を選ぶ傾向にありそうですよね。

人格者の例

児嶋一哉さん(アンジャッシュ)

アンジャッシュの児島さんは、相方の渡部さんが活躍する中、あまり露出が多いほうではなく、「(渡部)じゃないほう」なんて言われてしまっていますが、実は人格者であると言われています。 児島さんは、誰に対しても気遣いができる人で、共演者の方はもちろん、スタッフさんにも気遣いを忘れないのだとか。 また、とってもマメな性格で先輩を立てることを忘れないので、大御所の先輩方にもとっても好かれていいるのだそうです。 テレビの露出が少くても成功者であると言えるでしょう!

仲間由紀恵さん

仲間由紀恵さんは、大物女優であるのにも関わらず、いつでも仕事では腰がひくく、とても性格がいいと評判です。 さらに、とても明るくその場の雰囲気をなごませてくれるのだそう! 売れている女優さんだからといって、気取らずに周りの人を接することができるからこそ、次々と仕事がくるのかもしれませんね。

元谷芙美子さん

元谷芙美子さんは、アパホテルの社長です。 「アパホテル」と言えば、誰も後一度は耳にしたことがあるホテルなのではないでしょうか。 アパホテルの社長と言えば年収5億3000万の凄腕社長ですよね。 元谷社長が心がけていることは、「家族や社員のためにお金を使う」といううことなんだそう。 そうして、喜んでいる家族や社員をみて「また頑張ろう!」と思うことが活力になっているのだとか。 自分が頑張っているからお金を手に入れることができたんだ! と独り占めするのではなく、家族や従業員の為に使えるなんでまさに、人格者ですよね。 従業員にとって、尊敬できる人格者だったからこそ、大成功したのでしょう。

アンドリュー・カーネギー

アンドリュー・カーネギーは、鉄鋼会社を創業し大成功を収めたアメリカの実業家です。 彼の産まれは貧しい家でしたが、「鉄鋼王」として世界レベルの大富豪になっています。 アンドリュー・カーネギーは、いつでも向上心を忘れず、努力すればするほど敏感にチャンスに反応できるとし、常に努力を続けていた努力家です。 やるべきことと、それ以上のことを行うことを心がけ、どんなに成功してようが現状に満足することはありませんでした。 さらにその後、事業で成功して手に入れたお金を「世界平和」や「教育」「科学」など多方面に寄付をしたということでも有名です。

人格者になりたい人におすすめの書籍

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

全世界3,000万部、国内180万部を超え、今も読み続けられるビジネス書のベストセラー『7つの習慣』は、人生哲学の定番として親しまれてきました。 今回スティーブン・R・コヴィー博士没後1年を期に、『7つの習慣』が本来持つ「人格主義」に基づき、原書に忠実に訳し直しました。 よりわかりやすく理解しやすい完全訳の『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』。 豊かな人生を望むすべての人にお届けします。

この本の詳細を見る

人生を変える自分の磨き方 思考・言葉・行動・習慣・人格・運命の法則

本書では、これまで1000社以上の企業、 3万人以上のビジネスパーソンにコンサルティングを提供してきた、 カリスマコンサルタントが、「思考」「言葉」「行動」「習慣」「人格」「運命」 これら六つの要素を磨き豊かな人生を築いていくための方法を、 古今東西の賢人たちのエピソードを交えながら紹介していきます。

この本の詳細を見る

人格者の名言

危機に直面したとき、人格者は自分自信を頼みとする

危機に直面したとき、人格者は自分自信を頼みとする                       シャルル・ド・ゴール シャルルトゴールは、フランスの軍人でありフランスの第18代大統領で、大統領辞任後も基本資本家と関わりながら経済対策を展開していきました。 危機に直掩した時こそ、人格者は自分を拠点に自分自身で判断し、自ら問題をカイケルすることできるということを言っている名言です。 人格者は、自分をしっかりと信じることができる人間であるということです。

真の人格者であるかどうかをはかるものさしはたくさんある、中でも間違いない方法は、その人間が目下の人にどうふるまうかを見ることだ。

真の人格者であるかどうかをはかるものさしはたくさんある、中でも間違いない方法は、その人間が目下の人にどうふるまうかを見ることだ。                           サミュエル・スマイルズ サミュエル・スマイルズは、イギリスの作家であり医者です。 開業医をしていましたが、彼は次第に作家として活動するようになっていきました。 人格者であるかどうかを判断する為の基準は、誰とでも平等に接していることができているかどうかということであるということを、伝える名言ですね。 人格者は、目下であろうが上司であろうが人で態度を変えるということは絶対にしません。 貧しい人は、小汚い人でも見下すことなく、きちんと接するかということが重要だということでしょう。

成功者になろうとするな、価値のある人間になれ

成功者になろうとするな、価値のある人間になれ                            アインシュタイン アインシュタインは、もうおなじみの偉人ですよね。 「価値のある人間」というのが、「人格者」ということなのだろうなと察します。 どこに行っても人に信用され、頼りにされるような価値のある人間になることこそ、大きな成功を収めることよりも重要なことなのではないかということを教えてくれる名言ですね。

知性に人格を加えてこそ、真の教育のゴールなのだ

知性に人格を加えてこそ、真の教育のゴールなのだ                            マーティン・ルーサー・キング・ジュニア  マーティン・ルーサー・キング・ジュニア は、アメリカ合衆国の牧師です。 「キング牧師」と聞けばピンと来る人も多いのではないでしょうか。 アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として活躍していたことで知られていますよね。 子供に勉強を教えたり、自ら学ぼうとする意志をもって、知性を加えることも確かに大切かもしれませんが、知性があっても、道徳の「ど」の字もない人も道に外れるようなことばかりをしてしまうような、思いやりのない人間では何の意味もないということですね。 「頭がいい」というだけでは意味がないのです。

まとめ

人格者について理解していただけましたか? ✓「人格者」の意味は「優れた人格の備わった人」 ✓「人格者」の類語は「善人」「真人間」「有徳の士」「快男子」など ✓「人格者」の対義語は「非人格者」「愚者」 ✓「多重人格者」は全く意味が別なので注意! 人格者にはやっぱり成功者が多いですよね。 「人格者」は頼りになるし、尊敬できるなと感じたのではないでしょうか。 人格者ってすごい人というのは、人を差別することなく接したり、努力を怠らないなど当たり前のことを当たり前にできる・続けられる人のことなんだということがわかりますよね。 人格者になりたいな、なんて思ったことがある人は、ぜひあまり意識せずに当たり前のことができるようになりましょう(^o^)

こちらの記事もチェック

気遣いできない人の性格と仕事の特徴とは?気遣いできるようになる方法とは?

eigobu.jp

気遣いできない人の性格と仕事の特徴とは?気遣いできるようになる方法とは?

eigobu.jp

何も楽しくない原因って何?仕事、失恋など理由を紹介!またおすすめの

eigobu.jp

純粋な人の仕事と恋愛の特徴は?純粋さを取り戻す方法とは?

eigobu.jp

他人に興味がない人の特徴と原因!改善方法はある?向いている仕事も紹介

eigobu.jp

嫌な女の特徴は?【男女別】嫌われる理由!対処法や性格を直す方法も紹介

eigobu.jp

自信がない人の特徴と原因とは?自信がない人におすすめの対処法とは?

eigobu.jp

包容力のある女性はモテる?特徴と結婚感、包容力を養う方法とは?

eigobu.jp

包容力のある男性はモテる!恋愛の特徴や養う方法を紹介!

eigobu.jp

素直な人の特徴は?素直になりたいのになれない人は必見!意味や英語も解説

eigobu.jp

一途な男はいない?一途男子の特徴と結婚感は?一途な理由を徹底解説!

eigobu.jp

「不甲斐ない」の意味とビジネスでの使い方、情けない時の対処法とは?

eigobu.jp

自分が嫌いな人の特徴と原因とは?恋愛は?克服方法は?

eigobu.jp

「堅実」の意味は?堅実な人の特徴と長所&短所は?向いてる職業とは?

eigobu.jp

神経質の意味は?神経質な人の性格と外見の特徴とは?治す方法も!

eigobu.jp

魔性の女は天性か?性格やLINE、職場での特徴は?結婚感は?

eigobu.jp

「フェロモン」とは?フェロモンのある女性の特徴、フェロモンを出す方法を紹介!

eigobu.jp

友達がいない中学生の特徴と性格!友達がいなくてもよい理由とは?

eigobu.jp

友達がいない高校生の特徴とは?休日におすすめなこと&友達を作る方法とは?

eigobu.jp

「内弁慶」の意味と特徴とは?類語・対義語・原因・改善方法も解説!

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 「人格者」の意味と類語は?人格者の性格と行動の特徴は?人格者になる方法は?