1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 性格悪い人の性格と顔の特徴!原因と末路!付き合い方と好きになる理由

性格悪い人の性格と顔の特徴!原因と末路!付き合い方と好きになる理由

職場や友人に「性格悪い人」で心当たりのある人はいませんか?もしくは今あなた自身がドキッとしませんでしたか?「性格悪い人」には様々な特徴があります。そして全員が全員、心の底から性格が悪いとも限りません。本記事では性格悪い人の特徴、原因、末路などを徹底的に解説していきます。性格を治す方法もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

性格悪い人っていますよね・・・

性格悪い人って結構いろんなところに潜んでいますよね。 職場や学校などはもちろん、電車などでも「あの人性格悪いな〜」と思う人に出会うことが多いはずです。 性格悪い人が持つ特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。 また、そもそも人はなぜ性格が悪くなってしまうのでしょうか。 この記事を読んで、性格悪い人に対する理解が少しでも深まればいいなと思います。 最初に、性格悪い人の特徴をご紹介していきます。

性格悪い人の特徴|態度編

自分のことが大好きなナルシスト

「性格悪い人」の最初の特徴は、自分のことがとにかく大好きなナルシストです。 「私って本当に頭が良くて好き」「スタイルが良くて自分サイコー!」など、自分の外見や中身に対してとても自信があり大好きです。 自己愛が強すぎるあまりに、他人に自分の容姿や性格について批判されたりしても全く気にしません。 むしろ、「私の素晴らしさに気づけない人ってかわいそう」と開き直ります。 「性格が悪い人」は基本的に人に対してはネガティブな態度や行動を取りますが、自分のことだけはとてもポジティブです。 自分自身を必要以上に褒めたり可愛がったりする態度は、周囲から見るとただの「イタい人」にしか写りませんが、本人はそれさえも気にしていません。

自己中

「性格が悪い人」は自分のことが大好きなナルシストということは上記でご紹介しましたね。 自己愛が強く、自分が常に物事の中心にいます。つまり、「自己中」です。 いかなる時も自己中心的な態度を取るため、周りからは「自分のことしか考えていない性格の悪い人」と言われてしまいます。 自己中心的な態度の例として挙げられるのは、 ・自分だけが発言をする ・人の話を聞かない ・自分にプラスになるようなことをいつもしている ・人に対しての態度がデカい などでしょうか。 自己中な態度はすぐに周りの人の気づかれてしまうので大変です。

自分が話の中心じゃないとふてぶてしい態度をとる

性格の悪い人の特徴として、ナルシストや自己中ということをご紹介しました。 これらの延長線上にある特徴として、自分ではなく他人が話の中心になっているとふてくされた態度を取る人がいます。 性格の悪い人の中には、常にスポットライトを浴び続けていたい人がいて、別の人が話題の中心となり周囲の注目がそちらに向いていると「なんでみんな私の方を向いてくれないんだ!」と怒るような態度を取ります。 そうなると、周囲は「自分のことしか考えられないなんて性格悪い」と思ってしまうわけです。 大人であればその辺の感情はコントロールしてほしいですよね。

思った通りにならないと不機嫌になり怒る

仕事やプライベートなどで自分なりの計画がある人はたくさんいると思います。 しかし、あくまで「プラン」なので計画通りに進まないこともあるでしょう。 物事が自分の思うように進まずに不機嫌な態度を取る人は、「性格悪い人」と言われてしまうかもしれません。 例えば、仕事が計画通りに進まずに残業や休日出勤をしなくてはいけなくなった時、大半の人は不満を抱えながらも仕事なので仕方なく取り組むはずです。 しかし、性格の悪い人はその不満を周りにぶちまけます。 「なんで思った通りに進まないんだ!」と大声で怒ったり、机や椅子を蹴ったりして物に当たることだってあります。 子供のように不機嫌さを全開にする大人に対して「思い通りにいかないことがある度に暴れるなんてなんだか性格悪いな」と思うのです。

高圧的な態度

性格が悪い人と聞いて、「高圧的な態度を取る人」が思い浮かぶ人は多いのではないでしょうか? 常に人にダメ出しをしている人、仕事などの頼み事をする時にかなり一方的な人、腕組みしたり眉間にシワを寄せるようなボディーランゲージが多い人などは「性格が悪い人」と言われてしまう可能性が高いです。 上司が高圧的な態度を取るのはまだ100歩譲って許せるとしても、同僚や部下が高圧的な態度で接してくると「なんだこいつ」となるわけです。 家族や友達でも高圧的な態度を取るような人とは話したくないし近寄りたくもないと思ってしまいますよね。 高圧的な態度は相手に恐怖感さえ与え、信頼関係を築くことはほぼ不可能になってしまうので、良好な人間関係を望んでいるのであればまず高圧的な態度を一切辞めることが必要です。(今更遅いかもしれませんが。。。)

他人を見下すような態度を取る

性格が悪い人は、他人を見下すような態度をとることもあります。 言葉だったり、ボディーランゲージでとことん人を見下します。 見下されていることは人はすぐにわかってしまうので、「人を見下すなんて性格が悪い」と心の中で思います。 例えば、人を睨んだり、名前を呼ばず「おい!」と声をかけたり、自分がやりたくない仕事を押し付けたりするなどです。 職場にこういう人が一人でもいると、会社やチームの雰囲気は悪くなってしまいますよね。 私の前職の先輩にもこういうタイプの性格悪い人がいました。 後輩やアルバイトの人などに常にダメ出しを(しかも大勢の人がいる前で)したり、自分の担当の仕事なのに同僚に「これやっといて〜」と笑いながら言ったりしていました。 今思い出してもめちゃくちゃ性格の悪い人だったなと感じます。

人によって接する態度が変わる

接する人によって態度が変わる人っていますよね。 例えば好きな人の前だけでぶりっ子する「ぶりっ子ちゃん」ならまだ可愛い方です。 「性格の悪い人」は自分の好き嫌いに応じて接する態度を変えます。 自分の好きな人や、上司などに対しては自分の性格の悪さを全面的に隠しますが、嫌いな人や部下に対しては性格の悪さを全面的に出します。 好き嫌いや立場だけでなく、その日の自分の気分に応じても接する態度を変えることもあります。 調子が良い日は機嫌良くコミュニケーションを取るくせに、調子が優れない時はイライラして八つ当たりしたりするのです。 人は人のことをよく見ているので、接する態度の差にもすぐ気付きます。 「私には冷たくしておいて、他の人にはいい顔をするなんて性格が悪い」「態度にばらつきがある人は信用できない」などと感じます。

「好きな人」には気に入られようと必死

上記で、人によって接する態度が変わるとご紹介しました。 「好きな人」に対して、性格が悪い人は、自身の性格の悪さを隠して良い人を演じます。 自分のことをよく思ってもらいたい、気に入られたいという心理から偽りの自分で過ごすのです。 どんなに器用な人でも、常に「ウソの自分」でいることは難しいでしょう。 自分の前から「好きな人」がいなくなった瞬間や、トイレなど人が少ない場所で本当の自分が現れた時、周りの人は気付いてしまうのです。「この人は本当に性格が悪い」のだと。 裏表があることが周りにバレなければ、「性格悪い人」と思われることは少ないでしょう。 どこかでブラックな一面が見えてしまって、周囲の人が気付いてしまうので「性格悪い人」というラベルが付いてしまうのです。

「嫌いな人」に対してのあたりが強い

性格の悪い人は「嫌いな人」に対する態度がひどいです。 「嫌いな人」とは、例えば自分の仕事に文句を言ってくる人や、自分よりも仕事が出来る人などです。 他人の話し方や言葉遣い、仕事ぶりが少しでも気に食わないと「嫌いな人」に分類され、大きい態度で接してきます。 例えば、嫌いな人を無視する、無茶振りな仕事を振る、悪口を言う、睨むなどなど、大変恐ろしいことをします。 そういうことをされている人は、最悪の場合精神が病んでしまうこともあります。 周りから見ると「嫌いというだけでひどい態度を取るなんて大人げない」「好き嫌いに応じて態度が変わるなんて性格悪い」と見えてしまうわけです。

周りへの配慮に欠ける

性格の悪い人の中には、自分のことしか考えられない人がいます。 思考の中心が常に「自分」なので、周りの人への配慮に欠けてしまいます。 日本独特の文化に「空気を読む」とありますが、性格の悪い人は空気が読めず(そもそも読もうとしない人も)周りを異様な空気に変えてしまうのです。 例えば、会議で1人だけずっと発言をしていたり、お菓子などを分ける時に人数を考えず欲しいだけ取ってしまったりなどです。 会社でも学校でも家庭でも「団体行動」は大切で、周囲と協力したりすることもある中で、常に自分のことしか頭にない人は性格悪いと思われてしまいます。

空気を読まない「KY」な人

上記で少しだけ性格の悪い人は空気が読めない人だということをご紹介しましたね。 一昔前に流行った「KY」な人です。 「KY」な人は、人と常に正反対の言動を取ります。 ・笑うべきでない事に対してつい笑ってしまう ・順番を譲るべき所で自分が率先して先に行ってしまう ・何も言ってはいけない上司に対して平気で文句を言う などの行動が例に挙げられます。 上記のような言動を取られると周囲は凍りつきますが、当の本人は異変に気付きません。 もしくは気付いていたとしても何も感じないです。

性格悪い人の特徴|行動編

秘密を守ろうとしない

性格の悪い人は秘密ごとを守ろうとしない特徴があります。 仕事やプライベートなどで「ここだけの話。。。」と言われてもここだけにすることが出来ません。 なので、秘密にしていた情報が職場や友達などにすぐに流れてしまいます。 秘密に対する価値感が違うのかもしれません。 「秘密とか言っておいて本当は皆に話しているだろうから話そう」「こんなことバラしても別に大したことない」「秘密って何?」という状態です。 「寝る前に実はお菓子を食べている」などの可愛い秘密も、性格の悪い人は違う解釈をする可能性があるので、どんなに小さい秘密でも人に話さないことが賢明かもしれません。

弱い者いじめをする

これは上記の「態度編」でもご紹介した内容と少し被りますが、性格の悪い人は自分より立場が弱い人に対してものすごい攻撃的な行動を取ります。 昨今は「パワハラ」や「モラハラ」などがよくニュースで取り上げられるようになり、かなりセンシティブな話題です。 具体的な行動の例で挙げられるのは、 ・名指しでダメ出しをする ・皆の前で馬鹿にする ・処理できないほどのタスクを振る ・飲み会などに呼ばない などでしょうか。 性格の悪い人、だけで済まない時代になってきたので本当に注意していきたいです。

自分の非を他人のせいにする

人は誰だって間違いを犯します。 日常の小さい事から仕事の存続にかかるような大きな事まで、人間生活にミスはつきものです。 間違いを犯した時、素直に謝ることが出来ればよいのですが、性格の悪い人は謝ることをしないばかりか、自分の非であることを認めようとしません。 例えば、自分の仕事の納期に間に合わなかった時に「部下が仕事をしなかったから」「そもそも納期までの日数が短すぎる」「私の専門領域でない」などと何かと言い訳をしてきます。 たとえそうであったとしても納期に間に合わせるのが社会人です。(もちろん本当に無理な場合を除いて) 素直に「ごめんなさい」や「すみません」の言葉が言えればそれでいい問題も、非を認めない頑固な姿から「性格悪い」と言われしまうのも無理ないでしょう。

他人を利用する

性格の悪い人は人を頼ります。 「頼る」というか「利用する」の表現が正しいかもしれません。 人扱いが荒く、人を人のように扱わない悪い性格の持ち主も中にはいます。 例えば、自分の仕事だがやりたくない時に「●●さんの方が詳しいだろうからやってくれる?」とか、「外営業に行くついでに私のお昼ご飯を買ってきて」などです。 自分の力でなんとかしようとせず、他人の力ばかりをかりる姿は「人を使ってばかりで性格が悪い」という印象を与えてしまいます。 人に何か頼む時は、本当に頼む必要があるのか、その場合はどういう言葉を使うべきかを慎重に考えたいですね。

他人の手柄は自分のものにする

「お前のモノは俺のモノ、俺のモノは俺のモノ!」という名言(?)をご存知ですか? アニメ「ドラえもん」に登場するジャイアンの言葉です。 ジャイアンはよく「性格が悪い」というイメージを持たれますが、その原因はこの名言からもうかがえます。 性格の悪い人は、自分のためであれば他人の手柄をも奪い取ります。 例えば、チームの仕事をほとんど手伝っていないのに上司への報告で「ほとんど私一人でやりました」と平気で言う人です。 手柄が自分のものになれば、周囲からの評判も良くなり給料などにも反映されますよね。 ジャイアン的存在の人が職場や学校にいる場合は事前に上司など周りの人に相談しておくといいでしょう。 そして本当に取られたくない手柄がある場合は、極秘にしておく必要があります。 PCのパスワードや引き出しのカギなど、細かい所まで目を配ってくださいね。

常に計算的で自分が損をしないようにする

性格の悪い人の中には、常に自分の言動を計算している人がいます。 なぜなら、仕事やプライベートなどで損をしたくないからです。 自分が得するためにはどういう行動を取るべきか常に頭の中で計算をしています。 計算の結果、自分の得になるのであればあらゆることも行動に移します。 反対に、損失が多い場合は行動を起こしません。 「自分のメリットにならないからやらない」とか、逆に「これは自分の株が上がるから何が何でも実行しよう!」と燃えます。 一言一言の発言も計算の上である可能性は高いので、言葉を鵜呑みにしない方がいいかもしれませんね。

社会的地位で人を判断する

性格の悪い人は、言い方が悪いかもしれませんが人間観察力に欠ける場合があります。 それは、人の表面上のことだけで人を判断することがあるからです。 例えば、職場での役職や年収、身長や髪型などの容姿だけで人をどういう人か判断します。 「部長クラスで年収も良いから好き」「身長が低くて頭が薄いから友達になりたくない」などと人の性格を見ようとはしません。 表面上は良く見えても、内面的な部分で自分との相性が悪い可能性はもちろんあります。 なので、表面上で判断したくせに結局失敗をして嘆いている人は「見かけだけで判断した自分が悪い」と思われてしまうのです。

他人の恋人を奪おうとする

恋愛に問題はつきものです。 性格の悪い人が他人の恋人を好きになってしまった場合にどうするか、それは「奪う」です。 自分のものになるためであれば友達の恋人であっても関係なしに奪いにいきます。 付き合っていることを知っておきながらデートに誘ったり、好意があることをアピールしたりします。 恋人を奪われてた側からすると、怒りの感情が溢れかえり「性格の悪い奴め!」となってしまいます。 友達の恋人となれば、友情関係はもちろん終わりますし、職場のメンバーであれば仕事での居場所がなくなるでしょう。

噂話が大好物

性格が悪い人は人の不幸が大好きです。ですので、噂話にとことん首をツッコミます。 噂になる話って大半がマイナスな内容ですよね。 なので、マイナスな話を聞いてニヤニヤして喜んだりするのです。本当に性格悪いですね。 噂話を収穫するために、人から話しを聞き出したり、自ら噂話があるような場所に出向きます。 例えば、飲み会や仕事の休憩室などに一人で潜んでいる場合は要注意です。 携帯をいじっているフリをして実は噂話をこっそり聞いていることがあるので、噂話をする時は周りの様子に気を配りましょう!

幸せ話は大嫌い

上記で、性格の悪い人は人の不幸話が好きだとご紹介しました。 ということは、人の幸せ話は大嫌いということになります。 人がハッピーな話をしていても、ハッピーにはなれずにいるのが「性格の悪い人」です。 例えば職場の人や友達がのろけ話をしていても無視をしたり、いちゃもんをつけたりして祝福しようとはしません。 確かにしょっちゅうのろけ話をされるのはキツいですが、大勢の人が幸せだと感じる話を素直に喜べないと人は「性格悪!」と思ってしまうでしょう。 性格悪い人は、人が幸せ話をしているとなぜか不機嫌な態度を取ったり、その場から離れたりします。 不幸話や噂話は大好きなのに、ハッピーな話に関しては「そんな話を仕事中にするのは止めて」などと言い出したりもします。

すぐに泣く

性格の悪い人は、「涙」をよく流すことがあります。 特に、自分の立場が弱くなったりすると泣いて逃げ道を作ろうとします。 泣いたら許してもらえると思っている心理が「性格が悪い」と言われてしまう原因なのかもしれません。 仕事でミスを指摘されて泣いて許してもらおうとか、恋人との喧嘩で涙を流して許してもらおうとか、仕事でもプライベートでもよく泣きます。 男女関係なく、性格の悪い人は自分の涙を悪用しますが、特に「女の涙」には要注意でしょう。 大人になってもすぐに泣いてしまうような女性は、演技で涙を流している可能性が高いので気をつけてください。

他人の欠点探しをいつもする

性格悪い人は、他人の不幸が大好物であるということを上記でご紹介しました。 そのため、暇さえあれば他人のアラ探しをします。 気味が悪いほどに人間観察をして、ほんの小さな欠点もまるで重大なことかのように受け取ります。 例えば、書類のタイピングミスだったり、歯に食べ物のカスがつきっぱなしだったり、そういうものに対してとことん攻めます。 欠点を探し、相手に伝えて、相手が困っている姿をみて彼ら(彼女ら)は楽しむのです。 さらに悪質な場合は、見つけた欠点を大げさに周囲の人に伝えます。その人を苦しめるためでしょう。 性格悪い人は他人の欠点を自分の話のネタにすることが多いので、アラ探しされないようにしたいですね。

困っている人を助けない

仕事中や街中で困っている人がいると助けてあげようとするのが心の優しい人です。 しかし、性格の悪い人は困っている人が目の前にいて、困っていると認識をしても助けようとはしません。 自分が困っている時はたやすく周囲に助けを求めるくせに、人のこととなると見て見ぬ振りをする姿から「性格が悪い人」と言われてしまいます。 例えば、職場の仲間が重たい書類をたくさん運んでいたり、道に迷って困っている人に声をかけられたりしても無視をしたり、助けられない言い訳をしたりします。 困っている人を助けない理由は、自分にメリットがないからです。 「手伝ってくれたらランチおごるよ」など何かしらメリットを提示されれば、喜んでヘルプをします。 見返りを常に求めているなんて、なんだか欲深いですね。

気づかないフリをする

性格の悪い人は、他人から声を掛けられたり、困っている人が目の前にいても気づかないフリをする特徴があります。 全て気付いているのにも関わらず、自分の気分で気づかないフリをすると「絶対気付いているはずなのに無視するなんて性格悪い」と思われてしまいます。 例えば、職場で「●●さん〜!」と誰もが気づくような声で呼ばれても無視をして応えようとしません。 明らかに目があったのに視線を外して気付いていないフリをしたりもします。 人と関わりたくなかったり、人と話す気分では無い時に気づかないフリ作戦を決行するのでしょう。 一度気づかないフリをした後の「あ、ごめんごめん、気づかなかった!」という言い方も鼻につくことが多いです。

人の話を聞かない

性格悪い人は、自分はとても話したがるのに対して、人が話している時は話を聞こうとしません。 また、人からのアドバイスや注意などにも聞く耳を持たず、反省の色も見せないので、周りからは「自分の話はさんざんしておいて人の話を聞かないなんてなんて性格悪い人だ!」と悪く思われてしまいます。 自分が一方的に話し続けておいて、いざ人が話そうとすると「よし、仕事に戻ろう!」とか「そろそろお会計しようか」などと言います。 また、人が親切に助言をしてくれている時に「はあ〜〜〜い」と受け流すかのような返事をします。 そうなると周りの人は「あなたのためを思って言っているのに何その返事」などと感じるわけです。 また、中には聞いているフリが大げさで明らかに聞いてないだろ!と思わせるような性格の悪い人もいます。 オーバーにリアクションをして「わかるわかる!」「えーーーーそうなんだーーー」などと心のこもっていない演技をします。 全て周りの人はお見通しなので、演技力を磨く必要がありますね。

性格悪い人の特徴|発言・口癖編

他人の悪口をよく口にする

「性格悪い人」が大好きなのは、他人の悪口です。 人のことを悪く言うのが趣味で、基本的に人のことを良くは思っていません。 陰口を叩くのも十分性格悪いですが、本人を目の前に直接悪口を伝えるツワモノも珍しくはないでしょう。 「先輩は仕事ができないくせに偉そうな態度を取っている」「あの女は男の前でだけぶりっ子になってキモい」「あの男は私のタイプじゃないから近寄りたくない」などあれこれと出てきます。 他人が傷つくような言葉を平気で並べられるのがすごいです。。。 性格の悪い人は、他人の悪口を言うことがストレス発散というか快感につながるので悪口自体をやめられません。 悪口を言うことが悪いという認識が無いため、楽しそうに笑顔で話します。 もっと悪いのが、周りも同罪にしようとし「あ、ちなみにこの悪口はみんな言っているからね」などと言います。

仕事やプライベートなどの愚痴が多い

他人の悪口と同じくらいに多いのが愚痴です。とにかく人生における愚痴が止まることはありません。 「仕事がつまらなすぎてやる気が起きない」「恋人からの連絡がとにかく面倒くさい」「人生ダルい」などと平気で言います。 誰だって仕事や私生活に対して少しの愚痴はこぼしますが、性格が悪い人は「少し」で終わらないのが特徴的です。 愚痴が多い、ということはそれだけ不平不満を抱いているということになります。 性格が悪い人は仕事やプライベートに対して満足していないことが多いのです。 満足していないのであれば自分でどうにかすればいい、とまともな人なら思いますが、そこに対する努力はしないのです。 ただ変わらない日常に愚痴をこぼし続けます。 一般的な人は、仕事の愚痴は職場では言わないようにしようと考えますが、性格の悪い人は職場でも構わず言います。 周りにいる人はその愚痴を聞いて凍りついたり、「あいつ性格悪いわ〜」と心の中で叫んだりしているでしょう。 他人からどう思われようと、当の本人は気にしていません。

ネガティブなワードを平気で言う

言葉ってすごいパワーも持っているものです。 例えば「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」などポジティブな言葉を言ったり言われたりすると人は明るい気持ちになれます。 それはネガティブな言葉も同じで、ネガティブな言葉が目立つ分、人は暗い気持ちになったり不快感を感じます。 性格の悪い人はネガティブワードを口にすることがとても多いです。 上記でご紹介した他人の悪口や仕事への愚痴なども代表的な例です。 「嫌い」「面倒くさい」「つまらない」「ムカつく」などなど、ネガティブな言葉はたくさんありますが、これらを頻繁に使います。 そうなると、悪口や愚痴を聞かされる側が持つ印象はどうしてもネガティブになりますよね。 「あの人はいつも否定的な言葉を言っていて性格が悪い」「聞いている側までネガティブな気持ちになる」と感じます。 性格の悪い人は、他人がどう感じるかはどうでもいいと思っているので、お構いなしにネガティブ発言をします。

侮辱的な言葉で相手を傷つける

性格の悪い人が周りから「あの人性格悪い」と思われてしまう原因の一つが、人を傷つけたり攻撃するようなことを言うことです。 性格の悪い人は感じたことを包み隠さずストレートにぶつけてしまいます。 侮辱的、差別的な言葉は特に周囲に悪い印象を与えてしまいます。 例えば、「男のくせに仕事が出来ない」「お茶出しは女の仕事」「田舎者は何も知らないから役立たず」「学歴が無い人は頼れない」「ブスってかわいそう」「男で身長低いなんてありえない」などなど、相手の気持ちなど1ミリも考えていないような発言ばかりです。 感情的になって、根拠も無いくせにこういうひどい言葉を口にする軽率な行動は、性格の悪さだけでなく、人間性を疑われることにもなりかねません。 しかし、そういう状況になっても鋼のメンタルで平気でいられるのも「性格悪い人」の特徴でしょう。

謝罪や感謝の言葉を口にしない

他人の悪口や愚痴などは平気で言えるくせに、謝罪や感謝の言葉となると逆です。 謝るべき時、また人へ感謝を伝えるべき時に「ごめんなさい」や「ありがとう」が言えない人も「性格が悪い」と言われてしまうでしょう。 例えば、仕事で自分がミスをして謝らなくてはいけない時や、同僚に助けてもらった時などです。 社会人であれば(というか人であれば)謝罪や感謝の言葉は伝えるべきですが、どうも言えない理由があるようです。 性格悪い人が謝ったり感謝したりできない理由、それは謝罪・感謝に値しないと思っているからなのです。 普通の人はちょっとびっくりするかもしれませんが、性格の悪い人の価値観で言うと「別に謝るようなことはしていない」「同僚なのだから助けるのが当然のこと」と思っているのです。 価値感の違いで片付けられるような事柄ではなく、人としての礼儀やマナーが身についていないと思われ「あの人はちょっと性格に問題があるから」と言われるのです。

挨拶や返事をしない

人としての礼儀と言えば挨拶や返事です。 幼少期から家族や学校の先生からこれらの重要性を伝えられながら育ったのではないでしょうか。 元気な声で挨拶や返事をすることが出来て「当たり前」な文化は世界共通といっても過言ではないでしょう。 しかし、残念ながら大人になっても挨拶や返事をしない人はいます。 能力的には出来るのに、あえて「しない」選択をしている大人は「性格の悪い人」と思われます。 「大人のくせに挨拶も出来ない」「返事をしないなんてありえない」と周囲は呆れるでしょう。 「性格悪い人」が挨拶や返事をしない理由は何なのでしょうか? いろいろ考えてみましたが、「ダルい」「面倒くさい」「必要性を感じない」などでしょうか。 理由が何にせよ、挨拶や返事を怠るような人は性格の悪さだけでなく人間性を疑ってしまいます。

自分の話しかしない

職場の飲み会や友達との食事会では近状報告などをして話が盛り上がることがありますよね。 普段仕事中は話せない仕事の悩みや、恋愛話など、いろんな人の話が飛び交うはずです。 しかしそんな時、自分の話ばかりでスポットライトを浴び続けているような人は「性格が悪い人」と思われてしまいがちです。 同僚と2人だけのサシ飲みや、友人との複数名でのランチ会などで、自分だけが永遠に自分の話題を上げているような人です。 「新しいプロジェクトが楽しい」「先週旅行に行って撮ってきた写真を見てほしい」「最近肌の乾燥が悩みで解決策を探している途中」「彼氏(彼女)にしたい人をデートに誘いたい!」などなど、内容は様々ですが主語は全部「私」です。 人と会う時、人は自分の話をしたいし聞いてほしいという心理があるのは当然のことです。 メンバーのバランスを見て話を振ったり、質問を投げかけたりしてみんなが話せるような雰囲気を作ることでみんなの話したい欲求は満たされるはずです。 しかし、性格の悪い人は相手の望みには目もくれることなく、ひたすら話続けるので、話したい欲求が満たされない人から見ると「あの人はいつも自分の話しかしなくて性格が悪い」となってしまうわけです。

自慢話が多い

自分の話しかしないだけで周りはうんざりですが、その内容が自慢話であればもっとうんざりします。 自分だけが楽しく話していて、周りはそれを永遠に聞かされるようなシチュエーションを経験した人(もちろん聞かされる側)は少なくはないでしょう。 大人になれば「これは自慢に聞こえるかもしれないから話すのは止めておこう」など周りへの配慮が出来るようになります。 しかし、「性格が悪い」と思われる人は、とにかく何でも自慢したいのです。 自慢の度が行き過ぎて、嫌味にさえも聞こえたりすることもあります。 例えば「仕事が順調に進んでて今めちゃくちゃ楽しい!」「複数の男性(女性)からデートに誘われて困っている」などなどです。 こういう自慢をする人は、仕事が思うように進まなかったり、恋愛が上手くいっていない時は「自慢」が突然「愚痴」に変わります。 「自慢したり愚痴ったり、性格を疑う」と周りの人が思うのも無理ないでしょう。

上から目線な助言をやたらする

周囲からのアドバイスは有り難いものです。その人のことを思った助言には愛があり、感謝の気持ちが生まれます。 しかし、知ったかぶりや上から目線で助言をするような人は話は別です。 上から目線で物事を言う人は「性格悪い」と思われがちで、誰もそんな人のアドバイスを真に受けることはありません。 例えば、自分の専門でないことに関して「あなたはもっとこうすべき」とか、知らないくせに「あなたの努力が感じられないからもっと上司にアピールした方が良いよ」など、助言なのか嫌がらせなのかと思わせるような言い方です。 人は上から目線で指図されたくないと思いますし、知らないことに口出ししないで欲しいと思うのが自然です。 きっと本人も同じような気持ちですが、人に対しては構わずに上から目線でアドバイスをします。 自分のこととなると耳を塞いだり不機嫌な態度を取るのに、人には頼まれてもいないアドバイスをするような人は、「性格が悪い」と思われてしまうでしょう。 相手の立場や言い方、言うタイミングに気をつけなくてはいけませんね。

嘘をつく

「性格が悪い人」は平気で嘘をつきます。 日常的に嘘をつく姿から、「虚言癖」とも言われることもあるでしょう。 嘘をつく理由として考えられるのは、 ・その人が嫌いだから ・蹴落としたいから ・人を困らせたいから ・嘘をつかれて傷つくのを見たいから ・特に理由はなくなんとなく嘘をついてみたくなったから などでしょうか。 どんな理由であっても嘘をつくことは許されませんよね!

人を騙す発言をする

性格が悪い人は、巧みな言葉遣いで人を騙すこともあります。 職場で昇格や昇給のためなど、手段を選ばないのが性格の悪い人です。 上記の「嘘をつく」ことも性格悪い人の特徴ですが、それよりもさらに悪いのが人を騙すことです。 例えば、「私にお金を預けたら3倍にして返す」などでしょうか。 性格が悪いというか、ここまで来ると人間としての礼儀というか常識が疑われますね。

根も葉もない噂を流す

性格が悪い人は、理由は不明ですが常に他人を攻撃していたいという心理があります。 また、自分が常に話の中心にいたり注目を浴びたいと思っているので、そのためであれば何でもやります。 性格悪い人は噂話を作り上げて周囲の人に流す傾向もあります。 例えば、「営業部の●●さんはギャンブル好きらしいよ」「部長は部下と不倫している」「うちの会社の経営がやばいらしい」など、ネガティブな話であることがほとんどです。 特に証拠を掴んでいるわけではなく、自分の憶測だけで話をでっち上げでしまうのでやっかいです。 噂話のネタを集めるために、性格の悪い人は常に周りの話に聞き耳を立てています。 用もないのにみんながあつまる給湯室などに足を運んだり、仕事をしているふりをして実はネタ帳を書いていたりします。 そのため、性格の悪い人の前では私語は可能な限り慎む方が安全です。あなた自身が噂話のネタにされる可能性もありますからね。

性格悪い人の特徴|顔編

顔が歪んでいる

性格の悪い人の最初の特徴は顔の歪みです。 性格が悪い人は、無表情でいることが多かったりで顔の筋肉をあまり使いません。 特に笑顔が少なく、頬や口元の筋肉をあまり動かさないので、顔に歪みがあらわれやすくなります。 性格の悪い人が常日頃感じているマイナスな感情が顔全体に出ている、ということも考えられます。 職場内や、街中で「あの人すごい険しい顔してるな」とか「顔が歪んでるからきっと性格悪い人なんだろうな」と感じたことがある人は多いのではないでしょうか? そういう人には積極的に近づいたり話しかけようとは思いづらいですよね。。。 ちなみに私の友人の特技なのですが、写真を見るだけでその人の性格を当てることができます。 「この人は性格が悪いでしょ」とずばり当てられたことが多々あります。 「なんでそんなことが出来るの?」と聞くと「顔が歪んでいるから」と答えます。

常に眉間にシワを寄せている

性格の悪い人のマイナスな感情は眉間に現れることもあります。 イライラしていると人は眉間にシワを寄せます。 シワを寄せすぎてシワが深いと、それだけで周囲には悪い印象を与えます。 性格の悪い人は日頃からイライラしていて、感情のコントロールが苦手です。 なので、仕事中など日常の何気ないシーンでも眉間にシワが刻みこまれています。 普通に声をかけただけで「なんですか!」と眉間のシワとともに答えられたらなぜかこちらが気を遣う羽目になります。 眉間に刻み込まれた深いシワは、年齢とともに消えづらくなってしまいます。 日頃のお手入れだけでは間に合わず、ボトックスなどプチ整形が必要になる場合もあるので、眉間のシワにはみなさん気をつけましょう。

目つきが悪い

性格の悪い人のイメージで「目つきが悪い」と思い浮かぶ人は多いのではないでしょうか。 目を細めている、常に睨んでいる、目に力が入っていない、目に魂が宿っていないなどなど、「たかが目」と思っている人もいるかもしれませんが、目でわかることはたくさんあります。 目つきに一重や二重はここではあまり関係ありません。 よく「一重の人は怒っているように見える」なんて言われますが、それはまた別の話だと筆者は思います。 一重でも常にニコニコしていれば性格が悪いなんて言われないでしょうし、逆に二重でも目つきが悪ければ周りに悪い印象を与えます。 自分の目つきが気になる人はぜひどんどん周りの人に聞いてみましょう。 目力をつけると印象が変わるかもしれませんよ!

目力の強い人は魅力的でモテる?特徴とトレーニング方法、メイク術は?

eigobu.jp

人を睨みつける

性格が悪い人は、マイナスな感情から目を細めたり人を睨みつけたりします。 なので、まんまるの目というよりは、「一」のようにネガティブな印象を与える目が特徴です。 視力が悪くて見えづらい場合に目を細めることはありますが、そうではなく何か気に入らないことがあったりすると感情が目に現れます。 人に対して嫌な感情を抱くと言葉で伝えるより前に目でその気持ちを伝えます。 睨みつけられた側や、その光景を見ている傍観者は、「あの人、睨みをきかせるなんて恐ろしい」「言葉で言えばいいのに、性格悪い」と思われてしまうのです。 なので、視力が原因でよく睨み目をしている人はただちに眼科にいって度数を修正しましょう。

笑っていても「目」が笑っていない

性格が悪い人だって、笑うことはもちろんあります。 ですがそんな時に注意して見てほしいのが「目」です。 顔や声は笑っていても「目」だけが笑っていない人は性格が悪い人かもしれません。 「目が笑っていない」とよく言いますが、どういう意味でしょうか? ・口角だけ上がっている ・眉毛や頬の筋肉が動かない ・目が不自然なほどに見開きすぎている ・笑い声に感情がこもっていない ・姿勢が不自然で体が緊張状態になっている 上記のような状態で笑っていると、「目が笑っていない」と言われることがあるようです。 ポジティブな感情の無さが伝わってしまうために、「性格悪い」と感じられてしまいます。

口がへの字になっている

性格の悪さは口にも出ます。 人は嬉しいことや楽しいことがあると自然に口角が上に上がります。 笑う時も口角が自然に上に上がりますよね。 しかし、性格の悪い人はマイナスな感情を抱くことが多く、そうなると口角はなかなか上がりません。 口角が下がっていたり、口がへの字になってしまうと「性格悪い」と思われてしまいます。 口をむすっと閉じていたり、口角が下がっている人に対してプラスの印象を持つことはありませんよね? 無意識にそうなっているとしたら、何か原因があるはずなので特定するとともに口角を上げる運動(練習)を実施しましょう!

感情を顔に出さない

性格の悪い人は、喜怒哀楽の感情を顔に出さないことも多いです。 喜ぶべき時にも無表情、悲しむべき時にも無表情だと「この人なぜ笑え(泣け)ないの。性格悪。」という印象を与えます。 感情を全面的に顔に出す人が性格が良い、とも限りませんが、集団生活においてある程度自分の感情を相手に伝えることは大切です。 例えば、職場の人の誕生日などで祝うべきシーンで無表情だったり、逆に友人の失恋話を無表情で聞いていると、相手は不快に感じます。 たとえ感情を出したくないとしても、建前上だけでもいいので笑ったり同情している姿を見せることも時には必要かもしれません。 (まあ、表と裏の感情が常に違う人も性格悪いと感じてしまいますけどね。。。難しい。)

片方だけ口角が上がる「ニヤリ」とした笑顔

人が思いっきり笑う時、某ネズミのキャラクターみたいに両方の口角が上がります。 しかし、性格の悪い人は思いっきり笑うというよりは、何かを企んでいたり意地の悪い笑い方をする傾向があります。 そんな時、片方の口角だけが上がる、ズバリ「ニヤリ顔」で笑うのです。 「ニヤリ顔」で笑う人を見ると、「何か企んでいるのに言わないなんて性格悪い」「笑うなら思いっきり笑えばいいのに」などと思います。 確かに「ニヤリ顔」の裏には何か他の感情を抱いてそうで不気味ですよね。 笑顔は素敵なものです。 笑うなら思いっきり笑いましょう!

鼻で笑う

人の話やジョークなどで笑う時に「フフッ」と鼻で笑う人っていますよね? 鼻だけで笑うような人に対して、周りは「嘲笑されたようで気分悪い」「笑いが嘘みたいで性格悪い」と思います。 確かに鼻で笑う行為はマイナスな印象を与えてしまいがちです。 人が鼻で笑う心理に「相手を見下している」というものがあります。 人の自慢話を聞いたり、話がくだらないと思うと、つい鼻だけで「フフッ」と笑ってしまうのです。 しかし人は鼻で笑われたことにすぐ気づくので「人を見下すなんて性格悪い」となってしまうわけです。 鼻での笑いはついクセになってしまうので、日頃から鼻で笑うことが多い(つまりそれだけ人を見下すことが多い)人はかなり気をつける必要がありそうです。

性格悪い人の末路

周囲からの信頼を失う

性格悪い人のほとんどが経験することになる末路は、周囲からの信頼を失うことです。 職場、家族、友達など、身近な人からの信頼を失い、その信頼関係を修復することは難しいでしょう。 周りの人は性格の悪い人に対して、一度は信頼関係を築くことを望んだかもしれません。 しかし、高圧的な態度だったり、人が不快に思うような言動で接せられると、人は信頼する意味を見いだせなくなります。 性格の悪い人に愛想が尽きてしまった人からの信頼が徐々に無くなっていき、気づけば周りに誰も頼れる人がいないというシチュエーションも考えられます。

誰からもサポートしてもらえない

人は信頼関係が無いと、サポートをしようとも思いません。 なので、信頼を失った性格の悪い人は、周りの人から助けてもらえなくなります。 なぜなら、信頼していない人の手助けをしたい人なんて存在しないからです。 いつも自分勝手で、人にばかり頼み事をしていたような人が、いざ自分が助けが必要な時になって周囲に声をかけてももう遅いのです。 「私が助けて欲しいときに助けてくれなかったから」「あなたのことを信じていないからサポートも出来ない」などと冷たいけれど正論を浴びることになります。 周りからのサポートが無いと出来ないことって案外たくさんあります。 本当に困った時に手遅れにならないよう、今のうちから周囲との関係性を見直すべきです。

職場で独りぼっちになる

性格の悪い人は、最終的に職場で孤立状態になります。 仕事中はもちろん、ランチなども誘ってもらえずにひとり飯になってしまいます。 職場で孤立してしまうと、仕事が思うように進まず残業ばかりになったり、人間関係で悩み体調を崩してしまうこともあります。 一般的な社会人であれば1日8時間以上は拘束される環境ですので、独りぼっちでいづらい環境は正直心にも体にも良くないです。 学校であれば先生が仲介に入ってなんとか仲をなだめようとしてくれますが、大人になるとそうはいきません。 一度孤立を味わうと、なかなか元通りにはならないので部署異動や転職などを余儀なくされる場合もあるでしょう。

友達が減る・いなくなる

仕事だけでなく、プライベートでも信頼関係を失ってしまうと友達の数が減ったり、友達がゼロになっています。 友達との時間が減ったり無くなると、プライベートの充実感が一気になくなります。 職場の人は仕事なのでなんとか付き合っていかなければなりませんが、友達はそうではありません。 一生友達でいる必要はないので、「あの人と付き合うのはもう止めよう」と思うのは自由です。 性格の悪い人は、友達関係があまり長く続かないので、友達が頻繁に変わります。 仮に長い間友情関係が続いているような人は「似た者同士」でしょう。

他人からやり返される

性格の悪い人は、周りに不快感を与えるような言動をたくさん取ります。 そして最終的には、周りの人からやり返されます。 「やられたらやり返せ!」という名言があるように、他人は自分が味わった不快感を味わってもらおうとします。 職場では、仕事を大量に振られたり、みんなの前でミスを指摘されたりします。 プライベートでは、女子会や飲み会などに誘われなくなるでしょう。 因果応報という言葉があるように、自分の行いは全て自分に返ってきます。 なので、最終的に他人からやり返されるのはある意味当たり前のことなのです。

人間や社会を恨むようになる

性格の悪い人は、周りからの信頼関係を失い、職場やプライベートで孤立状態になります。 他人から仕返しを受けることもあるでしょう。 そうなると、性格の悪い人は人間や人間社会自体をもっと恨むようになります。 ネガティブな考えに加速が止まらずに、まるで別人かのような顔つきになることもあります。 最悪の場合、心が病んで正常な判断などが出来なくなってしまうこともあります。 恨みは人間の感情の中で最も恐ろしいものです。 恨むこと自体がネガティブなものなので、その先の人生はもっともっと悪い方向にしか進まなくなります。

人生のドン底を味わうことになる

性格の悪い人は、最終的に人生のドン底を味わうことになるでしょう。 職を失ったり、友達や恋人を失ったり、お金や家を失うことだって無きにしもあらずです。 自分の利益のために他人の幸せを奪ったとしても、その幸せが長続きすることはないのです。 私自身の体験談を話すと、今まで私が「性格が悪い」と思ってきた人は下記のようなことを経験しています。 ・社内で同僚をいじめていた人は、周りの雰囲気(いじめられていた人を助けようとしていた)に耐えられず退職した ・顧客の悪口をいつも言っていた先輩は、ほぼ毎週熱などで体調不良になっていた ・私の悪口を言っていた知人は、金銭的な問題で苦しい生活を余儀なくされた などなど。。。 これらの体験があるので、私は常に「因果応報」と自分に言い聞かせています。

性格悪い人の原因

強い劣等感(コンプレックス)を抱えている

人の性格が悪くなってしまう原因の一つが強い劣等感(コンプレックス)です。 自分が他人よりも劣っているということに気付くと、人は自分の身を守ろうとします。 性格悪い人が「性格悪い」と思われるような行動を取る時は、自分に対する怒りの感情が他人にぶつけられている時なのです。 そのため、強い劣等感を抱えていると人を攻撃したり、逆にコンプレックスを隠すかのような自慢話をしたりします。 様々な形をとって自分を守ろうとしているのです。 しかしそんな内なる葛藤が周りに伝わることは少なく、周囲からみるとただの「性格の悪い人」となってしまうわけです。 もし周りに性格悪い人がいるのであれば、なぜそうなっているのか、原因を突き止められると良いかもしれません。 もちろんそれは簡単なことではないので積極的に行う必要はありません。

嫉妬心が激しい

過去の経験や元々の性格から、嫉妬心が強いことで性格が悪くなる女性もいます。 他人や物に対する執着が強く、その感情を抑えられずに他人に対して不快感を与えてしまうのです。 例えば、周りの人の注目が自分ではない他の誰かに向けられていることに嫉妬し、わざと視線を集めるような言動を取ったりします。 子供を例に挙げるとわかりやすいかもしれませんが、親の注目を浴びるために怒られているのにわざともっと怒られるようなことをする、などのような行為です。 嫉妬もとても恐ろしいもので、大人の嫉妬がエスカレートすると、他人の幸せを奪ったりすることもあるのです。

存在を認めて欲しいと思っている

人に自分の存在を認めて欲しいと強く思っている人も、「性格悪い人」と思われてしまうことがあります。 承認欲求は人間だれもが持っていますが、この承認欲求が強すぎると、いき過ぎた言動を取ってしまうことになるのです。 例えば、上司に認めて欲しいがために、同僚の手柄を自分の手柄にしてしまうなどのことです。 自分の存在を認めてもらえるのであれば、たとえそれが「性格悪い」行動だとしても実行してしまうのが性格の悪い人なのです。 存在を認めてもらう誠実な方法はもちろんあります。 決して他人の手柄や幸せを奪うようなことをしてはいけません。

幼少期の生活環境が影響している

人の性格が悪くなってしまう原因は幼少期の生活環境が影響しているとも言えます。 幼いころに両親の仲が良くなかった、離婚した、兄弟の仲が悪くいつも喧嘩していた、お金に苦労したなど、主に家庭の環境が大きいです。 子供の頃に辛い経験をした人は、幼少期に我慢していた気持ちが爆発してしまい「性格悪い」と思われるような行動を取ってしまうのです。 例えば人に対して高圧的な態度を取って自分が傷つかないようにするとか、お金に対する執着心が強いなどです。 人の性格は人生の様々な出来事によって作られていくので、幼少期の過ごし方は大きな影響力がありそうです。

親に甘やかされて育った

親に怒られずに育った人や、やりたいことを何でもやっていたような人も大人になると「性格悪い人」と思われてしまうことがあります。 親から怒らずに育つと、人から何か言われることに慣れずに大人になってしまいます。 そうすると社会人になり自分のミスなので指摘を受けると、かなりセンシティブになってしまい不機嫌な態度を取ったり、攻撃的な態度を取ってしまいます。 やりたいことが何でもできていた人は、大人になって自分の思い通りにいかないことがあると、イライラして周りに当たってしまいます。 このように具体的な子育ての方法も性格形成に大きな影響を及ぼします。

過去にいじめなどの辛い経験をしている

過去に自ら辛い経験をしていると、二度とその経験をしたくないという思いから性格悪い言動を取るようになります。 学校や職場でいじめや嫌がらせを受けたことがある人は、自分の身を守るためにあえていじめるようなことをしたり、他人に対して高圧的な態度で接します。 たとえ他人が全くそのつもりがなくても、勝手に「この人は私を傷つけようとしている」と解釈し、性格悪いと思われる言動を取ります。 もし、「性格悪い」人と話せる機械があれば、過去の生い立ちを聞くと良いかもしれません。 そして敵ではなく味方であることを伝えてあげると、その人の態度がガラリと変わるかもしれません。 大人になっても希望を捨てないでください!

性格悪い人と一緒にいると起こること

何も良いことは起きない

性格の悪い人と一緒にいても何も良いことは起きないと断言できます。 例えそれがお互いの間で「良い」と思っていることだとしても、世間はそうは思いません。 マイナスはマイナスを引き寄せます。 「性格悪い」こと自体がマイナスなので、性格悪い人と一緒に過ごしてもプラスなことが巡ってくるとは思いづらいです。 自分の人生にプラスを引き寄せたいのであれば、ただちに性格悪い人との距離を取ることをおすすめします。 性格悪い人と縁を切る事自体は性格が悪い行為ではありませんので安心してくださいね。

自分の性格までもが悪くなる

マイナスな感情の影響力は半端ではありません。 性格悪い人と一緒にいると、自分の性格までもが悪くなってしまいます。 口調が似てきたり、態度が似てきたり、気づけば自分自身の性格が悪くなってしまいます。 自分では気付きづらいかもしれませんが、「あなたも性格悪くなってるよ」と言われてハッとします。 性格が変わると、人付き合いにも変化があるので注意が必要です。

ネガティブ思考になる

性格が悪い人は基本的にネガティブ思考です。 ネガティブ思考な人と一緒にいると、自分の思考もネガティブになります。 世の中の見方がネガティブになり、人や社会に対して悪口ばかりを口にします。 「あの人うざい」「仕事ダルい」などとマイナスな言葉がさらなるネガティブ思考を呼びます。 ネガティブ思考はネガティブなことを引き寄せるので、良いことはありません。 思考の持ち方は生きていく上で実はとても重要なのです。

周囲からの見方が変わる

性格悪い人と行動を共にすると、周囲からの見方が変わってきます。 「性格悪い人と一緒にいれるくらいだから、きっとあの人も性格悪い」という見方をされます。 そういう噂が広まって、今まで優しく接してくれていた人も、態度ががらりと変わるのです。 周囲からの見方が変わると、自分自身の考え方も変わってきます。 「確かに自分も性格悪いのかな」と最初は少し不安に思っていても、気づけばその不安もなく「性格悪い人」になりきってしまうのです。 仕事の関係上、やむおえず付き合う必要がある場合は仕方がありませんが、関わる必要がなければ最初から距離を取っておくことが無難でしょう。

トラブルに巻き込まれる

上記でご紹介してきましたが、マイナスはマイナスなことを引き寄せます。 性格悪い人は面白いほどにマイナスな出来事に見舞われます。 性格悪い人と一緒にいると、自分も周りからひどい扱いを受けたりします。 人間関係が悪化したり、仕事が上手くいかなくなり、仕事やプライベートでトラブルに巻き込まれることが多くなります。 そしてトラブルはまた新たなトラブルを生む原因にもなるので、ずっと負のループに陥ることになります。 最初は大したことないと思えるトラブルでも、気づけば後戻りできないような大きなトラブルに巻き込まれることもありますよ。。。

人生が変わる

性格悪い人と付き合っていくと、大げさかもしれませんがあなたの人生が変わります。 順調だったはずの人生が、トラブルだらけになり、人生のドン底を何度も味わうことにもなりかねません。 自分の人生は自分次第とよく言います。 誰と付き合うかによってあなたの人生は大きく左右されます。 ですので、人付き合いに関して、誰とでもヘラヘラと付き合っていてはいけないのです。 自分にとっての損得で人付き合いを決める必要はありませんが、自分の人生が豊かになるような人との付き合いに絞りましょう。 人生設計はとても大切です。これを機に一度人間関係を見つめ直すと良いかもしれません。

性格悪い人に嫌われる人の特徴

同じく性格悪い人

性格悪い人に嫌われる人の特徴の1つ目は、同じく性格が悪い人です。 似た者同士は仲良くなれると言う一方で、似た者同士は相性が悪いとも言います。 性格悪い人同士は似た者同士ライバル視をすることになり、常に嫌いという感情を持ちます。 なので、お互いに嫌がらせをしたりしてバトルを繰り広げることになります。 自分自身も性格が悪いのに、相手に対しては「あんなに性格が悪い人見たことない」などと言います。 周りから見ると「あなたも十分性格悪いですよ」と映っていますが、本人は気付くことはありません。

大人しく弱々しい人

性格悪い人は気が強く、人に対してのあたりが強いです。 自分の正反対にいる人、つまり大人しくて弱々しい人は攻撃のターゲットになってしまう可能性が高いです。 自分の意見をちゃんと言えない人や、気が弱そうな人などを見ると、性格悪い人は「しっかりして!」とイライラします。 弱々しい人は文句を言うことも少ないので、攻撃がしやすいという見方もできます。 「弱い者いじめ」は性格悪い人の特徴ですので、自分自身が気が弱いと感じている人は早めに周囲に相談しましょう。 味方をたくさん用意しておけば問題ないでしょう!

自分よりも目立つ人

性格悪い人は自分よりも人間的に魅力がある人を嫌う傾向があります。 なぜなら、性格悪い人は自分が一番でありたいという気持ちが強く、周囲の注目が他人に向いていることが許せないからです。 例えば、自分よりも仕事が出来る人や、容姿が整っている人などがいると攻撃の対象となります。 仕事の邪魔をしたり、容姿に対して悪口などを言ったりして傷つけようとします。 性格悪い人から仕事や容姿に対して悪口を言われるということは、負けを認めているということになるので、そこは自信を持っていいと思います。 もちろん悪口自体は良い感じはしませんが、結果として褒められているのですから!

立場が下の人

職場の後輩や、子供やお年寄りなど、自分よりも立場が下な人に対して、性格悪い人はマイナスな言動を取ることがあります。 立場を利用してひどいことを言ったりしたりするなんて、本当に性格が悪いです! 例えば、入社したての新人に「こんな仕事も出来ないなんてクソ」とか、子供が楽しく遊んでいるのに対して「うるせー!」と言う人です。 新人なので仕事が出来なくて当たり前ですし、子供は楽しく遊ぶのが仕事のようなものなのに、そこを受け入れられずにただ文句ばかりを言います。 先輩や知らない大人からネガティブなことを言われてもあまり気にしないのが解決策です。 そして性格悪い人は、決して自分の立場を利用してはいけません。

ヘラヘラしている人

ヘラヘラしている人といったら少し語弊があるかもしれません。 ですが、職場やプライベートなどで、楽観的に生きている人っていますよね。 性格悪い人はそういう人に対してとても厳しい見方をすることがあります。 基本的に、ポジティブな人を見ると、楽観的に生きていることが許せないのでしょう。 「ヘラヘラしていてうざい」「楽しくしているのが気に食わない」などと悪口を言います。 そういう悪口も実は褒め言葉でもあって、「自分も楽しく生きたいのに出来ないから羨ましい」という思いがあるのです。 ポジティブな思考を持っている人は、ぜひそのままの姿で過ごし続けてくださいね!

疲れる?性格悪い人とのうまい付き合い方

関わらないのが一番

性格悪い人と付き合っていくのって、本当に疲れますよね。 そういう人とのうまい付き合い方は、「関わらない」ことです。 性格悪くて一緒にいたくないと思う人とは一緒にいなければいいのです。 自分の人生のためにも、早いうちに関係を断つのが賢明な判断でしょう。 そうは言っても仕事の付き合いやママ友となるとなかなか関わらないことはできませんよね。 そんな時は、こちらから積極的に声をかける必要などはないので、最低限の付き合いで済ませましょう。 性格悪い人に気を遣う必要は全くありません!

話を真に受けない

性格悪い人はいろんな話をします。 しかし、彼ら(彼女ら)の話を真に受けずに聞き流すように心がけましょう。 他人の悪口や仕事の愚痴など、耳をふさぎたくなるような話ばかりが飛び交います。 それらをいちいち真に受けていると、こちらの精神が保たないですし、真に受けたところでこちらが得することはひとつもありません。 性格悪い人が何か言葉を発し始めたら、自分の中でミュートボタンを押してみましょう。 もしくはその場から姿を消すという方法もあります。「ちょっとトイレ〜」などと言って逃げ切ってみてください。

「かわいそうな人」と言い聞かせる

性格悪い人がいて、その人から何か言われたりされたりするとムカつく気持ちはとてもよくわかります。 つい言い返したくなったりなりますが、そこで相手をしてしまうとこちらの負けです。 性格悪い人と向き合う時は、自分の心の中で「あの人はかわいそうな人」と呪文のように唱えてみてください。 そうすると「相手をする必要はなし」などと不思議と気にならなくなります。 そして存在を忘れて自分のやるべきことだけに集中してみてください。 私の前職の(性格悪い)同僚が仕事の文句を言っている時は「仕事が出来ないからって文句を言うなんてかわいそう」と心の中でずっと思っていました。

勇気を振り絞って「性格悪いよ」と伝えてあげる

これが出来る人はヒーローです。 「正直に言うと、あなたの性格は悪いです。直ちに見直してください。」なんて言う人が目の前に現れると、救われる人はかなりたくさんいるでしょう。 伝えて本当に性格を見直してくれる可能性はゼロではないので、伝える価値はあるでしょう。 しかし、伝える時とタイミングは十分気をつける必要はありますね。 私はこの方法は選択しませんが、上司などで部下に性格悪い人がいれば、チームのためにも伝える必要はあるでしょう。 性格悪いと思った証拠を集めておくことを忘れずに!

「反面教師」だと思う

性格悪い人が近くにいる場合、ぜひ「反面教師」として学びましょう。 性格悪い人から学ぶなんてなんだか気が乗らないかもしれませんが、それは絶好の機会です。 例えば、口調がきつくてこちらが嫌な思いをした場合は、「人はこういう言い方だと傷つくから自分はもっと優しい言葉を使おう」などと自分の言動を見直すことができます。 自ら率先して「反面教師」になってくれていることに感謝の気持ちが芽生えてくればとても素晴らしいです! 「反面教師になってくれてありがとう」なんて言う必要はありませんがね。。。!

2人きりで会わないようにする

性格悪い人と上手く付き合っていく必要がある場合は、2人きりで会わないようにすることをおすすめします。 相手が何をしでかすかわかりませんし、一緒にいる姿を他の人に見られたら、あなた自身の評判が変わってしまいます。 性格悪い人はたいてい悪口や文句などを言うでしょう。 あなた自身が一言もネガティブ発言をしていなかったにしても、性格悪い人は「あいつも言ってたよ」とあなたを平気で巻き込もうとします。 性格悪い人と話す必要がある場合は、人がいるオープンスペースで会ったり、万が一2人きりになってしまう場合は、予め他の人に2人で会うことを伝えておくと良いでしょう。

自分の話はしない

上記でご紹介したように、性格悪い人は人の話を自分のネタにして使います。 ですので、性格悪い人に自分の話を極力しないようにしましょう。 つい仕事の愚痴やプライベートの話をしたくなる気持ちはすごくわかります。 しかし、相手は違う解釈をして、話をねじったり盛ったりしてすぐ他の人に話します。 一番危険なのが仕事における人間関係の愚痴でしょう。 「上司がムカつく」なんて言ってしまったら、直接上司にその愚痴を伝えられてしまう可能性があります。

自分の人生に集中する

人生の主人公はあなた自身です。 いくら性格悪い人がいても、ぜひ自分の人生にだけ集中してほしいです。 自分の貴重な時間を、他人のことを考えて(しかもネガティブな事)過ごすのはとてももったいないです。 性格悪い人と付き合っていく必要があっても、それはそれと割り切って、それ以外は自分のことに集中できるときっとステキな人生が送れます。 私も以前は性格悪い人のことで悩まされていましたが、悩むこと自体が無駄と気付き今は止めました。 前にも書いたように「かわいそうな人」と思い相手をせず、自分の人生のために過ごせるようになりました。

自分の居場所を再検討する

もし、あなたの周りに複数名性格悪い人がいる場合、相手に何かを望むのではなく、自分自身を見直しましょう。 多くの場合、あなたがいるべき場所ではないという時が多いはずです。 その場合は、思い切って転職を考えてみたり、引っ越しを考えるのも必要かもしれません。 ずっと同じ場所にいて、変わらない毎日に嘆くよりも、自分から明るい未来を切り開いて行く方が良いですよね? 居場所を変えると人間関係が良好になり、毎日がもっと楽しくなる可能性は大いにあります。 ぜひ、あなたも明るい未来に向かって行動してみましょう!

性格悪い人が好きな人の心理

顔がいいから

性格が悪くても顔がかっこよかったり可愛い人ってなんだかんだモテます。 多少性格の相性が悪くても、顔が好みであれば人は好きになってしまうのです。 性格悪くても顔がめちゃくちゃ可愛い女性は男性にモテますし、イケメンな男性は女性にモテます。 恋愛だけでなく、職場やプライベートなどでもチヤホヤされることが多いでしょう。 「結局人は見た目」という意見がぴったり通るところです。 性格を優先するか、容姿を優先するか、どっちを選ぶかはあなた自身の性格によります。

守ってあげたいと思うから

性格が悪いと言われる人の中には、どこか危なかっしいというか、一人にさせられないようなオーラがある時があります。 母性本能や父性本能(?)がくすぐられると、例え性格が悪いとわかっていても好きになってしまうのです。 例えば、言葉が乱暴な人はしっかり教育してあげたいと思ったり、仕事が出来ずにイライラしていたら手伝ってあげたりします。 泣いていると抱擁して「大丈夫だから」と優しくしてあげたくなるのです。 母性本能や父性本能の度が越しても良くはありません。 本当にその人のことを考えているのであれば常に守ってばかりではいけない時もあります。

刺激的な恋愛が出来るから

性格が悪い人はどこかスリリングな一面があります。 刺激的な恋愛を求めている人にとって、性格悪い人は絶好の獲物なのです。 性格悪い人との恋愛を好む人は、逆に性格が良い人との恋愛を「つまらない」と言います。 「性格が良いと人生にドラマが無いから刺激が足りない」と思うのです。 ちょっとこの考えは理解に苦しみますが、実際にそういう人がいる世の中です。 冷たくされたり、逆に優しくされることが快感で、なかなか付き合いをやめられないのです。 私ならそういう恋愛は一切求めませんが。。。

二面性に惹かれてしまう

性格悪い人は少なくとも2つの顔を持っていると私は思っています。 めちゃくちゃ不機嫌な時と、逆に絶好調な時の2パターンです。 性格悪い人は自身の都合に合わせて自分の顔を変えて人と接します。 このような「ギャップ」に惹かれて性格悪い人を好きになる人がいるようです。 特に「M」な人にとってこのギャップはたまらないようですね。 不機嫌に怒鳴り散らしたかと思えば「ごめんね」と優しく謝ってくれる姿にキュンとするのです。 この「ギャップ」が行き過ぎるとパワハラになりかねないので、ちょっと気をつける必要はあります。

「自分」が確立しているから

性格悪い人って、変な言い方になるかもしれませんが自分の意見をしっかり持っています。 「自分はこうしたい」「物事はこうあるべき」という気持ちが強く、その強い意思に惹かれる人も多いようです。 仕事で周りの意見はお構いなしに「私はこう思います」と強く主張していたり、意見しづらい問題について「あなたはこうすべきだと思う」とはっきり物が言える姿がかっこよく映るのです。 ですが、常に自分しか考えられないのは、性格の悪さに原因があることには変わりがありません。 本当にその人は芯がある人なのか、もしくは性格の悪さから「自分」の主張が激しいのかを見破る必要があります。

自信満々な姿が素敵だと思う

性格が悪い人は常に自分に対して自信があります。 自分の仕事や容姿などに対する自信に満ち溢れている姿を「ステキ!」と思う人がいるのです。 自信があることはもちろん素晴らしいことではありますが、自信しかない状態は危険です。 人間は誰にだって欠点はありますし、欠点も含めて自分を大切にする必要があります。 しかし性格悪い人は、自分の中の欠点は一つもないと思っていて、心の底から自信が湧き上がっています。 自信満々な姿にも騙されないようにしないといけないですね。

性格悪い自覚がある人が治す方法

なぜそうなってしまったのか、原因を探る

物事には何にでも原因があります。 あなたの性格が悪くなってしまったのにもきっと原因があるはずです。 いつから性格が悪くなってしまったのか、なぜそうなってしまったのか、しっかり自分と向き合って考えてみると良いでしょう。 例えば、 ・受験に失敗して何もかも嫌になってしまったから ・恋人に振られて辛い思いをしたから ・両親から愛情深く育ててもらえなかったから などなど、原因は一つとは限りません。 おすすめな方法は、過去の出来事を時系列にまとめ、その時の感情を洗い出すことです。 もし可能なら家族や友人と話してみると気持ちが楽になるかもしれませんよ。

自分や他人の良いところに目を向けるようにする

性格が悪いと、つい他人の悪い所ばかりに目が向いてしまいます。 ですが、自分にも人にも良い所は絶対にあるので、良いところを見つけてみてはどうでしょうか? とは言っても、最初はなかなか苦戦するかもしれないので、おすすめの見つけ方をご紹介します。 それは、「短所を裏返す」方法です。 短所と長所は常に表裏一体ですので、短所の反対を探せば長所になります。 例えば「協調性が無い」という短所がある人の長所は「自分独自の世界観を持っている」となりますし、「一つのことに集中できない」という短所は「いろんなものに興味が持てて物知り」という長所にもなりえます。 この方法を試していくと、自分や他人の長所をたくさん見つけることができ、存在を認めることができるのです。

相手の立場になって考えてみる

よく子供の頃に「相手の立場になって考えなさい」と叱られた経験がある人は多いのではないでしょうか。 自分の言動が他人にどう影響するかを考えるクセをつけると良いでしょう。 自分を俯瞰的に見て相手に自分がどう映っているかを考えるのです。 「この言葉は相手を傷つけるな」とか「確かにこういう態度を取られたらムカッとするな」など、自分の言動を改めるきっかけが見つかるはずです。 自分の気持ちばかりではなく、相手の気持ちも考えられるようになれれば、人に対して優しく接することが出来るかもしれません。 大人になっても相手の立場になって考えることを忘れずに実行してみましょう。

他人から「よく思われたい」と思わない

性格が悪い人の中には「他人に評価されたい」「認めてもらいたい」という欲が強い人がいます。 そういう気持ちから、態度が大きくなったり、言葉がきつくなったりするのです。 ですので、まずは他人からよく思われたいという欲を無くす努力が必要です。 多くの場合、他人はすでにあなたを認めてくれていることが多いです。 それをあなたが感じられていない、もしくは感じているけど素直になれていないのです。 仮に評価されていなかった場合は、性格悪くアピールしても得はありません。 もっと良い方法で自分をアピールしていく必要があります。

心から信頼できる友人や恋人を作る

これまで友人関係や恋愛関係でも多くのトラブルがあったかもしれません。 付き合いが長続きせず、日を追うごとに性格の悪さがエスカレートしてしまっているのかもしれません。 ですが、過去は過去としてしっかり受け止め、今後は本当に信頼できる人だけと付き合っていきましょう。 友達の数は多ければ良いというものではありません。上辺だけの付き合いは疲れます。 数は全く関係ないので、強がる必要のない相手を見つけていきましょう。 方法は簡単で、素の自分を相手に見せることです。 あなたのことを受け入れてくれる人であれば問題なく認めてくれます。 素の姿を見せることを怖がる必要はありません。

体を動かしてみる

性格悪い人は常にイライラしていて、ネガティブな感情が体中に染み渡っている可能性があります。 そんな時は、ウォーキングやランニングなどで体を動かしたり、ダンスやヨガなので体の緊張をとくと良いでしょう。 よく運動をするとストレスが発散できたとか、心がスッキリしたと言いますよね。 体を動かすとネガティブな感情を取り除く何かが分泌されるのです。 激しい運動である必要はないので、一駅分歩いてみるとか、エレベーターでなく階段で上り下りしてみるとか、日常生活の中で少し工夫をすれば運動は取り入れることができます。

感動系の映画や本を見る

運動と同じように、泣いたらスッキリすることもあります。 ですので、性格の悪さで悩んでいるのであれば、涙を流すような映画や本をみると良いです。 休日に家で籠もって一人っきりでみることをおすすめします。 他人を気にせずに思いっきり涙を流すことができるからです。 私の実体験としては、「タイタニック」で号泣したことがあります。 何度も観ているはずなのに、涙が止まらずに自分でもびっくりしました。 泣いたあとは心が晴れてなんだか気持ちが落ち着いたことを今でも覚えています。

動物や植物に癒やされてみる

性格悪い人はぜひ癒やされる存在にたっぷりと触れてほしいです。 それが動物なのか、植物なのか、人によって異なると思います。 家でペットを飼っているのであればペットととことん触れ合ったり、観葉植物を育てているのであれば、ぜひ植物に話しかけてみてください。 私は家で犬を飼っていて毎日癒やされています。 観葉植物もいくつか育てていて、毎日の水やりがとても楽しいと思えます。 元気に育ってくれる姿をみるとなんだが不思議と自分も頑張ろうと思えるんですよね。

好きなことをとことんやってみる

他人のことなんか一切気にせずに、自分が好きだと思うことをとことんやってみてはどうでしょう? 他の人がどう思うかなんて関係ありません! 買い物が好きなら1日中とことん買い物をしたり、カラオケが好きなのなら籠もって歌い続けたり。 自分が好きなことをやっている時が人間ってとても輝けるので、人生が楽しいと思えてくるかもしれません。 ストレスフルな1週間だったのなら、「土日は思いっきり●●する」と自分にご褒美を与えれば頑張れるはずです。 そしてご褒美が待っていると思えれば、人との向き合い方も変わるかもしれません。

「ありがとう」や「ごめんなさい」と言ってみる

難しいことではないのですが、人に対しての感謝や謝罪の言葉をうまく伝えられない人って多いと思います。 1日1回からでもいいので、人に自分の素直な気持ちを伝えてみましょう。 もちろん、直接目を見て伝えられるのが一番ですが、最初はなかなか思うようにはできないかもしれません。 そういう時はLINEや電話などでもいいのでしっかり伝えることを意識してみましょう。 伝えることが大切で、伝えられたらあなた自身もスッキリするはずです。 これは今からでも始められることなので、ぜひ実行してみてくださいね。

性格に関するおすすめの本

9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係

「人間は、九つの本質の中の一つを与えられて、この世に生を受ける」―世界各国で科学的に検証され、日米の一流企業で人事研修にも採用されている、神秘の人間学“エニアグラム”。自分のタイプを知り、囚われから解放されれば、自らの能力と個性を最大限に生かすことができる。まさに新しい生き方を実現するための“人生の地図”なのだ。日本中で話題騒然となったベストセラー、ついに文庫化。

人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書

なぜわが子は素直じゃないのか?どうしたら、やる気を出すのか?心理学を応用した奇跡の診断テストで、全てが改善します!

まとめ

いかがでしたか? 性格の悪い人の生態はご理解いただけたでしょうか? 性格の悪い人って思っている以上に多いです。 性格の悪い人は皆自分の人生に満足しておらず、その鬱憤を他人にぶつけています。 なので、性格を悪く接せられることがあっても、あまり落ち込む必要ありません。 むしろ、「可哀想な人だな〜」と哀れみの心でこちらから接してあげましょう。 そのくらい大きな心で生きていった方が気が楽ですからね。 性格の悪い人と遭遇しても、自分の精神だけは乱すことなく生活していきましょう。

こちらの記事もチェック

自尊心が高い人の特徴と理由!自尊心が高いメリットとデメリットは?

eigobu.jp

欲しいものがない人の特徴と心理は?それでも何か買いたい時はどうする?

eigobu.jp

腹黒い女の特徴とは?どんな顔?職場にいる?対処法は?

eigobu.jp

精神的に強くなりたい人へ!精神的に強い人弱い人の特徴と精神的に強くなる方法を徹底解説!

eigobu.jp

おおらかな人の特徴とは?長所&短所は?モテる?結婚観は?

eigobu.jp

一生独身の男女の特徴と理由は?メリット・デメリットは何?一生独身の楽しみ方も紹介

eigobu.jp

完璧主義者の特徴と種類、原因とは?長所と短所は?治し方は?

eigobu.jp

人と関わりたくない人の特徴と原因とは?克服方法と恋愛する方法は?おすすめの仕事も紹介

eigobu.jp

コミュ障の人の特徴と原因とは?長所は?治し方は?おすすめの仕事は?

eigobu.jp

従順な性格の人の特徴と心理とは?付き合い方、順従になる方法は?

eigobu.jp

自分本位の意味は?自分本位な人の特徴と原因は?治す方法はある?

eigobu.jp

根性なしの特徴と原因とは?治し方は?根性なしの人におすすめの仕事も公開

eigobu.jp

せっかちな人の特徴と話し方とは?原因は?長所は?治し方は?

eigobu.jp

腹黒い男の職場や恋愛での特徴は?結婚観は?対処法は?出世するのはなぜ?

eigobu.jp

干物女とは?特徴とあるある、恋愛できない理由、彼氏いる人干物女もいる?

eigobu.jp

自己中な人の特徴を男女別で紹介!心理、長所、対処法も徹底解説!

eigobu.jp

能天気な人の特徴とは?イライラする時の対処法は?嫌いな人が多い理由

eigobu.jp

散財してそうなのに貯金上手な人の特徴!ただ散財する人との違いは?

eigobu.jp

根性がある人の性格・行動・発言の特徴とは?根性を鍛える方法は?

eigobu.jp

自尊心が低い人の特徴と原因!メリットもあり?自尊心を高める方法は?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 性格悪い人の性格と顔の特徴!原因と末路!付き合い方と好きになる理由