1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 冷静な人の特徴と心理!動じず仕事のできる人になる方法とは?

冷静な人の特徴と心理!動じず仕事のできる人になる方法とは?

どんな時でも落ち着いていて感情の浮き沈みがない人っていますよね。そんな「冷静な人」に対して苦手意識をもっている人も多いのではないでしょうか。今回は「冷静な人」の特徴を、冷静な人との付き合い方も合わせて紹介します。また、冷静な人の長所や付き合い方など恋愛面からも解析していきますので是非参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

冷静とは

「冷静」とは、「落ち着いていること」です。 「冷」は「つめたい」という意味の他に、「落ち着いている」という意味があります。 「静」は「しずまる」「ひっそりとした」という意味です。 したがって、「冷静」は慌てふためくことなく落ちついている様子を表す言葉になります。 どんなに焦ったり怒ってしまうような場面でも、感情に左右されないで落ちついている人を「冷静な人」と言います。

冷静な人の特徴|性格編

感情の浮き沈みがない

冷静な人は、感情の浮き沈みがありません。 例えば、さっきまで物凄く機嫌が良かったのに別人のように機嫌が悪くなる人っていますよね。 何か嫌な気持ちになるようなことがあったのかもしれませんが、あまりに感情の浮き沈みが激しいと周りの人を振り回すことになります。 冷静な人は、感情の浮き沈みがなくいつも一定のテンションを保っているので自分の気持ちで周りを振り回してしまうことがありません。

いつも落ち着いていて物静か

冷静な人は、いつも落ち着いていて物静かです。 大勢の人と集まってギャーギャー騒ぐようなタイプではありません。 どちらかと言うと、輪から一歩離れて静観しています。 「楽しいことが嫌い」というわけではありません。 しかし、上述しているように感情の浮き沈みがなく落ち着いているので「物静かな人」と思われることが多いのでしょう。

物事を客観的に捉える

冷静な人は、どんなときも物事を客観的に捉えることができます。 主観から離れて物事を見ることができるから、相手の立場になって判断することができるのでしょう。 主観的な考え方しかできないと、感情に振り回されて冷静でいることができません。 そのため、人や物事を観察した時に小さな変化でも気付くことができます。 誰にも気が付かなかったことにも気がついて指摘することも多いです。

知性があって余裕がある

冷静な人は、知性があるので余裕があります。 知性があるからこそ、どんなときでも焦らずに落ち着いていることができるのでしょう。 知性がないと、焦るばかりで決断をくだすことができなかったりしますよね。 冷静な人は気持ちに余裕があるので、想定外のことが起きても焦ることがありません。

合理的な考え方をする

冷静な人は、とっても合理的な性格をしています、 冷静だからこそ、落ち着いて無駄のない計画を立てることができますし、タイムマネジメント力もあります。 「どうすれば効率がいいか」ということを常に考えて行動するので、どんなことも最小限の時間で済ませることができ「仕事ができる人」と思われます。 「〜らしいよ」という曖昧な情報には惑わされません。 「不確かな情報に惑わされている時間が無駄」と感じるからです。 ただ、合理的すぎるが故に理屈っぽいと思われることもあります。 人の感情よりも論理を優先することもあり、「厳しすぎる」と感じるかもしれません。

芯がある

冷静な人は「自分はこういう考えです」という自分の芯があって、周りの意見に左右されることがありません。 芯がないと周りの人の意見に流されてしまったり惑わされてしまって、冷静さを保つことができません。 芯があるからこそ、その時大切なことをきちんと見極めることができます。 自分がどうなりたいのか、自分にとって大切なことはなんなのか、など自分自身を理解してきちんと考えているからこそ、「自分」という「芯」を貫き通すことができているのでしょう。

自制心がある

冷静な人は、自制心があると言えるでしょう。 自制心があるから、自分の一時の感情や思いついたことに振り回されることはなく頭の中で状況や自分の感情を整理することが出来ます。 なので、自分が取り乱した状態で決断をしようとしてしまうことがありません。 焦っていると、自制心が保てず不確かな情報だけで決断をしてしまうことってよくあります。 だから冷静な人は、どんなときでも冷静さを保ち臨機応変に対応することができるのでしょう。

冷静な人の特徴|言動編

一人で行動できる

冷静な人は、どんなときも落ち着いて自分ひとりで判断することができます。 なので、変に群れて行動することがありません。 何でもかんでも「どうすればいい?」と他人に判断を仰がなければいけないような人は一人で行動することはできません。 冷静な人は、何事も一人で冷静に判断することができるので群れることに重きを置いていないのです。

焦って行動に移すことがない

冷静な人は、どんなときも落ち着いていて焦って行動をすることがありません。 たとえ何かトラブルが起きてしまっても焦って決断をだして行動するほうがリスクが高いことをきちんと知っています。 例えば、冷静でないとオレオレ詐欺などの詐欺にも引っかかりやすいです。 まず、電話を受けて「お金を早く振り込まなければ!」と焦って行動にうつしてしまうからでしょう。 冷静な人は、そういった場面でも焦らずに自分で正しい情報を集めようとします。 だから「これは詐欺だ」と正しい判断をすることができるのです。

計画性がある

冷静な人は、行動をする前に計画を立てます。 その場の感情や思いつきで何かを始めることは絶対にしません。 何かを始めようと思ったらまずは下調べして、どこまで本気でやろうと思っているかなどを自分の中で整理します。 それから始めるにあたって必要なことを準備したり、ゴールを設定したりします。 そしてそれに向けてどのようにしていけばいいのかを考えるのです。 そのため、見切り発車をすることもありませんし、三日坊主になることもありません。

「どうしよう」は言わない

冷静な人は、「どうしよう」と口に出す前に自分できちんと熟考します。 「どうしよう」「どうしよう」と口に出している暇があったら、落ち着いて情報を集めるなど時間を有効に使ったほうが良いと考えているからです。 実際に「どうしよう」と口に出しているうちは、問題が解決することは中々ありませんよね。 気持ちが落ち着いている状態ではないからでしょう。 いつも気持ちが落ち着いているので、焦っているような言葉や素振りは見せません。

「もういいや」と諦めることもできる

冷静な人は、「もういいや」と諦めることもできます。 例えば、自分と違う意見を持っている人とぶつかってしまった時。 感情的になってしまうと「どうしてわからないんだ!」とムキになってしまいがちです。 冷静な人は、「わかり合えないなら仕方ないよね」と諦めることができます。 すぐに諦めてしまうのは良いことではありません。 ただ、自分の努力ではどうしようもないことってありますよね。 そういうときに、ムキにならずに冷静に諦めることができる潔さがあると言えるでしょう。

愚痴や文句を言わない

冷静な人は、愚痴や文句を言いません。 感情的になってしまうと、その時の感情で愚痴や文句を言ってしまいます。 冷静な人は、例え頭に血が登るようなことがあっても取り乱しません。 「自分は今頭に血が登っている」ということを冷静に判断し、自分の気持ちを落ち着かせることに集中します。 「頭に血が登っている状態で冷静な判断することなんてできない」ということをきちんとわかっているのです。 その時の感情で愚痴や文句を言ってトラブルを招くよりも、冷静に話し合って問題を解決する方法を見つけようするのが、冷静な人だと言えるでしょう。

口数が少ない

冷静な人は、口数が少ないという印象をうけやすいです。 ただ、口数が少ないと言っても「上手く自分の気持ちを言葉にすることができない」というわけではありません。 無意味な発言をしても意味がないと思っているので、頭できちんと整理してから発言をします。 そのため、余計なことをわーわー話す人に比べて口数が少なく感じるのです。 会議などでも「黙ってる...」と思えば、突然核心づいた素晴らしい意見を述べることも多いです。

トラブルがおきたときに上手く説明ができる

何か社内でトラブルが起きたときに、きちんと状況を説明できるのは冷静な人です。 焦っていると、目の前のことでいっぱいいっぱいになって周りが見えなくなりますよね。 その結果、自分の解釈で「これが原因でこうなった」という勘違いを起こしてしまうこともあります。 冷静な人は、きちんと冷静に周りの状況を見ているので「これが原因でこうなった」と正しい情報を提供することができます。

冷静な人の特徴|外見編

清潔感がある

冷静な人は、いつでも清潔感がある人が多いです。 まさに、きちんとした生活を送っていることが一目瞭然です。 冷静な人は、きちんと丁寧に生活しているので清潔感が自然と出ています。 例えば、寝坊をして寝癖も直さずに家を出てきてしまったような人は冷静に見えるでしょうか。 焦って行動する人は、見た目にも焦りが現れてしまうのです。

TPOをわきまえた服を着ている

冷静な人は、朝起きて服を選ぶときにその日にあった服装をきちんと考えることができます。 「かわいいから」とか、「今日はこういう気分〜♪」という服の選び方をしてしまうとTPOをわきまえていない服装になってしまうでしょう。 例えば、みんなで山登りをしよう!という時にスカートを履いてきてしまうなど...。 冷静な人は絶対にそういった間違いをすることはありません。 冷静にその日の予定を考え、その時にあった服装で出かけているのです。

姿勢がいい

冷静な人は、背筋がピンとしていて姿勢が良い人が多いです。 猫背の人と、姿勢の人では断然姿勢のいい人のほうがしっかりしている印象がありますよね。 冷静な人はきちんとしているので、だらしない姿勢をとることが少ないです。 冷静に物事が判断できるという自信が、ピシっとした良い姿勢にしているのかもしれません。 非常事態に焦ってしまうなど、自信がない人は自然とうつむき加減になる傾向があります。

ミステリアスなオーラを放っている

冷静な人は、感情を表に出すことがないのでミステリアスなオーラを放っています。 みんなで盛り上がってワーワーなっているときに、一人落ち着いている人を見ると「何を考えているんだろう?」と気になってしまいますよね。 長年一緒にいても、冷静な人の本心を聞き出すことはなかなか難しいでしょう。 冷静なのでお酒を飲みすぎてポロっと本音を言ってしまうこともありません。 謎めいていますが、そこがまた魅力的だと惹かれてしまう人も非常に多いです。

冷静な人の心理

周りのことに興味がない

冷静な人は、周りのことにあまり興味がありません。 誰が「◯◯と言っていた」など、そういったことにいちいち惑わされていると、色々なことに翻弄されて冷静さを保てなくなってしまいますよね。 冷静な人は、良い意味で「他人に興味がない」のです。 なので、「自分はこう」とうしっかりとした考えで冷静に物事を判断することができるのでしょう。

人に頼りたくないという気持ちが強い

冷静な人は自分の考えの元、しっかりと自分の世界を持っていることが多いです。 だから他人にいちいち流されたりせず、冷静に物事を見極めることができるのでしょう。 できれば全て自分で全てをなんとかしたいと思っています。 なので、冷静な人はあれやこれやと人に干渉されることが苦手な人が多いです。

損得勘定で物事を判断している

冷静な人は、損得勘定で物事を判断しているということもあります。 全ての判断基準は「損をするか得をするか」なのです。 だからこそ、感情的にならずに理性で物事を判断することができるのでしょう。 特に自分にとって得にならないということに関して、取り乱している時間がもったいない! と考えているので、自らに関係のないことに首を突っ込むようなことは絶対にしません。

大人しく平和で過ごしたい

元々わーわー騒がしくすることが苦手な人も多いでしょう。 家庭環境だったり、大勢の輪の中に入っていくのが苦手だったり様々な理由があると思います。 とにかく「静かなほうが落ち着く」「騒ぎ立てることはしたくない」という気持ちから、集団からは一歩離れて落ち着いて眺めているのでしょう。 取り乱したり、目立つ発言や行動をとって注目を浴びるよりも、傍観していたいという気持ちが強いのです。

冷静な人になる外的要因

両親が冷静

イベントごとが大好きで人と賑やかに過ごしているのが好きな親もいれば、人と関わるのが苦手で家で過ごしているほうが好きな親もいますよね。 親の考え方は、子供の性格に大きく関係してきます。 両親を見て子供は育つのですから、当たり前のことですよね。 いつでも冷静な両親を見て育つことで、自然と考え方も行動も似てくるものです。 反対に、両親が冷静さに欠ける人で「反面教師」にして冷静になったという人もいるかもしれません。 しかし、このパターンは中々少ないと言えるでしょう。

焦ったことで大失敗をしたことがある

失敗をしても全く反省をしない人もいます。 しかし、プライドが高かったりすると自分のミスは絶対に許せません。 他人にバカにされていると思うからです。 また、自責の念にかられやすい人も同じミスをしないように努めるでしょう。 そういった「同じミスを繰り返すまい」とする強い気持ちが、冷静に判断する性格を作り上げている可能性もあります。

過酷な試練を何度も乗り越えてきている

トラブルが起きてしまったり、壁にぶち当たったときに冷静でいられるのは経験値が高いからでしょう。 当たり前ですが、誰でも初めてのことには戸惑います。 焦ってしまっても仕方ないことです。 冷静な人は、何度もトラブルや試練を乗り越えていくうちに自信がついています。 経験があるからこそ、「こういう時は、こうすれば大丈夫」と冷静に思えるようになるのです。 例えば、ただ年齢を重ねているだけでもその分色々な経験がありますから、若い人よりも年齢を重ねている人のほうが冷静に物事を判断できることって多いです。

こまめな情報収集を怠らない

冷静な人は、日頃からこまめな情報収集をしている人が多いです。 情報がないと、真実かもわからない常用に惑わされてしまいます。 また、「これ大丈夫かな?」と不安になって行動に移せなかったりしますよね。 冷静な人は、情報収集して知識を蓄えています。 だから、何か起きたときでも「こういう時は◯◯すればいい」と冷静に判断することができるのでしょう。 普段から気になったことはメモして置くといった工夫をしていることが多いです。

自分の気持ちを落ち着かせるための方法を見に付けている

冷静な人は、一瞬でも焦ることがないのかと言えばそいうわけではありません。 予期せぬことが起きれば、気持ちが焦ってしまうこともあるでしょう。 ただ、冷静な人は自分の気持ちを落ち着かせるための方法をきちんと身につけています。 ちょっと席を立って深呼吸をしたり、思い切って寝てしまうなどの工夫ができるのです。 自分で自分の感情をコントロールし、冷静を保つことができていると言えるでしょう。

冷静な人の長所

空気が読める

冷静な人は、常に周りを冷静に見ているので空気を読むことができます。 つまり、観察力に優れていると言えるでしょう。 そのため、自分がどういった行動とるべきなのか空気を読んで判断することができます。 また、困っている人がいたらすぐに気がつくことができるでしょう。 だからこそ、冷静な人は多くの人を引っ張っていくリーダーに向いています。 感情的になって周りが見えなくなって突っ走ってしまうようでは、多くの人を引っ張っていくことはできませんからね。

ここぞという時に人に頼ることができる

人に相談したり助けを求めれば解決できることも確かにあります。 しかし、いつもいつも人に頼ってばかりいては周りにいる人も疲れてしまいます。 快く助けてくれるかもしれませんが、「それって自分で考えればわかるよね?」ということを頼られていると信用をなくしかねません。 冷静な人は、落ち着いて自分できちんと情報を収集するなどして解決の道を見つけることができます。 それでもどうにもならない時に、人に助けを求めるのです。 これは自分で考えていてもどうにもならないことだ、と冷静に判断できるのでいつまでも悩み続けて時間を無駄にしてしまうこともありません。

周りに流されず一貫性を保てる

色々な意見に翻弄されて一貫性がなくなってしまう人っていますよね。 特にネットなどで色々な情報を手に入れることができる時代だからこそ、そういったタイプの人は非常に多いです。 ただ、それで言っていることがコロコロ変わってしまったりすると、当たり前ですが信用をなくします。 冷静な人は、周りに流されることがありません。 意見を変えるとしても、きちんとした根拠や理由を伴います。 特に仕事をしている上で一貫性があるというのは大切なことです。 信用できる人は社会でも評価されるので、メリットであると言えるでしょう。

ピンチのときに頼りになる

冷静な人は、何よりピンチな状況で頼りになります。 トラブルが起きたときに「どうしようどうしよう」と、あわあわしてしまう人は頼りになりませんよね。 冷静な人は、どんなに周りが焦っていても、冷静に「こうしたら良いのでは?」と提案することができます。 なので、頼りがいのある存在をしてどんな場面でも必要をされます。 まさにみんなを引っ張っていくリーダーに適任であると言えるでしょう。

失敗をすることが少ない

冷静な人は、冷静に物事を判断して行動するので失敗することが少ないです。 焦った気持ちで判断をしたり、勢いで行動するとトラブルが起きやすいです。 また、何も考えずに行動しているからこそトラブルに対応することができません。 冷静な人は、予想できるトラブルも踏まえてきちんと考え準備をすることができるので、失敗してしまうことが少ないと言えるでしょう。 トラブルがないというわけではないですが、きちんと予想することができる力があるのです。

冷静な人の短所

冷静すぎると怖いと思われる

冷静な人って、「怖い」という印象をもたれがちです。 あまりニコニコと雑談を楽しむタイプではないですし、感情の起伏がなくいつでも冷静なので「そっけないな...」と思われてしまうのです。 話しかけてもそっけなくされると、怖くて話しかけにくくなってしまいますよね。 どうしても淡々と接しているように見られてしまうんです。 部下などにも「怖くて話しかけにくい」と思われてしまうことが多いです。

感情が相手に伝わらない

冷静な人は、テンションがぶち上がる出来事があっても表に感情を出すことはありません。 なので、相手に感情が上手く伝わらないというデメリットがあります。 例えば、サプライズで喜ばせようとしても喜んでくれているのかわからない... ちょっとがっかりしてしまいますよね。 本当は喜んでいないわけではないですし、もちろん感謝もしています。 それなのに、「本当に思ってる?」と疑われてしまうのも悲しいことです。

見下していると思われる

例えば、都市伝説などを面白がって「〜なんだって!凄いよね!」と話していたとします。 みんなでそうやって、楽しく話しているときに「でも、それって◯◯だからあり得ないよ」とバッサリ言ってしまいます。 冷静な人は、根拠のないことに対して冷静に根拠を見つけようとしてしまいます。 なので、理屈っぽく否定するような事を言ってしまうのです。 本人は「間違っていることは間違っていると言わなければ」という正義感だったりするのですが、どうしても「見下している」と思われてしまって反感をかってしまうところがあります。

周りの人に溶け込めず浮いてしまうことがある

冷静な人は、楽しくワイワイしている中に入っていくのが苦手です。 どうしても、テンションが周りと合わず一歩引いてしまうところがあるからです。 なので、周りの人に溶け込めずに浮いてしまうことが多いです。 本当は自分もみんなと楽しみたいという思いはあります。 それでも冷静な自分が邪魔をしているんですよね。 周りの人からも「ノリが悪い...」と思われてしまうので非常に残念です。

冷静さを手に入れる方法

マナーやエチケットを身につける

冷静さを手に入れるためには、マナーやエチケットを身に着けましょう。 マナーやエチケットが身につけていない人は、冷静さがあるとは言えません。 ・歩きタバコやスマホはしない ・電車で電車・化粧などをしない ・エスカレーターを塞がない ・優先席に座らない ・食べる時は音を立てない などがありますね。 冷静さがあれば、守ろうと意識しなくても正しい判断ができればどうすれば良いのかわかるものばかりです。 どんな場面でも冷静に判断し、きちんとマナーやエチケットを守りましょう。

知識を増やそう

冷静さを手にいれるためには、ある程度の知識も大切です。 知識を増やすことで、冷静に物事を判断する力がつきますよね。 例えば、取引先で相手に時事ネタをふられてオドオドしたりするのはダサいです。 知っていて当たり前な基本的なことや、時事問題についての知識は持っていたほうがいいでしょう。 特におすすめしたいのが「読書」です。世の中に本は山程あります。本の数だけ知識があるということになるので尽きることはないでしょう。 本のジャンルは様々ですが自己啓発本・小説・ビジネス本あたりがおすすめです。 実際に本屋でいろんな本を見て、自分が読みたいと思った本から読み始めてみましょう。

他人の雑音に耳を傾けない

冷静さを手にいれるためには、他人の声や評価を気にしないことが大事です。 雑音と表現したのは、決断に対する批判的な言葉やマイナスとなる言葉だからです。 特に、何か大きな決断をする時って周りから嫉妬をされることがあります。 嫉妬から「それはまだ先にした方がいいんじゃんない」「あなたには合ってないよ」などと、決断の邪魔になるようなことを言ってくる人もいるでしょう。 しかし、決断をするのも、その後決断したことに向かっていくのも自分自身です。 そういった他人の雑音には耳を傾けないように冷静に決断する力を養いましょう。

感情的に発言しない、行動しない

冷静さを手にいれるには、感情的にならない訓練をすることです。 感情のままに発言をしたり行動をしたりすると、場の空気を壊したり相手を嫌な気持ちにさせたりしてしまいますし、もちろん「冷静」とは言えません。 焦ってしまったり、気持ちがざわついてしまっている時は一呼吸起きましょう。 勢いで発言をしたり、行動にすることが1番よくないことです。 「感情的になってしまっている」という自分に気がついて、冷静になれるようにコントロールできるのが望ましいですね。

心に余裕を持つ

余裕がない時ってイライラしたり慌てふためいたりしてしまいます。 自分の心がいっぱいいっぱいな状態だと、冷静でいられなくなってしまいますよね。 心に余裕を持つための工夫をしましょう。 例えば、スケジュールをキツキツにしたり、ギリギリに行動をしていると余裕がなくなってきます。 時間に追われると人は必ず焦ったり不安になったりして冷静な判断が出来なくなります。 そのため、常に時間には余裕を持って行動し、何事においても計画性を持って取り組みましょう。 ちゃんと計画を立てるだけで時間と心に余裕を持つことが出来ます。

視野を広く持ち、周りを観察する

それから視野を広く持つことを心がけましょう。 周りの状況をしっかり判断し、客観的に物事を捉えられるようにしておくことが大切です。 視野が狭いと、冷静に物事を判断することができなくなってしまいます。 視野をしっかり広くもって周りを見ておくと、何がおきたときでも情報があるので冷静に物事を判断できるようになります。

冷静な性格を手に入れたい人におすすめの本

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

悩みは「消す」ことができる。そしてそれには「方法」がある――ブッダの「超合理的で、超シンプル」な教えを日常生活に活かすには? 注目の“独立派”出家僧が原始仏教からひもとく“役に立つ仏教”。

超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッ

本書は、世の中に山ほどある「ストレス解消法」のなかから、本当に効く100のメソッドを厳選してまとめたものです。 いずれのテクニックも、ハーバードやスタンフォードといった一流の研究機関が実証したものばかり。 欧米の企業や学校などがストレス対策に取り入れ、実際に高い成果を上げている最先端の技法だけをピックアップしました。 もちろん、すべてのテクニックは、著者が自ら個人的にも実践しています。

ちいさなことにイライラしなくなる本 イヤな気分を引きずらない技術

これまでに診たクライアントは7万人! 引く手あまたの大人気心理カウンセラーが贈る!! 『「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』の著者が、 魂のすべてを込めて書き下ろした、究極の意欲作! 短気なあなたが、「おだやかなあの人」に変われます!

冷静な人との付き合い方

感情的にならずに会話をする

冷静な人は、感情的にガーッと接してくる人が苦手です。 どうしても波長が合わないと思ってしまうのです。 「この熱い思いをわかってほしい!」と熱意を持っていても、あくまでも冷静に伝えましょう。 そのほうが、自分自身も相手に対して「どうしてこんなに反応薄いの?」と不満に思わずに済みます。 「すごい」と思えば「すごい」と言いますし、思ってないことを無理に言っているわけではありません。 そこをきちんとわかってあげて、高いテンションで接することは控えましょう。

理由をしっかり説明する

冷静な人は、「〜らしいよ」という言葉で行動しようとは思えません。 なので、何か説得したいと思うことがあるのであればきちんとした理由を話しましょう。 大切なことは予め情報を集めておくことです。 勢いだけで話すのではなく、こちらも冷静になって話す必要があるということを頭に入れておくことが大切です。

感情を表に出していなくても察してあげる

上述しているように、冷静な人は感情を表に出すのが苦手です。 「嬉しい」と思っても上手く伝えることができないので、こちら側が察してあげようという気持ちでいましょう。 例えばお付き合いをしていると「本当に自分に気持ちがあるのだろうか」と不安になります。 しかし、上手く愛情表現ができないためであって愛情がないというわけではありません。 そこをわかってあげないと、絶対に揉めて上手くいかなくなってしまいます。 相手にリアクションの良さを求めないことが大切であると言えるでしょう。

距離感を大切にする

冷静な人は自分の考えや、自分の意思をしっかり持っている人が多いです。 そのため、誰かに依存することはありませんし、依存されることも苦手です。 なので、冷静な人と上手く付き合っていくには距離感を大切にする必要があるでしょう。 近づきすぎず、離れすぎず...です! 上述しているように、人の感情に合わせてリアクションをするのも苦手なので人と距離を縮めるのが苦手なのです。 そういったことも含めて冷静な人にとって安心できる関係性を築いていくことが大切です。

冷静な人が恋愛で好きなタイプ

知的な人

冷静な人は、しっかりと知識をもった知的な人が好みです。 自分がしっかりしているからこそ、「え〜わかんない〜」と言われると「イラ」っとしてしまうのでしょう。 もう相手にしていられん!と思ってしまうことが多いです。 なので、自分と同じぐらい若しくは自分以上に知的な人を好みます。 冷静な人も不安になるときがあります!そんな時に心置きなく自分も頼れる相手が良いですよね。

凛としている人

冷静な人は凛としている人に惹かれがちです。 ブレない芯をしっかりもっている人って女性であっても男性であってもカッコいいですよね! どんな時も冷静を保っていたいので、一緒にいる人がブレブレだとイライラしてしまうのでしょう。 辛いことがあっても、しかりと冷静に向き合って投げ出したりしない人だと「支えてあげたい」と思いますし、「自分も頑張ろう」と思えるので側にいたいと感じるはずです。 冷静な人って、ほんとうにしっかりしている人が多いんです。

穏やかな人

冷静な人は、感情の起伏に波のない穏やかな人が好みです。 やっぱり自分が冷静で感情の起伏がないからこそ、感情の起伏が激しい人と一緒にいると疲れてしまうのです。 さらに、自分が上手に感情を表現できなくても察してわかってくれるぐらい包容力のある人が良いと思います。 一緒にいて疲れてしまう人を、恋人として見ることはできませんよね。

冷静な人が恋愛で苦手なタイプ

わがままで気分屋

冷静な人は、わがままな気分屋タイプは苦手です。 冷静な人は、テンションを一定の状態でキープしていることが多いです。 それなのに、わがままを言われたり気分でコロコロ意見を変えられてしまうと接していて苦に感じてしまいます。 冷静な人は、とにかく平和な気持ちでいたいのです。 そんな気持ちをかき乱してくるような人は絶対に恋愛対象にならないと断言できるでしょう。

勢いよくアピールしてくる人

好きな人に対して積極的にアピールする人っていますよね。 例えば、いきなりのボディタッチ! 確かにそれでドキっとして心を奪われてしまう人もいるでしょう。 しかし、冷静な人は「勢いに任せて行動してる人」と捉えます。 冷静に「今その時のノリで触れてこないでほしい」と思ってしまうのです。 なので、アピールしたくなってしまう気持ちもわかりますが、少しずつ距離を縮めていったほうが良いでしょう。

能天気

冷静な人は、どんなときもリスクを含めて色々考えます。 それなのに、「そんなのどうにかなるって〜」とお気楽な意見を言われてしまうとイラっとしてしまいます。 「どうにかならなかった時に、どうにかするのは誰だと思ってるんだ」と冷静に思います。 なので、能天気だったりお気楽な人は後先考えていないという印象が強く、冷静に物事を分析して考える人からすると苦手なタイプでしかないでしょう。

冷静な人を落とす方法

さりげなく一緒にいる時間を増やす

勢いでアピールをするのはNGです。 じっくり時間をかけてアピールをする必要があると言えるでしょう。 「デート」に誘うというよりは、複数人で出かける予定を立てるなどさりげなく一緒にいる時間を増やしましょう。 例えば、職場で休憩する時間をさり気なく合わせるとかでも良いですね。 少しずつ存在をアピールしていったほうが、徐々に存在を意識するようになってくれるはずです。

相談事をもちかけてみる

冷静な人は、相談相手にぴったりです。 できるだけ、この先の将来のことなどしっかりとした悩みを打ち明けてみましょう。 ランチに何食べるか...といった相談はしないでください。 腹を割って深い話をすることで「この人はちゃんと考えている人なんだな」という印象になります。 冷静な人は、何も考えていないような、チャランポランな人に苦手意識があります。 なので、「きちんと芯がある」というところを見せるのがアピールポイントになるでしょう。

とにかく笑顔で接する

冷静な人の中には、自分が冷たい態度をとってしまっているという自覚がある人もいます。 「どうせ自分といてもつまらいって思ってるんでしょ」と思っている人も多いのです。 なので、とにかく笑顔で接しましょう! 笑顔でいれば「あなたと一緒にいて楽しいですよ」ということが伝わりますよね。 「○○さんとといると楽しいな〜」などとわかりやすく口に出すのも効果的でしょう。 はじめこそ「本当はそんなこと思ってもないくせに!」と思われてしまうかもしれませんが、根気強く続けていればだんだん心を開いてくれるはずです。

そっけない対応をされてもめげない!

どうしても冷静な人の対応ってそっけなく感じてしまいます。 しかし、冷静な人は好きな人のことも冷静に判断しています。 急激な進展は求めず、根気よく控えめなアピールを続けていきましょう。 そっけない対応をされても健気に接する姿に心を打たれるはずです!

まとめ

いかがでしたか? 冷静な人について理解を深めていただけたでしょうか。 「怖い」という印象を抱いている人も多いかと思いますが、冷静なだけで決して悪い人ではありません。 むしろどんな時でも落ち着きがあって頼れる存在だと言えます。 すぐに感情的になってしまったり、冷静さに欠ける行動をとってしまう人はぜひ、冷静な人を見習って落ち着いて行動できるように心がけてみましょう!

こちらの記事もチェック

見返りを求めない人の特徴と恋愛傾向!見返りを求めない人になる方法とは?

eigobu.jp

要領が悪い人の特徴と原因、短所と長所、改善方法、向いている仕事は?

eigobu.jp

暇な時の過ごし方!タイプ別のやるべきことを119個紹介!

eigobu.jp

地雷女とは?性格・外見・持ち物の特徴、付き合い方、別れ方を徹底解説!

eigobu.jp

気分屋の人の特徴と原因、職場での対処法、長所もある?

eigobu.jp

長生きしたくない人の心理と原因、対処法、付き合い方とは?

eigobu.jp

せっかちな人の特徴と話し方とは?原因は?長所は?治し方は?

eigobu.jp

前向きになる方法と習慣・考え方!前向きな人の特徴と短所とは?

eigobu.jp

仕事ができる人の特徴と考え方、生活習慣!できるようになる方法は?

eigobu.jp

精神力を鍛える方法と習い事!精神力が強い人の特徴とは?

eigobu.jp

おっちょこちょいな人の特徴と心理、治す方法とは?長所もある?

eigobu.jp

社会人におすすめの趣味44選!スポーツからインドアまで徹底紹介!

eigobu.jp

精神的に辛い時はどうやって乗り越える?仕事・恋愛・人生など場面別に解説!

eigobu.jp

生意気な人の特徴と心理、対処法、生意気と思われないための方法とは?

eigobu.jp

A型男性は優しい?特徴と恋愛傾向、相性がよい相手、好意サインとは?

eigobu.jp

直感力のある人の特徴と鍛え方とは?直感力は恋愛でも使える?!

eigobu.jp

マウンティングする人の心理とされやすい人の特徴、対処法は?

eigobu.jp

保守的な人の特徴と恋愛傾向、心理、付き合う方法、改善方法、向いている仕事とは?

eigobu.jp

ツンデレな人の性格とLINE、セリフの特徴!モテる理由と脈ありサインとは?

eigobu.jp

ツンデレ男の性格やLINEの特徴!モテる理由と脈ありサイン!落とす方法は?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 冷静な人の特徴と心理!動じず仕事のできる人になる方法とは?