1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. トラブルメーカーの男女の特徴と心理、対処法、治し方
トラブルメーカーの男女の特徴と心理、対処法、治し方

トラブルメーカーの男女の特徴と心理、対処法、治し方

あなたの家族・親戚・友人・職場の人間に「トラブルメーカー」と呼ばれる人はいますか?「トラブルメーカー」に対してあまりいい印象を持っていない人は多いのではないでしょうか。本記事では「トラブルメーカー」の特徴や心理、そして「トラブルメーカー」の対処法と治し方を詳しく解説していきます。

「トラブルメーカー」とは

「トラブルメーカー」の意味は「問題を起こす人」

「トラブルメーカー」の意味は「問題を起こす人」です。英語を直訳した形で日本では使われています。 「トラブル(Trouble)」と「メーカー(maker)」の2つの単語から成り立っており、トラブルは「問題・いざこざ」、メーカーは「つくり出す人」という意味があります。 「トラブルメーカー」は他人に悪影響を与える人の事を指すため、基本的に良い意味では使わない表現です。 「トラブルメーカー」の特徴は後ほど紹介していきますが、物事の進み具合に悪い影響を与えたり、他人に不快な気持ちをさせてしまうのが「トラブルメーカー」と言えます。 類語には「問題児」「厄介者」「奸人(かんじん)」があります。 「トラブルメーカー」が起こした問題などを解決する人のことを「トラブルシューター」と呼ぶこともあります。

「トラブルメーカー」の語源は英語「trobulemaker」

「トラブルメーカー」の語源は英語の「troublemaker」です。そのままの単語ですね。 意味を調べると「問題や論争をわざと起こす人」という意味があるようです。 日本語で使われている「トラブルメーカー」は必ずしもわざとのニュアンスがあるわけではないので少し意味は異なりますね。 「トラブルメーカー」の類似表現として、 ・問題を起こす「cause a problem/argument」 ・厄介、面倒な「troublesome」 などがあります。

He is such a troublemaker that no one trusts him.

彼はトラブルメーカーなので、誰も彼のことを信じない。

トラブルメーカーの特徴

同僚や友人と人間関係の維持ができない

トラブルメーカーの最大の特徴は人間関係のトラブルです。 すぐに口論になったり、人付き合いが続かない人は「トラブルメーカー」である可能性が高いです。 例えば、職場で同僚や上司と小さなことで言い合いになっている人や、直近まで仲良くしていたはずの人を「あの人はもう友達だと思っていない」などと衝撃発言をします。 周りから見ると「そんなことで苛立つ?!」「簡単に友達との縁を切れるなんて恐ろしい」などの印象を持ちます。 「トラブルメーカー」はその時の感情で決断する傾向があるため、すぐに人間関係を断ち切ってしまうのです。

ネガティブ発言が多い

悪口や不満などのネガティブな発言が多い人はトラブルメーカーである可能性があります。 悪口や不満の対象となっている人はもちろんのことですが、そのネガティブ発言を聞かされる側も決していい気持ちはしないですよね。 ネガティブ発言が原因で人間関係に亀裂が入ったり、職場などの空気が悪くなってしまいます。 「あの人はいつも不満ばかり言っている」「きっと私の陰口もどこかで言っているんだろうな」と人は感じます。 雰囲気が悪い時はポジティブ発言が効果的です!「そんなこと気にしない、気にしない!」「ハッピーにいこうぜ!」など、雰囲気を変えたいと思う人はぜひ試してみてください!

口が軽い

秘密を守らない、なんでも人に話してしまう人はかなりの確率で「トラブルメーカー」と呼ばれることが多いです。 秘密が他の人にバレてしまうことでトラブルを引き起こすこともあると思います。人間関係が悪くなったり会社の業績や評判に影響することもありますよね。 そもそも人が秘密を話す時の心理として、相手への信頼があります。信頼が無いと人は秘密をわざわざ話しませんよね。 しかし「トラブルメーカー」はその信頼をあまり深く、重く考えないため他の人にもすぐに秘密をバラしてしまうのです。 信頼している人同士で話すから「秘密」であるのに、それをあまり良く知らない他人に話された時点でもう「秘密」では無くなってしまいます。 「秘密」をバラされたことと、「秘密」がもう「秘密」で無くなってしまうことに対して人は憤りを感じます。

手際が良くない

「まだこんなことも終わってないの?」「どうしてそんなに時間がかかるの?」など要領が悪いという理由で「トラブルメーカー」と思われてしまうことが多いです。 手際が良い人は物事を論理的思考で整理します。先読みし自分の言動がもたらす結果までをしっかり予想した上で動き出します。 スケジュールやリスク管理も徹底しているので物事を「計画通り」に進めることができます。 トラブルメーカーは上記と真逆の特徴を持っています。感情移入することも多く、思いつきで行動するため計画性がありません。 計画性が無いので無駄な作業が多かったり締め切り直前までバタバタしていたりします。 あなたの職場にもなぜかいつも慌てている人はいませんか?その人のことをあなたは「トラブルメーカー」だと思ってはいないでしょうか?

忘れごとが多い

トラブルメーカーは忘れごとが人一倍多いです。プライベートでも仕事でも必ずと言っていいほど1日に1つ以上は忘れてしまう物事があります。 人間は物事を忘れる生き物なので仕方ないことではあります。 しかし「トラブルメーカー」の忘れる頻度は通常と比べて多く、忘れることが原因で日常的にいざこざを起こしてしまいます。 忘れてしまう原因は様々ですが、「重要だと認識していなかった」「注意深く聞いていなかった」などと言うトラブルメーカーは多いようです。周囲の人とトラブルメーカーの間での重要度や緊張感などに大きく差があるように見受けられます。 トラブルメーカー本人は忘れないための対策をする必要はあります。それと同時に周囲の人間も忘れさせない対策をすべきなのです。 「トラブルメーカー」は本人のみが変わるべきと考える人も多いのですが実は周りの人間も言動や態度を改める必要性もあるのです。 「人の振り見て我が振り直せ」ということわざがしっくりきますね。

涙もろい

大人になってもすぐに泣いてしまう人はトラブルメーカーかもしれません。特に職場で涙もろい人がいたら要注意です! 泣くことは必ずしも悪いことではないですが、トラブルメーカーは「そんなことで泣くの!?」と驚いてしまうような内容でも泣きます。泣くポイントは小さい子供とあまり変わらないかもしれません。 ・仕事でミスをしてしまった ・上司に怒られた ・欲しいものが手に入らなかった ・予定をドタキャン・延期された ・LINEなどで相手からの返事が遅い・無い ・自分抜きで楽しそうに友達が遊んでいる ・転んで擦り傷ができた など、上記はほんの一部にすぎません。 まだ小さい子供であれば上記の内容で良く泣くでしょう。しかし大人が「えーん(T_T)」と泣くのです。 大人であれば我慢したり相手に気を配るのが一般的ですが、「トラブルメーカー」にとってはどれもとても悲しい出来事でそれを素直に受け取ってしまうのです。

嘘をつく

「トラブルメーカー」はよく嘘をつきます。「あの人はよく嘘をつく」「嘘つきだから信頼できない」など悪いイメージがつき「トラブルメーカー」と呼ばます。 嘘をついてしまう心理の例は、 ・自分の立場を守りたい ・相手の機嫌を悪くしたくない ・期待を裏切りたくない ・面倒くさいことに深く関わりたくない ・パニック状態で正常に物事を考えられない ・理由はなくとっさに嘘をついてしまう など様々です。 心理状況は本人のみがわかっていることで相手には完全に伝わりきりませんよね。ですので嘘をつかれる相手に取ってはトラブルメーカーの心理状況など関係なくとても嫌な気持ちを抱きます。

意見が二転三転する

あなたの周りに自分の意見をコロコロ変える人はいませんか?「昨日はYESだったのに今日はNO」など本当の気持ちが見えにくい人はトラブルメーカーである可能性があるので注意が必要です。 意見がコロコロ変わる理由は様々です。冷静に考えた結果異なる意見が出てくることもあります。 しかしトラブルメーカーの特徴としてその場の雰囲気や感情に任せて思いつきで意見していることが多いです。 持論が根本的に変わる場合もあれば、持論などなくとっさに見掛けの持論をつくり出す場合もあるようです。

飽きるのが早い

物事が長続きしないトラブルメーカーもいます。俗に言う3日坊主タイプの人には要注意です。特に職場にそのような人がいる場合は細心の注意を払いましょう! 依頼した仕事にすぐ飽きて途中で集中力やパフォーマンスが下がってしまう人、さらには飽きるとすぐに仕事を辞めてしまう人などがいます。 例えば趣味や習い事などが3日坊主となっても周りに与える悪影響は少なくて済みますよね(もちろん趣味での会合や習い事のレッスンをドタキャンされると嫌な気持ちになりますが…)。 ですがビジネスの場での3日坊主は会社にとって確実にマイナスな事です。仕事の成果が予想より低いと売上や評判に傷がつきます。仕事をすぐに辞められてしまうと後任の採用にバタバタとしてしまいます。ポジションが埋まらない内は社内の他の人にも迷惑をかけてしまいます。 どうしてすぐに飽きてしまうのか、どうすれば長続きするのか、そのような話し合いの場はしっかりと設ける方が良さそうです。

余計なことに首を突っ込む

情報通でありたいがために何事にも首をつっこむトラブルメーカーがいます。 関係のないことまでも「なにそれ!知らないから教えて!」などと図々しく突っ込んでいくため周りはいい気分で接することは難しくなってしまうのです。 知る必要や権利がないことまでしつこく迫ってくるためいざこざになってしまうのです。 なぜトラブルメーカーは何でも把握しておきたいのでしょうか? 情報をたくさん持っていると人が集まります。人が集まるとトラブルメーカーは「自分は必要とされている存在だ」と解釈します。 その快感から常に最新情報を集めたいのです。

トラブルメーカーの心理

自分の言動に対して自覚がない

「トラブルメーカー」の心理の一つに、自覚がないという点があります。 これは自分自身が問題を起こしているにも関わらず自分ではその認識に欠けていることを意味します。 当本人は「トラブルメーカー」の認識が無いため態度や言動を変えることはしません。 例え周りからの指摘や注意があっても、本人の中で「何が問題なんだろう」「なぜ皆私に怒っているんだろう」と不思議に思うのです。 自覚していないので反省することはもちろんしませんし、その後の態度や言動が改善されることもありません。 変化しない「トラブルメーカー」の姿に周りの怒りや苛立ちはヒートアップし続けますが、それでも当本人は常に通常運転なのです。

自分の能力を過信している

「トラブルメーカー」は自分で自分の能力を過信する傾向があります。 「私はこれくらいできる」など自信に満ち溢れる態度や言動を取ります。 「トラブルメーカー」とその周りの人の認識に大きなズレが生じるため、いざこざの原因になります。 「トラブルメーカー」が認識している自分の能力と周りが認識しているその人の能力が合致していれば「トラブルメーカー」と呼ばれることはないでしょう。ただし「あんなに自信があるくせに全く仕事ができていない」などと思わせてしまう成果を出す時点で「トラブルメーカー」と捉えられてしまうのです。

自分の世界観が強く、他人を受け入れられない

「トラブルメーカー」は自分の世界観が強いことも特徴です。他人には理解しがたい世界観があり、その世界観に対する思いはとても強いです。 具体的に言うと、「自分の意見は正しい」「物事が絶対的にこうあるべき」など自分の中での正義感があるのです。 もちろん人間には誰にも正義感はありますが、「トラブルメーカー」はそれが他人よりも強い傾向があります。 自分の世界観が強いため周りに流されることはほとんどないです。自分の意見は貫き通します。 自分の世界観を守るので他人のことは全く気にしません。そのため相手の気持ちや状況を考えずに踏み込むこともあります。 他人から指摘されても「でも私はこう思う」「でもそれはおかしい」など言い訳のような発言をします。

周りとの調和が難しく感じる

上記で説明したように「トラブルメーカー」は自分の世界観が強いため一匹狼タイプであることが多いです。 トラブルメーカーの言動は全て自分が中心にあるので、周りとの距離感がよく掴みきれないことがトラブルメーカーの特徴になります。 目上の人・初対面の人などにプライベートなど踏み込んだ質問をたくさんする人、対人コミュニケーションがあまり得意でない人、空気が読めない人などは「トラブルメーカー」と思われてしまう可能性があります。 周りから見ると「デリカシーがない人」「意思疎通が上手くいかない人」「場違いな言動を取る人」と感じてしまいます。

視野が狭い

「トラブルメーカー」になる原因として、視野が狭いという点もあります。 目の前の事のみに没頭し先読みが苦手であったり、考えるより行動したり、そもそもの能力や気持ちのキャパシティが小さいことから「視野が狭い」ように見えてしまいます。 視野が狭いトラブルメーカーが起こしうる問題として挙げられる例は、 ・期限までに頼んだ仕事が終わっていない ・全体のタスクの一部しか完了していない ・自分の言動が起こしうるリスクが把握できていない ・任せた仕事などがすでに修繕不可能な状態になってしまっている ・報告などもなしに勝手に物事を勧めている などが考えられます。

素直になれず、頑固

トラブルメーカーは正義感が強く自分の意見などを簡単に変えることは無いため「素直でない・素直になれない」人が多いようです。 また「自分は常に正しい」と思っているため、例え自分に非があってもそれを認めません。相手が親切な気持ちでくれるフィードバックなどに対しても感謝をせずムスッとした態度を取ります。 そのため周りは「柔軟な対応ができない」「頑固」「アドバイスなどをするとすぐに不機嫌になる」などと捉えます。 このようなマイナスな感情から「トラブルメーカー」扱いをするのです。素直とは無縁の人と付き合うのって大変に感じますよね…。 素直でないタイプのトラブルメーカーは、面白い事に人に対しては素直に思ったことを口にします。 「あなたの意見は間違っている」「あなたのそういう態度は改めたほうがいい」などと自分の感情を素直に話します。 このような姿が周りには「自分のことは棚に上げて人には嫌味を言う」など悪い印象を与えるようです。

集中力が持たない

トラブルメーカーの中には集中力が保てない人もいるようです。 集中力が持たないので仕事などのパフォーマンスに悪い影響を与えてしまいます。 人が集中力を保てる環境や時間は人によって違います。 静かな図書館などが集中できる人や少し雑音があるカフェの方が仕事が捗る人などさまざまです。また集中できる時間の長さや時間帯も異なります。 ですが「トラブルメーカー」は集中力が長く続かない、途切れることが多いなどの傾向があります。 集中力に欠けると人はミスを犯したり、ベストのパフォーマンスができなくなります。 ミスなどが続くことが目立つと人はは「トラブルメーカー」というレッテルを貼るのです。

中心的存在で相手の気持ちがわからない

トラブルメーカーの中には中心的存在で相手の気持ちがわからないという人もいるようです。 自分の言動が人に与える影響や人の「表面上」の言動に込められている本当の意味を十分に理解ができないのです。 言い方を変えると、共感・推測・理解力が足りないとも表現できます。 「悲しそうだから慰めてあげよう」「私のこの発言は相手を嫌な気持ちにさせるからやめよう」「あの人の言葉は本心ではない」などと感じることが難しいため不謹慎な発言をしたり、相手に嫌な思いをさせてしまう態度を取ります。

内向的な性格

心の働きが「内」つまり「自分」にあるトラブルメーカーも多いようです。 内向性がある人は「自分のことのみを視野に入れる」「周りのことは気にならない」などの傾向がなります。 見方を変えると「マイペース」な人とも表せるかもしれません。 内向的な性格の人はわざと問題を起こしているわけではないです。 なぜなら、ただ単に周りのことが気にならないので自分の言動は常に自然体であるからです。 「マイペース」な人ってわざとマイペースを演じているわけではありませんよね?それが彼らにとって「普通」なのです。 しかしながら内向的な性格の人を悪く感じる人がいることも事実です。 「あの人は周りのことを見れない」「ペースが遅すぎる」「相手に合わせようとしないからイライラする」などの感情から「トラブルメーカー」のイメージをつけます。

思い込みが激しい

トラブルメーカーには思い込みが激しい人がいます。 「こうだからこう、例外なんてない」「前回と同じで大丈夫」などと自分で勝手に解釈してしまうのです。 周りに相談や確認もなく物事に取り組むので気付いた時は取り返しがつかない状態になってしまっていることも多くあるようです。 さらに厄介なトラブルメーカーは勘違いで思い込んでしまっている人です。 信じていることが事実と異なっていたり少しズレてしまっているのです。 その点を指摘すると、トラブルメーカーはムスッとした表情を見せます。なぜなら自分が常に正しいと思っているし、まさかそういう自分が勘違いをしていたなんて許せないからです。

感情のコントロールが苦手

トラブルメーカーは良くも悪くも感情的な人が多いです。 理性よりも感情が勝ることが多く、喜怒哀楽の表現が豊かです。 嬉しい・楽しいなどのポジティブな感情であれば特に問題ないのですが、トラブルメーカーはネガティブな感情もすぐに出します。 悲しいとすぐ泣いたり、怒ると怒鳴り散らしたりとその姿はまるで幼い子供のようです。 感情がすぐ表に出る人や日によって性格が180度変わっている人には注意が必要です。

実は自信がない場合も

トラブルメーカーの中には実は自信がないという人がいます。 自信がない自分が嫌で苛立っているために職場などでも自信のない素振りを見せます。 自信が持てないと表情が暗かったり、猫背になったり、ネガティブ発言が目立ったりします。 また自信への苛立ちを周りの人間にぶつけるトラブルメーカーもいます。 自信がないトラブルメーカーは決して周りに対して悪意があるわけではありません。 マイナスな思考が次々とマイナスな出来事を起こしてしまっているのです。

信用できるのは自分だけ

これまでの人間関係などから周りの人を信用できない心理もトラブルメーカーになってしまう原因のようです。 家族・友人・恋人などの対人関係で辛い経験をしたことから、誰も信じられないと自分の殻に閉じこもっています。 そのようなタイプのトラブルメーカーは自分を追い込みすぎて仕事でミスを犯したり、最悪の場合体調を崩したりします。 責任感が強いため自分の力だけで何とかしようとするトラブルメーカーが多いようです。

認めてもらいたい

周囲に認めてもらいたいという心理もあるようです。 このようなトラブルメーカーは愛欠乏であることが多いです。 特に家族からの愛を感じずに幼少期を過ごした人は周囲からの承認欲求が強い傾向があります。 「こんなに頑張っている私を見て欲しい」「もっと褒めてほしい」などと周りから常に気にかけてほしいと思うのです。

良い人だと思われたい

「あの人素敵だな」「あの人みたいになりたいな」と思ってもらいたいがために空回りをする男性もいます。 ぶりっ子男子はみんなにとっての「理想の男性」でありたいのです。 ぶりっ子男子は基本的に自分の言動、仕草、服装、持ち物などを真似されることは嫌がりますが、真似する理由が「あなたのようになりたいから」ということであれば喜びます。憧れられること自体に悪い気持ちはしないですよね。

トラブルメーカーの対処法

期待値を下げる

トラブルメーカーはそう簡単には変わりません。そうであればこちらが変わる方が早いです。 対処法の一つに期待値を下げる、という方法があります。意識を変えるだけなのですぐに実行できる対処法ですよ! 人が物事を「問題」と感じる理由の一つに「期待に応えられていない」という点があります。 「このくらいは出来て当然」「常識の範疇でこの発言はNG」など人は自分のものさしで人を見ます。 自分が「普通」「常識」と思っていたことがトラブルメーカーには伝わらないことが多くあります。 そのためトラブルメーカーとの向き合いを一度見つめ直すと良いです。「この人は倍以上の時間と労力が必要な人」「私が思う常識は通じない人」など最初からハードルを下げた上で付き合いましょう。 そうするとイライラすることも少なくなるはずです!

精神的に距離を保つ

トラブルメーカーは周りの人の精神を乱すことも多々あります。 ですので、トラブルメーカーと精神的に距離を保つことも良いかもしれません。 精神的は距離とは、あまりその人のことを考えないということです。 トラブルメーカーに共感や同情してしまうが故に精神的に疲れを感じることもあるかもしれません。 ですがトラブルメーカーによって自分の感情を左右されることなく過ごせるといいと思いませんか? 精神的な距離を保ち心穏やかに毎日を過ごしましょう。

物理的にも距離を保つ

一番理想の対処法は物理的に距離を保つことです。 一緒にいて疲れるようなトラブルメーカーとは同じ空間にいなければ全て解決されます! とは言っても現実的には実行に移しにくい対処法ですよね。 物理的な距離の保ち方はたくさんあります! ・席替えを提案する(トラブルメーカーから離れたいとは口が裂けても言わないようにしましょう!) ・フリーアドレス制であれば離れた場所に座る、そのためにはトラブルメーカーよりも遅く出社する ・トラブルメーカー生息地を把握し、その場所に行くことを避ける ・パーテーションで仕切る ・自分だけの秘密基地を作る ・レンズの色が濃い眼鏡やサングラスなどを使う ・前髪を伸ばす ・目を瞑る 何かしらでトラブルメーカーとの壁を作ることで少しは楽になるかもしれません!

周りに相談をする

一人で考え込まず周りに相談しましょう。 ひょっとしたら自分の先入観にとわれすぎている可能性も無きにしもあらずです。 職場であれば同僚や上司、家族や友人であれば親、兄弟、別の友人などあなたが信頼できる身近な人に相談すると良いでしょう。 客観的な意見に耳を傾けることで解決策が浮かんでくるかもしれません。 身近な人に相談しても解決しないようなことは、医者やカウンセラーなど専門的な知識を持っている人に相談することも検討すべきでしょう。 何かしらの病である可能性もあるのでその場合は治療に専念する必要があります。

同じ土俵で戦わない

トラブルメーカーにいちゃもんをつけられても戦わないようにしましょう。 常に冷静に考え大人な対応を取ることトラブルメーカーへの適切な対処法です。 戦わないためには、トラブルメーカーの感情的な部分を無視し本心を見抜く必要があります。 言動や態度を分析をし、分析結果は冷静に伝えましょう。 戦わないということは相手にしないという解釈もできます。 ですのでトラブルメーカーの攻撃を受けてもスルーして戦わないという選択をしましょう。

感情的にならない

トラブルメーカーは感情的な人が多く、どんな感情でも真っ直ぐにぶつけてきます。 ネガティブな感情も躊躇なくぶつけてくるので当然なことながらこちらも嫌な気持ちになってしまいます。 ですがここで避けたいのが、こちらも感情的になってしまうことです。 感情に感情で対応するとお互いに気持ちが高ぶりエスカレートしてしまいます。 感情をぐっとこらえ、同じ土俵で戦うことは決してしないようにしましょう。 感情のコントロールでおすすめの対処法があります。それは3秒ルールです。 食べ物を床に落として3秒以内だったらセーフ、というルールとは違います。 マイナスな感情を持ったとしてもまずは3秒間ぐっと我慢します。そうすると不思議なことにマイナスの感情が流れてくれるのです。 「ムカつく」「嫌だ」と思っても心の中で「1、2、3」と数えてみてください。そして笑顔になりましょう!

しっかりと向き合う

トラブルメーカーは自分がトラブルメーカーである自覚が足りません。自覚がないため改善されることもないはずです。 ですがこのままにしておくのが果たして良い対処法と言えるでしょうか? 時と場合によってはトラブルメーカーとしっかり向き合うことも必要です。 下記の内容に注意しながらしっかりと向き合ってあげましょう。 ・相手のためであることを伝える ・サポートやフォローも怠らない ・一方通行で話さない ・トラブルに思われるような言動や態度をなぜ取るのか原因を聞くもしくは一緒に考える ・自身で取れる解決策と周りが取れる解決策をわけて考える ・これまでにトラブルメーカーがもたらしたダメージを事実を元に伝える ・言動や態度が改善されるとどのような良い影響があるかを伝える ・共感する時は感情的な面も見せる

否定も肯定もしない

トラブルメーカーの発言に対して否定も肯定もしないようにしましょう。 なぜなら、トラブルメーカーは敵・仲間意識が強いためです。 トラブルメーカーの発言に対して否定をすると敵となり、肯定をすると仲間だと思われてしまうからです。 否定も肯定もしないことは難しく感じられるかもしれませんが、 ・●●さんはそう感じるんだね。 ・●●さんの意見は参考になるよ!ありがとう! ・そういう考えもあるかもしれないね。 などその場を濁すような発言を意識すると良いです。

自らの発言に細部まで気を配る

必ずしもトラブルメーカーが100%悪いというわけではありません。 トラブルメーカーの言動を観察すると同時に自らの言動も見直してみましょう。 ・曖昧な表現を使っていないか ・カタカナ英語や専門用語を使いすぎていないか ・指示は細かいか などを軸に自らの発言に細部まで気を配りましょう。 特に仕事などを依頼する時は5W1Hをフレームワークに指示を出すと良いですよ。 <5W1Hとは> Who(誰が):誰が取り組むのか。個人なのか、グループなのか。 What(何を):何に取り組むのか。やるべき内容。 Why(なぜ):なぜその仕事をやる必要があるのか。またなぜ依頼人があなたなのか。 Where(どこで):具体的に場所などの指示があるか。 When(いつ):具体的な実施日や期限。時間まで伝えられるとベター。 How(どのように):具体的な方法はあるか。避けるべき方法があれば伝える。

ダブル・トリプルチェックを行う

1人きりにせず、小まめに声をかけることも必要です。 依頼したタスクなどの進捗状況、不明点などがないかの確認を複数回行うことで大きなミスを防ぐことができます。 進捗状況が遅ければその原因と解決策を話し合うことができますし、不明点がもしあればクリアにすることでトラブルメーカーの仕事などの効率も上がっていきます。 結果として物事が円滑に進むのでトラブルメーカー自身にとっても周りにとっても良いことになりますね。

トラブルメーカー の治し方

ありのままの自分を受け入れる

あなたは自分のことを好きだと言えますか?完璧でない自分、理想の姿になれていない自分を受け入れられないという人はいませんか? ありのままのあなたを受け入れることができると人生はもっと楽しい方向に向います。 忘れやすい性格でも、ミスをたくさんしてしまうのも全て引っくるめてあなたなのです。 忘れてもミスしてもいいのです。なぜなら人間はそういう生き物だからです。 受け入れられると自分のことをもっと大切にしようと思えます。

時間にゆとりを持つ

慌ただしく過ごしてる人を見て周りの人は「トラブルメーカー」と感じる人もいます。 ですので時間にゆとりを持って行動をしましょう。 出社や集合時間などはいつもギリギリに到着していませんか?間に合わないという焦りから室内でも走ったりしてませんか? このような行動はあなた自信の心も乱しますし、同じように周りの人にも嫌な思いをさせてしまいます。 「5分前行動」とよく言いますが、それでも常にギリギリだと言う人は「10分前行動」をしましょう。 いやそれでも不安、という人は「30分前行動」から始めましょう!

予定・タスクを詰め込みすぎない

あなたが周りに「トラブルメーカー」と思われてしまう原因の一つに「自分を過信している」という点があるようです。 自分を信じることはとても大切です。ですが信じすぎるあまりに、処理することが不可能なほどの予定やタスクを詰め込みすぎていませんか? 予定や仕事のタスクは「これだけ全部やる!」という最高ラインよりも「これだけは最低やる!」のように最低ラインを基準に立てると良いです。 最高ラインだと、仕事やタスクが処理しきれなかった時に「全部出来ない自分はダメ人間だ」と思い込んでしまったり、周りも「仕事ができない人」と思われてしまうこともあります。 ですが最低ラインですと予定を確実にこなせるので自信がつきますし、周りから見ても「計画性のある人」と良い評判をもらえます。

NOT TO DOリストを作成する

TO DOリスト(やることリスト)の作成は馴染みのある人は多いかと思います。直近で対応すべきタスクを書き出して対応したらチェックしていくパターンですよね。 では、NOT TO DO リストを作成している人はいますか?NOTが付きますので「やらないことリスト」になります。 NOT TO DO リストには今やらなくていい、後回しにできる項目を書きます。 結果的に対応すべきタスクであることは変わりないのですが、緊急度と優先度が低いものが並ぶのです。 NOT TO DO リストを作成することで自分の中で物事の優先順位をつけやすくなります。 このNOT TO DO リストは私もよく取り入れている方法です。 全てのタスクを書き出した上でTO DOとNOT TO DOいずれかの項目に振り分けるイメージです。 付箋に書き出すとTO DOとNOT TO DO間の移動が楽なのでおすすめです。

それぞれの予定やタスクに必要な時間を把握する

「この予定は2時間で終わる」「この仕事は1時間で終わらせる!」など自分の感覚や願望で時間を見積もっていませんか? 大切なことは、予定やタスクの処理にかかる正確な時間を把握することです。 正確な時間を把握することで1日のスケジューリングが上手くできるので、実際に必要とする時間を洗い出すと良いです! 例えば、 ・移動時間の見積もりは正確か ・乗り継ぎなどの移動時間も加味しているか など細かい部分まで見直してみましょう。

自分と向き合う時間を設ける

誰かのためにあなたの時間を使っている人は多いと思います。仕事中は取引先や会社のためにあなたの時間を捧げていますよね。 では、自分と向き合う時間を設けている人はどのくらいいますか?仕事以外のプライベートの時間はどのように使っていますか? プライベートの時間も仕事の残務を処理したり、友達・家族・恋人のために行動していることが多い人もいるはずです。 自分と向き合う時間も大切です。あなたがどういう思いで毎日を過ごしているのか、今後どういう将来を思い描いているのかなど問いかけてみましょう。 あなたの人生の主人公はあなたです。あなた以外の誰でもないので、自分のために楽しい毎日にしましょう!

頑張りすぎない

努力することは大切ですが、自分を追い込んで頑張りすぎないでください! あなたの努力する姿は周りが見ていますし認めています。ですので自分で自分にプレッシャーを与えることはしなくていいのです。 人間は何かに集中していると自分の体の悲鳴に気付かないものです。ですがあなたが無理をするほどストレスは溜まっていきます。 ストレスが溜まると体が不調になり、最悪の場合大きな病気に発展することもあります。 体が出している小さなサインを見逃さず、気になることがあれば早めに病院に行きましょう。

周りと比べない

周りの人と実力などを比べる必要はありません。人は人と比べることで「自分はダメな人間」などの感情を抱きます。 あなたはあなたのペースで、あなたらしく毎日を過ごせばそれで十分なのです。 「あなたは●●さんよりも仕事ができない」「●●さんのように成績をあげろ」などの人からの注意はあまり気にしなくて大丈夫です。 注意を受けて何も変わらないのは良くないですが、一生懸命さが相手に伝わればそれで良いのです!

周りに頼る

家族・恋人・友人・同僚・上司などあなたの周りにはたくさんの人がいます。 ぜひそういう人を頼りにしましょう。あなたは1人で頑張る必要は全くありませんからね! 人は1人では生きていけない生き物ですので^^ 中には他人への頼り方がわからないという人もいるのではないでしょうか?わかりますよ、その気持ち。 ぜひ下記のような発言をして相手の反応を見てみてください! ・私はこう思うのだがあなたの意見を聞かせてほしい ・私の能力では対応しきれないからあなたの助けを貸してほしい ・あなただったら特定のシチュエーションの時にどう対応するか聞かせてほしい

リフレッシュも大切

仕事や人付き合いなどを頑張りすぎていませんか?気を遣いすぎていませんか? 自分を追い込みすぎるとトラブルを起こしかねないので、しっかりとリフレッシュする時間を設けましょう。 自分がどんな時に、何をしているとリラックスできるのかは明確ですか? 忙しいことを理由にリフレッシュの時間をスキップしていませんか? どんなに慌ただしい毎日でも1分からで十分ですのでホッと心を落ち着かせる時間を取りましょう。 リフレッシュ方法は様々です。 ・好きな香りにつつまれる ・好きな音楽を聞く ・好きなドラマや映画を見る ・キャンドルを焚く ・ホットアイマスクをする ・深呼吸をする ・ペットと戯れる ・ひとりカラオケに行く 他にもいろいろな方法があると思います。自分にとってしっくりくるものをぜひ今日から取り入れましょう!

念入りに確認を行う

相手の依頼や要望を100%理解できるまで確認を続けましょう。 確認を怠ると双方の認識にズレが生じるため、後々大惨事になりうることもあります。 確認作業をすることで相手に迷惑をかける、なんて思っていませんか? そんなことは全くありません!確認せずに失敗される方がかえって迷惑です。 「私の理解は正しいか」「期限は●●までという認識で大丈夫か」など細かい部分までしっかりとすり合わせを行いましょう。

メモを取る

人間は物事を忘れてしまう生き物です。そのため忘れてしまうことに対して強くネガティブな感情を持つ必要はありません。 ですが忘れないような対策はたくさんできます。その一つが「メモを取る」ことです。 最近はスマートフォンなどにもメモ機能が搭載されているので手書きよりも素早く気軽にメモを残すことができます。 1日の仕事のスケジュールや他人からの依頼などを書き出し目の付く場所に置きましょう。 そうすることで忘れることを防ぐことができ「トラブルメーカー」と思われることはありません。

生活習慣を見直す

仕事などのパフォーマンスが芳しくないと感じる場合、その原因があなたの生活習慣になるかもしれません。 睡眠・食事・運動などの質やバランスを今一度見直してみましょう。 基本的なことなのですが忙しくなると不思議なことにないがしろにしてしまうのが人間です。 生活習慣が乱れているなと感じる人は少しずつで良いので改善に努めましょう。 質が悪いようであれば良い物へと変えるもしくは変えられるような策を考えることが大切です。 <睡眠> ・時間は適切か?一般的に6〜8時間の睡眠時間が理想 ・寝具や寝間着の状態はどうか?肌触りは悪くないか? ・寝室の環境はどうか?気温や湿度はちょうど良いか? ・寝る直前の飲食はしていないか? ・スマホ、PC、テレビの画面を直前まで見ていないか? ・感謝の気持ちで寝床につけているか? <食事> ・自分に合った食事や時間は把握しているか? ・食べ過ぎていないか? ・食べなさ過ぎていないか? ・体に悪い添加物などは含まれていないか? ・好きな物だけを食べていないか? ・外食ばかりをしていないか? <運動> ・運動はしているか? ・階段を避けていないか? ・徒歩や自転車を避けていないか? ・一気に頑張りすぎていないか? ・座りっぱなしになっていないか?

人間関係に関するおすすめの書籍

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール

悩みの90%以上は「人間関係」に原因があると言われます。 本書で紹介する「選択理論」は、その人間関係の悩みをスッキリ解消し、 人生が驚くほどラクになると、今注目されている心理学です。

この本の詳細を見る

嫌われる勇気

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない! 世界的にはフロイト、ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠とされながら、日本国内では無名に近い存在のアドラーが「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言し、対人関係を改善していくための具体的な方策を提示している書籍です。

この本の詳細を見る

さいごに...トラブルメーカーは良い人に感じることも...?

トラブルメーカーは基本的に良い意味で使われることはないのですが、トラブルメーカーと呼ばれる人の中には一見「良い人」に見える人もいます。 「問題を起こす人」の意味はあるものの、必ずしも故意的とは限らないからです。トラブルメーカーの言動をよく観察すると悪気があるようには思えない人がいるはずです。 そのためそのような人は「トラブルメーカー」と思われるというよりは「良い人なんだけど少し抜けている人」「悪気はないんだけどミスが目立ってしまう人」など少し擁護的な見方をされます。

こちらの記事もチェック

陽キャの性格・外見・仕草の特徴!陽キャになる方法は?

eigobu.jp

陰キャ女子あるある!服装・髪型・性格の特徴とは?陽キャになる方法も解説!

eigobu.jp

陰キャあるある20選!特徴、陽キャに生まれ変わる方法も紹介!

eigobu.jp

陰キャの性格・見た目・仕草の特徴!陽キャとの違いは?陰キャから抜け出す方法は?

eigobu.jp

彼氏が既読無視する心理と理由は?どう対応する?NG行動行動と円満にLINEする方法

eigobu.jp

彼女が既読無視する理由と心理は?期間別の対処法を解説!NG行動は?

eigobu.jp

女友達が既読無視する心理を確かめる方法、対処法、絶縁する方法は?

eigobu.jp

「洞察力」と「観察力」の違いは?また「洞察力」のある人の特徴!

eigobu.jp

「自意識」の意味と英語表現!また「自意識過剰」の特徴も解説

eigobu.jp

「縁の下の力持ち」な人の特徴は?「縁の下の力持ち」の意味と英語表現も!

eigobu.jp

「向上心」が高い人・ない人の特徴!「向上心」の意味と英語表現も

eigobu.jp

良い事?悪い事?「人たらし」とはどんな人か特徴を解説!類語も紹介

eigobu.jp

「倫理観」の意味と道徳観との違いは?倫理観のない人の特徴も解説

eigobu.jp

「貶める」の正しい読み方と意味とは?「貶める人」の特徴と対処法も

eigobu.jp

「怠惰」の正しい意味と使い方!「怠惰な人」の特徴や心理とその脱出方法

eigobu.jp

「欺瞞」の正しい意味と使い方!「自己欺瞞」な人の特徴と対処法

eigobu.jp

「あざとい」の正しい意味と英語表現とは?「あざとい女」などの特徴

eigobu.jp

「社畜」の本来の意味とは?特徴と対処法も解説

eigobu.jp

「美人局」の意味とは?巧妙な手口とその対処法

eigobu.jp

「差し出がましい」の正しい使い方と「差し出がましい人」の特徴と対処法

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. トラブルメーカーの男女の特徴と心理、対処法、治し方