1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 感受性が強い人の特徴と恋愛傾向!感受性が高くなる原因とコントロール方法も解説
感受性が強い人の特徴と恋愛傾向!感受性が高くなる原因とコントロール方法も解説

感受性が強い人の特徴と恋愛傾向!感受性が高くなる原因とコントロール方法も解説

「感受性の高い人」「感受性が強い」という言葉を聞いたことがあるかと思います。では一体「感受性の高い人」とはどういった人なのでしょうか?「感受性」の意味と「感受性の高い人」の特徴について今回は詳しく解説していきます。

「感受性」とは?

「感受性」の意味と使い方

「感受性」は<かんじゅせい>と読みます。 意味は外界や環境内の印象や変化を感じ取る能力、また感じ取りやすい性質のことです。 状況や人からの言動などによって心が動かされやすいことで、主に周囲や環境に影響されやすい人や、他人の気持ちを感じ取ったり理解できる人のことを「感受性がある人」「感受性が強い」などといいます。 主な言い回しは ・感受性の強い ・感受性が高い ・感受性が豊か ・感受性のある です。

「感受性豊か」は褒め言葉か?

「感受性豊かだよね」という言葉は使う場面と言い方次第で、褒め言葉にも嫌味(軽蔑)にもなります。 画家や歌手など芸術活動をするアーティストにとって「感受性が高い」ことは大変嬉しいことであり、「感受性が豊かだよね」と言われるのは褒め言葉です。 しかし、普通に社会で生活したい人にとって高すぎる感受性は人生の邪魔になることもしばしばあります。 テレビや映画を観ただけで涙が止まらなくなってしまったり、同僚や友人の何気ない一言にすごく傷ついてしまったり、、、 感受性が高いことをコンプレックスだと思い悩んでいる人もいます。そういう人に対して「感受性豊かだ」と言ってしまうのは、軽蔑にあたりますよね。 なので「感受性が強い」という言葉を使う際は、使う相手の考え方、場面などをわきまえて使うようにしましょう。

「感受性」の類語

「感受性」の類語には、 ・感度 ・感性 などがあります。 「感受性が強い」の類語には、 ・敏感 ・鋭敏 ・影響を受けやすい ・閾値が低い などがあります。

「感受性」は英語

「感受性」は英語で「sensitivity」 「感受性」は英語で「sensitivity」です。 「感受が豊かな」は形容詞で「sensitive」になります。

She is such a sensitive poet.

彼女はとても感受性の豊かな詩人だ。

感受性の高い人の特徴|性格編

感受性が高いことにはメリットとデメリットの両方があります。 詳細をがっつり書いていきたいと思います。

多くのことに感動できる

感受性の高い人は、様々なことに感動することが出来ます。 そこから感じる相手の気持ちや空気感、雰囲気など言葉では表せられないものも感じ取ります。 世界遺産や素敵な景色を見ても感動し、ドラマや映画を見ても感動し、人からいい話を聞いたりして感動することもあります。 感受性が高いということは、とても素直であるとも取れます。 先入観や偏見を持たずに、ありのままを感じることが出来ます。

人の些細な変化に気付く

感受性の高い人は、他人の小さな変化にもよく気づきます。 特に感情や気持ちに変化があった際に、その人の言動や雰囲気から感じ取ります。 そのため「今落ち込んでるかな」「今のは嘘かな」などとすぐに察知します。 また目に見える変化にもよく気が付き、髪型や持ち物の変化やいつもと違った服装にも気づきます。

芸術的センスがある

感受性の高い人は、人よりも多くのことに感動したり喜んだり悲しんだりすることが出来ます。 そのため、何かを表現する際も多くの感情を乗せることができます。 音楽や絵画で、感じ取った多くのことを表現することが出来ます。 そのため、繊細かつ本来人があまり感じ取ることのないものまで表現出来るので、その人だけの芸術が生まれます。 技術的に上手であるというよりも、誰かに響くような独創的なセンスがある場合が多いです。

人の気持ちや立場を考えられる

感受性の高い人は、空気を読みすぎてしまうことがあります。 そのため、自分の感情をあまり表現できずに周りの様子を伺ってしまいます。 協調性があるので大人数のときや団体の場合はとても良いですが、少人数の場合は「もうちょっと自分の意見を言って欲しいな」と思われてしまうこともあります。

ナイーブで傷付きやすい

感受性の高い人は、感動や嬉しいことだけではなく悲しいことや辛いことも人一倍感じ取ってしまいます。 例えば、他人からのちょっとした一言で普通に人は何とも思わないことでも感受性の高い人は「嫌われてしまった」「相手に迷惑をかけてしまった」などとひどく落ち込んでしまうことがあります。

感情の起伏が激しい

感受性の高い人は、感情の起伏が激しくなってしまいます。 キレやすいとか、すぐ泣く、とかそういった類ではなく、何かを見てすぐに感動したり周りのことを気にしすぎて落ち込みやすいところがあります。 そのため他の人が何も感じないことにも様々なことを感じてしまい、感情の起伏が激しくなってしまいます。 感受性の高い人は、何かに対して怒ったりテンションが上がるというよりも、感傷的になったり落ち込んだりすることが多く、周りからは心配されてしまいます。

ストレスが溜まり疲れやすい

感受性の高い人は繊細で傷付きやすく、また人の気持ちに敏感であるためにストレスが溜まりやすいです。 また、人よりも嬉しいことや悲しいことなど多く感じてしまうため、疲れやすくなっています。 ただ感じ取るだけならいいのですが、感じ取ったものを気にしたり感情を引きずってしまうことでストレスが溜まったり疲れてしまいます。 しっかりと自分でも感情をコントロール出来るようにする必要があります。

感受性の豊かな人の特徴|行動編

空気を読みまくった行動

感受性の高い人は、周りの人のことをよく分かります。 そのため人の気持ちを汲んだ行動や相手の立場になって考えることが出来ます。 ビジネスでは、取引先や顧客の気持ちになれるので相手も気持ちよくいられるでしょう。 また日頃の人間関係や恋愛面でも、相手が言えずにいる気持ちや本音を汲み取り気付いてあげられます。 また心配性な一面もあるため、自分が周りにどう思われるのかもすごく気になります。 そのため、相手が嫌な思いをしないように空気を読みすぎてしまうことがあります。

物を大事に扱う

感受性が豊かな人は、物に対しても感受性が豊かなのでとても丁寧に扱います。 まるで命があるかのような扱い方で、とても優しく使います。 物を投げたりぞんざいに扱ったりすると、「物が可哀想だ」と話すこともあります。 人形やぬいぐるみなど、人や動物を象った物に対してはかなり感情移入をしてしまうことがあり、会話をすることもあります。

物に名前を付ける

ものに感情移入をするので、そのまま物に名前をつけてしまうことも多いです。 人形やぬいぐるみはもちろんのこと、普通の雑貨や生活用品にもつけてしまいます。 がっつりと名前をつけるわけではなくとも「ペーパーちゃん」などとちゃん付けをしたりします。 実際に家でも「ペーパーちゃん使うよ〜」とか普通に話すことも多いです。

よく泣く

感受性の豊かな人は、映画を観て感動したり悲しい気持ちを共有したりすると涙が出てしまいます。 悲しみや怒りなどを人一倍強く感じてしまうからです。 感受性の強い人は自分の感情で頭がいっぱいになり冷静に考えて対処をすることが苦手なので、感情に飲み込まれてどうしようもなくなり、泣いてしまうことが多くなっています。 事故や事件のニュースを見るだけでも感情移入をして泣いてしまうこともあります。

相手の反応を伺う・聞く

感受性が強い人は、相手のことが気になります。 そのため自分の言動に対する反応を常に伺っています。 気になりすぎて、本人に聞いてしまうこともあるくらいです。 どう思われているか、どう感じているのか気になってしまうので、常に相手の反応を伺うような行動が多くなります。 「そんなに心配しなくても悪く思ってないよ」と伝えても「ほんとに?大丈夫?」と気にしてしまいます。

ボランティア

感受性が強い人は、ボランティア活動にも積極的に参加します。 困っている人の気持ちを理解して、少しでも力になれたらと思っています。 特に被災地や老人ホームなどにはよく出向き、ボランティア活動をしています。 また支援や募金活動などをすることもあります。

友人が傷付けられたら、傷付けた相手に出ていく

感受性が強い人の中には、自分の友人や仲間などが傷付けられた場合に許せなくなり、傷付けてきた相手を怒ったりお説教をしてしまうことがあります。 「なんでそういうことしたの?」「○○傷付けているよ!」「謝ってよ」などと迫ります。 特に女性に多く、傷付けられた友人と同じくらい悲しい気持ちになったりイライラしてしまいます。 正義感のある人だと余計に行動してしまうことがあり、お節介になってしまうこともあります。

感受性の強い人の特徴|発言編

「疲れた」

感受性が強い人は、他人の気持ちなどに感情移入し過ぎて疲れてしまうことがあります。 そのため「はぁ、疲れた…」ということが多いでしょう。 とても多感なので、親しくない相手のことでも気になってしまいます。 そのため話に感情移入をしたり、人よりも情報が入ってきたり、他人の対人関係におけるトラブルに巻き込まれたりして、疲れてしまいます。 また他人を放っておけないため、世話を焼いてしまうことが多く疲れてしまいます。

「可哀想」

可哀想だな、と思うことがあるとすぐに感情移入してしまうので、誰かに対して「可哀想」と言っていることが多いです。 「あれじゃ可哀想だよ」「可哀想だから助けてあげよう」と思っています。 見下していたりマウントを取っているわけではなく、心底相手を心配して可哀想に思ってしまいます。 そして弱い立場の人を助けてあげたいと思うことが強いため、余計に「可哀想」と思うことが増えてしまいます。

よく謝る

相手の反応が気になってしまうことから、すぐに謝るクセがついています。 「嫌だった?ごめんね」と友人にもよく謝っているでしょう。 また職場でも、何か言われるたびに「すみません、やっておきます」「すみません、ありがとうございます」と言っています。

シャープペンシルの芯が折れて「痛い」と言う

これは高校時代の筆者の話なんですけど、シャープペンシルの芯に感情移入をしていたのか、シャーペンの芯が折れるとつい「痛い!」と言っていました。 授業中でも言ってしまっていたので、周りから心配されていましたが「芯が折れた」というと「は???」みたいな反応されることが多かったです。 物と物がぶつかっても「痛い」と言ってしまうことがありましたが、感受性が強かったのかもしれません。今は何とも思っていません。

感受性が必要以上に強くなってしまう原因

遺伝や環境

HSPという言葉をご存知ですか?「ハイリー・センシティブ・パーソン」の略なのですが「過敏な人」という意味になります。 この「HSP」は感受性が強すぎる人たちのことを指して使うのですが、遺伝や環境も関係すると言われています。 すべてが遺伝なわけではないですが、無関係とは言えないそうです。 特定することは難しいのですが、遺伝や環境によってHSPとなり感受性が必要以上に強くなってしまっている可能性があります。

対人関係で悩んだことがある

対人関係のトラブルに巻き込まれたり、親しい人に陰口を言われたいたことがある人は、他人や周りの感情を気にするようになり感受性が強くなってしまうことがあります。

何か心配ごとがある

強い感受性をコントロールする方法

他人と程よい距離を取る

他人と近すぎると、どうしても感情移入してしまいます。 感受性が強い人の中で一番苦労するのは、対人関係でしょう。 他人がどう思っているか気になってしまう、相手の些細な言葉で傷付いてしまう、相手の話に感情移入してしまって疲れてしまう…などなど。 自分のことは自分で処理出来ても、相手との関係性の中だと自分だけでは処理出来ないこともあります。 なので、他人と深く付き合いすぎると色々なことを感じ取りすぎてしまいます。

ストレスを溜めない

ストレスが溜まっている状態だと、より過敏になってしまいます。 そのため、なるべくストレスを溜めないように生活をしたり、ストレスをこまめに発散するようにしておきましょう。 自分が何をすると気持ちがスッキリするのかを把握して、それらを定期的に行いましょう。 ストレスって気付かない間に溜まっているものです。 溜め込みすぎると、冷静な判断が出来なくなり些細なことで過敏になってしまいます。

自分と向き合う時間を作る

他人よりも自分の感情を大事にしましょう。 ですので、他人のことを考える前に自分と向き合う時間を作るべきです。 今自分が何をしたいと思っているのか、何をどう考えているのかを問いかけ把握しましょう。 自分のやりたいことなどが明確になれば、それに集中することが出来ます。

なるようになる精神を持つ

「なるようになる」と考えることって結構大事です。 あまり深く考えすぎないで、「なるようになる」と思うようにしましょう。 悩んだり考えても、状況は変わりません。 まずは自分が元気になることを考えましょう。 なんくるないさ〜

感受性が弱い人の特徴(性格、行動、発言)

無頓着

感受性が弱い人は無頓着な人が多いです。 物事への関心が低く、何も気にかけません。 他人がどう思っているかも気にしませんし、他人にどう思われているかも気にしません。 自分のやりたいことをやって過ごしている人がとても多いです。 イベントなどにも無頓着が多く、クリスマスやバレンタインなどにも興味がありません。

「無頓着」の意味と使い方、類語、対義語、「無関心」との違い、治す方法

eigobu.jp

常に冷静沈着

感情に左右されない分、冷静沈着な人が多いです。 何が起きても心が波立つことがなく、冷静に分析します。 人によっては「冷酷」「無情」だと思うかもしれません。 正しい判断をすることは出来ますが、相手の気持ちを考慮して考えることをしません。 事実がすべて、と考える人がとても多いです。

映画などで感情移入しない

映画などを見ても「そういう人もいるんだな」ぐらいにしか思いません。 主人公が可哀想だ!と涙をすることはなく、冷静に話の内容を受け止めています。 感受性が弱いからといって、一切何も感じないわけではないので感動もしますし気持ちも揺れ動きますが、深く感情移入をしたり号泣するほど感動することはありません。

見返りを求めない

自分が何か相手に親切なことをしたとしても、相手に見返りを求めることはありません。 「見返り」という以前に、「何かをしてほしい」といった相手に「何かを求める」ということがないんです。 他人興味がないので、他人に何かをしてもらおうという気がさらさらないのでしょう。 そもそも自分が「するべきだ」と思っているから、親切にしているだけであって「相手のため」という感覚が薄いのです。 そういった「助け合いの精神」みたいな関係性を築くのがとっても苦手…。 相手の気持ちを察することがとても苦手なので、自分が助けたいときには助けるけれど、「助けてほしい」などと求められるのがちょっと嫌なんです。

感受性を適度に高める方法

相手の立場になって考える

感受性を適度に高めるには、相手の立場になって考えるといいでしょう。 相手に感情移入しすぎると疲れてしまうかもしれませんが、程よく感受性を高めるには相手の立場をまず考えてみてください。 自分の考えや感情だけでなく、相手の気持ちなどを考えられるようになると、他の人がどう思うのだろうと感じ取ることが出来ます。 まずは職場の人や友人などの気持ちになってみましょう。

人間観察をする

感受性を高めるには、他人のことを知る必要があります。 そのため、会社でも街でもカフェでも人間観察をするようにしてみてください。 「ああいう人もいるんだ」「こう考えるんだ」などと、相手が何をしてどう考えているのかを想像してみましょう。 「こういう時人ってこんな表情するんだな、こういう仕草をするんだな」と分かってくることで、「今この人はこういうことを感じているんだ」と分かるようになってきます。

色々な本を読んだり映画を観たりする

読書や映画鑑賞は新しい価値観にふれることが出来るのでおすすめです。 もともと読者や映画鑑賞が好きな方は、今まで興味のなかった作家さんや手を出していなかったジャンルのものを読んだり鑑賞したりしてみてください。 突然、今まで関わって来なかったタイプの人と関わってみましょう、というのは難しいですよね。 ですが本や映画であれば、一方的に知ることができるので自分のタイミングで周りを気にせず新しい価値観や視点を知ることができます。 もしかしたら、同じように人間嫌いで悩んでいる人の話を知ることができるかもしれません。 同じ経験をしていたり、同じ気持ちを抱えている人の話は、自分の心と向き合うキッカケをくれることがとても多いです。

知らないところへ出かけてみる

知らないところに出かけてみるのもおすすめな克服方法です。 億劫な気持ちになるかもしれませんが、できるだけ今いるところから遠くへ行ってみてください。自分自身のことを誰も知らない街に日帰りでもいいので足を運んでみてください。 突然の遠出は難しければ隣の県の降りたことのない駅とかに行って歩いて、できればお店に入ったりしてみてください。 可能であれば、海外などのパッケージプランなどに参加して、全く知らない人と関わる機会を作ってみてください。日本人ばかりのツアーでも大丈夫です。 知らない土地での一期一会って、思っている以上に心を動かされます。 自分が悩んでいた世界ってとても小さくて、世界にはもっと多くの人がいて、そのほとんどが自分のことを知らなくて、誰も人と関わるのを避けている変な人だなんて思わずに優しく接してくれることに感動しますよ。 「こんな風に感じることってあるんだな」と思えたら、感受性が高まっている証拠です。

色んな人と関わってみる

それから、色んな人と関わってみてください。 100人いれば100人の感じ方や価値観があります。 多くの人と関わることで、色々な考えや意見に出会えます。 そういった考えや意見にふれあい、自分では考えもつかないような価値観を知ることができます。 そうすると何かあった時に自分がまず感じた後に「あ、でもこう感じる人もいるかもな」「あの人だったらこういう風に捉えるかも」と考える事が出来ます。 これも感受性が養われているからこその考え方です。

自分に自信を持つ

新しい価値観に触れたりすることはもちろん大事なのですが、まず自分を好きになって自信を持っていないと感受性はなかなか高まりません。 不安だからこそ感じてしまうものもあるかもしれませんが、適度に高めるには自分がより良い状態である方がいいです。 そのためには、自分に自信を持ちましょう。 そうすることで、自分が感じたことや考えたことを素直に受け入れることが出来ます。 それを「どうせ私の考えだから」と受け入れないと感受性は低くなってしまいます。 これだと感じることを自分で拒否していることになってしまいます。 まずは自分に自信を持つようにしましょう。

感受性が強い人におすすめの職業

画家

感受性が強い人におすすめの職業は、まず画家です。 自分の感じていることをすべて、絵に表現をしましょう。 他の人以上に様々なことを感じられるので、表現の幅も広がります。 実際に画家として活躍してる人の多くは感受性が豊かです。 他人では感じ取れないことを、絵に表現しているので人々は魅了されるわけです。 その感受性を生かして芸術で表現をするといいでしょう。

作曲家

絵画だけでなく、作曲もいいでしょう。 感じたことを音楽で表すことも出来ます。 ショパンも感受性の強い気質だと言われており、詩人でもありました。 芸術面で成功を収めている人の多くは、感受性が豊かで他人の何倍もいろんなことを感じ取っていたのでしょう。

小説家

それから小説家も向いているでしょう。 やっぱり、いくら空想の世界で書いているとはいえ、自分が感じたことのあることを言葉にすることでリアリティが増し人の心にも響きやすくなります。 感受性が強ければ強いほど、他人の体験をまるで自分が体験したかのような気持ちになれます。

詩人

物語を作らなくても、感じたまま言葉で表現して詩人にもなれるでしょう。 詩は言葉さえ分かればすぐに作ることが出来ます。 感受性が豊かな人は、詩を書くことで心が落ち着きリラックス出来るでしょう。 俳句や短歌でもいいですよね。 仕事して詩を書かなくとも、日頃から詩を書いてみてはいかがでしょうか?

役者

様々な人物やキャラクターに扮する役者も、感受性豊かな人は向いています。 役に入り込んで感情移入をすることで、よりリアルに演じることが出来ます。 俗に言う「カメレオン俳優」などは感受性豊かな人が多いでしょう。 役を冷静に分析して技術で演技をする役者さんと、入り込んで自分がなりきって演技をする役者さんがいますよね。 感受性が強い人は後者です。 なかなか役が抜けられず、撮影中や舞台中はプライベートでも役のまま生活するという人もいます。

カメラマン

カメラマンは、生活や風景の一部を切り取ります。 どの部分を切り取るか、どういった物を撮るかというのは、その人の感じ方によって変わってきます。 感受性が強ければ強いほど、色々な場面を切り取りたくなるでしょう。 他の人には何とも思わない風景でも、感受性豊かな人にとっては何かを感じる瞬間だったりします。 それらをカメラに収めることで、見る人を魅了する写真になります。 感受性豊かな人は、普段から写真をよく撮ることもおすすめします! SNSなどでバズっちゃうかもしれませんよ!?

映画監督

映画監督も感受性が豊かな人が向いているでしょう。 カメラと同じで、感受性豊かな人が感じた世界を映像で収めて映画を作ることで、人々に感動を与えてくれます。 人と違う視点であればあるほど、新しい映画を作ることが出来ます。 感受性が豊かな人は、他の人では感じられないものを感じ取ることができるので、映画監督も向いているでしょう。

テーマパークのキャスト

テーマパークのキャストも感受性が強い人は向いています。 ファンタジーな世界観で、現実ばっかり見てる冷静沈着な人だと周りもテンションが下がってしまいます。 感受性豊かな人は、お客さんがまるで映画やアニメの中の世界に来たかのような気持ちになれるような振る舞いをすることが出来るでしょう。 テーマごとの衣装を着ることで、よりそのテーマに沿ったパフォーマンスをすることが出来ます。

芸術に特化した分野がいいですね

その他にもダンサーやバンドマン、陶芸家やデザイナーなど、感受性豊かな人は芸術に特化した分野で活躍出来ることが多いでしょう。 芸術家って個人で仕事をしているイメージが強いかもしれませんが、企業などで芸術的な部門で活躍することも出来ます。 また、例えば幼稚園の先生になってお遊戯会や季節の飾り付けなどを上手にやって子供たちを喜ばせることも出来ます。 自分が感じたものをどのように表現出来たら嬉しいかを考えて、特化させていくといいでしょう。

感受性が高くて悩んでいる人におすすめの本

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本

「まわりに機嫌悪い人がいるだけで緊張する」「相手が気を悪すると思うと断れない」「疲れやすく、ストレスが体調に出やすい」「細かいところまで気づいてしまい、仕事に時間がかかる」そんな「繊細さん」たちから、「人間関係も仕事もラクになった!」と大評判。予約殺到の「HSP(とても敏感な人)専門カウンセラー」が教える初めての本!

「敏感すぎる自分」を好きになれる本

神経質、引っ込み思案、傷つきやすい。生きづらいのは弱いからじゃない。5人に1人が持つHSP気質(とても敏感な気質)を生きる勇気に変えるヒント。

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

なぜこんなに音・におい・相手の表情が“気になってしかたがない”のか?「交友関係は狭いけれど深い」「競争や諍いは苦手だからしない」「ゆっくりだけど深く考える」…5人に1人が該当するHSP(とても敏感な人)が生きづらい世の中を“敏感さを武器”に強く生き抜くヒント。

おすすめの記事

「人徳」がある人の特徴は?意味と使い方、「人望・仁徳」との違い

eigobu.jp

「ニヒル」の意味と使い方、語源、「ニヒルな性格・笑い」とは?

eigobu.jp

「ジゴロ」の意味と使い方、特徴、語源、「ヒモ」との違い

eigobu.jp

「キャパオーバー」の意味や類語は?キャパオーバーのサイン・原因・対処法も紹介

eigobu.jp

「キャパオーバー」の意味や類語は?キャパオーバーのサイン・原因・対処法も紹介

eigobu.jp

「よこしま(邪)」の意味と使い方、「よこしま考え・心・人」とは?

eigobu.jp

「出不精な人」の意味とは?特徴/心理、原因、改善/治し方、類語

eigobu.jp

既読スルーは脈なし?既読無視する心理や理由、対処法を徹底解説!

eigobu.jp

「めんどくさい女」の特徴と原因は?男はなぜ好きなの?対処法と卒業する方法も!

eigobu.jp

彼女が既読無視する理由と心理は?期間別の対処法を解説!NG行動は?

eigobu.jp

陰キャの性格・見た目・仕草の特徴!陽キャとの違いは?陰キャから抜け出す方法は?

eigobu.jp

陰キャ女子あるある!服装・髪型・性格の特徴とは?陽キャになる方法も解説!

eigobu.jp

ぶりっ子おばさんの特徴と心理とは?職場での対処法を徹底解説!

eigobu.jp

ぶりっ子男子はきもい?特徴と心理とは!女性はぶっちゃけどう思うのか?

eigobu.jp

トラブルメーカーの男女の特徴と心理、対処法、治し方

eigobu.jp

目力の強い人は魅力的でモテる?特徴とトレーニング方法、メイク術は?

eigobu.jp

色気ある女性の特徴とは?メイク・髪型・性格、なる方法まで徹底分析!

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 感受性が強い人の特徴と恋愛傾向!感受性が高くなる原因とコントロール方法も解説