1. TOP
  2. 心理
  3. 恋愛・結婚
  4. 放置プレイの意味と方法、効果、心理、注意点、されやすい人の特徴とは?

放置プレイの意味と方法、効果、心理、注意点、されやすい人の特徴とは?

恋愛における「放置プレイ」とは「好意を抱いている相手を構うことをやめて相手の気を引く」という、いわゆる恋の駆引きの一つです。放置プレイには一体どんな効果があるのでしょうか?今回は、「放置プレイ」について詳しく解説していきます。「放置プレイ」の方法や注意点、放置プレイされないためにできることなども合わせて紹介しますので是非参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

放置プレイとは

「放置プレイ」とは「好意を抱いている相手を構うことをやめて相手の気を引く」という、いわゆる「恋の駆引き」の一つです。 好意を抱いている相手には、自分のことを好きになってもらう為に猛アプローチをかけますよね。 好き好きアピールをして「この人は自分のことが好きなのか...」と思わせながらも、ある日突然アピールをやめて「あれ...?」と思わせる...これが放置プレイです。 また、お付き合いをしている相手に対しても「放置プレイ」をすることで、安心感を与えず相手の気をいつまでも自分に向かせているという人もいます。

恋愛における放置プレイの効果

相手の中の自分の存在を大きくする

恋愛における放置プレイの効果は、やはり「相手の中の自分の存在を大きくする」ということでしょう。 好意を抱いている人にアピールをすると、相手も「自分のことが好きなのかな?」と多少なりとも感じ入るようになってきますよね。 しかし、ある日突然放置されはじめると「気のせいだったのかな?」なんて気になってしまいますし、自分なんて相手にしてる暇がないぐらいモテる人なんだ...とか、なんとなく相手に対してもっていた印象が変わって、 これで本当に仕事などプラベートでも充実した姿を見たりすると、魅力的に見えたりしてグーンと気になる度が増します。

「あの人のこと好きだったのかな?」と錯覚させる

上述しているように、放置プレイをすることで相手の中の自分の存在を大きくさせます。 その時点では「自分には相手に好意がないから気持ちには応えられない」と思っていたとしても、好意を抱かれている相手からのアピールが急になくなると、「どうして最近連絡をくれないのだろう」とか「最近会ってないけど元気かな...?」なんて気になってきてしまいます。 このように、相手に「どうしたんだろう?」と思わせているということは、相手の中の自分の存在が多きくなっているという証拠です。 そういった自分の気持ちに対して「自分はあの人のことが好きなのか...?」と錯覚することは多くあります。

「自分だけのものにしたい」と思わせる

自分に好意を抱いているであろう相手が、一切自分を構わなくなって他の人と親密そうにしていると、好意を抱いていなかったのにも関わらず「他の人のところに行ってしまうのは嫌だ」と思う人は多くいます。 自分に気持ちを向けていてくれたはずの相手が、他の人に気持ちを向けていることで「嫉妬心」が生まれ「自分だけのものにしたい」と思うのです。 嫉妬心を抱くことで初めて「この人のことが好きだったのだ」と気がつく人もいるでしょう。 また、お付き合いをしている相手に対しても放置プレイをすることで「他の人のところに行ってほしくない」という感情にさせる効果があります。

「追う側」と「追われる側」という立場を逆転させる

放置プレイをすることで、「追う側」と「追われる側」が逆転することは多くあります。 放置プレイをするまでは、「好き好き」とアピールしていたほうが「追う側」ですね。 それが急に追われなくなることで、今度は「追われていた側」が、追っていた側の気持ちが離れないように何とかしたいという気持ちが生まれてきます。 ここで、追う側と追われる側の立場が逆転するのです。 自分が追われる側でいたいからこそ、あえて最初は追う側になって放置プレイをすることで追われる側になることを狙うテクニシャンも多いです。

愛が深まる

「会えない時間が2人の愛育てるのさ」なんて歌の歌詞ありますよね。 相手に好意を抱いていると、やっぱりずっと一緒にいたくなってしまいます。 しかし、そこをグッとこらえて放置プレイをすることで作り出す「距離感」で愛を深めることができるのです。 距離感があると、連絡をとっていない時に「今ごろ何をしてるんだろう?」なんて相手のことを考えたり...そういった時間があるからこそ、会ったときにより相手を愛おしいと思ったり、大切にしようと思う気持ちが強くなるのです。

マンネリ化することを防ぐことができる

特殊な人たちを除いて恋愛にマンネリはつきものです。 それは、お互いの存在が「当たり前」の存在になってしまうから...。 マンネリ化してしまうと、一緒にいるときにドキドキしなくなったり「この人は自分のことが好きだから」なんて安心感から、「一緒にいてもつまらない」と思ってきてしまいます。 片思い中においても、あまりに好き好き言いすぎて行動パターンが同じだと、相手も慣れてきてしまってドキドキしなくなってしまうんです。そして「自分はこの人のことを好きじゃないんだな」と思ってしまったり...。 だからこそ放置プレイをすることで、「自分のことが好きなのか?」という不安感や刺激を与えることが大切なのです。

放置プレイをする人の心理

相手の気をひきたい

放置プレイをする人の心理といえば、やっぱり「相手の気をひきたい」でしょう。 急に構わなくなることで「どうしたんだろう?」と気にならせて「こっちから連絡してみようかな?」なんて思ってしまうものです。 放置プレイをすることで、相手の気をひき一歩前進したいという気持ちがあるのでしょう。 相手が自分に少し気持ちがあるのでは...?という自信があるからこそ、関係性をかえるために放置プレイをするというい人は多いです。

追われて安心感を得たい

恋愛において、「追うよりも追われる恋をしたい」と願う人も多くいるでしょう。 特に女性は、自分がガンガン追いかけているよりも、男性に追いかけられている恋愛のほうが幸せを感じますし、「この人は自分のことが好きなのだ」という安心感を得たいと考える人が多数います。 誰だって「この人は自分のことが好きなんだ」と実感していたいですよね。 だからこそ、ガンガンアピールしたあとで放置プレイをして一気に相手の気持ちを掴むというテクニックを使う人が多いのです。

相手の気持ちを確かめたい

「本当に相手が自分のことを好きなのか確かめたい!」という心理で放置プレイをする人もいます。 好き好き〜とアピールをしているのが自分だけだと、やっぱり「この人は自分のことが好きなのだろうか?」と不安になってきてしまいますよね。 そこで、相手の自分に対する気持ち確かめるために放置プレイをするのです。 放置プレイをしても相手が何の反応も示さなかったり、気持ちが離れていくようであれば「自分のことを好きじゃないんだな...」と思いますし、焦って連絡をしてきたり「最近どうしたの?」なんて気にかけるような素振りを見せてくれたら「自分のことが好きなのだな」と実感することができるでしょう。 このように、相手の気持ちを確かめたいからこそ「放置プレイをする」ということもあります。

単純に忙しい

「放置プレイをしよう」と思っていないのにもかからず、放置プレイになってしまうという場合もあります。 仕事で大きな案件やプロジェクトを抱えていると、恋愛どころではなくなってしまいますよね。 それまで全く忙しくなくても、突然忙しくなっていっぱいいっぱいになってしまうことってよくあることだと思います。 そういった相手の事情を汲み取れず「放置プレイだ」なんて思う人も多いでしょう。

めんどくさい

めんどくさくなってしまったからこそ「放置プレイ」をしてしまっている可能性も高いです。 例えば、恋愛依存体質な恋人で、「結婚したい」なんて重めな発言が目立ったり、あまりに「会いたい」「会いたい」とわがままばっかり言ってくる恋人には疲れてしまいますよね。 だからこそ、面倒くさくなって「放置しておこう」と思ってしまい、相手は「放置プレイだ」と受け取ってしまうのです。

放置プレイをされる人の心理

もっと相手を知りたくなる

グイグイアピールされていて、いきなりスッと離れられてしまうことで一気に「もっと○○さんのことを知っりたかったのに...」とう心理に陥る人は多いです。 グイグイこられてはた迷惑...ということもありますが、自分が満更でもない場合はスッと引かれてしまうと「いや、もっとこっちもあなたのことが知りたいのだからここで引かないで...」と思うでしょう。 ドラマで1番気になる場面で「次回につづく!」と切られて「え〜!ここで〜?気になる...」となってしまうあれです。 放置プレイをされて興味関心をそそられてしまう人は多いです。

寂しい

単純に自分も好意を抱いている抱いていないに関係なく、それまで連絡を毎日取り合っていたのに全く来なくなったりすると「寂しい」と感じます。 それは、たとえ自分に好意がなくて「うざったいなあ」と思っていたとしてもです。 いざパタリとなくなるとやっぱり寂しいんですよね。(本当に清々する人もいると思いますが) 「寂しい」と感じることで「実は自分も相手のことが好きだったんだ」と気がつく人も多いでしょう。

何か相手に悪いことをしてしまったのではと不安になる

いきなりいつも来ていた連絡がこなくなったり、まったく遊びに誘われなくなったりしたら「何か嫌われるようなことをしてしまったのかな?」と不安になる人も多いでしょう。 誰だって「嫌われたかも」と思うと不安になります。嫌わても良いなんて本心で思ってる人なんて中々いませんからね...。 自分もちょっと気になっている相手だったりすると、余計気になります。 不安から自分から連絡をしてみようかな、話しかけてみようかな、なんて行動に移す人もいるでしょう。

気持ちがなくなったのでは...と焦る

例えばアピールしていきている相手のことを自分も気になりはじめていたりすると、いきなり放置プレイをされてしまうことにより「自分にもう気持ちがなくなってしまったのか?」なんて焦ってしまいます。 自分も早く気持ちを伝えておけば良かった...なんて思いますし、間に合うことなら何かアクションをとってもう一度自分に気持ちを戻してもらえないか...と思うでしょう。 これは付き合っている相手に関しても同じです。 当たり前に「自分のことが好きだ」と安心していた相手から放置プレイされたらやっぱり焦ってしまいます。

なんとかして相手の気持ちを取り戻したい

上述したように、「自分に気持ちがなくなってしまったのでは」と不安になって焦ると「なんとかして相手の気持ちを取り戻したい...!」と誰もが思うでしょう。 やっぱり自分のことを好きだった人の気持ちが離れると辛いですよね。 そこで改めて相手と向き合い、どうすれば気持ちが戻ってくるのかを模索するのです。 特に独占欲が強い人は、相手の気持ちと取り戻さないと気が済まなくなってしまうでしょう。

とくに気にならない

片思いであろうが、お付き合いをしていようが「放置プレイされても何とも感じない」という人もいるでしょう。 やっぱり好きな人や気になる人に放置プレイをされたら「急にどうしたのだろう?」と気になるかもしれません。 しかし、相手をなんとも思っていなかったり興味がないという場合は放置プレイをされても痛くも痒くもなんともないので何も感じないのです。 放置プレイは、相手に多少りと自分に対して恋愛感情をもっている・恋愛感情をもちそうな場合において有効であると言えるでしょう。

放置プレイの方法

好意があるというアピールをしておく

まず、第一に放置プレイをするには「この人は自分に好意を寄せている」と思わせなければいけません。 「押して引く」の「押す」の部分がないと、引いてばかりでは意味がないですよね。 なので、最初は積極的に連絡をとったり会う約束をして自分の気持ちをアピールしておく必要があるとういことを忘れないでください。 「この人は自分のことが好きなのでは?」と思わせた段階で放置プレイをするのが効果的です。

自分から連絡をしない

「放置プレイ」の方法として、代表的なのは「自分から連絡をしない」ということではないでしょうか。 特にLINEなうどの連絡ツールを使って気軽に連絡を取り合うことができるようになった近年だからこそ、この「自分から連絡をしない」という放置プレイを何気なく使う人は多いのでは!? わかりやすく言うと、毎日送っていたLINEをある日突然プツっ止めてしまう放置プレイです。 毎日だったものが毎日がなくなる瞬間って、やっぱり「物足りなさ」を感じてしまいますよね。 物足りなさや寂しさを感じさせることで気になる存在へとなっていくのでしょう。

LINEの返信を遅らせる/既読無視

いつ何時送ってもすぐに既読がついて、すぐに返信されていたのにも関わらず返信が送られてこなかったりするのって、やっぱり気になります! そういった心理にさせるために、気がついているのにLINEの返信を遅らせるというのも放置プレイの方法です。 たとえ一瞬で通知に気がついてもすぎには開きません。(iPhoneLINEのトーク画面長押しで既読をつけずに内容を読んでる人も多数)  そして、返信までに間をあけて「どうしたんだろう?」と思わせるのです。 中には既読無視をしばらく決め込んで相手の不安を思いっきり煽るという人もいます。

自分から誘わない

好きな人のことは、距離を縮めるために自分から相手を誘ったりする人も多いでしょう。 しかし、そこをあえて自分から誘わなくするのも放置プレイの方法です。 例えば一回目のデート以降、デートに誘われないといった放置プレイをされると「何か悪いことしちゃったのかな」「つまらないと思われたのだろうか...」と不安ですし、気になってしまいます。 そして自ら距離を縮めようと声をかけてくるでしょう。 お付き合いをしている相手に関しても「最近会おうと言われない」ということに「相手の気持ちが離れてしまったのでは?」と不安になって気にかけるようになることが多いです。

自分の情報を与えない

連絡をとらなかったり、会わないというだけが放置プレイの方法なのではありません。 会話をしたり、連絡をとったりしている中で「自分の情報を与えない」というのも放置プレイになります。 例えば、気になる人がお休みの日に何をしているのか気になりませんか? しかし、聞いたところで何となくしか教えてくれなかったり、はくらかされてしまうと更に気になってしまうものです。 こうして、相手の興味関心を自分に向けようとしているのです。 ミステリアスな人って妙に引かれますよね...。 特に休日の過ごし方など、全く見えないと「自分以外の人と会っているのでは...?」なんて不安になって自分への気持ちを確認したくなってしまう人もいるでしょう。

放置プレイをする時の注意点

自分が嫉妬をして冷静さを失わない

放置プレイをしている時って、好きな人と連絡をとらなかったり会わなかったりするので、自分自身もそれなりにしんどい思いをする場合も多いです...。 放置プレイをしている間に意中の人が他の異性と連絡をとっていたりデートをすることになる可能性もなきにしもあらず。 しかし、そこで嫉妬心をむき出しにしてしまうと放置プレイは成功しないでしょう。 付き合っていない相手なのだとしたら「付き合ってもないのになに?」と嫌悪感を抱かれてしまう可能性があります。 付き合っていたとしても、放置プレイをしている時は「心の余裕」を見せないことには意味がありません。耐えきれる自信がないのなら放置プレイはしないほうが良いでしょう。

冷たい言葉をかけて相手を傷つけない

勘違いしてしまう人も多いのですが、「放置プレイ」は相手を傷つけることではありません。 「あなたに気持ちはありません」ということをアピールするために、冷たい言葉を投げかけてしまう人がいますが、これは放置プレイどころか本気で相手の気持ちを冷めさせるだけなので注意してください。 付き合っている人に対してあえて冷たい態度をとったり、酷い言葉を投げかけることで放置プレイをしようとする人もいますが、これも大変危険です。 「気を引こうとしただけ」と言い訳をしたところで、相手の気持ちを余計冷めさせてしまっていたら取り返しが付かないことになってしまうでしょう。

連絡を半永久的にシカトしない

放置プレイをするときに「連絡を返さない」という方法をとる人は非常に多いでしょう。 しかし、ただ相手からの返信をシカトしていればいいのかというと、そうではありません。 返信をする「間」がポイントになります。 半永久手系にシカトしてしまうのは、常識的に考えて失礼ですよね。 自分以外の人には普通に返信をしていたり、連絡をとっているなんて情報が入ってしまったら気分を害されるどころの騒ぎではないでしょう。 さらに、相手にも気があった場合「もういいや」と思わせてしまう原因になってしまうのです。 返信をシカトするのではなく、「返信まだかな?」と思い始める絶妙なタイミングで返信をするということがポイントであることを頭に入れておきましょう。

相手が本当に冷めてしまわないように...

「放置プレイ」は一か八かのかけでもあります。 中には、放置プレイが完全に仇となって失恋をしてしまう人も多くいるのです。 そもそも「放置プレイ」とは「人の気持ちを試す行為」であると言えます。 そういった恋のかけひき事態「されると嫌な気持ちになる」という人は多くいるでしょう。 自分の気持ち試されていい気分になる人は中々いません。 なので、本人には「放置プレイをされている」と気が疲れないほうが良いです。 また、放置プレイをしすぎて本当に相手の気持ちが冷めてそのまま離れてしまう...なんてこともあります。 限度を越す放置プレイをしてしまわないように注意しましょう。

放置プレイされやすい人の特徴

連絡不精すぎる

連絡不精で、相手からの連絡を全く返さないという人は放置プレイをされやすいです。 やっぱり、好きな人とは連絡をとりたいですよね 好きだからこそ連絡をしているのに、返事があまりにも毎回遅かったり、返ってこなかったりすると「自分に気がないのでは?」と誰もが思うでしょう。 そこで相手の気持ちを確かめたくて「自分からは連絡をいれない」という放置プレイをする人もいますし、「もういいや」と完全に気持ちが離れて放置プレイをしてしまう人もいるでしょう。 気をひきたくて返信をわざと遅らせる人もいるかもしれませんが、やりすぎには注意ですね。

逆にしつこく連絡をしすぎる

逆に「今なにしてるの?」など、毎日のように高頻度で連絡をいれている人や、返信が来ないからといって立て続けに「おーい!」といった追撃LINEをしてしまうのも放置プレイをされてしまう可能性が高いです。 理由はやっぱり、「面倒くさい」と思ってしまうからでしょう。 いくら好きな人とはいえ、1分起きにLINEが来たりしていたら疲れてしまいます...。 ちょっと勘弁してくれよ...という気持ちで放置プレイをしてしまうのです。 また、お付き合いをしている相手だと「自分に関心がある」という安心感を与えすぎてしまうので、気持ちの余裕から放置プレイをかまされやすいと言えます。

相手に無関心

相手に無関心すぎる人も放置プレイされやすいです。 「自分に関心がない」と感じると、やっぱり悲しいですし「興味をもって欲しい」と思いますよね。 だから放置プレイをして気を引こうとされるのでしょう。 完全に相手を信頼していて、相手がどこで何をしていても全く気にならないという人もいるかもしれませんが、たまには「何してるの?」などと連絡を入れることも必要です。 また、相手の話しにはしっかり耳を傾けてあげましょう! 相手の話しに耳を傾けないというのも「この人は自分に関心がないんだ」と思わせる原因になります。

異性との関わりが多い

お付き合いをしている相手がいるのにも関わらず、異性との関わりが多い人も放置プレイをされやすいと言えるでしょう。 原因はやはり相手に「嫉妬をさせてしまうこと」です。 自分なんかいなくても良いのかな...と思わせてしまう原因になりますし、何とか自分だけ見てくれないかな...と放置プレイをする人もいるでしょう。 複数人で交流するならまだしも、異性と2人ででかけるなんてことを平気でする人は、放置プレイどころか完全に飽きれられてしまっているかもしれませんね。

愛情表現をしない

お付き合い歴が長ければ長いほど、愛情表現を恥ずかしがってしなくなってしまう人って多いですよね。 元々愛情表現が苦手だというタイプの人もいるでしょう。 愛情表現をしないタイプの人は、相手に「本当にこの人は自分のことが好きなのだろうか?」というい不安な気持ちにさせてしまうので放置プレイをされやすいと言えます。 放置プレイをして相手からの反応で愛情を確かめようとされてしまうのです。 また、本当に自分に気持ちがないと思われて相手の気持ちが冷めてしまって放置プレイになってしまうということもあるでしょう。

自立していてしっかりしている

恋愛依存症の人など恋をしている相手に依存してしまうタイプの人は、気持ちを確かめようとせずとも「あなたがいないと生きていけません」ということが伝わってくるので、放置プレイはされにくいです。 むしろ、放置してしまうと面倒くさい...。 なので、適度にかまっておいたほうが自分のためにもなるんですよね。 逆にしっかり自立していて「自分なんていなくても良いのでは?」と感じるようなタイプの人は、気持ちを確かめるために放置プレイをされてしまうことがあります。 また、逆に相手は自分がいなくても大丈夫そうなのだから自分もそうならなければ...!と自分の精神面を鍛えるためにも放置プレイをしようと思ってしまう人もいるでしょう。

放置プレイされないためにできること

愛情表現を怠らない

放置プレイされないためには、適度な愛情表現が必要であると言えるでしょう。 日頃から、相手に対する気持ちを素直に伝えられていれば相手は自分に対する気持ちを確かめたいとは思わないはずです。 とは言っても、あまりに毎日好き好き言いすぎてても相手に「この人は自分のことが好きなのだから...」という安心感を与えすぎてしまいます。 愛情がしっかり伝わっていることは悪いことではないのですが、当たり前ぎてマンネリ化してしまうんですよね...。 なので、記念日などここぞという時にたっぷり愛情表現できると良いかもしれませんね。 恋愛って難しい...。

適度に頼る

「自分なんて側にいなくても良いんだ」と思われてしまうのも、放置プレイをされる原因になります。 恋人というのは、お互いに支え合うことができる関係です。 それぞれが自立していることも勿論大切なのですが、たまには頼ったり甘えたりすることも大切です。 信頼関係が成り立っている証拠ですし、頼ってもらえたり甘えたりしてもらえると「自分は相手にとって大切な存在なんだ」と安心できますよね。 相手によりかかりすぎず、でも必要としていることは伝えていくことが放置プレイをされないためにできることであるとい言えるでしょう。

自分磨きを怠らない

自分磨きを怠らず、いつでも魅力的な自分でいることも放置プレイをされないためにできることです。 自分の好きな人が誰がどうみても魅力的な人だったら、もちろん放置プレイなんてできませんよね。 放置プレイをしている間に誰かにかっさらわれてしまうかもれませんから。 慣れてくるとだらしない部分なども見せてしまいがちなんですが、いつまでも「放っておきたくない」と思われるように自分磨きをすることも大切であると言えるでしょう。

誰よりも癒やしの存在になる

誰よりも癒やしの存在になることができれば、放置プレイされないでしょう。 というか、癒やしがなくなってしまうと自分自身の精神状態を保つのがしんどいですよね。 相手にとっていなくてはいけない存在なわけですから、放置プレイをしたくてもできないでしょう。 相手がどんなに疲れていても、側にいたいと思えるような存在になることで放置プレイを防ぐことができると言えます。 ただ、相手がそっとしておいてほしいと思っているときはそっとしておくなど絶妙な気遣いが必要になってくるでしょう。

恋愛に関するおすすめの本

恋愛の科学  出会いと別れをめぐる心理学

心理学で、恋の重み、愛の深さを測ってみませんか? 恋愛心理学研究の最前線をエキサイティングに解説!

異性の心を上手に透視する方法

異性の気持ちを見抜く方法を、実例を交えてわかりやすく解説し、全米ベストセラーとなった衝撃の一冊。

ベッドの上の心理学 感じるオトナのための保健体育

あなたの“感じる”はもっと高まる! 究極のセッ○スメンタリズム

まとめ

「放置プレイ」について理解を深めていただけたでしょうか。 「放置プレイ」って なかなか高度な恋愛テクニックですよね...! 片思中だと、ついついグイグイいっちゃうよって人は「引く」を意識して放置プレイを試してみるのもありでしょう。 しかし、相手の気持ちを試すような行為なわけですから、放置プレイされる側としては嫌な気持ちになることも多いです。 「相手の自分に対する気持ちを確認したい」というのであれば、他の方法はないかよく考えましょう。

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 心理
  3. 恋愛・結婚
  4. 放置プレイの意味と方法、効果、心理、注意点、されやすい人の特徴とは?