1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 劣等感とは?劣等感が強い人の特徴と原因、対処法!解消方法とは?

劣等感とは?劣等感が強い人の特徴と原因、対処法!解消方法とは?

ふとした時に「劣等感」を感じてしまう瞬間ってありませんか?「劣等感」を感じてしまうと気持ちも落ち込むし辛いですよね。今回は、「劣等感」が強いことのデメリットや、「劣等感」が知強い人の特徴をまとめます。「劣等感」を克服する方法なんかも紹介しますのでぜひ参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

そもそも「劣等感」とは

「劣等感」の意味は「自分が他人よりも劣っているという感情」

「劣等感」は、「れっとうかん」と読みます。 「劣等感」の意味は、「自分が他人よりも劣っているという感情」です。 他人と比べたときに「どうせ自分はダメなやつなんだ」と思いこんでしまうネガティブな感情のことです。 自分への評価が著しく低い状態であり、心理学者のアドラーによると、自分の評価と現状評価がかけ離れているという主観的な感覚を「劣等感」というようです。 「劣等感」という言葉は、 ・劣等感が強い ・劣等感に苛(さいな)まれる ・劣等感を感じる ・劣等感を持つ ・劣等感を抱く ・劣等感をおぼえる といった言い回しで使用されることがほとんどです。

「劣等感」の類語は「コンプレックス」「劣勢感」「引け目」など

コンプレックス コンプレックスとは、「精神分野で意識下も抑圧されて存在する複合した感情・情緒のしこり」です。 例えば、普段は意識していなくても心の底にある「自分のこういうところが嫌だな」という思考をコンプレックスと言います。 「劣等感」と非常によく似ている言葉ですが、 「劣等感」は事実とは関係なく「自分は劣っている」と思いこんでしまうネガティブな感情 「コンプレックス」は「鼻が低い」「勉強ができない」など、事実や「〜ができなかった」という経験がマイナスな思考に結びついているという違いがあります。

例文 ・私のいとこは、一重がコンプレックスだったようで、最近整形しました。 ・男性から「面白い子」と言われてしまうのが、実は昔からコンプレックスです。

劣勢感 「劣勢感」は、「れっせいかん」と読みます。 「劣勢」とは、「勢力が劣る」という熟語の成り立ちからもわかるように、「勢力が劣っていること」を意味する言葉です。 したがって、「劣勢感」とは「自分の勢力が落ちていると感じること」という意味になります。 「認められたい」という欲望がある中で、個人的に自分自身を劣っていると感じている感情を「劣勢感」と言います。

例文 ・なんとか優勝はしたものの、個人の実力には劣勢感を感じざるを得ない結果だった。 ・劣勢感がすごくて、なかなか挑戦してみようという気になれず現状維持に努めている。

引け目 「引け目」は、「ひけめ」と読みます。 「引け目」の意味は、「他の比べで自分が劣るという意識」です。 自分以外の誰かと比べて自分が劣っていると感じてしまう感情が「引け目」です。 この場合の「引け」は「引っぱる」といった意味ではなくて、「引けをとる」というように「欠点点」や「弱み」を意味しています。

例文 ・学校を中退してしまったことに引け目を感じていたが、大切なのは学力じゃないことに気がついた。 ・社会に出ることなく結婚して専業主婦をやっていることに引け目を感じていたこともあった。

劣弱意識 劣弱意識は、「れつじゃくいしき」と読みます。 「劣弱」とは、「能力や勢力が劣っていて弱いこと」を意味します。 したがって、「劣弱意識」とは自分自身の能力や勢力が劣っていて弱いと感じている意識のことです。

例文 ・学生時代は、どんなに勉強をしても劣弱意識がつきまとって自信がもてませんでした。 ・彼がネガティブな発言ばかりするのは、劣弱意思が強すぎるからだと思います。

「劣等感」の対義語は「優越感」「自負」「自尊心」

優越感 「優越感」は、「ゆうえつかん」と読みます。 「優越感」の意味は、「自分が他者より優れていると感じること」「自己肯定感の感情」です。 「同期より早く昇格した」「友人には恋人がいないけれど、自分には恋人がいて幸せだ」というように、誰かと比べた時に実際に「勝っている」と感じる場面で湧き起る感情です。

例文 ・自分だけが昇給したことを知ると、誰にも言えないと思いつつ優越感を感じていた。 ・彼女は芸能人と付き合い、匂わせ行為をすることで優越感にひたっていたのだと思います。

自負 自負は、「じふ」と読みます。 自負の意味は、「自分の才能・業績・仕事などに自信や誇りを持つこと」です。 自分の才能や仕事などに自信を持ち、誇らしく思うこと・強く自信を持っていることを表します。 「自負」は他人からの評価ではなく、自分自身が自身の能力や才能を認めていることを表すときに使う言葉です。

例文 ・この中の誰よりも知識があると自負しています。 ・走力だけは会社で一番の実力があると自負しています。

自尊心 自尊心は、「じそんしん」と読みます。 自尊心の意味は「自己に対して肯定的な気持ち」です。 「自尊(じそん)」とは、自分自身をすぐれたものと思い込むことをいいます。 つまり、自分自身の性格やもっている能力といった人格に対して優れていると自信を持ち大切に思う気持ちを「自尊心」といいます。

例文 ・彼は素晴らしい才能をもっているのに自尊心が何故か低いので勿体ない。 ・人前で泣くということは彼の自尊心が許さないのだろう。

「劣等感」の英語は「」

劣等感を持つことのデメリット

何てことないことで気分が落ち込む

劣等感を持つと、他人からすれば何てないことで気分が激しく落ち込んでしまいます。 友人との会話の中で劣等感を感じてしまったり、町中を歩いていてすれ違った人が自分よりお金持ちで幸せそうだった...など、本当にどうしようもないことで気分が落ち込んでしまって日常生活に支障をきたしたりしてしまいます。 気分が落ち込んでいると、気持ちも思考も暗くなるしネガティブになるので良いことなんてないですよね。 劣等感がなければ楽しく過ごせる時間も楽しく過ごせなくなってしまうのはデメリットでしかありません。

人と関わる事を避けるようになってしまう

劣等感が強いと、人と関わることを避けるようになってしまうというデメリットもあります。 劣等感が強いと、どんな相手と接していても劣等感を感じて自分自身が辛くなってしまうし、「自分のことをダメなやつだってバカにしてるんじゃないか...」と相手に対して疑心暗鬼になってしまって人と接するのがどんどん億劫になってしまうんです。 これは、自分が傷つかないようにするために防衛本能が働いているということが考えられます。 周囲から距離を置くようになってしまうと自分の殻に閉じこもってしまい、ますますネガティブな感情になってしまうので注意が必要です。

マイナス思考がマイナスなことを引き寄せる

劣等感が強い人は、何の根拠もなくても「自分は劣っている」と思いこんでしまう究極のマイナス思考です。 物事をマイナスに考えていると、気持ちが暗くなってしまうどころか実際にマイナスな出来事を引寄合せてしまいます。 「自分には出来るわけがない」「自分はダメなやつだ」という強い思い込みが自分の力を出しきれない原因になってしまうのです。 また、「失敗したらどうしよう」という強い気持ちが、失敗を導いてしまいます。 思い込みって予想以上に自分の言動や行動に影響を及ぼすものです。

恋愛がうまくいかない

劣等感が強いと、恋愛がうまくいかないといったことも多いです。 例え好きな人ができたとしても、「自分なんか好きになってもらえるはずがない」と思い込んで積極的にアピールできないし、好意をよせてもらっても「絶対に嘘だ」と信じることができます。 劣等感が強いとそうやって、せっかくの恋愛のチャンスを逃してしまうのです。 さらに、お付き合いに発展したとしても「本当に好きなの?」など、疑うような発言を頻繁にしたり相手の気持ちを試すようなことをしてしまいます。 まさにメンヘラ.... 面倒くさい!と思われて捨てられてしまうか、もしくは相手の信じきれずに結局別れを切り出してしまうのがオチです。

仕事もうまくいかない

劣等感が強いと、恋愛だけではなく仕事もうまくいかないことが多いです。 会社に所属して働いている場合、劣等感が強い人は誰よりも「自分は仕事ができない」と思い込んでしまいます。 そうすると、失敗すことを恐れて仕事に対して消極的になってしまいます。 向上心があっても前向きに仕事に取り組むことができないと、結果を出すことができないんですよね。 結局、同期が先に出世したりして余計に劣等感を感じるようになってしまいます。

劣等感が強い人の特徴

他人に対して攻撃的

劣等感が強い人は、他人にに対して攻撃的であることが多いです。 劣等感が強い人って、「自分はダメなやつだからバカにされる、いじめられる」といった被害者になることをひどく恐れるようなところがあります。 なので、関わろうとしてくる人間すべに攻撃されているような気分になってしまい、自分自身を守るためにやたらと威圧的な態度をとるなど攻撃的な発言をしてしまうんです。 特に初対面の人が本当に苦手で、初対面の人には警戒心が強いです。

すぐ泣く

劣等感が強い人は、すぐに泣きます。 常にマイナスな感情に支配されているので、「そんなことで...?」とびっくりしてしまうぐらい些細なことで劣等感を感じてメソメソしていることが多いです。 「泣いている暇があったら努力しなよ!」と言いたくなってしまいますが^^; とにかく「自分はダメなやつだ」「劣っている」という絶望的な気持ちでいっぱいいっぱいになってしまうので、気がつくと泣いているなんこともしょっちゅうあります。 フォローするほうも大変です...。

すぐに否定する

何事もすぐ否定する人も、劣等感が強い人の特徴です。 少しでも不安なところや不完全なところがあると、挑戦せずに否定します。 そのため、自分が成長していけなくなり余計に自分に自信を持つことができなくなってしまいます。 また、他人を否定する人は他人からも否定されます。そのため誰も応援をしてくれたりフォローしてくれなくなり「みんなから嫌われている」と感じるようになります。

行動力がない

劣等感が強い人は、自分に自信がないので何か決まってもなかなか行動に移すことができません。 失敗を恐れすぎて、一歩を踏み出せずに機会を失ってしまうということもしょっちゅう。 自分で決めたことであっても、やり始めるまでに長い時間を要します。 躊躇している間に他の人に仕事を取られてしまったり行動に移した人が評価されたりして、さらに自信を失ってしまうとう負のループを繰り替えすことも多いです。

途中で諦めてしまう

劣等感が強い人は、取り組んでいることが上手くいかなくなってくると「やっぱり自分には無理だったんだ」と思い込み、途中で投げ出してしまうことが多いです。 つまり、「もういいよ、どうせ自分には無理だったんだから」とやけになってしまう人が多いのです。 例えば、お付き合いをしている恋人と喧嘩をしてしまったというような場面では「どうせ自分は相手を幸せにしてあげることができないんだ」なんて感じてしまい、きちんと向き合おうともせず別れを切り出してしまうようなところがあるでしょう。 そもそも「自分にはできない」とチャレンジすることすらできないことも多いですが、途中で諦めてしまう事多いんです。

おどおどしてしまう

劣等感が強い人は自分に自信がないので、いつもおどおどしている印象をうける事が多いです。 何か変なことを言って失敗してしまうのではないか...など、色々気にしすぎるあまり挙動不審な素振りをしてしまうことも。 例えば、イエスかノーの答えを聞かれたときに「どっちが正解なんだ!?(゜o゜;」と焦ってしまって「えっと、、、あの、、その、、あっ...」みたいなおどおどした対応をしてしまうのです。 どんな相手にも「低姿勢」と言えば、「謙虚」というような印象をうけますが、あまりにも無駄におどおどされるとイラっとしてしまうという人も少なくありません。

他人からの頼みを断れない

劣等感が強い人は、断ることによって相手から嫌われないか?と不安になってしまうため他人からの頼みを断れません。 自分に自信がないこともあって、他人から頼み事をされると必要とされているような嬉しい気持ちになってしまいついつい受けてしまうのでしょう。 それで自分の時間がなくなり、断れなかった自分が嫌になってしまうこともしょっちゅう。 いつも大変な思いばかりして報われないことに嫌気が差し、どんどん負の感情だけが溜まっていってしまいます。

人に影響されやすく流されることが多い

劣等感が強い人は、自分の意思を貫くことが中々できません。 自分に自信がないので人の言うことに影響されやすく、例えば自分は白がいい!と思っていることでも数人が「絶対黒でしょ」と言えば「黒がいいわ」とすぐに思ってしまいます。 自分に自信がなく、自分を持っていないので他人の意見すべてに対して「それいいね!」となってしまいがちなのです。 協調性はあると言えますが、周りの人からすると「いつも人に合わせてばかりで自分がない人」と思われてしまうのです。 さらに、「◯◯くん」がそう言ってたから...といった理由で言っていることがコロコロ変わったりして、「言ってることが全然違うじゃん」と信用を失ってしまうことも多いです。

人と同じことをして安心していたい

劣等感が強い人は、いつも「これでいいの?」という不安感を抱いてします。 そのため、他人の行動を干渉してしまいがちです。 例えば、学生の頃にいつも「勉強した?」「今日どれぐらい勉強する?」などテスト前になると色々聞いてくる人っていませんでしたか? これって、不安だから他の人がどういった状況なのかを知って安心したいという心理が働いているんですよね。 「0時まで勉強して寝る」って友達が言えば、0時まで勉強することで安心できるのでしょう。 このように、人を同じことをして安心したいという気持ちが強いという特徴があります。

自分のことを話すのが苦手

劣等感が強い人は、自分のことを話すのが苦手です。 何より自分に自信がありませんから、自分のことを話して知られてしまったら馬鹿にされるかもしれないとネガティブに考えています。 なので、何か自分のことについて質問をされても当たり障りのない返事をしてごまかします。 特に趣味など、ばかにされてしまう可能性の高いものは頑なに話そうとしないので「えっこんな趣味があったの!?意外!!!!!」なんて驚くことも少なくないでしょう。

声が小さめ

劣等感が強い人は自分に自信がなく、自分の意見を伝えるのが苦手で会話をするときはモゴモゴと小さな声になりがちです。 人は自分に自信がないと、無意識のうちに声が小さくなっていくものです。 ハキハキと大きな声で話しておきながら「自信はありません」なんていう人なかなかいないですよね。 相手が誰であろうと会話をすることに自信をもてないので、緊張してしまった結果声が小さくなってしまうのでしょう。

「わかんないけど」「多分」ってすぐに言う

劣等感が強い人は、何かを話したあとに「〜...わかんないけど」「多分〜...でしょ」というように「わかんないけど」「多分」が口癖であることが多いです。 自信がないからこそ、間違ってしまっていたときのために「わかんないけど」「多分」といった言葉を使って、「間違ってても許してね、絶対とは言ってないから」という保険をかけているのです。 会話をしている時に何かと「わかんないけど」「多分」と言う人って、ちょっと頼りないなって思ってしまいますよね。 言っている内容に自信がないというよりは、そもそも自尊心がないから発言に自信をもてないのでしょう。

他人のミスを指摘できない

劣等感が強い人は、他人のミスに気がついたとき指摘することができない場合が多いです。 お前に言われたくないって言われたらどうしよう、ていうか指摘するほど出来た人間でもないし、相手が嫌な気持ちにならないで伝えるにはどう言えば…と考えていると何も言えなくなってしまうんです。 そのため、早期発見出来たはずなのに問題が起きるまで誰も気付かずに大変なことになってしまうことも...!

劣等感を抱いてしまう原因

他人と自分を比較してしまう

とにかく周りと比べてしまうような性格の人は、劣等感が強くなりやすいです。 周りの人と比べるとどうしても自分の駄目なところや落ち度ばかり目につくようになってしまうんですよね。 周りの人の出来に焦ったり、数字の評価で比べてしまったりし、自分の出来なさ加減が嫌になってしまいます。 「あの人はここまで出来てるのにどうして自分は出来ていないんだろう」 「みんなは結婚や出産してるのに、自分は恋人すらいないや」 などと周りと比べては自分の状態を全て悪いものと感じてしまい劣等感を抱いてしまいます。

負けず嫌い

上述しているように、他人と自分を比べてしまうのは、負けず嫌いという性格が関係している可能性が高いです。 とにかく相手が誰であっても自分のほうが優位にいないと悔しいので、落ちこんでいまいます。 負けず嫌いで頑張り続けられればいいのですが、「負けてられるか!」と思っても勝てない自分に嫌気が差して、突然投げ出してしまうことも。 負けず嫌いすぎると、勝てなかった時の自分に価値を見いだせず自信を喪失してしまいます。それがキッカケで劣等感が強くなってしまうことが多いのです。

自己嫌悪

「自己嫌悪」の意味は「自分で自分自身のことが嫌になること、自分自身のことを疎ましく思うこと」です。 例えば何かミスをしてしまったときに、自己嫌悪に陥って自分自身を責めすぎてしまうといったことが原因でそれが劣等感につながってしまっている場合が多いです。 自分自身を否定してしまっていて、自分自身を認められないから、劣等感を感じているのです。

「自己嫌悪」に陥る人の心理は?自己嫌悪にならないための対処法も紹介

eigobu.jp

ネガティブ

元々の「ネガティブ」という性格も、劣等感を強くしてしまう原因になります。 何かキッカケがあるわけではなく、そもそもがネガティブなので何が起きても悪い方へと考えてしまいます。 他の人ならば気にならないようなこともマイナスに捉えて劣等感を感じてしまうんです。 目標があったり、なりたい自分がいたりして葛藤するのであればまだしも、根本的に自分自身を認められないと自己嫌悪から強い劣等感を感じて抜け出せなくなってしまうことが多いです。

嫉妬心が強い

嫉妬心が強い人は、劣等感が強くなってしまう傾向にあります。 自自分に自信がなくて、自分より優れていたり自分より良い状況にある人に対しての嫉妬心が強くなってしまうといったパターンは非常に多いです。 「本当に◯◯さんはすごいよね!」と口で言っていても、「なんであの人にはできて自分にはできないんだ」という嫉妬心にメラメラしているのです。 これは、自分を人と比べてしまう人あるあるですよね。 強い嫉妬は劣等感を強くさせてしまい、人の心を落ち込ませてしまうものです。

理想が高い

理想が高すぎると、そこに到達していない自分を認められず強い劣等感を感じてしまいます。 今のままでも十分であるのに、どうしても理想と現実のギャップに苦しんでしまいます。 特に仕事における理想は、自分だけで近づけるものではありません。 上司や同僚から思いもしない過小評価をされてしまったり、愛嬌だけで上司に可愛がられている人を見るとうまく立ち回れない自分に苛立ってしまいます。 理想を常に持ち続けることは大事ですが、あまり高すぎると劣等感強く感じる原因となってしまい悪循環となります。

完璧主義

劣等感が強い人は、異様に「完璧である」ことにこだわる「完璧主義」であることも多いです。 なので、みっともない自分を他人に見せるのを嫌がります。 完璧主義だからこそ、自分をまだまだ不完全だと思って劣等感を感じてしまうのでしょう。 また、「こういう人間でなければいけない」という自分の中の理想があって、そうではな自分や失敗している姿、悩んでいる姿を見られることをに対して「恥ずかしい」と感じています。 他人にとっては何も気にならないようなことに対して「こんな自分を見せてしまった恥ずかしい・・・」と思いつめてしまうことも多く、そもそも人と接することを避けてしまうことも多いです。

親の教育が厳しかった

幼い頃に受けてきた親の教育が自尊心を低くしてしまう原因になることがあります。 例えば ・どうしてこんなこともできないの? ・ほんとうにあなたって、ダメな子だね ・馬鹿なんじゃないの? など、自分を否定されるような言い方を両親にされていると「自分はダメな人間なんだ」と思いこんで劣等感を強く感じることになってしまいます。 子供にとって親の言うことって「絶対」ですから、両親が子供の人格を否定するような発言をすることは避けたいですよね。

挫折した経験がある

例えば、大学受検など死ぬほど勉強をしたのに不合格で志望校に入学できなかったなど、死ぬほど努力をしたのにその努力が報われずに諦めることになったというような挫折を味わったことがきっかけで、劣等感を感じる人は非常に多いです。 特に多いのがやっぱり、受検の失敗です。 「学歴コンプレックス」なんてよく言われますよね。 そこから自信をなくし、「どうせ自分は...」という劣等感を抱えながら生きる人は多いです。

コンプレックスを抱えている

外見でも内面でもコンプレックスを強く抱えている人は強い劣等感を感じてしまいます。 外見にコンプレックスのある人は鏡を見るたびに「自分の外見嫌だな」と思い、外を歩いていても周りからどんな風に見られているのだろうと思ってしまいます。 洋服を買うにしろ、誰かと会うにしろ少なからずのストレスが生じてしまいます。そうするうちに「そんな自分が嫌だな」という劣等感になってしまいます。 また、内面にコンプレックスのある人は人と関わっていくうえで、自分の考え方や言動に嫌気がさしてしまいます。「どうして自分はこんな人間なんだろう」「なぜ自分は変われないんだろう」と劣等感が強くなっていきます。

劣等感に襲われるキッカケ

友人や恋人と関係が終わったとき

大切な友人や恋人との関係が終わってしまったことが、強い劣等感を感じるきっかけになることもあいります。 友人と関係が終わる時、相手から嫌われてしまった場合大きなショックを受けますよね。そして相手にとって嫌だということをしてしまった自分を許せなくなります。大事にしてきた関係に亀裂が入るようなことをしてしまったことをずっと後悔します。 また、自分自身が相手を嫌だと思ってしまった場合も実は劣等感をやすいです。特に、相手が悪意あっての言動ではなかったのに嫌だと思ってしまった時に自分自身が相手のことを受け入れられなかった事実にショックを受けるのです。 自分の器の小ささや信じられなかったことが嫌になってしまうのでしょう。 また、だいたい恋人関係が終わる場合は、もちろん大好きな相手と一緒にいられないことも悲しいのですが、恋人という存在を失った自分が嫌になってしまう人もいるようです。 自覚がない場合も多いのですが、恋人を一つのステータスと捉えてしまっている人は自分自身のレベルが下がったと、独り身の自分そのものが嫌になってしまいます。

仕事で大きなミスをしてしまったとき

仕事をするうえで大きなミスをしてしまったときって、落ち込みますよね。 ましてや重大なミスであったり、周りに迷惑がかかるようなことであると自責の念にかられてしまいます。 特に責任感の強い人や真面目な人であると、こういったミスは耐え難いものです。 今までの頑張りがパーになってしまうこともありますし、信用を失うことにもなりかねません。 取り返しのつかないことをしてしまった時に人はひどく劣等感を感じ、立ち直れなくなってしまうことも多いです。

仕事の成果を認めてもらえなかったとき

仕事で成功したのになかなか周りから認めてもらえなかったとき、自分には何か悪いところがあるのだろうかと劣等感に襲われます。 また自己嫌悪に陥りやすい理由に承認欲求の強さのあります。そのため認めてもらえなこと自体にもフラストレーションが溜まり「なんで自分はこんなに駄目なんだろう」と劣等感を感じるのです。 特に仕事では、自分だけ満足しても環境は変わりません。多くの企業では上司などから評価されないと昇進することは出来ませんよね。そのため日に日に承認欲求が強くなっていっていき、劣等感も強くなっていきます。

草を生やされたとき

例えば自分はきちんと髪をセットしてバチバチに決めてきたつもりなのに、「寝癖すごいwww」とバカにされてしまったり、ふざけたつもりはないのに「何それやばwww」などと草を生やされた瞬間ってバカにされたんだ...と嫌な気持ちになりますよね。 草を生やされたことで自信をなくして劣等感を感じる人って結構います。 筆者の弟もつい最近「彼女に草生やされた...」と落ちこんでいました。 内容を聞いてそんなに気にすること!?と思いましたが、ひどく劣等感を感じていましたよ。

誰かを傷つけてしまったとき

反対に、誰かを傷付けてしまった時も自分が傷付けられること以上に落ち込んでしまい劣等感を感じやすいです。 故意的に傷付けようと思った場合は該当しませんが、傷付けるつもりはく相手を傷付けてしまったときは自分自身に対して大きな嫌悪感を抱いてしまいますよね。 その相手が自分自身にとって大事であればあるほど、嫌悪感の強さは増していきます。大事な人を傷付けてしまう自分は最低だと責めてしまうのです。 そして、また誰かを傷付けてしまうのではないかとどんどん殻に閉じこもってしまいます。 一度持ってしまった劣等感の感情はすぐに消すのがとても難しいので、様々な関係を遮断してしまいます。そうすることで余計に劣等感から抜け出しにくくなってしまいます。

劣等感を克服する方法

まずは根本解決を目指す

劣等感を克服するには、しっかりと自分と向き合ってどうして劣等感を感じているのかをしかりと考えましょう。 そうすることが根本的な解決に繋がります。 例えば、多忙すぎて自分自身としっかり向き合う時間がないがために疲れ切っている自分が何もできない人間のように感じてしまって劣等感を感じているという可能性も高いです。 そういった場合は、一日の終わりに少しリラックスする時間をつくるだけで自尊心が高まって劣等感から解放されることもあります。 まずはゆっくりと劣等感と向き合って、根本的解決を目指しましょう。

固定観念をなくす

固定観念をなくしましょう。 「どうせ自分には○○できない」「どうせうまくいかない」「他人は自分のことを嫌っている」といった、強い固定観念が劣等感になってしまうことがあります。 しかし、この固定観念を突然全て失くすことは難しいです。そのため日頃の小さな固定観念から無くしていきましょう。 特に「自分にはできない」という固定概念は消すべきです。 そのためにも色々なことに挑戦して成功体験を積むことが非常に大切であると言えるでしょう。

知識や経験を増やす

劣等感が強い人は、自分に自信がが持てない人が多いですよね。 自信が持てない理由に知識や経験が少なすぎる場合があります。 何も手札がないのに、自信を持つことのほうが難しいです。「自信がない」と嘆いている暇があったら、自信がつくように努力しましょう。 直接関係のないことでも、自分の知識や経験として役に立つことってたくさんあります。本を読んだり、人の話を聞いたり、行ったことのないところへ足を運んだりしてみましょう。 映画を見たりドキュメンタリーを見るだけでもいいです。今まで自分が知らなかった考えや意見、物事を少しずつ知っていくことで劣等感から解放される可能性があります。

気持ちを素早く切り替える

劣等感を感じている人は、「〜できなかった」というマイナスな気持ちを引きずりやすいです。  劣等感をなくすためには、もちろん前向なほうがいいのですが「落ち込むな」「負の感情を抱くな」ということではありません。誰にでも落ち込んでしまうくらい嫌なことが起きる日もあるでしょう。 泣きたい時は思いっきり泣いてスッキリする、信頼している人に話しを聞いてもらってストレス発散をするなど、落ち込んだ気持ちをすばやく切り替える方法を見につけましょう! いつまでも暗い気持ちでいては良いことなんでおきませんし、劣等感に押しつぶされる一方になってしまいます。

ストレス発散をする

ストレスが溜まると、賢明な判断が出来なくなり自信がなくなってしまうことがあります。 またストレスが溜まっていると自分自身にもイライラしてしまい、自分のためを思った決定ができなくなります。 まずは、ストレスを発散して身も心もスッキリしましょう。それだけでも自分に自信が持てたり正しい判断を下せるようになります。 休みの日くらいは自分のために時間を使いましょう。休みの日まで仕事や他の人のことを考えなければならないのであれば、仕事を変えるなど環境を変える必要があるかもしれません。

他人のことは気にしない

自分に自信が持てない原因に、他人との比較や他人からの目を気にしすぎていることが大きく作用してしいることがあります。 他人のことを気にしないようにすることで劣等感を抑えることができるかもしれません。 他人と比べたところで、仕事がうまくいくわけけでも楽しいことが起こるわけでもありません。 自分のペースで、自分にできることをしっかりとこなすようにしましょう。 自分のことに没頭できれば自分自身に劣等感を抱くことはありません。 自信をなくしすぎないためにも、自分の意識をまず他人から自分に向けるようにしましょう。

失敗してもいい!とにかく行動してみる

劣等感が強いと楽しそうだなと興味を持ったことや、挑戦してみたいと思ったことに対して「やってみたい!でも...」と躊躇してしまうことってありますよね。 失敗するのか、成功するのかそれはやってみなければわかりません。 起きるかもわからない「もし・・・」という最悪な事態ばかりを考えずに、どんどん挑戦して様々なことを吸収していきましょう。 そうすることで、成功体験がどんどん増えて劣等感がなくなってくはずです。

コンプレックスは努力して克服する

何より劣等感をなくして自尊心を高める為には、自分を好きになるということが大切になってきますよね。 いつまでもネガティブで自分に対して過小評価をしていては、劣等感を感じたままです。 ポジティブに、前向気に自分自身について考えてみましょう。 何かコンプレックスがあるなら、努力してできないことは克服していきましょう。 努力は裏切りませんし、努力をすることで「こんなに頑張ったのだから」と自然と自信がついていきます。 「自分なら大丈夫」と自分自身を認める気持ちを常にもつ癖をつけられたら最高です。

趣味や好きなことをする時間をたっぷり作る

劣等感が強いときは、「楽しい」という感情を大事にしましょう。 趣味や好きなことをしている時間は、「楽しい」という感情でいっぱいになります。日頃からしっかりと気晴らしをする時間や自分のためだけに使う時間を作るようにしましょう。 大それた趣味はいりません。携帯ゲームでもケーキを食べるでも、ちょっと散歩するでも、何も考えずに部屋でゴロゴロするでもなんでもいいんです。とにかくストレスを一切感じない自分だけの時間を持つようにしましょう。 そうしていると、少し嫌なことや落ち込むことがあってもリフレッシュすることができます。ストレスを発散したり感じない時間を持たないと精神面が弱くなって劣等感を感じやすくなってしまいます。

劣等感が強い人への対処法

上述してきたように些細なことで、劣等感を感じてしまう人って、意外と多いですよね。 例えば職場で一緒に働いている人に劣等感を与えてしまうと、仕事のモチベーションが下がってしまって悪影響を及ぼすこともありますし、困ってしまいます。 ここからは、自分が劣等感を与える人にならないための方法を解説していきます。

自慢しない

劣等感が強い人に対して自慢なんてしたら、益々劣等感を感じて落ち込んでしまうのは目に見えています。 良いことがあったとき、ドヤっと自慢したくなる気持ちもわかるのですが自慢はツイッターに書きましょう。 劣等感が強い人相手じゃなくても、自慢話って聞いていて不愉快になる人が沢山いますよね。 謙虚に生きたほうが、絶対に得ですよ!!

強く責めない

誰にだって、ミスをしてしまうことってあります。 大きな取り返しのつないミスをしてしまったとしても、強く責めてはいけません。 「怒られる」ということは、自分に自信をなくし劣等感をさせてしまいます。 駄目なところはきちんと責めないような言い方で教えてあげましょう。 ガラスのハートの持ち主だと思って、おおらかな気持ちで接してあげると良いでしょう。

否定から入らない

誰かに何かを言われたときに、「嫌っ...それは」といったように否定から入ってしまう人もいますが、否定から入るのは控えましょう。 とりあえず、「そうなんだね」と受け入れてあげましょう。 受け止めた上でそれから、何か指摘しなければいけないことがあれば優しく指摘をするということが大切です。 「そうだよね」と一度受け止められるだけで、劣等感が強い人の気持ちは楽になります。 何気ない「いや...」かもしれませんが、その否定が相手の自信をなくさせているかもしれないということを頭に入れておくべきです。

良いとこは良いと褒めてあげる

劣等感が強い人にも、良いところはありますよね。 「いいな」と思ったところは、「良い」と思った時点で褒めてあげましょう。 劣等感が強い人はとにかく自信がない状態なので、褒められることで自信をもつことに繋がりますし安心することができます。 「とっても字が綺麗なんだね」など何でも良いので褒められるところがあったらガンガン褒めてください!

感謝の気持をきちんと伝える

褒めることと、同じように「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることも大切です。 「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることで、「役にたてたんだ」と実感し、自尊心を高めることができます。 この感謝の気持ちを伝えないと「自分は役にたたない人間なんだ」とか、「自分が何をしても意味ないんだな」と劣等感に襲われてしまいます。 素直に感謝の気持を伝えてあげることは、とっても大切です。 誰でも、感謝をされることで自分の存在価値を見出すことができるし自分に自信がつくと思います。 劣等感が強い人には特に意識して感謝の気持を伝えてください。

無理に慰めたり励ましたりしない

劣等感が強い人が身近にいた場合、「そんなことないよ」とか「元気だしてよ〜」とか慰めたり、励ましたりしたくなるかもしれませんが、無理に慰めたり励ましたりすることで余計に劣等感を感じさせてしまう場合があります。 無理に声をかける必要もないということを頭に入れておいてください。 劣等感を感じて、自信をなくしてしまっているときって、ちょっとひねくれている状態なんです。 なので、変に励ましの言葉をかけられても「どうせ本心では思ってないんでしょ」と思わてしまいますし、慰められている自分に対して余計みじめさを感じてしまいます。 なので、無理に励まさずに上述したようにタイミングが来た時に「褒める」「感謝の気持ちを伝える」といったやりかたで自尊心を高めてあげるのが一番いいでしょう。 一緒に楽しい時間を過ごしてあげるだけでも気分が明るく前向きになることもあります。 自然な形で、メンタルを支えてあげるのが一番いいかもしれませんね。

劣等感が強いことのメリット

ある意味向上心がある

劣等感が強いということは、現状に満足することなく「こんなんじゃ駄目だ!」と思えるということであり向上心があるとも言えます。 向上心をもつということは自分自身の成長においてとても大切なことです。 自分に自身がありすぎても、自分のミスを認めて反省することができなかったりとデメリットがあります。自分のミスを認めて自分を戒めることが出来る人って多くないんですよね。 自分の悪いところに気付かずにいるよりも、どういうところが自分の悪いところなのかをしっかりと気付いて反省出来る方が、人生にも役立ってきます。 自己嫌悪に陥りやすい自分にまた劣等感を感じるのではなく、反省できた!と自分を褒めてあげるようにしましょう。

謙虚

劣等感が強い人って、とっても謙虚な言動や行動をすることができます。 自信をもって行動するべき場面ももちろんありますが、どちらかと言うと謙虚であるほうが他人に不愉快な思いをさせることがありません。 例えどんなに大きな結果を残したとしても「どや」っとする人よりも、「いやいや、皆さんが支えてくれたおかげです」と謙虚な姿勢を貫けるほうが高感度高いですよね。

慎重に行動することができる

劣等感が強い人は、自分に自信がないぶん慎重に行動をすることができます。 これもまた、メリットであると言えるでしょう。 自信をもっていると、自信から最後にミスがないか確認することを怠ったり後先考えなしに行動をしてとんでもない問題を起こしたりします。 慎重に行動ができると、ミスがないですし、そのぶん言っていることもやっていることも正確で社会では信頼してもらいやすいタイプであると言えます。

失敗を経験値として成長できる

劣等感が強い人は、上記でも説明した通りミスや失敗を認められる力があります。それは、そのミスや失敗を経験値として成長できるチャンスです。 自分自身の悪い部分を見れるのは素晴らしいことです。 次に活かせるようにただ嫌悪感を持つのではなくしっかりと分析出来るようにするといいでしょう。「何が原因だったのか」「どこを改善すればいいのか」を真剣に考えられれば、次に繋げることができます。 劣等感に襲われてしまう人は、嫌うだけじゃなくてそこから自分のことを見つめ直し改善のために努力することが出来きるところにメリットがあります。

劣等感に悩む人におすすめの本

消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法

他人の成功に顔がひきつる、パートナーの交友関係にイライラ、「どうせ私は…」と自分を責める―ちょっとした刺激で現れる“醜い感情”にもう苦しまない!

「自分を苦しめる嫌なこと」から、うまく逃げる方法

「今を献上する」「ここでの賢い選択は?」「それって自分のため?それとも相手のため?」「嫉妬をエネルギーに変える」「母親の不安」―あなたを苦しみから解放する魔法の呪文、お教えします!

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか…。さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう―。

まとめ

いかがでしたか? 「劣等感」について簡単にまとめると、 ✓「劣等感」の意味は「自分が他人よりも劣っているという感情」 ✓「劣等感」の類語は「コンプレックス」「劣勢感」「引け目」など ✓「劣等感」の対義語は「優越感」「自負」「自尊心」  など となります。 誰にでもコンプレックスはあるものですし、劣等感を感じてしまいやすい人は表に出さなくても意外と多いのではないでしょうか。 劣等感を感じることは決して悪いことではありません。 しかし、劣等感を感じたままではよくありません。自分自身で駄目だと感じる部分とはきちんと向き合って、改善できるよう努力することで現状に満足している人よりどんどん成長します! ぜひ劣等感を自分の成長に活かしましょう(^o^)

こちらの記事もチェック

「あざとい」の本来の意味は?あざとい女の特徴と対処法とは?

eigobu.jp

ダメ男の特徴!かわいくて好きになるのは何故?結婚するとどうなる?

eigobu.jp

図々しい人の特徴と心理は?職場での対策は?図々しい人が得をするのは何故?

eigobu.jp

孤独感が強い原因とは?孤独感に襲われた時の対処法を徹底解説!

eigobu.jp

丸顔の女性の特徴とコンプレックスとは?丸顔が人気な理由は?髪型はどうする?

eigobu.jp

ウェイ系は怖い?苦手?特徴と上手な付き合い方は?パリピとの違いは?

eigobu.jp

マザコン男の特徴と口癖とは?恋愛傾向は?マザコンの母親の特徴は?

eigobu.jp

束縛の意味は?束縛の種類と基準!例えばどんな行動?原因は何?

eigobu.jp

「愛されたい」わがまま女子の特徴と原因とは?卒業する方法は?

eigobu.jp

愛されたい男の特徴と心理!上手な接し方と落とす方法とは?

eigobu.jp

愛されたい症候群の女性の特徴と原因!克服方法と真に愛される方法とは?

eigobu.jp

胡散臭い人の特徴と原因は?胡散臭いと言われないための対策とは?

eigobu.jp

自尊心が高い人の特徴と理由!自尊心が高いメリットとデメリットは?

eigobu.jp

自尊心が低い人の特徴と原因!メリットもあり?自尊心を高める方法は?

eigobu.jp

せっかちな人の特徴と話し方とは?原因は?長所は?治し方は?

eigobu.jp

完璧主義者の特徴と種類、原因とは?長所と短所は?治し方は?

eigobu.jp

従順な性格の人の特徴と心理とは?付き合い方、順従になる方法は?

eigobu.jp

腹黒い女の特徴とは?どんな顔?職場にいる?対処法は?

eigobu.jp

欲しいものがない人の特徴と心理は?それでも何か買いたい時はどうする?

eigobu.jp

精神的に強くなりたい人へ!精神的に強い人弱い人の特徴と精神的に強くなる方法を徹底解説!

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 劣等感とは?劣等感が強い人の特徴と原因、対処法!解消方法とは?