1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 臆病な人の性格と恋愛の特徴!臆病になる心理と克服する方法とは?

臆病な人の性格と恋愛の特徴!臆病になる心理と克服する方法とは?

自分て臆病だな...と感じる瞬間ってとっても情けなく思えて辛いですよね。今回は、臆病な人の特徴や臆病になってしまう心理を徹底解析!また、臆病な性格であることのメリットや臆病な性格を治す方法を紹介します。臆病な性格で辛い思いをしているはぜひ参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

そもそも「臆病」とは?

「臆病」の意味は「ちょっとしたことでも恐れる性格」

「臆病」の意味は、「ちょっとしたことでも恐れる性格」です。 普通よりも気が小さくて、他人が気にしないような小さなことでも気にしすぎたり怖がったりするような人を「臆病な人」と表現したりします。 例えば、「幽霊がいるかもしれない」という理由で、夜道を一人で歩けないというように、目に見えないものを怖がったり「失敗するかもしれない」ということを恐れて新しいことに挑戦することができないなどすぐに何かにびくびくしてしまう気の小さい人を「臆病」と言うことがあります。

「臆病」の類語は「怖がり」「小心者」「チキン」

怖がり 「怖がり」の意味は、「わずかなことにも怖がってしまうような人」 ちょっとの物音で怖がったりというように、なんてことないことにもビビってしまうような人を「怖がり」と言い表すことができます。

例文 ・私は怖がりなので、怖い話は絶対に聞きたくないし心霊系の内容のテレビ番組は見ない。 ・男性って怖がりのくせに、見栄をはって大丈夫なふりをしてしまいがちですよね。

小心者 小心者は、「しょうしんもの」と読みます。 「小心者」の意味は「臆病で気が弱い人」です。 気が弱くて積極的に行動できなかったり、自分の思っていることが伝えられないといったネガティブな性格を言い表す言葉です。

例文 ・彼は昔から小心者で、何をするにも母親に意見を聞かないと行動することができない。 ・小心者の彼が、まさか企業するなんて夢にも思わなかった。

チキン 「チキン」は、「臆病者」という意味で使用されている元々アメリカで使用されていたスラングです。 日本では「チキン」と聞くと「鶏肉」という意味でとらえることが多いですが、アメリカでいう「チキン(chicken)」という単語は、「ひよこ」という意味で使用されています。 また、「怖がりで未熟である」といった姿をひよこに例えて、「臆病者」という意味で「チキン」という単語を使うことがあります。 同じように日本でも臆病で怖がりな人に対して「このチキン野郎!」と罵ったり、「チキってる」「チキる」と使用することがあります。

例文 ・彼はチキンなのでバンジージャンプなんて飛べるわけがない ・俺をみくびるなよチキン野郎。

「臆病」の対義語は「大胆」「勇敢」「豪胆」

大胆 大胆は、「だいたん」と読みます。 「大胆」の意味は「度胸があって恐れを知らないこと」です。 思い切ったことを平然とする様子や、思い切りのいいことを「度胸がある」といいます。

例文 ・彼の大胆さに圧倒されてしまって、ついつい流されてしまった。 ・大胆に胸元の開いた服をいつも着てくる女に「胸元の寄り友」というあだ名をつけた。

勇敢 勇敢は、「ゆうかん」と読みます。 「勇敢」の意味は「勇気があって、危険や困難を恐れない勇ましさ」です。 思い切りがあって困難や障害を恐れずに突き進むことができる人を「勇敢な人だ」と言ったりします。

例文 ・自分が怪我をしてでも子供を守った彼の勇敢な姿は一生忘れないだろう。 ・負けるとわかっていながらも戦う姿は勇敢でした。

豪胆 豪胆は、「ごうたん」と読みます。 「豪胆」の意味は、「肝が据わっていること」です。 度胸がすわっていて、困難を目の前にしても動じない態度を「豪胆」と言います。

例文 ・結婚してから、彼女が豪胆でとても頼れる存在であるということを知った。 ・もっと豪胆で勇気のある人だと思っていたので、こんな些細なことで諦めるなんて残念でした。

「臆病」の英語は

臆病な人の特徴|性格編

感受性豊か

臆病な人は、感受性が強い事が多いです。 普通の人よりも感受性が強いが故に繊細でとっても傷つきやすい。 だから、ありとあらゆることが心配になって臆病になってしまうのでしょう。 他人がなんとも思わないことをひどく気にしてしまったり心配して怯えてしまうのは、ある意味防衛本能が強く働いているという状態であると言えます。

「感受性」の高い人の特徴8個!そもそも「感受性」とは?

eigobu.jp

ネガティブ

臆病な人は、とってもネガティブです。 基本的に物事を後ろ向きに捉えてしまう傾向にあります。 何か悪いことがおきてしまうのではないか... どうせ失敗するに違いない... というように、まだ起こってもいないことに対して悪い方向に考えてしまったり「その言葉はどうせ嘘に決まっている」というように悲観的に捉えてしまうことが多いのです。 だから臆病な人はいつも否定的な発言が目立つし行動も消極的になってしまいます。

「ネガティブ」の意味とは?ネガティブのデメリット&メリット、治し方とは?

eigobu.jp

周りの目をいつでも気にしている

臆病な人は、他人からどう思われているかを異常に気にする傾向があって周りの目をいつでも気にしています。 「失敗をしたらバカにされる」 「◯◯をしたら笑われるんじゃないか」 といったネガティブなことばかりを考えてしまって常に他人からの評価が下がってしまうことを恐れているのです。

かなりのあがり症

臆病な人はかなりのあがり症でもあります。 「失敗したらどうしよう」「皆が完璧なものを求めているぞ」と勝手なプレッシャーを感じます。 良い印象を与えたいという気持ちが強いあまりに、人と話す時は緊張している様子を見せます。 臆病な人は、緊張をする場面で ・顔が赤くなる ・手が震える ・喉が乾く ・頭が真っ白になる など、パニックになることも多いでしょう。

気を使いすぎる

臆病な人は、他人に対して気を使いすぎてしまうようなところがあります。 良く言えば「気遣い上手」ですが、とにかく嫌われたくないという気持ちが強いので人の顔色を常に伺ってしまっていると言えます。 人に嫌われて自分が悪く言われることが怖かったり、社会的な評価が下がることを恐れているのです。 なので、他人に都合のいいように利用されてしまうことも少なくありません。 利用されていると気がついたとしても、決して文句はいえません。 人間関係においても、とても臆病であると言えるでしょう。

ナイーブで傷付きやすい

臆病な人の心はガラスのハートです。 とても傷つきやすく、ちょっと注意されただけでバリバリにヒビが入って割れてしまいます。 とても傷つきやすいので何か言われると、すぐ「自分なんか...」と思ってしまいます。 そして落ち込むたびに「もう傷つきたくない!」と思ってしまうので、警戒心が強くなり人と距離を縮めるのが苦手になっていってしまうのです。 一度言われて傷ついた言葉は、永遠に根に持ってしまうことも多いです。

ストレスを抱え込みやすい

臆病な人は、なんといってもストレスを抱え込みやすく精神的な闇を抱えやすいと言えるでしょう。 他人から嫌われることを恐れて思ったことを口に出すことができなかったり、「やりたい」と思ったことでも勇気がなくて挑戦することができない...そんな性格ではストレスが溜まってしまって当然ですよね。 こういったタイプは、表向きいい顔をしておいてSNSなど知り合いには教えない裏アカウントを作って匿名で愚痴っていたりします。 文句をおおっぴらに言うことはできないけど、ストレスを発散したい!というのは臆病な人の心の闇であると言えるでしょう。

簡単に人を信用しない

臆病な人は、簡単に人を信用しません。 人を信用して、裏切られることを恐れているからです。 なので、心を開くまでに時間がかかります。 初対面の人に対して、とにかく嫌われないようにうわべだけの関係を築いておいて、本当に信用出来る人なのかを探っています。 初めて合う人に対してとっても警戒心が強いと言えるでしょう。

人とコミュニケーションをとるのが苦手

臆病な人は、人間関係に対しても臆病なので人とコミュニケーションをとることがそもそも苦手です。 話しかけられると開口一番「あっ」と言ってしまいがちです。 ・「あっはい。そうです〜」 ・「あっ、そうなんですか?」 ・「あっ、わかりました」 といったように戸惑っている気持ちが「あっ」という言葉になって発してしまったり、緊張のあまり第一声が裏声になってしまうことも珍しくありません。

素直じゃない

臆病な人は、臆病であるあまり何かにつけて素直になれないことが多いです。 臆病であるがゆえに、素直に喜んだり悲しんだりすることが出来ずにひねくれています。 また、誰かが自分を称賛してくれたりしても「そうやって躍らせようとしている」「何か騙そうとしている」など裏をかいたり疑ったりします。 そうして、素直になれない自分への苛立ちや不安から「どうせ人から良くなんか思われていない」といった負のループに陥り、周りに対して疑いや妬みが強くなっていってしまうことも。。。

臆病な人の特徴|行動編

行動をするときは計画的に

臆病な人は、無計画ないきあたりばったりな行動が苦手です。 何がおきるかわからないという状況がとにかく怖いのです。 なので、基本的に予定が決まったら、何時に起きて何時のバスに乗る・・・など細かく計画します。 そうじゃないと、もし道に迷ったら?など不安で仕方なくなってしまいます。 旅行では臆病な人がいると、事細かにスケジュールを組んでくれるのでとても充実した良好になることでしょう。

落ち着きがない

落ち着かない態度も臆病な人の特徴です。 他人がどう見ているかを常に意識していますし、何か良くないことが起こるのでは...という不安感から落ち着いていることができないのです。 周りをキョロキョロ見渡していたり、貧乏ゆすりをしたり、じっとしていられなかったりなどの行動が目立ちます。 臆病な人は、挙動不審と思われても仕方のないような行動とってしまうことが多いでしょう。

知り合いの側から離れることができない

とくに知らない場所などでは、知らない側から離れることができません。 自分が心を許している人に対して「金魚の糞」のようにまとわりつきます。 知り合いが側にいないと心が不安な気持ちで一杯になってしまうのです。 飲み会などでも、絶対に知り合いの隣をキープするでしょう。 臆病な人は、合コンなど新しい出会いの場にお付き合いで行くことはあっても内心「帰りたい」という気持ちでいっぱいです。

失敗を恐れ行動しない

臆病な人は、基本的に失敗をすることをひどく恐れています。 他人に迷惑をかけてしまうことが怖かったり、駄目なやつだと思われてしまうことが怖いのです。 そのため1%でも失敗する可能性のあることは、どんなに挑戦したいことであっても行動せずに終わってしまうことが多いです。 「やってみたいな〜でもな〜」と行動に移せないのがお決まりのパターン。 そういった言動が周りを苛つかせていることもあります。

他人からの頼みを断れない

臆病な人は、断ることによって相手から嫌われないか?と不安になってしまうためつい他人からの頼みを断れずになんでもOKを出してしまいます。 自分に自信がないこともあって、他人から頼み事をされると必要とされているような気持ちになってしまいついつい受けてしまうんですよね。 それによって頑張れている自分を褒めてあげればいいのですが、その頑張りを誰からも評価されず自信を失って余計に臆病になってしまうこともあります。

現状打破することができない

臆病な人は「どうせ上手くいくはずがない」とネガティブな思考になってしまうので、新しいことに挑戦することができません。 つまり、「このままでは納得がいかない」と感じることがあっても、現状を打破することができないのです。そして結局気持ちはモヤモヤとしたまま続いてしまいます。 例えば、今就いている職業に不満があるといった場合でも自分自身でどうにかすることができずに何年もそれが続いてしまいます。 辛い現状から打破できないのはしんどいですよね。

人によって態度や性格が変わる

先程、「初対面では真面目だと思われる」という第一印象について上述しましたが、慣れていない人にとって「人見知り」の人は「真面目・おとなしい人」なのです。 しかし、心を開いている人の前では人が変わります。 陽気だったり、実は声がでかかったり、言いたいことをズバッと言う人であるといったように、もはや別人格になることも少なくありません。 つまり、臆病な人は慣れている人をそうでない人の前では態度や性格が変わることが多いのです。

基本的に受け身

臆病な人は、なにかを自分から進んで行動したり、積極的に人に話しかけることができないので何事も「受け身」であることが多いです。 仕事に関しても、「これをこうしておいてください」という指示がないと、何をどうすればいいのか自分で判断することができません。 これは、自分が思ったように積極的に行動することで「失敗」することを恐れていることが原因であると考えられます。 気はきくけれど、積極的に行動することはなかなかできないのが臆病な人の特徴です。

家族などいつも決まった人と行動する

臆病な人は、新しい人間関係を築くことや新しい環境が苦手なので、自分が心を許している人と行動をする傾向にあります。 行動範囲は非常に狭いですが、好きなアニメのイベントなど好きなことになると遠出とすることも。 しかし友達が少ないので、年頃の年齢になっても出かけるときは両親と一緒という人も少くありません。

臆病な人の特徴|発言編

すぐに否定的な言葉を吐く

臆病な人は、自分自身に対しても他人に対しても否定的な言葉をすぐに使います。 否定的な言葉はモチベーションを下げたり、ストレスを溜めたりするためそれが自分の言動に影響が出てしまいます。 否定的な言葉を使わなくなるだけで後ろ向きな言葉を控えるだけで自分自身でも冷静な状態を長く保つことができるので、結果長い時間忍耐したり努力したり出来ることも多いですよね。 しかし、臆病な人は「そんなことやっても意味がない」「それは違う」「何をやっても無駄」などと否定的な言葉ばかり吐き続けますし忍耐力がありません。

「どう思う?」と人の意見を聞くことが多い

臆病な人は、他人の意見が気になりすぎて人に意見を求めることがかなり多いです。 日常の本当に些細なことも質問攻めするので家族や友人は正直疲れることが多いでしょう。 例えば、「新しいリップどうかな?」「この洋服太って見えない?」「ヨガやろうと思うんだけどどう思う?」など自分のことについての質問がかなり目立ちます。 そして人からポジティブな答えが返ってくると機嫌は良くなりますし、逆にネガティブな答えだと「どうしよう」とどん底まで落ち込みます。 人に質問することは多いですが、自分の意見は持っていないことが多いです。 自分には自信がなく、自分の意志を信頼できないために人に助けを求めるからです。

目を見て会話できない

臆病な人は、相手の目をじっと見て会話をするということが苦手な人が多いです。 逆に、目をじっと見て会話をする人には「相手を支配したい」「主導権を握りたい」という心理が隠されていることが多いのですが、臆病な人にはもちろん他人に対してそんなにグイグイいく自信がありません。 「どこを見てるのか分からなくて怖い」と思わせてしまうこともあるでしょう。

本音で話せない

臆病な人は、基本的に本音を人に話すことを避けます。 自分の本音を人に話して人にどう思われるのかということを考えると、本音を話して嫌われるくらいなら人に同調しておこうと思ってしまうのです。 いつでも本音を隠して生きているので、周りの人からしても、「何を考えているのかわからない」という印象になりがちです。

そもそも話しが続かないことも...

臆病な人は、そもそも人と関わることが苦手でコミュ障であることも多いです。 相手から突然話しかけられると何て返したら良いかわからず「はぁ…」と何ともいえない相槌だけ打って終わりにしてしまいます。 また、自分から質問をすることも出来ないので話をひろげることができず、相手も「話したくないのかな?」と思ってしまいます。 臆病な人は、だいたい家に帰ってから「また上手く話せなかった〜...」と自己嫌悪に陥っています。

声が小さい

臆病な人は、自分に自信がなく自分の意見を伝えるのが苦手で会話をするときはモゴモゴと小さな声になりがちです。 人は自分に自信がないと無意識のうちに声が小さくなっていくものです。 ハキハキと大きな声で話しておきながら「自信はありません」なんていう人なかなかいないですよね。 臆病な人も相手が誰であろうと会話をすることに自信をもてないので、緊張してしまった結果声が小さくなってしまうのです。

「わかんないけど」「多分」が口癖

臆病な人は、何かを話したあとに「〜...わかんないけど」「多分〜...でしょ」というように、「わかんないけど」「多分」が口癖であることが多いです。 自信がないからこそ、間違ってしまっていたときのために「わかんないけど」「多分」とった言葉を使って「間違ってても許してね、絶対とは言ってないから」という保険をかけているのです。 会話をしている時に、何かと「わかんないけど」「多分」と言う人ってちょっと頼りないなって思ってしまいますよね。 言っている内容に自信がないというよりは、そもそも臆病だから発言に自信がないのだということが考えられるのです。

他人のミスを指摘できない

臆病な人は、他人のミスに気がついたとき指摘することができません。 お前に言われたくないって言われたらどうしよう、ていうか指摘するほど出来た人間でもないし、相手が嫌な気持ちにならないで伝えるにはどう言えば…と考えていると何も言えなくなってしまうのです。 そのため、早期発見出来たはずなのに問題が起きるまで誰も気付かずに大変なことになってしまうことも...!

信頼している人の前では饒舌

臆病な人は、慣れてない人と会話をすることに対しては苦手意識をもっていますが、よく知っている心を開いた仲のいい人の前では饒舌であることが多いです。 あまり深く関わっていない人が、狭く深く付き合ってる友人や仲間の前の姿を見たら「そんな一面もあったの?」と驚いてしまうほど。 本当は一人でいるよりも、誰かと一緒に会話を楽しんだり趣味をわかち合っている時間が好きだったりもします。

臆病な人の恋愛傾向

とにかく警戒心が強い

臆病な人は、警戒心が強いのでなかなか人を好きになりません。 自分が相手に心を開くのに時間がかかってしまうので、なかなか恋愛に発展しにくいタイプであると言えるでしょう。 こちらが好意をもって接しても、まっったくその気持ちには気がついてもらえません。 少しずつ距離を縮めていって少しずつ気持ちを伝えていくしかありません。 突然猛アピールをしても「もてあそばれているのではないか」という不安を与えてしまいます。 臆病な人と恋愛関係になるのは長期戦であると覚悟しておいたほうがいいでしょう。

恋愛経験は少ない

上述しているように、臆病な人はなかなか人を好きになりません。 信頼できて本気で好きになれる相手が見つからない限り恋愛をすることがないので、なんとくなく寂しくて付き合うとか相手に告白されたから付き合うとか、そういった恋愛をしません。 信頼できて心を開ける相手以外と深い関係を結ぶことは、臆病な人にとってはストレスになってしまいます。そのため、恋愛経験が少なくなっています。 恋愛経験が少ないからこそ、恋愛に慣れていなくて恋愛に対しても臆病なままなのでしょう。

駆け引きは苦手

臆病な人は、恋愛の駆け引きが大の苦手です。根が真面目だったりするので、相手を転がすようなことは出来ません。 ちょっとした嘘もつけないので、相手を不安にさせたり返信を遅らせたりなんてことは出来ませ ん。そのため、メールやLINEのやり取りはちょっと味気ないかもしれません。 ただ駆け引きをしないのは裏を返せばとても誠実だということ!相手が伝えてくれることは全て本当のことだと信じていいということです。何人もの相手もできないため、マメに連絡が取れていたら自分だけだと思っていいでしょう。

奥手

仮に、臆病な人に好きな人ができたとしても自分からアピールすることはなかなかありません。 恋愛に対してかなり奥手です。 なので、臆病な人に好意を寄せられていたとしても、気がつかないかも!? ただ、よく目が合うようになったりちょっとした異変を感じることも...。 好きな人の前だと、余計に動揺しておどおどしてしまったりもするので、ある意味わかりやく態度に出てしまうタイプでもあると言えるでしょう。

奥手でシャイな男性の特徴と脈ありサインは?タイプは?告白方法とは?

eigobu.jp

連絡先すら聞けない

臆病な人は、好きな人に話しかけることができません。 なので、連絡先を聞くなんて夢のまた夢。 相手から聞かられることがない限り、ずっと連絡先を知らないままです。 そのためプライベートで関わることがありません。 草陰から見守るタイプの恋愛が多いと言えるでしょう。

デートに誘えない

臆病な人は、万が一好きな人の連絡先を知っていてもデートになんて誘えません。 デートどころか自分から連絡を取ることが出来ません。 食事会や飲み会などで一緒になってちょっと話せても、どうしても「今度2人でご飯行こう」ということが出来ないでしょう。 自分に自信がないので、「断られたら嫌だな」と臆病になってしまうのです。

嫌われたくなくて距離をとってしまう

臆病な人は、そもそも人とコミュニケーションをとるのがとても苦手です。 普通の人と話す時でも目を合わせられないぐらいですから、好きな人とも目を合わせることができません。 むしろ好きな人だからこそ嫌われたくないという気持ちから、距離をとってしまうということも多いです。 下を向いていたり横を向いていたり、何かをじーっと見ていたり考え事をしていたりします。 つまらないわけではありません。特に好きな人相手だとコミュニケーションで失敗をしたくないので、不安や焦りが募りうまく話せなかったり目を逸らしてしまいます。

一度好きになったら一途

臆病な人は一度好きになると、とっても一途です。 中々人を好きになることがないので、ふら〜っと目移りしてしまうこともないですし、一度好きになったらずっとその気持を貫き通すことができます。 なので、なかなか思いが伝えられず「自分なんか好きになってもらえるわけないよね」とか思いながらずーっと片思いを続けていたりします。 また、お付き合いをすると臆病なので浮気をする勇気がありません。 相手を裏切るようなことはしようとも思えません。非常に一途であると言えるでしょう。

束縛をしてしまう

臆病な人は、お付き合いをした場合「浮気をされたらどうしよう」といったことがとても心配になってしまいます。 なので、「異性と関わってほしくない」という気持ちが強く、相手を束縛するようなことをついついしてしまいます。 相手のことが好きだからこそ、不安な気持ちでいっぱいになってしまうのでしょう。 しかし、束縛される側とすれば信用してもらえないだなという気持ちになってしまいますよね。 臆病な人が、なかなか恋愛でうまくいかないのはこういった様々な理由があるからなのです。

束縛の意味は?束縛の種類と基準!例えばどんな行動?原因は何?

eigobu.jp

相手の気持ちを試すようなことをする

束縛もそうなのですが、臆病な人は「本当に自分のことが好きなのかな?」と不安になってしまうようなところがあります。 なので、ついつい相手の気持ちを試すようなことをしがちです。 例えば、「別れよう」といった時の反応を見たい...など、相手側からしたらとってもめんどくさいです。 しかし、臆病なので、相手の気持ちが自分にあると実感できるようなことがないととにかく不安で仕方ないわけです。 臆病な人とお付き合いをするなら、適度な愛情表現が必要であると言えるでしょう。

デートのプランニングがすごい

臆病な人は、失敗してしまうことを恐れているので、デートの計画は綿密にします。 いざデートをするとなったらプランニングが凄すぎて相手によっては引いてしまうことも。 筆者の知り合いにも分刻みでデートのしおりを作っている人がいました。トイレの時間まで記載してたみたいです。これに関しては真面目というかちょっと変人なのかもしれませんが…。さすがに彼女にはドン引きされて、次から絶対に作ってこないでと言われたそうです。 ただ、デートのために下調べなどをしてくれて綿密な計画を立ててくれるのはとても嬉しいことですよね。まるっと1日楽しめるように考えてくれるのは愛情を感じます。 度が過ぎると嬉しいを越えて恐怖心を覚えてしまうことがあるかもしれませんが、その計画性は素晴らしいです。

臆病になってしまう心理と原因

家庭環境

家庭環境が悪いと「人間不信」になってしまうことがあります。それが原因で人を信じられず臆病になってしまう人が多いです。 特に幼少期に親から愛情を受けられなかったり家族の仲が悪かったりすることが原因となってしまうことがあるようです。 また、自分の話したことを親など近親者の大人が信じてくれなかったことが原因で自分自身が他人を信じられなくなってしまうことがあると考えられています。

幼少期に失敗をしたことでひどく怒られていた

これも家庭環境になりますが、幼少期に失敗してしまったことを両親にひどく怒られていたりすると、「失敗することは悪いこと」という意識が強くなってしまって臆病になってしまうことがあります。 幼少期に植え付けられた意識はとても根強く、大人になっても大きな影響を及ぼします。 例えば ・どうしてこんなこともできないの? ・ほんとうにあなたって、ダメな子だね ・馬鹿なんじゃないの? など、自分を否定されるような言い方を両親にされていると、失敗がいけないことだという意識が強くなってしまいます。 失敗をしてしまうかもしれないようなことは避けるようになってしまいますし、新しいことや自分の知らないこと、やったことがないことをに挑戦するときに「楽しみ」とか、「楽しい」といった感情よりも先に「怖い」という気持ちになってしまいます。

他人からのいじめ/陰口/妬み

臆病になってしまう原因の一つに「他人によるいじめや陰口、妬み」があります。 この場合、自分は相手に対して悪いことや傷つけるようなことをしていないにも関わらず、相手からの一方的な嫉妬や嫌悪によっていじめられたり陰口を言われてしまい「人間不信」となってしまいます。 いじめといった理不尽な経験をしてしまうと、また傷付くのではないかと誰のことも信じられなくなってしまい臆病になってしまいます。

自分に自信がない

臆病な人って、大抵自分に自信がありません。 自分に自信がないからこそ、「どうせい失敗する」「うまくいかない」というネガティブな感情になってしまって、挑戦することに対して臆病になってしまったり批判されることを恐れて行動が控えめになっていく傾向にあります。 自分に自信があれば「なんとかできる」という自信があるので、臆病になることがないのです。

自信がない人の特徴と原因とは?自信がない人におすすめの対処法とは?

eigobu.jp

コンプレックスを抱えている

臆病な人は、コンプレックスを抱えている人が多いです。 コンプレックスがあると、自分はどうせ他人から嫌われる、悪口言われると思い込んでしまいます。 その結果、人と関わることに対して臆病になってしまいます。 自分で自分を駄目だと思ってしまうようなコンプレックスがあるからこそ、人によく思われないと思い込んで臆病になってしまうのでしょう。

何かトラウマになるような出来ごとがあった

トラウマって、人の考え方や行動に大きな制限をかけてしまうことがありますよね。 例えば、幼少期に狭いところに閉じ込められて怖い思いをした、という経験が暗い場所や狭い場所に対して苦手意識を抱く原因になることがあります。 何か「怖い」「辛い」といったトラウマになってしまうようなことがあると、「同じ経験をしたくない」といった恐怖心から臆病になってしまうことが多いです。 高い場所に行くことができない臆病は、高いところから落ちてしまったことがあるというトラウマが原因であったりします。

何でも話せる相手がいない

自分の悩みや思っていることを話せる相手がいないと、自分の中でぐるぐると悩み自信を失くしてしまいます。他人からしてみたら「そんなの大丈夫だよ」と思うようなことでも、自分自身のことになると思い悩んでしまうことってありますよね。 他の視点からや客観的に物事を見れなくなってしまっているので、ただただ自信がなくなって臆病になっていってしまいます。 また、誰かに話せないことでストレスが溜まり、常にイライラとしてしまうのでなかなかポジティブに物事を捉えられなくなってしまうのです。

臆病であることを痛感させられる瞬間

やってみたいのにできないとき

何か挑戦したいと思ったことに対して、なかなか挑戦する勇気がでいないとき...自分って臆病だな〜と思ってしまいますよね。 そして、自分がやってみたいと思っていたことを、友人がなんなくやっている姿を見ると、余計に臆病な自分に対して嫌気がさしてしまいます。 自分だって、やる勇気さえあれば挑戦できるのに...と悔しい気持ちになりますよね。

現状を打破できないとき

例えば、現職について不満があったり、働いているのがしんどいという状態などこのままでは駄目だと思っているのにも関わらず現状を打破できないときって、自分って臆病だなと思いますよね。 仕事を「やめます」と言うことに対してとってもネガティブな気持ちを抱く人って、非常に多いと思います。 周りにも迷惑をかけてしまうとか色々考えてしまうと「やめたほうが自分のためになる」とわかってはいても、なかなか言うことができないんです。 でも現状維持している状態ではストレスが溜まっていく一方ですから、現状を打破できない自分に嫌気がさしてしまうわけです。

大きな音に驚いてしまったとき

突然大きな音がして驚いてしまったとき「臆病だな自分」と感じますよね。 とくに、周りはなんにも驚いていないのに大きな音に心臓がバクバクしてしまう...。 そんな自分の臆病さに嫌気がさしてしまった経験があるという人は非常に多いのではないでしょうか。 臆病な人は「大きな音」に対して恐怖心を抱いてしまっている人も非常に多いです。 ちょっと大きな声で異常にびっくりしてしまうと恥ずかしいですし、臆病なんだなと実感しますよね。

暗闇に恐怖心を抱いたとき

部屋が真っ暗だと怖くて眠れないなど、大人になっても子供のように暗闇に対して恐怖心を抱いている人っていますよね。 「見えない」ということへの恐怖心や、「幽霊が出るかもしれない」という恐怖心だったり様々ですが、やっぱりある程度大人になってからも暗闇に対して恐怖心を抱いてしまう人は多いでしょう。 怖くない人にとってはどうして怖いの?と思ってしまいますが、臆病な人にとっては、ものすごい恐怖心を抱いてしまうものです。 怖くない人もいるという状態だからこそ自分を臆病だと実感するのです。

絶叫マシンにどうしても乗れなかったとき

テーマパークにみんなで遊びに出かけたときに、絶叫マシンに乗ろう!というノリになっているのに、恐怖心が勝ってしまってどうしても乗れないという状況があると臆病であることを実感しますよね。 特に、一度も絶叫マシンに乗ったことがないけれど怖そうだから絶対に乗れない、と思ってしまう時。 もちろんその場の空気を悪くしたくないし、自分も乗りたいけど乗る勇気がでない...。 「怖くないよ!乗ってみようよ!」と誘われても、どうしても乗るきになれないとき「なんて自分は臆病なんだ...」と気分が落ちこんでしまいます。

臆病者の短所(人生で損すること)

友達ができにくい

臆病な人は、人間関係に対してもとっても臆病なので、友達ができにくいです。 「友達は多ければ多いほど良い」というわけではありませんが、友人の存在が人生を豊かにすることってあります。 また、臆病で人間関係をうまく築けないと集団で何かをするときに孤立しやすくなってしまうというデメリットもあります。 そうすると、集団で行動することがどんどん億劫になっていってしまいますよね。 そうなってしまうと、生き辛さを感じてしまうと思いますし長い人生において損をしてしまうといっても過言ではないでしょう。

周囲の人を暗い雰囲気に巻き込んでしまう

臆病な人は、非常にマイナス思考なので「どうせ...」という言葉や「無理だ...」などのネガティブは発言も多く、雰囲気も明るいとは言えません。 臆病なのは仕方ありませんが、あまりにもビビっている姿を見せていると、周りの人もどんどん不安になってきてしまいますし「できる」と思っていたことでも「できないのかも...」と思ってきてしまいます。 いくら背中を押してもらいたくて「大丈夫だよ!」という言葉を待っていたとしても、あまりに多いと「またかよ・・・」と思われてしまいます。

大したことのないことに時間をかけすぎてしまう

臆病な人は、どんなことに対しても「完璧にこなそう!」としてしまうので大したことのないことに時間をかけすぎてしまうという傾向があります。 臆病じゃない人は、ついつい「そんなことに時間かけなくていいよ!」「もっと早く決断してよ!」と思ってしまうでしょう。 どんなことにも「丁寧」で「慎重」なのは悪いことではありません。 しかし、時間には限りがありますから、時には「効率」を意識しなければいけない時もあります。 そういったときに、臆病であるためになかなか融通が効かないということに関してはデメリトであると言えるでしょう。

仕事で評価されにくい

相手によっては、あまり他人と関わらない姿を見て「協調性がない」「他の人とコミュニケーションがとれない」「かわいげがない」として評価されないことがあります。 また、言われたことをきちんとこなしていても積極性に欠けるため意欲が足りないとみなされて評価されない場合も。 いくら仕事ができても、チームで仕事をしなければならないことがある場合に仕事が出来る以上に誰とでもコミュニケーションを上手に取れることが必要だったりします。 円滑に人とコミュニケーションが取れない臆病な人は、なかなか評価してもらえず伸び悩んでしまうことが多いと言えるでしょう。

引きこもりがちになってしまう

臆病な人は、外に出て何をすることに対して恐怖心を抱いていたり、色々と気苦労することを考えると「外に出ずに家の中にいるのが一番だ」という思考になりやすいです。 そうすると、休みの日など家に出る必要がないならできるだけ出ないで過ごそうという気持ちになってしまいます。 家にいたら人生は楽しめないのかといえばそうではありません。 しかし、外に出ている人と家で過ごしている人で比べると外に積極的に出ている人のほうが圧倒的に経験値は高いでしょう。 外に出ていると、出会いもあるし色々な経験ができますからね。

人と関わりたくない人の特徴と原因とは?克服方法と恋愛する方法は?おすすめの仕事も紹介

eigobu.jp

ストレスを抱えやすい

臆病な人はとにかく生きていてとにかく疲れます。 気にしなくてもいいところが気になってしまうのですから、おおらかな人や何事も大雑把な人に比べたら、とにかく疲れる人生であると言っても過言ではないでしょう。 ビクビクして生活していたら、肩に力が入ってしまいますしストレスがたまりますよね。 気を抜かないことも大切なことではあるのですが、「ま、いいか〜」と思える方が楽なことってあるんです。

メンタルが弱い

上述しているように、臆病な人は普通の人に比べてストレスを抱えやすいです。 ストレスと感じると人は精神的にも病んでいってしまうものですよね。 なので臆病な人はメンタルが弱い人が多いんです。 メンタルが弱いと悩み始めるとなかなか抜け出せなくなってしまうことも多いですし、そしてそのまま体調を崩してしまうということも少なくありません。 メンタルが弱いって、なかなか生きていて辛いものですよ。

自分を自分で好きになれない

臆病である人は、臆病である自分をなかなか好きになることはできません。 「どうして自分は何もできないんだ...」と自分を責めてしまうのです。 自己嫌悪に陥っている時間ってとっても苦しいですよね。 ときには、イライラしたり、虚しい・悲しいといった感情をぶつけてしまうこともあるでしょう。 そして、そんな自分に嫌気がさして自己嫌悪・・・という負のループに陥ってしまいます。

「自己嫌悪」に陥る人の心理は?自己嫌悪にならないための対処法も紹介

eigobu.jp

臆病な性格を克服する方法

周りの目を気にするのをやめる

臆病な性格を直したいのであれば、周りの目を気にしないことです。 もちろん、ある程度身だしなみや周りに迷惑のかける言動はしないよう気にかけることは大事ですよ。 ただ、自分は自分です。どんなに自分が良いと思っても、周りから一人でも悪いと思う人がいることを気にしていたら何も出来ません。 周りの目を気にする前に、自分自身と向き合って自分の考えや思いに自信が持てるように努力することを始めましょう。

何事もいったん受け入れる

ひとまず、どんなこともいったん受け入れることが大切です。 例えば仕事など、相手の提案や意見が自分の意見や考えと違ったり予想していなかった展開になってくるとだんだん怖くなってきてしまいますよね。 しかし、そこでパニクってしまうのではなく一度状況を受け入れて冷静になること。 必ず解決できるはずですし、他人と違うことでどうしようと焦る必要もありません。 また、傷付けられるようなことがあったり悲しいことがあっても、一度受け入れるようにしましょう。思ったままにです。傷付かないように、自分を守るようにアレコレ考えていてはいつまでも自分の素直な気持ちにフタをし続けてしまいます。まずは自分だけでも素直な気持ちのまま出来事を受け入れてみましょう。 そうすることで、だんだん耐性ができてきて臆病ではなくなってくるはずです。

ダメな自分を受け入れる

「できない」「失敗をする」ということに対して、恐怖心があると臆病になってしまいますよね。 しかし、人間はロボットじゃありませんから、なんでも完璧にできるわけではありませんし失敗することだって当たり前にあります。 ダメな自分を受け入れないと、臆病な自分から脱することはできないでしょう。 まずは自分のダメなところを自分自身が受け入れましょう。 自分に言い聞かせるのがなかなかできなければ、誰かに「私って、臆病なんだよね〜」と話してみるのも効果があります。 自分の口から出た言葉を耳に入れることで、自分自身を納得させるのです。

「大丈夫」を信じて自分に自信をもつ

色々なことに「神経質」になっているあなたに対して、「気にしなくて大丈夫だよ」と言ってくれる人言葉を信じてみましょう。 どんなに心配になっても、周りにいる人の言葉を信じることができれば思い悩んでいる時間がもったいないなと思えてくるはずです! そして、おそらく本当に「大丈夫」なんだということがわかってきます。 そして、さらに成功体験を積み重ねると自分に自信をもって「大丈夫」と思える心の強さを手に入れることができるでしょう。

「ま、いいか♪」と思うことも大切であるということを知る

臆病な人はいつも完璧を目指しています。 「完璧」を目指すことは良いことであり、悪いことではありません。 しかし、時には「ま、いいか♪」と妥協してもいいんだということを知るべきです。 そうすることで、1000倍くらい生きやすくなるはず。 もちろん、妥協するべきではないというときもあります。 「ここは妥協してもいいな」という加減を知るということが大切であると言えるでしょう。 そうすることで、過剰に色々なことを心配して臆病になってしまうということがなくなるはずです。

自分の意見をはっきり言える強さをもつ

何か間違ったことを言ってしまうのではないか。。 何か言ったところで言い返されてしまうのではないか。。 と自信がないままでは、臆病な性格を克服することができません。 自分の意見ははっきり言える強さをもちましょう! 「相手から反対されたら」「相手から嫌われたら」と思うかもしれませんが、自分の意見を言ったくらいで反対したり嫌うような人とはそもそも人間関係を築く必要はありません。 恐れずしっかりと自分の意見を言ってみると、案外「そういうのもありますよね」「それは違うんじゃないですか?」と良い話し合いが出来て仕事の効率やモチベーションが上がることもあります。 「自分の意見を言えることができた」という小さな積み重ねが自信になって、臆病な性格を克服できる可能性があります。

失敗してもいい!とにかく行動してみる

臆病な性格をしていると、楽しそうだなと興味を持ったこと、挑戦してみたいこと思ったことに対して、「やってみたい!でも....」と躊躇してしまいますよね。 失敗するのか、成功するのかそれはやってみなければわかりません。 起きるかもわからない「もし・・・」という最悪な事態ばかりを考えずに、どんどん挑戦して様々なことを吸収していきましょう。 そうすることで、「意外と大丈夫だった」という成功体験がどんどん増えて自分に自信がつき、臆病になって色々と考えすぎてしまうことが少なくなっていくはずです。

臆病な性格を克服したい人におすすめの本

臆病者のための億万長者入門

臆病者だからこそ億万長者になれる!年金崩壊に国家破産…。不安が尽きない時代に「虎の子」をいかに守り、増やせばいいのか?宝くじ、年金、保険、為替、株、投資信託、不動産…。投資術を極めた作家が、資産運用で成功するための金融の常識を教えます。

臆病な僕でも勇者になれた七つの教え

ワクワクして、勇気が湧いて、しかも涙がこぼれる。テレビドラマ界の大人気脚本家がはじめて放つ、最高の冒険ファンタジー小説が誕生。青い髪に生まれた少年キラは、どうやってコンプレックスを克服して一歩を踏み出すことができたのか。壮大な世界観とともに描かれる、新しい自分に生まれ変わる「心」のつくり方。

臆病な自分から自由になる方法

なぜ、私たちは自分で自分を妨害してしまうのか? どうすれば、この声から自由になることができるのか? そして、この「心の声」の正体は何なのか? この問題に、ドイツのコーチングのプロが挑んだのが本書です。

臆病な人におすすめの名言

「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ」

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ」  高橋歩 高橋歩さんは、日本の実業家で数々の著書を出してします。 「人生をもっとパワフルに」という考えをもっていて、「臆病」とはまさに無縁の生き方をしていらっしゃいます。 夢に向かって突き進もうとするとき、人は臆病になってしまいがちです。 夢を叶えられないのは、叶えようと努力をすることに臆病になってしまっているということが多いです。 つまり、「夢から逃げているのは自分だ」ということですね。 夢に向かって突き進みたいときに背中を押してくれる名言であると言えるでしょう。

人は何度もやりそこなっても「もういっぺん」の勇気を失わなければ必ずものになる

人は何度もやりそこなっても「もういっぺん」の勇気を失わなければ必ずものになる」 松下幸之助 松下幸之助さんは、旧松下電気、現パナソニックの創業者です。 パナソニックは、幾度となく困難を乗り越えてきました。 臆病な人は、とにかく失敗することを恐れてしまう傾向にありますが、失敗してしまったとしてももう一度チャレンジする勇気があれば、必ず成功に繋がるということを、考えさせられる名言ですね。

「疑わずに最初の一段を登りなさい、階段のすべてみえなくてもいい」

疑わずに最初の一段を登りなさい。階段のすべてみえなくてもいい。とにかく最初の一歩を踏み出すのです。」 キング牧師 キング牧師は、今からおよそ半世紀前に黒人への差別の撤廃を訴える公民権運動の指導者でした。 キング牧師は、非暴力を唱え人々を動かし社会に大きな影響を与えました。 「とにかく世界を変えたい」という一心で行動をしていたのでしょう。 誰でも行動を起こすときって、不安ですし勇気がいるものです。 たとえ失敗してしまう可能性があったとしても、とにかく一歩を踏み出すことが大切なんだと思えます。

「ダイソーは潰れる。そうしないために一緒に頑張りましょう」

「ダイソーは潰れる。そうしないために一緒に頑張りましょう」   ザ・ダイソー 社長 矢野博文    社長に「この店は潰れる」なん言われたら、とても不安になってしまいますよね。 非常にネガティブな言葉ですが、「そうしないために一緒に頑張りましょう」と呼びかけ実際に潰すことなく経営を続けることができています。 「どうせ潰る」投げやりになってしまうのではなく、潰れるかもしれないからそうならない為に全力を尽くしましょうということなのです。 ネガティブな経営者が成功しやすいのは、このようにいつでも最悪に場合を視野にいれて行動をすることなことなのではないかと感じる名言です。

「失敗したわけではない、それを誤りだと言ってはいけない」

失敗したわけではない。それを誤りだといってはいけない。勉強したのだと言いたまえ」 トーマス・エジソン トーマス・エジソンは、電気など数々の発明をした誰もが知っている発明家ですよね。 とってもすごい発明家ですが、成功ばかりしてきたわけではありません。 おそらく成功よりも失敗が多かったとも言えるでしょう。 しかし、エジソン自身は「私は失敗したことがない、ただ1万通りの、うまくいかない方法を見つけただけだ」と言っています。 臆病な人は、失敗を恐れてしまいがちですが、失敗だって成長に繋がると考えれば決して無駄なことではありませんよね。 失敗を誤りだとしなかったからこそ、エジソンは成功したのでしょう。

実はいい意味?臆病のメリットとは?

とにかく気がきく

臆病な人は、いつでも周りをよく見ています。 常にアンテナを張っている状態で、さらに「嫌われたくない」という気持ちが強いので、気がついたことがあればすぐに気をきかせます。 人の顔色を伺っていると言えば、マイナスな意味になってしまいますが、いつどんなときも相手の立場になって物事考えて「今はこうしてあげたほうがいい」という判断が瞬時にできるのは、とっても良いことです。

手抜きや妥協をしない

臆病な人は、妥協を一切いたしません。 そもそもそんな考えは毛頭ないと思います。 臆病なので、どんなことにも真剣に取り組む真面目さがあります。 ちょっと手を抜いてもバレないようなことでも、妥協してもいいようなところでも「もしも」のことを考えると恐ろしくて手を抜くことができないのです。 どんなことでも妥協することなくキチっとできるということは良いことですよね。

時間や約束は必ず守る

臆病な人は、時間や約束を必ず守ります。 遅れてしまってはいけないと思っているので、余裕を持って行動します。 例えば約束の時間を守らなかったり、期日を守れない人は信用を失ってしまいますよね。 臆病な人は他人に嫌われたくないという気持ちが強いので、時間や約束は必ず守るんです。 もう相手は忘れているであろう小さな約束にとらわれて、1人で苦しんでいる・・・なんてこともありますが、約束を簡単に忘れてしまう人よりよっぽど良いでしょう。

規則を守る

臆病な人は、規則を必ず守ります。 規則を破って自分だけ違うことをしてしまうような勇気がないからです。 もし規則を破るようなことになってしまった場合は、心臓がバクバクしてしまって大きな精神的ダメージをうけてしまいます。 学校でも、部活でも、会社でも、常に規則を破らないよう心がけています。 プライベートでも自分の要望よりも規則を守ります。どんなに急いでいても誰かを追い抜かしたりすることもありませんし、例え周りが抜かしてきたとしても自分は同じようにすることはできないでしょう。 子供の頃は規則を守っていても、大人になると変に破っても良いんだという気持ちになってしまいがちです。規則を守るの良いことですよね。

綿密な計画を立てる

計画通りにならないとパニックになってしまうという点がデメリットではありますが、そもそも綿密な計画を立てられるのって素晴らしいことですよね。 行動力ももちろん大切ですが、ありとあらゆることを想定して計画を立てておくと、失敗するリスクを減らすことでができます。 特に仕事では完璧なプランニングができるので、目標達成できる確率もぐんと上がります。 プライベートはもちろん、職場においても計画的な人がいると勢いで行動して失敗ばかりしている人よりも頼りになりますよね。

マニュアル通りの仕事が得意

臆病な人は、自分から進んで物事に取り組むことよりもマニュアルに沿って仕事をすることが得意です。 例えば、工場などのライン作業など決まったことをピチっと続ける作業が得意です。 また、マニュアル通りに何かを組み立てたりする作業も得意。 きちんと手を抜くことなく正確に仕事をコツコツ成し遂げていくことができるでしょう。

実は臆病な人ほど経営者に向いてる

一見、起業なんてする行動力がないように見える臆病な人ですが、実は臆病な人ほど経営者に向いていると言われています。 むしろ、企業している人は臆病な人が多いと有名です。 経営者には、もちろんフットワークの軽さや行動力も大切です。 しかし、それ以上に状況を分析し、冷静に最適な決断ができるということが大切なんです。 上に立つものが焦って間違った判断をしていては会社が傾いてしまいますよね。 なので臆病ぐらいに物事をよく考えて慎重に行動出来る人が望ましいと言えるでしょう。

逆に大胆な人の特徴は?

ポジティブ

大胆な人って、とってもポジティブです。 ポジティブだからこそ、「やってみなければわからない」「失敗してしまったら、その時はその時だ」と前むきに物事を考えられるため、新しいことにどんどん挑戦していくことができるのです。 例え「無理かもしれないな…」と思ったとしても、じゃあどうして無理かもしれないと感じるのか、どうすればその不安を拭うことができるのか、というのをしっかりと考えることができます。 普段から前向きで、ポジティブ思考が当たり前になっているのでしょう。 リスクを考えることも大切ですが、そればかりではやっぱり挑戦する気持ちになかなかなれませんよね。

「ポジティブ」に生きる方法を徹底解説!真の「ポジティブ」の意味とは?

eigobu.jp

信念がある

大胆な人は、大抵きちんとした強い信念があります。 信念とは、「自分にはこういう考えがあって、こうしたいと思っている」という強い気持ちです。 強い信念があるので、どんなことがあっても考えが揺らいでしまったり、心が折れてしまったりすることがないのです。 そういった強い信念が、行動力に繋がり、積極的で大胆な行動を導いているのでしょう。

羞恥心がない

大胆な人は、羞恥心がありません。 「羞恥心」とは、「恥かしい」と思う気持ちのことをいいます。 誰もが「失敗をしたら恥かしい」と思ってしまう場面があるかと思います。 大胆な人は、何かに挑戦するときに「失敗したら恥ずかしい」なんてことは思いません。 むしろ、「失敗=恥」だとは思っていないのです。 「失敗したら恥ずかしいから」という気持ちで挑戦することを諦めてしまう場面って、特に大人なら多いと思います。 大胆な人は、だいたい羞恥心がないので「挑戦したら成功するかもしれない」というチャンスを逃してしまうことがありません。

どんなときでも物怖じしない

大胆な人は、どんなときでも物怖じしません。 どんな緊張するような場面でも、物怖じしない強い精神力があるので常に本領を発揮することができるというのが大胆な人の特徴です。 例えば、プレゼンなど人が沢山集まるような場面って緊張してしまうものだし上手く言いたいことが言えなくなってしまったり、消極的になってしまう人って多いですよね。 大胆な人は、とういった場面でも積極的に行動したり発言することができます。 だからこそ、自分から積極的に色々なことに挑戦することができるのです。

自分の意見を素直に言うことができる

臆病な人は、周りの目を気にするあまり自分の気持ちを伝えることができませんが、大胆な人はどんな相手にでもどんな場面でも素直に自分の意見を伝えることができます。 例えば部長や社長といった偉い人が、自分とは全く違う意見を言っていたらどうしますか? 本当は「それは違うと思う…」と思っていても素直に言えない人は多いのではないでしょうか。 大胆な人は、相手が誰であろうと本気でぶつかり合う覚悟ができています。 基本的に、「嫌われたくない」といった気持ちがないので「これを言ったらまずいかな…」と思うことがないのです。 出来れば険悪のムードは避けたいと思うのが人間の心理でしょう。 でも、成功に導くためにはそんなことを気にしている場合ではないときだってあります。

「やってみよう」

大胆な人は、とにかく「やってみよう」とよく言います。 失敗を恐れず、とにかくやってみないことにはわからない!ということで、「やってみよう」とチャレンジ精神たっぷりな言葉がよく飛び出してくるのです。 失敗してもいいから「やってみよう」と思うのって、大人になればなるほど難しいものです。。 失敗を恐れずに「やってみよう」と言えるのはとても素晴らしいことですね!

「大丈夫、きっとうまくいく」

大胆な人は、上述しているようにポジティブです!!! それに、「自分ならできる」と自分自身を信じてい ます。 なので、挑戦するときは「大丈夫、きっとうまくいく」という趣旨の発言をしとにかく大胆な行動をとります。 例えば恋愛で言えば「当たって砕けろ!」といった精神で、ガンガン大胆にアピールしていきます。 ここで「無理かもしれない」などとマイナスなことをいわれてしまうと、だんだん本当に無理な気がしてきてしまいますよね。 「大丈夫!きっとうまくいく!」と言っているからこそ、大胆な行動ができるのでしょう。

失敗が多い

大胆な人は、とにかく考える前に思ったことは即行動!というタイプが多いです。 行動力があることは素晴らしいことなのですが、一度冷静になってリスクなども含めよく考えないと、とんでもないことになってしまいます。 というか、きちんと計画をしないで勢いで行動しちゃうことがほとんどなのでとっても失敗しやすいんです。 きちんと成功をするには様々なリスクを考えて行動にうつさなければいけませんよね。 何かと失敗が多いというのは、大胆な人のデメリットであると言えるでしょう。

根性論になってしまいがち

大胆な人はポジティブなのですが、ポジティブがゆえに「やる気があればなんでも出来る!」という根性論になってしまいがちです。 例えば何か問題に面した時に、「根性でがんばります」「根性で乗り切ります」と言ってしまうことがあります。 それだけ気合いが入っているのは良いことですし、メンタルを強く持つというのはとても大事なことです。 しかし、言い換えてみれば「なんとかする」「対策方法は何もないけど、気持ちで乗り切る」ということになります。 根性論って、具体的な解決に繋がらないことも多いのでこれは大胆な人のデメリットであると言えるでしょう。

人から嫌われることも多い

大胆な人って、人から嫌われることも多いです。 堂々とふるまい、大胆な行動をとっていくのでどうしても見ている人からすると鬱陶しく感じたり、謙虚さが足りないなんて思われてしまいます。 例えば、恋愛面であまりにガンガン意中の相手にアプローチをするタイプの人ってちょっと同性から嫌われてしまうことが多いですよね。 自分ができないから妬んでいるということも感がられますが、日本人はとくに謙虚こそ美徳というところがありますから、自信満々に大胆な発言をしたり行動することで周りの人を敵に回してしまうことがあります。

破産の可能性もある

大胆な人は、細かいことを気にしないのでお金の使い方もとっても大胆! あればあるぶんだけバンバン使ってしまう人が多いです。 そのため、お財布のヒモがゆるすぎて貯金が全くできず破産してしまうというデメリットがあります。 「お金なんてなくなったら稼げばいい」というような考えで実際はどんどん借金が膨れ上がって首が回らなくなってしまったりします。 大胆すぎるのも注意が必要なんです。

まとめ

いかがでしたか? 「臆病」について簡単にまとめると ✓「臆病」の意味は「ちょっとしたことでも恐れる性格」 ✓「臆病」の類語は「怖がり」「小心者」「チキン」 ✓「臆病」の対義語は「大胆」「勇敢」「豪胆」など となります。 どうしても臆病になってしまうことってありますよね。 臆病な性格って慎重なことは良いことですがストレスも感じやすいですし、チャンスを逃してしまったりとデメリットも多いです。 前向きに物事を考えられたほうがチャンスも掴みやすいですし、ビクビク過ごすよりも生きやすいですよね。 性格を変えることはなかなか難しいかもしれませんが、少しでも前向きに物事を考えられるように、自分を向き合って、自分に自信をつけましょう。

こちらの記事もチェック

男気の意味は?男気のある人の特徴と恋愛で女心をくすぐる理由

eigobu.jp

劣等感とは?劣等感が強い人の特徴と原因、対処法!解消方法とは?

eigobu.jp

可愛い子あるある!性格の特徴は?可愛いのにナゼ彼氏なし?

eigobu.jp

「横柄」の意味と使い方、類語!横柄な人の特徴と対処法、心理とは?

eigobu.jp

前向になる方法と習慣・考え方!前向きな人の特徴と短所とは?

eigobu.jp

面白いこと探し!暇な時におすすめの面白いことを完全網羅!

eigobu.jp

優しい男はモテる?つまらない?優しい男の種類と特徴とは?

eigobu.jp

目が死んでる人の性格の特徴と原因!かわいいと思う心理とは?

eigobu.jp

性格悪い女の性格と顔の特徴!職場では嫌われるが恋愛ではモテる?結婚観は?

eigobu.jp

性格悪い男の特徴と心理、モテる理由!結婚はアリ?末路は?

eigobu.jp

休日の過ごし方208選!女性一人もカップルも友達とも家族とも楽しめる休日ライフとは?

eigobu.jp

遊び人の男性を本気にさせ本命になる方法!特徴は?結婚はアリ?

eigobu.jp

思考停止している人の特徴と心理、改善法!思考停止する方法も!

eigobu.jp

仕事が原因で思考停止している人の特徴と改善方法

eigobu.jp

上から目線な人の性格や言葉の特徴、対処法、治す方法、好きになる心理

eigobu.jp

結婚できない女の特徴&共通点!原因は?独身のデメリットとは?

eigobu.jp

「無粋」の意味と使い方、読み方、類語、対義語をわかりやすく解説!

eigobu.jp

「短絡的」の意味と使い方!短絡的な人の特徴と原因、治し方、長所は?

eigobu.jp

「僻み」の意味と読み方、類語「嫉み、妬み」との違い!僻みっぽい人の心理と特徴とは?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 臆病な人の性格と恋愛の特徴!臆病になる心理と克服する方法とは?