1. TOP
  2. 心理
  3. 自己啓発
  4. 金の亡者の特徴と原因!正しい接し方と彼らの末路とは?治し方はある?

金の亡者の特徴と原因!正しい接し方と彼らの末路とは?治し方はある?

「金の亡者」という言葉を知っていますか?金の亡者は「お金に支配されている人」を指して使用される言葉です。男女限らず金の亡者はいますよね。今回は「金の亡者」の特徴や正しい接し方を詳しく解説していきます。金の亡者の末路や、金の亡者の長所なども合わせて紹介しいていきますので是非い参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

金の亡者とは

「金の亡者」とは、「お金に目がくらんでいる人」「お金に支配されている人」を指して使用される言葉です。 価値観の基準が「お金」で、優先順位はお金を稼げることといったように「お金の面で得があるかないか」を判断基準にしているような人間を「金の亡者」といいます。 とにかくお金に執着していて「銭ゲバ」「金の奴隷」と言われることもあります。

金の亡者の特徴|性格編

ケチ

金の亡者といえば、とにかくケチな性格をしていることで有名ですよね。 自分にとって価値がないと感じることや、人のためにお金を出すことを嫌います。 例えば食事一つにしても、判断基準は「安さ」です。 多少高いお金を払ってでも一緒に食事をする人とおいしい物を食べる優位意義な時間を作りたいといったことは考えません。 ただ、奢ってもらうのは大好きです。 自分がお金を出さないのなら、元を取らなければ!と遠慮なしの行動をとる。 これが金の亡者の考えです。

自己中心的

金の亡者は自己中心的です。 自分が得をしたり、お金を手にすることしか考えていないのでどうしても自己中心的な発言や行動が目立ってしまいます。 自分が大金を獲得するチャンスが目の前にあるのであれば、他人を蹴落としてでもチャンスを物にするでしょう。 また、自分がお金を手にするためなら平等じゃない条件なども平気で提示してきます。 とにかく欲望のためなら手段を選ばないのです。

損得勘定で物事を判断する

金の亡者はは「損か得か」で物事を判断します。 「損である」と判断した場合には、お金は出さず「得である」と判断した場合にお金を出すといった感じです。 例えば、プレゼントを買うとしましょう。相手が超絶お金持ちである場合は、「お返しに期待ができる」「お金持ちと仲良くなれば得があるのでは」と考えるので「得」としすんなりお金を出すでしょう。 金の亡者にはそういった計算高さがあるのです。

お金の知識がある

金の亡者は、お金のことをいつも考えています。 自分がお金を手にするための情報収集は特に熱心で、お金の知識が死ぬほどあります。 特に自分で働いてお金を稼ぐということ以外にも、「株」や「投資」といった「不労所得」という「働かずにお金を増やすこと」に興味津々です。 投資や株に関する「セミナー」に休日に足を運んでいたり、最近では仮想通貨の情報を仕入れていたりなど自分の貯金を増やすためにいそいそと努力をしてします。

よく嘘をついたり騙したりする

金の亡者は冷酷で、嘘をついたり人を騙すことに抵抗がない人も多いです。 お金に目がくらむと何だってしてしまいます。 それによって、他人からどう思われようとあまり関係ないんですよね。 何より自分の欲望を満たすことが優先です。 お金や価値あるものを手に入れるためなら、他人を騙し陥れることなど平気でするでしょう。

人を信用していない

金の亡者の信じるものは「お金」です。 むしろお金にだけ興味があって、人間のことは信用していないと言えるでしょう。 「お金だけは自分を裏切らない」と思っています。 だからこそ、人に嘘をついたり騙すようなことをしても罪悪感を感じないのです。 自分がお金のためなら人を簡単に利用したり裏切ったりするからこそ、他人を信用できないんですよね。 浮気をする人が自分もしているくせに相手を束縛したりするのと同じ心理rでしょう。

お金を持っている人が「勝ち組」だと思っている

金亡者はお金こそ価値のあるもので、お金もちこそ真の勝ち組だと思って生活しています。 なので、自分よりお金を持ってなさそうな人を見下し、優位に立とうとするんですよね。 多くのお金を持っていることを盾にマウントをとろうとしてしまうこともあります。 お金よりも価値があることがあるということを知らないのです。 だからこそ友人を大切にしようとしなかったりするのでしょう。 とっても悲しい人ですよね...。

お金もちを大尊敬している

金の亡者は、大手企業の社長など多くのお金を手にしている人と大尊敬しています。 成功するまでのプロセスはどうでもよくて、「○○さんみたいに総資産10億を目指したいなあ」なんてことを考えているんですよね。 反対にお金がなくても幸せに暮らしている人など、人間性を尊敬すべき人のことは見下しています。 「お金がなくても幸せ」だなんて負け犬の逃亡だなんて思っているのです。 そして、なんか自分も成功者の仲間入りをしたいとい一生懸命になっています。

金の亡者の特徴|行動・発言編

一円単位で割り勘

金の亡者は、食事に出かけたときなどに人に「ご馳走する」「おごる」といったことはしません。どんなときでも、きっっちり割り勘します! たとえ端数が出たとしても「じゃあわたし端数だすよ」何でことは絶対にしません。 「他人のタメにお金を使いたくない」と思っているし、「自分が損をする」という状況に絶えられないので1円単位できっちり割り勘使用をしてきます。 ひどいときは「端数だすよ〜」と言ってくれる人待ちで、「誰か払ってくれればラッキ〜」ぐらいの感覚でいます。

計算がめちゃくちゃ早い

割り勘に金額を一円単位でするということからもわかるように、金の亡者は計算がびっくりするほど早かったりします。 大切なお金のことになると、瞬時に計算してしまうのです。 幹事の人が「1人3000円で〜」と言ったとしても、自分の中でもう一度きちんと計算します。 じゃないと計算ミスがあって自分に損があっては大変なので、納得いかないのです。 幼い頃から数字に強かったのかもしれませんが、計算する機会が多いがゆえにどんどん計算スピードが上がっていったのかもしれません。

何かをプレゼントすることに渋る

プレゼントは、してもらった人は何かを手にいれることができますが、「プレゼントをする方」はお金を出して用意をしないといけないですよね。 金の亡者はこういった、自分に特のない「他人へお金を遣う」というお金の使い方をすることに抵抗を感じます。 どんなに仲がよくても対象が家族であったとしても、「相手のタメにお金を払う」ということを渋ってしまうのです。お金は持ってるくせにケチですよね〜。

貯金が大好き!

金の亡者は、決してお金がないからケチっているのではありません。 むしろ、貯金は一般的な人に比べて倍ぐらいもっていたりするのですが、とにかく財布の紐が硬いのです。とにかく、「お金が貯まっていくこと」に喜びを感じています。 だから、無駄にお金を使って貯金を減らしたくないという心理がはたらいてしまうのです。 自分は「倹約家だ!」と自負していて、金の亡者であるという自覚がない人も沢山いるでしょう。 周りから「ケチだ」と言われようが何だろうがとにかく節約をして1円でも多く貯金をしたいと思っているのです。

しかし目的があって貯金をしているわけではない

例えば、「大きい家を建てたい!」という目標があってその為に頭金を「100万円」貯金をしようと目標を立てたとすると、100万円貯まった時点で目標は達成しているわけですから家を建てる頭金としてその100万円を使いますよね。 しかし、金の亡者は目標があって貯金をしているわけではありません。 「100万円」貯れば次は「200万」を目指すといったように、使用目的ではなく「貯めること」だけを目的に貯金をしているのです。 お金が増えていくことに喜びを感じて生きているのでしょう。

落ちているお金は1円だって拾う

例えば、道を歩いていて「一円玉」が落ちていたとします。 「1円か・・・・」と思えば拾わない人も多いのではないでしょうか。 金の 金の亡者は100%拾います。 1円でも自分のお金が増えることに喜びを感じるのです。 自動販売機の下や、コイン返却口にお金がないか確認したり、返却レバーをガチャガチャとしてみたりそういった意地汚いことも平気でできてしまいます。 「倹約家」は、必要経費を削減し無駄なお金を使わないようにしているだけで、意地汚さはありません。

1円でも安いものを探す

買い物や食事などでお金を使用する場面では、とにかく1円でも安いものを探します。 例えば、今日イ○ンではお肉がグラム100円だけどヤ○コーではグラム99円だから、少し遠いけどヤ○コーに行こう!といったような感じです。 1円ならば、移動する労力や時間を考えると遠くに行くよりも1円ぐらいの差なら近場で買えば・・・?と思ってしまうのですが、金の亡者は少しでも消費する金額を抑えることに全力を注ぎ、ちょっとデザインが気に食わなくても安い方を選びます。

「無料」という言葉が大好き!

金の亡者が好きな言葉は

  • 無料
  • ただ
  • キャンペーン

です。 「ただより怖いものはない」なんて言葉もあるくらい、「タダ」には裏があったりしますが、それでも「タダ」が好き! 飲食店でも「おかわりタダ!」とかだとお腹がいっぱいでも「おかわりしないと勿体無い」という衝動にかられてしまうので無理してでも食べます。 美味しさなんて正直どうでもいいのです。

友人間でもお金を貸さない

金の亡者の普段の振る舞い方を見ていれば、誰だって「この人貯金いっぱいあるんだろうな・・・」ということが何となくわかります。 どうしてもお金に困ったときに「お金を貸してほしい!」とお願いをしてくることもあるでしょう。 しかし、どんなに親しい友人であっても絶対お金を貸しません。 返してもらえない可能性もあるし、貸したところで返してもらえるにしても「貯金が減ってしまう」ことに耐えられないので貸したくないのです。 貸したとしても「自分にとって得だ」と思うことがなければお金を出さないので、「返金時には利子をつけて」というのが条件だったりします。

仕事大好き人間

金の亡者は、仕事大好き人間の人が多いです。 仕事を頑張れば頑張るほど、認められてお給料があがりさらに貯金が増えていくということがとにかく快感でしかなのです。 だいたいの金の亡者は、努力すれば努力するほど結果が返ってくると思っていて、残業代がつくなら残業だって喜んでするし、休日手当がつくなら休日に仕事をすることになっても全然苦じゃありません。 あくまでも、「お給料」に還元がある場合のみで、ボランティアで仕事をするなんてことはあり得ないことだと思っています。

「お金」以外は何も持っていない

周りにいる人が不快になるくらい「お金」に執着している人に、本当の友達がいると思いますか? 金の亡者は、「お金」は沢山手にすることができても、それ以外は何も手にすることが出来ない人が多いです。 「お金のため」ばかりを考えて「人のため」に動けない人に友達や恋人ができるとは到底思えません。 近くによってくる人は同じように「お金目当て」の人なのではないでしょうか。 「倹約家」は尊敬することができますが、「守銭奴」の人を尊敬することは到底できません。

金の亡者の特徴|恋愛編

ステータスで恋人を選ぶ

金の亡者はステータスだけで恋人を選びがちです。 とくに女性は、将来のことを考えても公務員など安定した職についていることや、年収の高さを基準に恋人を選定しいていきます。 性格などはどうでもよくて、むしろ「持っているお金」でしか好きになりません。 高価な物をプレゼントしてもらったとか、とにかくお金に困ることがなさそうな人とお付き合いをするのです。 しかし、中身を見てお付き合いをしているわけではないので、のちのち価値観の違いなどで喧嘩になってうまくいかなくなってしまうことがほとんどだったりもします。

デートは毎回割り勘

金の亡者はデートにかかる費用は毎回割り勘にします。 女性であれば「たまには男性が払ってくれてもよくない?」と思うかもしれませんが、毎回1円単位でぴっちり割り勘にしてくるのでうんざりしてしまうでしょう。 割り勘ならまだしも「君のほうが多く食べたんだから、多く支払うべきだよね?」とか言い出すことも珍しくありません。 基本的にケチですし、あまりのお金の細かさにうんざりされてしまうことが多いです。

無料施設でのデートが基本

金の亡者は好きな人のお出かけだってお金はかけたくないのです。 なので、食事に行くならクーポンが使えるお店を選んだり、無料で楽しめるデートスポットに行くことが基本となってきます。 ディズニーランドに行きたいとでも言おうものなら「あんなお金だけやたらとられるだけで、楽しくもなんともないじゃん!!!」とか言い出すでしょう。 どんな時でもお金のことしか考えていないので、無駄にお金がかかる場所には絶対に行きたくないのです。特に、形に残るもの以外にお金をかけたくないという気持ちが強いです。 いつもお金のことを考えながら行動しなければいけないデートなんてうんざりしちゃいますね...。

高級品をねだってくる

金の亡者は、「誕生日に何がほしい?」といった質問をすると必ず高級品をねだります。 自分は高級品などプレゼントをしないくせに...です。 「何かあったら売ってお金にしよ〜」とか思っているのでしょう。 プレゼントしてもらっても「これいくだった?」とか平気で聞くんですよね。 「プレゼントしよう」と思ってくれた相手の気持ちなんてどうでも良いのです。 せっかく喜んでもらおうと思っても、高価なものじゃないと喜ばなかったり、値段ばかり気にされてしまうと萎えてしまいますよね。

恋人よりも仕事を優先する

金の亡者は、とにかくお金を稼ぐことを優先します。 デートをする約束をしているのに、仕事を頼まれたら絶対に仕事を選ぶでしょう。 仕方のない場合を除いては、自分を優先してほしいと恋人なら思いますよね。 しかし、金の亡者は恋人<仕事(お金)なので仕事を選ぶのです。 一緒にいても仕事の話ばかりするぐらいお金を稼ぐことにしか興味がなく、恋人をうんざりさせてしまうことも多々あります。

お金が問題となって破局

金の亡者は、恋人ともお金が問題となって破局してしまうことが多いです。 「なんでそんなことにお金をかけるの?」といった価値観の違いや、自分のほうがお金を多く払っていいるのに...といった文句などトラブルの原因は様々でしょう。 お金に関する価値観が違うと、一緒にいるのって中々難しいんですよね。 「金の切れ目が縁の切れ目」とよく言いますが、お金がらみのトラブルが必ずと言っていいほど起きてしまって、結局破局の道を歩んでしまいます。

金の亡者になってしまう心理・原因

幼少期に貧乏だった

金の亡者になってしまうのは,幼少期に貧乏だったという過去が影響している可能性が高いです。 幼少期に、他人の家庭に比べて何となく「自分の家は裕福とは言えないのだな」と感じていたり、給食費を払うのが困難だっとというようなエピソードがあったりすると、「お金には困りたくない・・・」という気持ちが自然と強くなっていきます。 人間は、様々な生活環境の中で人格が形成されていきますから、こういった「貧乏だ」と感じるような幼少期を過ごしてきたことが原因となって金の亡者になってしまうことがあり得るのです。

親が金の亡者

両親の考え方は、子供に大きな影響を与えます。 とくに社会に出ていない子供にとって親の考え方は絶対なので、物心つく頃から両親が金の亡者だと金の亡者的な考えや行動が「当たり前」になって身にしみついてしまいます。 社会に出るまで、その考えの異様さに気がつくことができません。 交友関係が広がってきたり、社会にでることで様々な人に出会い、次第に「他の人とは考え方が違うのかもしれない・・・」と気づくこともありますが、ほとんどの場合は自分が金の亡者であるという感覚がないのでなかなか気がつくことができないでしょう。

「損をしてしまうこと」に対して敏感過ぎる

金の亡者は、元々「自分が損をしてしまう」ということに対して敏感過ぎる可能性が高いです。 なにか大損をして悔しい思いをした過去がある可能性があるでしょう。 例えば「ボランティア活動」なんかは、利益にはならない上に自分は労力を使うだけで「損」をすると感じてしまいます。 とにかく自分にとって「得だ」と肌で感じられることがないと納得ができないのです。

他人に興味がない

金の亡者になってしまう心理には「他人に興味がない」ということもあげられます。 他人に興味がないから、「お金」だけに執着してしまうし、他人が自分の「金の亡者的考え」で周囲の人を不快にさせてしまうことに気がつくことができないのです。 周りの人も気持ちをもっと考えられる人だったら、場の空気壊すような発言はしないでしょう。 仲のいい友達がいなくても本人は別に気にしていないのです。

貯金が多い人=すごい人だと思っている

金の亡者となってしまう人は劣等感の塊で、いつも自信がない人が多いです。 だからこそ「お金を稼ぐ力が自分にはある」「こんなに貯金をすることができでいる」ということが自分の「価値になる」と思っている可能性が高いです。 つまり、金の亡者は「貯金が多いほうが偉い!すごい!」と思っているので、とにかく貯金を増やして優位に立ちたいと思っているのです。

視野が狭い

守銭奴は、「お金を持っていること」にしか価値がないと思っているので、非常に視野が狭いと言えるでしょう。 世の中には、お金よりも価値があることって沢山ありますよね。 大切な友人や恋人、家族と大切に過ごす時間などもっと視野を広げれば、他人を思いやる気持ちも芽生えているはずです。   お金が大事だと思うあまり、仕事に莫大な時間を費やしているせいで色々な価値感をもつ人との関わりすらもてないのでなかなか考えを改めることもできないのでしょう。

金の亡者との正しい接し方

お金の話題は出さない

金の亡者と接するときは、お金の話題は出さないようにしましょう! 金の亡者とお金に関して価値観が合う人は中々いませんからね...。 金の亡者とお金の話しをしてしまうと、モヤっとしたりイラっとしてしまいます。 とは言っても、普段からお金のことしか考えていないような人間ですから... お金の話しをふられてしまうこともあるでしょう。 そんな時は必殺スルー作戦です! 話半分に聞いてサラっと流してしまえばOK〜。

冷静に対応する

金の亡者は冷酷な人間です。 自分が少しでも得をすることしか考えていないので、酷いことをされることもあるでしょう。 そんな時は、何をされても冷静に対応することが大切です。 お金のことしか考えていない金の亡者にこちらの感情を伝えても卑しい人には響きません。 話の捏造があったり、誰かが被害に遭っているようであれば適切な人や場所に相談をしましょう。 とにかく、自分が悪いことをしていない限りは一度落ち着いて冷静に対応しましょう。怒りに任せて相手にしたりすることは避けて大きなトラブルになることを回避したほうが身のためです。

お金の貸し借りをしない

金の亡者はお金を確かに沢山もっています。 なので「ちょっとぐらいなら貸してくれるのでは...」なんて思ってしまう人もいるかもしれませんが、貸してくれるなんてことはまずありません!!! そもそも、どんなに仲の良い友人同士であってもお金の貸し借りってよくないんですけどね...。 金の亡者とのお金の貸し借りは、さらにトラブルになる可能性が高いと思っていたほうが良いです。 返すまでうるさいですし、何なら「貸した金額の倍で返せ」なんて言いかねません。 絶対にやめましょう。

深入りすることは避ける

金の亡者と接するときは、深入りしないように注意しましょう。 金の亡者はいつもお金のことを考えていて、それが悪いこととも思っていません。 そのため、ちょっと親しくなると「投資してみない?」とか「株買ってみない?」とか言い出します。 親切のつもりで言ってるのだと思いますが、これもまたトラブルの原因になることがあります。 もしかしたら自分だけ大損する...なんてともあるかも!? もっともらしいことを言ってその気にさせられてしまうこともあるので、深い入りしないと心に決めて接していきましょう。

「自分とは違った価値観の人である」と割り切る

人にはそれぞれの価値観があります。 金の亡者はお金に関する価値観が人とは少し違うというだけです。 ただそれだけのこと....と割り切って接していくことも大切でしょう。 十人十色とよく言いますが、十人いれば色々な性格の人や考え方があって、誰にも否定する権利のない「個性」です。(よく言えばですが...) 金の亡者に対して嫌悪感を抱いて接するよりも、「自分とは合わない人」「分かり会えない人」と最初から割り切って接することでストレスが軽減されるはず!

距離感を保つ

金の亡者が苦手だと感じるなら、距離をとって接しましょう! 苦手な人と無理に関わっていく必要はありません。 例えば職場の人なのであれば、仕事以外で無理に関わらないと決めてプライベートな話しはしないようにするのです。 友人であれば無理に関わることを避け、どうしてもという場合は1対1を避けて会いましょう。 そうすれば無理に会話をしたりする必要もありませんよね。 自分を大切に、ストレスのない人間関係を築いていくのが1番です。

金の亡者にならないための対処法

お金を気持ちよく使う

「お金を気持ちよく使う」ということを意識することは、金の亡者にならない対処法になります。 金の亡者になってしまう人は、お金を使うときに「勿体ない」と思っていたり、後から「どうしてこんなことにお金を使ってしまったのだろう」と後悔しがちです。 「お金を出す価値は十分にある」と心から思いながら、気持ちよく使う習慣をつけましょう。 お金は使えばなくなるものですが、使わなければただの紙切れと同じです。 「お金は天下の回りもの」ということわざががあるように、お金は一つの場所にとどまり続けるものではありません。 お金は常に世の中を回っているもので、使ってこそ価のあるものとなるのです。 お金は気持ちよく使わなければ、やっぱり勿体ないですよね。 そういった意識をもっていれば、金の亡者になってしまうことを防ぐことができるでしょう。

他人のためにお金を使うことを渋らない

金の亡者になってしまう人は、他人のためにお金を使うことを渋る傾向にあります。 どうしても「勿体ない」と思ってしまうんですよね。
  • 家族を旅行に連れていってあげる
  • お世話になっている人にプレゼントを渡してみる
  • 後輩にご馳走をする

というように、自分のために気持ちよくお金を使えるようになったら今度は他人の為にお金を使うことをできるようになりましょう! 相手が喜んでいる姿を見ていると次第に自分の幸せな気持ちになってくるはずですよ。 「とても喜んでもらえて嬉しかった」「良い時間だった」と思えたら、それだけでお金を出す価値があったということになります。 「相手を喜ばせるため」など、「良いお金の使い方」を知っていくことが大切です。

「支払ったお金以上の価値」を見出す

それから「出した金額」に「支払ったお金以上の価値」を見出すことも大切です。 例えば、どんなに遠くても歩いていける距離なら公費をケチってでも歩いて行くとします。 「歩いてでも行けるのに交通費を払うなんて勿体ない」と思うかもしれませんが、公共の交通機関をお金を出して使用することで移動する時間を短縮することができます。 短縮することができた時間は、さらに有効に使えますよね。 つまり、「時間をお金で買った」と同じことになります。 さらに、目的地に行くまでの疲労感も軽減されるでしょう。 そう考えると、「支払ったお金の以上の価値があるな」と思えませんか? 目の前の金額にとらわれず、支払うお金以上の価値があることを意識してみましょう。 「勿体ないな」とお金に執着してしまうことがなくなるはずです。

貯金をしている目的を明確にする

「貯金額を増やすこと」を目的にし続けていると、結局お金を使う度に「お金が減ってしまった(泣)」となってしまいます。 しつこいようですが、お金は使ってはじめて「お金」としての価値がでるのです。 使わずに溜め込んだまま死んでしまったとしても、それでもいいと思えますか? まずは、ずっと欲しいと思っていたものを買ってみるというように、何か自分のためにとっておきのものを購入してみる練習をしましょう!

「やってみたいことはないか」考えてみる

命には限りがあります。そして、さらに元気に動ける時間にも限りがあるということを考えたことがありますか? 年老いて老人になったときに

  • 海外に行ってみたい
  • あれがやってみたい
  • これを食べに行きたい!

と思ったとしても、なかなか身体がしんどくて遠出はできない・・・なというように、いくらお金があっても「使えない」という状況に陥ってしまう可能性があります。 もちろん100歳までぴんぴんしているご老人も沢山いらっしゃいますが、全員がそうなれるとは限らないですよね。 改めて心も身体も元気なうちに、行ってみたいことやってみたいことがないか考えてみましょう。 少しでも興味があるなら、そこにお金を使ってみてください! これもまた、「支払ったお金以上の価値」を見出すことができると思いますよ。

金の亡者で何が悪い!長所とは?

貯蓄が沢山あるのでいざという時に困らない

金の亡者はとにかく貯蓄が多いので、突然の出費にもすぐさま対応することができます。 もちろん、心の中では「お金は使いたくない」と思っているでしょう...。 しかし、それでも突然の出費にお金を用意することができなくてアタフタしているよりもよっぽど良いですよね。 その日暮らしでも生活できていれば問題ない!という人もいますが、突然入院することになったりなど人生には予期せぬ事がおきます。 そういった場面でお金があれば臨機応変に対応することができますから、金の亡者の貯蓄がきちんとあるという点は長所であると言えるでしょう。 「いざという時のためにお金を貯めておこう」なんて頭では思っていても、なかなか貯められないものですからね。

お金の無駄遣いがない

お金を気持ちよく使うことは素晴らしいことです。 しかし、それと後先も考えずに浪費ばかりしてしまうのとでは訳が違いますよね。 例えばギャンブルにお金をつぎ込むといった浪費の仕方です。 金の亡者は、こういった無駄遣いをしません。 お財布のヒモが硬いという点えいえば、良くない部分もありますがきちんと計画的にお金を使える点はやっぱりデメリットです。

勉強熱心で知識が豊富

金の亡者は、とにかく勉強熱心! 特にお金に関しての知識は人の倍は持っていると思っていて良いでしょう。 「お金を稼ぐこと」に関して知識を蓄えていたりするので、ビジネスで成功している人なんかも多いんですよね。 お金のことって、知っているようで知らないことが世の中には沢山あります。 そんな中で、お金で損をしないようにきちんとした知識があることは長所です。。 一緒にビジネスをやると大成功することもあるかも...!?

意欲を持って働くことができる

金の亡者はお金を稼ぐことが大好きなんですよね。 とにかく仕事熱心で、常に向上心をもって働いています。 会社にもよりますが、大抵は頑張れば頑張るほど評価されるものだし、昇給もしていきますよね。 少しでも早く多くのお給料を手にするために、金の亡者は意欲をもって働くことができるのです。 お金に目がくらみすぎだ...と思ってしまう部分も、もちろんあると思います。 しかし、「仕事なんてやる気しないし...」とダラダラ働いている人の1,000億倍ましだと思いませんか?

金の亡者の末路

周囲からの信頼を失う

金の亡者は基本的に人を信用していません。 信じているのはお金だけです。 しかし、自分が人を信用していないだけではなく、他人からも信用されない人間となります。 お金のことしか考えていない人を信用することはできないですよね...。 実際にお金のためならなんでもする人ですから、幾度となく人を裏切ってきたしっぺ返しがいつか来ます。 本当に助けてもらいたいときに助けてもらえなかったり、孤独を味わうことになるでしょう...。

友達が減る・いなくなる

金の亡者になってしまうと仕事だけでなく、プライベートでも信頼関係を失ってしまうと友達の数が減ったり、友達がゼロになっています。 友達との時間が減ったり無くなると、プライベートの充実感が一気になくなります。 「無駄なお金を使う必要がないからそれで良い」と思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか? 職場の人は仕事なのでなんとか付き合っていかなければなりませんが、友達はそうではありません。 一生友達でいる必要はないので、「あの人と付き合うのはもう止めよう」と思うのは自由です。 金の亡者は、友達関係があまり長く続かないので、友達が頻繁に変わります。 仮に長い間友情関係が続いているような人は「似た者同士」なのでしょう。

自由に生きれない

貯蓄が多いのは素晴らしいことですが、お金に囚われていると自由に生きることができません。 何をするにも「勿体ない」と思ってしまったり、後悔したりしてしまうので、気がつくと何も欲しいものは買えていないし、やりたいこともできていないという状態になってしまうのです。 いざ、やってみよう!と思ったときに、年齢的に難しかったりすると後悔が襲うでしょう。 人間はいつでも元気な体と自由があるわけではありません。 自分が生きる意味はお金にあったのだろうか?と我に返ったときには、もう遅いということになりかねないのです。

結婚できない

金の亡者は結婚をすることが難しいです。 そもそも、お金に対してシビアなのでお金に対する価値観の合う人を見つけるのが難しいと言えるでしょう。 お相手も金の亡者など「気が合うな」と思える人とお付き合いをすることができたとしても、必ずお金のトラブルが起きてしまいます。 そして、結局一人で人生を選ぶ覚悟を決めてしまうのです...。 結婚しなくても幸せになれます!ただ、ふとしたときにやっぱり「これで良かったのかな?」と思ってしまうことはあるでしょう。 お金よりも価値のあることってありますからね...。 そのことに気がついた時にはもう遅いのです。

大金持ちになる可能性も

金の亡者はもちろん、将来大金持ちになる可能性も秘めています! お金に関する知識やビジネスに関する知識を沢山もっていますし、お金を稼ぐための努力をきちんとできる人ですからね。 「お給料を支給される」ということが気に食わないという金の亡者は起業することもあるでしょうし、努力している分成功する可能性も高いです。 気がつけば、本当にお金もちになっているなんてこともあるのです! それこそ自分の人生だと思える金の亡者にとっては幸せなことでしょう。

まとめ

金の亡者...響き的も恐ろしい人を想像してしまいますよね。 誰だって「お金ほしいな〜」と思うことってあると思います。 「お金持ちになりたい」と誰もが思っているはずです。 生きていくためにお金は必要ですし、お金は自分の人生を豊かにしてくれるものでもあります。 しかし、お金に執着して金の亡者になってしまうと、資産を増やすことができても、その分失うものも多かったりするんですよね。 大切なことは手にしたお金を価値のある使い方をすることではないでしょうか。

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 心理
  3. 自己啓発
  4. 金の亡者の特徴と原因!正しい接し方と彼らの末路とは?治し方はある?